性教協全国夏季セミナー3.前川喜平さんの記念講演

性教協の夏季全国セミナーの会開行事は、京都教育大学の講堂一杯、満員の人でした。何しろ記念講演は、前川喜平さん。私も、これが聞きたくて、土曜日の初めから参加できるように、診療を四方先生にお願いして来たのです。前川さんの話は広島で聞いたことはありますが、性教育について、それもあの時代、一体文科省に何が起きていたのか、それが聞きたくて。
東大卒後、文科省に入省。普通、キヤリアの国家公務員は、入省後すぐに、地方の管理職になって行きます。前川さんは、宮城県に行ったと。そこの教育委員の一人に産婦人科医の長池先生がいらっしたと。ああ、懐かしいお名前!当時、長池先生も私も地方で同じ様に養子縁組のお世話をしていて、共にシンポジウムで話していたりしていました。

 その先生が、教育委員会で若者の性や性教育についてぜひ議論させて欲しいという希望を出されていたのがなかなかかなえられなかったと。やっとのことで、会議の中でなく、その後の懇話会で少しだけお話して頂きましょうとなって。長池先生は、データ等の準備をしてもって来られて丁寧にお話をされたと。でも、それはそれだけで、何ら議論されることも無く、聞いて終わりとなってしまって、とても気の毒だったと。

どうも、性教育バッシングの最中には、前川さんはユネスコ等の仕事をなさっていて、文科省の中枢にはいらっしゃらなかった様子です。

でも、教育の変遷について、とても丁寧に詳しく話して下さいました。今、政治の中で教育に何が起こっているかと。昭和二十二年に制定された教育基本法が、いかに変えられゆがめられて行ったか。新しい憲法の精神にのっとった旧法のすばらしさ。それに政治が介入できるようにし、教育勅語の復活を目指した改革。

道徳に導入が最近、とてもおかしなことになっていること。小学校一年生の「おはようございます」について。

正しい挨拶は次のうちのどれでしょう。
1.おはようございますと言いながらお辞儀をする。
2.まずお辞儀をして起きてから、おはようございますという。
3.おはようございますと言ってからお辞儀をする。

こんなのから正解を選ばせるという・・・。初めは確か道徳には点数をつけないと言っていたはずなのに、成績の評価がされるようになっている事も。

今、政権が狙っている国はどんな国なのか。天皇を頂きにしてのピラミッド。「まず国があって国民は国のためにいる」国。「国民がいて、その国民一人一人のために国がある」のが、戦後の方向であったはず。


家庭と国の在り方は相似形で、家庭は力を持った家長がいて、その下に妻や子どもがいる、そんな家庭を目指している。そんな家庭の集まりで国を作るのだと。だから、同性結婚は困るし、夫婦別姓も困るし、男女平等も困るのです。参議院選の前の党首討論で、同性結婚は認めると言ったのは、全て野党の党首たちだった、与党、自民党と公明党の党首だけ手を挙げなかったと。

だからこそ、性教育は困るのですね。性教育の基本は「男女平等」であり、カップルのコミュニケーションであるのですから。そういえば、七生養護学校の性教育をつぶし、この度足立区の性教育に再びクレームをつけた都議は「結婚を自分の意思で決められるようにした戦後の教育が間違っている」と毎日新聞の取材に答えたと。

今の社会、政治の構造がとても良く分かりました。そして、最後に代表が質問をしました。

「これから文科省は性教育をするでしょうか」と。

前川さんの答えは、「文科省という人格は無いのです。省がするのではないのです。でも、これから、文科省の役人が性教育を率先してすることはありません。今の政権は、性教育を望んでいません。それは、政治が変わらない限り、今の政権が続く限り変わらないでしょう。政権が変われば、文科省もすぐに変わります。」と。お答えは明快でした。

まだまだお伝えしたいことは沢山あります。性教協の全国夏季セミナーのご報告、とくに広島の分科会、模擬授業について、詳しくお伝えしたいのですが、今、沢山の事があります。少し時間を置いてまたお話しますね。

私は今日、診療後新幹線で東京に行きます。厚生労働省からお声がかかった、特別養子縁組についての会議です。これもまたご報告しますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教協全国夏季セミナー2.基調報告

今朝、5時半に起きてブログを書いて、それも性教協の夏季セミナーの基調報告のまとめという、えらく時間がかかるのを頑張って書いて、さて、アップ、という時にぱあっと消えてしまいました。なんと、まだ時々こんなことが起こります。パソコンが悪いのか、ココログのせいなのか。泣きそうでした。もう時間がなくって、今昼時間に気を取り直して再び書くことにしました。

昨日は、性教協夏季セミナーから帰って来ました。二日間、びっしりお勉強しました。午前中は分科会「広島発多様な性Part1 なんでスカートはいちゃいけんのん! ~自分らしく生きる~ セクシュアリティを決めるのはだれ?小3トランス女子の我が子と歩んだ8年間の話です。」に参加しました。午後は、小学校模擬授業「広島発多様な性Part2 いろいろな"私たちの性"性のグラデーションを用いて性の多様性を理解して、人の多様性に気づかせる授業です。」の司会を務めました。なかなか大変でしたが、またゆっくりこれらのご報告をしますね。

これは、模擬授業の会場から写しました。会場は撮影禁止なので、外の景色を。会場の京都教育大学は緑豊かです。

6_20190729075601


あのドームが何なのか、気にはなりましたが分からないままです。

さて、初日の基調報告。「性と生をめぐる最新の情報をひもときながら、性教協の活動の意義、展望を報告します。」

いつでもどこでもだれでも大切にされる性の学び—あらゆる暴力をのりこえる包括的性教育の希望—

こんなびっしり13ページにわたる報告でした。

7_20190729140301

はじめに

この一年半は、性教育への「向かい風」と「追い風」が共に吹きました。学校現場に対する議員による批判に始まり、それに対する教育行政の対応の問題、さらには国会議員らによる性に関する数々の差別発言などと言った「向い風」。一方それらに対して、性教育の必要性を唱う世論やメディア、差別に対する主張・アクションの高まり、それらの問題意識を共有した連帯の広がりといった「追い風」・・・。1982年の設立以来ずっと試行錯誤してきたのが、性教協の「科学、人権、自立、共生」を柱にした性教育です。・・・。

以下、タイトルのみと( )で補足をします。

1.性をめぐる日本の現状

1)ジェンダーギャップ)の大きい日本
2)大学入試で明るみに出た性差別 
3)ジェンダーをめぐる暴力の連鎖
  ①DVと虐待の連鎖
  ②無罪判決をうける「強制性交」
  ③国による強制不妊手術と優生思想
  ④度重なる差別発言
4)貧困な性のリソース(しげん)(緊急避妊薬や日本で普及している避妊方法)
5)性の多様性を尊重する社会の芽生え

2.若者の性の現状

1)継続的全国調査にみる若者の性
2)性感染症、梅毒、HIV/AIDS、人工妊娠中絶の動向

3.日本の性教育の現状

1)「指導」を撤回した都教委
2)都教委「性教育の手引き」を15年ぶりに改訂
(これにつき、到達点及び成果として6点、問題点及び課題について9点が述べられました)
3)性教育の「道徳化」の問題

おわりに

ユネスコ「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」の2018年改訂版の公開について

以上、とても読み応えがあります。もう一度、これをゆっくりじっくり読んで私自身の物にしたいと思います。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教協全国セミナー一日目。

昨日は、性教協初日。びっしり勉強をしました。夜は広島サークルのメンバーと交流会。新しく広島大学の大学院の学生さんが三人も来てくれて、とても嬉しいことでした。

Img_2541

北海道から沖縄まで沢山の人達が参加しています。村瀬先生などの懐かしい方たちにもいっぱいお会いできました。写真は、これだけ許可されていたので。会が始まる前、京都の方ですが、沖縄の三線で歌われました。

Img_2540

プログラム・資料集です。

3_20190728063001

こんなスケジュール。

4_20190728063001

そして、昨日の基調報告、前川さんの記念講演。シンポジウム、本日の打ち合わせ。いっぱいいっぱいの一日でした。

5_20190728063001

基調報告、前川さんの講演の内容等、またご報告しますね。今日は朝8時にはホテルを出発して会場に行きます。朝の大浴場にははいれそうにありません。残念。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教協全国夏期セミナー・京都です。

おはようございます。京都駅の八条側のホテルにいます。京都駅の正面でない方はなんか寂しいですね。

Photo_20190727083501

昨夜診療を終えてきました。来る新幹線の中でむさしの花かご弁当を食べました。久し振りでおいしかったです。

Photo_20190727083601

カープをアイパッドのラジコで聞きながらきたのですが、トンネルが多くてとぎれとぎれ。でも、すごい!!7連勝ですよ。巨人も負けて、ますますうれしい。小園君もすごい。ただ、こうなると田中の出番がなくなってしまう。これ、どうしましょうかねえ。

それより、緒方監督の野間への暴力で処分というのが気になって。私、監督の懲罰的なというか、好き嫌いの丸見えの采配が前から心配でした。中田廉、今どうなってるのでしょうか。指導者、それもトップなのだから、選手に立ち直れないほどのダメージを与えてしまうのは・・・??。

今日は、性教協全国夏期セミナーです。大阪での性教育指導セミナーと丸々被ってしまって。仕方がありません。こちらの役割があるので、京都で過ごします。今日は午後から前川さんの講演やシンポジウムがあります。前川さん、性教育があの文科省の中で一体どうなっていたのか、本当に話を聞きたくて。明日は、模擬授業、分科会、どちらも楽しみです。またご報告しますね。

昨夜はホテルにこもって、次の日曜日の講演のスライドづくりをしました。配布資料も作って送りましたよ。ホッと一息で、寝たのが3時でした。まだ31日の東京での会での話題提供の原稿が残っています。特別養子縁組の子どもへの告知や出自を知り多い希望にどうこたえるかという事についての話あいです。京都にいる間に何とか仕上げたいのですが。

室蘭のスライドの一部です。

1_20190727084201

2_20190727084201

3_20190727085201

4_20190727085201

今日は、診療は四方先生にお願いしています。スタッフの皆さんにもよろしくお願いします。そうそう、空調は雨が上がったら、また動き始めました。良かった!!けど、雨が降ると停まるというのは、漏電??なんか怖いです。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

中学生への講演と安倍首相「お父さんは恋人を誘って」について

昨日は、福山の中学生に話をしました。全校生徒250人余り。男の子も女の子も一生懸命に聞いてくれました。校長先生が「こんな話が聞けて、うちの子たちは幸せだ」と言って下さいました。中学生にもなると体の成長に伴って性についても関心が出てきます。世間には、いっぱい情報があふれている。それも嘘ばっかりの情報。それを本気で受け止める子も出てきます。「教えない方がいい」ではなく、「しっかり教えた方がいい」のです。

今回の講演の費用は、PTAが出してくださったと。ありがたいことです。PTAの方々も校長先生も先生方も、何よりちゃんと聞いてくれた中学生たち、皆さんありがとうございました。

講演の後は、もう一度田中若葉さんの個展に行き、友人の家に行き、雨の中必死で運転してかつかつ予約に間に合って歯科に行き、8.6平和の夕べのお弁当を見に行き、友人の病院に行き、夜はゆーぽっぽに行き、そうして一日が終わりましたよ。ああ、忙しかった!でふと気づくと、昨日のブログをスルーしておりました。仕方ないね、忙しかったのだもの。と自分に言い訳。

で、中学生に「素敵な性というのは何だろう」と話して。そして、先日来ネットに一杯出て来る安倍首相の選挙応援のことがずっと頭から離れません。

「お父さんは恋人を誘って一緒に」「お母さんは昔の恋人を探し出して、一緒に」投票に行ってというもの。何?これいったい何?

1_20190719075801

2_20190719075801

代表で毎日のウェブを。

3_20190719075801

大阪城に「エレベーターを付けたミス」でも、そうだけれど、この人の発言は、ほんとうに訳が分からない。でも、こんな発言も、テレビには全然でないし、新聞のウェブには、もっと一杯出るのに本紙には全くでないし。やっぱり忖度かしら。

それに、広島であの機械で録音を送りつけて来たあの陣営、福山の友人の所にまで録音の電話がかかってきたのだと。もしかして、広島県中に電話を掛けたのでしょうか?すさまじい費用でしょうね。それに、その陣営が、全くひどい内容の現職攻撃をしていたのが、昨日でピタッと止まり、それまでのも削除されています。もしかして、選挙違反を意識した?読むだけには、自民党の内輪もめ、内ゲバみたいなもので面白かったけれど。

それにしても、どうしてお父さんは「恋人」で、お母さんは「昔の恋人」なの?もう、おかしくって。どうしてこんな事を言うのかねえというと、夫は「それだけバカだという事だ」でした。そうだよね。私の話を聞いて中学生が、この首相の言葉を聞いたら、どういうのかしら、と少し心配でもあります。こんな人がトップである党が二議席独占したら、それこそ広島県人が恥ずかしい。どうしようとも思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

製薬会社がスポンサーの性教育について

先日、ある製薬メーカーの方が三人で来院されました。要件は事前に聞いていました。そのメーカーは、ピルなど女性のための薬を沢山作っている会社です。そこでは、高校生に向けて健康講座をしていると。医師を学校に派遣していると。講演料等の費用は、その会社から出ると。

 ついては、県立〇〇高校から、私を指名して講演をという依頼があると。話を聞いて、それで私が了承すれば、その講演会をセットしたいとのことでした。私は、スポンサー付きの講演をするのは、好きではありません。ただ、どこからお金が出ても、そういう機会を与えられるというのは、大切なことかもしれないとは思っています。で、一応お話を聞いてみることにしました。

その講座担当の方がわざわざ遠方から来られて恐縮でした。

で、話を聞きました。その講座の意義から。どれだけの学校がこの講座をしているかも。膨大な学校の数で、これはとても沢山のお金がかかっていることでしょう。

そして。その講座をするのは、その会社が作っているスライドを使ってすること。もし、ご自分でスライドを追加したいのなら、それをあらかじめ会社に提出して、チェックを受ける事。会社が了承したものだけを使える事。会社がつくっているのは、どんなスライドなのかを見せて頂きました。

その上で、即座にお断りしました。ごめんなさい、私にお声をかけて頂いたのは、うれしいことですが、私はこの依頼を受けることはできませんと。

情けなくって、情けなくって。私は、これまで長年さんざん困難の中、性教育に取り組んで来ました。診療の中で出会う若者たち。その彼女、彼らに今何が必要なのか、将来豊な人生を送るために、どんな人間関係を作ればいいのか、そんなことを考え続け、一言一言無駄のない言葉で、洗練した講演をと心掛けてきました。そんな私が、なぜ人が作ったスライドを使ってさなければならないのか、それはもう私の講演ではありません。

第一、今回私に依頼して下ったのは、ある医療系の高校三年生だと。高校三年生になぜ小学生にするような、「生理の仕組み」等を話さなければならないのか。それに、スライドには男性の体が全く出てきません。

私は基本的なこととして、「男性も女性も男性の体と女性の体の双方を知るべき、それが全ての基本である」と思っています。その男性について、全く出てこない、これは何?

丁寧にお断りした後も不快感がザラザラと残ります。多くの後輩のドクターたちが、この薬屋さんに派遣されて講演に行っている。先ほども言ったように、「その機会を与えてもらう」意味はあるかもしれません。それでも、人が作ったスライドを使い、自分のスライドはチェックされてまですべきことなのか。それに、会社が女性のすこやかな人生のためにという大義名分をつけても、やはり「ピルの会社が若い女性にピルの宣伝をしている」という世間の目があることは忘れてはならないと。医療と製薬会社の癒着は、これまでさんざん批判されてきたことです。ドクターの研修とか、大人の方たちの研修にドクターが派遣されるのとは違って、これは学校現場に乗り込み、生徒さんたちに直接話すという、一線を超えたものだと思えて仕方がないのです。

いえ、人がすることをとやかく言うべきではないかもしれません。後輩のドクターたちのことを批判してはいけませんね。性教育に取り組んでいる若いドクターたちのことは、温かく見守らなければ。それでも、そこに一つのモラルをきちんと持ち続けて欲しいと思うのです。

私は、今日の診療後は福山に移動です。明日の朝早くからの中学校での講演です。かれらの将来に必要な事を精一杯お話したいと思います。私を呼んで下さってありがとうございます。貴重な時間をいたたくからには、期待に添えるように頑張ります。追加ですが、私は生徒さんに話す時には、スライドは使いません。

写真は、話の内容とは全く関係ありません。クリニックの近くの喫茶ゲートインのスイカのパフェです。お昼を食べそびれた時にトーストでも食べようと入って、あんまりおいしそうだったのでこれを頂きました。底には、ミントのゼリーが敷いてありました。器の黒いぽつぽつは、チョコレートが張り付けてありました。丁寧な仕様に感激しながら頂きました。

Photo_20190717083501

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

キリスト教愛真高等学校の一日の続きです。

愛真高校での朝食の後、少し時間があるので、散歩に出てみました。丁度、バケツを持ったふたりの生徒さんがいたので、ついていきました。二人が行ったのは、鶏舎。大人の鶏と子どもの鶏に分かれていて。二人が近づくと、餌をもらえるとわかるのでしょう。大騒ぎ。中には、産卵したばかりの声を上げる鶏もいました。これは、赤ちゃんの鶏たち。

9_20190712080701

餌をあげる前に大変なことが。一羽の赤ちゃんが目を閉じて倒れていました。これ、ダメ。もうすぐ死ぬと男子の生徒さん。女性の生徒さんと二人で、餌や水を口元にもっていくと、なんか、少し元気になって。

8_20190712080701

少し自力で水を飲み始めました。でも、たっているのがヨロヨロで。すると、男子の生徒さんが野菜の切り株を持ってきて、お尻の下に入れて、まるで椅子のようにして。あの鶏は元気になったでしょうか。最後まで見届けることはできなかったけれど。

その後は、道を下って日本海を観に行きました。

14_20190712080801

真っ青な海。向こうの方には、日御崎灯台がある半島も見えました。帰りの道。昨日は、真っ暗で心細い思いで来た道です。歩いていると、鴬が盛んに鳴いてくれました。この奥に学校があります。

22_20190713075901

そして、朝の会がありました。生徒も先生もみんなが集まって、賛美歌を歌い、一人の先生が聖書の一文を読み、そして語られました。

10_20190712080801


この先生は、もうすぐ教師を辞め、この学校を去られるとのこと。これまでの学校でのいろいろな思い出。楽しかったこともつらかったことも詳細に話されました。そして我が教師人生に悔いなしと。昨年、父親と兄を相次いで亡くし、これからはふるさとに戻って、お母さんに100歳まで生きてもらう事。自分自身も100歳まで生きることという人生を選択されたと。

その後は、一旦宿舎に戻り、後片付けをして、いよいよ私の講演です。全ての生徒とほとんどの先生方も集まって下さいました。後で知ったのですが、浜田やなんと京都からも来られた方がおありでした。

前夜に校長先生にお伝えしたように、私がつたえたいことは全てお話しました。

15_20190712080901

そして。またまたびっくり。講演が終わると、生徒さんの中から10人余りが出て来て私を囲み、歌を歌ってくれたのです。一人の生徒さんのギターに合わせて、それは美しいハーモニーでした。泣きそうでした。終わると、一人一人と握手をしました。

21


みんなほんとうにありがとう。

その後は、またまた生徒さんたちが作った昼ご飯をいただきました。

20

お野菜のたっぷり入った豚汁、焼き魚、卵焼き、野菜炒めなどなど。とっても美味しく戴きました。ありがたいことでした。私の前に座った生徒さんたち。なにか話したそうでした。先生たちがそれを察されたのか、去られた後、生徒さんから私への質問がありました。ああ、当事者なのだなとあ思いました。私が気を付けていること。話を聴いている人の中には、当事者がいるかもしれない。その人たちを決して傷つけないように。気をつけて話したつもりです。もう少し話し込みたっかたけど・・。気になっています。またいつか機会があれば。

全寮制で、テレビもなく、外界から隔離されたようでも、新聞が6社取ってあり、社会の出来事がそれを通して分かります。図書室には2万冊の本。廊下には、生徒の「死刑」についての論文も展示されていました。

日々の学びや労働を通して内村鑑三氏の志に基づいて「生きることの意味」を探索する、素晴らしい教育が行われている、そのほんの少しだけですが、触れさせていただいてとてもありがたいことでした。

本当に皆様、ありがとうございました。先生方、生徒さんたちのご健闘を祈ります。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

キリスト教愛真高等学校の一日

昨日は、完全にブログをお休みしました。朝から夕まではWi-Fi環境がうまくいかなく、時間もなくって。夜に家に帰ってから、時間はあるも、疲れていて、パソコンの前に座っても、居眠りばかりであきらめました。

とても素敵な一日をすごしたのですが、ゆっくりアップしようと思いました。

昨日は、島根県江津市のキリスト教愛真高校で過ごしました。その前夜広島を出る時、土砂降りの雨で憂鬱でした。雨の夜の運転は疲れます。しかも、高速の中国道や浜田道は真っ暗だし。頑張って運転しましたよ。

そうそう、途中までカープを聞きながら。せっかくジョンソンが頑張っているのに、あれ?どうして変えるの?と思っていたとたん逆転されてしまって。そこでラジオは消して、音楽にしましたよ。結果は、一晩アイパッドもテレビもラジオもなんにもないので、知らないままでしたが、あそこから逆転は無理。思ったら、やっぱりそうでしたね。もう、笑うしか無いです。

さて、高速を降りて学校への道、ナビをつけていたのに、間違えました。おかしいなと一周して、山道へ。学校は、浅利山という山の中腹にあるそうで。細く真っ暗な雨の道、ちょっと泣きそう。何とか近づいたかと思うと、また間違えて、また一周。いつまでも着かなくってどうかなりそうでした。

やっとたどり着いた時、本当にうれしくって。こんな素敵な学校です。写真は朝撮りました。

1_20190712080601


何と、午後10時近くなのに、校長先生を初め、多くの先生方が残って待っていて下さいました。そこで、ひとしきりお話をしました。一番気になっていたのですが,キリスト教の学校ですので、先生方の方針と私の話がぶつかることがあると思います。でも、話はさせて頂きますので、良くなければ、後での指導をお願いしますと言いました。とくに、人工中絶とマスターベーションについて。その二点が心配ではあったのです。

でもびっくりしたのは、校長先生は、私の「SEX&ourBODY」を授業に使っているとおっしゃったことです。本当にびっくりです。それに養護の先生は、私の本をいくつか保健室に置いていると。

学校では、一年生は広島に行き、被爆者の体験の話を聴くと。今年も六月に広島に来て、何と朴南珠さんの話を聴いたのだと。私たちの8.6ヒロシマ平和の夕べでも証言して頂いた方です。二年生は大久野島で毒ガスの製造など、加害を学び、また、韓国に行ってなナヌム家で慰安婦だったおばあさんの証言を聴くなども。もっとびっくりしたのは、これは朝になって知ったのですが、愛農学園と姉妹校だと、そして、村上真平さんに来て話をしてもらったと。村上さんには、私たちの会にも来て頂いて、福島の原発事故と、農の話を聞かせて頂きました。

そんな学校です。お話するのが、とっても楽しみになりました。

そして、宿舎に案内していただきました。生徒さんと一緒に寮で寝るのかと思ったら、立派な一戸建ての宿舎でした。でも。海風が強くヒューヒュー。木々がざわざわ。テレビもインターネットも無いので、本を読むのですが、沖縄の少女の本でまたこれが深刻で、全然眠れそうにありませんでした。で、午前2時、これはダメだと思ってハルシオンを飲みました。そしたら、携帯の目覚ましもセットしていたのに、朝7時から朝食だというのに、眼が覚めたのはその10分前でした。まあ、大変。急いで食堂に行きました。食事は、生徒さんたちが作るのだと。

3_20190712080601

17_20190712080801

18_20190712080701


パンは、レーズンとクルミのパンと胡麻のパン。どれも生徒さんたちが石窯で焼いたのだと。いちごや夏ミカンのジャムも生徒さんたちの手作りです。スープの底には、お野菜が沈んでいました。おいしくて。私のパン、男子生徒さんがトースターで焼いてきてくれました。

続きますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

養子縁組をしなかった子・続きです。

彼女の場合、背景に「貧困」があります。初めは中絶希望でも、お金がありませんでした。産婦人科のドクターから当院を紹介されても、お金がなくって受診できなかったと。来ればお金は何とかするのですが、彼女の場合、電車賃もなくって来られなかったと。やっと行政の方が当方に連れて来た時に、一日家でどうしているの?ごはん作ったりしないの?と聞くと、「食材を買うお金もないんです」という事でした。高校はやめました。どこかで働きたいと。でも、高校生の妊婦を働かせてくれる所はどこにもありませんでした。

以来、何回も当方に来ましたが、一切お金は頂いていません。手紙の中にある「エコーを見せて欲しい」というのは、遠方にいる彼がやってきた時に、二人でエコーを見たいという事でしたので、対応しました。その時に、私は男性にしっかり話をしました。彼の親は強く出産に反対していると。でも、反対も何ももう中絶不可能な時期に入っています。生むしかない、後はその赤ちゃんを誰がどこで育てるかという問題になります。

本来なら、妊娠した女性は、赤ちゃんが生まれるという事を喜んで、幸せであるべきなのよね。彼女をこんな状況に置いて、食べ物も不自由な状況で。ずるずると、何とかするみたいな事を言い続けて、彼女はそれにすがっているんだけれど、本当なの?ほんとうにあなたは、彼女と一緒に育てて行くつもりなの?もし、無理だと思うのなら、今、それを言うのも、あなたの勇気なのだと。今、ごめんなさいと頭を下げることも大切かも。あなたをあてにして子育てができるかもという期待が持てないのだったら、一人でどうやって育てればいいのかという風に考えるし、もし、一人で無理だということになれば、養子縁組だって、彼女は本気で考えられるのだからと。

初めは、特別養子縁組の候補として当方に紹介があったのですが、男性と切れていない場合は、養子縁組はしません。後になって、二人で育てたいから返してみたいなことになると、大変です。でも、やっぱり危惧した通り出産した後でこんなことを言いだしたのですね。

行政には、若い女性の妊娠のケアについて、研修会を行いました。行政のケアを受けられると言っても、それには予算措置がありません。(研修会も私の好意でという事で講師料もなしです。)ちゃんと食べられるだけのお金の工面がたちまち必要なのですが・・。16歳の彼女単独で生活保護も受けられませんでした。

将来を考えると、高校はやめないでほしかったのですが、それよりも働かないとという、目前の問題のほうが優先でした。

こんなしっかりした手紙を書いてくる、学力も優秀な彼女は、これから中卒のままで子育てをしながら、働かなければなりません。貧困の連鎖にならないことを祈ります。

平成29年度の全国の人工中絶率の集計が出ました。率は人口1000対です。これを貼り付けておきますね。


29

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性暴力ワンストップセンター新規支援員養成講座・福山

昨日は、性教協の仲間と少しだけ会ってお話をしました。母子家庭の人達に、三人で親向けと子ども向けの役割分担をして性教育を行うとのこと。親子一緒にというのは、とても難しいのですね。焦点をどこに当てればいいのかが。素晴らしい。みんなそれぞれに頑張っています。

 それから、夜遅くまでかけて、私の2018年度の特別養子縁組あっせん事業の資料整理を行いました。書類をきっちり作ります。中でも、赤ちゃんだけでなく、養親と、それから実母のケア。養子縁組が決まった後も、これらを丁寧にしなければなりません。それらの資料、ラインでやり取りしている事、写真なども、もしも私が撤退した後、後を引き継ぐ人が見てもすぐにわかるように整理しておかなければ。

そして、思います。やっぱり性教育が必要だと。産めない、育てられないのに妊娠してしまった女性がとても大きな負担を担います。その一方で、特別養子縁組の背景には、無責任な男たちの存在があります。彼女たちがどんな思いをして出産し、その子を泣きながら手離していく、それを知らないままだったり、目をそらしたままだったり。男たちへの性教育を本気でしなければ。

今、緊急避妊薬をオンラインで買えるようになるのできるようにというのと、それだけでなく、誰でも薬局で買えるようにという、女性たちの声があります。私、今のような性教育が十分にできない時、エリート大学生が集団レイプをしたりする時代。そうそう、東大医学部の超エリート、司法試験にも合格し、数々のクイズ番組でその頭脳を見せている彼が、女性を妊娠させ、中絶させたという記事も見ました。その時に、彼女が妊娠してびっくりしたという言葉が載っていました。避妊もしないでセックスをすれば妊娠するのは当たり前。びっくりだなんて。それに、中絶した後、他に女性ができたからと離別を持ち出し、こうして週刊誌沙汰になっている。やっぱり教育ができていないのですよ。そういえば、受験校の性教育はほとんどなされていない実情があります。何度もこのブログで言っていますけれど。そんな今、避妊をしないセックスで、後から薬を飲んでおけばいいと考える男たちも増えるだろうなと。緊急避妊は、性教育がしっかりできている国でこそ、手軽に無料や安く手に入るという、そこの「教育」という所をすっ飛ばしてはいけないと思うのですが。

政治家やエリート官僚たちのセクハラに関しての考え方や行動を見ても、性教育を学んでいないというのが基本にあります。そんな情けない思いを新たにしながら、資料整理をしました。

性暴力のワンストップセンターの新規支援員の養成講座が福山であります。ワンストップセンターには、本当に沢山のSOSがあり、みんなフル活動です。県内全域、特に福山地方からのSOSも沢山あり、それに伴い、東部の支援員がもっとたくさん必要になりました。NPOの理事長である北仲先生や、弁護士さんやカウンセラーの方たちの講義、私は、最終日の講義を受け持ちます。多くの皆様の受講を期待いたします。

1_20190624082001 2_20190624082001

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧