幼い子の性的違和・性同一性障害②

女の子に「男なのにスカートをはいてはいけんのんよ」と言われた次の日、Aちゃんは学校を休みました。そして、担任の先生が子どもたちにお話されたそうです。

「先生は、女ですけど髪が短いです。変ですか?」と。そしたらみんなが

「変ではありませーん」

と答え、今度は先生が

「先生は女ですけど、スカートではなく、ズボンをはいています。おかしいですか?」

「おかしくありませーん」

とみんなが答えたと。先生からお話をきいたお母さんの言葉ですので、先生の言葉は、一字一句正確ではないかもしれません。

そしたら、何と子どもたちの中から

「みんなちがって、みんないいでしょう?」

との発言があったのだそうです。始業式の日に校長先生がおっしゃったことが、こんなに子どもたちの中にしっかり生きていることに、逆に先生がびっくりなさったのだと。

そして、Aちゃんのことについても、子どもたちにお話をされたそうです。その上で先生から、もう大丈夫ですからと連絡があったそうです。「スカートをはいたらいけんのんよ」と言った女の子もAちゃんにあやまったそうです。

文部科学省の通達、「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について(教職員向け)」の中には、様々な具体的な指導が記されています。

Photo_2

Lgbt2_2

その内容は感動的でもあります。それでも、他の児童・生徒に対する指導の具体的な方法は書かれていません。現場の先生方は戸惑われることもあるでしょう。これらのことが記されていても、では具体的に他の子どもたちにどう指導すればいいのか、それは、試行錯誤でもあるでしょう。このAちゃんの学校では、その後も修道大学の河口先生等の助言を受けながら、保護者の方とも、緊密に連絡を取りながらの取り組みをされていることが、効果的になっているのだと思います。

文科省の通達の一部をコピーしますね。中にわずか、人権教育という言葉が出てきているのに、ホッとします。


  • 性同一性障害に係る児童生徒の支援は、最初に相談(入学等に当たって児童生徒の保護者からなされた相談を含む。)を受けた者だけで抱え込むことなく、組織的に取り組むことが重要であり、学校内外に「サポートチーム」を作り、「支援委員会」(校内)やケース会議(校外)等を適時開催しながら対応を進めること。
  •  教職員等の間における情報共有に当たっては、児童生徒が自身の性同一性を可能な限り秘匿しておきたい場合があること等に留意しつつ、一方で、学校として効果的な対応を進めるためには、教職員等の間で情報共有しチームで対応することは欠かせないことから、当事者である児童生徒やその保護者に対し、情報を共有する意図を十分に説明・相談し理解を得つつ、対応を進めること。


     他の児童生徒や保護者との情報の共有は、当事者である児童生徒や保護者の意向等を踏まえ、個別の事情に応じて進める必要があること。



    教職員の資質向上の取組としては、人権教育担当者や生徒指導担当者、養護教諭を対象とした研修等の活用が考えられること。また、学校の管理職についても研修等を通じ適切な理解を進めるとともに、学校医やスクールカウンセラーの研修等で性同一性障害等を取り上げることも重要であること。


    性同一性障害に係る児童生徒や「性的マイノリティ」とされる児童生徒は、自身のそうした状態を秘匿しておきたい場合があること等を踏まえつつ、学校においては、日頃より児童生徒が相談しやすい環境を整えていくことが望まれること。このため、まず教職員自身が性同一性障害や「性的マイノリティ」全般についての心ない言動を慎むことはもちろん、例えば、ある児童生徒が、その戸籍上の性別によく見られる服装や髪型等としていない場合、性同一性障害等を理由としている可能性を考慮し、そのことを一方的に否定したり揶揄(やゆ)したりしないこと等が考えられること。

この項、まだ続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼い子の性的違和・性同一性障害①

その日、その方の日頃の体調を尋ね、漢方薬を続いてお出ししましょうねというお話の後、いつものように「どうですか?ちゃんと学校に行っていますか?」と聞きました。お子さんのことです。

その方は、半年前から、はじめはお子様のことで私のクリニックに来られています。今は、ご本人の自律神経のための漢方薬をお出しするのと共に、必ずお子様のことを尋ねます。

お子さんは、小学校一年生。体は男の子ですが、心は女の子。長い髪、女の子の服を着て通学しています。正式に診断はされていませんが性的違和・性同一性障害のお子様です。(正式に診断されていないというのは、日本の基準は、経験を積んだ二人の精神科医の診断が一致して初めて性同一性障害であると診断されますので、その意味でです)

その日、お母様が話して下さったのは、それまでと少し異なるお話でした。お子さんのことをAちゃんとしますね。ある日、教室で女の子から、

「Aちゃんは、男なのに、スカートなんかはいてきてはいけんのんよ」

と言われたのだそうです。今日、学校でいやなことがあったと帰宅して言ったのだそうです。それで、担任の先生に連絡をすると、「直ぐに対応します」と言われたのだと。そして、Aちゃんが男の子だと子どもたちに言ってもいいですか?と聞かれたのだそうです。もし、ご両親が言ってはいけないと言われるのであれば、それは言いませんと。

Aちゃんは、入学まで行っていた幼稚園では、体は男の子だと多くの子どもたちが知っています。学校に上がると、同じ幼稚園から入学した子は知っていますし、そうでない子は知っていません。それで、この際、みんなに言っていただいてよろしいですとお答えされました。

Aちゃんが入学するにあたって、前年の秋から入学予定の学校を御両親が訪ね、Aちゃんのことをお話しし、受け入れをお願いしました。学校は、修道大学の河口和也先生を講師に招いて職員研修をし、どうぞ心配なく入学させて下さいと対応されました。

その学校は、名簿は男女別でなく、混合名簿でした。それもよかったですね。もう一つ、基準服、いわゆる制服はありません。学校によっては、公立小学校でありながら、厳しく制服を指導する所もあります。でもその学校は、それぞれ好きな服を着て通学する学校でした。それも良かったです。

その上で、入学式の後、始業式で、校長先生が子どもたちにお話しなさったのだと。金子みすずの「みんなちがってみんないい」をスクリーンに映されたのだと。

Photo

Aちゃんの受け入れに当たって事前に自ら研修をし、子どもたちにもお話しをし、そのような下地をつくられての、子どもたちの指導でもありました。


私のクリニックには、大人の性同一性障害の方は約60人ほど来院されています。ホルモン治療をするとともに、名前の変更のための家裁への書類の出し方や手術の相談にのったりしています。今回は、幼い子どもの場合のお話しをしたいと思います。このお話、まだ続きますね。これは、Aちゃんのお母様に、診療の後お電話でもう少し詳しくお話を聴き、了解を得て書いています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協石川セミナー⑤

実は、少し迷ったのですが、この度は少し異色の講演でした。その理由を性教協石川支部の事務局長の末友雅子さんが、書いてくださっています。


後になって、講演を済ませて家に帰って知ったのですが、「はだしのゲンをひろめる会」のホームページに私の講演会の案内をして下さっています。あまりに素敵な文章ですので、そのままここに転載させて頂きます。少し恥ずかしいのですが。末友さん、サークルの皆様、本当にありがとうございました。

ホームページは次の所にあります。

http://hadashinogen.jp/


2018年度性教協石川セミナー・記念講演へのお誘い

講師の河野美代子さんの御紹介にかえて

                                  “人間と性”教育研究協議会石川支部

事務局長 末友雅子

  講師の河野美代子さん

 

   広島サークルの産婦人科医、河野美代子さんは、性教育ではとても有名な方です。「さらば悲しみの性」という著書で知っているという方も多いかも知れません。“人間と性”教育研究協議会(以下、性教協)石川支部のセミナーでも二度産婦人科の窓口から見える若者の性について話していただきました。

 ですが、今回のお話は少し違います。2016年7月の性教協全国セミナー山形大会の分科会で河野美代子さんの活動の原点に出合いました。そこでのお話から御紹介させていただきます。彼女のお父さんは「この子たち」の先生(広島二中)だったのでした。金沢で15回上演され、私も関わった朗読劇「この子たちの夏」(原作「いしぶみ」)爆心地付近へ建物疎開の作業に出ていた広島二中の一年生全滅の記録、最期の様子を母が語る…何の脚色も舞台道具もなく、ただ淡々と読む。その中に母子の思い、戦争中の状況、押さえられてきた感情が静かに深く伝わってくる舞台でした。河野さんのお父さんはその日その時間たまたま学校の用事で自転車で出かけ、爆心地から少し離れたところにいて助かりました。でも、教え子たちを助けられなかったことは、生涯続く辛い思いでした。

   河野さんのお話の最初のスライドは、生き残った子どもたちが青空教室で勉強している写真。「これが教育の原点」と言われましたが、原爆投下後の高放射能のがれきの中…知らないでさらされ続けたのだと思うと切なくなります。それでも生き抜いてきた被爆者、被爆二世の方々、一つ病気にかかれば「原爆のせいではないのか」と思い、周囲からは「ピカはうつる」「ピカにあった者は子どもに影響する」また、孤児として生きるなど、人生のあらゆる場面で差別と苦痛を感じて生きてこられたサバイバーです。河野さんは、被爆二世としてかつて核実験反対の座り込みをしていた仲間達と共に9年前から「8.6広島平和の夕べ」という取り組みをされています。漫画『はだしのゲン』の中沢啓治さん、ミサヨご夫妻とも深いつながりがあり、中沢さんの最期をご家族とともに送られたことも今回初めて知りました。

   被爆二世を意識して活動されていたところでの3.11震災、そして福島の原発事故。 福島の女性と子どもたちへ一時保養の呼びかけをし、その取り組みの中で福島の女性たちと河野さんが話し合います。河野さんが若い頃悩んだことが、今、福島の女性の不安になっています。「子どもを産めるのか」河野さんは自らの人生で「被爆者である親の話を聞こう」「私たちは子どもを産もう、(たとえ障害があっても)子どもとともに頑張ろう」と決断したことを語ります。夫の両親の反対を乗り越えたことを「やっぱり向こうが惚れとったんじゃろうよ」という河野さんは可愛くもたくましく、「自分の体を知り、自分の意志で産む産まないを決め、楽しく生き生きと生活しよう。私の本音は頑張って産んで子どもと一緒に闘って欲しい」河野さんのメッセージです。

   日々の産婦人科クリニックでの診療から見えてくる現代の若者、大人の姿。自らの体験、多くの人々との繋がりの中からどうしても伝えたいこと、セミナーの講演では、時間の都合上どこまでお聞きできるか分かりませんが、「平和」「原爆と原発」「生と性」それらが一本につながるお話がお聞きできると思います。どうぞ、お誘い合わせのうえ多数ご参加ください。

 名 称  “人間と性”教育研究協議会石川支部 第26回石川セミナー 記念講演

 演 題  次の世代を育てる大人としてどう生きるか~広島から福島まで~

 講 師  河野美代子さん(産婦人科医、「広島エイズ・ダイヤル代表」)

    日 時  2018年5月27日(日)13:30~15:45

 会 場  石川県社会福祉会館4階大ホール(金沢市本多町)

 参加費  一般1,500円、性教協石川会員1,000円、学生など700円

 主 催  “人間と性”教育研究協議会石川支部

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

性教協石川セミナー④

石川セミナーでは、とても楽しく有意義に過ごすことができました。

午前中の分科会が終わってお昼。お弁当は地の物が沢山入って、それはおいしく頂きました。完食です。

Photo

そして、お弁当を食べ終えると、会員の方が作って来たいちごのジャムとヨーグルトが出ました。それを分けて下さるのが、市立輪島病院の産婦人科の青山航也先生。私の講演の座長をして下さいました。産婦人科の男性がこんな姿を見せて下さるのは、うれしいことでした。同僚の仲間はなかなか・・・。

6

講演前の座長の挨拶でおっしゃったこと。「私が高校一年生の時、NHKで性や体の悩みのテレビ相談をやっていました」と。それで私がしゃべっているのを見て、自分もこういう分野の仕事をしたいと思ったと。NHKのテレビ相談は、私がもう大学病院から土谷病院も終えて開業してからのことなのですね。その時に高校一年生だったなんて。苦笑せざるを得ませんでした。時を経て、その二人がこうして一同に会するのも、なかなかの御縁だと思います。私、もう71歳ですものねえ。でも、こうして若い人が後を追いかけて下さると言うのは、とてもありがたいことなのですね。

帰りは、まだ少し日のあるうちの列車でした。これなら、琵琶湖が見えるかな?と思ったけど、無理。もう真っ暗でした。田植えをしたばかりの田んぼ。緑が美しいです。

Photo_2

そして、会場は兼六園の近くでしたが、どこにも行かず、何の買い物もせずに帰りましたが。帰って見ると、素敵なお土産の数々をいただいていました。ありがとうございます。

Photo_3

本当に金沢ならではの物ばかりで。お手紙の下の薄緑の巾着には、折り鶴が描かれています。買い物できなくとも、こんなに素敵なお土産で、うれしくて。

これは予定投稿です。もう一日、ちょっとお話したいことがありますので、やはり予定投稿しておきますね。私は今日は香港にいるはずです。明日は、マカオにいるはずです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協石川セミナー①

昨夜、金沢から無事帰って来ました。前日の夜遅く到着し、昨日は朝から夕まで会場に詰め、終わるとすぐに駅。予定より一つ早い列車に乗ったので、観光どころか、お土産一つ買う間もなく・・・。サンダーバードはよく揺れて疲れました。

でも、私にとって、とっても実りの多い会でした。感動をもって、ご報告できます。

会場に向かう時のホテルの前です。兼六園の近く。女性は夜遅くも朝も大風呂には入れない男性だけという、さえないホテルではありましたが、朝食が良かったので許そうと思いました。

3

まず、午前中の分科会は「障がい児・者の豊かな性と生」に参加しました。なんと、若い人が沢山。大学の教育学部の特別支援教育を成功している学生さんや専門学校の看護専攻の学生さんなどで20人。全部で30人もの分科会でした。

司会をして下さったのは、障がいのある人の作業所に努める性教協の会員の男性。この司会がとても良くって、若い人達が自らの体験も含めて、よく語ってくれました。障がいのある人とのふれあいとか、ご自分の兄妹が同姓婚をしているとか、お兄さんに障がいがあるとか。若い人たちの様々な考えを聴くことができて、私にも、とっても素敵な体験になりました。

若い人達、性教育バッシングを知りません。昔は全国で性教育に取り組まれていたこと、その時代のことは知りません。どのようにそれがつぶされていったか、七生養護学校での性教育への取り組みがどんなにすばらしくて、でも、それがどのようにつぶされた行ったか、それらも知りません。そのバッシングは今も修復されないままであることも。彼ら、彼女たちが小・中・高で、どのような性教育を受けて来たか、それはあまり語られませんでした。

でも、教育や看護を学ぶという場にいるからでしょうか、感性がとても良くって、この会を通して、障がいのある人の性は特別なものではなく、全く当たり前のことであるという事は、しっかりとつかんで下さったのではないかと思います。

分科会は、他に「道徳教育と性と生」、「多様な性で生きる私たち」の三つが行われましたが、どの会にも、若い人たち、学生さんたちが多く参加されたと。いいセミナーでした。

そして、お昼、お弁当の時間を和やかに過ごして、いよいよ私の午後の講演でした。若い人たちと午前中の分科会で話したこと、それを踏まえて、性教育とのつなぎをギリギリまで考えてスライドに手を入れて、苦労しました。

その私の講演について、とっても感動したので、明日ご報告しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢です。

おはようございます。金沢です。昨夜遅ーくに到着しました。診療を終えて急ぎ広島駅に行くと、カープ帰りの人が沢山。赤のユニフォームと、青のユニフォーム、名古屋に帰る人もいるのですね。

1

これは大変。自由席が一杯かも。立って京都まではしんど過ぎるので、急ぎ並んで指定にしていただいて、無事座ることができました。

社内でお弁当も買えて、一息です。

2

予定していたのより、少し早く乗れたので、新幹線内で時刻表を調べると、京都着から4分で指定を取っているのより一つ早いサンダーバードに乗れることが分かりました。よーし、乗るぞ!で、走りましたよ。サンダーバードは0番乗り場。すなわち新幹線から一番遠いホームです。ガラガラ引っ張って、走って走って、かつかつで無事自由席に乗れました。

サンダーバードは揺れます。金沢駅に到着時は結構ヘロヘロでした。でも、駅には性教協の石川の方が、遅いのに迎えに来て下さっていました。ありがたいことです。車でホテルまで連れて行って下さいました。おまけに、車を降りる時には、畑で取ってきましたと摘みたてのイチゴを下さいました。重ねてありがたいことです。私からは、駅でかつかつ買ったはっさく大福をお渡ししました。

1_2

チェックインしたのは、12時近くになりました。はっさく大福、私の分も一つ。イチゴと大福を食べてホッと一息。今日の練習をして、休みましたよ。

 でも、ちょっと情けないこと。チェックインの時に渡された案内に大浴場、サウナがありました。お風呂があるのですねと言うと、終わりましたと言われました。午前1時までになっているのに。朝は6時からとあります。ああ、朝に入れますね、というと、男性だけです、と。夜遅いのも、朝のも、女性は入れないのですって。いやあね。

今日は、午前中は分科会、「障がい児・者の豊かな性と生」に出席します。午後は私の講演です。頑張って、福島のこと、8.6ヒロシマ平和の夕べのことなどを話します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロータリークラブでのお話

昨日は、お昼の時間に広島西ロータリークラブにお話に行きました。ロータリーでお話しさせていただくのは、久しぶりです。

ぉそらく、皆様になじみのない世界、性暴力の話、主に性被害ワンストップセンターの話をさせて頂きました。これは会が始まる前です。

2

30分、ぴっちり話をしました。今、ワンストップセンターは、とても忙しくフル回転です。個人が特定されないように配慮しての事例や、特に子どもの被害、薬物を使っての被害など、ほとんど報道されない所で、このようなことが起こっているのだと知って頂くことができたかと思います。

1
スライドを使いましたが、ワンストップセンターのしおりと共に、スライドの一部、これを大きくプリントしたものを配りました。

2_2

会の後、会長さんから、感想を言って頂きました。その中で「早くから、小学校、中学校のうちからちゃんと教育をしないといけないと思いました」と言って下さったのが、何よりうれしかったです。講演料をいただきましたので、即これはワンストップに寄付です。それと、会長さんからその場で1万円の寄付をしていただきましたので、それも、一緒に持っていきました。

ワンストップを県から委託されている「NPO性暴力被害者サポートひろしま」の台所事情はとても厳しいので、持ち出しになっています。今回の寄付はとてもありがたく、感謝致します。でも、何より色々な企業のトップで活躍していらっしゃる方々に今回の話を聞いていただけたのが、うれしいことでした。

もう一つ、ミーハーなのですが。陸上の山縣亮太選手のお父さんがいらっしたので、井原先生に写真を撮ってもらいましたよ~。

5
関係者の皆様に感謝申し上げます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮川選手の記者会見に思う。

昨日の、日大アメフト部、宮川選手の会見、見ていてあまりのことに愕然としました。ひどいと思ったことは沢山あります。

中でも、ええ-っと思ったのは、宮川選手は、全日本の代表選手に選ばれていたのに、それを監督が「行っちゃだめだよ」と言い、「どうしてですか」も言えなかったと。

監督というのは、本当に絶対の神様なのですね。

一人の学生を生かすも殺すも、監督次第なのですね。

ある日、大分に向かって車を走らせていて美東のSAで食事をしていた時、少年のスポーツの一団が入ってきました。それぞれ食券を買って、ちゃんぽんなどを食べています。そこに一人、中年の男がずっと椅子に座って、難しい顔をして腕を組んでいます。あれ?彼は食べないのかな?と思って見ていると、女性、たぶん少年のお母さんたちが食べ物をもってきました。彼の前に置くと、彼は腕組みをしたまま、少しだけうなづきました。そして、別のお母さんが、目の前にある箸入れから、箸を出し、彼の前に置きます。別のお母さんがお茶を汲んでもってきました。

そこで初めて彼は食べ始めました。本当は食べ終えた後の片付けを誰がするのか見ておきたかったのですが、そこまでこちらの時間がなくって。

少年チームの監督と保護者の方たちの関係がもろに見える状況でした。私が、大のカープ好きでも、スポーツの世界に今一つなじめないのは、こういう所なのです。

ここの所、毎日毎日、スポーツで体重を落とせという指導者の指示で生理もなくなってしまった少女たちが来ます。もう、生理が止まるほど体重を落としてはいけないという事が、世界的には分かっているはずなのに。

はい、今週末の金沢での講演のスライドの表紙のスライドです。

Photo

スポーツの世界にも通じる事では、と思います。多くの方にお会いできると嬉しいです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協例会②ここいろhiroshima

性教協例会での、ここいろhiroshimaのお二人のお話。

中でも、お二人が始めた「子どもを対象にした会」が、とてもうれしいし感動です。これまでのデータにもあるように、多くの人は自分の性別への違和感を幼い時から持ち始めています。それは、なにより本人が苦しく、それを知った保護者の方々にも戸惑いや苦しみがあり、かつ、孤立しがちなことでもあります。同じような状況にある方たちがつながることにとても意義があることと思います。

そのホームページは、次の所にあります。

https://sa-chan.net/post_lp/cocoiro-hiroshima/

ぜひ覗いてみてくださいね。そして、さーちゃんと一緒にこの活動をしているもう一人の方、あっきーの中国新聞の記事がありますので、それを転載させて頂きますね。この記事を書かれた記者さんも、当日、一才の赤ちゃんを連れて、例会に参加して下さいました。赤ちゃんの声が聞こえる会、その雰囲気がとてもうれしかったですよ。


5

5月20日の会も盛況でありますように。

話して下さったお二人、参加して下さった多くの方々、ありがとうございました。

次回は、7月22日、性同一性障害と診断された小学生のお子さんをお持ちの方の、学校への取り組みなどのお話をして頂きます。またお会いできますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協例会①「自分らしさ」って何だろう?

昨日は、性教協広島の例会でした。

「ここいろhiroshima」のお二人に来て頂いてお話を聞きました。

「ここいろhiroshima」は、「こころもからだもいろいろ。彩り豊かでええじゃん!」をモットーに、

「自分の性について悩むセクシャルマイノリティーの子どもたちとその保護者を対象にしたコミュニティスペースを提供しています。」

「月に一回ペースで広島市内にある公民館やコミュニセンターなどで、ざっくばらんにおしゃべりしたり、工作をしたり、参加者の皆さんが楽しめる活動を毎回考えています。」

という當山敦己(あっきー)さん、高畑桜さん(さーちゃん)のお二人です。配って頂いた案内のお二人の紹介から。

あっきーは、「性同一性障害(FTM)で性別適合手術、戸籍の変更済み。福祉職とセクシャルマイノリティ啓発活動家の顔を持つ。笑うこと楽しいこと大好き!」

サーちゃんは、「レズビアン(Xジェンダー傾向あり)。元小学校教員で現在は神石高原町地域おこし協力隊として活動中。毎日をもっと楽しく!面白く!」


2

沢山の方に来て頂きました。満席です。学校関係者だけでなく、いろいろな大学の学生さんも。

1

まず、お二人がそれぞれ、ご自分の生い立ちなどの体験を話されました。

さーちゃんの『私がこれまで見てきた世界~「自分らしさ」と向き合って~」

そして、私自身かまだちゃんと整理し切れていなかった「LGBT」と「SOGI」について、丁寧に話して頂きました。

「LGBT」はもうかなり理解されてきました。「レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー」など、性的少数者とされて、主に人を指します。それでも、この中に入らない方もいます。

「SOGI」は、「Sexal Orientation」性的指向・どんな性別の人を好きになるか、と、「Gender Identity」性自認・自分の性別をどう思うか、を示します。

ですから、さーちゃんは、体は女性です。胸があることにも、生理があることにも違和感はありません。そして、女性を好きになります。でも、少し男性性もあり、だから、心は「X」であるということになると。

このお話続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧