県立庄原特別支援学校で。

昨日は、県立庄原特別支援学校の保護者の方たちにお話しに行きました。学校に着くと、こんな張り紙と校長先生と保護者の方たちがお迎えして下さいました。

7_20191206082201

講演の準備ができた所です。講演はパワポを使いながら2時間ぶっ通しで話しますので、途中の写真を撮ることができませんので。ボツボツ人が集まって来られています。お母様だけでなく、お父様も来られているのがうれしいですね。

2_20191206082201

しっかりお話しすることができましたし、本の紹介をすることもできました。質疑でも、皆さま様々な問題を抱えて悩んでいらっしゃることが分かりました。少しでも、これからの皆様の子育てのお役に立てれば、うれしいことです。後で、お父様が来られて話をしました。

「私たちの時代は、女性だけが集められてなんか話を聞いていて、私たちは外で運動をしていました。でも、今日の話を聞いて、やっぱりしっかり話をしないといけないということが分かりました」と。そして、自分の携わっているグループでも話をして欲しいと言われました。ありがたいことです。

「私が偉そうにこんなことを話していますが、でも、これまずっと子育てをして来られた皆様が一番お子さんについて分かっていらっしゃるし、教育に携わって来られている先生方のほうが、うんと障がいについてお分かりのことと、そう思っています。ただ、私は、これまで47年間、ずっと診療をし、性教育に携わってきて、患者さんや家族の方たちに色々と教えて頂き、また自分でもずっと勉強もしてきて、性教育の分野では、多少は皆様より分かっていることがあるかな?と。それらをお話しさせて頂きたいと思っています。」

と、そんな立場でお話しさせていただきました。講演が済んで、帰りしたくの生徒さんたちが沢山「こんにちはー」とあいさつしてくれました。元気一杯です。

廊下の生徒さんの作品です。学校に行くと、こういうのを見るのがとても好きで。

5_20191206082201

6_20191206082201

下の段の太鼓のは、小さく切った張り紙で描かれています。

4_20191206082201

パンダの絵、これも切り絵ですが、光が写ってしまってごめんなさい。

3_20191206082201

楽しいひと時をありがとうございました。

行く時、この道は昔ねずみとりに引っかかったことがあるし、少し前には、覆面パトカーに追っかけられて、パーキングエリアに連れていかれて、しかられた事がある道です。罰にはなりませんでしたが。以来、気を付けているのですが。後ろの遠くに走っていたグレーの車が、突然、赤色灯をつけ、猛烈なスピードで追いかけて来て、肝を冷やしてブレーキを踏みました。が、そのまま私を追い越して行ったので、やれやれでした。怖い怖い。

今日の夜は、大分に向けて走ります。義母の三回忌です。明日の診療は四方先生にお願いしました。気を付けて走らなければ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

知的障がいのある人の思春期と性

今日の木曜日は県立庄原特別支援学校のPTAに話しに行きます。このごろ、県北に行くことが多いのですが、今日もです。とても寒いですね。ナビで見ると2時間かかるみたいで、早めに出ます。パンを一個と飲み物を持って、それを車の中で食べながら行きます。

Photo_20191205102301

この頃、養護学校や手をつなぐ育成会など、知的障がいのある人の性教育について話すことが良くあります。そして、保護者の方たちの困った話を聞くことが多く、その対応法など、具体的にお話しする必要らに迫られます。また、軽度障害のある人の、性暴力の被害者に接すると、これも胸が痛みますし、加害者に障がいがあることを知ると、やはり同様です。

今の社会だから、風俗に関わることも出てきます。彼女たちが自活するためのお金を稼ぐ必要もあって、でも、あまりに無防備で、事件に巻き込まれたり、やはり利用されるだけされて後は、使い捨てのように放り出されたり。

自分自身に誇りを持って生活していけるようにするには、どんな学びをしなければならないのか、とても難しいことですが、私は性教育にとりくむことが何より必要だと思っています。

それらを保護者の皆様や先生たちにしっかり話をしてこようと思います。

中村哲さんが亡くなって、悲しいことです。先日、安田純平さんの講演を聞いた時、ふと中村哲さん大丈夫かしらと思ったことが現実になってしまって。私は中村哲さんこそ、ノーベル平和賞にふさわしいと思っていたのに、ほんとうに残念なことでした。中村さんは福岡で、兄と同じ教会のクリスチャンで、昔からその活動について聞いていました。つらくて。大切な人が次々と亡くなります・・。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

高宮中学校で

昨夜は7時から9時まで高宮中学の保護者の方たちにお話しをしました。遅い時間なのに、先生方も沢山参加して下さりありがたいことでした。

 地図でしっかり確認し、ナビに従って行ったのですが、真っ暗な山道をどんどんと登って行くのが若干不安でもありました。無事到着すると、外の気温は3度でしたよ。会場は図書室で暖房をしっかり入れて頂いていたので、温かい中でお話しすることができました。

Photo_20191129081201

全校生徒70人の学校ですが、沢山の方が来て下さって会場一杯になりました。50人はいらっしたでしょうか。写真は準備が済んだ所。電子黒板で色がきれいです。

 全く何事も起こらないような静かな環境の学校ですが、でも、ネットの情報はダイレクトに子どもに入ってきますし、心配なのは今すぐのことではなく、この環境から進学などでちょっと都会に行った時の事。今のうちにしっかりまともな情報を伝えておかないとと思います。

 子宮頸がん予防ワクチンのことも、ピルのことも全てお話しすることができました。男の子の包茎やサイズ、マスターベーションのことも。ただ、生徒さんに直接話したわけではありませんので、保護者の方たちから子どもに伝えられるのか、若干心配ではありますが。

PTAの役員の方たちの尽力、とてもありがたく受け止めました。ありがとうございました。

帰り、保護者の方が「ウサギに気を付けて下さい。沢山います。」と。そして「鹿にぶつかると、車がへこみます。」と。まあ、面白いと思ったら、いよいよ帰る時に、他の保護者の方も「鹿が沢山います。サファリパークみたいですから」と言われます。「この人は誰?みたいにこっちを見ますからね」と。「どうしたらいいですか?鹿がいたら停まって、じっとしていて行くのを待てばいいのですね」というと、「クラクションを鳴らして」と。「もしぶつかったら鹿はそのままにしていていいのですか?」「そしたら、JAが何とかしてくれるでしょう」と。

外に出ると、真っ暗で星がすごくきれいです。オリオン座が低い位置に見えました。

期待していたけど、鹿には出会えませんでした。帰ると、もう11時近く。保護者の方も先生方もこんなに遅くまで聴いて下さってほんとうにありがとうございました。生徒さんたちの健やかな成長を祈ります。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー③

性的同意年齢が日本は13才。13才からは、性暴力の現場でも、被害者はそれこそ必死で抵抗しなければ、加害者を有罪にはできません。この13才は、2017年の法律の改正でもそのままに据え置かれました。今、中学生の性教育では、たてまえは性交という言葉も使うことができなくって、だから、妊娠も避妊も語ることはできない、そんな状況の中で、性的同意年齢は13才なのだから、もう自分に責任があるのですよと言われても。

では、なぜ13才と決められたのかが、不思議でした。明治の時代、早い子は15才で結婚なんてのもあった時代。男性にとって大切なのは、女性の「貞操」であったと。13才になると、もう生理も始まり、妊娠も可能。もし女性がほかの男に姦淫されて妊娠でもすれば、それは男にとって困るという、男性を守るために13才になったのではないかとのことでした。


もう一つ、大切な事。新設の監護者わいせつ及び監護者性交などの罪について。監護者=親や養護施設の職員など、子どもを育てる立場にある者の行為について、罪に問われることになりました。親が子どもにという考えられないことが、本当に沢山有るのですね。

7_20191126081501

でも、これが論議された時に、親ではなくとも、「地位関係性」被害者と加害者の年齢差や従わなければならない人間関係(教師と生徒、指導者と教え子、上司と部下)に関わらず、暴行脅迫により、抵抗できなかったことが認められなければ強姦や強制わいせつにならないという、これを変えて欲しいという声はかないませんでした。対等な関係性でない二者間で力関係を利用し、性暴力を行われているのですね。

そして。寺本先生の第二部、子どもの性被害についてです。

8_20191126081501


私は、つい最近まで知らなかったのですが。「性的虐待」というのは、保護者によるもののみ言われることなのですね。私は、兄からの性暴力は、「兄からの性的虐待」だと思っていました。それは虐待とは言わないのだと。

9_20191126081601


子どもが被害に合った場合、「司法面接」という制度があります。被害にあった子どもが何度も調べられる時に同じことを聞かれなくとも済むように、児相や警察や検察など三者が一つになって、代表の一人がお話しを聞くという制度です。その司法面接の前に、人からいろいろと聞かれて誘導されないように、私たちは気をつけなければなりません。だから私も診察をする時には、付き添いの方から話を聞く以外は、最低限必要な事、事件と関係のない、例えば生理はいつから始まった?などしか、本人からは聴きません。

流れはこうなります。

10_20191126081601

11_20191126081601

この項、もう少し続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー②

私は昨日島根から帰って来ました。これについては、また機会があればお話ししますね。


性教協中国ブロックの寺本先生のお話しの続きです。

強制性交で加害者を罰するために検事が立証しなければならないことは、次のごとくです。


4_20191125080301


この抗拒不能、暴行・脅迫のため、または心神喪失で抗うことができなかったということの証明と故意があったことの証明。これがとても難しいことだと。

岡崎事件については、実の娘に対する長年にわたる実父による性交が、父親による殴るけるなどの暴行があったにも関わらず、一時性交を拒めていた時期もあったなどとして「抵抗不能な状態であったとは言えない」として無罪にしたものです。

そして、こんなことも。

6_20191125080701

これは、鹿児島でゴルフ教室を主宰する男性が指導を口実に教室の18才の教え子の家に車で迎えに行き、ホテルに連れ込み、そこで準強姦罪に問われたことです。これは、信頼していた男性の行為に少女は混乱し、抵抗できなかったことは裁判所は認めているのです。でも、それでも男性は「心理学上の専門的知見を何ら有しておらず、弱者の心情を理解する共感性に乏しく、むしろ無神経の部類に入る」ので、故意は否定し、無罪としたものです。「心理学上の専門的知見を何ら有しておらず」なんて、そんなん、ほとんどの人が心理学なんて勉強していないし。これは、加害者が無神経なら、無罪放免なのかという事です。これが故意の立証の限界なのでしょうか。

そして、このデータ。

5_20191125080301

これも、もう、かなわんなあ。食事をしただけで性交の同意があったと勘違いする男たち。

やっぱり「性的同意」についての教育が必要なのだと思います。私が言ったことなのですが。こんな教育を全く受けていないのでしょう。慶應大学、東京大学、千葉大医学部などのエリート校の大学生たちが、集団強姦をして実刑判決を受けるなど、自分たちの人生も大きくゆがめることになったりしています。(なんか、うまく罪を逃れた学生たちもいるみたいですが) 結局は、教育の問題、そして、法律の問題。この日本の社会が如何に女性の人権を大切にしていないかという事だと思います。

もう少し続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー①

おはようございます。松江です。昨日、性教協中国ブロックセミナー、無事終わりました。私は、途中、田代先生のお話しを聞いて、中座し、ここに車でやって来ました。

セミナーのお話しを少し。

Photo_20191124072501

まず、私と寺本弁護士の「性的同意を巡って」というトーク。それから田代先生のお話し。そして、ワークショップ。

私たちのトーク、ば占めに私が20分お話しして、それから寺本先生に40分お話しして頂いて、トークと予定を立てていましたが、寺本先生のお話しは一部、二部と組み立てて頂いたので、その間に少しトークを行いました。

まず私の話です。

刑法、性犯罪に関するものは、そもそも明治時代に作られました。それも、その時代は女性には参政権、立候補どころか投票権もなく、だから、男性だけで女性の意見は全く反映されなて所で作られました。それが延々と110年も続きました。そして、2017年、やっとこの法律の見直しがされました。どこがどう変わり、同変わらなかったのか、それを資料を基にお話ししました。

そして、その後相次いだ、おかしな判決に大いに疑問の声が上がりました。

更に、世界の法律はどうなっているのか、これも資料を基にお話しし、最後に性的同意とは一体何なのかという事をお話ししました。

そして寺本先生のお話し。組み立てはこうです。先生のスライドを一部、お借りします。このスライドは、参加者の皆様に配布されました。貴重な資料が一杯詰まった宝物になる資料です。

2_20191124073701

教師の参加者が多いだろうという事で、子どもの被害についてもしっかり話して頂きました。

変わった刑法です。それまでの強姦罪が強制性交罪という名前に変わりました。男性も被害者になりうる事。膣性交だけでなく、肛門性交も口腔性交も犯罪になりうると。問題は赤字になっている所です。

1_20191124073701


そして、こんな判決が。これらについて解説して頂きました。


3_20191124073701


これらについてまたお話ししますね。ごめんなさい。時間が無くなりましたので、今日はここまでですみません。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

明日の福山の講演と、広島では明日までのポスター展

明日のお知らせです。明日は、福山。久し振りの「母と女性教職員の会」です。

Photo_20191116080201

これも、久し振りの福島がテーマの話です。

2_20191116080201

日頃忘れられようとしている、原発事故の被害者のこと。改めてまたデータの調査をして、怒りがこみ上げて来ました。動画を一杯用意しています。多くの方にお会いできますように。

昨日のお昼は忙しかったですよ。ちからで中華そばミニを食べて。自転車を飛ばして市役所へ。特別養子縁組に関する書類を提出。それから、よし、時間がある!!で行ったのがここ。

先日お知らせした三井マリ子さんが集められた世界の「叫ぶ芸術ポスター展」。

Photo_20191113082201

2_20191116075701 9_20191116075701

ポスターには、それぞれ三井さんの力作である解説がついています。この解説が素晴らしくて。

例えば、この美しい女性の顔の「政治は男のものではない」の解説。

5_20191116075701

そっか、日本で初めて女性に参政権が与えられた1946年には466人中39人、8.4%の女性の衆議院議員が誕生したと。そして、68年経っての女性の衆議院議員は480年中39人、8.1%と減ってしまっていると。この8.1%は世界各国の議会でつくる列国議会同盟(IPU)189か国163位だと。

7_20191116075801

警察官のセクハラについての解説も、なるほどこうして女性たちは闘って来たのだということが良く分かります。

さらに胸を打たれたのは、これ。レジスタンスに「命をかけた女たち」

3_20191116075801
8_20191116075801

私ごときでうつうつしてはいけません、と背中を押してもらった気分でした。

ポスター展は広島では明日まで。一週間して今度は福山に行きます。ぜひご覧ください、と、私が言うのも変なことだけど。推薦します。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

竹原での講演・弁護士さんとの打ち合わせ

昨日は、午後竹原市で人権啓発講座・男女共同参画推進啓発講座で講演をしました。会場に入ってびっくり。平日の午後ですし、来られる方があるのだろうかと密かに心配していたのですが、後ろには補助席まで出て、部屋いっぱいでした。それも、いつもなら女性が圧倒的なのですが、男性たちがとても多くて。それも、作業着を着た方、お仕事中こちらに来たという風の方たちも多かったので。後で聴くと、近くの会社の方たちが、会社の方針として、このような講演に参加を推進しているという事でした。ありがたいことです。


2_20191115073901

このようなタイトルでお話しをしました。若い人に直接話をするのも、大人の方たちに話をするのもどちらも大切です。

3_20191115074901


始まる前に、33年前に私に息子さんを取り上げてもらったという方に挨拶をされてビックリ。後では、高校の養護の先生が、性教育の講演会をしたいのだけれど、校長が、全くその気がないというか、積極的に反対をされるので困っているという相談もありました。

深刻な性虐待の話、育てられない妊娠をしている若い人の現在進行中の話も聴きました。持って行った本も一冊を残してすべて売れましたし、追加の注文も頂いてありがたいことでした。とても充実した時間を過ごすことができました。関係者の皆様に感謝いたします。

渋滞の中広島に帰ってすぐに出かけました。今度の性教協中国ブロックの寺本弁護士と私の対談の打ち合わせです。「性的同意を巡って」のタイトルで、1時間50分の持ち時間です。寺本弁護士は、広島市の児童相談所の弁護士でもあり、性被害ワンストップセンターの強力な弁護士でもあります。その働きには、しばしば目を見張るものがあります。

 なぜ、日本の性暴力の司法の場はこうなのか、その法律は一体どうなっているのか、外国との違いは?疑問に思ったり、怒ったり、それらを私の事例から寺本先生に解説してもらう事。子どもの虐待にもし学校で気づいたら、その時はどうしたらいいのか、その後はどういう流れになるのかなども話して頂くことにしました。私も、ワンストップセンターに関わるようになって、新しく知ったことが沢山あります。

いまから資料作り、大変ではありますが、楽しみでもあります。沢山の方に聞いて頂きたいと思うような対談にしますからね。ぜひ、いらっして下さいね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性の悩み・性教育の本

届きました!!先日ご紹介した本、家族計画協会の思春期電話相談の男女それぞれの悩み、トップスリーをまとめたもの、一冊それぞれ110円のを、50冊ずつ注文しました。薄いけど、大切な事がぎゅっと濃縮して語られています。人生の先輩から、温かく、厳しく。

2_20191114103501

スタッフが何ですか?というので見せて上げると、みんなで読んで。なんと。女の子と男の子の悩みか全然違う。女の子の悩みは、まるで大人の悩み。それに比べると、男の子の悩みは幼いと言ったスタッフもいます。

無断転載は禁なのでそれぞれの目次だけ。男の子の悩みはマスターベーションと性器の悩み。性器の悩みも二つ、サイズと包茎。これらについては、必ず私は中学生、高校生の講演の時には語ります。

3_20191114104001

初めはニヤニヤして聞いていても、必ず真顔になってきます。そして。本来なら、こういうことは、保護者の方が子どもがみんな子どもの内に、性器も発育しない内に、語って置かなければならない事なのだけれど。でも、日本の大人たちは、とてもこういうことに無頓着だから。今、ここでこうして男性にも女性の皆さんにも聞いてもらうのは、子の中に悩む人がいたら悩まなくっていいんだよと言いたいのと、もう一つ。ここの皆さんはいつかは大人になり、また親になる人も多いでしょう。その時には、自分たちは自分の子どもたちにこういうことがちゃんと語って教えてあげられるようなそんな親になって、そんな思いを込めて話しているのだからね、と語ります。

スタッフが私も買わせて下さいと次々と買ってくれて、もう6冊売れました。今度の性教協中国ブロックセミナーの参加の方々からも男性用、女性用それぞれ20冊ずつ予約が来ています。これは、もうすぐ追加注文をしなければ。

私の自慢の本、この二冊が廃盤になるので、とても残念で。小学生にむけての漫画と、中学生に向けての体の本。これらは、性被害ワンストップセンターの支援員の方たちの教科書としても使って頂いています。きちんと科学的に書いた本です。養護施設での性教育の講演を聞いていて、教材としてこの本を使っていると突然紹介があってびっくりしたものです。残念だけど、でも、これも時代の流れでしょう。

Photo_20191028070702 Sexourbody

これらの本の替わりに、U18MとFを持って回りましょう。

私は今日は、竹原の保護者の方たちへの性教育のお話しをします。午後1時半から竹原市の人権センターです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協セミナー、ポスター展のおしらせです。

まだまだ講演のラッシュが続きます。少しご案内を。なんと言っても、11月23日の性教協中国ブロックセミナーです。前回のチラシでは、詳しい会場が出ていなかったのでもう一度。

2_20191113082201

先日の女性保健医療セミナーで、スウェーデンの性教育は、今、「愛情よりも同意」となってきているとの報告で論議がありました。性的同意。今や世界では「同意の無い性はレイプ」が一般的になっているにも関わらず、日本は「いかに抵抗したか」が犯罪か否かを問う条件となっています。とてもおかしな判決や不起訴が続いている現状について、寺本弁護士に私がインタビューする形で問題を深めたいと思います。

110年も前に作られた、その時には女性は選挙権すらなく、女性の意思が全く反映されず、男性のみで作られた刑法の強姦罪。一昨年、やっと見直しがなされても、「抵抗」要件は改善されませんでした。日頃、性暴力の被害者に接することが良くあって、この刑法の壁に大きなストレスを感じています。なぜこうなのか、そして、これから私たちは何を目指して行けばいいのか、それらを何とか見極めたいのです。

田代先生のお話し。私は二回聴いていますが、歯切れよく、世界の性教育と日本とのギャップについてお話し下さるでしょう。多くの方に、ぜひ田代先生のお話しを聞いて頂きたくて。だから、広島に来て下さることが決まった時にはうれしくて。皆様をお待ちしますね。

もう一つ。今、大切なポスター展が開かれています。

Photo_20191113082201

今は、エソール広島ですね。私も、何としても期間中に観に行くつもりでいます。見た後には、また感想を書くつもりでいます。

私は、明日は竹原、17日日曜日は福山です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧