「セクハラ・サバイバル」無事終了しました。

昨日の午後は、「セクハラ・サバイバル~セクハラは労災です~」の講演会、研修会沢山の方が来て下さって無事終わりました。

「セクハラ・サバイバル わたしは一人じゃなかった」の著者佐藤かおりさんと、よりそいネットを行っている社会的包摂サポートセンターの事務局長・ジェンダー政策アドバイザーの遠藤智子さんをお迎えしての会でした。

Photo_79 

佐藤さんのお話、自分の壮絶な体験を淡々と話下さいました。それに加えて、粘り強い闘いで「セクハラ労災行政訴訟」に勝訴した事、今苦しんでいる人へ向けてのメッセージ、闘いにはどんな手段があるかなど、幅広くお話下さいました。

この一人の女性にこんな力があるなんてと思わせるものでもありました。

続いて私の話は20分、意外と短くて、大変でした。

弁護士の寺本先生の、今全国の裁判所で出されている性暴力の加害者がなぜ無罪になるかということの解説、法律の何処に問題があるのかという分かりやすい解説も貴重でした。

そして、シンポジウムは、遠藤さんの司会で行いました。遠藤さんは、元シェルターネットの事務局長でもあります。DV法を作ることに奔走され,今も行政の中枢や全国の様々なジェンダーや性暴力を支援する活動へのアドバイスなど、全国駆け回っていらっしゃいます。

その豊富な知識と活動に基づいたアドバイスはとても適格で、本当に勉強になりました。よりそいネットホットラインはここにあります。

http://279338.jp/yorisoi/

Photo_80

私は、本当に末端の現場で地べたをはうようにしてサポートをしている身ですが、このような大局に立ったお話を聴くのは、とても参考になりました。

それにしても、私は、性被害のワンストップセンターができて、本当に良かったと思います。弁護士さんやカウンセラーや支援員の方たちが強力に支えて下さるのですから。

会の後でも、懇親会で様々なお話を聴くことができて、さらに勉強になりましたしうれしかったです。沢山の方が来て下さってありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

おかやま山陽高校・女子の制服のパンツスーツも

昨日は、おかやま山陽高校の一年生に講演に行きました。私のもっとも好きな学校の一つです。何より生徒がキラキラ楽しそうなのです。

Photo_69

まず見るのがこれ。ヒャー、また和菓子の甲子園で優勝したのね、とか。空手、野球などのスポーツも吹奏楽や弁論大会などの活躍もうれしい。

講演の前に校長先生とお話した時に、「やっと女子のパンツスーツができました」と。見せて下さいました。

Photo_71

わあ、かっこいい!!これにブレザーがつきます。これはスリムなタイプですが、男子と同じストレートタイプもあって、どちらも伸縮が効く素材ですと。どのタイプを選んでもいいし、シャツも男性用のを選んでもいいし。どんなシュチュエーションで選んでもいいと。性的違和でなくとも、例えば冬だけ寒いのでパンツにしようかとか。ほんとに、女子はスカートでないといけないでなく、自由に選べるようにという、これがなぜ多くの学校でできないのかと思います。おかやま山陽、やったね、すごくうれしかったです。

Photo_70

2時間びっしり。良く聞いてくれました。

それから、またうれしいことが。食堂で、朝ごはんが提供されていました。ごはん、みそ汁、温泉卵、海苔、おかずは三つから自分で選べるようになって、これで200円と。家で食べられない生徒だけでなく、吹奏楽部の朝練の後や教師も喜んで食べていると。いいですねえ。写真はホームページからです。

Photo_74

更に。95周年記念で、学校のカフェができていました。学校のそばの大きな池のほとりで素敵な場所で、フランス料理のレストランです。調理科や製菓科の生徒も、アルバイトで入ったりするのだそうです。学校の食堂も、このカフェも卒業生のシェフの尽力でできていると。

Photo_72

行ってみるだけ見たのですが、写真を撮ることができなかったので、学校のホームページから頂きました。地元で大人気のカフェになっているのだそうです。今はまだ木曜日がお休みだそうですが、近い内に無休になるのだそうで、次回には私も行くことができそうです。

おかやま山陽高校へは、もう10年以上行っていますが、行く度に新しい感動があります。

校長先生はじめ、関係者の皆様、出会う度にこんにちはーと大きな声であいさつをしてくれた上級生の皆さん、よく聞いてくれた一年生の皆さん、ありがとうございました。今回も、温かい気持ちで帰ることができました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

産婦人科医のための女性保健医療セミナー

昨日の朝、ブログを書いたのですが、画像の挿入がうまくいかず、焦ってしまって。どうにも写真を載せることができないままにブログをアップして、その後、何とひどい変換間違い、誤字。慌てて直そうとしたのですが、これがブログの管理画面で直したのに、直したはずの本文がいくらやってもやっても、元のママ。いやになって、もう丸ごと削除しました。ところが、管理画面では削除されたのに、ブログ本体からは消えず。ひどい字のママのブログがいつまでたってもそのままなのです。管理画面からは昨日のブログは消えているので、修正することもできず。誤字が恥ずかしいし、結局フェイスブックは丸ごと消して、少しでも恥ずかしいのを見られるのを少なくして。もう、その後は見るのも嫌になってしまいました。すごいストレスでした。もう、ブログはやめてフェイスブックのみにしようか、それとも、ブログをどこかに引っ越ししようか、本っとに、ココログはこりごりと。

放っておいて夜。ブログを開いてみると、昨日のは消えておりました。せっかく書いたのを消したのは、確かに私です。でも、リニューアルした後のココログ、全く、ろくなものではないのです。

気持ちを切り替えて、昨日の少しでも書き直さなければ、なのですね。

私は元気です。24日に東京、四谷で「避妊教育ネットワークによる産婦人科医のための女性保健医療セミナー」でした。

毎年、この時期のセミナーに来ると、会場のそばに見事な桜並木があって、それを見るのが楽しみなのですが、今年は例年より一週間早くに開催されたので、桜はわずかでした。残念。

20193241

避妊教育ネットワークは、2005年3月に、26名の参加で立ち上げの会を行いました。それから、現在では138名もの会員と大きくなりました。

そして、この度、東京都医師会からグループ医学賞の表彰されるに至って、その表彰式で北村邦夫先生が発表した内容をみんなに披露して、これまでを振り返りました。懐かしい写真が一杯出てきましたよ。

20193242

そして、新メンバーの紹介の後、会員の近況報告として、島根の河野美江先生による「日本の学生における性暴被害経験と精神健康度」の発表。次に、東京都が中学校においてモデル授業として取り組んでいる性教育に、ネットワークのメンバーが5校中4校授業を行った、その報告でした。それぞれの先生の発表に、悲鳴に似た声が上がりました。厳しいスライドチェック。講演時間35分。これで「命のたいせつさ」を話せという、よくもまあ。

それぞれの先生方がよくまあ耐えて授業を行ったものだと、私だったら絶対に我慢できないなあと、感心しながら聞きましたよ。しかし、それはまた、東京都に「性教育はしています」と、アリバイを提供することにもなるなあと。

その後、福田和子さんの「私が、避妊や性情報「#何でないの?」プロジェクトを立ち上げた理由」。

さらに、児童養護施設一宮学園生活支援・専門室、性教協児童養護施設サークルの山口修平さんによる「児童養護施設で暮らす子どもたちの「生」と「性」」。これは、本当に大切なお話でした。単に、びっくりではなく、性虐待に遭って来た子の見つけ方、そのトラウマ・PTSDからの立ち直りなど、これからの診療にも、ワンストップセンターで向き合っている性被害の子どもたちへの対応にも、とても役に立つお話でした。丁寧に子どもたちに向き合っている、その真摯な姿に感動も覚えました。それに、学園では、私の本を使っているという、突然私の名前が出てびっくりもしました。

20193243

これら、ギューギュー詰めに勉強をした後で、参加者の記念写真撮影です。この後、意見交換会、懇親会ですね。

20193245

その後、懇親会。私は途中でぬけて、子どもたちや孫と食事。という目いっぱいの後、最終の新幹線で広島に帰りました。この食事のことは、また。新幹線、行も帰りも超満員。指定は満席、立ち席の人が一杯。私、指定を予約していて、ほんとうに良かったと思いました。そうそう、広島駅に着くと、大急ぎで走って、一番にタクシーに乗って、無事「ピアノの森」に間に合いましたよ。足、やはり新幹線はきつかったです。バンバンに腫れてしまって真っ赤。家でせっせと冷やしました。やれやれ、なかなか良くなりません。

以上、ブログの書き直しでした。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。


広島ブログ


 

| | コメント (0)

緊急避妊薬にジェネリックができました。

緊急避妊薬、ノルレボ錠にジェネリックができました。3月19日から医療機関で処方されます。

レイプされた、コンドームが破れたなどのハプニングが起きた時、72時間以内に一錠内服することで、妊娠を防ごうとするお薬です。避妊率は100%ではなく、大体85%くらいと言われています。

これまでは、とても高価でした。保険が効かなくて自由診療ですので、各医療機関によって価格は異なります。それに、初診料、再診料や消費税を付加する医療機関もあったりで、まちまちですが、大体15000円前後でした。これまで厚労省が許可していたのは、このノルレボ錠です。世界中で販売されています。

Photo

この度販売が許可されたジェネリックは、これです。

Photo_2

これも、医療機関によって価格は異なりますが、大体これまでの半分くらいの金額になるでしょう。

何度も言っていますが、そもそも日本での価格が高すぎるのです。いえ、医療機関が儲けるのではありません。もともとの仕入れ値が高いので、販売価格も高くなるのです。

もともと安い薬ですので、外国では、とても安価です。フランスの人は、「国では千円ですよ-」と嘆きました。イギリスでは、保健センターに行くと無料、でも、保健センターが休みの時などは、スーパーマーケットのドラックストアで自分で買うこともできると、その時は教育がセットされないので少し高く、それでも1500円くらいでと。

これも何度も言っているのですが、これも政治の問題です。緊急避妊の許可に反対する方たちがいます。低用量ピルも、そして子宮頸がん予防ワクチンも。性教育にも。票とお金のある人達が政治家を動かし、行政を動かしています。

その方たちの説得には、「乱用を防ぐ」という目的で値を高くしていると。そういう背景があっての値段なのですね。

昨日も、緊急避妊を求めて来たけど、値段を聞くと高くて無理と帰って行った若い子がいます。彼にお金を出してもらったらいいのですが、彼には言えないと。???です。何にも避妊の話もしないで、黙って行動だけする。やっばり私の行きつく所は、教育です。

とりあえず、ジェネリックができて、販売を許可されて、安くなるのはいい事です。お知らせまで。

今日は、私は広島市の「女性のための健康相談」に行きます。夕方からは、廿日市市の子育て事業に携わる方たちの研修の講師を務めます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「セクハラ・サバイバル」

「セクハラ・サバイバル」という本の著者を迎えてのイベントのお知らせです。

Photo_2

「セクハラは労災である」というこの事実を世に認めさせた佐藤かおりさん。この本の著者です。忘年会の二次会で始まった上司からのセクハラ。拒否すると執拗なパワハラ。

1

  労働基準監督所→労働局→労働審査会→そして行政訴訟と、一人の女性がこのような粘り強い闘いをし、国を動かした!!ということに、尊敬と感動を覚えます。広島でもこの方のお話を聴きたいと思っていました。

今と違って、当時は男社会であった大学病院の産科婦人科学教室に入った私も「Me too」であり、サバイバーでもあります。

期せずして、今回私も同席することになりましたが、多くの方に参加して頂きたいと思います。セクハラ・DV・性暴力・性犯罪・・共に考え、語り合いましょう!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大東中学校で。混合名簿、LGBTについて。

昨日は、大阪府の大東市の大東中学校の2年生、3年生170人に講演をしてきました。家からタクシー→広島駅→新大阪→大阪→京橋→住道と四回乗り換えて行きました。駅には、校長先生がピンクのネクタイをして迎えに来て下さっていました。「ピンクのネクタイで迎えに行く」ということを聞いただけで、何と面白い、柔らかい先生だろうと思っていました。

まだ公立高校の受験を控えているというこの時期に話をするという、3年生にとってはつらい事だったかもしれませんが。よく聞いてくれました。

話をしながら、アアッと気づきました。男子と女子がゴチャゴチャに座っています。ああ、これは混合名簿だと、そしてうれしくなりました。これまで行った多くの学校は、男子と女子がそれぞれの列を作っています。男子と女子がそれぞれひとかたまりになっている学校もあります。

Photo

Photo_2

映画をしている時に先生にそっと聞いてみると、やはりそうだと。それに、性別違和を抱いている生徒がいて、混合名簿が都合がいいのだと。

後、詳しく聞きました。男子の制服を着て来る女子生徒がいると。もしも、女子の制服を着たい男子生徒がいたら、それはそれでもかまいませんと、校長先生。生徒には、ちゃんと説明してあると。

ああ、すごい。この学校は、楽々と超えていると思いました。

私の話には、LGBTの話を必ず入れています。「ここに当事者がいるかもしれない。当事者を傷つけるような話は決してしない」というのが、原則です。既にそれを実行していらっしゃるのに、感動してしまいました。

この学校の校名をブログに出しても構いませんか?と尋ねました。校長先生は、かまいませんと、言って下さいました。何か言ってくる人達はいないでしょうか?と。そしたら、大丈夫です。言って来ても、ちゃんと対応します、と。校長先生は、教育委員会の人権担当課長をしていたと。その時に、〇〇会の全国から「殺すど」などと、電話がかかってきて対応したと。

ああ、それで。校長先生も学校も柔らかい!!ことの謎が解けました。生徒さんは幸せだと思います。

それに、広島出身の、それも土谷病院で生まれたというイケメンの先生もいらっして、思わず握手をしましたよ。

Photo_3
とても気持ち良く帰って来ました。 帰りの新幹線から。

Photo_4

この後7時から約束していたお2人の方に少し遅れましたが、お会いしてお話しました。これは、またお話しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNSによる被害④

私が中学生に話をする時、本当は風俗についても話をしたいけれど。これは、将来、気軽に働こうとしても、こんなリスクがあるいう事を知って欲しいし、男性に対しても、性感染症などのリスクがあるという警鐘になるので。でも、今、中学生に風俗の話はできません。何とか伝えたいと思ってるのが、こんな方法です。

「私は、今日ここで、体や性について医者らしく、科学的に教科書にある様に、きれいに話をするつもりは全くありません。私の現場で毎日起こっている悲しい話、残酷な話をいっぱいして、皆さんたちを脅してやろう、そして、少しでも性の世界から遠ざけてやろう、とそう思って来たのでもありません。

私はこう考えています。この中のほとんどの人が、まだ中学生でピンとこないかもしれないけれど、いつかはきっと性の世界に向き合う時が来る。多くの人が経験するのであれば、これだけは知っておきなさいよ、これを知らないから問題なんだと、それを話しに来ました。」

Photo

「素敵な性が実行できる素敵な大人になって欲しい」と呼びかけます。そして、素敵な性って何だろうね、と。やっぱりコミュニケーション、人間関係ですね。

でも、人間関係を作れと言ったって意味ありません。具体的に話ができないと。まるで「命の大切さ」を話すのに、「命は大切です」と何百回言ったって実感を持って受け止められないのと同じです。

びくびくしながら、警戒心を持ちながらの性も、決して素敵な性にはならないという事も。だれかに知られないかしら、親にばれたらどうしよう、妊娠しないかしら、そして「この人はどんな人なのかしら」などなど。これは、出会い系サイトでの性に起こります。今は、出会い系はなりをひそめて、替わりに「SNS、掲示板などでの出会いですね。」ここから、②で書いたことにつながって行きます。

やさしそうな人だと思ってついて行ったら、突然相手に殴られたと。殴る人、サディスト?

「密室に二人っきりになるという事は、命を危機にさらすこと。声を上げたって聞こえやしない、逃げようとしたって逃げられやしない。彼女は殴られて、けられて・・・」

「今や、男性だって、女性に殺されるような、そんな時代なのだから」

「全ての警戒心も解き放って、心まで裸にして、裸の心と心で向き合える性でこそ」

「密室に二人っきりになる」という、ここでの話から、将来、少しでも風俗でアルバイトをしようかと考えた時に思い出して欲しい。SNSで知り合って、会っただけで、「感じいいか、そうでないか」だけでついていく、そこにブレーキをかけて欲しい、そんな期待を込めて、話をしています。

私は、今週の木曜日、大阪で中学生に話をします。私の話を他の学校で聞いた校長先生が、今の学校の生徒にも聞かせたいと思ったからと、直接電話をかけてこられました。ありがたいことです。

大阪も、学内へのスマホの持ち込みを検討していると聞きました。大阪の先生方に、ぜひ私の話を聴いていただきたいですね。もし、聞きたいとの希望がありましたら、具体的に学校名や時間などをお教えしますし、その学校の許可をしていただくように私が手配いたします。

このシリーズ、長々と読んで戴いてありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNSによる被害③

スマホによる被害と、もう一つ気になるのは、若い人の性風俗でのアルバイトです。

とても厳しい両親に育てられ、その窮屈さから家を出た中学生、スマホでの「泊めてあげます」というサイトに連絡したと。そして、そこでは毎日毎日一人づつ男をあてがわれ、売春をさせられました。警察に保護されて両親の元に帰った時には、複数の性感染症にかかり、疲れ果てて、ボロボロになっていました。

援デリという、少女たちを集め、援助交際とデリバリーヘルスを兼ねた行為を行わせる風俗もあります。

ずいぶん被害に遭った子たちを診ました。強制やだましではなく、大学生になったとたん、風俗のアルバイトを始めた人。本番がないという事で気軽に入れるようです。でも、今、派遣型のヘルスは、身に危険があった時の防御法や、避妊や性感染症を防ぐ指導など、そういうシステム作りやトレーニングは全くなされていません。

私のクリニックで7カ月間だけの風俗で働いている人計22人ののデータを取ったことがあります。22人のうち、10代の少女が9人。その彼女たちのデータです。

1

22人の避妊と性感染症です。


6


4


避妊については、ピル、OCを飲むように、強力に勧めます。20人のうち、18人がOCを飲み始めました。それに、性感染症の予防のためにコンドームを使うようにと勧めるのですが、これは、建前が本番はないということになっているので、持ち歩くことができないと皆さん言います。

性感染症については、この後、梅毒にかかる人が急増。今、私のクリニックでは5人の方の治療をしました。中には、風俗に従事している人で、治療で治癒しても再感染、3回感染を繰り返した人もいます。

彼女たちは全て、スマホで管理されています。診察室で、私と話している最中に連絡が来て、私の目の前で返事をしている少女もいます。

密室に二人っきりになること、これは命を危機に晒すことなのですね。私がかかわった風俗の女性、二人が殺されました。もう一回、この項続けます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNSによる被害②

もう少し、警察庁のデータを載せますね。

Sns2
被害はいまや出会い系サイトからSNSに移っています。

そして。これが問題なのですが、児童生徒ですから、年齢は18歳未満です。

Sns6


ですから、このデータには、大学生は入っていません。

忘れてはいけません。先日の、東京の女子大生が茨城で遺体で見つかったという事件。多くの人が「どうして、あんな賢こそうな学生さんが、あんな変な男に!?」と言いました。SNSでは、このようなことが起こりうるのですね。私の現場では、どれだけあるでしょう。学生さんだけでなく、大の大人でもです。

今の中学生でも、おそらく、いつかはほとんどの人がスマホを持ち、SNSを利用するようになるでしょう。だからこそ、伝えておきたいのです。中学生に。

私は、中学生の講演で、必ずこの件についても触れます。限られた時間で沢山のことを伝えなければなりませんので、SNSについてだけ長時間をとることはできませんが。それでも、産婦人科医療の現場で起こっていることをリアルに伝えることはできます。

『アドレスをさらすという事は、メールの交換だけでは終わりません。必ず、「会おう」ということにつながります。合う目的は?これは、もう、はっきり言います。セックスです。セックスが目的なのです。若い人は、「会ってもいいじゃん」と言います。「会ってみて、感じ良かったら、ごはんぐらいおごってもらってもいいかね。カラオケくらいいってもいいかね。(カラオケも密室ですよ。カラオケでレイプされた人もいますよ。)一回くらいホテルにいってもいいかね。感じ悪かったら、黙って帰ればいいんよね。」と。

会っただけで、それも感じいいか悪いかだけで人を判断できるほど、君たちは成熟してはいません。私の年齢になって、多くの人と毎日毎日話をしていても、まだ時々患者さんに騙されることもあるくらいなのに。


一番多いのは、やはり妊娠です。妊娠が分かって相手に連絡すると、直ぐにブロックされて連絡も取れなくなった、中絶の同意書も書いてもらえないと途方に暮れる子が、これはどこの産婦人科でも起こっていることなのですね。』

その上で、ここでは書けませんが、私のクリニックで起こった例を挙げます。

今や、どこの学校でも、その被害に遭った子たちがいる時代です。そうでなくとも、今、ここにいる子たちが、将来、どんなことに遭遇するか分からない、だからこそ、今のうちに、しっかり伝えておきたいのです。まさか、うちの子が、というようなことが起こりうる時代です。安全な家庭なんて、ありません。

この項、もう少し続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNSによる被害①

私の現場では、スマホの被害が後を絶ちません。SNSで連絡を取り合って、会ったら強姦された、強姦でなくとも、避妊のない性交であった、妊娠も性感染症も心配という人も。

それも、子どものSNSによる被害が圧倒的ではあるのですが、子どもの被害だけでなく、あらゆる年齢で被害はあります。

産婦人科の現場ですから、一番多いのは、やはり妊娠。妊娠して中絶しようにも、それを告げたとたん、相手がスマホを変えて、またブロックされて連絡が取れなくなった、相手が分からない、中絶のお金がない、そ誰にも言えず一人抱え込んで悩んでいる内に、中絶ができる機会を失してしまった、産むしかないなど。

学校内にスマホの持ち込みを許そうという動きが出ています。

多くの友人が、スマホを堂々と持ってくるようになった時、買えない家庭の子はどうやって手に入れればいいのでしょう。これだけ子どもの貧困が問題になっているのに。

それに、ちゃんと子供たちに教育ができているのでしょうか?

単に、スマホの危険性だけでなく、人と人とのつながりである性教育もできていません。そんな時に、こんなに無防備に子どもたちに持たせてもいいのでしょうか?

昨年の4月に公開された警察庁のデータです。

Sns5

教育はなされていません。

SNSによる子どもたちの被害の状況です。

Sns3

では、どんな子が被害に遭っているのでしょうか?

Sns4

この項、続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧