日本一醜い親への手紙そんな親なら捨てちゃえば?

別府にいます。明日が義母の49日の法要ですので、その準備に来ました。徳山から竹田津までフェリーに乗って、午前1時前には到着しました。フェリーに乗る前に下松のSAで晩御飯。夫は貝汁定食、私はカツカレー。夫の方がバランスがいいですね。私は野菜が足らないので、こがし玉ねぎのスープを買って飲みました。

1_2 2

フェリーの中で2時間本を読みました。アマゾンから着いたばかりの本です。家についてからも、ほとんど寝ないで読みました。
2_2
あまりに壮絶で。裏表紙の帯に書かれている(初めにの一部です)のを転載します。

『「本書は、親から虐待された方々から「親への手紙」を公募し、100名分を収録したものです。同様の本を、1997年に「日本一醜い親への手紙」(メディアワークス)として発表しました。その数年前、母への感謝の手紙を収録した『日本一短い「母」への手紙』が200万部の大ベストセラーになっていました。一見美しい感謝の手紙を読むにつけ、僕は違和感を覚えたのです。「なぜこの本の読者は子どもに感謝を求めるのだろう」と。

子ども視点で虐待を語る人はまだ少なく、逆に10歳の子どもに親への感謝を強いる「2分の1成人式」をやりたがる親が増え、虐待される側の声に耳を傾けません。20年待っても、多くの市民が本気で子ども虐待という深刻な社会的課題を根本的に解決したがらない。その現実を前に「本当にそれでいいの?」と問いかけたくて、本書を企画しました。』

本当にすさまじい虐待の手記。でも、選者の解説で救われます。自らも実父からの壮絶な性虐待を受けた東小雪さん。元タカラジェンヌ、LGBTアクティビストの「壮絶な痛みと苦しみを経て」、その一部を。

『どのような種類の虐待であっても、大切な人から大切な時期に大切に扱われない経験は、人間を深く傷つけ、人生を通じて生きづらさを残すのです。「なぜ子どもを虐待してはいけないのか?」という、ごく当たり前のことを、全ての大人たちにしっかり理解してほしいと、切に願います。

 手紙の筆者の中には、親と決別して自分の人生を歩き始めた人も、今なおすさまじい苦しみの渦中にいる人もいらっしゃいました。もし私にお伝えできることがあるとすれば、それは「今、どんなカオスな状況にいる人でも、生きていれば必ず自分の生きる力を取り戻すことができる」ということです。これは信じてほしいと思います。
(略)
しかし、「身体が怪我をしたら治療するように、心も傷を負ったら手当が必要」と教えて下さったカウンセラーと出会い、長期にわたって専門のカウンセリングを受け、私は生きる力を取り戻すことができました。
(略))
今、苦しみ続けている方も、絶対に死なないでほしいと思います。絶対に、とは言えないかもしれません。できれば死なないで、生きていてほしいと思います。ほんとうに必要な、適切な「治療」が受けられれば、そして親以外の人から愛情を受け取る機会に恵まれれば、人はきっと生きる力を取り戻せるのです。これは本当なんです。親からボコボコにされた人は、回復するのに時間が必要なのは当たり前です。必要な時間をかけて、人にも迷惑をかけながら、何とかサバイブしてほしいと思います。それだけで本当に十分だと思います。

人間は、人の役に立つことで幸せを感じられるようなので、いつか何かの形で社会の中で働けるようになったら、幸せを感じて健康になれるのではないかと思います。ただし、一足飛びには無理なので、人と比べず、自分を責めないで休みながら治療につながることが一番大事だと思います。大切なのは今日死なないことです。』

一部しか紹介できませんが、多くの方に読んで戴きたい本です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲一泊二日の旅⑤

おはようございます。山口県徳山です。大分に行くとき、時間が合えば、この徳山から大分の国東半島竹田津に着くフェリーに乗ります。その海が左に見えます。


Photo

度々来る徳山ですが、泊まるのはめったにありません。昨夜、結局新幹線で来ました。のぞみで21分。なんと速いことよ、いつも車で一生懸命来るのは何なのかと思いました。そして、徳山市内での懇親会に出ました。久しぶりに会う方たちと楽しくおいしくおしゃべりをしました。今日は、性教協中国ブロックのセミナーです。10時から、広島サークルとして、城さんの小学校での授業、中島さんのカウンセラーが行う高校の教師対象の職員研修、そして私からは臨床の場からの報告、三人でLGBTについての研修をします。準備、ばっちりです。

出雲での最終の報告です。堀川めぐりの船を降りて、歩いて出雲そばを食べに行きました。途中、こんなお家がありました。

8

うーん、県庁所在地に原発があるのは島根だけです。『事故の時、「安定ヨウ素剤」は県庁にて入手可!』と書いてあります。これをいつも目にしながらの日常なのですね。

お蕎麦屋さんでは、それぞれが好きなお蕎麦と、他に赤貝の煮物、かき揚げ、マイタケの天ぷらなどをみんなでつつき合いながら、また沢山おしゃべりしながらたらふく頂きました。

Photo_2
この出雲のたった一泊の旅でしたが、よく食べ、よく笑いました。初めにも書きましたが、これも亡き両親のおかげですねえ。こんな楽しい機会は今度はいつ来るのでしょう・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲一泊二日の旅④

玉造で一泊してチェックアウトした後、雨の中向かったのは国宝に指定された松江城です。雨だからでしょうか、人は少なかったです。

22

21
最上階まで、木製の狭く急な階段を私はぜいぜいはあはあ言いながら上がりました。孫は喜んでスイスイです。階段大好き、走るの大好きという子です。負けますねえ。

2_2 3

途中いろいろな展示物を見ながら。ちなみに、城内はカメラO.K.。ご自由に撮影下さいだそうです。最上階からは宍道湖が見えます。雨でかすんで残念。お天気が良かったら、大山まできれいに見えるそうです。

4_2

お城から出たら、今度は堀川めぐりです。船に乗って、お城の周囲を回ります。船にはこたつが。船頭さんのお話やドジョウ掬いの安来節を聞いたりしながらゆったりと景色を楽しみました。

4
沢山の橋の下をくぐりますが、橋が低い所に行くと、屋根が下がります。私たちは、頭をこたつにくっつけて低くします。これが面白いのですね。

2_4

1_3

船から見たお城です。川には沢山の水鳥がいて餌をとっています。日本海の水も入っていて、魚も豊富なお堀だそうです。

3_2

船を降りると、出雲そばをたべに行きました。もう一日かかります。ダラダラとすみません。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲一泊二日の旅③

玉造温泉。湯質がとても良くって、体がつるつるになります。以前泊って従業員の方たちの感じがよかった所をじゃらんで予約をしました。これは、朝、雨の中で撮った写真です。


2

総勢9人。夕飯は個室にして下さっていました。


3

ひゃー、ごちそう。ズワイガニ、出雲牛のしゃぶしゃぶ、ウナギ、金目の煮つけなどなど。

4

5

食べきれませんが、そこは若い男たちが助けてくれました。

温泉には私は三回入りましたが、甥は六回だって。孫と一緒のお風呂は楽しかったですよ。夜10時頃から私たちの部屋で宴会です。夫はソファでダウンしていました。

6

孫には寝転んで本を読んであげたり読んでもらったり。私が読んだのはかぐや姫、孫が読んでくれたのは舌切り雀です。でも、とうとうダウンです。お土産のオルゴールを持ったまま眠りました。

Photo_2 Photo_3

次の日は国宝松江城に行きました。明日もう一日御報告をさせて下さいね。お堀の船がとても楽しかったのです。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲一泊二日の旅②

息子や孫たちと行ったフォーゲルパーク、花と鳥たちの楽しい所です。ぜひ孫を連れて行きたいと思っていました。


26

体育館よりもうんと広い温室の中で、真冬でも沢山の花が咲き乱れています。管理がほんとうに大変だろうと思います。ちょうど行ってすぐに広場でのフクロウやみみずくたちのショーがありました。鳥たちがお客さんの頭すれすれに飛んだり、客が投げたエサをキャッチしたりします。


15


8

ショーの後は、長いエスカレーターに乗って山に上がります。そこには鳥たちがたくさん。
11

9

10

24
餌を上げたり、手に乗せたり。私が写真を撮っていると、突然アイパッドに飛んできてびっくりさせられたり。モヒカンみたいな頭の鳥です。

12
沢山の美しい鳥たちに孫も大喜びで、でも少し怖くて自分の腕に乗せたり、餌をあげたりはまだできませんでした。

25 16


19 20
21 23


6
しっかり楽しんだ後は、姉たちが先に行っている玉造温泉に向かいました。もう少しご報告が続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲一泊二日の旅①

1月7.8の一泊二日で行った出雲旅行。とても楽しかったので、少しご報告をさせて下さいね。息子一家は、その前日から出雲に入っていて、大社や日御碕灯台に行ったと。私たちは、大学一年生で若葉マークの甥の二女と私の二台に三人ずつ乗って、連ねて行きました。

私の先導で、後ろに気を付けながら。出発して一気に高野の道の駅へ。ここには雪が残っていました。雪に喜ぶ姉です。一体いくつ?


1_3
ここで一休みして、あとはノンストップで出雲へ。一畑電鉄の雲州平田駅で息子たちと合流。すぐそばの金光教の教会へ。そこでお祭りをしていただきました。私たちの参加は9人です。

2_2


祭壇の前での祝詞、みんなが玉串をささげました。孫も神妙に。その後はお墓の前で祝詞を上げて頂きました。

3_2

その後は教会の二階でみんなで楽しく会話をしながら、食事をしました。ビールやお酒は運転しない人だけです。

4

その後は、姉一家は、そのまま玉造温泉へ。私たちはフォーゲルパークへ。お花と鳥を観に行きました。これは、私のアイパッドのセルフタイマーで撮りました。初めてですが、うまく撮れました。

5

ここでは、きれいなお花、珍しい鳥たちと十分に遊びましたよ。鳥の数々を明日、お見せしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬も食わない話で。

今日は朝から喧嘩です。あまり夫婦喧嘩は書くべきではないかもしれないけれど。昨日は遅くまでクリニックにいて片付けることをできるだけして、でもまだ終わらないままに帰宅。この日はゆーぽっぼに行くというので、9時に出発して帰り12時半。今日は、大分に向けて出発をできるだけ早くと言います。できれば午前中の内にと。

では、四十九日の往復はがきは年明けになりますよ、というと、それは年内に出したいと。年賀状でも、今回の喪中はがきでも、全部私の仕事。四十九日のはがきも「作って」の一言で。

早く出ようというのは、暗くなる前に到着した方がと。私が運転するのに、暗くなる前の方がという意味かと思ったら、なんと。

「早く行かないと、姉貴たちが墓掃除をやってしまう、あとで、全部もう済ませたからと言われるのは嫌だ」と。

四十九日の引き出物も見本に男女用一つずつ買って持って行って姉貴に見てもらうと。後であれこれ言われるのは嫌だからと。どうしろって言うのよ。あれもしろ、これもしろって。だったら、それを自分で買いに行って下さい。あれもこれも私はできん。

これまでお母さんがお母さんがって、お母さんが亡くなったら今度は姉貴が姉貴がって。もっと、どっしりしてたらいいじゃないの。そんなに早く早くって言うのだったら、あなたが先に新幹線で行きなさいよ。車だと、今から出ても、5時間かかるんよ。

気分悪いままにクリニックに来ました。そして、あえて電話で、「往復はがき買って来て」と言いました。そしたら郵便局は開いているのかな?だって。今まだ平日ですよ、と言いましたが、私、ちょっと夫を甘やかしすぎたかも、と思いました。すっかり世事に疎い人になってしまって。だから、コンビニにも売ってるよ、とは言いませんでした。

今から急いで往復はがきを作ります。

すみません。犬も食わない話になって。

気分直しに(自分のです)釜山の写真を。一泊した後の朝ごはん。ホテルの裏の済州屋のアワビがゆとウニのスープ。何度来てもおいしくて。

Img_3507

ウニとわかめがたっぷりのウニのスープは二人分を分けて戴きました。それでも多すぎるくらい。まだまだ珍道中のお話があります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラセブンの四人の珍道中終わりました。

今日はクリスマスですね。夜はブログやフェイスブック仲間の忘年会があります。楽しみです。

昨夜無事広島に帰って来ました。無事は無事でしたが、なんともまあ珍道中で、笑いの絶えない旅でした。ほぼアラウンドセブンティの4人です。不測の事態に備えてしっかり保険にも入っておきました。ケガや病気になった時だけでなく、行方不明になった時の捜索費用まで無制限でついているの。幸い保険を使うこともなく済みました。

ロッテホテルの豪華なクリスマスツリーの前での四人です。


Img_3480


チャガルチ市場の超ごちそうもご報告があるのですが。昨日帰る日の空港からのお話です。

まず、カウンターで登場手続きをし、荷物を預けました。一人がチケットがないないと大騒ぎの時にも「大丈夫ですよ」と係りのお兄さんは、優しく言って待って下さいました。ところが、無事預けて、私が借りていたWi-Fiを返しに行こうとしていると、優しいお兄さんが私の所に飛んできました。「河野美代子さん、名前を呼ばれました。一緒に来て下さい」と。走るようにして別室に行くと、そこは荷物の点検をしている所でした。不信があった荷物の持ち主が呼ばれて、荷物を開けて、チェックされていました。ひっくり返すように荷物の全部を調べられている人もいます。

私、はて、何がいけなかったのかな?思い当たりません。パソコンを入れていて、それのことかな?と思ったのですが。チャック付きの小さなバッグに携帯やポケットWi-Fiやバッテリーの充電用のコードと、ポケットWi-Fiを入れていました。それを警戒されたようです。考えてみると、コードとポケットWi-Fiで、まるで時限爆弾のようでもあります。それを引っ張りだして、それのみをもう一度機械に通されてO.K.でした。

それから、今度は中に入る時の手荷物の検査で、娘の依頼とお土産用に沢山買っていたチョコパイの形のハンドクリームも不信を持たれて荷物を開けられました。チョコパイのようですが、これはハンドクリームですと説明をし、しげしげとみられてO.K.でした。一緒に行っていた一人はブーツを脱がされました。

以前は全然そんなことがなかった空港の警戒は、今、とても厳しくなっていると感じました。

そして、いよいよ中に入って、もっと大変。私は中でやっているフットマッサージとネイルのお店を見つけたので、そこで20分むくんだ足のマッサージをしていただきました。そして、搭乗時間近くにみんなが待っている所に行くと、飛行機が1時間遅れるとの知らせでした。

18時発、19時福岡着、20時51分の新幹線ひかりに乗る予定でした。博多駅でゆっくり最後の食事ができるかなと思って立てた予定だったのですが。一時間なら、何とか焦れば乗れるだろうと話していました。食事はできないので、ではと、空港の中で最後の食事です。こんなもので。
Img_3516_2

ところが、着陸がもっと遅れて20時10分になりました。しかも強風で着陸前はひどく揺れましたよ。

で、急げ急げで人を追い抜きながら入国手続きをし、預けていた荷物を取り、税関のチェックも通り、タクシーに乗って博多駅に急いでも、間に合いませんでした。

仕方がありません。安いチケットで、これは変更が効かず、乗れない時にはまた改めてチケットを買わなければなりません。私は荷物を仲間に預けて、自動販売機で自由席のチケットを4枚購入しました。その日、福岡ドームではビーズのコンサートがあり、すべての指定席が売り切れていることを知っていましたので。
21時9分のみずほの自由席に乗りました。コンサートに行った人たちのものすごい混雑、長蛇の列。なんとか乗りましたが、当然、自由席は超満員の立ち席です。もっとも、小倉で全員座れました。やれやれ最後まで珍道中だったね、と。無事に家に到着すると、どっと疲れが出ましたよ。

まだまだご報告したいことはありますので、またね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

博多です。これから釜山に行きます。

 博多にいます。友人たちと計女4人の旅です。今日、ここから釜山に行きます。この度は、釜山往復飛行機です。これまでビートルで行っていましたが、冬の玄界灘は前回私が往復とも酔ってしまって怖いのと、時間が一泊二日しかありませんので、少しでも長く釜山にいたくてそうしました。ビートルだと、最終の高速艇でも、お昼過ぎには港に行かなくてはなりません。今回の飛行機は釜山発18時です。

飛行機の料金は往復で一人23000円でした。
それに、広島から博多往復、一泊はJTBの安いプランを利用しました。駅前のホテルで、全員個室で、それでも新幹線代も含めて、一人17000円で済みました。でも、行きはこだまで、帰りはひかりです。新岩国でのぞみの通過のために10分余り待ちましたが、あとは比較的スムーズだし、こだまのシートは、二人掛けでのぞみのグリーンと同じで豪華です。お弁当を食べたりおしゃべりをしている間にアッという間に博多に着きました。

広島から博多一泊経由釜山往復の交通費は一人計ほぼ40000円でした。私がパソコンでよくよく調べ、JTBに行き、これが一番いいと思うプランを組むことができました。旅行社のツアーではもっと安いですが、こちらの都合を組み合わせるとこうなりました。

博多では、今駅前のライティングがきれいです。ホテルにチェックインする前にそこに行ってみました。

1

2

3

いろいろなお店が出ています。そこでサイコロステーキと海老とアボカドのアヒージョの熱々をみんなでつつきました。

4

ホテルでは、情けないことに残している原稿書をしました。まだ残っていて、釜山のホテルで頑張らなければならないようです。これからのんびり出発です。また、釜山からご報告しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義父の刀

まだ別府にいます。昨夜遅く1時に着いて、冷え切った部屋でなかなか寝られず、また今日は朝から動きまわって、やっと今ひと段落です。やれやれ、疲れました。

四十九日の引き出物の買い物をしました。

そして、大問題は、父の刀でした。父は元職業軍人です。先祖は元寇の河野通有。ずっと代々男には通がついています。父も夫も息子も、いとこもみんな通〇です。

その父は、刀をもっていました。父が亡くなって今年の夏が十七回忌でした。その間、刀はそのままになっていました。母が何とかしたのかと思っていたら、母が亡くなって、ものの整理をしていたら、刀が一本出てきたと。河野の記憶ではたしか4本あるのではないかと。それも安土桃山時代の物だと。

夫と2人でそれを探しました。そして4本の刀が出てきました。刀の登録や所持許可証もありました。名前が父のままです。これはちゃんとしなければ、銃刀類の不法所持になるのではないかと。早く届け出た方がいいと。

3

1_2

何をどうするかもわからないままに、とにかく教育委員会だと。刀4本車に積んで、実家は日出町ですので、日出町の教育委員会に行きました。そしたら、担当の文化財の関係は全然違う場所で日出町の歴史民俗資料館の中にあると。そこを探していきました。


Photo

日出町の城下カレイは知っていますが、その城の跡に初めて行きました。担当の方を訪ねて行ったら、これは県の仕事だと。県庁の教育委員会の文化課だと。

一気に済ませてしまおうと、今度は、大分まで走りました。

県庁の本館ではなく、県庁の別館でした。色々人に尋ねながら、やっと担当の方にたどり着きました。

事情を話して、所持者の名前の変更の方法を教えて頂いて、書類を刀4本分、夫と手分けしてその場で書きました。ありがたいことに、許可はすんなり出ました。一応届け出ましたが、さて、この刀、誰がどこで所持するのでしょう。今後が楽しみです。夫は、いろいろあって腹を立てていて、すべての相続を放棄すると言っています。

2

こんなことで一日がつぶれました。これからトロトロと広島に帰ります。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧