「社会的養護とセクシュアリティ」・例会のご案内です。

性教協広島サークルの例会のご案内です。

2

2月24日。自立援助ホームの施設長さん、Marine Shimizuさんのお話をうかがいます。

全国自立援助ホーム協議会のサイトによると、昨年12月1日現在で全国164か所あります。サイトはここにあります。

http://zenjienkyou.jp/

そのサイトから。

自立援助ホームとは

自立援助ホームとは、何らかの理由で家庭にいられなくなり、働かざるを得なくなった原則として15才から20才までの青少年たちに暮らしの場を与える施設です。

「働かざるを得なくなった」という意味は、本人に十分な意欲と能力が備わっているか否かにかかわらず、家族も含め他の援助を受けることができない状況で「自立」を強いられた状況を指します。しかしほとんどの場合、15才の義務教育終了時点で施設や家庭から出て働かなければならない児童は、意欲や能力の面で十分一人で生活できる状況にあるとは言いがたいのが現状です。

それにもかかわらず、「自立」させられた場合、職場や生活場面でも困難を抱え、社会適応ができません。そのような児童に対し、社会的援助が必要だと感じたボランティア活動によって創設されたのが、現在の「自立援助ホーム」の始まりです。

目的

生き生きと生活できる場、安心して生活できる場を提供し、大人との信頼関係を通して社会で生き抜く津からを身につけ、子どもたちが経済的にも精神的にも自立できるように援助することを目的としています。

援助方法

ホームに来る子どもの多くは、被虐待の子どもでたちであり、ネグレクトされた子どもたちです。心の奥底に人間不信を、大人への不信を抱えた子供たちが、施設での集団生活にはなかなか適応できずにそのまま社会に飛び出て失敗し、入ってきます。‥‥後は略します。

児童相談所の措置により入所します。今回の講師のMarineさんは、男子の援助ホームの施設長として、日々活動されています。ぜひ多くの方に聞いていただけますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別養子縁組について・「実母」のこと。

これまでに、何度もこのブログでも言ってきましたが、私が特別養子縁組を始めたのは、30年以上前。正式には菊田医師の実子斡旋の事件の後できた制度が始まってすぐからです。私の病院やクリニックに助けを求めて来る若い女性たち。その中には、悩んでいる内に、中絶の時期も過ぎ、産むしかなくなって初めて病院に来た、でも、産んでも育てることができないという女性たちと、赤ちゃんの救済のために。宣伝するでもなく、ひっそりとしてきました。

勿論、児童相談所とも密接に連絡を取りながらやってきたのですが、ある時にそれができなくなったことがあります。いつか、そのことについて詳しく話せる時が来たら、その時に。そして、二年間の中断の時期を過ぎて、また始めました。それは、やはり私がやらないとと思ったからです。赤ちゃんの命を引き換えに「お金」が動くことに強い不快感を持ったからです。

どこかの団体が言っているような、特別養子縁組が「全ての赤ちゃん」の虐待死を防ぐことができるかのような言い方は間違っています。多くの若い実母たちは、悩んで悩んで。何とか自分で育てたいと、100%の女性が言います。でも、それが不可能となった時、赤ちゃんのためには、どうするのが一番「幸せか」を自問自答します。その答えを探すには、とても時間がかかります。その挙句、自分では育てられないとなった時、泣きながら赤ちゃんを手離していきます。彼女たちが自分で育てることができたなら、きっとかわいがって育てるだろうと思うような人達がほとんどです。

もっと、この社会に、若い人でも、そして一人ででも育てることができるような仕組みがあったなら、こんな悲しい思いをしなくても済むのにといつも思います。

ほんとうに「やむを得ず」です。私のこの「お金」のことは、昨年の12月28日から三日に渡って書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/npo-423e.html

彼女たちに言いたいこと。どんなに追い詰められても、絶望することはありません。誰かに、SOSを求める勇気を持ったなら、そこから、必ず道は開けます。私は自分がかかわった人から、「自殺」と「犯罪者」は出したくないと、その思いで向き合って来たと思います。多くの追い詰められた女性が、(胎児の父親である男性のサポートもなく)死ぬことを考えます。死ななくてもいいよ、大丈夫だよ、そんな言葉をかけてあげたいと思います。

赤ちゃんを手離さざるを得なくなった女性と私との往復書簡をここから6回に渡って書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/1-a954.html


厚生労働省のホームページから。

1

明日は、「養親」について書きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別養子縁組・白井さん稲垣さん①

昨日は、お昼時間に全てのカルテ入力を終えて、ホッとして、夜はお客様をお迎えできました。

静岡大学の白井千晶先生です。特別養子縁組や里子やファミリーホームや養護施設等で育っている子どもや親等に暖かな視線をもって、研究と一体の社会運動をしている方です。

いろいろと積る話をしている時に、お客様。なんと、白井先生が昨晩お泊りになるのをお迎えに来た、稲垣ファミリーホームの稲垣さんと、ファミリーのお嬢さんと息子さんの三人でした。

1

いつもフェイスブックで頑張っているのを読んでいる稲垣さんと、写真で見る男の子、しっかりサポートしているお嬢さんたち。うれしくて。一緒に食事をしましょうと、久しぶりにカフェ・ポンテに行きました。食事をしながら、さらに話が弾みました。稲垣さんのすごい頑張りにまた、尊敬を新たにしました。どこでも、誰でも、頑張っている人には風当たりが強かったり、それに向き合うために多大な努力をしていること、通じ合う部分が沢山ありましたよ。

白井先生からも、沢山のお話・情報をいただきました。

2_2

それに、私がMARINE SHIMIZUさんから頂いた「児童(LGBT)養護施設における性的マイノリティ(LGBT)児童の対応に関する調査について」の調査をRFCと一緒になさった方でもあります。

Lgbt1
すぐから気が合って。もっともっとお話したいと思いましたが、先生はとてもお忙しくて、今日は早い新幹線に乗らなければという事で、またに持ち越しました。こんな取り組みをもなさっています。この写真展には、稲垣ファミリーも出演していると。いつか見たいですね。

次回、このお話の続きというか、特別養子援組について、もう少しお話しますね。

3

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの性被害・パンフレット

子どもの性被害に日々向き合っています。世の中には、信じられないほどの子どもの被害があります。それが世の中には知られていません。殺人になれば、事件として報道されますが、そうでない場合、「被害者保護」という事で、公表されることもありません。知られない所で、次々と事件は起こっています。被害者が特定されない工夫をした所で、もっと報せ、警戒する必要があると私は考えています。

どうすればいいのか。これは、警察庁が作った子ども向けのパンフレットです。

1

アッと驚いたのは、中に思い切った啓発がちゃんと書かれていることです。見開きになっているので、ちょっと分かりにくいことですが。

2
3
3の「2人だけの秘密と言われ・・・」には、こう書かれています。

『夜寝るとお父さんが布団の中に入ってきて、パジャマの中に手を入れてきて身体を触ってくる。変だなとは思っているけれど、お父さんからは「誰にも内緒だよ。みんなやっていることだから。」と言われていたので、お母さんには言えなかった。』

まさかと思われるようなこんなことが、本当にあちらこちらで起こっています。

見開きの裏です。ちゃんとどうしたらいいのかが書かれています。

4
ここには、このパンフレットがダウンロード、プリントできるようになっています。

https://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/shien_soudan_elementary.pdf

もう一度言いますが、まさかと思われることが、本当に起こっています。これを見て、このパンフレットをどう活用したらいいかも考えてもらいたいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「女性問題」は「男性問題」

どのような統計にまとめるか、考え考えしながら作業をしていると、さっぱりはかどりません。毎日のルーティーンもしなければならないし・・。

今日は、午後「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフ会議です。全国からスタッフが来ます。大雪が心配ですが、何とか無事にたどり着いて欲しいと願っています。

昨年の平和の夕べがとても素晴らしくって、皆さんから高い評価をいただきました。だからこそ、今年はどうする?とプレッシャーが強かったのですが、ここに来て、一気に形ができつつあります。今日のスタッフ会議で皆さんの意見を聞いて、しっかり論議して、詰めをしたいと思います。みんなの了解が得られたら、ここでまた公表しますね。昨年に負けないいい会ができそうです。それに、スタッフ会議がとてもいい雰囲気なのです。今は、皆さん仲良く楽しく、有意義な発言で会は進みます。以前見られた、強権的な指揮をする人は今はいません。いい仲間でいい会を作る、今はワクワクしています。

今日は、講演会のご案内です。

Photo

われらが北仲さん、われらが城さんのお二人のコラボです。

北仲さん、ここに来て、広島大学の教師たちのパワハラ、アカハラ、セクハラによる処分がどんどん発表されて、それは大変な尽力と思います。また、NPO性暴力被害者サポートひろしまの代表理事として、県のワンストップセンターで大活躍ですし、昨年私も行った全国女性シェルターネットの代表理事としても大変な全国大会を毎年切り盛りされてるし。「女性問題は男性問題であると。きっと切れのいいお話をしていただけることと思います。

城さん、性教協広島サークルの代表幹事です。仲井間、一緒に性教育―の取り組みをしてきました。彼の小学校理科での授業はとっても面白くて、何度も模擬授業で沢山のことを教えて頂きました。そのほか、広島大学のピアサポートやアンガーマネージメントやチャイルドラインの講師等、大活躍をしていらっしゃいます。

先日は、性教協の例会で、「メディアに見るジェンダー」の発表をして戴く等、幅広い活躍をしています。

お二人による楽しみな会です。私は、途中まで参加させてもらおうと思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LGBTの映画と電話相談のお知らせです。

既に始まっているのですが。もう少し早くお知らせすればよかったのにと思いながら、それでも間に合うかもしれないので。

昨日から、横川シネマで上映されています。

1_2
2_2

30歳まで女性として生き、今は中性として、LGBTのエッセイ漫画を発信している新井祥さん。GAYの美青年と共に暮らす日々のドキュメントです。

今日、舞台挨拶があるのですね。行きたい!!行きたいけれど、仕事が・・・。多くの方が参加して下さいますように。予告編を貼り付けておきますね。




もう一つ。あまり知られていないかもしれませんので。広島県の事業としてLGBTの電話相談が行われています。当事者だけでなく、ご家族からの悩みでも、何でも結構です。一人で悩むのでなく、どうぞ相談して下さいね。

Lgbt

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 広河隆一さんのこと。③

長年性暴力の被害者支援に関わっていて痛感するのは、その被害を訴え出るのがいかに困難であるかという事です。多くの被害者が、自らが悪いわけではないのに、自分を責めてしまいます。それに、詩織さんの事件でもわかるように、被害者に対しするバッシングのひどさ。詩織さんは、男性のみならず、女性からも本当にひどいバッシングがなされました。

今回の被害者に対して、そのような攻撃がなされない事、それを痛切に願います。私は、彼女たちに、訴えてくれてありがとうと、感謝します。

そうでないと、私たちは、ほんとうにだまされ続けていたことでしょう。この人の本質に気づくことなく、尊敬し続けたことでしょう。

今となっては、この人がやってきた、数々の実績も色あせます。ただ、そこに「対象」があったから、取り組んできただけはないのかと。人々に賞賛される材料は何かと探した挙句の取材であり、報道活動であったのではないのかと。

この人がやってきたことは、こんなことがあっても消える物ではないと、彼の実績は実績であると彼を擁護する人もいました。何を言っているのでしょう。女性たちを暴行しておいて、その一方では素晴らしい実績を上げていたと誰が思えるでしょうか。被害を受けた人でも、そう評価できるとでも?彼は、暴行魔なのです。
被害者に謝れと言っている人もいます。そもそも自分が加害者であるということを実感していない人が何を謝ることができるというのでしょう。


昨年、札幌においてのシェルターシンポジウムに参加した時に、DV加害者支援に携わっている人の話を聴きました。加害者は、何よりも自分がしてきたことが被害者の人権を侵害したことであるとの自覚がないこと。被害者を傷つけていること、それを自覚してもらうのが、どれだけ大変なことであるのか。その自覚があってこその謝罪でもあるのです。

私は、広河氏がとてもその自覚をしているようには思えません。様々な加害者が口にすることば。「私は無理やりしてはいない、断ることだってできたはずだ、これは合意の上での行為だ」、ただ、その後の彼女たちへの自分の向き合い方がよくなかっただけだと彼は言いました。


通販生活で、落合恵子さんが、彼へのインタビューを行い掲載されたと。落合さんの痛恨の声明文を読んで、胸が痛くなりました。早速通販生活を買って、そのインタビューを読みました。広河氏が言っていることは素晴らしい。すごいインタビューです。そして、腹立たしくってたまらなくなりました。この男が言っていることは嘘だと。こんなことを知ってしまった今、素晴らしい人であるとは思えません。女性や社員や学生等、人を人として尊重できない人が弱者の立場にたっているかの如くふるまう事が却って不快です。


1


通販生活では、落合さんの声明だけでなく、性暴力について、次号でさらに深めて頂きたいと思います。「心引き裂かれつつ」ある落合さんに、何とか頑張って頂きたいとエールを送ります。


「DAYS JAPAN」では、最終号で「被害実態の報告記事」を掲載するとのこと。ぜひ、広河隆一氏本人に向き合って欲しい、追及して欲しいと思います。一筋縄ではなく、しっかりと。被害者の方たちはもちろん、多くの裏切られた思いを持っている私たちも納得できるように。


先述の、札幌での加害者に向き合っている人が言われました。加害者プログラムには終わりはないと。終わる時は、被害者がもういいと言った時。いいというのは、本当に心から彼は変わったと被害者が実感できた時、または、「もう、彼はダメだと。何も彼は変わらない、もう離婚して関わりを持ちたくない」と決心した時なのだそうです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

広河隆一さんのこと。②

広河隆一さんのことの続きです。

私は、「性教育」の基本は人間関係だと言い続けてきました。人と人との関係性の作り方、性というのは、あくまでもその関係性の中にあると。そして、この基本を学んでいない人の性はとてもみじめであると。それは、私自身が、患者さんとして多くの女性に向き合う中で学んだことです。いわゆるエリートと言われる人の中に、女性との関係が作られない人がいる。女性をあたかも自分の世話をする人、セックスも、自分の欲望を満たせてくれる人。そんな風にとらえている人が確かにいると。

人が生きる基本はあくまでも一人。でも、その一人が誰かと共に生きると、こんなに楽しいのだということを実感しながら「共に生きる」。その関係性を作れない人。それは、学歴とか職業とかと全く関係ありません。いえ、むしろエリートと言われる人こそ、それらを学んでいません。

何度も言っていることですが、最近の、慶応大学、東京大学、千葉大学医学部の学生たちの集団レイプ事件。これは、エリートたちが女性をどう見ているのか、それが透けて見えるできごとです。

私は、今回の広河さんこそ、その典型だと思います。私が驚愕したのは、広河さん自身が性暴力について語っていることです。いえ、それは正確ではないかもしれません。広河さんが発行している「DAYS JAPAN」の2010年10月号に「性暴力被害者に心と体のサポートを」という素晴らしい記事があると。今、私がその本を手にすることはできませんが、これは谷口真由美さんが「メディアにおけるセクハラを考える会」として今回の事件について声明を発表された、その中に出てきます。引用の孫引きになりますが転載させていただきます。

性暴力とは何か。どんな形であっても「同意なしに性的に接触すること」、または接触がなくても「存在を性的におびやかすこと(露出、盗撮、ポルノなど)」はすべて性暴力である。対等な関係性なく、力と支配による性行為は暴力であり、犯罪だ。加害者は全く知らない人の場合もあるが、知人、それも親しく近しい間柄にある場合も少なくない。性暴力被害者は、恐怖と屈辱と混乱の中で「誰にも言えない、知られたくない、考えたくない」と一人で悩み、「自分が悪かったではないか」と罪悪感にさいなまれる。この時できるだけ早く、心理的、治療的な支援を受けることが心身の回復にとって非常に重要である。時が経過すればするほど心的外傷は深くなり、回復が遅れ、心身のみならずその後の生活、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまう。「性暴力被害にあったのは、あなたのせいではない。あなたは何も悪くない」

以上で引用終わります。

こんな記事を掲載している、その責任者である彼にとっては、性暴力と自分は無縁なことと思っているのでしょうか。数々の女性に対する行為は、性暴力である、自分は加害者であるという認識がなかったのでしょう。

昨日書いたヒロシマで「危なかった」という人、その人は、「何をするんですか!」と逃げたと。そしたら彼は「やっぱりね」と苦笑いを浮かべて言ったと。そして、その後は、全くそのような行為をしなかったと言います。

「いやなのなら、拒否できる状況」であった、それを拒否しなかったから、それは「合意である」とでも?でも、それはいみじくも、その「DAYS JAPAN」に書いてあるように「対等な関係の中で」などでなく、「力と支配による」関係性の中でなされていました。彼女たちは、断ると、これから先どうなるのかという恐怖の中での行為であったと。彼は、自分の権力を行使して、彼女たちとの行為に及んでいるのです。

これは、昨年、京都市男女共同参画推進協議会と5人の大学生たちで作ったパンフレットの中にあるチェックリストです。

Photo

京都教育大学の関口先生による、「対等、 平等に、合意、納得したかが大事」であるとパンフレットには掲載されています。

こんな基本的なことを広河さんは学んでいなかったのでしょう。この項、まだ続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広河隆一さんのこと。

広河隆一さんの仕事については、これまで尊敬して見ていました。ですから、今回の報道については、本当にびっくりして呆然としました。以来、この報道についての様々な方の発信を読み漁りました。

彼がやったこと、彼の女性に対しての見方、向き合い方はとても許せるものではありません。とんでもないことであり、彼は葬られるべき存在であると、今、考えています。

Photo

同時に、彼がこれまでやってきたことはどうなのかという事。それを整理しきれませんでした。

私が広河氏に接したのは、2000年前。広島で、チェルノブイリの子どもたちを招いて、何度か音楽会等のイベントをした時です。私は、医療の分野を受け持ちました。実際、チェルノブイリから来た女性が倒れてしまって、そこに駆け付けたり、宿舎まで行って看病もしました。それから、子どもたちを率いて来た指導者の方に、全く個人的にラジカセのプレゼントをした時、広河氏に「ああ、丁度良かった、これが必要だと思ってた」と言われたこともあります。

私は、それ以上接触することはありませんでしたが、その後も彼は、たびたび広島を訪れ、「チェルノブイリから広島へ」という著書も記しています。当然広島の友人たちは、行動を共にしていました。

その時、それからその後、彼と接触していた人達に、この度のことをどう考えるのかを尋ねました。そしたら、みんなのいう事は、全く一致したのです。

「さもありなん。彼なら、ありうることだと思った」と。もう20年も前のことです。彼は、そのころから、女性にに対してはセクハラを、さらに学生たちにもパワハラの姿を見せていたというのです。

中には、私も突然襲われて、危なかったと。「何をするんですか!!」と飛んで逃げたという人もいました。それから、あのチェルノブイリから来た美しい少女たちは大丈夫だったのだろうかと心配する人もいました。

学生たちには、いつも上から目線で、ちょっと気に入らない事があると、怒鳴りまくっていたと。

それらは、今回報道されたことと、全く矛盾しませんでした。


そうであるのなら、彼がこれまでしてきたおびただしい実績は、何だったのでしょう。戦争や、原発や、HIV等の被害に遭っている人達への目線と、自分を慕ってくる人達への目線、それも特に女性に対しての目線は異なっていたという事なのでしょうか。彼は、本当に「人権派」のジャーナリストだったのでしょうか。残念ながら、ノーと言わざるを得ません。


これらについて、もう少し考えをまとめます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅原猛さん、広河隆一さん。

この頃、どうもすっきりしない事が続いて、私自身どう捉えたらいいのか分からなくって、うろうろしています。それをちゃんと書かなければと思うのですが、今一つきちんと結論が出ません。

何かを成し遂げたえらい人が、次々と亡くなります。市原悦子さんとか、天地総子さんとか、兼高かおるさんとか。女性の場合は、私もそろそろ近づいてきたと身につまされます。それを知らせる報道にも、違和感はありません。

が、梅原猛さん。若い頃にはそれなりに読んでいましたが、そう、亡くなったの?くらいです。でも、この写真。


Photo


えらい人がネクタイも結べないの?どこまで妻に服を着せてもらうの?まさか、お風呂から上がったら、じっと立っていて、妻に体をふいてもらってパンツもはかせてもらうの?という事まで想像してしまいました。ネクタイくらい自分で締めなよ。まるで子どもじゃないのと。いくらえらいことを言っても、生活の基本のところができない人はダメだと思うのです。


妻だって、自分の服は自分で着れるように夫をしつけなければ。なんでも自分がやってあげますよ、というのであれば、だから、妻に死なれた男が生活できなくなって呆然として早死にしてしまうのですよ。

そして、この方が亡くなった時に、こういう写真を出す新聞社の姿勢も疑問です。何の意図があって?まさか、梅原さんはネクタイも結べない人であったという事を見せたい訳はないでしょう。微笑ましい夫婦の姿ですか?恥ずかしい。

このマスコミの姿勢は、ノーベル賞を取った方について、必ず「内助の功」を出すことも気持ち悪いと思っていましたが。日本以外の方がノーベル賞を取った時のインタビューを見たことがないのですが、他の国でも夫妻で並んでインタビューをして、「亭主関白ですか?」などと、奥様に聞くのでしょうか。


ワンストップセンターに関わるようになって、この日本の社会は、男と女、いえ、人と人との位置関係、相手をどうとらえるかという基本のところがダメなのではないか。それは、学歴とか、仕事とかとは全く関係なく、それが、性犯罪とつながっているのではないかと思うようになりました。

その思いは、広河隆一氏の報道に接して、益々強くなりました。この広河氏の事件は、私にとっても衝撃でした。この人がしてきたこと、いわゆる業績とこの度報道されたような女性に対する暴力をどうとらえたらいいのかと、ぐずぐずと考えています。それを明日書きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧