選挙まであと四日。

昨日、長い間の友人だけれど、ここの所何年も会っていない男性から電話がありました。「おお、ミヨちゃん」と。お互いどうしとる?元気かね、と言いながら。

 彼は、友人ですけれど政治的には自民党の支持者です。そこの所は、まあまあでやり過ごしていました。その彼にこのたび選挙ハガキを出しました。それが届いたという電話でした。そして、

「今度ばっかりは」と。「今度ばっかりは、もう自民党に入れるわけにはいかん」から。そういって知らせておこうと思って、との電話でした。「今度自民党が勝ったらいい恥さらしだよ。」「広島県民が笑われるけんのう」と。ホントホント、その通りよ、どうぞよろしくお願いします。接戦じゃそうだからと。

 本当にうれしくて。ハガキをせっせと書いたかいがありました。

昨日は、夜遅くアストラムラインに乗りました。そしたら、こんなのがアストラムの車両の中に貼ってありました。広電の電車や中央公園での大看板だけでなく、こうして細かく知らせてくれています。素晴らしい!!まさに私たちの思い代弁してくれています。選挙管理委員会グッドジョブですね。

Photo_20210421073801


世論調査の報道によると大接戦だそう。広島にちょっとでも縁のある自民党の議員さんが大動員されているようですね。

 私は決心しています。野党候補者に対する誹謗中傷を流そうとされていると報道されました。ネットでは具体的に中傷を見ました。候補者のネガティブキャンペーンについては決して黙っていないこと。積極的に反論すること。自民党がいかに汚く卑怯なことをするか私は身に染みて知っています。黙っていてはその誹謗中傷を認めることになってしまいます。そうして広められたウソが何年も人々に信じられていたりします。私はだまっていません。と、宣言します。後四日、頑張りましょう。

 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

自民党の一面広告。

昨日の中国新聞、アッです。一面全面の広告です。でも、これを見て、読んで、私は怒りましたね。

2_20210419143401

「私たちの広島県は、いま重大な局面を迎えております。参議院議員が失職し広島県の歴史の中でも初めて再選挙行ないことになりました。(略)このような中で、今度こそ信頼出来る間違いのない人物を、広島県民が心を一つにして選ばなければなりません。・・・」

まるで人ごとですね。

そもそもこうなったのは、誰の責任ですか?自民党がヤッタことのために、わざわざまた選挙をやり直さなければなりません。そのためのお金は12億円だと。河井夫妻のせいだけでなく、多くの自民党の地方議員がお金もらったではないですか?みんながお金もらうことを拒否すれば、そもそも選挙違反は成立しなかったはず。

この全面広告には自分たちがやったことの謝罪が全くありません。県民に対して謝ったらいかがですか。謝罪もなく危機感をあおり、自民党
は生まれ変わりますって?かってに生まれ変わったらいいでしょう。自分たちがやったことなのですから。

この写真、岸田さんは、自分がやったことの意味が分かっているのでしょうか?

Photo_20210419143401

これについて、申し訳ないのひとことでもありましたか?案里さんに手を貸しているではないですか?応援しているでしょう?この写真も。自らマイク持っていますよ。

Photo_20210419143402

はじめの世論調査の結果でしびれたのでしょうか。この一面広告に合わせて、ネット、フェイスブックでもしきりに同じような、こちらはカラーですが、広告がジャンジャン出てきます。まさに金に糸目をつけないで。一面広告やネットの広告で一体どれくらいお金がかかるものなのか私は知りません。このなりふり構わない自民党の姿勢は、河井氏がやった金権政治を彷彿とさせます。今回は自民党本部からはお金はどれくらい出ているのでしょう。

ひたすら不愉快です。こうなったら、野党統一の候補に頑張って受かってもらわなければ。彼らがお金なら、私は心で立ち向かいましょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。

ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

宮口はるこさん応援、蓮舫さんなど。

昨日土曜日、3時までの診療を済ますと、大急ぎで横川駅まで行きました。3時半から参議院議員選挙候補者宮口さんの応援の会があると。蓮舫さんも来られるということで。自転車を飛ばしていくと、間に会いました。


4_20210418011601

すでに大勢の人。後ろからだと車の舞台が小さくって。一番は衆議院議員の田嶋要さんの応援でした。うん?知らないなあと思ったけど。むちゃくちゃ面白かったです。千葉出身だそう。そして、千葉は、広島と同じように、「政治と金」にまみれた所だったと。何と県内4人の市長が収賄で逮捕されたのだと。それではもうだめだと立ち上がって、やっと千葉市長そして県知事が金まみれの自民党でない人が受かることができたと。

7_20210418011601

広島も全国から注目されていると。政治と金、あんなことが今のこの令和の時代に行われていたのだと、全国の人に知られてしまったと。全国が注目していると。これは変えなければいけない。歯切れ良くしっかりと語られました。

候補者の宮口はる子さん。新人とは思えないくらい堂々と、もうすっかり政治家の大演説でした。やはり直接聞くと違いますねえ。マスコミでは一部を切り取って、三人の子を育てるシングルマザー、一人は障がい者等ということばかりが注目されて。でも、実際では、漁業の方を初め、いろいろな産業の方のこと、核兵器禁止条約のことコロナのこと等しっかり話されましたよ。本当は原発のことも言ってほしいけどそれは仕方がないことでしょうね。何しろ反自民ということで、いろいろな党が集まっての統一候補ですもの。それでも、信頼できる候補だと思いましたよ。

1_20210418011501

続いて法政大学の山口二郎教授のお話。山口教授は野党統一の市民連合を提唱し、全国に市民連合作るべく奔走されている「闘う学者さん」です。広島県でも、野党統一候補が出来て、喜ばしいことですと。

5_20210418011601

いよいよ蓮舫さん。なんとも歯切れのよい元気いっぱいのさすがの大演説です。1憶5千万円そのほとんどが税金。議員になってすぐから案里さんに払われた給料の5千万円、これも税金。案里さんが当選した選挙のやり直し。その選挙はなかったことにされるのだけれど、その時の選挙の費用そしてこの度の選挙の費用、これもぜんぶ税金。広島県民の皆さんもさぞ悔しい思いをされていることでしょう。

3_20210418011501

よくぞこのたび女性の宮口さんを立てて下さった。女性であればいいということではないということは、皆さんもうお分かりですよね、とも。そう、案里さんも女性でしたもんね。女性であればいいというものではありませんとも。

 蓮舫さんのお話は続いてコロナについて。検査とワクチンについてです。一年前から、政府は何もしてこなかったと。言っても言っても、何にも。ワクチンの話、広島県には、やっと高齢者に接種できるようになったと言ってもこれまで広島県に配られたワクチンは3万人分と。接種適応者は280万人だと。それなのに、まだ3万人分。あまりに少ない。何百億円もかけてどうしようもないマスクを作ったり。電通に対する優遇や、GoToキャンペーン等に一兆円とか、コロナまでも利権に利用しようとしている等と。もうこれ以上利権の政治をせないためにも宮口さんを通させてと。

最後に二区の衆議院選候補予定の大井赤亥さん。

2_20210418011501

大井さん、すっかり演説がうまくなっていました。もともと頭はいいのだから、話す内容は次々と頭に浮かぶでしょう。とにかく大声でゆっくりととアドバイスしたのですが、もうバッチリです。まずこの場に集まって下さった皆様、ご迷惑おかけしている横川商店街の皆様、JR、広電、の皆様へお礼をいうことから始まりましたよ。気遣いはいいですねえ。あの女性蔑視発言でオリンピックの場から撤退した森元首相が首相時代に「無党派の人または若い人は寝ていてほしい」と言ったことを取り上げて、投票しようと強く呼びかけました。最後は宮口さんへの支援をしっかりお願いして〆としました。

どの方の話も充実していました。来てよかったと思いました。

後で下に降りてこられた蓮舫さんとグータッチしましたよ。

ネットによると来週あたりから候補者へのネガティブキャンペーンを仕掛けているらしいけど、それはまた自公のワナなのでしょう。そのためにどれだけ金が動くのか。そんなことをして引きずり降ろそうとする自民こそ汚い。ひきょうものには負けないで頑張って!!

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

 

| | コメント (0)

自公の候補は通してはいけません。

今、広島市内ではこんなはではでの電車が走っております。まるで花電車。

3_20210414001201 2_20210414001201 1_20210414001201

やるね、選挙管理委員会。電車だけではありません。県庁前の大看板。


4_20210414002701

自公対統一野党の一騎打ちの様相ですが。「檻の中のライオン」の楾弁護士がフェイスブックで言われていました。一部拝借いたします。


自民党の西田候補の言葉
「広島経済のV字回復」
「広島の経済を立て直す」
「広島経済をあらゆる側面から支援」
「広島が世界をリードするための産業政策」
「広島県民一人一人が付加価値を生み出せるよう」
「広島を前進させるための政策」
「広島県民の命と暮らしを守り抜くコロナ対策」
「広島県民の皆さまに安心して生活していただく」

とのことですが、、

広島県民のためにお仕事したいのなら、広島県知事か広島県議会議員に立候補すべきでしょう。

国会議員は「全国民の代表」(憲法43条)です。
選挙区選出の国会議員も、選挙区の代表ではありません。

国会議員は、選挙区民のためではなく、全国民のために仕事をしなければなりません(拙著『檻を壊すライオン』p210)

選挙区の人たちにばかり経済的利益を与えるから票を入れてくれ、というのは、発想が買収と同じではありませんか。

そういう候補者を応援するのは、お金をもらったから応援する、というのと変わらないのではないでしょうか。

しかし、有権者の側も、地元なんだから利益誘導してよ、というような意識を持っていたりしませんか?

今回の選挙は、失敗したからやり直し、という再選挙です。
失敗を繰り返さないためには、なぜ失敗したのか、有権者もこれまでの投票行動を振り返って考え直さなければなりません。
たとえばそういうところを、考え直さないといけないのではないでしょうか。

権力が「みんなのため」に使われず、権力者の「お友達のため」に使われる政治がまかり通って止まりません。
河井事件も、それに連なる出来事の一つでしょう。

全国民のために使わなければいけない権力を広島県民のために使う、と公言しているようでは、また同じことが繰り返されかねません。

これらは、その自民党、西田候補のツイッターです。楾さんの意見に加えて、私が嫌なのは、コロナのワクチンについてです。

3月4日。

1_20210413234101

迅速な対応ですって?それからひと月以上たっても、まだ私達医療者の多くは、いつ打てるのか、そのスケジュールさえも分かりません。

3月26日。

3_20210413234101

スムーズなワクチン接種ですって?打つよ打つよと言って、高齢者向けのほんのちょんぴりのワクチンしか配給されず、一体、それはどうやって、打つ人を選ぶの?とますます不信感と焦りを植え付けるだけ。

そして、4月5日。

2_20210413234101

ここでも「迅速なワクチン接種」と。たった一人の、新人の参議院議員が本当にスムーズなワクチン接種ができるの?では、彼ができることをなぜ、今議員でいる人たちはできないの?まるで無能な人達なのかしら。嫌いだけど、河野太郎さんは頑張って何とかしようとしているのでしょう。でも、今までの権力者の無能故、ここにきてもどうにもならなくなってしまっているのでしょう。他のこれまでの人ならできなくても、自分が議員になったらできるような、手品みたいなことはことは言ってほしくないですね。


11日の日曜日には、駅前で自民の岸田さんと公明の山口さんが西田さんの応援演説をしたと。二人とも、河井案里さん応援した人です。よくも恥ずかしくもなく・・。

Photo_20210414001201

やっぱり、この選挙で自公の候補を通してはいけません。がんばらなければ、ですね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

 

| | コメント (0)

宝塚市長選、おめでとう!!造幣局・花のまわりみち

宝塚市長選、山崎晴恵さん当選おめでとうございます!! 中川智子市長の後継指名受けた山崎さん、自民・維新の候補を破っての当選、本当にうれしいです。写真は、北川哲仁さんのフェイスブックからトリミングして戴きました。



Photo_20210412075401

中川さん、3期12年の市長本当にお疲れ様でした。初めての市長選挙の時に応援に行ったことを思い出します。任期満了までお勤めしたら、まずはゆっくり休んで下さいね。そして、時々は遊びましょうね。

中川さんが困難な中でやって来たことは本当にすごいと思います。まずは、学校給食の自校方式。全ての学校の図書室に司書を配置等々。まだまだ、行き場のない子どもたちのシェルターの設置、それを子どもたちに知らせること。女性や子どもたちへの視線は一貫しては優しかったです。

 でも、やり残したこと、どうしても改革できなかったこと、特に教育委員会、教職員組合、教育界に関することなど、それを山崎さんに託すと言われます。勝ったとはいえ、維新や自民が強い議会の中でなかなか大変でしょうが、山崎さんには本当に頑張ってほしいと思います。

昨日は、姉と一緒に造幣局の「花のまわりみち」に行きました。クリニックを退職した姉、家にこもってばかりだと、と、連れ出しました。


64種類、216本の桜が丁度満開でした。

1_20210412074801 5_20210412074801 3_20210412074801 4_20210412074801

その後は大野のトーマスで食事、そこでピザを焼いてもらって、大けがをして明日から入院、手術をする友人の家にもっていき、おしゃべり。

夜はクリニックに行って性教協広島サークルのメンバーとZOOMで話し合い。帰りがすっかり遅くなって、ゆーぽっぽに行けませんでした。少々むっとした人がいましたが、仕方無いことです。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

公選ハガキを書いています。

広島では、参議院議員選挙です。正式には、「参議院広島県選出議員再選挙」なのだそうです。一昨年の参議院選挙の広島選挙区で当選した河井案里議員の大がかりな買収事件で有罪判決確定となり、当選無効による再選挙なのですね。


 これについて、何人もの県外の方に尋ねられました。「まあ、広島は自民が通ることなんてないでしょうがね。」と。いいえね、とんでもない、それがね、自公が通りそうなのですよ。というと、ええっ?、まさかあんなことがあっても、それでも自民が通るの?とびっくりされます。

 それは私もいやですよ。広島の恥。でも、それがね、何とも自民への同情票なんですって、というと、またまたびっくりされます。あれは、自民党本部と河井夫妻がやったこと。案里氏の立候補にはあれだけ広島県連は反対したのに、と。でも、それは違う。確かに、当時の安倍政権が溝手氏憎しで、彼を落とすためにやったことなのでしょう。それでも、巨額の1憶2千万とも5千万ともいわれる資金を提供したのは、自民党本部。そして広島県中の多くの地方議員がお金をもらって、それを罰せられることもなく、選挙民になんらの説明もなく、知らんぷり。それが一番許せないことなのですよ。


 それなのに。あれだけの議員が金をもらっておきながら、何で同情票なのでしょう。広島の恥。ここで自公が受かったら、さらに恥の上塗り。私は恥ずかしくって、上を向いて歩けませんよ。

だから、せっせと公選ハガキを書いています。私ができることと言ったら、これくらいのものです。

Photo_20210407223401

どれだけ書けるか、なかなかですが、それでも、「広島の恥」と人々に少しでも知って頂きたくて。寸暇を惜しんで書いています。せっせせっせ。昔鍛えたウグイスをしたい所ですが、もう私にはお呼びもないでしょうから。


 私が言う立場でもありませんが、それでも、皆様、どうぞよろしくお願いします。がんばりましょう。恥の上塗りをしないためにも。子どもたちのためにも。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

小説「衆議院議員選挙」⑤

大井赤亥さんは政治学の学者さんであっても、実際の選挙は全くの素人で経験ありません。恐ろしいほどに何も知らなくって。これは大変だと思いました。でも、立憲民主だから、いざ選挙となれば連合、組合がつくでしょう。それはとても期待できることなのですが。でもそれがいつのことなのか。具体的に事務所を決めたり、パンフを作ったり、ポスター作って貼ったり・・。急いでしなければならないことは山ほどあります。今ボランティアの人たちが集まって、ボツボツ様々なことを進めている所です。

Img_9951


事務所は中広に開かれました。横川に続く大きな道路に面しています。

事務所の中の壁には、いさじ章子さんの絵が飾られています。

Img_0276

大井さんは、毎朝街頭に立って皆様に訴えをしてます。

Img_0063

一人で、応援がある時には2.3人のこともあります。堅物の学者さんらしくなく、なかなかうんちくがあって、かつ親しみやすい話をされます。特に宮島線の駅周辺のことが多く、見かけたらぜひお声をかけて上げて下さい。

これを忘れていました。

Img_9961

広島市立大学の教授で、県立図書館友の会のお世話なさっていた大井健地先生は、お父様です。お父様もお母様に相次いで2019年に亡くなりました。ご両親とも、今回の大井さんの行動を知られたら、何とおっしゃったかなあと思います。きっと心配しながらも、力強く応援なさったことでしょう。

大井さんはとっても人柄がいいので、いったん話をしたりお手伝いした人は、みんな好きになります。私は彼が怒ったり、愚痴言ったりする所を見たことがありません。

大井赤亥さんの最新のパンフです。

Img_0277 Img_0278

特に「私達も応援しています」の人達をご覧ください。上智大学政治学部教授の三浦まり先生、広島修道大学教授の河口和也先生、ずっこけ三人組の作家、那須正幹さん、原爆の子の像、佐々木貞子さんの無二の親友、川野登美子さん、元中国放送で人気アナウンサーの浅井満理子さん、そして、ハチドリ舎オーナーの安彦恵里香さん。最高の顔ぶれの人達がならんでいます。

大井赤亥応援団ツイッターは

https://twitter.com/hiroshimaohi


大井さんの活動報告は

https://akaiohi.exblog.jp/

また機会ある度に大井さんについてご報告しますね。どうぞ皆様、よろしくお願いします。

 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

小説「衆議院議員選挙」②

まず私が驚いたのは、この週刊ポストの記事の初っ端にこんな文があったことです。ポストは、以前、鋭い政権批判をしていてよく読んだいたのですが。安倍政権の時、菅氏が中心になって新聞・テレビにクレームを付け、多くのテレビ界のMCやコメンテーターが交番させられました。その上週刊誌にまで大ナタふるったのです。ポストも、政権が編集長を強引に替えさせて、その後に編集長になった人が、政権のヨイショの記事やひどいヘイト記事を載せるようになって、すっかりいやになっていました。だから全く買っていなかったのですが。

 その差別者である編集長が変わったのに、それでもまた2019年9月にひどいヘイト記事の特集をし、多くの作家たちが怒りの行動したことがあります。抗議した民団に対して謝罪もしました。その編集長は今も変わっていないのです。それなのにこんな特集するのはどうしてか、びっくりしました。

Img_0231

そして、全国の衆議院議員選挙の選挙区の当選予想が載っています。表紙の「現職閣僚も老害議員も次々落選、ニッポンが変わるぞ」が具体的に示されています。自民党のベテランや現職の多くが、無印だったり▲だったりなのです。

私は広島なのでその欄を。

Img_0228

広島の7区の内〇がついているのは、岸田さんだけなのです。それ以外の自民党の現職は良くって△。▲もあります。(6区の小島さん。ここは立憲の佐藤公治さんが△です)。注目の3区。河井氏で大醜聞の区。ここは、公明の斎藤氏が単独で立候補を表明し、世間を驚かせました。公明は、比例との重複立候補を認めていないので、選挙区で勝つしかなく、菅さんはそれを飲んだと報道されています。またもや自民党は本部と広島県連との闘いなのですね。まあまあ、河井で大変なことになっているのに。そして、その斎藤さんは▲。立憲のライアン真由美さんが△ですよ。とても保守的な所でも、自民支持の人たちが、公明党に入れるのは考えにくいですね。自民党の広島県連が本部に反して単独で立てようとしている石橋氏がどれだけ浸透するかでしょうね。私は個人的に石橋氏をちょっと知っているのですが、なかなかの人です。お父さんはダメだったけど。ライアンさん、頑張れ!!漁夫の利になる可能性、十分にあります。

そして、2区。平口氏は△です。もう4期のベテラン。でも、何しているのかさっぱり見えません。平口氏は奥さんで持っているという人がいます。どこにでも奥さんが挨拶に来られて頭を下げられると。ほんとうにどこにでも。奥さんがペコペコ頭を下げても、政治をするのは、奥さんではありません。平口氏です。酒好きで、今年のお正月、ある所での目撃者の話にはびっくりしました。いくらお正月といえども、挨拶に回るのなら酒は控えたら?足元がふらついていては、挨拶にはなりません。目撃者が持つのは、違和感だけです。もしもお酒のせいでなくふらついていらっしたのなら何か病気?それこそ、スキャンダルになってしまいます。

ある人の葬式にも奥さんが来て。呼びもしないのに。お焼香をすると、くるりと後ろを向いて、「平口でごさいます。どうぞよろしくお願いします。」と言ったって。そこは、野党支持者の所なもので、喪主一同カンカンだったと。こんな話は一挙に広がるものです。こんな空気が読めない方でも、「奥さんが素晴らしい」となるのでしょうか。

私は、昔っから、それこそ子どもの時から当時の社会党、今の社民党の支持者です。福島みずほさんが頑張っているので、今も応援しています。ただ、ここまで小さくなってしまって、ほとんどの選挙区で候補者を立てられなくなってしまった今、次の選択肢として、立憲民主党の候補者を応援せざる得ません。だって自民党を少しでも減らすためです。立憲民主も「改憲」を言っている以上、全面的に支持するのでなく立憲の中に「護憲」の主張する人を少しでも増やすこと。そうしかあり得ないと思っています。

 明日に続きますね。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「選挙違反」不思議に思うこと。

私が不思議で仕方がないことを今日は書きたいと思います。

 私は、今はもうおとなしくしていますが、以前は、いろいろな方の選挙に関わってきましたし、自分自身も立候補したこともあります。それらの選挙で、何より、一番に気を付けたのは、「選挙違反をしない」ということでした。選挙には決め事があります。とてもとても細かく決められています。選挙のルールについて詳しく書かれている本をよく読みました。そのルールも、よく変わりますので、以前から知っているからと思っていると、足元を救われることもあります。

 とにかく「きれいな選挙をする」ということが大命題でした。たとえ当選しても、選挙違反でせっかくの議席を失うことになってしまっては元も子もありません。それに、ついうっかり、「知らないで」違反になるということも避けなければなりませんでした。ある大学の先生が、自分の教え子のために、全く善意で投票をお願いする手紙を書いたと。そしたら、それが違反となって、その先生が逮捕されてしまったということも聞きました。それは、まさかそれが違反になるということを知らなくってなさったことで、とてもお気の毒な事でした。

 運動員の食事を用意しても、知り合いの方が来られて、その人も一緒に食事をすると、それは「饗応」になって選挙違反になります。ついうっかり、「飯だから、いっしよに食うか」となりそうです。自分の家であれば、そんなことはよくあることですし、運動員の食事なんて、たいしたことのない、ふつうのごはんですし、お酒が出ることもありません。それでも、違反になります。

ポスターの貼り方一つにしても、細かく決められています。

 何より違反者を出すと、クリーンなイメージの候補者に泥を塗ることになります。

 そんな選挙に何度も何度も関わって来て、だから、今回の河井夫妻の選挙違反の報道に本当にびっくりしてばかりです。どうしてそんなに「堂々と」お金の違反ができるのでしょう。アナウンス嬢の報酬を倍払うこと、そんなことはよくあることと言っていた政治家の方もありました。でも、それは違反で、違反は議席を失うことにつながると、どうしてそれがわからないのかと思います。まして、どうして「お金」を配ることがなぜできるのでしょうか。これだけ大大的に、多くの方にお金を配ったなんて。いえ、まだそうと決まったわけではないと言われそうですが、私は聞いています。具体的に「誰が誰にいくら」お金をもってきて、そのときの状況を聞いていますので、これは事実に間違いありません。ご本人は、それが当然違反であることは知っているはずです。でも、そうした。

 それは、違反であっても、「誰もそれを通報したりしないだろう」と高をくくっていたのか。「たとえ誰かが通報しても、政権の総理の側近だから、検察も手を出せない」と思い上がっていたのでしょうか。確かに、側近の何人もがいろいろな事件で「罪」を逃れてきていますので、自分だってそうだと考えたのでしょうか。

また、自身がこれまでもいろいろと違反をしていて、全くとがめられなかったので、違反をすることに神経が麻痺していたのでしょうか。

でも、法務大臣だった人です。それに、国会は「法律を作る所」です。その議員になるのに、法律違反をしてはいけないでしょう。そんな当たり前のこと、子どもでもわかること、「ついうっかりの」違反ではありませんもの。「わかっていてした」確信犯ですもの。

どういう神経だったのか、ほんとうに知りたいと思います。怖くはなかったのかと。自分が逮捕されて、拘留されて、もしかして刑務所に入ることもありうる、それは怖いと思わなかったのかと。そういう想像力がなかったのでょうか。それだけ思い上がっていたのでしょうか。

今、お二人とも、じわじわと身に迫ってきていることに恐怖を覚えているのではないでしょうか。それは考えてみると、かわいそうではありますが。でも、それだけの事をしたのですよね。この国は、そう甘いものではありませんよと思いしってほしいと思います。

平和公園の桜、青空の下で満開です。

Photo_20200406184201

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

参議院議員選挙

ああ、広島選挙区、自民二議席独占とならなくって良かった!!決して積極的に応援したい候補者ではなかったけれど、でも、いくらなんでも自民二議席ということにだけはさせたくなかったのです。やれやれです。

Photo_20190722075001


でも、自民党の当選者、新人で、現職が落っこち。さて、自民党広島県連はこれからどうなるのでしょう。そもそも、宏池会のトップの岸田氏が、新人候補の応援に安倍氏と並んで車の上に乗った時、それはインパクトがありましたね。落っこちの溝手氏は宏池会の重鎮ですもの。

それに、新人の女性をいじめて、女性差別だの、女性候補だから応援すると言った人たち。私が(私だけではありませんが)彼女を当選させてはいけないと思ったのは、彼女が女性だからではありませんよ。彼女を応援に来た人達顔ぶれを見れば分かります。

菅官房長、安部首相、それにくっついた岸田等ばかりが目立っていましたが、あの「LGBTは生産性が無い」と言い、従軍慰安婦について映画「主戦場」でさんざん奇怪な弁を述べ、論破されていた杉田水脈氏、稲田朋美氏、三原順子氏等、党内のタカ派の女性たちがずらり。勘弁してほしい人たちです。その彼女たちや公明党の山口氏等の応援を受けた人を広島県連も応援できないのは当然でしょう。

新人の車の上で「次期総理」と持ち上げられて嬉しそうだった岸田氏が、宏池会や広島県連でどう総括するのか、見ものではあります。混乱すれば、それも安倍さんの思うツボなのでしょうが。

山本太郎氏の活躍はすごかったですね。自らを三位と決めた太郎さんが当選しなかったのはとても残念ではありますが、重度の障がいの有るお二人が当選したので、国会内もその受け入れを急いがなければ。議場、議員会館、座席、付き添いの人の席、トイレ、食堂・・。太郎さんは、次の衆議院選に出ると言われているそうなので期待しますが、しばらく当選の方の秘書になったらどうでしょうか。国会のことを教えてあげながら、国会内を、できれば議場もうろうろするというのは?

岩手、秋田、山形等の東北や新潟等の大活躍等、開票速報を楽しませていただきました。何にしても、改憲勢力が改憲発動の三分の二に届かなかったのは、ホッとしました。仲村みおさん残念。おしどりマコさん、佐藤かおりさん残念。投票せずごめんなさい。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧