TRSテレビ「報道特集」からのお手紙

TBSの報道特集のディレクターの方からお手紙がきました。とても丁寧なお手紙と、お貸しした本や資料が送ってきました。うれしかったので、差しさわりのない部分を転載しますね。


9月17日の報道特集については、私の9月18日からずっとブログに書いています。ここからです。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2022/09/post-439e8d.html

その後も、報道特集は、ずっと統一教会について特集をし続けています。粘り強く・・。

9月17日の報道特集に一部を写真でアップしますね。

Img_9812 Img_9813 Img_9852_20221128235801

3_20221128231401

河野美代子先生

お世話になります。TBSテレビ「報道特集」の〇〇です。
9月17日の当番組の放送にあたり、膳場キャスターや〇〇ディレクターが広島にお邪魔し、いろいろと取材させていただきありがとうございました。
(私は先生に紹介していただいた"性教協"〇〇さんらと〇〇県で取材していました)

先生にお送りいただいた貴重な本と、データの入ったUSBメモリーを返却させていただきます。ご確認下さい。

 私が初めて先生にご連絡したのは9月初めでしょうか。
先生のブログを拝見し、昔から「性教育と統一教会」について指摘され続けていたことを知り、本来やるべきマスメディアとしての責任を果たしていなかった自分たちに恥ずかしさを感じました。

放送までに時間がなく、私たちに知識がない状態での取材にご立腹されたことと存じます。大変申し訳ありませんでした。

 しかし、先生が辛抱強く指導して下さり、ご丁寧に資料を送っていただいたおかげで、日本における性教育のいびつさを、ベストなタイミングで報じることができました。

 これが、一時のブームではなく、旧統一教会によって壊されてきた様々な日本の制度をこれからも修復していかなければなりません。

継続的に報じていきたいと思いますので、これからもどうぞご指導いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

TBSテレビ「報道特集」
以下略

このことをスクープした報道に、私は心から拍手を送りました。

残念なのは、福井県でこの番組が報道されなかったこと。先日福井に泊まった時に知ったのですが、福井にはTBS系の民放がないのですね。せっかく福井県の多くの学校が校内に統一教会の信者さんに来てもらい、生徒たちに直接講演を聞かせていたことが、報道特集で明らかにされたのに、福井の人たちに知られないままであるということ。まさか、これからも同じことが続くということはないでしょうね。

まだまだこれからも、統一教会については問題が噴出することと思います。土曜日の夕方の報道特集を注目したいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

市川学園にて「わたしも被爆者です」と。

昨日は、無事市川中学三年生に話をして帰りました。今回は、スライドを駆使して、子宮頸がん予防ワクチンやLGBTQや日本の性教育や女性医療行政がゆがめられてきたこと等、しっかり話すことができました。オバマ元大統領のLGBTの若者に向けてのメッセージや、逆に日本の国会議員の性教育についてのインタビュー等の動画も見てもらいました。これらについて中学生たちがどう受け止めてくれたか、気にはなります。

二時間、スライドを使いながら話をするので、自分で写真を撮ることはできないと思ったので、その前に会場を撮りました。

Img_0913

何度もここで講演をしてきましたが、改めて立派な会場だなあと思います。音響も素晴らしいし。

後ろの方でお話しを聴いて戴いた先生たちの中に、白衣を着た方がいらっしゃいました。養護の先生かな?と思ったのですが、講演が済んで帰ろうとしていた時に、その方に声をかけられました。理事長のお連れ合いで、カウンセリングをしていると。そして、そのお話しに驚きました。私は、講演の初っ端に廃墟の中の父の姿や、被爆後の学校の写真等を見てもらいました。それを見て、思い出したものですから、と。私も広島の被爆者ですと。坂に住んでいらっしたのだと。上空を飛行機が二機回っているのを見上げて、あれなあに?と言っているところで、ぱあっと光が来たと。その後、多くの死体が並べられているのも見ましたと。黒い雨が降ってきて、この度、初めて黒い雨の降った地域にいたからと被爆者手帳を頂いたと。千葉でこんな話を聞くとは思いませんでした。

その方の手です。写真に撮らせてもらいました。

Img_0915_20221126002401

爪に「あなたに感謝さらば」と書いてあります。私は、もういつ死ぬかわかりませんから、と。「そんなことを言わないで、もっともっと生きてくださいね」とお伝えしました。カウンセリングルームはほっとるーむと名付けられています。

Img_0916_20221126002401

ネットにある理事長先生のメッセージの一部を転載させていただきます。


「・・・前略

いじめ問題が噴出している。いじめが原因とされる自殺、自殺予告など暗い悲しいニュースが連日の新聞やテレビなどで続いている。 いじめに限らず、今や悩む子供に対して家庭、学校、地域、国あらゆる部門が総力をあげ対応し、さらに抜本的・本質的解決にむけ更なる努力を続けなければならない。いわばいじめに対する救世軍活動が必要である。


当学園は毎日のクラスや授業、クラブ活動など学園生活での生徒の様子を『よく見る』ことが基本と考えている。
一方家庭と学校の緊密な連絡、信頼関係なくしていじめ問題は解決できない。何でも話し合える信頼関係が基盤となっている。


当学園では4人のカウンセラーが土曜を含め、『ほっとるーむ(本館1階北)』に駐在し、生徒、保護者の悩みの相談に対応している。 保健養護室(南館1階)では3人の養護教諭が連日生徒の体調や怪我は勿論、心の健康にも対処している。
校長、教頭、生活指導部長を中心に、クラス担任と学年主任、部活顧問、保健養護とカウンセラーが協力しあい、いじめに対しても報告、連絡、相談をスピーディに的確にし、保護者の皆さんとの連携を更に密にするよう努力している。
教師もチームとして対応し、『いじめ/悩みの総合ネットワーク』を更に強化している。特にいじめや悩みの初期段階のSOS(助けてのシグナル)を見逃さない感度と情報を持ち、いじめの芽への迅速な対応が大切である。


いじめは100%いじめる側が悪く、許容の余地は全くない。


いじめるものに対して毅然たる対応をとるとともに、人の心を傷つけることが如何に恥ずべき行為であり罪が重いか、人間はお互いに助け合って生きていることを、繰り返し教え続けねばならない。


また、いじめられる生徒には、君はオンリーワンのかけがえのない存在であること、先生と親が盾になり絶対に助けるので、恐れずなんでも言ってくること、君のことを思う人が沢山いることなど生きる根本を、教師、保護者などそれぞれの立場で説き、自らも手本を示すことが必要である。・・・以下略」

いいですねえ。このような理事長だからこそ、学校全体が明るいし、先生たちも生徒たちも生き生きしています。

素敵な学校に何度も行かせて頂いてありがたいと思います。今度は一月にもう一度行きます。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

明日のRCCを見てください。

初めに、明日のお知らせを。明日22日午後4時50分から、RCC中国放送の「いまなま」で「性暴力の被害に時効の壁」が放送されます。先日、広島地裁であった判決について。4歳から中学2年まで、実の父親の性暴力の被害にあい、その実父を訴えた女性。加害を父親が認めたものの、時効で訴えは退けられました。
 
子どもの被害については、ほかの国々は「時効の停止」をしています。子どもの頃の被害の意味をある程度大人になってから自分で理解し、改めて傷付き、怒りやくやしさを認識し、トラウマとなることも至極当然と思います。

 この判決の原告も、PTSDと診断されています。PTSDの症状がでてから時効を算定できないか、それに望みをかけたそうです。実の父親を訴えるという、とても困難なことをあえて頑張った彼女に、ネット上でも多くの激励の声が寄せられています。

 日本の性犯罪に対する刑法は、世界の潮流に大きく取り残されています。先日も、性的自立の「13才」について、書きました。子どもの被害の「時効」という観点からも、明日の番組を見てほしいです。私もインタビューを受けましたが、実際どれくらい使われるかは不明です。先日の「報道特集」の件もありますし・・。

 今日は、今度5.6年生に授業をする小学校の先生たちと打ち合わせをしました。思春期の体の変化、二次性徴だけでなく、大人に向けての心の葛藤、自立等。妊娠、出産、命の始まり、誕生についてももちろん話す予定ですが、肝心の「性交」について、語るのか否か。学校としては「指導要領」をはみ出して話すことを望まれるか否か、はっきりさせて下さいと言いました。私は、外部講師だから、指導要領をはみ出すことは認められているので、学校の希望に従います。話してもいいのか、それはやめてほしいのか。当日は、保護者の方たちにも授業を見ていただきます。これまで、小学校で授業をしたときに、あえて「性交」に触れなかったら、あとで保護者の方に「それをちゃんと話してほしかった」と言われたことがあります。

まあ、どちらにしても、動画をいっぱい使って、楽しく感動時な授業にしようと思います。

今日はまた、今週の木曜日に中学三年生にする講演のスライドを完成させて、配布資料も作って、メールで送りました。一度、彼らが中学一年生の時に話しているのですが、今度はバージョンアップさせて教えてほしいとのオファーでした。ありがたいことです。

教師になる予定の大学生に話す内容をアレンジして作りました。きっとしっかり受け止めてくれることと思います。

Photo_20221121233801

講演が続きますが、どれもいろいろと対象、テーマが違うので、準備にけっこう頭と時間を使います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

福井県、越前市、池田町。

夜、無事広島に帰ってきました。結構疲れて足がパンパンにむくんで。講演はリアルとリモートのハイブリットで。会場は、懐かしい、武生の駅のすぐそばの建物です。以前私が中学生に講演に通っていた時、駅からこの建物の中にある越前男女共同参画センターに行っていました。


今朝は宿で早くに目が覚めてしまって。またまたスライドの点検と手直しをしました。まったく、講演のぎりぎりまであたふたしました。一通り仕上げた後、今度の木曜日の講演のスライドの作りかけを頑張って作り上げました。これで一安心です。明日もう一回点検と直しをして送ります。

そうこうしているうちに、暗かった外が薄明るくなって来て。障子を開けると、まあ、美しい景色が。残念ながら雨でしたが、それはそれで、靄がかかって美しかったのです。

Img_0790

外にも出てみました。とても寒かったけれど。泊まった宿です。私は武生だと思っていたけれど、武生の隣町、池田町でした。

Img_0796 Img_0795 

Img_0797 Img_0794

忙しかった日々から離れて、こういう景色に触れると、心が洗われるような思いがしました。みんなで朝ごはん。

Img_0785 Img_0784

昨夜と同じようにごはんがすごくおいしくて。そのあと、近所のホテルに温泉に入りに行きました。ぬるぬるすべすべ、とってもいいお湯でした。温泉から出たところです。

Img_0800

さて、そこから会場へ、車で約40分。会場には20名、リモートで30名の方たちへ、幼児期から思春期、青年期に至るまでの性教育についてお話ししました。ほとんどの方が里親さんと養親さんです。

Img_0809

武生駅から列車に乗る前に、そそくさと買い物を。和紙、越前かにの雌、みずようかんなど。カニは、一匹千円なのが、今日中の賞味期限で半額になったのを買いました。

Img_0813 Img_0812 Img_0811

京都で乗り換えの間に、夫と二人分のお弁当を買いました・・。

岩本さんはじめ、里親会の方々にはほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。またあすから仕事を頑張りますよ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

性教育で伝えたいこと。

私が、統一教会を許せないと思うのは、性教育や女性の医療について、脅すことで、行動制限をしようとする、そのことなのです。「性」は、ただ、「結婚して」子どもを産むためだけのもの。そうでない性は「悪」。しかも、その独特の論理で、合同結婚式をしたカップルの間に生まれた子は祝福された子で、そうでない子はすべて生まれながらにして「原罪」・「罪」と「悪」をもって生まれた子。それを逃れるためには献金が必要でたくさん献金すればするほど、その罪はぬぐわれていくと。

彼らが多くの学校にまで入り込んで、生徒たちに直接、こんなことを吹き込んでいるのが、本当に怖いと思います。さんざん脅された生徒たちは、いったい、そこから先、どのような性意識が作られていくのでしょうか。これから先、大人になって、多くの生徒たちがパートナーとともら生きていこうとする時に、本当に力がついているのでしようか。

私は、生徒たちもいつかは、性を実行するようになるであろう。その時のために、これだけは知っておいてほしいと思うことを精一杯話します。単なる知識だけでなく、人権やパートナー間の平等など、人間関係を築く上で大切なことも。

先日、講演に行った高校から、校長先生のお礼の手紙と、生徒の感想が送られてきましたので、ご紹介します。


講演のお礼


 


深秋の候 貴殿におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。


さて、先日はご多忙中にも関わりませず、本校の生徒に対し、貴重なご講演を賜り、誠にありがとうございました。
御経験に基づいた妊娠や出産に関するお話やDVDでも出産の様子から、生徒は生命の誕生のすばらしさや命の尊さを実感したようです。また、男女の身体、性の悩み、避妊や妊娠などについて事例や具体的な数値を交えてお話しいただき、生徒にはわかりやすく印象に残ったようです。


「自分と相手の身体に責任を持って行動したい」「パートナーとしっかりコミュニケーションをとりたい」という感想が多く、自分のこととして考え、講演で得た知識をこれからの行動につなげたいという思いがうかがえました。


また「性は素敵なもの」という先生のメッセージは多くの生徒の心に残ったようです。


なお、生徒の感想文の一部を同封させていただきますので、ご覧ください。


末筆ながら、先生のご健闘と、ますますのご活躍をお祈り申し上げ、略式ながら書中をもってお礼をさせていただきます。

生徒から。一部ですみません。



  • 河野先生が性は大切なもの、素敵なものと教えてくださり、説明も分かりやすかったので納得できました。先生のクリニックには、未成年の受診が1,000人を超えていると知り、多いな、自分の周りにもいろいろなことで悩んで産婦人科に行っている人がいるのかなと初めて考えました。私が知らないだけで同じ年代でも人工中絶等してつらい思いをしているのかなとも考えました。誰かに相談された時、産婦人科へ行くように勧めたり、話を聞いてあげることもできると思うので手助けできるとよいなぁと考えました。コミュニケーションが取れてこそ最高の良い恋愛、お付き合だというのが心に残っています。私もそんな恋愛ができるように今日、先生から学んだことを生かしたいと思いました。



  • 今までは全部知っていると思い込んでいたけれど、実際に話をされると知らないことのほうが多くびっくりしてしまいました。
    僕たちの年齢になると子供ができる体になっています。たった1回と軽いノリで行為をしてしまうと妊娠してしまうことだってあり得ることです。よくニュースで妊娠させたや中絶などのことを言っているのを聞きますが、他人事ではないなと思いました。いざ自分に彼女ができ、行為をするとなったらコンドームをつけないといけないけど、妊娠しないわけではありません。なのでいかに彼女とのコミュニケーションをとることが必要なのかがわかりました。自分が行為をするようになったら、しっかり話し合って女性を傷つけることがないようにしようと思います。



  • 知っている話もあったけど、全然知らないことや初めて聞くこともたくさんあって、いい勉強になった。河野先生が言っていたように性は恥ずかしいことではないと思った。
    自分に子供ができたときは、ちゃんと教えてあげたいと思った。女性は生理があるし、妊娠もするし、男性に比べて辛い思いや悩み、痛い思いをするけど、男性にもいろんな体の悩みとかあるんだな、ってわかった。
    22+X、22+X=44+XX=女の子、22+X,22+Y=44+XY=男の子で性別が決まるってことを初めて知れて、面白いなって思った。今日学んだことをこれからの自分に生かしていこうと思う。


  • 性について、改めて考えさせられる講演会でした。一度の過ちで人生が一変してしまう、そのためにきちんと避妊をすべきだということは保健の授業でも習っていたことだけど、実際の数字を見てもっと現実的に考える必要があると思った。女性側ばかりに責任を押し付けるのではなく、男性もきちんと覚悟を決めてから行動すべきだとおっしゃっていたのが印象に残った。産む女性が苦しい思いをしなくてもすむように最後まで責任を取る男性と、困ったときにSOSを呼べる女性が増えていくといいと思った。自分も他人事だと思わずに、性について考えていくべきだと思った。望まない妊娠を増やさないためにも双方が合意の上でのことが増えていく世の中になればいいと思った。


  • 保健の授業で習ったことよりも、さらに男女の間のコミュニケーションはしっかりしないといけないんだなと改めて感じることができました。話を聞く前はじっくり考えることはありませんでしたが、聞いた後、しっかり考えて世に出回っている情報をしっかり見極めることが大切だと思いました。そして命を一つでも無駄にすることをなるべくなくせるように頑張ろうと思いました。僕が生まれてこられたように、生まれてこられない命もあると思うとぞっとしました。性行為が無理でも幸せになれる方法をたくさん考えようと思いました。


  • 男性も女性も相手のことを知っておくのが大切ということがわかりました。望まない妊娠で中絶に至る人がいる中で、法律によって中絶すらできない人もいるということが心に残っています。中絶ということもするものではないが、できなくなって育てもできないのに、産まなければならないことだってあるというのがとても胸が痛くなりました。僕たちは異性の方とお付き合いするということは責任があるということを自覚し、向き合っていかなければならないと強く思いました。 



  • 映画の出産シーンがとても印象的だった。出産するときに立ち会ったことがないから、とても臨場感があって大変だろうなと思った。血もたくさん出て、妊婦さんもきつそうだったけど、赤ちゃんが無事生まれた時の笑顔が素敵だった。河野先生のいろいろな話を聞いて、女性・男性、互いが責任をもってコミュニケーションをとることがとても大事なことなんだと分かった。その場の流れに流れるんじゃなくて、一回ちゃんと考えることが大切だと思った。



みなさん、一生懸命書いてくださってありがとうございました。励みになります。

ベランダの花が寂しくなりました。寒い中、おそらく最後のハイビスカスの花と思います。これは、昨年からベランダの簡易温室で冬を越して、また今年も咲き続けてくれたものです。もう三つつぼみはついていますが、おそらく咲けないでしょう。長い間楽しませてくれてありがとう。また、今年も温室に入れて冬越ししてもらうつもりです。冬に咲く花をべランダにおきたいのですが、なかなか見つかりません・・。

2_20221108190201



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

市川学園保護者の方たちへ話しました。

国会の衆議院議員会館から、地下鉄を乗り継いで、千葉県の市川市の市川学園に行きました。中学1年生の保護者の方たちへのお話です。

Photo_20221021135301

困難な受験をパスして、入学した子どもたち。これから6年間、この学校で過ごします。でも、そろそろ思春期の難しいとき。男の子も女の子もそれぞれ悩みを抱えていくでしょう。どんなことで悩むのか、それを知っていただくのと同時に、保護者の方たちは、どう子どもたちに向き合えばいいのか、そのヒントになればと思い、準備してきました。

この学校では、三年前からこれまでずっと中学1年生に私が講演してきました。その中で、これは保護者の方たちにも知っておいていただきたいねえ、との話になり、今回の講演が実現しました。

成長する体のこと、月経痛、子宮頸がん予防ワクチンや男の子の性器やマスターベーションの悩みなどの基本。性的マイノリティーのこと。自分の子がそうであったら、どう対応してらいいか。

 それに加えて、思春期とは、自立の過程、親に知られたくないことも出てきます。それを無理に、またはこそこそと知ろうとしても、無理。子どもは親に知られないことがあるということを認識したうえで、家庭を運営しなければならない。その上で、子どもたちには機会ある度に伝えていただきたいと。何かあったら助けるよ、と。これからあなたは生きていくときに、いろいろしんどいことがあるよ。お友達のこととか進路のこととか、どうしたらいいのかわからなくなって、死にたくなることだってあるかもしれない、そんな時にはね、ここに相談相手がいるよ。私はあなたの親なんだから、あなたに何があっても助けてあげたいと思う。どうしたらいいかわからないときには、どうしたらいいか、一緒に考えて上げることができると思う。だから、困ったときには、私に言ってね。ここに相談相手がいるよ、ということを忘れないでね、と。

 親にだけは知られたくないと、一体どれだけの若者たちが私の前で泣いたことでしょう。

そんな話を立ちっぱなしで2時間、目一杯お話ししました。

 その会場や私が話しているところなど、一枚も写真がありません・・。ギリギリに着いたのもありますが、撮り忘れました。

後で、理事長先生にお会いした時に、そのことに気づいて。私、写真撮っていません。ここで一緒に撮らせてくださいとお願いをしました。理事長先生も、はじめから最後まで私の話を聞いて下さいました。ありがたいことでした。子どもたちが笑顔で過ごすことが一番。朝、学校に暗い顔で来てはかわいそう、とおっしゃっていました。

Img_0224

創立80周年の記念品をいただきました。しおりの第三教育というのは、図書館だそうです。ここには、前にも書いたことがありますが、ものすごい図書館があります。それに、エコたわし。少しでも、若い人たちにきれいな水を残したいと、前にもいただきました。優秀な子どもたちが来る進学校ですが、こんな暖かい学校の先生方の元で過ごすことができて生徒さんは幸せなことです。できれば、孫もこんな学校に行ってもらいたいけれど・・。遠すぎます。

Img_0246_20221022161301

ここを失礼して、明日、もう少し、お話ししますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

立憲民主党のヒヤリング

昨日は、無事二つの講演を終えてちゃんと広島に帰ってきました。

午前中は国会、衆議院第二議員会館で立憲民主党の方たちへ。国会議員さんたちにはリアルで、全国の地方議員の方たちにはオンラインで配信しました。

Img_0221 Img_0222

Photo_20221021141101

ヒアリングは、私と日本教職員組合 労働局長/女性部長の西嶋保子さん。この後、立憲民主党として、文部科学省に申し入れをされるということでした。「学校教育における包括的性教育推進を求める申し入れ」。その文章の点検・論議もされました。何より一番に
1.学習指導要領における「歯止め規定」を撤廃することとなっていて、これはうれしいことでした。
2.学校教育活動全体を通じて「包括的性教育」の実践を図ること。そのための授業時間数の確保や教諭の資質向上及び負担軽減措置を推進すること。そう!!授業時間の確保もとても必要なことなのですね。まだ、3.も4.もるあのですが、まだ申し入れの前に私がすべてをばらすことはいいのかどうかわからないので、ここまでにしますが。

問題は、立憲の申し入れを文科省がどこまで真摯の受け止め、実践をされるかということでしょう。


それから、議論、質疑応答のところで、ある議員さんが、若者の性行動は、貧困と関係があると。コンドームを母親が与えても、なくなって、それをお金がなくて買うことができず、結局ないままにして、妊娠するのだと。

私は即座に「違います!!」と言いました。10代の女性の性の相手は、圧倒的に社会人であると私は最初にデータを見て戴いたのに、いったい何だったのかと思いました。それに、貧しい子が行動するというのではなくって。私が養子縁組のお世話をすることになった少女たちの多くは、経済的にもしっかりした家庭の子が多いのです。貧困で性を売る人もないことはないけれど、それは私のところでは全体の1%。経済的に貧しかろうが、豊かであろうが、若者全体に教育がなされていない、それが一番の問題だと思っています。

それから、私たち産婦人科医の世界では、当然となっている「子宮頸がん予防ワクチン」について。これ根が深いと思いました。これだけ「もっとも安全なワクチン」と言われ、世界中でうたれ、いくつもの国で「子宮頸がん克服宣言」がなされていることなのに。いまだに国会議員さんの中で、危険なワクチンと思っている人がいることに愕然としました。中でも、名古屋スタディは、名古屋市立大学の鈴木教授などが、ちゃんとした論文になさっていること。それを「ワクチンを受けた人は元々・・・」「受けなかった人は元々・・・」という言い方をされたのにはびっくり。もし、そんなバイアスがかかっているのなら、そもそも論文として認められないし。それに、論文に対して異議があるのなら、論文で議論すべきことと思います。それにしても、これは本当に根が深いことです。でも、性教育と同じように女性医療行政が世界の中でとっても貧しい状況にあることを、国会議員としてどう考えられるのか、知りたいことと思いました。そもそも、ワクチンについては、私は発表も用意していた動画もすべてしていませんでしたので、はなしてもいないのに、そこで一方的にワクチンのことを言われても・・。私は、次の本来の千葉での講演があるので、長い時間をとることはできず、仕方がありませんでした。

Photo_20221021145601

いささか、物足りない思いをしながら、でも、千葉迄行かなければならないので、急げ急げで国会を後にしました。電車を乗り継いで、市川に行きました。続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

東京で二つの講演です。

おはようございます。東京です。昨夜診療後新幹線で遅くに来ました。飛行機と違って気持ちは楽だけど、4時間。やはり長くかかります。新幹線の中では、ずっとスライド作りをしていました。

真っ青な空です。

Img_0216

 いろいろとあったけれど、今日午前中に立憲民主党の方たちに40分話をすることになりました。国会の議員会館で、国会議員の方たちにリアルで、あとは全国の地方議員の方たちにリモートで、というハイブリッドで行います。私としては、今、一番の問題は文科省と思ってて、歯止め規定を早くなくしてほしいのです。中学までは性交を教えない。性交という言葉を使わないで性感染症を教えよという、まったくもっておかしな規定です。


 性教育の基本は、学校で、先生たちが生徒ときちんと向き合うこと。外部講師を呼んで話をさせれば、それで性教育をした気になっているようではだめなのです。先生たちがちゃんとできるようにするには、この歯止め規定を早く外さないと。

 現場が今のような状態だから、「性教育」と称して、統一教会の信者が、学校現場に入り込んで、統一教会の教義そのものの話を生徒たちにするようになってしまっているのです。今、私にわかっているだけで、北陸、関西、関東、中部地方の8都道府県に及んでいます。

 2020年の日本思春期学会では、市民公開講座で、統一教会の信者が、12000人に講演をしたと発表をしています。

 内容も分かっています。ひどいものです。もう、昔のことになったエイズ患者さんのひどい写真を見せて、「セックスをするとこんなになります」と脅しをかける。そのうえでの禁欲を説きます。生徒たちには何の力にもなりません。

 そもそも、学校の先生たちが、「統一教会の人だとは知らなかった」と言われますが、この内容を聞いておかしいと思わないのが、おかしいこと。先生たちの性教育についての力がなくなっているとしか思えません。

これは、統一教会、文鮮明氏の中学生向けの教材です。赤ちゃんを生めない女性は半分不具者なのですって。絶句してしまいます。信者さんの中には、不妊の人もいるでしょうに。

Img_0113

 そんな話をします。もちろん、これまで私が集めている国会の場での議員の発言の動画なども見ていただきます。統一教会の問題は、その票とお金で議員を動かし、行政を動かしていること。そのために教育現場や女性医療行政が世界の中で一体どれだけ遅れをとっているのか、そうだと思います。今日の私の話で少しでも政治が動けばいいのですが。

 午後は、市川学園の中学一年生の保護者の方たちにお話しをします。思春期の子どもの保護者の方たちに力をつけてもらうこと。二つの話、頑張りましょう。これから、ちょっとスライドに目を通して、出発です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (1)

2006年の中国新聞社説

今日は午前は取材、午後は電話当番でした。

急に寒くなって。これからあちこち行くのに、服装を考えないといけませんね。


クリニックでは、休診で見てくれる人もいないままにハイビスカスがきれいに咲いています。つぼみがまだたくさんついているのだけれど、寒くてもちゃんと咲いてくれるかしら。今日は水と共に液肥も上げました。大切にしますよ。

Img_0041

今日も古い資料を探していて見つけました。2006年、まだバッシングがきつい頃、私の裁判の真っただ中での中国新聞の社説です。

21_20221006184501 22_20221006184501


ありがたいことです。社会があんな時にこんな社説を書いて下さるなんて。どなたか存じませんが、本当にありがとうございます。

でも、考えてみれば。今の社説としても全く違和感がありません。ということは、あれから16年、性教育を取り巻く状況は変わらないということでもあります。まったく・・。世の中、本当に悲しすぎます。

こんなに時が経って、今になってあの頃のことを検証する動きがある事、全然予想もしないことでしたが、歓迎です。出来るだけ協力しようと思います。いろいろな資料、本当にとって置いてよかったです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

浜田さんの記事と今月の講演予定です。

いろいろと取材して頂いていますが、ジャーナリストの浜田敬子さんの記事が出ましたので、お知らせしますね。精力的に取材し、骨太の力作と思います。

【「なぜ女性が妊娠するか」を学校で教えない…日本の性教育を世界最悪にした原因は旧統一教会にある】

元はプレジテント-オンラインで。大見出しに続いて「メディアが宗教右派の存在を報じてこなかった理由」と続いています。

https://president.jp/articles/-/62150?page=4

これをヤフーニュースも取り上げて。

https://news.yahoo.co.jp/articles/722abfa45f79db5da2d6b8569a5e0514d2cc27d5

それぞれにコメントも寄せられていますが。色々で面白いです。色々な考えの人がいます。全ての人を納得させるのは難しい。でも、私の講演を聴いて下されば納得してもらう自信はあるのですが。診療しながらですので、休診日にしか講演はできないのが残念です。



今月10日午後2時から大阪ドーンセンター有田芳生さんと。私は第二部でお話します。


13日(木)には北海道帯広で高校生にお話します。

20日(木)は千葉・市川で中学生の保護者の方たちにお話します。

27日(木)は岡山・倉敷で高校生にお話します。

行き帰りに時間がかかるので大変ですが、でも、診療に穴をあけることなく、工夫します。

ところで、今少しずつ体重を落としています。ゆっくり。お昼ご飯をほとんどお弁当持って行きます。ほとんど前の晩の残り物です。

Img_9467_20221003235101 Img_9526 Img_9569 Img_9625_20221003235101 Img_9632

今二キロ落ちたのですが、はて?体のどこの肉が落ちたのか、さっぱり分かりません。どこも変わってないような・・。一体何キロ落ちたら自分でも分かるようになるのでしょうかねえ。これも頑張ろっ!!とは思うのですが。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (1)

より以前の記事一覧