ソフトバンクのお店で「謝れ!!」と言いました。

昨日は、ブログを書くことができませんでした。パソコンもiPadも動かなくなって。初めは、おかしいなあで焦りました。iPadで撮った写真がパソコンに送れない、フェイスブックも写真が見られない。うん?ついに、iPadが満杯になってしまったのかと、ほとんど使っていないアプリを消したり、メールをいっばい消したり。とうとう朝ブログを書くのは諦めざるを得ず。

 仕事をしながら、パソコンで講演の配布資料を送ろうとしたら、これも送れません。パソコンが動きません。おっかしいなあ。これは、きっとWi-Fiルーターだと思い至りました。ルーターは先週初めに機種変更をしました。それまでと同じ設定で。だから、使用制限はなし、無制限のオプションです。でも、どう考えても、これは制限がかかっていると思いました。

 で、お昼休み、他にすべきことをして、Y-mobileのお店、これは本通りのソフトバンクのお店ですが、そこに行きました。初めに対応してくれた店員さん。購入した時の店員さんとは異なります。その人に話をしたかったのだけれど。まず、「私が話を聞きます」と。私の話を聞くなり、「無制限といっても、三日で10ギガを超えると、制限がかかります」と。「えっ、そんなことは聞いていない」。「でも、そうなのだから」と。「契約の時に契約書は全部読んだけれど、そんなことは一つも書いてなかった、説明もなかった」と。「これはオプションだから、4年前のはじめの機種を買う時のその契約書に書いてあります。だから、その契約書をもってきてください。そしたら、ここに書いてあると指摘してあげます」と。「これまでもそうだったから、それですっとやってきたはずです。」と。この人、すっごく偉そうで、上から目線で、私の本人確認のために出したパスポート(免許証は車の中に置くようにしているので、パスポートで代用しています)をしげしげと、関係ないところの迄めくって見るし、挟んでいる書類まで読むし。

「契約は、確かに無制限になっています。だから、月に7ギガ越えても、制限されません。でも、三日で10ギガを超えると制限される、それはそうなのですからね」と、譲りません。でも、私は、ずっとそれで来たといっても、一度もそんなことにはなったことはないし、昨日も一昨日もそんなに異なった使い方はしていません。新幹線の中では、新幹線のWi-Fiを使っていましたし。でも、うん?私は引っ掛かりました。「7ギガ?」私のルーターは、「7ギガ」で真っ赤なグラフが出ていました。これ、7ギガを超えると警告があったと思うけれど、もしかして、無制限になっていないのではないですか?と。そんなことはありません。ちゃんと無制限で契約してありますと。

「では、どうしたらいいのですか?三日ので引っ掛かったとしたら、どうしたらそれが解除されるのですか?」途方にくれそうです。その店員さん、それは、あなたがどんな使い方をしたのか、私にはわかりませんから。とにかく、このままで様子を見るしかないですよと。でも、私のルーターをもって、あれこれ何人かで話をしています。

 そしたら、中の一人、購入する時の店員さんが、私の機種を持って(みんなマスクをしているし、同じ黒いスーツなのでわからなかったのですが、初めからそばにいたのでしょうか。)お世話になりますと私のところに来ました。だから、私、「あなた、私に三日で10ギガって言った?」といいました。そしたら、「いえ、これまでの使用量を見て、月に20ギガくらいだから、大丈夫と思って言いませんでした」といいました。「ほら、私は聞いていないよ」と。

でも、これで大丈夫です。この設定のここがこれまで標準仕様になっていて、月に7ギガで制限がかかっていましたと。でも、これでアドバンス使用になっていますから。これで使えると思います。と。「なっているって!?いつからなったの?はじめっから、無制限の契約をしていたのに、機種の初めの設定がそうなっていなかったってこと?」「はい、私がこれでいいと思っていたのでが、ここがその設定になっていませんでした。でも、これで無制限になりましたから。」というのです。

「では、三日10ギガの縛りで、動かなかったのではないのですね。ほら、設定が無制限になっていないのではないかって私はきたのに、三日だ三日だとばかり言って。はじめっから、そうなっていなかったってことですね。私、パソコンは動かないし、大変だったのに。あやまれ!!」といいました。

困った私がおかしいと言ってきたのだから、それは、おかしいですね、調べてみましょうと言ってくれていたら、私はそこまで腹を立てなかったでしょう。でも、すぐから、三日三日とはなからそれだけで。ろくに私の言うことは聞いてくれなかったその対応にすっかり怒ってしまいました。今も、あの対応ははらが立っています。まあ、今はスマホばかりの対応で、ルーターの購入等という人は少ないのでしょうが。でも、お客に対しての対応、あの男の冷たい顔で言い放つあの顔は、身震いするほどいや。そろそろスマホに変えようかとも思っていたのだけれど、私はぜったいにソフトバンクには行きません。あんな対応をされるのでは、こりごりです。

クリニックに帰ってパソコンで送れなかった配布資料を送ると、すぐに、まさに瞬時といえるほどに送ることができました。ホッとしました。

 そんなことで。診療をおえると、韓国語の教室で、それがすむと夜10時からのハチドリ舎での「ウーマンラッシュアワー村本」さんのライブに行ったし。帰るともうすぐに日が変わりました。ライブについては、また。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

名古屋ドームにて東方神起のコンサート

昨日は、日帰りで名古屋に行ってきました。朝10時に家を出て、夜11時半に帰ってきました。いえ、今回は仕事ではありません。純粋に一人での遊びというか、癒しというか・・。

実は、名古屋ドームでの東方神起のコンサートに一人で行ってきました。今回はドームツアーてしたので、広島には来てくれませんでした。福岡のヤフオクドームや大阪の京セラドームは、日程が合わず。仕方なく、遠いのですが名古屋まで行くことになりました。東方神起のコンサートに行くのは、まだ5人の時の2004年の6月。二人になってから2014年6月、その後二人とも兵役から帰ってきて2017年12月に福岡ドームへ。そして、2018年10月に広島で。今回5回目です。

名古屋ドームは、2年少し前にカープの試合を観にいったことがあります。その時、前夜に投げたにもにも関わらず、黒田さんが、もくもくと外野をランニングしていて、感激したものです。名古屋駅よりだいぶ遠いところにあります。

会場に入る前にグッズ売り場へ。トラック二台の写真です。ああ、やっぱりドキドキしますね。

2-3_20200113132501 3-3

グッズは高価ですが、すごい勢いで売れています。

5-2_20200113132501 4-3_20200113132501

買う物を買って会場に入ります。

1-3_20200113132501

中は広く、高く、5階まであります。私は二階のスタンド席。写真禁止なので、始まる前だけ、まだ皆さん入り切っていないうちに。トイレも大行列でした。

7_20200113134501 8_20200113134601

3万人ははいっているでしょう。これが、土・日・月の三日間、満員なのです・・。

コンサート、午後4時きっかりに始まりました。はじめと、途中、所どころで流される映像は、今回は全部英語で作られていました。子どもたちがバンドに興味を持ち、歌を作ったり、楽器の練習をしていたり。それを東方神起の二人が応援していたら、子どもたちの親が怒って連れ帰ります。残された二人の子どもたちだけで、演奏の練習を続けます。そして、ついに、舞台で公演・・多くの大人たちが聞きに来てくれて・・。

東方神起は、今回15周年です。その間に、とても大変な出来事があり、結局二人になりました。それらを彷彿とさせる映像でした。

変わらず、歌は力強く、ハーモニーも美しく、ダンスも本当にキレッキレで、何度か感涙でした。広大な会場を縦横無尽に動く舞台、二人が代わる代わる近くまで来てくれます。真っ暗な中で、聴衆が持つペンライトが揺れるさま、本当に写真に撮りたかった・・・ですが。

生演奏も、ダンスも、そして、たくさんのスタッフ、多くの方たちの尽力でこのコンサートが作られていることをまた、実感しました。

今日は、ちょっと感動を引きずって、まだボウッとしていますが、これからまだ続く講演の準備でこもります。また明日、名古屋の台湾ラーメンや帰りに苦労して買った駅弁のことなどを少し続けますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

飛行機内での映画三昧と機内食

羽田からバンコクの飛行機は日本航空。6時間50分もの間どう過ごすか、iPadに本を入れておいて、それを読もうとしましたが、一人ずつの座席にテレビが設置されていて、それで自由に映画やテレビ番組を録画したものがみられました。映画も、最新作がずらり。

いろいろと見ましたが、久々に映画で泣いてしまったのも。

なかでも、「ピーナッツバター・ファルコン」は、2019年8月に上映公開されたアメリカの作品。ダウン症で施設で暮らす青年の夢は、プロレス。ファンのとても強いプロレスラーが主催する養成学校に入ること。ある日、施設を脱走。不運でならずもので、大切な漁師のものを盗んで人に追われる男性と出会い、夢を実現させるべく共に旅をする、その物語です。ダウン所の青年の演技も素晴らしく、ほんとうにハラハラドキドキしながら、熱中して見てしまいました。

 もう一本は、「運び屋」。クリント・イーストウッド監督・主演の渋い映画でした。ユリを栽培し、新種をいくつも作り出しては表彰され続け、仕事ばかりに熱中して家族を帰り見ず、経済的にも行き詰った男性が、ひょんなことから麻薬の運び屋になります。誰も,90歳の老人が車で大量の麻薬を運ぶなどと考えず、だから、必死の捜索をかいくぐって運び続けます。警察と麻薬の犯罪組織両方から、追う者と追われる者のストーリーだけでなく、家族の愛に泣かせられました。見ごたえがありました。

 もう一つ。「最高の人生の見つけ方」。吉永小百合と天海祐希の二人の主催で日本でヒットした映画、これはアメリカ映画のリメイクなのですが、それも、それからその元になったアメリカのジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの主演の映画、両方ありましたので、元のアメリカ映画方を見ました。がんで死を宣告された二人が、死ぬまでにしたいことを全部しようではないかと。様々な冒険をします。それは、楽しく、悲しく・・。

こんなにまとめて映画を見ることができるなんて、ほんとうに贅沢な時間を過ごせたと、大満足でした。

機内食もなかなかでしたよ。行きは、私はタイのイエローカレーを、姉はすき焼き丼を選びました。帰りは、私は焼きそばを、姉はやはりお肉を選びました。行きも帰りも、そのあとにハーゲンダッツのアイスクリーム、しばらくして、菓子パンと飲み物も出ましたよ。

1_20200107080903 2_20200107080902

孫には、子ども用。事前にアンケートがあって、子ども用と頼んでありましたので。いろいろと心遣いがきめ細かで、楽しい旅を飽くことなく過ごすことができ、感謝です。

さて、長々と続けましだか、これでタイの報告は終わります。読んでいただいてありがとうございました。

今日は、診療後東京に向かいます。明日、千葉の市川市の中学1.2年生に性教育のお話をします。今、中学生に知っていてほしいことを凝縮してしっかり話すつもりです。中学生だけでなく、性教育に携わる方たちにも聞いて頂きたいなあと思っています。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

バンコクの花、蘭が一杯でした。

いつまでもバンコクの話が続きますが。タイは、さすがに南国。至るところに花・それもランがあふれてています。まず空港で預けた荷物を取るところ。こんなところに花が飾ってあるのを見たのは初めてです。

1_20200107081001

ホテルに入るとすぐのところ。つい手で触って本物だ!と。

4_20200107081001

入口から出て、船着き場に行く途中の道にも、ラン。

3_20200107081001

プールの入口には池があってそこにはいろいろな色のスイレンが咲いています。

5_20200107081001

そのプール。孫が泳ぐのをのんびり見ていて。

1_20200107080901

体が冷えたので、一休み。私も幸せなひと時でした。

2_20200107080901

そういえば、スマホはやはり街中でも電車の中でも皆さん日本並みですが。このプールサイドでのんびりしている殆どの白人は、スマホではなく本を読んでいました。

帰る日の朝ごはんはまだ暗くイルミネーションが灯っている中で。

1_20200107080902

とてもいいホテルでしたが、何しろ、バンコクのどこにもトイレにウォシュレットがありませんでした。これは情けないですね。水道の蛇口をひねるといつでも水が飲めて、トイレではウォシュレットがあるという、日本は改めてありがたいことだと思いました。

往復はJALでしたが、行きは広島空港で荷物は一気にバンコクまで運ばれると。帰りは、羽田でいったん荷物を取って、また広島便で預ける必要がありました。年始の混む中で、時間がかかって大変でした。

もう一度、明日に続きます。バンコクのことではなく、飛行機、機内食や映画についてご報告です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

バンコクでニューハーフショーを観る

タイに行ってから、姉が「ニューハーフショー」を見てみたいといいました。言い出しっぺは姉です。息子が、それならと、アジアティークにあると。そこに食事に行ったときに予約をしました。こどもは何歳?7歳と言うと大人と同じ入場料だそうです。こどもは入ってはいけないとは言われませんでした。食事がついたのとか、伝統舞踊も一緒のとか、いろいろとあるけれど、シンプルなのを選びました。当日は、予約もしているし、のんびりと、会場の15分前に行くと、すさまじいことになっていました。入口の前の通りは、ギュウギュウ詰めの大混乱。すごい人です。実は、バンコクについてから、ホテルでもモールでも、ほとんど日本語を聞くことはなかったのですが、ここでは日本語がずいぶんと飛び交っていました。

会場に入ると、こんな雰囲気。私たちもテーブル席に案内され、そこで好みのドリンクが一杯ずつ提供されました。

1_20200106083501

そのうち、会場は超満員です。定員は550人ほど。

2_20200106083501

ショーは立派なものでした。美しい人たちが入れ替わり立ち代わり、歌も踊りもとても高度でそれはそれは、宝塚の舞台を見ているようでしたよ。

昔、広島でも、ラブちゃんがやっていたショーが、それは楽しくって、よく行っていました。ラブちゃんとは彼がまだ18歳の時からの約40年の付き合いです。まだそのころは、日本では性別的合手術などは許されておらず、手術はしなくとも、女性になった人たちがそれは美しいショーを展開していました。中には、フィリピンから来た人たちで、手術もしている人もいましたが。私の患者さんでも、性別的合手術をタイで受けている人もたくさんいて、本場のニューハーフの人たちのことにとても興味はありました。

 でも、孫も一緒です。ママが、孫にニューハーフのことをどう説明しようかと困ってしまってと言いました。でも、ママなりの一通りの説明をしたと。その説明を聞いて、私が補充です。体は男に生まれても、私は女だと思う人がいてね、それはとてもつらいことなのよね。だから、その人たちは治療をして、女の体になるのと。ばあばは、そんな人たちの治療もしているよ、と。そしたら、「こんなのはどう?体は女の人で男になるっていうのはないの?」と。「いるよ。体は女の人が男になるのも、治療しているよ」と。そうなんだ、両方あるんだと納得したようですが。でも、表の看板を見て「女としか思えん」といいます。それは、元は男の人だったけど、もう女の人になっているんだからと説明しました。

GID、性同一性障害の人は、早くから自分のからだに違和感を持ち、広島でも、小学校に入学するときから、別の性で入学したいという人のことを複数知っています。そのような場合、学校としてそれをきちんと受け入れと頂かないといけません。その受け入れは、回りの子どもたちにもちゃんと説明して受け入れるようにということも含みます。私は、もう、孫も一年生だから、そういう人もいるよということを知らせたほうがいいと思いました。ママとばあばの説明で分かったのかどうなのか、孫も、くいいる様に見ておりました。

4_20200106083501 7_20200106083501

露出はさほどではなく、宝塚のラインダンスくらいまでです。それくらいなら、この頃は陸上の選手でも、そんな恰好で走っていますので、全然違和感はありません。ただただ洗練されて、美しい。相当な訓練でしょう。中には日本舞踊(これはコミカルにしていました)、韓国の扇の舞なども。それから、「私は正しい」「あなたが間違っている」というようなプラカードをいろいな言語でもっているシーンや、「自由って何?」とか、今の軍事政権に対してのデモンストレーション?と思わせるシーンもありました。

6_20200106083501 10_20200106083601 11_20200106083601

夢のようなショーが終わると、通路では、出演者の人たちと写真をと撮ってもいいと。その時には、100バーツ(約400円)のチップを渡します。撮影は大人気です。姉母娘です。

8_20200106083601

このショーが始まって30周年なのだそう。その看板の前で。孫が不思議そうに見ています。「おっぱいにボール入れてるの」と。

9_20200106083601

以上、本場タイでのニューハーフショーでした。ただ、ニューハーフという言葉は、日本で作られた言葉。タイでは、ニューハーフでは通じません。それから、ほとんどの性別変更した人は、ふつうの職場で普通に仕事をして、ふつうに生活しています。その人たちの中で、ショーや踊りに興味のある人がこうして訓練して、ショーをしているのだということも当たり前ですが、付け加えておきますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

タイシルク、ジム・トンプソンの家

1月3日。タイ滞在四日目は、午前中は息子一家はプールで泳いだりして、そのあとみんなでお出かけ。やはりホテルから船で出て、今度は船着き場から電車に乗り、「ジム・トンプソンの家」に行きました。

ジム・トンプソンは、タイシルクを育て、世界にその名を広めた人です。1906年生まれのもともとはアメリカ人の建築家でした。第二次世界大戦で軍人としてタイに派遣され、終戦を迎えます。その後もタイ・バンコクに居続けました。彼は、それまでタイの家内工業であったシルクの手織りに興味を持ち、デザイナーとしてそして染色家としてその普及に没頭、プリント模様のシルクを生み出しました。

ジム・トンプソンの家は、タイのチーク材で作られた100年から200年以上たった古い家6軒を集めて作られました。裏は川が流れていて、そこに今も、行っているときも船が通っていました。その向こう側にはイスラムの人たちが住んでおり、そのイスラムの人たちにも絹の手織りを教えたそうです。今も、おそらくイスラムの人たちがい続けているのでしょう、コーランが流れてきましたので。

この家には、タイだけでなく、アジアの様々な骨とう品が集められていました。私たちは、日本人向けのガイドさんの話を聞きました。途中からすべてのバッグもカメラもロッカーに預けさせられました。だから、中の写真はありません。で、彼はこの家で絹のチェックなどの仕事も生活もしていました。

家のついてすぐのところには女性がまゆを煮て、糸を取っています。

1_20200104012701 2_20200104012701

別の女性が糸を紡いでいます。これらが孫はとても興味があるようで、座り込んでみていました。

3_20200104012701 4_20200104012701 5_20200104012801 8_20200104012801

日本語のガイドさんです。まだガイドを初めて間がないそうで、たどたどしくも、一所懸命教えてくれましたよ。

9_20200104012801 10_20200104012801

家の裏を流れている川です。ここの渡し船で絹を受け取ったそうです。

11_20200104012801

そのジム・トンプソンは1967年、マレーシアに行っていて、謎の失踪。それっきり、今も手掛かりもないそうです。今、この家は民間の博物館として、友人たちの手で運営され、その収益金は(入場料は高価です)バンコクの盲学校のために使われているそうです。

その後、息子一家と分かれた私と姉母娘はやっぱり、帰りの列車を乗り間違えて、戻って乗り直し。でも、なんとか無事に船着き場まで行き、船に乗ってホテルに帰りつきました。着く直前の船から見た風景です。この船にはすっかりお世話になりました。

12_20200104012901

そうそう、タイシルクはとても高価で、ブラウスの一枚も買いたいと思って行きましたがその値を見てすっかり戸惑って。結局、記念に私のショールと夫のネクタイとハンカチを買いました。

明日、ではない、もう今日でした、朝早くに空港に行き、今日中に広島に帰ります。多分、夜遅くになるでしょう。


 


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

バンコク3日目、お寺巡りです。

バンコク4日目です。まったくテレビは見ないし(いつもなら、広告が明けまして「おめでとうございます」と言ったり、ニュースでどこの初もうで客が何人だったとか、皇居がどうとか、それにお雑煮やお節も食べたりするのですが、それらが全くなくって、お正月という気分はありません。

そういえば、孫にお年玉を渡すのも忘れています!!これはいけない、今日渡しましょう。

バンコク3日目の昨日は、お寺で超国宝のエメラルドブッダを見たり、旧王宮を見たり、そして、46メートルという巨大な寝釈迦仏を見たり、そして孫のプールをのんびり眺めたり、昨日は足マッサージをしてもらったり。夜は、カニやエビなどの海鮮料理。そのあとはニューハーフショーを見に行ったり。なんともまた充実しておりました。

しかし、すごい人。そのうえ暑くてすっかり陽に焼けてしまいました。

寺院に行くには、ホテルから無料の船。中継所で今度は有料の公共船に乗ります。一人約80円。面白いのは、従業員が笛で船長(?)さんに知らせること。鳥が鳴くように「この停留所?には降りる人はいません」とか、「みんな降りました。これから乗ります」とか、「完了、出発O.K.」とかなのでしょう。

寺院の豪華さには、圧倒されました。

31 32 37

象が守っていたり、みんなでヨッコラショと重い塔を支えていたり。

35 36_20200103090501

エメラルドブッダ内は撮影禁止なので、残念。多くの人がお供えをして、お参りをしています。これは、タイの人だけが許されると。私たちは、立ったまま、手を合わせました。

真剣にお参りしている孫は、何をお願いしたの?に、クリスマスでもらったボール状のゲーム?とても難しいのですが、それをクリアできますように、と祈ったのだそうです。

お寺のすぐそばに旧王宮があります。すぐそばなんだと言ったら、息子が王様のお寺みたいなものだからねと。そっか。

旧王宮です。庭も含めて、敷地も巨大。

310

もう、暑くて暑くて、足もしんどくて、ジュースを飲みながら少し休憩後、寝釈迦仏のお寺まで歩いていたら、孫がトイレと。で、息子がトゥクトゥクを停めました。そしたら、その運転手さん、6人、みんな乗れ!!と。ええっ?三人ずつ二台のつもりが、なんと。みんなでひゃーひゃー笑いながら、くっつきもっつきで乗りました。ふと後ろを見ると、むくつけき男たちがこれもギューギューで足なんぞがはみ出したりして乗っていましたよ。

寝釈迦仏は、写真O.K.でした。とにかく巨大。やさしいお顔。

312_20200103090601 314_20200103090601 313_20200103090601

これは、足の裏です。すごい螺鈿でした。

315

今度は、延々と行列を待って、渡し船に乗り(これは一人16円)、別のお寺に行きましたが、ここはもうくたびれて、外観だけ。

316_20200103090601

それにしても、仏教国タイのお寺にはほんとうに驚きましたし、多くの人々のお参りする姿にも、なるほどと思わされました。

また、明日に続きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

バンコク二日目です。

バンコクでとても楽しく過ごしています。何が楽しいかって。まず、交通です。船とトゥクトゥク。ホテルは川に面していて、船がメインの交通手段です。

ホテル二日目の朝ごはん。川を見ながら外でいただきました。

1_20200102091801

出かける時はこんな道を通って、船着き場に行きます。鳥たちが聞いたこともない声で鳴いています。

2_20200102091801 3_20200102091801

この船がホテルの船。もちろん無料です。途中で乗り換えて、新しいモールに行きました。そのお店の船ですので、これも無料です。時々、しぶきがかかります。川が生活の手段になっているのでしょう。

4_20200102091801 6_20200102091901

ショッピングモールは、ブランドものから伝統的もの、民芸品など、それに屋台風から高級レストランまでたくさんのお店があります。上から見たところです。

9_20200102091901

息子たちは、タイに詳しく、それにグルメで、今度の食事はどのお店で何を食べるということもきちんと調べていて、すべてお任せです。

お昼ご飯はこのモールのこんなお店で、こんな物を食べました。おっきなエビ。卵に包まれた中には、焼きそば風のパスタです。これにピーナッツの粉や好みで唐辛子の粉とかナンプラーをかけていただきます。野菜は焼きそばに混ぜたり、手づかみでも。エビも手づかみでワイルドです。

13_20200102092001 7_20200102092001
8_20200102092001

ホテルに帰って、お昼は孫がプール。それをうとうととしながらのんびり眺めたり、そして、タイマッサージへ。90分しっかりマッサージしてもらって、日本円で約1800円。安いし上手で大満足です。

そのあと、お出かけは今度はトゥクトゥクという三輪車のタクシーで。バイクの感覚でぶっ飛ばします。風がとても気持ちいい。

14-2

また続きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。タイ、バンコクの夜明けです。昨日、羽田から6時間50分のフライトで無事やってきました。日本より2時間遅く新年が明けました。ホテルは大きな川沿いの31階です。外は暑くて、Tシャツ一枚でも汗が出ます。ホテルの中は冷房で寒いほどだし、調節がなかなかです。

3-2_20200101083801

昨夜は、新年が明けると同時にドーンと大きな花火が上がり、くぎ付けで見続けました。

1_20200101083902

息子夫妻はタイにとても詳しくて、空港にはジャンボタクシーを予約していてくれたし、ホテルの予約も近くのタイ料理のお店も全部予約していてくれました。私たちはついていくだけです。

部屋は娘がこれなくなったので、こんな広い部屋に私一人です。なんか落ち着かなくって、花火の興奮もあって、眠れませんでした。ウェルカムフルーツと、ウェルカムの手紙とともに象さんのプレゼントがおいてありました。

1_20200101083901 3_20200101083901
4_20200101083901

今日は、仏像を見にお寺に行くのかと思ったら、お寺のほとんどは1月1日はお休みなのだそうです。どこに行くのか息子たち任せです。ホテルから街中に行くのには、この川を船で行くのだそうです。

ゆっくりのんびりしながら、いろいろと考えようと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

羽田への飛行機の中でブログを書いています。

お早うございます。羽田への飛行機の中です。朝5時半に家を出て、霧の中広島空港まで来ました。空港もまだ真っ暗。

C5108e1950a64890878b5dd03d939dbf 

姉母娘と一緒です。夫は飛行機が嫌だと同行しません。羽田で息子家族と合流します。この度は、タイ・バンコクに行って来ます。明日娘が追いかけてくることになっていたのですが、なんと、今になってインフルエンザだと。39度の熱で苦しんでいると連絡がありました。仕方がありません。娘はキャンセルです。私と二人で泊まる部屋は、一人寂しく泊まることになります。

 

ひ昨夜、すべての仕事を終えました。報告書は広島市にメールで送りましたし、レセプトもすべて終了。部屋の片付けもいい加減ですがしたし。ゆーぽっぽにも行きましたよ。しばしの別れの夫のリクエストでした。ここのところ、凄まじいスケジュールでした。タイでのんびりしてきます。マッサージが安いのだそうです。

富士山が見えてきました。

 

5517c82644844f5fa6d37fe8db7b23c6

 

また、タイからご報告しますね。

河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1)

より以前の記事一覧