久しぶりのお客様

先日、クリスマスイブの日のお昼にお客様がありました。何十年振りでしょうか、NHKの記者の青木紀美子さん。そして「平和のためのヒロシマ通訳者グループ」(HIP)の小倉桂子さんです。三人でランチをご一緒しました。

Img_8087

青木紀美子さんは、1985年NHKに入局して一年目、広島支局に赴任してすぐ、私が勤務する土谷病院に三か月詰め、ひたすら取材。東大を卒業してすぐ、まだ少女といってもいいほどのかわいい記者さんでした。看護学校に通う看護助手と同じピンクのワンピ―スを着て私たちに密着していました。その成果としてNHK特集「少女たちの産婦人科診察室」が放映されました。

当時私は、「さらば悲しみ性」を出版し、増え続ける少女の診療に、殺到する講演依頼に走り回っていました。その上の「NHK特集」の放映です。大反響を呼びました。

当時、母が切り抜きを作ってくれていました。

Fullsizerender_508

沢山の取材と講演依頼がさらに殺到しました。以来、青木さんとは、時々の交流が続いていました。

彼女はその後、ロンドン支局長を経て、ニューヨークでは3.11の取材など主に海外で大活躍。今は、タイ、バンコクに在住です。

少しの間日本に帰省しているその合間に訪ねて来て下さいました。かつての少女が、いまは本当にベテラン記者です。

青木さんは、HIPの小倉さんとも長い付き合いで、私は私で小倉さんとも古くからのお付き合いです。三人は、完全に意識が一致して話が弾みました。

中でも、今の日本の性教育が置かれていることには、「どうして?」と、お二人ともびっくりなさって、認識を新たにしていただきました。

たとえば、いまだに中学生には避妊を教えてはいけないこと、性感染症を教えるにも、「セックス」や「性交」という言葉は使ってはいけないことなど。世界から見ると、まことに陳腐な状況が続いていることなど。

今の政治、福島が置かれている状況等々・・・。お昼時間だけしかお会いできなかったのが、とても残念でした。

考えてみると、私も本人にとってはアッという間ですが、長い間には貴重な人たちとの交流ありました。それは、私の大切な財産となっています。同時に、またまた一年が終わりそうな今、振り返ってみると、数々の人との別れもありました。人と人とのお付き合い、これからますます大切にしなければと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都にて③京大病院続き

5年生存率がとても小さい病の大手術を終えた彼は、まだ鼻にもお腹にも、そして腕にも管が繋がっています。そんなしんどい体でも、一生懸命にお話してくれました。

自分がねえ、こんな病気になって、もう後がないと分かったとき、自分は遊んでないと気がついたんだよ。仕事は、自分の好きなことをして来たと言えば、そうだけれど。でも、これは遊びじゃない。もう少し、後半年で定年なのだけど。もう、仕事はしたくないなあ。遊びたい。

何をして遊びますか?

うん、内科から外科に移る時に、一週間だけ家にいる時があったんだ。その時、彼女(奥様)と一緒にドライブに行った。河原でね、すごく広いキャンプ場があったんだ。ああ、川のそばでキャンプか。いいなあと思ってね。そんなこと、全然してないんだよ。

 そうね、私も仕事ばかりだけど。キャンプもいいねえ。もう何十年としてない。それに、旅行にも行きたいけれど、これは仕事を辞めないとダメだわ。

元気になって、キャンプに行って。

彼は、とても素直にいろいろと話してくれました。何より入院中の看護師さん、医師の方々の早い対応、そのシステムもそうだけれど、そのやる気。これはとっても頼もしいと、しみじみと語ってくれました。

「何か聞きたくないことはありますか」とあらかじめ聞かれたと。

「悪い情報をすべて話してください。いいことはあまり言わなくてもいいから」と言ったんだ。

「だから、全部きちんと話してくれる。今みたいによくないことが起きても(術後の合併症)、あらかじめ聞いていたから、ああ、予想できたことだと、理解できて、不安にならなくて済んだし。」

 一人の命に真摯に向き合う医療者の姿が浮き上がってくるようでした。その医療にすべてをゆだねて闘っている姿がそこにありました。

この広い病棟のそこここで、このような姿が展開されているのだと。私は、開業医だけれど、このような場に患者さんを繋ぐ役目を担います。

Img_4880

あまり長い間いても、疲れさせるだけだと思って、話の途中ですが、切り上げて帰って来ました。また来ますからと。

 そして、京都駅のデパートの地下で晩御飯用に夫と私の二人分、とびっきりのお弁当を買って、広島へと急ぎました。そして、駅の構内で、ちょっとした事故に遭ったというわけです。

また明日。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都にて②京大病院

京都にての第二弾です。

斉藤さんの風工房から京大病院までは歩いて約10分。まっすぐに歩けば到着します。
途中、聖護院があります。

Img_4879

この中の大きな仏間で、一人で般若心経を唱えたのは、もう何年前になるだろうかと思いました。この時は、すぐそばに斉藤さんの工房かあるなんて知っていませんでした。今は中に入る勇気はなく、外で手を合わせました。

周りには、八つ橋のお店が沢山あります。八つ橋の言われを斉藤さんに聞きました。元はお琴の形なのだと。聖護院に御縁のあるお琴の八橋検校の名前から来たと。

その中の一軒に入り、お土産を買いました。クリニックのスタッフと、お見舞い用。もちろん、入院している方には食べ物はダメですので、付き添っている奥様に。

京大病院は、とても広くて、じっくりと看板を眺めて、知人が入院している病棟の見当をつけました。それはそれは広くて。

Img_4882

彼から電話があってしばらくになります。いえ、初めは彼からではありません。京大病院のドクターから、クリニックに電話がありました。若い女性のドクターです。とても頑張って、一線で活躍しているのがよくわかりました。彼の病歴についての問い合わせでした。その時の最後に、「あの、彼に電話をくれるようにお伝え下さい」と伝言し、そして彼から電話があったのです。

「こんなことになってしまったけど、35年前、貴方に助けられて、ここまで生き延びることが出来た、そのお礼を言おうと思って。本当にありがとう。35年間、楽しかったよ」と。

その時に「お見舞いに行ってもいいですか」と尋ね、ぜひ来てくれと。でも、忙しいから、来れないでしょうとも言われました。それから、誰にも自分の入院は言わないようにとも。来て欲しい人はあなたくらいだからとも。

ぜひ、行かなければ。そして、お見舞いに何を持って行こうかと考えて、ハタと思いついたのが、斎藤さんのうちわだったのです。病室で、やさしい風を送ることのできるうちわ。

それを持って病室に行くと、もう、元気になっていると思った彼は、術後の合併症が出て、とてもしんどそうでした。そして、うちわをとっても喜んで下さいました。熱が出て、背中が暑い熱いと言っていたところだと。奥様がゆっくりあおいで下さるでしょう。

この項、まだ続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都にて①風工房

7月3日日曜日のことを。怪我については、昨日脳外科のドクターを受診し、もう一度CTを取って戴きました。大丈夫でした。後は、顔の皮下血腫が引くのを待つだけです。ぷっさいくな顔は仕方がありません。ただ、今週の金曜日、8日にテレビのインタビューがあります。膀胱炎についてです。それまでに何とかならないものかと・・・。

さて、京都です。

まず、斎藤洋さんの風工房の梅雨展の最終日へ。

Img_4874

どうしても欲しい物があったので。突然に行きましたが、斎藤さんに久しぶりに会えて楽しくお話できました。

欲しかったのはこれ。斉藤さんが染めた布を丸亀でうちわにしつらえてもらったと。

Img_4872

丁度いらっしていた方と姑さん。斉藤さんとフェイスブック友達という方と、話も弾んで。

Img_4876

私が譲っていただいたのはのはこれらです。うちわは二つ。その内の一つ、私用のです。

Fullsizerender_259Fullsizerender_260

もう一つ、スヌード付きのチュニック。斉藤さんが染めた布を、福島の避難所にいる方たちが縫製して下さったものと。ステキ!!

楽しくお話した後、向かったのは、京大病院です。また続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカからのナイスボイと両親のこと。

お話した教師の夫婦は、初めに一人、後からもう一人、計二人の男の子を養子てして迎え、子育てをして下さっています。

初めの子を迎える時、お父様はその高校の校長先生でした。とても忙しくて、子育てをするにはいそがしすぎるので、校長先生をやめて、普通の教師になられたのだそうです。

この度も、一人の教師として、沢山の子どもたちや他の先生方を引率してこられました。

子育てをするのに、仕事を控えるという男性には、私は何人も出会っています。

ハワイの航空会社にお勤めだった方は、半日だけの勤務に変わられました。
 広島のインターナショナルスクールに夫婦でお勤めだった方は、二人で半分ずつ勤務をする、二人で一人の教師になられました。

そんな勤務の形態を許す社会はいいですねえ。

会のはじめに、小さな生け花をそれぞれ生けられました。

Img_4744

Img_4752


 14歳の彼は、生け終ったお花を私に持ってきて「フオーユー」と言ったのです。私へのプレゼントだと。びっくりしたけどうれしくて。大切に家に飾っています。

会では、沖田孝司さんご夫妻のバイオリン演奏やけん玉大会などがあり、とても楽しく過ごしました。私、バイオリンでの箏曲の「春の海」、初めて聴きました。すばらしかったです。

最後にみなさんで記念写真を撮って、お別れしました。

Img_4750

うれしく、楽しいひと時でした。

今度は、近い内にお兄ちゃんが来られるかもと聞きました。またまた楽しみです。お声をかけてくたさった皆様、本当にありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アメリカからナイスボイがやってきました。

一昨日の日曜日、性教協の例会があった日の夜、ある会に出席しました。その時の一枚の写真、これ、見て下さい。私の右肩。

Img_4748

写真を撮るのに、私に真ん中に来るようにと言われ、そして、何の抵抗もなく、若い14歳の彼がすっと私の肩を抱いてくれたのですね。肩を抱かれるなんて、まったく、何十年もないことでしたので、ドキドキしてしまいました。私の右の人は彼の父親です。

2011年、かれらの一家が私のクリニックを訪れてくれて、一緒にお好み焼きを食べました。その時のことはここに書いています。

00

その時の一枚です。この弟とお父さんが広島に来てくださったのです。5年経ってこんなナイスボイになって。

彼は14歳。父親と母親が教師をしているハイスクールに入学しました。お兄ちゃんは、この度このハイスクールを卒業して、9月から大学に入学するそうです。

そのハイスクールの研修旅行。京都、大阪、広島と二週間の旅を広島ホームステイクラブの方たちが全面的に協力をして、その帰国前夜のお別れ会に私も招かれたということなのです。

Img_4738

会の冒頭、お父さんの先生が、みなさんにスピーチをして、その時に「この河野ドクターのおかげで、二人のビューティフル チルドレンを家族に迎えることが出来ました。そのおかげで、私たちの人生はとても楽しく、充実したものになりました」と、みなさんに紹介なさったのですね。

このお話、明日に続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「広島観音高校卒業者の会」

昨夜は「広島観音高校卒業者の会」に参加しました。以前からフェイスブック繋がりのこの会が開かれているということは知っていましたが、今回初めての参加です。

会場は、西区南観音の「シェアハウス恩」。ちょうど、春休みの福島の親子が保養に来て、泊めて頂いたシェアハウスです。そのつながりに御縁を感じました。

Fullsizerender_203

その時の福島の親子。「シェアハウス恩」のフェイスブックから写真を頂きました。みんなでお好み焼き食べていますね。薪ストーブが暖かそうです。その時の話を一緒に泊まった平木さんから聞いていました。旅行者の大学生がとてもよく遊んでくださったと。今度はそこに私が行くことになるなんて。

Img_3883シェアハウス恩の主催者の正垣紅さん。自己紹介では、観音高校を卒業後、熊本の専門学校で義肢を作る国家資格を取って、6年間働いたのち、自転車で日本一周を目指したと。その途中で、今度はアメリカに行き、しばらくアメリカでくらしたと。その時のシェアハウスの方にいろいと学ぶことがあり、広島に戻って、シェアハウスを作ったそうです。

今、ここには三人の住民がいて、他にも旅行者がいつも泊っていると。一人の住民は、地震のボランティアに大分に行っていると。そして、二人でみんなの料理を作って下さっていました。有機野菜の手作り料理。どれも絶品です。

Img_3895


Img_3881Img_3880

Img_3887Img_3894

シチュー、絶品。から揚げや炊き込みご飯等、写真の撮り忘れがあって、残念。最後はデザートに焼き立てのシフォンケーキも。料理ができる男性って、本当に素敵。

観音高校の出身者というつながりだけで、話が弾みます。さまざまな年齢、職種、環境の者が一同に会して話をするのは、楽しいですね。自己紹介と共に、豊富な質問があります。私は、高校時代の演劇部のこと、医者になっての被爆者の染色体のこと、福島支援のことや平和の夕べのことなどを話しました。

Img_3892
途中から、清水十輝君がひっょこり現れました。広島では人気のシンガーソングライター、ラジオの番組も持っていて、みんなよく知っています。

彼は、ヒッチハイカーでいろいろな所を訪ねてもいます。近々シェアハウスを作るのだそう。その先輩の正垣君にいろいろと習っているのだそうです。彼も加わって、さらに話が弾みます。私はみなさんより早めに失礼しました。またまた新たな楽しい仲間ができましたよ。若いみなさん、ありがとうございました。

今日は、午後と夜、大切な会議が二つ。またご報告しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「おそい」と言われて。

 昔からの友人の命の灯が消えそうと連絡を戴いたので、お昼時間に病院に行きました。彼は、ベットで痩せていました。呼吸が止まっては、またふうっと息をする、そんな状態でした。

 連絡を戴いた人からは「話はできませんけど」と言われていました。

 それでも、「○○君!」と呼んだら、ふわっと目を開けて、そして私を見ました。「河野です。来たよ!」と言ったら、彼はじっと私を見て、そして、「おそい」と言ったのです。

「遅かったね、そうじゃねえ、ごめんね」と言いました。そしたら、彼は、ニコッと笑いました。

 彼は、私を待っていたのでしょうか。

 彼が高校生、私が大学生の時からの、もう47年の付き合いになります。最近では、平和の夕べの実行委員として、いつも話をしていました。

 彼が悪いと聞いても、どんな顔をして会いに行けばいいのか・・・。目の前で泣いてしまいそうで。電話で話すだけにしていました。

 でも、このままでは後悔する!と思ったので、思い切って行きました。そして、じっと手を握っただけで帰りました。

 いまから思えば、もっと早く行って、いろいろなことを話せばよかったのです。彼の病気の事だけでなく、世の中の動きについて。今の社会、話したいことが一杯あったに違いないのです。話せなくなって会ったのでは、どうしようもないのです。

 「おそい」と言った彼の言葉が重くて。さよならした後も、ずっと胸が重いままです。

 全ての人といつかは別れが来るのですが・・・。ああ、あの人に会っておけばよかった!と後悔することが多いこの頃です。

 今日は、私は宝塚で講演です。もう少ししたら出発します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

姜尚中さんのお話しと「三良坂ふれあい健康まつり」

 昨日午前中、県民文化センターでの「共に生きよう―多文化共生と在日韓国人」での姜尚中さんの話を聞きに行きました。

 50分という短い時間なので、ご自分のエピソードを交えて話すことはできないけれど、と言う前置きがありましたが、さすが。ピシッと筋を一本通しての話に、息もつかずに聞き入りました。

 いろいろと、ああ、そうか、と思うことがありましたので、またこれはまとめてお話ししますね。

 その後、三良坂の「ふれあい健康福祉まつり」に行きました。~こころと心がふれあう笑顔の輪~のタイトルの通り、とても温かい会でほっこりして帰ることができました。帰りながら、つくづく思いました。このような、地方で生きる人々が人とつながって、温かくゆったりと生きることができるのではないか、と。約千人の方たちが来られたという会。皆さん、本当に笑顔なのですね。

20139293 私が行ったのは、もうバザーなどが終わるころで、でも残った物の中で、ほしい物をいくつか、いいの?というほど格安で分けて戴きました。

20139292 20139294 20139295201392910 20139297 福祉機器の試乗や展示。作業所の手編みの帽子を三つ買いました。これもいいの?というほどのお値段がついていて、申し訳ないほどです。カレーやうどんや焼きそば、売り切れ続出で残念。作木からいとこといとこの息子のお嫁さんも駆けつけて下さいました。お抹茶席で久々のお話しをすることができました。

201392912 201392913

 中でも、楽しい!と思ったのが、これです。もうお片付けをしていらっしたのですが。高齢の方たちにドレスを着てもらって、写真を撮るというの。私にも着て下さいといわれたのですが。この写真の中には、100才の方もいらっしゃると。

 子ども高齢の方も、みなさん一緒で、ほんとうに笑顔一杯で。私はその笑顔を壊さないように、お話しをさせて戴きました。

 皆様、ありがとうございました。私も楽しかったです!!

今日は、オットーハーンさんのお孫さんの講演があります。姜さんのお話しにもありましたが、ドイツと日本、戦後の戦争の反省と平和への取り組みのその違いなどを具体的に聞きたいと思います。多くの方がいらっしてくださいますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

素敵な右近さん。

Photo

 今日来られた右近光子さんです。私は、いつも右近さんが来られるとワクワクします。風邪を引いたとか、ちょっとしたことでクリニックに来て下さいます。今日は、素敵なお洋服ですね、と言うと、「自分で作ったのですよ。ハギレを買ってね」と言われました。まあ、びっくり。こんなのをご自分で?ええ、ハギレ屋さんを見るのが好きで、つい買っては作っています、と。

 とても丁寧に作ってあるし、えりの線が優しいし。うんまーあ、何と、素敵。お洋服もだけど、右近さん、素敵。私は感歎してしまいました。

 だって、右近さんは、いま92才。もう少しで93才になられます。お一人で暮らしておられます。背筋はピンとしているし、耳も遠くないし、合唱団に入って歌ってもいます。お写真を撮らせて戴いていいですか?このお写真をみなさんに公表してもいいですか?全て了解済みです。だって、素敵な右近さんを見せびらかせたいのですもの。こんな生き方を見させていただくと、年をとってもいいなあ、と思います。

 私は今東京にいます。昨夜診療後飛行機で来て、羽田のホテルにいます。今日は朝7時にホテルを出て、旭川に飛びます。そこで、午前、午後の二回講演をして、今度は列車で2時間かけて札幌へ。千歳空港から広島に飛んで、夜10時には、家に帰る予定です。木曜の休診日は、こうして使うと、充実したものです。金曜日の朝には、何ごともない顔で、クリニックで診療をするつもりです。

 でも、どうかJR北海道の列車が脱線しませんように。観光地には行けませんが、その列車の中から北海道の雄大な景色を見るのがとっても楽しみなのです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧