結婚推進室「ぶ~け」を訪問して③

知的障害のある人の恋愛、結婚、婚活パーティーなどについての千住真理子さんの文章の続きです。婚活パーティーでの食事、ゲームに続いて、交流タイムとなります。

そして、10分間の交流タイムです。席を立って、思いを寄せる人へおしゃべりに行きます。目指す相手に一直線の人もいれば、誰に行こうかウロウロする人も。話したい人がいるのだけれど、先に話している人がいて、しゃべることができず横でそっと立っている人も。そこはスタッフがさりげなく寄って来て、「この人も話したいようだから、代わってあげてくださいね。」と一言。それでその人は、やっと思いを寄せている人と話すことができました。スタッフの役割は大きいです。その後、「告白したい人は、前に出てきてください」とスタッフが呼びかけ、告白タイムが始まりました。

 一番に出てきた男性は、交流タイムで話し込んでいた女性を指名。告白を始めると、そこへ「ちょっと待った~」と男性が2名、檀上に上がってきました。そして3人の男性に告白された女性は、頭を下げて手を出していた3人の男性の中から、一人の男性と握手をしてカップル成立となりました。見ている私たちも、どうなるかドキドキしていました。一番、長く話をしていた男性と握手をしたのを見て、"やっぱりなあ~。積極的やなあ~"と思ったり。。。2番目に告白をした男性は、「自分は畑で野菜を作っています。今は白菜がたくさんできています。僕と交際してくれたら、野菜はスーパーに買いに行かなくてもいいです。いっぱいあります。ぜひ、よろしくお願いします。」と、告白。すごい生活感があり、いろいろと考えてきていると感じました。そして、彼女も彼の手を握り、カップル成立となりました。あとで伺うと、前回の婚活パーティーでも彼は彼女に告白、しかし、その時は断られたそうです。彼の強い思いが、あの言葉になったのかと思うと、胸が熱くなりました。いろいろな思いがあふれる婚活パーティでした。(略)(この日は7組成立したそうです)

4. 結婚し、子育てをしている方への家庭訪問

 ご家庭へは、車で走ること1時間以上でした。法人施設は、長崎、佐世保、雲仙、島原に分かれ、カップルも各地域におられます。担当者の行動範囲の広さ、フットワークの軽さに驚きました。

 訪問をしたAさんは、Bさんと結婚をして17年目です。出会いは二人とも五島列島の出身で、いつも帰る船で一緒になり、話をしていたそうです。付き合い始めて2年半、Aさん32歳、Bさん29歳で結婚されました。

 AさんはA型事業所でうどんやソーメンを作っていて、朝4時に車で出勤し、5時から仕事です。BさんはA型事業所で給食を作っており、バスを利用して仕事場へ。仕事は日曜日もあるため、当日はAさんとお子さんの小学校4年生のC君、世話人さんからお話をお伺いしました。

家事は、二人で1週間分担をしているそうで、冷蔵庫に1週間どんなことを誰が行うか書いた紙が貼られていました。Aさんがマメに片付けをされているそうで、室内はいつもきれいに片付けられていると世話人さんが話してくれました。食事は、法人の給食センターの夕食と朝食を利用されており、作る手間はないそうです。これは家事負担やリスクを軽減するためで、どこのグループホームでも利用しているそうです。配食のない日曜日はBさんが作るそうで、C君が「お母さんの作るちゃんぽんはおいしい」と話してくれました。

Aさんの楽しみは、学校の行事に参加することで、C君の楽しみは自転車に乗ることで、100点を取った計算や漢字のテストも、うれしそうに見せてくれました。そして、Aさんの夢は、「C君が大きくなって就職をして、ふつうの生活をすること。人に迷惑をかけない生活を送ってほしい」と語られました。子を持つ親の願いは、みんな同じだと思いました。

 世話人さんは、C君が3歳からのお付き合いで、毎日夕方にきて、主に子育ての助言をしているそうです。時には、保護者のあまりの叱りようにこどもとの間に入って止めることもあったとか。C君にとってはやさしい「ばあば」のような存在だと思いました。世話人さんは、2軒を担当しているそうです。夫婦の問題で世話人さんだけでは解決が難しい時に、ぶ~けの担当者が入るそうです。担当者はどのご家族のこともよく理解されていて、いろいろな家庭を支援されていました。(まだ続きます。)


Photo_20200123191401

今、クリニックに飾ってある青野さんの生け花です。猫やなぎが膨らんで、触ると気持ちいいです。こんなビロード色のグラジオラス、初めて見ました。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 

| | コメント (0)

結婚推進室「ぶ~け」を訪問して②

障がいのある人の結婚推進室「ぶ~け」についての千住真理子さんの文章の続きです。(実は、朝早く起きて転載を書いたのですが、本当に最後のところで、パソコンのミスタッチ。それまで苦労して書いたのが、ぱあっと消えてしまいました。私のミスタッチは大したことなかったし、これはやはり新しくなったココログの問題ではないかと思っています。ショックは大きく、それから今日一日つらかったです。朝のショックは一日続きますね。やっと今気を取り直して、さあ、もう一度。)

 【「ぶ~け」の組織について】

 「ぶ~け」の専任者は子育て経験もあるベテランの支援者の女性3名ですが、他に事業所との兼任者が2名、そして入職1~5年目までの若手の職員8名で作る「ぶ~け支援委員会」があり、他に14事業所に1~2名ぶ~け担当者がいます。これはグループホームの世話人さんや事業所の生活支援員さんがなられます。カップルでグループホーム生活をされている方がほとんどなので、直接の支援は世話人さんがされます。これらの人たちが集まって、イベントを考えるだけでなく、スタッフの研修会を開いたり、今までの実績調査や研究もなさっているそうです。若手の職員さんは、いろんな事業で体験を積むということで、2年で換わっていきます。若い人たちの感覚がいろいろなイベント開催で生かされているそうです。恋愛や結婚の支援を若いうちに経験をするというのは、これからの長い支援者生活に大変生かされると思いました。恋愛や結婚もふつうのことととらえ、支援の質が変わってくると思いました。また、若手とベテランの組み合わせ、そして日中生活を支える人、家庭生活を支える人、そのシステムの作り方がとても考えられていると思いました。いろいろなカップルを支援する中で生まれてきたものではないかと、感じました。


【自分磨きの講座について】

 自分磨き講座は月1回程度に開催され、身だしなみ講座や携帯マナー講座、お肌の手入れの他に、性教育の講座もありました。これについては今までなかったのですが、いろいろなカップルを支援されてきて、やっぱり性教育は必要ということで昨年から実施されるようになりました、同じ法人で運営している訓練校での性教育を活かしているそうです。

(少し略します)

3. 婚活パーティーへ

 婚活パーティーは結婚式場でありました。広い披露宴会場に、今回の参加者は約60名です。そしてぶ~毛のスタッフ、私たちで約80名の参加者がありました。(略)


【婚活パーティ】


 まずは食事です。10人の円卓です。席は、スタッフの腕の見せ所で、この人とこの人が合うのではと思われる人は、隣同士の席にしているそうです。ほぼ食べ終えたところで、自己紹介タイムです。自分の名前と年齢(これは言わなくてもOK)、趣味の紹介です。それが終わると、ゲーム大会です。じゃんけん列車(弱県をして負けた人が勝った人の後ろに回る。最後に大きな円になる)をし、1位の人には商品があり、2回しました。次に2組に分かれてのリレーゲームです。2人がペアになり、背中にボールを挟んで指定された所を回ってくるというものです。ペアもスタッフが決めています。女性がどうしても少ないので、男性同士のペアもありました。堺のセミナーの若いスタッフも参加。その感想は、「決まった相手と一緒に真っている時はワクワク。始まると背中合わせでドキドキ。走り終えると二人の気持ちは達成感でいっぱい。なかなかいいゲームでした。」きっと皆さんの思いも一緒でしょう。2つのゲームは、共にからだの触れ合うゲームというのも、考えられています。親近感が増します。自然なふれあいですが、心が高まります。にくい演出です。

Photo_20200121210401

この写真は、手作りの冊子の裏表紙に掲載されている「障害者権利条約」の抜粋です。

(婚活パーティは、この後、交流タイムや告白タイム、カップルの成立などに続きます。また明日。)


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

結婚推進室「ぶ~け」を訪問して①

堺の「せいかつをやたかに障害児・者性教育セミナー」に参加した時、会の前日の懇親会の後に実行委員会の千住真理子先生に聞いた話がとても興味深くて、もっと知りたいというと、翌日、手作りの冊子をもってきてくださいました。

3-2_20200120082001

この本について、またお知らせすると言いました。読むほどに、これは、私がまとめて書くよりも、せめて一番最初にある千住さんの文章だけでも、転載して皆さんに読んでいただいた方がいいと思いました。それで、千住さんにお伺いをしたところ、広めたいので、どんどん使ってくださいと、気持ちよく許可してくださいましたので。ここに何日かかけて、転載したいと思います。一文字ずつキーをたたくことで、より私自身の意識を深めることになりますので。

「ふつうの場所で愛する人との暮らしを」  
          せいかつをゆたかに実行委員会代表  千住真理子


1.はじめに

  青年の性のセミナー「せいかつをゆたかに」を堺で行って13年が経ちました。昨年、青年の性のセミナーと支援者・保護者を対象にした性教育セミナーを行っている「せいかつをゆたかに実行委員会」の活動が評価され、読売福祉文化賞を受賞し賞金100万円を頂き、このお金を何か意義のあることに使いたいと思っていました。そして、私の心に残っていた滋賀の青年の言葉、「いつまで勉強するねん」。彼は、性を学び始めて10年以上経っていました。"いつになったら彼女ができて、お付き合いを始めることができるんだ~"という心の叫びでした。青年のセミナーに参加している青年たちも、同じような思いをもっているのではないかと思います。彼らには出会いの場がないのです。

 その出会いの場を作り、支援をしている長崎の社会福祉法人南高愛隣会の「結婚推進室ぶ~け」の見学に、いつか行ってみたいという思いは、心の隅にずっとありました。それを後押ししてくれた人がおり、「気になるんだったら、見てきたらいい」の一言が、"そうだ、お金もある。セミナーのスタッフに相談をして見に行こう"という気持ちが沸き上がりました。それがまとまり、セミナーのスタッフ7名、そして障害児・者サークルの尾矢さんも加わって、8名で見学に行くことができました。
  (以下、少し略します)

2.ぶ~け室長納谷さんとの懇談
 (少し略します)


【「ぶ~け」の生まれたきっかけ】

「ぶ~け」の生まれたきっかけは、『当時理事長さんが国から表彰されたときに皆さんが集まり、お祝いをした。その中に光輝いている人たちがいた。その人達は結婚やパートナーがいる人たちであった。そして子育てをしている人は生き生きとしていた。「なんでこんなに違うのだろ」と原因を考えると、はっと気づいたのが「隣に愛する人たちがいる」ということだった。平成14年の年末にそう感じて、正月に職員が全員集まった時に「私たちは間違っていた。だから、今から愛する人と寄り添って生活できるものを考えよう」「男性と女性の好きでも、男性同士、女性同士でもいい。誰でもいいから、ただ隣に愛する人がいるという生活をめざそう。結婚にこだわらず同棲でもいい」』それから、「ぶ~け」が生まれ、いろいろな活動につながっていきます。初めは、保護者や職員さんに「寝た子を起こすな」や「仕事が増える」というような反対もあったそうです。また、それまでも保護者の反対で潰れたカップルが何組もあったそうです。
 理事長の強い意志とカップルの輝きが、結婚推進室「ぶ~け」の誕生につながりました。

【「ぶ~け」の目的】

 「ぶ~け」の目的は、「ふつうの場所で愛する人との暮らし」の実現です。そのために「出会いのチャンスを作る」「交際のフォローアップ」「暮らしづくりの応援」「子育てや家族生活に至っても、豊かな暮らしが続くようにサポート」です。その活動は、婚活パーティーもされますが、素敵な自分になるための「自分磨き」講座もされています。「自分磨き講座」があることで、婚活パーティーへの参加の服装や意識が変わったそうです。それまでは普段着やジャージでの参加もあったそうですが、女性はおしゃれをしたり、お化粧をしたり、男性も服装を気にされて素敵なかっこうになってきたそうです。そういう学びがあり、ちょっと緊張して参加できる場があるのは、皆さんにとって生活の質が変わってくるなあと思いました。

 また、「ぶ~け」では、ボーリング大会や映画鑑賞などの催しなどもありますが、「ぶ~け」の主催となると、参加されるみなさんが、仕事をされているときと全く違う顔で参加されるそうです。それは、相手を探すという目的があるからだそうです。"カッコイイ自分になる""相手を見つける"という気持ちがとってもいいですね。トキメキを持って参加する、その気持ちがいつもと違う顔になるのでしょう。

(明日に続きます。)


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

堺での講演、無事終了です。

昨日は、堺での講演、何とか終えました。たくさんの人がいらっして下さいました。特別支援の先生方や、施設やNPOの方や、保護者の方たち。こんなにも、障害のある人たちの性と生の活動をしていらっしゃる方がいる。私も大いに元気付けられました。写真は、私の話を終えて、スタッフの方が午後のスケジュールや性教協の説明をしていらっしゃるところです。

4-2_20200120081901

講演中の写真は、伊藤修毅さんのフェイスブックからいただきました。

9_20200120084401

私が考えたのは、もう日ごろ障がいのある人達に接している人にお話しをするのですから、そして、私は医師だから。もう一つ。ずっとずっと性教育を学んできたのだから。私にしかできない話をしようと。「障がい」にこだわらず、「障害のある人もない人も豊な性教育を受けて、豊な生活を送られるように」という立場で話をしようと。結果的には、それが良かったと言って頂けました。

午後、様々な実践の分科会でしたが、実は私はそのまま帰らせて頂きました。その次の講演の資料作りがまだ出来上がっていなくて、それがとても気になって。早めに家に帰って、すぐにそれに取り掛かったという次第です。昨夜も遅くまで頑張ったけど、まだ出来上がりません。それで頭が一杯で、眠るのも無理でした。

ところで、「せいかつをゆたかに実行委員会」の千住真理子先生から、こんなのを頂きました。

3-2_20200120082001

障がいのある人たちの出会いや結婚や子育ての支援をしている人たちのところに見学に行ったその報告集です。これはすごい。「障がいのあるひともない人も」好きな人とともに過ごすというのは、大きな喜びです。それがまだまだだと考えた人たちが、そんな取り組みをしています。この報告集、もう少し読み込んで、またご報告しますね。

お世話になった皆さま、ほんとうにありがとうございました。まだまだ学習と実践を続けましょうね。私も頑張りますよ!!落ち込んでなんていられません。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

大阪、堺です。

おはようございます。大阪、堺の夜明けです。

1_20200119075101

昨夜のうちにやって来ました。新大阪から次々と乗り換え、西九条、新今宮、そして堺東と順調に来たのに、なんと、駅からホテルに真反対を歩いておりました。

30分ばかり遅れて、スタッフの皆さんたちとの食事会に参加させて頂きました。

2_20200119075001

ホテルや今日の会場の近くのお好み焼き屋さんです。

皆さんと話していて、ほんとうにこれまで心身に障害のある人の性教育に取り組んでいる方たちで、尊敬する方たちばかりでした。私が、障害のある人の性教育の中でいつも例に取り上げる永野先生もいらっしゃるし、性教協の障害児サークルのベテランのメンバーもいっぱいで。沖縄や仙台や、東京からの方たちも。

ますます戸惑いました。これまでの私の話の多くは、障がい児や人に関わっているも、性教育にはあまり取り組まれていない方たちが対象でした。今回、この方たちに私が何を話せばお役に立てるのか。話しながら、ごちそうを食べながら、頭が忙しくなりました。

そこで、ホテルに帰って、スライドの作り直しです。皆さんに配布するのと、当日私がするのとは異なります。患者さんのプライベートなことを印刷することはできませんので。

その、今日するスライドにいろいろと付け加えて、低用量ピル、緊急避妊薬、子宮頸がんワクチンなど、日本の女性行政がどう扱われてきたか、障がいのある人のLGBT、そして恋愛、結婚。それらをしっかり入れて、作り直しました。それで、ちょっとホッとしました。今日は、お役に立てるような話ができると安心して休みました。

午後の分科会は、皆さんの取り組まれている性教育の実践の発表です。どれかに参加して勉強して帰ります。

昨日のごちそうです。お好み焼き屋さんでも、いろいろなお料理が。

3_20200119075001 4_20200119075001 5_20200119075001

これは、焼きそば。うどんのように太く、ホルモンが入っています。まるでホルモン焼うどん。これに卵をつけて頂きました。

6_20200119075001 7_20200119075001

デザートはフレンチトースト。ネットで調べていて、フレンチトーストは絶対食べたいと思っていたら、出てきました。

8_20200119075001

楽しく、おいしく、いろいろと勉強になりました。皆さん、ありがとうございました。今日は頑張ります。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

産んでも育てられない時に避妊のない性は暴力です。

連日、緊急避妊薬を求める人たちが来院します。それだけでなく、妊娠・中絶を求める人も。これらの若い人たちと接していて、ほんっとに一体どうしたらいいのかという気持ちになります。

どうして、「避妊のない性は妊娠する」という当然のことがわかっていないのでしょうか。妊娠した女性が、当然彼と結婚して出産すると思っていたら、相手は「子育てをするつもりはない」といったと。では、どうして避妊しなかったの?と聞くと、「忘れてた」といったと。「わすれる!!」避妊しないと妊娠する、この当たり前のことが頭から飛んでしまうのですね。もう、さんざん言い続けているのですが、「妊娠しても産めないとき、避妊のない性は暴力」ということもわかっていないし、そもそも性交の前に、「妊娠してもいいのか」という話しあいもされていません。

避妊しなくても、大丈夫でしょう、と彼が言ったという人も。彼女が不妊であるとか、彼が不妊であるとかという、何の根拠もないのに。

本当に、ちゃんと性教育をしなければ。


世間では、性教育はされていと思っているようですが、まったくと言っていいほどなされていません。その代わりの教科書が「アダルトビデオ」であり、アダルトビデオでは、避妊の話や性感染症の話など出てきません。

中日新聞が書いてくれました。

Photo_20200118083301

東京新聞ウェブ版はここです。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/202001/CK2020011002000180.html

性被害。強制性交などの犯罪でなくとも、身近な恋人同士でも、「避妊」というマナーが守られていないという、現実。もう、そろそろわかってよねと思いながら、長年、変わらぬ気持ちで診療しています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

講演会のご案内の続きです。

講演のスライドづくりに追われています。1月19日の堺での講演のスライドです。ここにきて、これまで障がいのある子や人の子育てや生活のサポートをしている人たちに、私が偉そうに話をしてもいいのだろうかとちょっと怖気づいてきています。

 私の現場で、私が対応してきたことをお話することで、少しでも皆さまのこれからのお役に立てれば、と思いながらスライドと他に配布する資料作りをしました。

2020119

25日、山梨でする講演の資料です。私の現場での性被害や、広島の性被害ワンストップセンターでのお話です。今回、改めて広島のワンストップセンターを請け負っているNPOの組織を見てみました。これまで、懸命に走りながら組織づくりもされてきましたが、なんとも、強力な布陣ができています。36人もの人がその持てる力で精一杯取り組んでいます。それらのお話をすることで、山梨の方たちのお役に立てますように。まだスライドづくりの途中ですが・・。頑張りましょう。でも、山梨まで行くのって、ほんとうに大変です。どうやって行くのが一番いいのか、まだ検討中です。

2020125

この後の広島での講演の予定です。
 
2月9日には、こんなテーマで話します。

201029

そして、16日は、全国から来られる皆様へ。女性支援地域連携フォーラム、キャラバンは昨年行われる予定でしたが、集中豪雨の被害で、いったん取りやめになりました。ここで、再度行われることになってうれしいことです。基調講演の戒能先生のお話は私は久しぶりです。そして、一緒にシンポジウムをする皆様、岡山の貝原さん、広島の中本さん等にお会いできるのも、とても楽しみです。それに、北仲先生とご一緒なので、私は心強いです。お話は別々で、私は特に特別養子縁組についてする予定です。

2020216 20202162

それぞれの講演会を企画してくださった皆様、頑張ってお話しますので、どうぞよろしくお願いします。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

千葉県、市川中学校の生徒さんに話をしました。

昨日は、市川市の市川中学校の1・2年生に話しに行ってきました。JR乗り継ぎとバスでたどり着いたのは、素晴らしく立派な学校でびっくり。校舎は広い空間も。4階までの吹き抜け。

4_20200110083201

講演の会場はりっはーなステンドグラスや美術作品も展示されている国際会議場。同時通訳の部屋もあります。この会場は、卒業性の国枝さんの寄付で作られたと。すごい。体育館は別にありました。

2_20200110083301

約700の椅子は、二学年でちょうどいっぱいです。

3_20200110083301

しびれたのは、私の話の後、質疑応答の時。二年生の女性からの質問です。

「私の友人にもLBGTの人がいて相談されていろいろと調べたり勉強しています。先生の診られている患者さんで、印象に残っている症例などがありましたら、教えてください。」

これが、中学生の質問かとびっくりです。でも、基本、皆さんいろいろとその環境や状況によって、治療の望みも異なるので、それぞれの方たちにそれぞれの方法で寄り添います。で、高校生の時から訪ねてこられて治療したFTM.MTF両方の方のお話をしました。講演の中でも言いましたが、「自分一人で抱え込まないで。誰か一人でいい、相談できる人を探して打ち明けてほしい。そしたら、いろいろと道も開けていくから。」などとお話しました。

2時間余りの講演の後、図書室を見せて頂きました。蔵書12万冊。ここは朝7時から午後6時まで開いていると。

5_20200110083301

大人用の雑誌も。

6_20200110083301

複数の司書の方が忙しそうでした。司書室やカウンターも広い!!

7_20200110083301

8_20200110083401

学校要覧のパンフを頂きました。中を見てまたびっくり。中高一貫ですが、昨年度の進学実績。

東京大学16人、京都大学7人などの国公立の合格者149人、医学部医学科が59人。難関私立、慶応大学85人、早稲田大学110人、東京理科大128人など。

そんな進学校で、中学に入学して早いうちに私の話を聞かせるという学校の方針に感激しました。進学校の性教育がなかなかはかどらない、何も性や人間関係を作るということを学ばないままに進学し、東京大学、慶応大学、千葉大医学部などのエリート校での集団レイプ事件などが起こるような状況を見て、心を痛めていました。被害者も、そして、加害者も自分の人生をゆがめてしまうという状況が現実にあります。

ここでは、中学からスマホの使用も認めているそうで、そこからの様々な情報を入れていることもありますし、知らないうちに、SNSの被害にあうこともあり得ることでしょう。今のうちから、しっかり知っていてほしいことを十分時間を頂いてお話しました。

市川学園の皆さん、勉強だけでなく、様々な部活も大変な実績を上げていると。とても充実した学生生活を送っている皆さん、幸せですね。そのような場を提供している学校の先生方、経営者の方々も尊敬します。そして、今回、私を呼んでくださり、生徒さんにお話しさせて頂いたこと、感謝申し上げます。

特別養子縁組については不定期になります。すみません。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (1)

岡山の高校で講演でした。今年の講演終了です。

今日は、岡山県立倉敷鷲羽の高校で講演でした。昨夜、診療後車で倉敷まで行きました。暗くて、トラックだらけの高速を走るは、少々疲れました。ホテルでは、すでに夜鳴きそばのサービスが始まっており、部屋の荷物を置くと、直ぐにそれを戴きに行きました。半サイズのラーメンですが、空腹にはおいしくて。

Photo_20191219170201

このところ忘年会で沢山食べるのが続いていたので、昨夜はこれと夫が弁当箱に詰めてくれて柿やリンゴなどの果物だけで終えました。そして、詩織さんのニュースのはしごをして、それからお風呂。疲れた体に露天風呂が気持ち良くって長風呂すると、すっかり目が覚めて、アラ眠れない。とうとう2時に睡眠薬を飲んで寝ましたよ。朝は早く起きて、美観地区の散歩をしようと思ってたのに、なかなか忙しくてできず。朝風呂と朝ごはん。このホテルは、全国のチェーン店で朝ごはんが豪華で。岡山なので、祭り寿司も。紙コップのは、部屋にもって帰るコーヒーです。私は、ごはんにトロロや大根おろしをかけて食べるのが好き。

Photo_20191219170202

ホテルから、倉敷鷲羽高校へは、17キロなのに、渋滞と信号で40分もかかってしまいました。緑が一杯の美しい学校です。

5_20191219170201 4_20191219170301 3_20191219170301

高校2年生に話しましたが、広い体育館は寒くて。生徒さんもきっと寒かったことでしょう。でも、よく聴いてくれました。

2_20191219170301

初めの私の紹介も、後の感想、お礼も保健委員の男子生徒さんがしてくれました。感想、よかったです。一番印象に残ったのは、「性は素敵なものだという事、そして、プライバシーが大切という事・・・」自分の言葉でチャンと考えて語ってくれてうれしかったです。そして、後、校長室に帰ろうとしてたら、三人の女子生徒さんが、どうしても感想とお礼が言いたくてと、来てくれました。すごくよかったです。知らないことがいっぱいあったしと。広島のクリニックに行きたいとも言ってくれました。ありがとう。

廊下にこんなのが張ってありました。私の話と重なるものもいくつも。いいですね。生徒さんたち自ら、こんなのを考えて創る事。

1_20191219170301

先生方も生徒さんもありがとうございました。70分でというのを、せめて90分にして下さいと強引に言ってすみませんでした。望みを聞いて下さって良かったです。

これで、私の今年の講演は終了です。今年も良くあちこち行きました。来年は年明け早々から、またあちこち行きます。


 


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

|

上小坂中学にて講演でした。

昨日は、東大阪市立上小坂中学校で2年生・3年生200人あまりに講演をしてきました。2年前に行って講演をした学校です。当時の養護の先生は転勤で替わっていらっしゃいましたが、新しい先生からいろいろと連絡を頂きました。

Photo_20191213081101

体育館に直接座ってもらってだから寒かったでしょう。ひざ掛けとか、飲み物とかをそれぞれ用意してもらって聞いて頂きましたが。段々と私もしんしんと寒さがこたえてきました。1時間45分。生徒さんたち、よく聴いてくれました。

何よりうれしかったのは、この講演会の司会は男子の生徒さんがして下さった事。私の紹介も生徒さんへの注意も、終わってからの感謝の挨拶も、みんなその生徒さんです。そして、会場から帰る時には、二人の男子の生徒さんが来てくれて、私の荷物を持って同行してくれました。感想を聞くと「良かったです。知らないこともいろいろとありました」と。「コンドームを使っても妊娠する事はあるという所なんか?」というと、「そうです、そうです」と。

 中学生に直接話をさせて頂いた事、本当にありがたいことでした。若い男女の先生たちも、いろいろと心遣いをして下さって、とても気持ちよく帰ることができました。

 そして、帰りは、大阪駅で多田直子先生と待ち合わせです。古くからの性教育、性教協の仲間です。久し振りに話がしたくって。さんざん大阪駅には行っていますが、こんな所が在るなんて、全然知りませんでした。大阪駅の上、5階の時空の広場です。

1_20191213081201


そこのレストランで食事。その後、歩いて「ドイツクリスマスマーケット」に行きました。その時の大阪駅の裏側。こんな事になっているなんて、全く知りませんでした。大きな人工の滝や池が。

2_20191213081201

食事やドイツクリスマスの事など、また続きますね。
 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧