世田谷のふるさと納税「インドカレー」のセット

来ましたよ~!世田谷区のふるさと納税の返礼品。こんなに。

3_20200819223901

世田谷にあるインド料理のお店の。何でも、テレビのカレー選手権で優勝したこともあるらしい。

4_20200819224001

で、今日の晩御飯は、姉母娘と私たちの四人で。でっかいナンは切り分けて。プレーンのとチーズナンとスイートナンと。

7_20200819224001

メニューはこうです。

5_20200819224001

ヨーグルトのドレッシングは絶品。でも、オニオンビックルは激辛と書いてあって、注意しているのにパクリと食べて悶絶している人がいました。夫は、胃がないので、唐辛子が腸を直撃して、動きまわるのです。釜焼き卵ってこれまで見たことないのですが。岩塩でついていましたので、それを付けて。

カレーは、ホウレンソウとチキンのと、ポークの。それぞれ本当においしくて。お腹いっぱい。

大満足です。

世田谷区からは、とても丁寧な手紙が入っていました。「新型コロナとの闘いのためにご援助頂きありがとうございました」と。それに特性のTシャツも。世田谷居住の娘に世田谷のTシャツいる?と聞いたら大笑いされたので、私がパジャマ替わりに着ます。XLですので。

8_20200819230601

区長には、ぜひ頑張ってほしいですね。返礼品もよかったので、もう少し時間をおいて、またふるさと納税をしようと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

牡蠣めしとそうめん

7月23・24の連休が終わって、今日は診療。たくさんの患者さんで、しんどいけれど、ありがたいことでした。

23日の休みの日、廿日市である会議がありました。いつもなら委任状を出して欠席するのですが、この時は、休みだし、日ごろお世話になっているので、一度くらい出ようかな?と思ったのが運の尽き。午後1時から、午後4時までずっと。興味もないことに、ずっと座って話を聞いているというのは、本当に苦痛で。授業がよくわからないのに、教室にずっと座っていなければならない子どものしんどさがわかりましたよ。しかし、自分にとっては、皆様には申し訳ないことですが、本当に無駄な時間でした・・。もう出ません。すみません。

やれやれ、済んだ所に、夫からの電話。いつ帰る?と。今、やっと済んだ所というと、今までかかったの?と驚いていました。実は、早く済んだら、ちょっとまた宮島に渡ってみようかと思っていたのです。とてもそんなことができる時間でなかったので、新しくなった宮島口の桟橋のターミナルに行ってみました。きれいで広い建物です。その左側は、広電のettoだそうで、いろいろなお店が並んでいました。

Photo_20200725164801

買ったのがこれ。牡蠣めしです。

1_20200725163201 2_20200725163301

超豪華。牡蠣が四つも。それにウニと、ローストビーフが三枚も。これらの下には、薄焼卵と、さらに下はじゃこ飯です。一個1100円でした。

豪華な晩御飯になりました。とてもおいしくて、ターミナルに行って良かったと思いましたよ。

昨日の我が家の晩御飯は、そうめんです。具が豪華です。上の方にちょっと見えるのは、あさりのバター炒めです。私が映画を観たり、クリニックで書類づくりをしている間に、夫が全部用意してくれていました。ミカンの缶詰だけ私が買って帰りました。ありがたいことです。

2_20200725163302

今日は、しょうもない食べ物の話ですみません。だって、毎年、この時期にはせっせと書いているカープのことなんて、考えたくもないのです。ほんとうに気分が悪い!!ことです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

紺ちゃんラーメン「まぜそば」

数日前の、あの少女について、どうなりましたか?と聞かれることが多くなりました。

まだ続いています。なかなかうまくいきません。毎日毎日、何度も2回も3回も彼女と話しをしています。でも、一方通行、彼女からの電話は非通知ですし、名前もどこに住んでいるのかもわかりません。とても警戒していても、切羽詰まっていることはわかります。早く何とかしなければ。彼女も必死であることはわかります。あちらこちらに助けを求めては絶望し、その繰り返しでしたし、私が手配した何か所でも、そうでした。彼女がひたすら探し求めた挙句、チャイルドラインに電話をし、たまたま私のことを知っている人が対応して私を教え、そして彼女がとても緊張しながら、夜中にクリニックに電話をした時、たまたま私もそこにいて、電話をとったという、奇跡みたいなことでつながったのでした。

 私の携帯の番号を教え、何度も話す内に、少しずつ少しずつ事態は進んでいきました。時には、「もう自殺する」「首をつったら、ちゃんと死ねると分かったし」と言われると、死んじゃいけない、まだまだこれから沢山楽しいこともあるのだし、その大切な命をここで終えてはいけないよ。とか、「広島に行きたい。お金は、SNSで調達する」などと言われると、危ないことをしていはいけない。私が何とかお金を渡すから。振込みができないのなら、私の娘が東京にいるから、あなたに渡すよ、とか。まあ、色々と話しをしています。話をしている内に、彼女がこれまでどんなにしんどいことを乗り越えて生きて来たかということも分かりました。そして、とてもよく調べ、勉強しているということも。

 はっきりしているのは、事態は切羽詰まっていること、早くどこかで診察をしてもらわないといけないこと。そして、やっと地域の産婦人科のドクターにつなぐことができました。ありがたいことです。ドクターと彼女が直接話をし、診察を受けるという所まで話がつきました。受診はまだですが、きっと事態は進むだろうと思います。やっとここまで来ました。

ずっと彼女のことが頭にあります。診療をしていても、ごはんを食べていても、寝ようとしていても。ウォーキングの最中に電話がかかってくると、歩きながら話しました。「走ってるの?」。いや、ウォーキングしているよ。銭湯に行こうと車を動かそうとしていても。「ええ?家にお風呂はないの?」歩くのも、銭湯に行くのも、いつも夫と一緒だよということには「仲がいいんだねえ」と。パートナーと共に仲良く暮らす大人のモデルが彼女のそばにいなかったのかもしれません。

どうぞ、これから事態がうまく進みます様に。祈るような気持ちで、日々電話を待っています。

昨日は、土砂降りの雨の中、夫と姉の親子4人で「らぁめん紺屋」に行きました。紺ちゃんラーメン、今、期間限定で「まぜそば」があります。

Photo_20200723103501

山盛りのカイワレ、ネギ、みょうがの下には、煮込んだ甘めのミンチ、そして温かいラーメンと汁が少し。よく混ぜて頂きます。それは美味で。初めて食べる姪も、おいしさに感動していました。みんな完食です。お客も次々と来ていました。すっかりコロナの影響からは回復しているようで、ホッとしました。ごちそう様でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

宮島坂本もみじ饅頭坂本菓子舗

昨日は、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフ会議でした。当日の詳しいスケジュールを決めたり、予算を決めたり。その後、会場のRCC文化センターに行って、下見をしました。受付をどうするか、机の配置、ソーシャルディスタンスをどうするかなども具体的に検討できました。何しろ盛り沢山ですので、効率的に運営しなければなりません。また正式にご案内しますね。

 宮島の北大路魯山人美術館を観た後の続きです。ゆっくり歩いて紅葉谷公園を過ぎ、五重の塔からトンネル、そして久しぶりに坂本菓子舗さんへ。ここはいつも手焼きの焼き立てのもみじ饅頭を食べさせてくださいます。途中の道です。鹿ものんびり。

1_20200706075902


3_20200706075901

アレッ?お店の半分が小さなカフェになっていました。歩き疲れて暑いしで、ちょうどありがたく。

4_20200706075901

一緒に行った姉と姪です。宮島全体がコロナでほんとうに大変で。坂本さんもしばらく閉じていたそうですが、やっとまた開店しても、なかなかお客さんは戻ってこないと。観光客、まだ以前の半分以下だそうです。世界遺産でも、外国人が全く来られないですものね。

5_20200706075901

私はこんなのを。ひゃー、これはどっさり。食べきれるかな?

2_20200706075902

お土産を買いました。

6_20200706080001

私が食べたのと同じアンが入っている宇治金時と、塩バターを詰め合わせて頂きました。塩バターは、宮島と姉妹都市縁組をしているモンサンミッシェルの塩、廿日市と姉妹都市縁組をしているニュージーランドのマスタートンのバターを使ったもみじ饅頭です。でも、これにはアンは入っていなくて、塩味のカステラです。帰って戴きました。とてもおいしいカステラです。宇治金時も絶妙。

ゆっくりさせて頂いて、足も少し元気になって港へ。その途中。TOTOのおもてなしトイレがありました。とってもきれいで個室も広くて、気持ちのいいトイレです。観光地にTOTOの提供、いいですね。

1_20200706075901 2_20200706075901

半日だけの宮島でしたが、堪能しましたよ。宮島、早く元に戻ります様に。大鳥居はまだ修理で囲まれていますが。明日、宮島に来る前に泊まった安芸グランドホテルについてお話しますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

益田での楽しいお話と食事。「マダニにかまれたら」

益田で講演の後、食事に連れて行って頂きました。「田吾作」という、大きな古民家のお店です。

Photo_20200704080801


。中に入って履物を脱ぐとすぐに階段を下ります。なんとも雰囲気がある~。降りた所にいくつものいけすがあって、魚が泳いでいます。


11_20200703081301 

少し前、益田でAKB48のコンサートがあった時、AKBの彼女たちの打ち上げが大きな部屋をぶち抜きであったのだと。

ここで、とても有益で楽しいお話を聞きましたので、まずそれから。

美都診療所の所長の安藤先生から。どうしてこの話になったのか?多分、学校の草刈りの話からだったかも。

 マダニにかまれた人が沢山来るのだと。食いついて離れない、無理に離そうとすると口が皮膚に残って、そこからウィルスや病原菌が入って大変なことになることも。だから、皮膚ごと切った方がいいと私は聞いていたのですが。

何と、先生は、マダニを酔っぱらわせるのだそうです。注射の時などに皮膚を消毒するアルコール綿。多くは75%のアルコールですが、それをひょいとかぶせて、しばらく置いておくのだそうです。20分もすると、マダニは酔っぱらって口を離すので、すっと取れるのだそうです。皮膚が赤く炎症を起こしている場合など、後の抗生物質などの処方は要りますが。ある時、住民の方が焼酎でしたらどうだろう、してみてもいいかと言われたので、して見なさいと。そしたら、やはり焼酎ではだめだったそうです。75%くらいの濃いアルコールでないと、だそうです。

 マダニを酔っぱらわせるなんて、初めて聞きました。面白いので私もやってみたいけれど。「私、毛じらみは何度も見ているけれど、マダニはないなあ」というと、大笑いされました。・

料理はさすが。海の幸がふんだんで新鮮で美味でした。

4_20200703081201 5_20200703081201 6_20200703081201 8_20200703081201 9_20200703081301

オコゼのから揚げは久しぶりで。一匹夫にもって帰って喜ばれました。お味噌汁は、刺身を取った後のカワハギのアラで。いいおだしでした。

7_20200703081201

私は車の運転があるのでジンジャーエールで。教育のこと、コロナのこと、医療のこと、楽しい会話とおいしい食事で楽しく過ごしました。本当にありがとうございました。

そうそう、お土産を戴きました。石見空港の広い敷地内で養蜂をしているのだと。空港はちみつです。無農薬で、空港で売っているのだと。とてもお高いそうです。なにもかも、ありがとうございました。

Photo_20200703081301

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

東風で姉の誕生祝いのランチ

今日は、事務長をしてくれている姉の誕生日。お祝いのランチをごちそうしました。国際ホテルの中華東風でちょっと豪華なランチ「初夏のリトル香港」。今、香港がたいへんな時。頑張っている人たちに申し訳ないような名前です。

1_20200529192201

というのも、ちょうど本日、ダブルポイントカードから満点ポイント達成の報せと金券が届いていました。2000円分。これでお祝いするから、遠慮しないでと言ってと、いくつかのお店から東風を選びました。

前菜5種。小さいかわいい器にチャーシューや、クラゲに野菜が載ったのとか、クリームチーズにピータンが載ったのとか、いくらのゼリー寄席とか、ちまちまと手が込んでいます。

2_20200529192301

スープは、たくさんのふかひれとアスパラのポタージュ。ふかひれのポタージュ、初めて。美味でした。

3_20200529192301

ショーロンポーはかわいいスプーンに乗っています。ライチの酢で。凝ってます。熱いスープがチュッと飛び出して、アツッでした。

4_20200529192301

今日のメインは、チンジャオロース。元就牛蕗きがたっぷりでこれもおいしい!!

5_20200529192301

ご飯は選べるのですが、二人とも、あんかけ焼きそばに。

6_20200529192301

そして、デザート。姉はイチゴなどが入った杏仁豆腐、私は日向夏のソルベ、シャーベットです。それとコーヒー。

8_20200529192301

小さくかわいいコースで、とても満足でした。姉には、年に負けないで、これからも頑張ってもらいたいものです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

安芸グランドホテルの晩御飯。

安芸グランドホテルでの晩御飯です。海が見えるレストランで。向いは宮島です。そのレストランを外に出て撮りました。一緒に行ったのは、夫と姉と私の三人です。

4_20200525073301 5_20200525073401

8_20200526083301

1_20200526083301 2_20200526083301 3_20200526083301 4_20200526083301 5_20200526083301

食事はアナゴの釜めし。

6_20200526083301

お刺身の伊勢エビの残りがお味噌汁に。

7_20200526083301 9_20200526083301

ご飯の食べきれないのは、おむすびにしてくださいました。お客が少ないのもあるでしょうが、皆さんとても親切でした。宮島に行く人は、ホテルの車で桟橋まで送り迎えをしてくださいます。

ゆっくりした二日間。本当にありがとうございました。また参ります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

邱永漢さんの本

まあ、しかし、政治から目が離せませんね。東京高検検事長については、まだまだウォッチングしなければ。次の東京高検の検事長に誰がなるのか、とても興味があります。もともと、今の名古屋高検の検事長を東京高検の検事長にという検察の意思を、いやその前の次官昇格をも官邸が拒否したと報じられています。官邸がけって、強引に黒川氏をもって来たと。今更、名古屋の林さんを当てるとなると、官邸にとっては、屈辱的でしょうね。

 それに、今朝の毎日新聞には、掛けマージャンの責任を取って黒川氏が辞職した、その監督責任で稲田検事総長に官邸が辞職を迫るという、なんともえげつないことをもくろんでいるようなことが書かれていました。監督責任というのであれば、これは森法務大臣でしょう。なんで稲田さんになるのでしょうね。まったくもう、安倍さん、官邸もいい加減にしてほしいです。あんまりひどいと、またツイッターデモを頑張らなければ、ですね。まだしっかりと見つめ続けましょう。

 しばらく買わなかった週刊文春を、森友の財務省職員、赤木さんの遺書と手記を読みたくて買い始めて。林真理子さんのエッセイで、「邱飯店のメニュー」という本のことを知りました。邱永漢さんの本です。

 作家の邱永漢さんは、ものすごいグルメで、それは生まれ育った時からで、かれの家では、食事は二時間かかってしていたと。その邱さんが、様々な人を自宅に招待し、ごちそうをふるまいます。自宅のごちそうなのですが、すべて彼と妻が作ります。その招待した友人たちのことや食事のメニューなどがふんだんに書かれた、楽しい本です。

 すぐアマゾンで頼もうと思ったら、もう古い本で、中古しかありませんでした。中古の中の新しそうなのを買いました。

1_20200522202401

今朝がた読み終わりました。それは読みごたえのある本でした。邱さんの故郷は台湾ですが、台湾の将来について国民政府と意見が合わず、国を出てから24年間帰ることができませんでした。それが、台湾から遣いの方が二度見えて、結局帰ることになった、その歓迎ぶりやその時からその後に至る台湾での食事なども書かれています。いろいろな作家との交流や、邱さんが作家として大成していく過程などもとても興味深いものでした。

 しかし、お宅での食事を見ると、私たちが日ごろ食べている「中華料理」とは何じゃみたいなものです。そもそも結婚して、食事が同じものが出て、邱さんはハンストをしたのだと。そしたら妻がびっくりして実家に帰って、そこで料理を勉強してから邱さんの元へ帰って来たのだそうです。

 メニュー、例えば、大和芋で豚の脂身を挟んだものというのでも、豚バラ肉を丸ごと醤油や砂糖などをまぶして約一時間おいておく。それを油の中で狐色になるまで揚げる。お茶を入れて、その中で揚がった肉を洗って油臭さをおとす。その肉を幅一センチ、長さ6.7センチに切る。大和芋もお同じ大きさに切り、肉と交互に並べ、それに沢山の調味料、醤油、砂糖、酒、腐乳(チーズみたいなの)陳皮などいろいろをかけて、それをせいろに入れて約二時間かけてゆっくり蒸す。そんな手のかかるものが約二十種類、それもお呼ばれする度にいろいろとメニューを変えて出てくるのだそう。ふかひれや干しアワビの料理なんて、またまたすさまじく、何日も時間のかかる、また、ドーンとスケールの大きい料理となって出てくるのだそう。

 そのメニューが「邱家の中国家庭料理」という本にくわしく書かれているのだそうだけれど、これがアマゾンでも3万円以上するので、とても買えません。でも、邱さんの妻のことを書いていると思われる「奥様はお料理がお好き」というのを買いました。これもかなり古い中古です。でも、箱に入って雰囲気があって、なかなか読み応えがありそうな本が届きました。今度はこれを読みます。邱永漢さんですから、単なるお料理の本ではなく、国をめぐる話(台湾の独立だとか)日本の外国人に対する扱いだとか、きっと、「邱飯店のメニュー」と同じように書かれていることでしょう。ああ、楽しみです。


2_20200522202401

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

焼き肉「河井」へ。

 昨日の晩御飯は姉母娘と私たちの四人で焼き肉を食べに行きました。広島は、新型コロナの自粛も解除されて、ホッと一息。四人が自転車を連ねて、平和大通りを西へ。福島町の「河井」へ。河井、何年ぶりでしょうか。中に入ると、窓際に予約席を取っていて下さいました。
  
 窓際には、カープの写真とグッズがずらり。

1_20200517233401

2_20200517233401

一番下のグローブは、エルドレッドのです。エルちゃん、どうしているのでしょう。あれえ、これは江夏さん。最近来られたのですね。

3_20200517233401

中は窓を開けて風通しよく、席もゆったりとお隣と離してあって、コロナ対策もばっちりです。

お肉は、それはそれは上等で美味。

4_20200517233401

7_20200517233401

これらは、並みのカルビーとロース。上のカルビー、ロース、ホルモンも戴いたのですが、写真の撮り忘れです。

6_20200517233401 5_20200517233401


素晴らしいお肉を堪能して帰り、観音の、昔私たちが住んでいたところに行ってみました。私たちの家の跡はテニスコートになっています。多分、観音高校のテニス部のコートなのでしょう。その前に住んでいた所は、みるかげもなく、マンションが立ち並んでいました。懐かしい近所のお店の跡や小学校も見て回って、姉が喜びました。

広島市はまだまだでしょうが、東広島では、もう10万円ずつが配られたとのこと。東広島居住の妹たちは、どこかに食事に行くと言っていました。やはり東広島の友人からは、自粛も解除になって久しぶりに外食しようと思ったら、お店が満席だったと。

 ほんとうに大変だったでしょう飲食店も、徐々にでしょうが、立ち直られるといいですね。私のクリニックはどうでしょうか・・。

夫が待ちかねているスーパー銭湯のゆうぽっぽは、まだ閉じたままです。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

夫ごはん

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀で、緊急企画で、家にこもっているひとのための各分野のシェフによる「おうちごはん」を放送しました。その中で、特にびっくり、納得したのが、中華のシェフによる「パラパラチャーハン」。これは衝撃でしたね。

茶碗一杯のごはんに対して卵二個をまずボールに溶いて、それにごはんを入れて卵かけご飯のように混ぜます。塩、コショウと少しの醤油で味付け。それに冷蔵庫にあるニンジンややソーセージでも、何でも小さく切って入れて混ぜます。それをホットプレートに少量の油を垂らした所に入れて、混ぜます。初めはべたべたですが、段々とパラパラになってきます。完全にパラパラになったら、完成!!

その数日後、仕事から帰ると、夫が作っていました。

Photo_20200515210901

うん?ちょっと違う。もしかして、卵何個入れた?二個。茶わん一杯に卵二個だったよ。あれ、しまった、そうだったと。でも、まあまあでしたよ。

その数日後、今度はこれ。卵は計四個入れて。エビがたっぷりで美味でした。

Photo_20200515210904

ついでにその他の夫ごはんも。これは、鯛飯。鯛の切り身を載せてごはんを炊いて、その後で身をほぐしたもの。おこげが香ばしくて美味でした。

Photo_20200515210902

ついでに、これはお好み焼きで残ったうどんを炒めてイカ墨で味付け。うーん、べちゃべちゃでちょっと・・。やっぱりバスタでないと。

Photo_20200515210903

夫は、まだまだお料理は発育途中。いろいろと挑戦するのは買いますが、時にどうしても食べられないことも。私が食べ残すと、悲しそうに自分で食べています。作ってもらうのは、ありがたいことです。それはよくわかっているので、おいしい時には、思いっきりおいしい!!といいます。まずい時には、仕方ありません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧