原発展と知的障がいのある人の性の講演について。

ご案内が今日になってしまいました。今日と明日、広島で開かれます。

Photo
チラシは、クリックすると大きくなります。福島の被災者をそのままに、次々と全国の原発が再稼働されています。私も、改めて、原発についてお勉強をし用途思います。

そして明後日は、知的障がい者の家族の会「手をつなぐ育成会」の主催の講演をします。作ったスライドから。

Photo_2

2

4

でも、日々障がいの有る子どもや大人の方たちに向き合っている方に、私が偉そうに話をしてもいいのかと自問しながら資料を作りました。私は、私の長年の性教育への取り組みから学んだことをお話するだけです。それでも、多くの方に聞いていただきたいと思います。

ところで、また慶応大学の学生が強姦で逮捕されましたね。東京大学、慶応大学、千葉大医学部等の集団強姦事件が次々と起こり、詩織さん事件の加害者が逮捕を逃れたり。そんな報道を見て、障がいのある人への性教育も大切だけど、一体、エリート学生への性教育をどうしたらいいのか、それを考えた方がいいのではないの?とも思っています。進学校は性教育なんかする時間がない、なんて言わないことです。将来、その学生が事件を起こして人生を台無しにしてしまうこともあり得るのだと。一人ひとりの一生の問題なのですから。

3



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演とイチジクパフェ

昨日は、午前中に「広島県の人権啓発指導者等養成講座 LGBT応用講座 性同一性障害~医療の現場から~」という二時間の講演をしました。ほぼ50人の方たちに聞いて頂きました。当事者の方たちも、当事者の身内の方たちも来られていて、とても熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

Photo


広島県の男女共同参画財団では、LGBT電話相談を実施しています。「相談員があなたの思いや考えに寄り添い、一人ひとりの生き方を応援しています」 【電話番号】082-207-3130 【実施日】毎週土曜日10:00~16:00

参加者の方々は、午後からは「相談を受ける側の基本姿勢~受容・共感とは~」関西カウンセリングセンターの宮田智基先生の講座を受けられました。一日中かけて、このような講座を受けて勉強なさること、素敵です。でも、ご苦労なことです。


その後、参加者の方たちとおりづるタワーの一階でお昼を頂きました。私は、「おこもこ丼」をいただきました。塩気が強くて、今一つでしたが、皆さんとの会話が楽しくて。


Photo_2

その後は、クリニックに帰って残っているお仕事を頑張りました。まず、ある事件の診断書と上申書を書き上げて、直に中央郵便局まで行って書留速達で送りました。長文の力作です。早く作り上げなければと焦っていたのですが、終ってホッとしました。

講演と書き物で疲れたので、ちょっと自分にご褒美をと、ゲートインでパフェを食べようと入りました。そしたら、うれしいことに、ちょうど季節なのですね。こんな素敵なイチジクとアールグレイのパフェがあって、それを堪能しました。


Photo_3
その後は、来週㈰の講演のためのスライド づくり。今度の日曜日と言えば、日本シリーズなのに。京都の講演が入ってる!!まあ、チケットも当たらないでしょうから・・・。忙しい真っ盛りに日本シリーズという、情けないことになってしまいました。移動でテレビも見られないことになりそうです。ああ、一日よく働きました・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちは『買われた』展 広島でも開催されます

カープ、すごかったですねえ。ぶっちぎりのCS突破。この三連戦で取ったカープの点は15点。巨人は3点。ピッチャーも、バッターも、そして守備も素晴らしかった!!です。このまま日本シリーズへ。パリーグは西武でもソフトバンクでも、なかなかですから、巨人相手のようにはいかないでしょうが。頑張って!!私は、日本シリーズは、多分観戦できません。このことがすっかり頭から抜けていて。というより、うんと早く決まっていたのですが、この間、遠方の講演がぎっしりなのです。涙涙・・・。テレビでみるのも楽しいけれど、やっぱり球場で見たい!!です。

さて、それは置いておいて、今日は大切なお知らせを。

ここに3回に渡って書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/1-ba23.html

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/2-b372.html

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/3-bfe9.html

昨年1月、滋賀県大津まで見に行った「私たちは買われた展」。あまりにすごい展示会なので、いつか広島でもと願っていました。それがいよいよ広島で開催です。

Photo
2
チラシをクリックすると大きくなります。これは、予約制です。必ず、事前に電話かFAXかメールをして予約をして下さい。予約は、

電話は090-7998-6113  FAXは082-233-8655

メールは  kodomo.egao.net2015@gmail.com

ぜひ多くの方に見て頂けますように。見て頂くと、彼女たちのことは大人の問題なのだということがよく分かって頂けると思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月14日日曜日のことなど

14日の日曜日、午前中は性教協の例会で、北仲千里先生に「ワンストップセンターひろしま」についてお話をしていただきました。内容の濃いお話で、私も関わっていても、全国情勢等、知らないことも沢山教わり、また、私自身の意識を整理することにもとても訳に立ったお話でした。もう少したって、内容のお話をしますね。とても深くて広いお話ですので、なかなかまとめることが難しくて。

20181014

午後は、弁護士会館で、ワンストップセンター新規支援員養成講座。午後1時から5時までぎっしり。うち3時間あまりを私の講座二つを行いました。立ちっぱなし、しゃべりっぱなしのお話は、結構つらいものがありました。が、驚くほど沢山の受講者の方たちが来て下さり、熱意も伝わり、私が励まされましたよ。

1

午前中の会で、清水マリンさんから頂きました。以前フェイスブックでお願いしていたものです。うれしい。

Lgbt1_2

目次はこうです。心して読んでいます。また気づいたことなどをお話しますね。

Lgbt_3

もう一つ、真野豊さんから、論文も二つ頂きました。これもうれしくて。論文、いいなあ。研究者としても頑張っている真野さん。またこれらについてもお話しますね。

Photo


なんだか、後回しのことばかりですが、自分自身の講演準備に押されてしまって。過酷な時を送っています。まだまだ追いまくられています。でも、今日はCSに行きます。昨日カープは巨人に快勝して、今日勝つと、いよいよ大詰め、王手となりますよ~。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演準備③

昨日の広島県人権啓発指導者等養成研修会の講演準備の話で、性同一性障害の手術が大変高額であり、かつホルモン療法を受けている人は保険の適応がされないというお話をしました。でも、本当は、その手術が「性別変更の条件となっている」ことに疑問を呈さなければなりません。

個人的には、自分の体に違和感があり、例えば、FTM(体は女性でも心は男性)の人で、バストがあるのが嫌だ、取りたいと思っている人が乳房除去の手術を受けることは、それは精神的な治療としてあっていいことです。でも、「その手術を受けないと性別変更ができない」というのは、人権侵害だと思うのです。いえ、バストの問題よりも、「性腺を除去すること」が。卵巣、精巣を取ってしまうという事、すなわち、子どもが絶対にできないようにすること。杉田議員は、「子どもができない、すなわち生産性がない」と言いました。でも、それは法律で決められているのです。

世界的には、手術をしなくとも性別変更を認める方向で進んでいます。作ったスライドから。

Lgbt6

Lgbt7

この、ヨーロッパ議会におけるLynn Boylanさんの宣言、それは胸を打ちます。これまでも、「自分は精神病ではないのに、なぜ精神科のおっさん、それも自分のことを知らない二人に診断してもらわなければならないのか」、と、精神科に行くことを勧める私に抵抗する人は何人もいました。

Lgbt8

日本は、国民の人権という視点をもっと持たなければ、と様々な場で思っています。勿論、体の変更をしたい人は、することを阻む者ではありません。したければしていいし、体にメスを入れるのが嫌な人はしなくてもいい、本人が望むように、もっと性別というものを緩やかにしていいのではと考えています。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演準備②

10月21日には、広島県人権啓発 の研修で、「性同一性障害~医療の現場~」の話をします。これは、すでに始まっているLGBT連続講座の基礎編の後の応用編の一部として話すものです。
Lgbt20181021_2


私の役目は、医療的支援について話すことです。作った資料から。

Lgbt1

Lgbt2


多くの方の治療にあたっていますが、それぞれの患者さんによって、希望が異なります。将来的に性別の変更も望む方であれば、できるだけガイドラインに沿って行う方がやさしいのです。ガイドラインでは、精神科医二人の診断が一致して初めて治療ができることになっています。そして。


Lgbt3

Lgbt4


性の変更のためには、手術が必要なのですが。今では、その前にホルモン治療をすることになっています。それでも、問題はこういうことなのですね。

Lgbt5

そのために、手術を保険適応されるまで待っていた人も、実質手術はできない状況になっています。

このようにまだまだ医療の現場で治療は確立されたものではなく、発展の途中と言えるでしょう。その上、根本は、杉田議員の発言に見られるように、世間の根強い偏見にさらされていること。これが患者さん自身を苦しめているという社会的問題についても、言及するつもりでいます。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演準備①

昨日の休日、朝から深夜までクリニックに籠って今後の講演の準備をしました。10月の後半は講演のラッシュです。それも、慣れないテーマばかり。似ているようでも、それぞれ対象が違ったり、思春期だけだったり、思春期から更年期までだったり、新たに資料を引っ張り出したり、調べものをしたり。とても時間がかかりました。昨日だけで、ほぼ四つの講演の準備をしましが、まだまだです。少しお知らせを。

今度の日曜日、14日午前中には、性教協の例会で北仲千里先生のお話をうかがいます。ワンストップセンターひろしま、だいぶ認知されてきたのか、大忙しです。私は、北仲先生の紹介役だけなので、楽なのですが。ワンストップセンターの実績のこれまでのまとめをうかがうのが楽しみです。

20181014
その後が大変。終わるとすぐに弁護士会館に移動をし、二つの講義をします。ワンストップセンター新規支援員養成講座です。作ったスライドから。一番目の課題の若い人の体については、スライドではなく、印刷物で提供します。

1_2

2

改めてそうだったのだと自分で感じ入ったのは、こういうことなのですね。こういうことは男性には起こらない。

3_2

4
せっかくの力作ですので、多くの方に聞いて頂ければ嬉しいです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談③

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談の続きです。

平成28年12月14日、法律第105こうとして交付された教育機会確保法とは。配布された資料から。この資料は、「教育機会確保法簡易説明スライド」から抜粋、編集されたものです。スライドそのものは、ネットで見ることができます。最初のカラーのスライドだけそこから頂きました。

10

7

8

9

学校がつらい時には、無理していかなくてもいいよ、休んでいいよ、学校でなくとも、フリースクール等に行ってもいいよ。それらを国が法律として定めたという事ですね。

この法律については知ってはいました。でも、その方の成立の影に、奥地さん等の地道な粘り強い活動があったという事を初めて知りました。

私、バッシング以来、本当に文科省に対してもどかしい思いをしてきました。私たち、地方の者にとって、話ができる所は、教育委員会しかありません。でも、その教育委員会で、けんもほろろの扱いを受け、それ以降、どうしたらいいのか分からないまま、もどかしい思いばかりしてきました。

私、もしこの会で会場からの質問時間があったら、本当に聞いてみたいと思っていました。あんな素晴らしい「LGBTの教育現場での支援」の通知を出したりする文科省が、どうしてあの性教育バッシングを続けているのかと。教育ができないままになって、東大や慶応大学や、千葉大医学部等の超エリートの大学生による集団レイプ事件等が起こってしまっているではないですか、文科省は、これらのことをどう考えているのでしょう、今後の見通しはどうなのでしょうかと。本当に聞きたかったのですが。質問時間はないという事で、仕方がありませんでした。

第二部の楾大樹さんとの対談、日本国憲法が教育されていない、教師自身がそれをちゃんと理解していない、その原因として、教員採用試験における憲法の問題が、どんな悲惨な状況になっているのか、丸暗記を強いるような問題ばかりだと。そのあたりはおもしろかったのですが、楾さんの一人舞台で、ここは前川さんをお招きしての場なので、前川さんの発言を聞きたかったものとしては、残念でした。

でも、このような機会を作って頂いてありがとうございました。丁寧な会づくり、さぞ大変だったことでしょう。東京からとんぼ返りしてきたかいがありました。感謝します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談②

昨日のカープは天谷選手の引退試合でした。天谷は以前の通りセンターを守り、一番のバッターで。センターの奥深くに来た坂本の球を見事にキャッチ!!また、試合前に、巨人の高橋由伸監督も辞意を表明していました。試合終了後、巨人の選手が巨人ファンの前に並び、挨拶をした後引き上げていく時に、球場全体、カープのファンもみんなが拍手をしましたよ。去っていく人に「お疲れ様でした。」の拍手、でも、「なんか、高橋はかわいそうじゃね」という声も聞かれました。ひと昔前では考えられませんでした、あの巨人が三位を目指して必死なんて。

そして、その後、天谷選手引退のセレモニーが行われました。天谷の挨拶にウルウル。球場を一周してファンに挨拶する姿にまたウルウル。彼の妻と二人の小さなお嬢さんたちがお花をもって来た姿にまたウルウル。子どもたちはまだ小さい!これからどうされるのでしょうね。広瀬さんのようにカープのコーチになれればうれしいのですが。これからの人生に幸あれ!!

Photo

CSの抽選。全滅。今年、この球場に来られるのは、こんどの日曜日、ペナントレース最終戦が最後になるでしょう。何しろCSも日本シーズも、チケットの入手はとてもとても困難ですから。

さて、昨日の続きです。前川喜平さんと奥地圭子さんの対談。ここでも語られたのですが。奥地さんの文章の一部を。

4


ここの、『文科省の職員の中には、学校を変えたいと思って入省された方々がかなりいらっしゃることを知り、「国はどうせ管理しようとするんだろうと悪い方にとらえがちでいた自分を反省したのですが』

という、この部分なのですね。2003年、七生養護学校へのひどい介入から始まった性教育バッシング。金と票を持つ宗教団体を中心とした勢力の力で議員が動き、文科省が変わり、全くひどい状態になりました。それは今もなお、指導要領に残されたままなのですが。中学校で避妊を教えてはいけないとか。性交やセックスという言葉を使ってはならないとか。そんなことがまだ指導要領に残されているのですね。

バッシングの嵐が吹き荒れた少し後に、性教協全国大会で、「政治、行政に力を向けて欲しい」と要望したことがあります。そうでないと、教育委員会にひどい目に合っている、地方にいる者はとてもつらいと。でも、そちらに力を向けるよりも・・・との返事でとてもガッカリしたことがあります。私は、そこの部分がとても足りない所だったと思うのです。

奥地さんたちの粘り強い活動は、文科省の職員を動かし、議員を動かし、そして、「教育機会確保法」、正式名称「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機械の確保等に関する法律案」が作られたのです。


この項、もう少し続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山、ペンギンプロジェクト

私は、今日は当番医。朝から晩まで診療をします。もしかして今日、カープは優勝を決めるかもしれないのですね。診療の合間にテレビで応援しましょう。

昨日は、岡山で講演、シンポジウムにも参加しました。

岡山の「ペンギンプロジェクト」立ち上げのセミナーです。ペンギンプロジェクトは、産婦人科の上村先生が代表を務める、居場所のない若い女性の安心できる居場所づくり、支援などをしようというNPO法人です。

居場所の無い女性の支援、大賛成です。

講演前の会場です。講演中は撮れないので。

3


私の講演は、「産婦人科医療現場から見た若年女性の現状~考える対策とは?~」というタイトルで、とにかく医療の現場の現状を話すという役目でした。

一杯スライドを用意していきましたが、肝心の性教育に関することはしゃべれませんでした。が、事例をたくさん上げましたので、今、こういうことが起きているということについては、お伝え出来たかと思います。

シンポジウムでは、これからどう若い人たちに伝えて行けばいいのか、そういう場所づくりをするのに、どういう活動が必要かということが具体的に話し合われました。


1


2


上村先生と共に活動していらっしゃる弁護士の髙崎和美先生は、自己紹介を聞いて、何と面白い!!こういう方がこういう活動をされるというのはいいなあと感激。教師を6年間した後、チンパンジーの研究をしている夫と共にアフリカなどに居住、帰ってきた後に弁護士になったという方です。チンパンジーの世界と、人間の世界の比較などが少し出てきました。もっと沢山聞きたかったのですが、私はこの後福山の会に出なければならなくて、残念でした。

会には、岡山県議で、昨年の8.6ヒロシマ平和の夕べに来て話して下さった大塚愛さんと、一緒にみどり岡山で市議をなさっている鬼木のぞみさんも来てくださいました。というより、ペンギンプロジェクトの大切なスタッフ、支援者と思います。少しの時間でしたが、お話できてうれしかったです。

4

またいつかゆっくりお話しできれば、と思いました。

岡山の皆さん、とてもとても大切なプロジェクトです。一人、たった一人でいい、相談できる大人がいれば、この女性はもっと早くに、ここまで悲しいことを拡大しない間に救えたのに、と思うことが度々あります。そのような場づくり、これからも応援させていただきたいと思います。ありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧