比治山大学での講義

昨日の午後4時半から比治山大学現代文化学部子ども発達教育学科の一年生の学生さんに話しに行きました。この学科の多くの学生は教師になる希望を持っています。ここの所ずっと、就職の希望は100%だそう。素晴らしい。私が来初めてもう10年が経ちます。私の話を聞いた学生があちこちの教師になっていると考えただけでもうれしい。性教育の種まきです。

2024

内容は

20242

事前のアンケートでは、「どうして性教育をなん度も受けなければならないのか」というのもありました。こういうのを見ると、とてもうれしいです。そういう思いをもっている学生が、私の話を聞いてどんな感想を持ったか。皆さんのレポートを読ませていただきますので、楽しみです。

これは授業が始まる前。始まると、自分で写真を撮ることができないので。男性と女性と半々かな?

Img_0504_20240614203501

これは担当の先生が撮って下さいました。

Img_6723

授業の前に緒方先生が私の紹介をして下さいました。いつも私の講演の時には来て下さいます。先生が私の話を初めて聞いたのは先生が25才の時。教育委員会の初任者研修で私が話したのだそうです。それを聞いて、ものすごい感動したと。私は、弱者の味方なのだそうです。もっといろいろと話されたのですが、恥ずかしいので、これまで。ただ、今、学生さんが私の話を聞くというのが、とてもうれしいと言って下さいました。今、先生は64才だから、私と13歳違い。ということは、私が38才の時に話したのを聞かれたということです。うーん、私はその頃何を話したのでしょう。ちょうど私がさらばを出した年、若くてとがっていた頃。やっぱり恥ずかしいです。

講演が済んで緒方先生と。

Img_0507

関係者の皆様、今年も話すことができてうれしかったです。本当にありがとうごさいました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

朝、夕の二つの講演でした。

今日は、くたびれました。午前中府中緑ヶ丘中学校で2年生に話しました。途中20分の映画を挟んで110分。終わるとすっとんで帰って、病院→区役所で出生届提出。そのまま比治山大学へ。途中おなかがすいてたまらなかったので、ココスに入って急ぎ遅い小さなランチ。大学では、教師になる予定の学生が多いクラスの一年生に、午後4時20分から100分びっしり話しました。帰りは足がフラフラでしたよ。

まず緑ヶ丘中学で。

早めに会場に行くと、会場は準備してありました。うーん。昨年は床に座ってもらっていたのですが、今回は椅子です。椅子ですかと尋ねると、暑いですから、椅子で風通しを良くしたいと、と担当の先生。

Img_0491

 私は、生徒、何人か倒れますよ。暑いし教室の椅子だと、机があって手を置いたりできますが、ここで椅子だけだと倒れます。床だと大丈夫なのですが、といいました。

 やっぱりまだ半分ま行かないうちに、女子生徒が意識消失、倒れました。担架担架とか、騒ぎになって中断。私は気分悪くなったら、我慢しないで下に座ってね、我慢すると倒れちゃうからといいました。その内またもう一人女子生徒が。その時、私、皆さん座って。先生、悪いけど、皆さんを座らせて下さいと言って、椅子を片付けて床に座ってもらいました。皆さんね、女子の皆さんも足は好きにしていいから。体操すわりだけでなくって、あぐらを組んでもいいし、伸ばしてもいいし、後ろに手をついてもいいし、好きな恰好で、でも、耳だけこちらに向けていてね、といいました。そこからはもう大丈夫。

Img_0492_20240613221901

 映画を挟んで終わりまで一気に話しました。夏の体育館は本当に暑くて。ずっと立って話す私も汗びっしょりです。

 映画の時、私は一番後ろに座って生徒さんたちを見てました。すると、一人の職員の方が来られて、高校生の時、生理不順で私に診てもらったと。おかげでその後一人こどもが生まれました。今日は、先生に会えるのがうれしくてと。ありがたいことでした。

 お話しを終えて帰る時、聞きに来て下さった保護者の方が何人か待って下さっていました。そして、若い時、お世話になりましたと。入院して治療してもらいました。おかげで三人のこどもに恵まれましたと。一番下が今、この中学の2年生だと。もう一人の方は、高校生の時に私の講演を聞いたと言って下さいました。そして、難しい時期の中学生に話をしてもらって、本当に良かったと言って頂いて、ホッとしました。長く続けていると、二代に渡ってのことになるのですね。

 話し終えた時に生徒さんがお礼の言葉を言って下さったし、きれいな豪華なお花もいただいたのですが、残念、写真は自分では撮れなくって。

Img_0495

皆さま、本当にお世話になりました。少しでも素敵な大人になるためにお役に立てればうれしいです。

比治山大学については、またお話ししますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

性教協広島サークル例会・寺西弁護士のお話

来る7月7日日曜日、性教協広島サークルの例会が開かれます。今回は、弁護士の寺西環江さんにお出で頂きます。

20247

文科省による「性教育」ではなく、「生命の安全教育」が始まっていますが、文科省が提示している教材は、突っ込みどころ満載です。これまで性教協広島サークルでは、今年の1月の例会で「生命の安全教育と子どもたちの現実」として、城さん、中島さん、そして私の三人の発表とディスカッションを行いました。それぞれの現場から見て、いまだに「歯止め規定」で「性交」を伝えないところでの、被害・加害とは一体なんだと思うわけです。

 私の現場でも、子どもたちの性被害、とりわけ監護者からの性虐待は後を絶ちません。被害に遭った子どもたちは、本当に悲惨ですし、また、大人になってからもトラウマにずっと悩まされたりもします。

今回は、数々の性暴力、犯罪の被害者の弁護にあたって来られた寺西先生にお話をしていただきます。お話は「性虐待の現実から見えるもの~性加害・被害防止教育の課題を考える~」。寺西先生は、また、広島県性被害ワンスップセンターでも活動されています。

 先生のお話を聴いた後では、「性加害・被害防止教育の課題を考える」の意見交換も行います。

授業に取り組む先生方、一人で悩み考えるのでなく、みんさんのお話しを聴き、ともにディスカッションすることで、より深く、幅広く取り組むことができるのではないかと思います。

 多くの皆様にお会いできますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

おかやま山陽高校一年生女子の感想文

 4月のおかやま山陽高校1年生への講演の感想文、今日は女子生徒の感想をアップしますね。いくつか。

◎ 私は、今回のお話をお開きし、性のことについてよく知るのはとても重要なことなんだとあらためて思いました。子宮けいがんの話は、開いていてとても胸が苦しくなるような思いになりました。それをふせぐためには、予防せっしゅを受けると良いと知りました。そしてアジアでも将来、子宮けいがんにかかってしまう人が少なくなるといいな、と思いました。

その他にも、性行為をする際、きちんと相手と確認をし、ひにんの方法を正しく知らないと、とても辛い思いをしてしまう事になる、とお聞きして、きちんと正しい情報を知ろう、と思いました。そして特来、出産する際には、嬉し涙を流せるような人が増えたらいいな、と思いました。今回は大切なお話をしてくださり、ありがとうございました。 

◎ 性とは恥ずかしものではなく、とても大切なことであって私たち学生に知識がないのは世間の大人たちが教えてくれないからだということだと考えさせられました。今までネットでの浅はかなコメントなどを簡単に信じたりして、コンプレックスを持ってしまう人、それが当たり前だと思ってしまうことがあってすごく悲しいし、恐ろしいことだと感じました。また、自分の体を守るために正しい薬を処方してもらうこと、お互いしっかりと話し合って同意があってからにすること。自分の行動には。後先考えずに行動するのではなくあとで遅くなって後悔だけは絶対しないように責任をもつこと。一人でかかえこまず、誰か頼れる人に頼ること、正しい知識を手に入れること。子宮けいがんのワクチンをうつなどの対策が知れて、本当に有難かったです。普段、「性」について深く考えたりまして誰かと話したりすることもないけどもし自分に子どもが欲しいと感じた時、子供ができた時にしっかりと伝えられるようになりたいです。今回は本当にありがとうございました。

◎ 初めてぼかすでもなく性教育の話を聞くなかで私には開係ない。やまだ私にははやいから大丈夫。などと思えないような話(実話)で、身近に感じることができたし、家際、私よりも歳下の子が子ども(赤ちゃん)をうまないといけなかったり中絶しないといけなかったりして心苦しい内容だったけど、とても勉強になったし、今後、自分におこるかもしれない話をつつみかくさず話をしてくださったのでとても感謝しています。自分の立ち場を後ではなくする前に考えること。それは性の関係以外でもありえることだなと思ったし、これから役立つことばかりだったので、今日講演会で学んだこと、聞いた話を胸にこれからも、高校生活やその後の人生を歩んでいきたいと思います。 

◎ とても大切な講演をしてくださってありがとうございました。先生の産婦人科医としての日々の診療を通し、私たち(若者)の性のさまざまな実情や数多くの悲惨な結末に直面する中で、ぜひ伝えたい伝えなければならないという思いで映画と話で伝えてくださって私は性と生なんて考えようともしてこなかったけど命のとうとさ、命の大切さや自分の性のこと、これからどう生きていくかを考えさせられました。男性も女性のことをよく知っておかないといけないし、女性も男性のことを知り、考えないといけないんだなと思いました。日本が今どれだけひにんについてのことが進んでいないか、女性でもにんしんできない人たちがいるのかを知ることができました。

◎ 小学校や中学校の授業で何度か教わる機会はありましたが、自分の記憶の中ではだいたい45時間くらいで性の単元が終わってしまいました。いくつか自分なりに疑問は持っていても、誰に相談すればよいのか分からず、ずっと心の中でもやもやが残り続けていました。しかし今日のような機会を設けてくださって、自分の中の疑問も解決しました。また、新に得た知識や現在の問題などについてくわしく教えてくださったので性と生はとても大変で大切なことだと改めて実感しました。またなかなかない機会なので、この時間も大切なんだなと感じました。


◎ 先生のお話しを伺い、性というのは決していやらしくも恥ずかしくもなく、大切で素敵なものであると感じました。そして、特に驚いたことが、コンドームでは完ぺきに避妊すること、梅毒を防ぐことはできない、ということです。中学校では、避妊するためには、コンドームをつけなさいぐらいにしか言われていませんでした。なので、コンドームが85%ぐらいしか避妊はできない。だからこそ、性行為をする際は、好娠する可能性があること、妊娠した場合はきちんと育てられるのかということをパートナーと考えた上で、行いたいと思います。妊娠は、女性に、肉体的にも社会的にも法律的にも女性にのしかかってくるので、やり逃げする男は社会的に抹殺しなければならないとはっきり自覚しました。あと、「俺にすべて任せろ」は絶対に信用しません!!!今日は本当にすばらしい講演を、あり難うございました。

◎ 今回の講演ありがとうございました。今日話していた性と生について、きちんと、正面からまっすぐ向かって考えないといけないなと思いました。自分の体のことは自分で管理、分かっていることが大切だと学び、これから生活していく上で、意識していこうと思います。「後から考える」のでは、なく「その時に考える」ことを大切に、もしやることがあったら、きちんとコミュニケーションを取っていこうと思います。もし、自分に子供ができたときは、しっかり子供に伝えないといけないと感じました。まだこれからたくさんのことを経験していくと思うので、今回話してくださったことを忘れず生活していこうと思います。ありがとうございました。

以上です。中学を卒業したばかり、高校に入学して直ぐにこんな話を2時間も聞かされて、さぞやしんどいことでしょうと思いましたが、みんな本当に食い入るように、身じろぎもせず聞いてくれました。一人残らず、感想をしっかり書いてくれて、本当にありがとうございました。これから楽しい高校生活を送って下さいね。

 私は、毎週火曜日は西区横川まで体操教室にいきます。今日は、本川の川岸を自転車でいきました。日中は30度越えの暑さでしたが、陽が沈むと気持ちの良い風、緑の空気、美しい景色に見とれながら行きました。川、湖、海・・やはり水のある景色が何より好きです。


Photo_20240521233101

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

おかやま山陽高校一年生男子の感想文②

 おかやま山陽高校1年生への講演の男子生徒の感想文、続きです。私がアップするのは、全体の30分の1くらいなのですが、選んだのは、特に上手に書いているかどうかでなく、それぞれみんな心に響いたことが違う、その違いをアップしております。では、もう少し読んで見て下さいませ。


◎ ペニスが大きい小さいは関係ない。悩むことではないことが分かった。4センチあれば十分な事を知った。16才未満としたら相手がOKしていいても犯罪になることを知った。性交をしない。するんならゴムをする。しっかり相手(女性側)の気持ちを考える。今ほんとうに妊娠して金など大丈夫なのか、しっかり話し合うことが大切。性は恥ずかしい事じゃない。かくすことでもない。しっかり教えたり、教わることが大切。生理は痛いことを知ったから、だからバカにしたりわらったりしては絶対にいけない。今回聞いたことを大事にして、生きて行きたい。


◎ 性について、中学の時にまだ知らない事やわからなかったことを、このきかいに聞けることができてよかった。ひにんするにあたって大切なことや、ちゃんとした性行為などの話を聞いて、とても心に来ましたが、自分の中では性同一性しょうがいについての話が心に来ました。今、ジェンダーレスの時代などで、性別に関しての判断が、体でなく心で決まるものだと思います。なので、そういった方々たちへの相談でも聞くと言って、とてもおどろきました。そのような方々たちは、今までとても大変な思いや不安でいっぱいだったと思います。ですが今ではしつかりとたいさくができていて、少しでも心によゆうが持てたと思います。これからも国ぜんたいに拡がっていけば良いと思います。 


◎ 河野美代子先生の話を聞いていろいろなことを知ったり、学んだりした。自分たち男は、にんしんすることはないから、何をしてもいいかというわけではなく、互いがしっかり話し合ってすることが大切だと学んだ。また、河野先生の体験を聞いて、自分は産みたくても産めなかったり、産んでも産んだ子は養子になったりと、自分じゃ絶対分からないような悲しさがあることを今日知った。自分の人生を幸せにするためにも、今日学んだことを忘れずに自分の人生に生かしていきたい。


◎ 今日、河野美代子先生の話を聞いて母親のことがすごく好きになりました。今まで母親の事がすごく嫌いで、本当に家出したいと思うほど嫌いでした。ですが、今日の河野先生の話を聞いて、出産は命がけなんだと思った。しかも自分の家庭は母子家庭で母親ひとりで、()計4人を育てていると考えると本当にすごい事だなと思い、すごく母親として尊敬できたし、自分の憧れの存在になりました。自分も今後、性交渉をする機会があると思うので、その時はしっかりしようと思いました。


◎ 河野先生の話はいろいろな人の生き方をこうていし、その上で実さいに経験した話をしてくれたのはすごく分かりやすく、共感性があり、ありがたい話だったと思った。性についてのプライバシーの話では最初に親が勝手に部屋に入るのは子どもに対してのプライバシーが欠如しているとおっしゃっていてその通りだと思っていました。ですがその後に河野先生は逆もそうだと、子どもが親の部屋にかってに入る。これもプライバシーのしんがいだとおっしゃり、はっとしました。その他にも自分の持っていた不安や、みんなが思っている不安を安心へと変えてくれました。河野先生のお話しとてもすばらしく、勉強にもなりました。


◎ 今まで、自分は性について不安+恐怖を感じ続けていました。しかし今回野美代子先生に性と人の体について詳しく教えてくださり、この不安+恐怖がすっかりなくなりました。中でも講演で心に残ったことは、ペニスの大きさと、性のことをはずかしく思わないことです。自分は、少しペニスについてコンプレックスを持っていました。このままで良いのか分からず、自分で調べようとも行動ができずじまいでしたが、先生の細かい教えにより、自分は普通なんだと思えることができ、安心しました。性のことをはずかしくないことについて、自分は、まわりの目を考えてしまう人でした。しかし、先生の勇気づけるお言葉で、自分に自信がつきました。これからも性について、考えて行動して生活していきたいです。 


◎先生の話をきいて、中学校のときより教わったことが多くあって、いろいろ初めてで、良い経験になりました。よく考えてみると、自分にも関係があって、これから、今日教わったことを忘れずに自分のことだけてなく、相手の気持ちを考えていき、自分が親になったとき。子供に正直に教わったことをそのまま教えていきたいです。法律が変わって、13才までだったのが16才になって未成年が性被害にあいにくくなったことや、二人の同意がないといけないことなどを知りました。私達のためにいろいろ、大切なことを教えてくださりありがとうございました。

明日は、女子生徒の感想文をアップしようと思います。ぜひ読んでくださいませ。

ベランダのアマリリスが咲きました。これは、30年前の私の誕生日にプレゼントして頂いたものです。二鉢頂いて、途中咲かない時もあったのですが、球根が生き続けてくれて、この頃は二鉢とも毎年咲いてくれます。でも、戴いた時は、一本の花の茎に4つの花を咲かせていたのが、今は二つの花です。それに、今年初めてなのですが、今咲いている花の茎だけでなく、どちらも、もう一本茎が伸びています。この花が終わったころ、もう一本の花が開いてくれるだろうと楽しみにしています。バックはフラワーフェスティバルの花の塔の花たちです。

Photo_20240521002701

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

おかやま山陽高校一年生男子の感想文

 今日は、診療後映画を観にいくことにしていたのですが、夜ズーム会議があって、どうしてもそれに間に合わないことが分かったので、映画を断念しました。前と違って、今回は楽しい韓国映画で元気が出ると思っていたのですが、残念。何とか明日か木曜日には行きたいと思っています。

 先日、企業の方への講演で、少し男性の感想もアップしました。今日は、男子高校生の感想をアップします。おかやま山陽高校の一年生、入学して直ぐの講演です。ついこの前まで中学生だった、その生徒たちが、しっかり書いてくれました。すべての生徒の感想文、350枚余り、全部送って下さって、読むのに結構時間がかかりました。

Photo_20240516143501

付箋を貼りながら読んだのをもう一回読み直して、アップするのを選び、一つ一つキーボードを叩きながら、書きました。それは私の勉強にもなることです。そして、やっぱり早いうちに男性にも知ってもらいたいと改めて思います。今日は、4人の感想文です。性的同意について書いてくれているのがうれしいです。それから、妊娠10か月で生まれるという捉え方が間違っていたことにほとんどみんながびっくりしてました。こんなことは教えなければ。そして、教えることになんにも問題ないのにと思います。

◎ 今日性教育講演会を聞いて、初めて知ったことがたくさんあった。一つは性の法律が変わっていたこと、二つ目は、コンドームをしていても、妊娠する可能性があるいうことです。あと印象的だったことは、中絶がいつまでなら間にあうのかという、覚え方です。41日に妊娠したら12月の24日に子どもが生まれるということです。そして中絶が間に合うのは、お盆までということです。今まで知っていたと思っていましたが、この講演会でいかに自分が無知なのかを知りました。他にも性の病気についてや、出産のことなど書くときりがないですが今日はとても自分にとってためになる講演会でした。ありがとうございました。

◎ 近年では、産婦人科に来る若い人の中で、中絶に間に合わないという人が増えたことが分かった。男性の生殖器は手術しなくてもいいことが分かった。一回の性行為で妊娠する確率は30%で、エイプリルフールに性行為をしたらクリスマスイブに生まれる、中絶はお盆までと分かった。妊娠はピルでほぼ100%避妊だけど、性感染症は防げなくて、コンドームは妊娠率は13%だけど性感染症は防げるとわかった。性のイメージがとても変わって、とても勉強になった。もしも将来性行為をする時には、もし妊娠しても大丈夫か、相手にも考えてもらい、同意があるかをちゃんと確かめよう思った。

◎ 学ばせていただいたことは、性行為との向き合い方と妊娠、出産、赤ちゃんについてを学びました。先ず性行為をする前には必ず相手の事を全部分かった状態で、相手と話し合い、合意をして避妊具を使い、もしも妊娠した時に自分が育てる覚悟をもって性行為をすることです。もしも41日に妊娠したら中絶は813日までで、出産すると言われているのは1224日と、中絶ができる期間や出産するまでの期間の短さを聞いて、中途半端な気持ちで妊娠させたら悩んでいる間に中絶ができなくなり出産をするしかなくなるから、しっかり考えて避妊具を使うことです。そして知らなかったことは中高生の妊娠は87%人工中絶をしていること13才未満から16才未満に去年の7月に変わっていたこと、赤ちゃんは出て来た時は泣いているのではなく縮んでいた肺を膨らませて呼吸をしていたことです。河野美代子先生に教えて頂いたことの性行為の向き合い方や今後の生活の仕方を間違えないように気を付けよう思いました。


◎ 僕は、今日の性教育講演会を聞いて、これからもし、自分が他の誰かと性行為をする時にまず、相手との同意をもらい、同意をもらってからすること、それから相手を妊娠させたり、性に関する病気にさせないためにきちんとコンドームをつけたり、相手がピルを飲んでいることの確認をすることの大切さを知りました。また、性行為は悪い事じゃなく、当たりしい命をつなぐ素敵な事だと知りました。僕は、河野先生が言われていた、「すてきな事をすてきにできるようになる」という言葉が印象に残っており、僕はまだすてきな事をできる人間になれていないので、これからのおかやま山陽の機械科での生活の目標の一つに追加していきたいし、すてきな事を率先してできるような人間になっていきたいと改めて思いました。


また、明日に続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

セミナー懇親会、子どもたちと焼肉。

産婦人科医のための女性保健医療セミナーのばっちり研修の後は情報交換会の名の元の懇親会。最長老の東哲徳先生の乾杯で始まりました。東先生は、渋谷区で開業なさっていたのが、患者様を紹介しようとしたらいらっしゃらなくなってたのです。どうされたのかと思ったら、沖縄に移られたと。暖かい所でお仕事です。少しうらやましいけど、お元気で何よりです。

Img_9420_20240417131201

今野先生にお話しを伺ったり、勤務医でしんどい人には早く開業をしたら、と勧めたり、久しぶりの人とは、その後の話をしたり・・。

Img_9425 Img_9422_20240416135601

私、こんなに小さかったっけ?先生が来てくれて、うれしかった~と大隈先生、ありがとう。

Img_9426

私は、5時に失礼して、子どもたちとの待ち合わせに。晩御飯は丸ビルの焼肉だと。

Img_9431 Img_9434

孫ちゃんから、ばあば、お誕生日おめでとうと、プレゼントを頂きました。文庫本ポーチ、ばあばが本が好きなので、と。ありがとうありがとう、新幹線で重宝します。

Img_9428

5人でしこたま食べて。最後に、全員にアイスが出ます。当たり付きだと。みんな一生懸命に食べて、当たりなし。当たると、今は家庭用のアイスが頂けるのだそうでした。残念でした。

Img_9439

楽しいひと時が済んで、子どもたちや孫とバイバイして最終の新幹線に乗りました。コートを脱いでひたすら本を読んだりスマホを触ったりしていて、京都近くで、あれっ?私は何を着ているのかしら、と思ったら、焼き肉のエプロンをしておりました。黒で前に赤の名前入り。ネットにこのエプロンを付けた美少女の絵がありましたので、ちょっと拝借。私はこんなにかわいくないけれど・・。

Img_9457_20240417134301

まあ、情けない。名古屋で降りた隣のお兄さんはなんにも言ってくれなかったなあ、と。翌日、お手紙を書いて、お店に送りました・・。ということでした。久しぶりのセミナーは、楽しく有意義でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

産婦人科医のための女性保健医療セミナー①

14日日曜日は、「第22回産婦人科医のための女性保健医療セミナー」でした。朝10時半から午後4時、その後は懇親会という、丸一日の中身の濃い研修でした。私は、この会に参加するのはとっても久しぶり。新しい若い人、わからないお顔の人も多くて。でも、変わらず熱気のある自由で楽しい会でした。

Img_9417_20240416004501

Img_9416 Img_9418

Img_9449_20240416005601

先ず、今年の7月28日に奈良で開催される性教育指導セミナーについての進捗状況。

Photo_20240416002301
プログラムはここに。

https://seisemi46.eventworks.jp/assets_seisemi/schedule.pdf?v=0001


すごいプログラムだけれど、少々詰め込み過ぎ!!と思いました。だって、ここの最後にある定本先生のお話しなんて、先日2時間の講義を受けましたが、それでもめいっぱいで、もっと聞きたくて、懇親会でも質問責めでしたもの。それを20分で話して下さいなんて・・。

そして、当日のメインの①、ピルとオンライン診療について。事前にされたアンケートについて、詳細にお話しがありました。オンライン診療というか、私たちが診療の中で、来ることが不便な方にオンラインを併用する分には全く問題はないと思うのですが。現在は、会社形式で、ほとんど説明がないままにネットで「販売」されている事も多くて。それで体調がおかしくなって、私たちの所に駆け込む方もあって・・。それは、ピルだけの問題でなく、いまやネット販売の薬はあらゆる分野で行われているのですが。でも、バイアグラがそうであったように、偽物の、成分が全然異なるピルも実はあって、それによる妊娠もあって・・。その報告も参加者の中からありましたよ。

ピルのオンライン診療だけでなく、緊急避妊薬のOTC化についても、少し論議があって、それには私も発言しましたが。やっぱり危惧していたように、まったく避妊のない性交をした後で、緊急避妊薬を飲めと強制する男性もあったりしていて。犯罪に使われることが出てきています・・。

オンライン診療は、もう社会的に止められないもの、それに私たちが参加していくか否かということ。ただ、血栓とか、思いがけない出血とか、それらについての対応がきちんと出来ないと、若い女性たちが心配な状況になることもあるので。それが私たちにも課題として迫っているということでしょう。

 そして、いよいよもっとも期待していたメインの②。自治医科大学付属さいたま医療センター産婦人科教授 今野良先生の「女性にも自治体にもフレンドリーなHPV検査による子宮頸がん検診」について。とても興味ある、そしてもっとも勉強になったお話し。明日に続きますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

おかやま山陽高校で話をしました。

昨日は、おかやま山陽高校の一年生に話しに行きました。もう20年、毎年行っては一年生にお話ししています。

おかやま山陽高校は、好きな高校です。生徒たちが皆さん目標をもって輝いています。出会う生徒はみんなこんにちは、と大きな声で挨拶をしてくれます。少子化の時代、私立の学校は生徒さんを集めるのが大変といわれていますが、ここは大丈夫。今年も340人余りの生徒さんが入学しました。

Img_9367_20240412141301

コース事に分かれた勉強も、部活も素晴らしくて。みんな生き生きするはずです。帰りに、生徒さんが部活の勧誘をしています。

Img_9371

なにやら背中が面白そうなので、見せてもらいました。女子ソフトボール部の練習着だと。たくさん入部するといいですね。奥の方では、吹奏楽部が楽器を持って勧誘をしています。

Img_9368_20240412141301

期待した通り、あちこちで満開の桜です。ただ、運転しているので、なかなか写真が撮れません。停まっている時だけのシャッターチャンスですので、残念。

Img_9376 Img_9377 Img_9378

帰りに少し足を延ばして、寄島の小さなスーパーマーケットへ。ここのお魚が大きくて新鮮でお安いので、いつも寄ります。カニやらカワハギやら。今回は、カワハギの大きな肝のあるでっかいのが何匹もありましたが、あまりに大きくて、我が家のお鍋には入りそうにないので、やっぱり大きな子の入った舌平目を買って帰りました。それとにし貝。山盛りどっさりで380円と、超格安。ゆでて食べると、これまた美味。どれも、料理前に写真を撮るのを忘れてしまいました。バター焼きの後です。下の三分の一が卵です。これにポン酢をかけて頂くと、本当に美味でした・・。

Img_9380

往復5時間あまりの運転と正味2時間の講演で、帰り着くと少々疲れていたので、ゆーぽっぽはパスでした。でも、楽しい一日でした。校長先生はじめ、お世話になった先生方、一生懸命、食い入るような目で話を聞いてくれた生徒の皆さんにお礼を申し上げます。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

城さんの性の多様性の授業

城さんの講義では、各自治体や教育委員会から、各学校当てに名簿を男女別でなく、混合名簿とするようにという報せがあったこと。そして、この4月からの保健の教科書が示されました。どの社の教科書も性の多様性についての記述があります。もちろん、記述の多少はありますが。「性と自分らしさ・人には、体の性以外にも、いろいろな性の「ものさし」(気持ちや考え方)があります。それらは、一人一人、少しずつ違っていて、組み合わさって、わたしたちの「自分らしさ」となっています。そして、体の性・心の性・好きになる性・表現したい性等の絵があり、その真ん中に自分らしさがあるような絵もあります。それから、教科書が検定でどんな事が削除されたり書き直しをさせられたりしたかということも教えて頂きました。

そして、城さんの小学校での授業です。先ず、みんなにあなたについて教えてくださいという紙が配られます。それには、すきな食べ物・すきなこと・すきな色を書くようになっています。さらに、好きな色で大きな〇を書いて、その中を塗ります。

 授業を受けている一人の方を指名して、好きな食べ物を尋ねました。その方は、ごはん、とんかつ、梅干し等沢山上げました。それと同じものを書いた人。で、私はごはんが一致していましたので、手を上げました。そして二人が立ったままで、最初の方に好きなことを尋ねると、「ハンドボールの試合を見ること」と答えられました。私は、「食べること」と答えました。で、好きな色は、緑と赤と答えられ、私は赤と答えました。赤は一致しましたが、そのほかは異なります。こうして、その方と私は少しずつ異なるということが分かります。

 さらに、短い文章でそれぞれがどんな感じがしたかを書きます。
・今日は遠足、朝起きるととてもいいお天気だった
・給食当番のあなたが食器のかごを運んでいたら、教室から飛びだして来た人とぶつかった
・運動会の表現が終わったとたん、大きなはく手が聞こえて来た
・遊ぶ約束をしていた友だとが待ち合わせの場所にいつまでまっても来ない。

これら一つ一つがうれしい・はらがたつ、かなしい、たのしい、そのほか(具体的に記述をします)に〇を付けます。


それぞれの感情について手を上げると、みんな少しずつ異なることが分かります。こうして、それぞれが違う、違ってそれぞれが自分なのだとということをしっかり実感します。

 そこから、城さんは性器のでき方を教えます。最初はみん女性型であり、それが男性の染色体を持っているものは男性ホルモンを浴びて、男性の性器になっていくこと。

 その上で、人間の性は心の性、からだの性、好きになる性のそれぞれがグラデーションで、みんながそれぞれ異なること。
さらに、いろいろな人の紹介をします。先ず、自分。そして、真野豊さん、中学校の教師の時、自分は同性愛であることをカミングアウトされたこと、さらに「王様と王様」の本の翻訳をしたり。そして、性的マイノリティで苦しんでいる子どもたちの会、ここいろを主催している當山敦己さん、高畑桜さんの紹介です。

 こうして、子どもたちがいろいろと参加しながら、それぞれ異なる自分、自分らしさというものを実感していくための一時間の授業が終わりました。

 私も、時々小学生に授業をすることがありますが、特に子どもたちには実感をもってもらうために授業をどう工夫して参加型にするか、苦心します。城さんは長い間小学校の教師をしていただけあって、見事でした。楽しく、有意義な授業でした。

 私は、今日誕生日を迎えました。77才、喜寿です。もうこの年になると誕生日が嬉しい事なんてありませんが、でも、この年迄、無事に生きさせて頂いていることに感謝しなければと思います。私の母は、この年にはもう亡くなっていました。私もいつまで元気でいるのかわかりませんが、喜びをもって生き続けたいと思います。

待合室に置いていたハイビスカスが、今日突然二つ赤い花を咲かせていました。びっくりしました。もう、4年、冬を越して生き続けています。この頃葉が黄色くなって落ちるし、小さな虫がついているしで、もうダメかなあと思っていたので、すんごくうれしいです。

Img_9158_20240402010301 Img_9157_20240402010301

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧