フードバンクあいあいねっとに感謝します。

フェイスブックでは少しお話したのですが。もうすぐ出産の妊婦さんがいます。田舎から出てきて、一人暮らし。男とはもう切れていて、連絡も尽きません。田舎の両親との折り合いは悪く、連絡は全くしていません。アルバイトで生活していましたが、妊娠してお腹が大きくなって仕事が出来ません。初めて受診した時にはもう中絶は不可能でした。彼女は生活が出来ないので、生活保護を受けられるように、私のところに連れて来た、相談機関の人が役場に連れて行ってくださいました。何回か窓口に行ってやっと生保を受け付けてもらった時は、彼女の手持ちのお金が1万円になっていました。その時点で役場から当方にも電話がありました。「生保の申請がされましたが、許可がでるのに二週間かかります。その間受診をした時、支払いは生保の保留にしておいてください」と。医療費は私は何とでもしますがそれ以上に、一万円で二週間。生活できるのでしょうか。

 私が少し愚痴を言ったフェイスブックを見た友人が、ニュースで見たと、「フードバンク」のことを教えて下さいました。

さっそく私がフードバンクに電話して彼女の窮状を訴えました。そしたら、電話で話を聴いて下さった方が、ひどく心配して下さいました。そして、すぐに荷物を作って発送します明日には届きますと。

 そして今日、彼女から荷物が届いたとラインがありました。お手紙つきです。

Img_8369

こんなに。

Img_8370
彼女のラインには、これで二週間持ちますと。本当にありがとうございますと。誰一人援助してくれる知り合いがいないところで、一人ボッチでさぞ不安なことと思います。そんな時にこんな食料が届いたことは、多いに力を付けることになったでしょう。

私の電話一本で、何の難しいことも言わず、書類の一枚も求めず、即座に食料を送って下さったフードバンクの方たち。その行動力のすごさ。
私は尋ねました。その資金はどうなさっているのですかと。寄付を募っていますと。

一方の行政です。やっと申請できて、家庭訪問に来られた時に、もう一万円しかありませんと言ったら、それで何とか二週間つなぐようにと言われたと。即座に行動しなければ、明日の命をつなぐことさえできないような方たちには、行政はまず何もしてくれないと考えた方がよさそうです。

そういえば、やはり困った妊婦さんに、河野のクリニックに行けば、ただで診てもらえるし、交通費も出してくれるでしょうから、行って見なさいと言った行政の方もありました。仕方ないので、私は自腹で診療費を出しましたし、交通費も渡しました。でも、おかしい。私は困っている人があればそれはボランティアと思って何とかしますが、行政にボランティアをもとめられるとそれは違うと思います。

なんにも言わず即座に食料を送って下さったフードバンクの方には、深く深く感謝申し上げます。同時に、三万円の貯金があれば生活保護は申請できない、全部使ってから申請に来なさいと言ってのけた、そしてやっと申請を受け付けたら、そこからさらにお金が出るまでには二週間かかるという、そんな行政には立腹しています。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

村下孝蔵さんの特集番組「色褪せぬ歌2022」

5月29日日曜日の午後6時から、RCCラジオで村下孝蔵さんの特番があることを知って、手帳に書いてずっと楽しみにしていました。その時間にフェイスブックにも書いて皆さんにお知らせしました。というのも、中四国のネット番組ですが、今はラジコがあるので全国どこの人でも聞くことができるからと思って。


もう亡くなって23年。RCCではここのところ中断もあったみたいですが、毎年村下さんの命日が近いこの時期に特番の放送をしてきたと。パーソナリティは西田篤史さんと田口麻衣さん。西田さんは、村下孝蔵さんとずっと交流があり、というより、存命中にずっと一緒に活動して来た方。親しかったからこその数々のエピソードがたくさん語られました。

 聞き始めて、あれえと思ったのは、まず西田さんの声。考えれば、私はここ最近の西田さんの声を聴いていませんでした。若い頃の軽快なしゃべり。番組でご一緒してお話したこともあり、ずっとそのイメージだったのですが。何ととても素敵なしぶいお声になっていました。そうですよね、私が年取ったのと一緒に、西田さんも年を重ね、もう素敵なおじ様。少し低音というか太い落ち着いた声でのしゃべりでした。



 曲を流しながら語られる多くのエピソードは、初めて知ることばかり。

 それに番組の終盤に、西田さんが「書いて来たものを読みます」と長文を読まれました。きっと、しゃべりでは途中話せなくなるかもと、自分で危惧して、あらかじめ書いて来られたのでしょうか。読みながら、やはり泣き出して読めなくなることも。実はこの毎年の特別番組の台本を書いていたのは、名切勝則さんだったと。別名一文字弥太郎さん。放送作家であり、覆面のラジオキャスターで、広島では人気者でした。その名切さんが、今年の2月に亡くなったこと。西田さんは語られませんでしたが、新型コロナによる肺炎で亡くなったことは、ここにお子様が書かれています。

https://www.irigancoffee.com/gourmet/

これまでと、何か違うと思われた方がいらっしゃるかもしれませんと西田さんは語られましたが。村下孝蔵さんの追悼の番組を書いていた方、その生き生きとした様子を具体的に語られましたが、今度はその方の追悼を語らなければならないとは、西田さんも本当にしんどいことだったでしょう。

二時間、じっとじっと聞き続けました。何曲も聞きましたが、やはりもう少し沢山歌を聞きたかったですね。ゲストのお二人。ずっと村下さんと一緒にギターを弾いていて、彼がリハーサル中具合が悪くなったステージにもいた方のお話はよかったのですが、さだまさしさんのお話は長すぎましたね。もう少し短く話を切り上げたなら、もう一曲、西田さんも言っていた名曲と言われる「少女」でも流すことが出来たのにと少し残念でした。だって、後半は村下孝蔵さんのことよりもさだまさしさんの活動を重点的に話していたのですもの。

番組が終わってもずっと村下孝蔵さんが胸に残っていて。CDをかけ続けています。何年たっても歌は新鮮で、胸を打ちます。

素敵な番組をありがとうございました。来年もまた期待しています。聞きたい方、ラジコのタイムフリーで聞けると思います。

それから、ゆうこさんと露菜さんのブログ「雪待月」が昨年7月から更新されていないのもとても気になります。ひどく傷ついていらっしゃるようで・・。

追悼の白い花を私のスマホの写真帳から探しました。世羅の花です。豪華でなくてすみません。6月24日村下孝蔵さんの命日です。合掌。

Photo_20220531015801


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

姉の傘寿のお祝い

今日、5月29日は姉の誕生日でした。79歳。傘寿のお祝いです。家族と私たち夫婦が集まりました。車で行くと姉の子どもや孫の若い人達が準備をしています。

Img_8019

準備が出来上がって、みんなが次々とプレゼント。私からはUCHINOのガーゼのワンピースとズボンのセット。色は赤。かわいくしてほしくて。

Img_8020

Img_8042_20220529223301

プレゼントの一つは傘寿のちゃんちゃんこと帽子。黄色です。かわいい。

Img_8028

皆でカンパーイ。

Img_8031

お弁当は熊野の緑やさん。相変わらず、ごちそうです。姉もよく食べました。私達は半分以上残して持ち帰り。晩ご飯にしました。

Img_8035

ケーキはネットで頼んだのだそうです。静岡のケーキやさんから冷凍で贈って来たのだと。姉そっくり。すごい時代になったものです。

Img_8048 Img_8057

食事も終わって記念撮影。

元の家族三人からこんなに増えています。義兄は還暦の後に亡くなってます。

Img_8065

私達も入って。

Img_8071

姉にいくつになった?と聞くと、19歳と言ったので爆笑。ニコニコと楽しく過ごして、ぼけてても幸せだと痛感しました。甥たちは大変でしょうが、出来るだけ長く生きてほしいと思います。楽しそうな家族の姿に接して、私もこれからは少しのんびり楽しく過ごそうと思いました。いやなこと、つらいことはしない。楽しいことをする。もう、そんな歳ですもの。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

阿武町のこと。

山口県阿武町の誤送金の問題、かなりの金額が町に戻って来て、急展開の様相です。私は、はじめっから、なんかおかしいねえと思っていました。確かに戻さないといった若者の問題はあったとしても、銀行はこれだけ振り込め詐欺の警戒がされている中で、町に対して、この振り込みは大丈夫ですか?という戻しをしなかったのでしょう。このことで、銀行が何一つコメントも出さないのは気になります。

 それに、そもそも間違ったのは町であるにも関わらず、かなり一方的に若者を悪者攻撃する口調が気になりました。

 町が間違ったことが分かった時に、彼に対して、「大変ご迷惑おかけしました。申し訳ございません。」と、ちゃんと平身低頭してお詫びする姿勢で対応したのだろうかと。間違ったのだからさっさと返せ、という高圧的な態度ではなかったのだろうかとか。母親まで連れて職場に乗り込んだというこの事実は、彼が気分を悪くした原因となったのではないだろうか。と。

そもそも行政というのは自分たちの間違いを認めて謝罪するということにとても抵抗がある様です。

 私の体験。これは額も小さいのですが、車の税金が二重に払われていたので、返済します、という通知が来ました。これはラッキーと思って、戻してもらいました。その時は丁度車を買い替えた時で、車の販売業者の方でいろいろな税と一緒に払われていたのを、私も払ってしまって二重になったのだと思ったのです。手数料など結構な金額を業者の方にお渡ししていたものですから。その中に車税も入っていたのだと思ったのです。

間違いなのをしめしめと思ったわけではありません。

 それからしばらくして、県税の事務所から連絡がありました。返済したのは間違いだったと。だから、そのお金は返して下さいと。何だそうなのですか。謝罪も何にもありませんよ。ただ返せと。どうやって返すか、ここに持って来てもらうのが一番早いだけれど、と。

 私は、「もし私が返すのは嫌だと言ったらどうなりますか?」と、つい意地悪く聞いたのですね。そしたら、大きな声で、怒られましたね。「そんなことを言うなら、あなたが二回払ったことを証明してもらわないといけません。」と。怒られて、私は仕事の時間を縫って、直接払いに行きましたよ。

 でも、後でたら考えたら、一度も謝ってもらうことがなかったなあと。私が脱税していたのを諫められて、しぶしぶ収めに行ったみたいなそんな気になりましたよ。

 まあ彼にとって降ってわいたような出来事で、結局は罪人になってしまうようだけれど、これからの人生を少しでも豊かに暮らすことが出来ます様に。かなり顔も名前も知られてしまったので、今後罪を償っても仕事をする場を見つけるのはかなり困難になるでしょう。それが心配です。

ベランダのハイビスカス、小さい丈なのに一度に三輪も咲きましたよ!!

Img_7956


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「アルジャーノンに花束を」

昨日は診療後市民劇場の「アルジャーノンに花束を」を観に行きました。

ここのところ夜はいつも講習を受けに行ったり、ズームの研修を受けたり、相談の当番だったり、ズーム会議だったりで、少々しんどい思いをしていました。今回の市民劇場は、劇団「昴」の見ごたえのある演劇ということで、期待していました。しかも、今回の席はアステールプラザの大ホール、前から4番目の真ん中といううれしい位置でした。

Img_7996_20220524225501

小学生並みの知能しかない知的障がい者が主人公。いろいろな差別やつらい思いをしながらも、心優しいチャーリー。ある日彼は強く望んで実験台になり、手術を受けます。どんどん知能が伸び、ついにIQ185という天才に。外国語を操り、自分をテーマにした医学論文を書き、ビアノも作曲も。しかし、知能は伸びても、恋愛や感情はそのままで。さらに自分の前に手術を受けたハツカネズミ、アルジャーノンの行く末を見た彼は、自分自身のこれから先の運命をも理解します。

悲しく重いテーマでした。どんどん知的障がい者となっていく姉のことがずっと頭にあって。

この頃診療の中で思うのです。「性の多様性」と言われるけれど。そのままでいい。あるがままでいい。多様性を認めてと。実際はそうではなくって。そのままではなく、高額で手術を受け、望む性となるためにどれだけの苦労をしなければならないか。そのままで、望む性を名乗ってもいいではないかと。体を変えたい人は変えてもいいけど、違う性となるためには、今は手術は強制です。


「性」だけでなく、この演劇で語られた知的レベルもあるがままでいいじゃない。知能が高い人が幸せか、でも、知能が低い人は憐れまれたり、差別されたり。

 まあいろいろなことが胸に渦舞いて。もう少し知らなければと思って本も買いました。

Img_7997

少しずつ読んでいます。終わりまで読むと、またもう少し違った感想を感じるかもしれません。

今日の診療後は明日の従業員の給料作りをしました。いつも夫が来てくれて一緒に作ります。それがすむとお楽しみ。どこかで一緒にご飯を食べます。今日は「のんた寿司」。私はいつもの梅酒のソーダを一杯。今月も無事給料が払える、カンパーイと。

Img_7994

あすからまた来月の給料を貯めます。その次は、給料と、恐怖のボーナス!!です。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

正岡産婦人科のお庭。

今日、急用があって正岡産婦人科に行きました。玄関の横に庭があって、「ご自由に観覧下さい」と書いてありましたので、ちょっと入らせて戴きました。バラか満開で、それはそれは美しくて。良い香と小鳥の声。別世界にいるのかと思いました。

Img_7940 Img_7941

待合室からこのお庭が見えるようになっているのですね。産婦人科に行くのはハードルが高いと言われます。ドキドキしながら来る人もいるでしょう。そんな人もこのお庭に癒されることでしょう。正岡先生によると、季節ごとにいろいろな花を咲かせて患者さんに見て頂いているのだと。バラは5月いっぱい楽しめるそうです。

 正岡産婦人科には足下にも及びませんが。私もベランダのお花を育てるの、頑張ろうと思いました。今日は、クリニックに出勤すると、無事冬越ししたハイビスカスが一度に二個も咲いていました。奥のアマリリスが、二つの花をつけているのに触発されたのでしょうか。次にひらきそうなつぼみも控えています。もううれしくて。

Img_7939

このベランダを見た患者さんが帰りに近くのお花屋さんに寄って、当院に届けるようにと注文して、プレゼントして下さいました。「寄せ鉢」です。

Img_7922

お礼のお電話をすると「きれいにしていらっして。トイレにもお花を飾られて。」と言って下さったので、本当にうれしかったです。今度来られた時にも見ていただけるように、しっかり育てておきますので、とお礼を申し上げました。

 チューリップは枯れていた茎と葉を取り除きました。もうすぐ球根を掘り起こして、次に朝顔の種を蒔きます。壁いっぱいに蔓をはやしてくれ毎日いくつかの花咲かしてくれると、これはうれしいと思います。それがすんだらコスモスと、次々と想像が膨らみます。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

花道連盟展

昨日お昼休みにそごうでの花道展に行きました。最終日にやっとです。たくさんの人でした。

Img_7884

 10の流派の方たち合同の花道連盟展です。私は学生時代、中国新聞文化教室や個人の先生などについて、お花を習いに行っていましたが、いつも池坊でした。後は、妹が通っていた草月とか、今、私のクリニックにお花を活けて下さっている青野さんの嵯峨御流くらいしか流派は知りません。ずいぶんいろいろな流派があるのですね。

さすがに見ごたえがありました。撮影が禁じられていませんでしたのでありがたかったです。

青野さんの嵯峨御流。青野さんに説明して頂いて、アッでした。ウクライナの国旗だそうです。

Img_7877

これは水盤に日本庭園が造られていました。

Img_7873_20220517075701

ここからは、他の流派の方たちの作品です。

Img_7882 Img_7876


Img_7879 Img_7880 Img_7878


仕事から離れて、美しいものをじっくり眺めることが出来て、一息つきました。ありがとうございました。なぜか昨日は疲れてて早くに眠くなってしまって。パソコンを開くこともなくいつの間にか寝ておりました。

今日は、学会の応募の締め切り日。久々に産婦人科学会に正統派の演題を出してみようと思っています。今日中に準備が出来れば、ですが。頑張ってみましょう。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

遊布恋さんの花ふきん

 遊布恋さん作の花ふきんです。美しい。細かくチクチクと、どれだけ時間をかけて作られたことでしょう。もうもったいなくて。どう使おうか飾っておこうか、考えています。

1_20220509231401

同封されている文章もアップしますね。

2_20220509231402

見えにくいので、文章を転載しますね。

  花ふきん

竜飛岬を目指した旅の途中、岩手、秋田、青森と途中下車して、北国の人たちの手仕事の見事さに圧倒された思い出が花ふきんを作らせました。その時、出会った刺し子やこぎん刺しの作家さんが、花ふきんの由来を語って下さったのです。

 昔、嫁ぐ娘に持たせるために、長い時間をかけて作りためておくものだった。嫁ぐ先は大家族が当たり前の時代だったから、それぞれのお膳にふきんをかけて。間違えないように区別する役目があったという。その花ふきんは、水をくぐるほどに刺し糸の色がうっすらとにじみ出て、白いふきんが淡い刺し糸の色に染まっていく。「早く婚家の色に染まりますように」との実家の母親の願いを潜ませたのもであったという。

 たかがふきん、されど・・・。ゆったりと穏やかな笑顔でたゆみなく動いていた手仕事の妙。絶やしてはならないとの願いを込めてのささやかな手仕事です。

      あんてぃーく・あとりえ
        遊 布 恋

やはり飾っておくのでなく水をくぐらせてみたくなりました。大変な手がかかったものをありがとうございます。大切にいたします。

 手仕事。そういえば、もう長い間編み物をしていません。パンも焼いていません。何かしなければ・・。

 私の関心事の一つ。ベランダの花たちのアマリリスの一鉢。花がきれいに咲いてふと気づきました。花の後からもう一つ茎が出ていました。つぼみもつけています。

Photo_20220509234301

 一鉢から二本の花。きっと鉢の土の中で、子どもの球根が出来たのでしょう。花が終わって、葉も枯れる頃に堀り起して二つの鉢に分けようと思います。それにしても、チューリップの葉がみすぼらしいですね。球根堀り上げるまで、もう少しの辛抱です。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ハイビスカス、冬を越して咲きました。

クリニックのベランダのハイビスカスが咲きました。

5_20220507004601

昨年、たくさん咲いて楽しませてくれた3鉢のうちの一つ。冬越しはベランダでは絶対ダメて、でも室内で十分明るい陽が当たる場所はないしで、苦し紛れに簡易温室を置いてその中で冬越しをしました。

水と肥料だけは与え続けても、葉は枯れて来るしで、心配でした。ネットで、室外に出すのは最低温度12度以上になってからというのを見ていてタイミングを見ていました。先日やっと外に出したのですが、小さなつぼみを三つつけていました。外に出してからが早かったです。

6_20220507004701

4_20220507004601

ひっそりと咲いているのを見て、もう、健気でかわいくて、感激しました。生き残ってくれた!!後2鉢のハイビスカスはまだ温室の扉を開いた状態で中に置いています。これらはだめかもしれません。枯れた葉と茎の間から少し青い芽が出てきているので、まだあきらめずに見ています。

チューリップの葉が見苦しいですが、今花が終わって球根を太らせている所。もう少し葉が枯れたら球根を掘り出します。

いつもフラワーフェスティバルの最終日に花の塔の鉢の配布があるのを楽しみにしていました。ここでもらってそれらもベランダで育てようと思っていたのに、今年は配布なしだと。昨日朝、塔から鉢を降ろしていらっしゃいましたが、それらの大量の花たちはどうなったのでしょう。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ゴールデンウイークいろいろ。

コールデンウィーク、フラワーフェスティバルは何にもないのに平和公園は人でいっぱいです。でも、花たちはきれい。バラ園です。

Img_7545

わが家のマンションの住民の方が植えたサクランボ、すっかり赤くなっています。

Img_7543 

Img_7532_20220504145301

私も少し戴きました。

クリニックに来て仕事をしています。レセプトは終わりました。ベランダの花たちの世話と、頂いたタケノコを東京の友人にクールで送ったり、ポケットWi-Fiの解約、それから急患の診察、その上で一週間後の講演の準備です。

Img_7530

そごうの北海道展、お弁当の晩御飯。

Img_7436

そして、カニやさんで買った大きい冷凍ニシン。カズノコがどっさり入っているのを、そのままで焼いてと言われたので。

Img_7535

何とお腹のカズノコがすごい。この大きさのが裏表で二本も入っています。少しのお醤油で戴きました。それは美味でした。安くしてもらって700円ちょっとでこのカズノコの量なのですから。もう一度買おうと思って行ったら、残念売り切れでした。

Img_7537

味噌ラーメン。美味。どうしてこんなにおいしいのかと考えたら、振りかけてあるのが焦がしたニンニクの粉でした。そのための味だと思います。


Img_7562

北海道展も明日で終わりです。

昨日と違って今日のカープは冴えないです。明日はどうでしょう。明日は行くのですが。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧