小説「衆議院議員選挙」③

ずいぶん昔のことになります。2005年6月1日、私はある訴訟を広島地裁に提訴しました。名誉棄損による損害賠償訴訟です。被告は、A出版社と当時広島市PTA協議会の会長をしていたB氏。A社発行の月刊誌に私を事実無根で誹謗中傷する、とんでもない記事をB氏の名前で掲載され、それに対しての抗議と謝罪求めたのですが、それも無視されたための提訴でした。私にとってそれは長いとてもしんどい作業でしたが、これをこのままにしておくことは私自身のすべて否定することになると勇気を奮い起こしての提訴でした。

当時、2003年から全国に性教育バッシングが吹き荒れました。ここに何ども書いています、東京都の七生養護学校への都議・市議、S新聞記者による突然の襲撃、性教育の教材をかっさらって行ったことに端を発します。それから、全国の地方議会で性教育に反対する発言がされました。その資料に使われたのが、「女は40過ぎるとただの肉の塊。少子化は、2号3号の女に子ども産ませればよい。その為に補助金を出せばよい。日本もアメリカの様に銃の所持を許すべきだ。」等と飛んでもない発言と著書を出していた国立大学の教授がいます。その人の著書が使われました。中は性教育や男女共同参画についてのひどいのでっち上げばかりです。

教育現場では「新しい歴史教科書をつくる会」が出した教科書を採択するようにとの運動も激しく行われました。男女共同参画についても同じような攻撃がされました。

そのような中で、広島では「男女共同参画を考える会広島」が設立され、講演会や研究会が行われました。その一つの講演会での私の発言が、とんでもなく歪曲された文章が出されたのです。

「中学生にセックスをあおり家庭を崩壊させ、革命狙っている」本当に晴天の霹靂でした。やむを得ずの提訴でしたが、そのままにしておくことは私のすべてが否定されたことになると、勇気を奮い起こしての提訴でした。

そして、全国の方々が、私の起こした裁判を応援しようと「性教育バッシング広島裁判を支援する会」を設立して下さいました。

口頭弁論の度にニュースレターを発行し、裁判の場には毎回多くの方に傍聴に来て戴きました。そして、2006年4月16日、「性教育バッシング広島裁判を支援する会設立記念講演会」を開いて下さいました。基調講演は東京の紀藤正樹弁護士による「バッシングの背後にあるもの」でした紀藤弁護士は、その前から、統一協会との熾烈な闘いをしていらっしゃいました。文鮮明氏率いる信者さんたちの「合同結婚式」だけでなく、高額のツボを売りつけるという霊感商法等に鋭く切り込み社会に警告を発し、子どもたちを統一協会から取り戻したいとの願いを持つ全国の方々の支援をされていました。

当時、性教育バッシングは、統一協会の力がとても大きかったのです。統一協会の機関誌「世界日報」に毎日性教育に関しての情報が掲載されていました。それを多くの信者たちが社会に広げていきました。政界にも、多くの影響を与えました。安倍前首相は、統一協会の合同結婚式に祝辞を送り続けています。

その統一協会と闘ってこられた紀藤弁護士の講演は、それは大きなインパクトがありました。

その他、この記念講演会には、当時東京で苦しい裁判を闘っていた七生養護学校の先生お二人と、豊中市男女共同参画センター「すてっぷ」の館長雇い止めの裁判を闘っていた三井マリ子さんも来て下さいました。日本の三か所で、いずれも統一協会系を相手とする裁判を闘っている三者が一同に集まったのです。

勿論会場一杯の人であふれました。

この裁判については私はこの本に裁判録として記録、保存しています。

Photo_20210109195201


この項続きます。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

情けない国日本④SNSによる性

診療をしていて、ここに来て急に「SNS」という物の不気味さに呆然としています。産婦人科の現場ですので、私の所では「性被害」に遭った人なのですが。被害に遭ったのは、中学生も高校生も大学生もです。「何も知らなくって被害に遭った」というのとちょっと違うのではないかと思える例が増えているのですね。自ら望んだように「繰り返す」人も。

例えば、とても怖い目に遭って緊急避妊薬を取に来て、処方。ともかく妊娠しないですみました。私は緊急避妊薬を処方した人には必ずこれからも繰り返す可能性があるのか否かを問います。SNSというのは、会おうということにつながる。会う目的これはもうsexなのだと。こんこんと話します。そうして痛い目に合っていてもまたSNSは続けるというのですね。

「大丈夫です、会うだけです。私はそのつもりはありませんから」と言った人がいましたが、すぐにまた来ました。「やっぱり緊急避妊薬をまた出して下さい」と。「あなたはは会うだけ、SEXはしないと言ったよね。」そうだったけど、自分はそのつもりだったけど・・と。それに、「緊急避妊薬は、コンドームをちゃんと付けていたけど、ずれてたから不安なので」と。ああ、違うな、そう語る口調、表情から、これは違うと分かります。何しろ来年で産婦人科生活49年です。多くの若者と話して来てこれは本当のことを言ってるかくらいわかります。

それくらいだった薬は要らない生理が来るのを待ちなさいというと、今後のために売ってほしいと言います。「違うよね、あなたが私に言ったのは本当のことではないでしょう?本当のことをそのまま言ってみて」というと観念したように、避妊のないセックスをしたと。言いました。SNSでその日に会った人と。この前とおんなじことを繰り返しているのですね。

それが危ないこととか、危ないというのは単に妊娠が心配とか性感染症にかかるかもとか、そういうことだけでなく、「知らない人と密室にこもることは命危機にさらすことなのだ」ということが分かっていません。私そんなことをしている女性で、もう二人殺された人がいるのですね。警察から報せが来て初めて私も知ることになるのですが。

セックスというのは、すべての警戒心を解き放って、双方が心から望んですること。裸の心と心で向き合うこと。そうしてこそ、素敵なセックスとなるのだということを、私は若者に伝えたいと思い、実際性教育の講演の中ではそう言及をしています。その彼女は、私から二度目の緊急避妊薬をもらい、内服して、でもまたSNSは続けるといいました。ピルはのまないと。セックスした後だけ緊急避妊薬、アフターピルをのんだほうがいいと。それだったら男からそのお金をもらえるからと。

実はそんな人がひとり二人ではないのです。ある人は、緊急避妊薬を飲んで妊娠しなくて済みました。それからすぐにまたSNSで知り合った違う人と性交をし、でもなぜか今回は緊急避妊の内服をしなくて妊娠してしまいました。相手に告げると、「自分の子ではない」といわれブロックされてもうコンタクトが取れなくなりました。仕方無く人工中絶です。相手の同意書をもらうことができないのでお母さんに相手の所にサインをしてもらいました。手術代は母親に出してもらったと。中絶の後の診察の時、「これからは?」と聞くと、やっぱりSNSは続けるというのです。

SNSって、よほど魅力があることなのでしょうか。この二人とも、大学生でしっかりした家庭で育った人です。

青春時代というのはいろいろと寂しかったり、孤独だったり、辛かったり、人が恋しかったり、それらを通り抜けてしっかりした大人になるものだと思います。今はその孤独をSNSで癒す。そんな時代なのでしょうか。でも、癒されるどころか、それによってかえって傷ついてしまっているのですが。

私はそこに、性教育の不在を見ます。なんにも教育されていないと、性というのはそんなものだと思うのは無理もないと。だって、そんな出会ってすぐのセックスが、動画でさんざん発信されています。見ようと思ったら、いくらでもそんなセックスが見られるのですね。基本的なことを何にも教わらずにYou Tubeでみて、性というのは、そういうものと思うのは仕方ないことなのかもしれません。

もういい加減世の大人たちは、本気で若者の教育について考えないと、とんでもない社会になっています。それどころか、大人たちが、出会った若い人に薬物を飲ませてレイプしたり、子どもに手を出したりもしているのです。

12月22日に文科省が発表した、2019年度に公立小・中・高校の教職員がわいせつ行為で処分されたのが273人いたと。場所はホテルが37人教室29人、保健室、生徒指導室等が28人と。学校現場ももう安全な場所ではなくなっているということなのですね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca52541cfa602914ba080641137dc3180cd521a7


学校が性教育に取り組むということは、教職員も共に勉強するということでもあります。文科省も、こんな発表するのですから、もういい加減いつまでもバッシングを続けていないで、性教育をすべしと方針転換しないものかと思います。今では、ごく一部の、管理職が文科省や教育委員会のいうことよりも、やりましょうという決断したところだけ、子どもたちに真正面から知識を伝えることができるというこんな状況なのですから。

私は、この休み、ゆっくりできるかと思ったら、夫が手が使えないので、一人で掃除や買い物や料理に奮闘しています。いつも大分でお正月をしていたので、重箱やお雑煮用のお椀など、道具が広島になくって困っています。最低限の物を買いました。夫のケガについては、ブログに書いたことがばれてしまって・・。手がパンパンに腫れてえらいことになっていますがそれでも病院に行こうとしません。

クリニックの、青野さんのお正月用のお花です。青野さんには、一年間、ずっとクリニックの一隅を照らして頂きました。感謝しています。

Photo_20201228174001

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

益田翔陽高校で講演しました。

無事益田翔陽高校での講演を終えて帰ってきました。2年生、3年生の皆さんです。途中、大きな音で雨が降って来て、びっくりしました。

Img_9637 Img_9639

何とも素敵な高校でした。広い敷地。

Img_9626 Img_9625

校舎のある所から、下を見下ろすと。そこも学校の敷地で、田んぼやドーム型のハウスなども。生徒がお米や野菜やお花等を作っているそうです。見えない所に広い野球場などもあるそう。中庭には沢山の天然石や池も。

Img_9623 Img_9633

何より私が感動したこと。行くとすぐにDVDの用意等のために会場の体育館に行きました。そこでは体育の授業が行われていました。網で半部に仕切って、バスケットとバレーボール。観ていて、アッと気づきました。どちらも、男子と女子が一緒にしています。

Img_9630

バレーボールのサーブは、男子は外から、女子は前に出てコートの中からしてもいいとの配慮がされていましたが、後は男女全く同じで、笑い声が絶えず、楽しくゲームをしていました。こちらも楽しく観させて戴きました。気づいて、名簿を見せて頂くと、やっぱり。科ごとの男女混合名簿です。

広島では、せっかく男女混合名簿になっていたのを戻そうという動きがあって、ずっと昔のように男子が先、女子が後ろという男女別の名簿になった学校が出てきています。

ここは、名簿だけでなく、体育の実技も男女一緒というのは初めて見て感動しましたよ。

講演は良く聞いてくれました。後で保健委員長の男子生徒からお礼の言葉を言ってもらいました。書いたものを読むのでなく、自分の言葉で素直な感想を言ってくれて、また感激。思わず握手をしてもらいました。

お土産に頂いた生徒さん作のシクラメン(いろが異なるの二種)とイチゴジャムです。うれしい!!

Img_9645

ご尽力いただいた先生方、聞いてくれた生徒の皆さん、ありがとうございました。帰り道、ゆうひパーク浜田に寄って、いろいと買い物をしました。白いかの一夜干しとか、赤天とか。それに、晩ご飯にモスバーガーも。バーガー、ほんとうに久しぶりでした。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

偶然ですが、またまた益田です。

私は今山陰、益田にいます。またまた益田です。前回小学生、中学生でしたが、明日は高校生にお話します。なんか、こんな道ばっかり走ってるなあと思いながら来ました。不思議なことに、二週間前に益田に行った時、浜田道の途中でトイレに行きたくなり、真っ暗な山の中のSAでなんか怖い思いをしながらトイレに行ったと書きました。今回はそんなことがないようにと、家を出る前にトイレにいったのですが。またまた途中でトイレに行きたくなってしまったのです。何とか浜田まで行って、どこかコンビニでも行って・・と思ったのですが、無理でした。で、前回とおんなじSAで、クマが出ませんようにと思いながら、そそくさとトイレに行きましたよ。なんか、車を運転する姿勢と尿ができるのが関係あるのかな?と思います。私、横川シネマで映画を見ていると、とっても尿意が近くなるのです。私、日ごろはとても遠いのです。職業柄かもしれません。それなのに、横川シネマのフカフカの座席に寝転ぶような姿勢で座っていると、どんどんおしっこができるのですね。車の運転も少し後ろに寄りかかるような姿勢なので。

わあ、私、こんなことを言いたかったのではありません。今日、遅くについたのに、担当の先生お二人がホテルに待っていて下さいました。そして、食事に連れて行って下さいました。打ち合わせをしながらお話しました。それでびっくりしたのですが。ここの所、益田の授業、講演が続いていて、それの一環として、今回は高校生かと思っていたのですが、それは全く偶然なだそうです。担当の先生と養護の先生が話合って、私の講演をとなって、私にお電話をくださった時には、私が益田に来ることになっているなんて全く知らなかったのだと。それを聞いて、本当にびっくりしました。先生方も後で知ってびっくりされたのだそうです。

ともあれ、明日は高校生なので、なんの縛りもなく思いっきり話が出来そうです。中学校では、色々と指導要領だとか、遠慮しなければならないこともありますので。

 実は、ここのところ若い人が分からなくなって、というか、教育がされていない弊害が顕著になっているような気がして。

 SNSの被害等、分かっているはずなのに、甘いよ、と思うのです。明日も高校生に話します。出会い系で会うというのは、目的はセックスだと。ごはんだけおごってもらって、それではいさようならとはいかないよ、と。でも、そう警告しても、大丈夫ですからと言われると、どうしようもないのですね。女性はいつも一方時に被害者で、男性が加害者であるとは言えないよね、と思うこともあります。危ないところに近づく、それも、とても危ない目に遭っても、その一回で懲りないでまたまた同じことを繰り返す、それが不思議で。女は嫌なのに、男がやりたがって、被害に遭う。そうではなくって、女だってしたかったのだと。双方合意なのだけれど、最後の避妊のところでちゃんとしてくれなかっただけなのだと。そんな患者さんとして現れる若い人が多くなりました。今日来た若い人は、いくら説得してもダメでした。この前緊急避妊薬を飲んだばかりで、でも、病気を移されていて。それなのに、またまた出会い系で別の人に会うのだと。それなら、せめてピルで防衛してというのですが、それは拒否です。大丈夫だからと。私から見ると何が大丈夫なのか、さっぱり分かりません。とてもアブないのに‥。でも、説得しきれませんでした。

むなしいなあ。彼女は、きっと私が言ったことがそういうことなのだと分かる時が来る、おそらく、彼女はいつかは妊娠して、茫然とする時が来るでしょう。私が言ったことが分かった時には遅いのだよねと。説得できないなんて、ほんとうにむなしいものだわ。

そんなことを漠然と考えながら、運転してきました。せめて明日、話を聞いてくれる高校生が理解してくれるように、しっかり話します。益田から広島に出て来る生徒はとても沢山いるのだそう。免疫がないままに出てくると、怖いことになることも。今の内に、しっかり知っていてもらうことが必要と思います。

Photo_20201203000701

今日ごちそうになった山陰のお魚たちです。こりこりよ。特にサザエ、抜群!!でした。ごちそう様でした。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「ジェンダークエスト」

昨日は、性教協広島サークルの例会でした。前回は城さんが「性的同意」について沢山の動画も紹介して下さって、楽しくて勉強させてもらいました。今回はジェンダーについてでした。新しく出版された「10代のためのジェンダークエストトレーニング」に沿いながら。

Img_9573

クエストって? ドラゴンクエストの名前はみんな知っていて。探求とか、探すとかいう意味でいいでしょうか。この本のブログラムはこうです。

Img_9572

城さんは次々と資料を提示して下さいました。まず、ジェンダーって何?体の男女の性別のセックスとどう違うの?

Img_9579

Img_9581


Img_9583

この本は、ワークブックの形をとっていますのでいろいな問いかけがあります。うーんと頭を抱えることも。こんな風に。「男性的とはどういうことだと教えられましたか?絵に描いてみましょう。」とか、「女性的とはどういうことだと教えられましたか?絵に描いてみましょう」とか。参加者の一人は、こんな上手な絵をかきました。

お母さんが病気の時にお父さんがラーメンを作ってくれたら、おじいさんが「男が台所に立つものではない」と言ったとか。それから、小学校ではいつも男子が先で女子が後だったとか。

Img_9562_20201130181801

Img_9563

この本のすごい所は、とてもやさしいということ。いやな所はしなくていいし、気に入った所は何度してもいいし。初めの文にこんなことが書いてありました。

「ジェンダーを探求するとき、「自分は強い人間であること」「1人ではないこと」、そして「周囲の人に愛されているということ」を忘れないでください。いじめを受けていたり、孤独だと感じているなら、このワークブックを通して、相談できる家族、友だち、先生や専門家を見つけて下さい。あなたの人生の一歩一歩は、それが良い一歩でも、まあまあな一歩でも、悪い一歩であっても、価値ある一歩なのです。どれも、自分がどうかけがいのない存在となるのか、どんな人間なのかを少しずつ教えてくれる一歩なのです。」

そして、大切な五つのこと。

あなたの気持ちを大切に!
1人じゃないことを忘れないで!
安全な場所を選ぶ
逃げ道を確保しておく
安全で支えてくれる人と連絡を取り合う


これは、ジェンダーの学習だけでなく、例えば、性暴力の被害だったり、虐待だったり、いじめだったり、人権侵害だったり、そんな目に遭っている人達すべてに共通すること、それよりもすべての大人になろうとする人達に必要なことであるとも思いました。

それから、ジエンダスケール、性のグラデーションについて、もう少しお話したいことがあるのですが、これは私が今注文しているこの本が届いてからにしますね。

 こんな勉強をすること、研修を受けることは私にとって大切な充電であり、さらに性教育をバージョンアップする源となります。城さんを初め、大切な仲間たちに感謝しています。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

益田市立鎌手小学校の1年生の感想文です。

益田市立鎌手小学校の子どもたちにお話に行って、その感想文が着々と届いています。今日は、1年生の感想文です。

実は、スライドに動画をたくさん入れてもっていったのですが。そのスライドを一枚目を映して、子どもたちが入って来るのを待っていました。そして、ふと気づきました。「鎌手」は「かまて」とひらがなにしていたのですが、「小学校」はどう?「市立」は?1年生は漢字を習っているのかしら?と心配になって、今年はコロナで学校に行けない時がずいぶんあったし。それで尋ねると、ほとんどまだ漢字は習っていないと。でも学校はわかるでしょうと。あわててスライドを平仮名に直しました。

1年生の皆さん、ちっちゃくてかわいいね。そんな子どもたちにわかるように・・気を付けて話ました。

全部で7人すべてです。何と、カラフルな感想文です。全て書いてあったのですが、何かご迷惑なことがあったらと思って、名前を消しています。

13_20201122105901 14_20201122105901 15_20201122105901 16_20201122105901 17_20201122105901 18_20201122105901 113 122

まあ、多くの子どもたちが、私に元気でいて下さいねとか、最後の子は「いのちとおからだをだいじにしてください。いまは、コロナウィルスがまだおさまっていないようなのできをつけてください」なんて、涙が出ましたよ。みんなみんなかわいくて優しくて。

皆さん、本当にありがとうございました。私も元気で頑張ります。みんなも楽しく学校で過ごしましょうね。先生方もありがとうございました。また、一枚ずつスキャンして送って下さった教頭先生、大変ありがとうございました。また、他の学年の感想もお知らせしますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

益田、無事終えました。

昨日は、無事益田で三つの授業をして帰りました。少々足がだるくて、家に帰るとふうふう言いましたが、子どもたちと共にすることができて、楽しい時間でした。

鎌手小学校の1.2.3年生に「いのちはどこから」。小学校低学年、かわいいね。

Img_9441

4.5.6年生に「ようこそ思春期」。これは動画を観ている所。

Img_9445

終わるとお礼の言葉と花束をもらいました。この後、二人と握手しました。

Img_9446

小学校から中学校に移動する途中、校長先生に海がきれいなスポットに連れて行ってもらいました。天気が良くって、穏やかな日本海。紺碧の海です。

Img_9459

山陰線の列車が走っていました。

Img_9457

東陽中学校で2.3年生に。それと、真砂中学の三年生3人も一緒でした。3月、3人が卒業すると廃校になるそうです。よく来て下さいました。

Img_9463

いろいろと思うこと、勉強になったこと、それに子どもたちの感想文等、また改めてご報告しますね。

そうそう、開業30周年。校長先生がブログを読まれて知って、すべての子どもたちからもおめでとうと拍手を戴きました。皆様ありがとうございました。素敵な方をお迎えして、講演兼パーティーをしようと思っていたのですが、それもコロナのおかげで中止です。いつか、コロナが収まったら、その時には改めてと思っています。無事過ごせたことに改めて感謝です。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 

| | コメント (0)

性教協広島サークル例会と西城秀樹展のお知らせです。

性教協広島サークルの11月例会のご案内です。

11_20201117142901

出版された日本語版の「10代のためのジェンダークエストトレーニング」。

112

性教育の分野も次々と進化していきます。いつまでも旧態依然とした教育にとどまるのでなく、勉強をし続けなければなりません。
このたびの発表は、我らが城さん。楽しみです。多くの方の参加をお待ちしますね。

それから、性教育のお知らせと共にするのも、ちょっと戸惑う所がありますが。

2018年5月に亡くなった西城秀樹さん。これまで東京と大阪でしか開かれなかった西城秀樹展が、やっと広島で行われます。12月11日から広島そごうで。

Photo_20201117142101

特典付きの前売券もありますよ~。

2_20201117142101

いろいとオリジナルグッズの販売もあるそうで、楽しみです。以上、お知らせまで。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

周南です。

3_20201115082101

お早うございます。山口、周南の夜明けです。いつも大分に行く時にフェリーに乗る徳山港が見えます。


Img_9367

今日、午前中に周南市で講演をします。午前中ですので、もしも高速道が通行止めになったり渋滞したりして遅刻したら、なんてことになったらいけないので前夜から泊まりましょう、でもそれだと夜の時間がもったいないので、山口性教協の方たちにお声を掛けました。

急だったのですが、沢山の方が集まって下さいました。特別養子縁組について知って頂きたいと、そのお話をしました。1時間半お話をして、その後用意して下さったお弁当を食べながら、質疑をしました。お若い助産師さんや、児童養護施設の看護師さん等も集まって下さって、楽しく過ごしました。

1_20201115082101

せっかくの機会ですので、急遽、性教育について私が集めている動画も見ていだたきました。前大統領のオバマ氏のLGBTの方への呼びかけや、日本の国会議員への性教育についてのインタビューや、小学生向けの受精卵の発育や出産など。若い人たちにつなぎたい思いは、こうして映像で観て頂くことで、より伝えやすくなります。

頂いた豪華なお弁当。

2_20201115082101

そして、今朝の朝食。

Img_9368

そうそう、宿泊はサンルート。じゃらんで予約したのですが、GoToが適応されて朝ご飯付きで4300円。それに1000円のクーポン券を頂きました。何と。私は、観光できたのではありませんが、これでは人々がGoToでどこかに行こうとなるわねえと思いました。その陰で新型コロナの陽性の方が爆発的に増えています。北海道、お気の毒です。今日は講演を終えたら広島に帰って、今週の木曜日の講演の準備の仕上げをします。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

SOSを求める勇気と、求められる大人の問題と。

今週の土曜日、14日には夜、周南で講演をします。そして、翌日曜日には別の方たちに。それらのスライドづくりを一気にしました。同じようなテーマではあっても、対象が異なるので、少しづつ変えています。

そして、来週の木曜日が大変。午前中に益田市の小学校低学年への授業と、高学年への授業。その後午後には中学校に移動して中学生への授業。それぞれの授業を保護者の方たちが見学されます。一日に三つの講義は少ししんどいかも。益田では、日を変えて高校での授業もすることになっています。前日の診療を終えて益田まで移動。三つの講演をすますとその日の内に広島へ帰るという、結構強行軍です。この頃には、もうカープの試合もないし。車の中で何を聞くか、それを楽しみに運転しましょう。

小学生に見てもらうスライド、動画も豊富に用意しますが、でも、とても大切なこと。それは低学年にはこれです。

11_20201110003001

そして、高学年にはこう。



14_20201110003401


授業を見学される大人の方たちが、子どもたちが悩みを打ち明けた時、しっかり向き合って下さるように、その願いを込めて話したいと思います。

 先日から言っています。診療だけでなく、特別養子縁組のあっせんや、性被害ワンストップセンター、妊娠SOSなどの相談業務に関わっていて、あまりに、子どもや若い人たちが相談できていない、もう少し早く相談していたら、ここまで苦しむことにならなくてすんだのにと、残念な思いをすることが多くて。中学生や高校生等の若者たちには、SOSを求める勇気を訴えます。でも、相談してもらえない大人の側に問題があるのかものかもしれません。大人の方たちには、講演の時には必ず「相談相手になってあげて下さい」とよびかけるのですが。それでも、子どもたちや若者に、相談相手としてみてもらっていない問題なのだと思います。それはどうしてなのか、大人の側が考え、答えを出すべき問題だと思います。


 


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧