東大阪市立布施中学校3年生・つんくさんの校歌

 昨日の大阪での講演、無事終了しました。東大阪市立布施中学校。4年前に行った俊徳中学校と大平寺中学校が合併して新にできた中学です。養護の先生も、校長先生も以前と同じで、私の講演を設定して下さいました。

3年生全員と、東大阪市立の小・中の養護教諭の先生方23人も来て下さいました。昨日は、東大阪市は終業式の日。それぞれ忙しい所でも、校長先生の許可があって、来て下さったとの事。ありがたい事でした。

Img_0982

生徒たちは良く聞いてくれました。途中、質問形式で当てながら答えてもらったり。しっかり時間を取ってもらったので、伝えたいことはすべて伝えたと思います。

ところで、講演が済んで校長室に帰った時、こんなのが貼ってあるのに気づきました。新しい中学の校歌です。目が点になりました。つんくさんの作詞作曲。つんくさんがお声を失った後に作って下さったそうです。それがありきたりの校歌でなく、なんとも素敵なのです。


Img_0985

「それでいいんだ
自分のことが 気になることは
当たり前だろう・・・」

「忘れちゃならぬ
自分の夢も あいつの夢も
無限であること・・・」

「意味があるんだ
出会えたことも 別れることも
だから大切に・・・」

これが校歌だなんて。まさに思春期の心理にずばり食い込んで。こんなのを歌って中学時代を過ごすことが出来るなんて、なんてすごいことかと感動しました。

関係者の皆さま、一生懸命聞いて下さった生徒のみなさま、ありがとうございました。

 さて、帰り。鶴橋の本屋さんで待ち合わせをして、許玉汝、オンニョさんにお会いしました。5年振りでしょうか。ランチをしながらお話しました。これについては、また明日。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の中学生に講演です。

お早うございます。大阪の朝です。昨夜、新幹線から地下鉄に乗り換え乗り換えしてここは上本町のホテルです。梅雨が明けたそうで青空ですが、ビルばかりで味気ない事です。

Img_0981


それにしても、先週の東京もそうでしたが大阪の人も、都会の人は良く歩きますねえ。荷物を持って階段を上り降りするのは、ほんとうに疲れます。ホテルに着いたらぐったりで、せっかくサウナ付きのお風呂があると言うのに、入らないでベットに横になったら眠ってしまっていました。朝シャンをしました。


今日は午前中、東大阪市の中学校で3年生に話しに行きます。中学、高校、大学生などによく話しに行った一学期、生徒さんに話すのはこれで終わりです。今日は、地域の養護教諭の先生や保護者の方も来られるそうで、ありがたいことです。以前、三次で中学生に話す時、少年の事件を特に扱っていらっしゃる警察官も来られて生徒と一緒に聞いて頂きました。子ども達に知っておいて欲しい事を目いっぱい話します。

これからは、教師や大人の方たちへの研修の講師がメジロ押しです。


午前中の話が済んだら、前からの友人のオンニョさんに会って、ランチします。前から行きたいと思っていた鶴橋で待ち合わせです。韓国、朝鮮料理が食べられるかな?

オンニョさんからは、昨日の広島地裁での朝鮮学校の生徒さんたちへの差別認定の判決に怒りのメールを戴きました。政治がこのような中で、司法も差別を認めるという、この判決を日本人として情けなく思います。

全世界にある日本人の子どもたちのための日本人学校で、日本語や民族教育をしても当たり前の事です。インターナショナルスクールなどは、当たり前のように補助が出ていると言うのに、朝鮮学校だけ出さないと言うのは、やはり差別と思います。どの国の子どもたちも、今、ここにいるすべての子どもたちが豊かに教育を受け、すくすく育つように願います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から渋谷で収録です。

東京、品川のプリンスホテルです。プリンスのNタワーというホテルで、ここでは朝ごはんがビジネスセンターで無料で提供されます。

Img_0855

Img_0852

ビジネスマンらしき人が沢山窓辺のカウンターでパソコンを打っています。

Img_0853_2

娘と二人で泊まっています。二人でゆっくり食べる朝ごはん、幸せでした。若い男性が、これをぜひ、今日から始めたココナッツのベーグルですと勧めてくれました。サラダも豆やレンコンが入ってとてもおいしいものでした。

さあ、これから渋谷でAbemaの収録です。がんばってお話しましょう。

私は、医師なので、低用量ピルとか、緊急避妊とかの話をということでしたが、それだけでは面白くないですねえ。私は、知識はあっても、それをちゃんと相手と話し会って、どれだけ実行できるのかの問題だと思うのですね。今時、ほんっとに教育が出来ていない男性に良く出会います。

妊娠した彼女に、産むなら、おれと別れてから産めとか、自分のことは忘れてくれとか、自分はもっと遊びたいとか、これはすべて私のクリニックの最近の患者さんの相手が言ったことです。それならそれでちゃんと避妊をすべきなのに。このような男性に対して、どこまで自分が自己主張できるのか、そして、男性に対しての性教育はどうするのか、それらも絶対話したいと思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夜は東京です。

今日は診療後飛行機で東京に行きます。いつもは新幹線だけど、今日は飛行機です。と言うのも、帰るのが明後日、金曜日の朝になるので、朝一の飛行機だと診療の時間にギリギリ何とかたどり着けるからです。

明日の午前中からAbema、インターネットテレビの収録があります。今年の4月、アのシェリーさんのMCで「Wの悲喜劇」・「大人の性教育」を放映したのですが、それが好評で、ライブドアニュースやヤフーニュースにも取り上げられました。その時にブログはここにあります。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/abematvw-2876.html

その続き、やはり性教育について放映するのだそうです。丁度収録日が私が夜東京で講演をする日に重なったということなのですね。ぴったりはまってびっくりです。いろいろな女性たちが集まって、それぞれお話をするらしいです。面白そう。また、放映日等はお知らせしますね。

その後、夜は、定時制高校生へ話をします。そのおそらく校内へのチラシだと思うのですが、担当の先生が作ったのを送って下さいました。

0000
ご丁寧にありがとうございます。定時制の高校生に話すのは久しぶりで、とっても楽しみです。

来週は大阪の中学生に話しに行きます。夏休み前に伝えておきたいことは沢山あります。本当は夏だけでなく、年中なのですが・・・。

それから、今、しきりにテレビや週刊誌で報じられているご夫婦の離婚騒ぎ、目に余ります。あの女性が、男性の携帯を鍋で煮たとか、何回も携帯をバキッと折ったとか、楽しそうに話していたフィルムも何度も放映されています。これって、完全にDVですよね。私は、先週も先々週も中学生に話した時、デートDVについて、たとえば「携帯見せて、どんな人とメールしてるの?」とチェックする事、それもDVですよ、という話をしました。若い間から、人と、特に恋人との関係性の作り方、基本ルール等を知っていて欲しい、それも大切な性教育であると考えています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三次市立三和中学校で講演

一作日6日の木曜日、三次市立三和中学に講演に行きました。大雨の隙を狙ったように降らないままの曇り空。その前日は休校だったそうです。全校49人の小規模校。今小中一貫校だそうです。

校舎の前はものすごい庭園。三和町立時代からの伝統を感じます。

Img_0786


中に入ると、こんな表示。ありがとうございます。

Img_0784

生徒たちは良く聞いてくれました。途中、気分が悪くなって退席した生徒が二人、前日まで期末試験だったそうで。床に座って聞いてくれると、決して真っ青になりはしないのですが、机なしで椅子に座ったまま話を聞くのは、つらいものがあると思います。少し残念。

Img_0782

前回の君田中学と同じように、また三年生の男子生徒がお礼の言葉を言ってくれました。あらかじめ作られた言葉でなく、聞いてすぐの生の言葉で言ってくれるのが嬉しいです。ありがとう。握手をしました。

また、雨上がりの美しい緑の中を帰りました。こういう所へ車で講演に行けるのは、本当に心が休まります。

Img_0792


来週は、うって変って東京の定時制高校生に話しに行きます。これも、とても楽しみです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OCの長期投与などを検証する-蓮尾豊先生のお話から

 昨夜は、診療後女性医療懇話会に行きました。シェラトンホテルで午後6時45分から。でも、診療が終わったらもう7時近くて遅刻です。青森の蓮尾豊先生の

「EP配合剤の長期投与法等を検証する~43年間のOC処方経験を踏まえて」

です。長い間、臨床の場でも性教育の現場でも、そして全国を走り回っての様々な研修の場でも、ピルの普及に努めて来られた先生のお話です。実績に裏打ちされたお話はいつもながら説得力があります。

Img_0633

会場は沢山の人。少しでもOC(低用量ピル)についての偏見が減り、日本の女性たちが健やかに過ごせますように。

 その上、今回、ヤーズフレックス配合錠が認可されました。月経困難症治療剤、子宮内膜症に伴う疼痛の治療剤として保険薬価収載されています。この新薬は、これまでの低用量ピルと違って、消退性出血(いわゆる月経)の回数を年3~4回に減らす、その分つらい回数が減るというものです。すでに欧米では、多数使われていますが、日本ではやっと認可された、画期的な物です。

沢山子どもを生んでいた昔の女性は、月経回数が約50回。余り子どもを産まない現代の女性は450回も月経があります。蓮尾先生は、現代女性は月経回数が多すぎる、月経は女性の健康のバロメーターでしょうかと問いかけられました。確かに、排卵があり女性ホルモンが正常に分泌されていることを意味します。しかし、過多月経、月経の量が多い、月経困難症などの月経トラブルがあっては健康とはいえません。

排卵は何のためにあるのでしょうか?もちろん、妊娠のために必要です。でも、500回近い排卵が必要でしょうかと。

ピル=副作用として、悪者にされているのは、日本だけです。せっかく、OCで月経が楽になり、避妊も確実にできていた女性が、母親にやめなさいと言われ、やめるとひどい痛み、その上、妊娠してしまって人工中絶という人は何人もいます。母親だけでなく、学校の養護教諭にやめるように言われたという人もいます。

ちゃんとした知識もないままに、ただ悪い物という偏見を、本当に何とかしなければと思います。

以下、蓮尾先生が配布して下さった先生のスライドを接写しました。日本が世界の中で異様な状況であると分かって頂けるかと思います。

Fullsizerender_697

Fullsizerender_698

Fullsizerender_699

ピルを使うと、痛みや量が楽になるだけでなく、月経の日を自由に調整することが出来ます。女性アスリートについてのデータも示されました。2008年の北京オリンピック出場女性の欧米の選手は83%がピルを飲んでいたと。ところが、それから4年後の2012年のロンドンオリンピック出場の日本人女性選手は7%しか内服していなかったと。

副作用について。「もちろん、血栓症リスク等のデータは知らされなければならないが、目の前にいる女性に服用禁忌さえなければ、問題はその女性のOCの必要性をどのように理解するかが重要である」と語られました。

「服用 禁忌」があるか否か、それを見極めることが必要です。禁忌のない若い女性が内服することまで悪いことと捉えないでほしい、常々そう思っているのですが、さあ、それをどう今の母親世代や教師たちに理解してもらったらいいのか、それが課題でもあります。

また、続きをお話しますね。今日は、カープ中日戦、パーティールームです。もう、すっごく楽しみです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性的マイノリティに対する社会意識-河口先生のお話・続き

河口先生が中心となってなされた全国調査「性的マイノリティについての意識」の続きです。

様々な設問がされています。

同性愛、性同一性障害の基礎知識では、「日本では、同性愛は精神病とされている」というのが正しいのか否かでの正答率は55%。(95年までは精神疾患とされていました)。性同一性障害について「日本では、戸籍上の性別を変えることができる」の正答は30%。分からないが47%でした。それらの性別、年代別、学歴別等の詳しい分析がされています。

同性愛と性同一性障害の認識、たとえば思春期の一時的な物である、生まれつきのものである、育てられ方の影響がある等がそう思う、思わないの設問。

さらに、性的マイノリティの人が周りにいますか?

身近な性的マイノリティに対する抵抗感については、近所の人、職場の同僚、きょうだい、自分の子どもがそうだったらどう思いますか?

仲のいい友人からカミングアウトされたらどのような気持ちになりますか?
同性婚については賛成ですか、反対ですか等の質問。

 さらに、注目すべきなのは、教育です。

性的マイノリティについて義務教育で教えることの賛否。同性愛、両性愛、体の性別を変えたいと望む人、それぞれについての質問では、賛成とやや賛成の人は、全体で50%ほどしかありませんでした。

また、性的マイノリティの人が教員になって欲しくないという人の割合は、ほぼ30%前後。でも、これは、年代別の割合がはっきりと分かれていました。
同性愛の男性、女性、両性愛の人が生姜っこうの教師になることについて、60~70代の人の約50%は反対しています。20~30代の人たちは、20%を切ります。

これらの数値から、社会の認識は徐々に変わりつつあるということが示されていると思います。しかし、今の若者の親の世代の認識がまだまだ厳しくて、だから、まだまだ当事者にとっては生きにくい社会であると言えます。

これらの調査を踏まえて、河口先生は、今、学校/教育現場でのLGBTへの取り組みが、文科省の通達も後押しして、少しずつ広がっていることをも教えて下さいました。

私たちは、性教育の中でもちゃんとこのことを伝え、若い人たちの生きやすい社会づくりに貢献したいと思います。それは、当事者だけでなく、社会全体が一人ひとりの人権を大切にしていくこと、そこに繋がることだと思います。

河口先生、貴重な調査とその報告を本当にありがとうございました。このような大規模な調査がなされている事を知りませんでした。個別の対応だけでなく、数字として示されることの重要性も認識することが出来ました。

城さんの報告の中で紹介された本、さっそくアマゾンで買いました。三冊セットで、子どもから大人まで楽しみながら学べるようになっています。多くの当事者の方も登場しています。

Img_0609

いろいろな本を集めていますが、これも私のクリニックの本棚に置きます。当事者の家族の方だけでなく、多くの方に興味を持って覗いてほしいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君田中学校での講演

昨日は、三次市君田中学で講演をしました。全校生徒41人。まだこの前小学校を卒業したばかりのかわいい1年生から、すっかり大人になったような背の高い3年生までのみなさんにお話しました。

1年生には、「まだよく分からない言葉や話が出てくるかもしれませんが、これから先必ず、ああこの話はこういうことだったのかと分かる時が来るからね、聞いておいてね」とお話しました。

私の好きな中学校です。会場の音楽室に行く途中の階段には、2年生が作った人権標語が貼ってあります。何年前でしょう、以前来た時にも貼ってありました。人権教育がずっと引き継がれているのですね。

Img_0620


「その言動でいろんな人を傷つける」
「暴力は見ても聞いてもゆるせない」
「いじめは人をだめにするもと」

どこかのレイプ犯は、子どもたちからこんな目で見られているということを自覚して欲しいですね。

会場は、音楽室。エアコンが効いて涼しい部屋で助かりました。これから夏の講演は暑さでつらくなります。講演前の校長先生のお話。

Img_0613

生徒たちは良く聞いてくれました。最後に男子生徒がお礼を自分の言葉で言ってくれて、「先生の話をきくことが出来て、私たちは幸せです」と。涙が出そうでした。

帰り、二階から男子生徒が乗り出すようにして手を振ってくれました。うれしかったですよ。

Img_0622

そして帰り。君田温泉に行って、時間の関係でお風呂には入ることが出来ず残念でしたが、農家の方の直売のしいたけ、グリーンアスパラ、おかひじき等を買って帰りました。来週もまた県北の中学校です。大人への研修も大切ですが、やっぱり子ども達に直に話ができるのは、元気が出ます。がんばろっ!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

性暴力の被害者について

河口先生の「性的マイノリティに対する社会意識」はまだ続きますが、今日は横道にそれます。

昨日の事。ある事件の被害者の診断書を書くために、警察の方と話していました。被害者は子どもです。

「でも、この子が殺されなくってよかった。こういう事件は、殺人にまで行くことが結構あるでしょう。この前のベトナムの少女も。この子が生きてて、本当によかったと思うのよ。」

そしたら、警察官が、言ったのです。

「この頃、子どもがついて行くんですねえ」と。私は怒りました。

「何を言ってるの。こういう事件を被害者の問題として捉えたらいけんでしょ。まだ子どもよ。いい年した大人が、こんな年の子をだまして連れて行くくらいちょろいものよ。被害者の問題じゃなくって、加害者の男の問題でしょうが。警察がそんなことを言ってどうするんね。男の問題として捉えてくれなければ。」

性暴力を被害者の問題として捉えるから、セカンドレイプになるのですよ。私たちは、「あなたが悪いのではない、加害者が悪いのだから。自分を責めないで」と必死で言い続けているのに。

「いや、そんなことは被害者には言いませんよ」と警察官は言いましたが、言う、言わんじゃなくて、そんな考え方が問題なんよ、と言いました。

「親御さんが、ちゃんと目を光らせておけばよかったと、後悔されています」と、さらに警察官は言いました。目を光らせるということではなく、基礎をきちんと教える、それは大切なことです。でも、それ以上に、男たちにも教えなければ。性と言うのは、一方的にするものではない、そこに信頼や尊敬やお互いの思いやりや、暖かな心の交流があってこそのものだと。

全くもう。

性被害の事件の法律が変わります。でも、法が変わっても、私は、司法の現場、警察、弁護士、検察、裁判官の意識が変わらなければ、女性がつらい思いをするのは変わらないと思っています。ついて行った女が悪いだの、抵抗しなかった女性の問題だの、証拠がないだの、それによって男が不起訴や無罪になるなんて。被害に遭った女性たちは、それでなくとも、誰にも言えなかったり、言ってもあなたが悪いと言われたりで、長い間心にトラウマを抱えて生きなければなりません。中には、その重さに心の病になってしまう人も。子どもの頃の被害をずっと、大人になっても苦しんでいたり。

昨日の夜には、ある国外のメディアの取材を受けました。

あの、ジャーナリストによる強姦事件です。逮捕状まで出ていたのに、警察から官邸に行っている人によって、逮捕は潰されました。今、被害者の女性が本当に孤軍奮闘しています。孤立して、様々な世間の非難を浴びています。性暴力の被害者へのサポートは、日本は、一体どうなっているのかと、尋ねられました。

それと、東大や慶応や千葉大医学部のエリート学生たちの集団レイプ事件。これも、加害者がどうなっているのか、千葉大を除いて、さっぱりその後が分からなくなっています。ある、性教育潰しをして来た国会議員の身内の東大の加害者は、不起訴になったようだと聞きました。この国、被害者に厳しく、加害者が守られる、そんな国になっているのです。

一体、日本の性教育はどうなっているのか、エリートの学生たちは、高校までにどのような教育を受けているのかと尋ねられました。いえ、受験教育一辺倒、さっぱり性教育はなされていませんよ。まとも性教育はしてはいけないことになっています。高校までちゃんと教えられ無くて、さあ、大学も無事入れた、そこで性はアダルトビデオに学ぶ、性というのは、あんなに乱暴にするもの、女というのは、そうされると喜ぶものと。教育を受けていないと、そうなってしまうのは、必然でしょうと。そんな話に、海外のメディアの方は、ほんとうに驚かれて。

週刊誌、スポーツ誌以外のいわゆる大手のメディアがこのジャーナリストによる強姦事件をほとんど報道しない今、外国のメディアにより世界にこの事件と日本の現状を知らせてもらう事。そこに一抹の希望を見出さざるを得ない、悲しい事です。

今日は、県北の中学校に話しに行きます。全校生徒41人という小さな学校です。これから先、遠方に巣立っていくであろう子ども達が、豊かな人生を歩んで行けるように、頑張ってお話しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

性的マイノリティに対する社会意識-河口先生のお話

25日、日曜日の午前中の性教協の例会の後すぐにエソールに移動しました。午後からはエソール広島主催の「LGBT等性的少数者の相談員養成研修」のシリーズ、第一回の研修を受けるためです。6回に渡って行われるこのシリーズ、5回目は私が受け持ちます。

第一回は修道大学の河口和也教授の講義「LGBT概論1~性的マイノリティーに対する社会意識~」でした。

河口先生のお話を聞くのは、ほぼ10年振りと思います。初めて聴いた時の「なんと素敵な先生か」と衝撃を受けて以来です。楽しみでいそいそと出かけました。

Img_0588

始まる前の教室です。この後も続々と来られて、席が足らなくなって、椅子を出して三人掛けになりました。

河口先生が中心となって「性的マイノリティについての意識―2015年全国調査」がなされました。

2015年3月全国130地点、20歳から79歳までの(戸籍上の)男女、住民基本台帳による層化二段無作為抽出法 補遺門留置訪問回収法、配布数2600票 回収数1259票(回収率48.4%)

そのデータを元にしてのお話でした。性的少数者については、まだまだ社会的には厳しい状況に置かれている事を実感するお話でした。

まず、同性愛者はどのくらいいるのか、大体人口の3~10%と言われていますが、これまでの様々な調査が示されました。

キンゼイレポート(1948、アメリカ12000人に面接調査)では10%
CNN:2004年大統領選挙の出口調査では約4%の人が自分は同性愛者と回答

日本では、1994年も藤沢・宗像・田島ら1968人に対するアンケート調査では「同性に対して性的に惹かれた経験がある」と回答した人は20.2%、「同性に性的興奮を感じ、身体を触れ合った」は10.1%など。

2016年 博報堂による調査→LGBTは5.9%(アセクシャル・性的指向を持たない人その他の性的マイノリティを含めると8.0%)

まだ沢山の調査の結果が示されましたが、

大事なのは、「いる」ということ。
 ・ 若い人にも、年配にも
   ・ 男性にも、女性も
   ・ 職業も多様
   ・ 都会にも、都会以外にも

と話されました。そう、だから、学校現場でも、クラスに一人か二人はいるということなのですね。

 それでも、社会で持たれている同性愛者のイメージの、同性愛嫌悪・恐怖や異性愛主義について。家族、教育、メディア、制度等、社会のほぼすべての領域では異性愛が前提とされている→「強制異性愛社会」という状況にあります。

 そのような中でなされた全国調査です。

 もう少し、河口先生のお話を続けますね。
 
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧