市民連合の次の声明文

昨日のブログでは、9月3日に市民連合が野党に呼び掛けた声明文をそっくりそのままコピーさせて戴きました。その文章に感激したものですから。そして、9月8日、立憲民主、社民、共産、れいわの4党がそれを受け入れて、野党協力体制を確立することができたと、また新たな声明を発表しました。


 これが、また感動ものの文章なので、また勝手にコピーさせていただきます。お許しくださいませ。中でも私はまがりなにも医者なので、ここになにより感動したのです。

「安倍、菅政権が続いたために、死ななくてもよい人が何人亡くなったのか、適切な医療を受けられないまま自宅で亡くなった人がどれだけ無念だったのかをかみしめることから、衆議院選挙の戦いを始めたい。」ここなのですね。

それから、前後するけれど、「各地の運動を通して、小異を残して大同につくよう倦まずたゆまず働きかけを重ねてきた市民にも心より感謝したい」とか、最後の「我々が生命と生活を守るために、さらに、個人が尊重され、自由に生きられる伸びやかな社会を作るために、我々は全力を挙げてこの選挙を戦い抜きたい。」とか。

本当に高潔で簡潔で、神々しいほどと思います。がんばらなくっちゃと思います。

 9月8日、市民連合が要請した、衆議院選挙を戦う際の基本的な政策について、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組の各党首がこれを受け入れ、本格的な野党協力の体制を確立することができた。このことは日本の民主主義を回復するための貴重な一歩であり、関係各位の努力と英断に深い謝意を表したい。また、各地の運動を通して野党に対して、小異を残して大同につくよう倦まずたゆまず働きかけを重ねてきた多くの市民にも心より感謝したい。また、国民民主党には、野党と市民の協力に結集することを引き続き求めたい。

 菅義偉首相は、自民党総裁選挙での再選が難しいと見るや、いち早く退陣を表明し、自民党総裁選挙を華々しく行うことで、菅政権に対する国民の不満、不信をそらそうとしている。新型コロナウイルスの危機をここまで深刻化させ、有効な政策を打てていないことは、菅首相個人の能力の問題だけでなく、安倍晋三前首相以来の政権及び自民党の体質の帰結である。情報を隠蔽し国民に虚偽を流布する、科学的知見を軽視し国民の声明よりも権力者のメンツや利権を優先させる、建設的な対話を拒否し議会政治を無意味化する。これらの安倍、菅政治こそが、今日の政治空白を作り出した。それゆえ、だれが首相になっても、これまでの自民党政治の厳しい総括なしには、有効な政策を実行することはできない。

 政策合意を機に、野党は政治の転換のために緊密に協力し、地域において市民もそれを支えていくことを求めたい。安倍、菅政治が続いたために、死ななくてもよい人が何人亡くなったのか、適切な医療を受けられないまま自宅で亡くなった人がどれだけ無念だったのかをかみしめることから、衆議院選挙の戦いを始めたい。

 この衆議院選挙は、野党側も政党ブロックを作り、小選挙区で政府与党対野党という二者択一の構図を全面展開する初めての選挙となる。この政策合意は、国民本位の政治を実現するための第一歩である。我々が生命と生活を守るために、さらに、個人が尊重され、自由に生きられる伸びやかな社会を作るために、我々は全力を挙げてこの選挙を戦い抜きたい。

 

2021年 9月 8日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

今夜、夫とウォーキングを再開しました。昨年末、夫が腕の骨折して歩かなくなって以来です。すごく久しぶりなので、ゆっくり。距離も短めで。中島の家から橋を二つ渡って観音へ。そこから川沿いをずっと下って。そうそう、川の親水場に高校生のカップルがぴったり寄り添っていましたよ。セーラー服とカッターに黒ズボンの制服のカップル。いいなあとちらっとうらやましく思いました。

橋から撮った写真。スマホで夜なのにきれいに撮れました。そういえば前回のウォーキングまではスマホを持ってなくって、iPadでしたので、こんなにきれいに撮れたのに自分でもびっくりです。

Photo_20210911231701

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

自民党総裁選について

自民党総裁選の報道を見ていて、本当に嫌だと思います。岸田氏が、安倍さんに会ったとたん、「森友の調査はしない」と、ころりと変わって。前から広島でいうことと東京でいうことが違うのがこの人の特徴でもありました。しつこいようだけど、安倍さんと一緒に河井あんりさんの車に乗って応援したのは忘れませんよ。そうだから、あの1億5千万円の追及ができるわけありませんよね。

Photo_20210909140001 Photo_20210909140002

河野太郎氏が有力だと言われても。外務大臣時代の記者会見で、記者の質問に答えず、「次の質問どうぞ」と言い続けたその動画は、ちゃんと魚拓を取られてあちこちで流されているし。ついでにここでもお示ししちゃおうっと。

https://togetter.com/li/1654291

前はこうだったのに、原発についてのブログやツイッターはすべて削除されていると。ころころと言うことが変わる人はそれだけで信用できません。

Photo_20210909135601

高市早苗氏。あの記者会見の作り笑顔を見て、この人がいいと思った人がいるだろうかと思いました。いえ、いるのですね。こんなツイッターが駆け巡っているのですもの。

Photo_20210909140701

恐ろしい人。かつてナチス・ドイツ礼賛者とツーショットの写真を撮ったり、「ヒトラー選挙戦略」へ推薦文を書いたり、これらは、国内だけでなく、欧米から強い批判が出たことも忘れません。まだ数々の言動については、Wikipediaのこの欄が一番よく書かれていると思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B8%82%E6%97%A9%E8%8B%97#%E6%89%B9%E5%88%A4%E3%83%BB%E7%96%91%E6%83%91

選択的夫婦別姓法に反対していても、自分が結婚していて名前が山本になってもずっと高市姓を使っていましたのに。

もしもこの人が総裁になったなら、アジアの国々だけでなく、ヨーロッパの国からも排除されるのではないかと思います。

ああ、私は自民党支持であったことは一度もないけれど、それでも、昔はもっと芯がしっかりしていて、国民のために政治つかさどり尊敬できる重鎮が何人もいらっしたと思います。今どうしてこんな情けないことばかりになってしまったのでしょうか。

絶望的になります。やっぱり野党が共闘して政権交代しなければ。明日その期待について書きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「パンケーキを毒見する」

昨夜は映画「パンケーキを毒見する」を観に行きました。広島では、丁度菅氏が次期総裁選に立候補断念を表明した、一昨日からの上映です。前夜にネットで予約しておいてよかったです。土曜日の夜ということもあってか、満席で補助椅子まで出ていました。

パンフレットは完売。チラシも全くなくなっていて、仕方無いのでポスターを写真に撮ってきました。

Photo_20210905122401

以前、「新聞記者」を見診て身震いしたのですが、同じ映画プロデューサーの河村光庸氏が企画・政策・エグゼクティブプロデューサーを務めています。

予告編はここにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=NXmqhe5VKx4

見た後、昨夜は茫然としていました。まさに、「こんな国にだれがした」です。日本アッという間に、こくんな情けない国になってしまいました。映画の終わり頃いろいろな国のランキングが出てきました。男女平等指数とか、マスコミの自由度指数のひどさとか、これらは散々言われ知っていましたが自殺数は世界中で断トツにトップ。それに経済も。太陽光パネルは以前は日本の企業も作っていたけれど、今はすべての企業が撤退。風力発電も撤退。自動車だけはと思っていたら世界の流れである電気自動車は日産もトヨタも世界ではびりに近く。

やはり安倍、菅の二人の総理で最悪の政治を行ってきたことのつけが今の日本の姿なのですね。菅氏は安倍の数々の悪事を隠蔽するための役割で。結局その役をした後に、安倍と麻生に切り捨てられたということでしょう。

 森・加計・桜はどうにもならなかったし、日本学術会議の任命拒否もそのままだし、河合あんり氏への1億5千万円の説明もしないままだし。官房長官時代からの7年官房機密費を68億円も使ったのだと。一日あたり300万円と。税金なのに、使い道は国民に全く知らされないまま。

今、ポスト菅にこれまた安倍の言いなりの高市氏が押されそうだと。とんでもないことになりそう。そうなると、やはり政権交代するしかありません。野党が頑張らないと。

なんか悔しいやら腹立つやらの昨晩でした。個人的に悔しい思いをしたことも次々と頭に浮かんで。これからどうしようかと。このまま死ぬのは情けなさすぎると。何よりも一番に、この映画を多くの方に見てもらうことが必要ですね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

中川前市長のエピソードが楽しくて。

先週の木曜日、宝塚の中学校で講演した時、話すのは午前中で、それに間に合わせるために朝早く出発するのもしんどいので、前夜に行き、一泊しました。泊めてもらったのは友人の中川智子さんのうち。はい、前宝塚市長です。現職の時にはそんなことはできないけれど、今は、辞職してのんびりの毎日と言われたので。夜10時ころに到着して、積る話をしました。

彼女の数々のエピソードは、本当に楽しい。手作りの梅酒を戴きながら、時には笑い転げながら、ずっとおしゃべりをしました。12年間大変な毎日だったことでしょうが。楽しいだけでなく、つらいこと、厳しいことも。大切な方を心を鬼にして更迭しなければならなかったことも。そうね、一首長ですもの。いいことばかりではないよね。よくこんな重責を長い間勤め上げたことと思いました。

それからオリンピックのこと。文春には自治体の負担が116億円と書いてありましたが、聖火リレーにこんなに経済的負担を強いていることも知りませんでした。

しかし、何と言っても、一番の楽しいエピソードはこうでした。宝塚では毎年図書館が講演会を企画していると。一昨年五木寛之さんの講演を企画したら、350人定員の所3500人程の応募があったと。抽選確率が10倍。それで当日、市長が挨拶しなければならないと。私は、彼女の挨拶を何度か聞いたことがありますが、すべてオリジナルで、必ず何らかのエピソードが入って、型通りでないうんちくのある話なのです。五木さんの話の前の挨拶どうしようかとずっと考えていたと。そして。

「ここに来られた方は、本好きで、きっと私が話すことよりも皆さんよく五木さんのことを知っていらっしゃることでしょう。だから、私は、下手に話すのでなく、歌を歌います」と。言ったのだそう。「青春の門」の中の織江の歌。貧しい炭鉱から小倉のキャバレーに働きに行く前夜の織江の、幼な馴染、信介に呼び掛ける悲しい歌。これは、五木さんの作詞、山崎ハコの作曲・歌。

それを中川が満員の聴衆、そして作詞者でもある五木寛之氏前で歌うと。「では歌います」というと、会場はシーンとして。アカペラで切々と歌ったのだと。終わる万来の拍手だったと。

これは、山崎ハコさんのユーチューブの歌です。

https://www.youtube.com/watch?v=ee_Gz2kHa-8


そして五木さんの講演。「私は何度も講演してきましたが、私の紹介の挨拶で、歌を歌われたのは初めてです。びっくりしました。」と言われたのだそう。うわあ、あの五木寛之さんの前でよくうたったねえ、と私は感歎したものです。まさに彼女でないとできない快挙だと思いました。彼女が歌ってくれました。それは上手で、切々と。聞いていて泣きそうになりましたよ。

それから、彼女が引退宣言した後の市長選のことも、県知事選のことも。維新が大変ようです。その苦労をしっかり聴きました。

夜遅くまで話をして、2時過ぎに寝たのですが、それから程なくすさまじい雨と雷で目覚めました。目を瞑っていてもピカッと光るし地が割れるような音。しばらく眠れませんでした。(翌日、雷の影響で、JRはストップしていたりダイヤがめちゃくちゃで、本当に前夜から来ていて良かったと思いました。)

 翌日、中川に「現役の時、あんな豪雨だったら、市長は寝て居られなかったでしょう」というと、本当に。山が崩れないか川は大丈夫か、ずっと市役所に詰めっきりだったと。今は、楽になったと。

本当にそうですね。重責から解放されてしばらくゆっくりされます様に。

翌日、講演が済んで、一旦中川の家に帰り、そこからランチに連れて行ってもらいました。素敵な民家のレストランです。

1_20210718174301

3_20210718174301

かわいく、おいしいお料理を戴きながら又ひとしきり話しました。積る話、いつまでたっても尽きません。また、いつかゆっくり夜通し話をしたいねと思いました。前菜とサラダだけアップしますね。

2_20210718174301

5_20210718174301

シェフとお連れ合いのお二人でしていらっしゃるようです。本当にごちそう様でした。ありがとうございました。それから、中川さんに楽しい時間を感謝感謝です。


 


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (1)

女は革新であるべき。国際女性デーに思う。

毎年、折り紙で干支を作って下さる患者さんのお連れ合い。今年も、牛が届きました。

Photo_20210308233901


どっしりした牛です。これが一枚の紙で作られるというのがいつも不思議なのですが、ご自分で考え考え、試行錯誤しながら折られるのでしょう。こんな趣味をもたれる方、無条件で尊敬します。しばらく私の診察机に置いて、後は待合室に飾ります。本当にありがとうございます。

ところで、今日は「国際女性デー」でした。(書いている内に日が変わったので、もう昨日になりましたが)

ここの所「女性」を巡る政治の世界にモヤモヤしていたので、少し思うところを書いてみます。

一言でいうと、「女であればいい」ということではないということです。産婦人科医でいてよく言ってきたのですが、「女の医師であればいい」というものでは無いよと。ジェンダーの意識持たない女の医師程怖いものはないと。

同じく、「ジェンダーの意識」を持たない政治家程醜い者はないと思うのです。特に女の政治家。権力にすり寄る女。みっともない。男の権力者にすり寄って、おこぼれを頂戴しようとする姿が醜い。そう思います。

政治家ではないけれど似たような行政の女性で、「飲み会を断らない女」ですって。彼女と、彼女が辞めた後釜に座った女性が安倍昭恵さんを挟んで右左に座っている写真を見ました。その上の方にはあの谷査恵子さんの姿も。みんなが安倍昭恵さんにすり寄っている写真です。男の権力者にだけでなく、女の権力者にもすり寄っていました。みっともない。

女は、その寄って立つ歴史と押し付けられてきた役割を考えるなら、今こそ常に革新であらねばならないと思います。権力の中に入りこんでしまうと、見えなくなってしまうものが必ずあると。ジェンダー・ギャップ指数が世界の153国の内121位という悲しい状況は、男たちによって作られているということ。その男たちの社会に埋まってしまってはいけないということなのです。

そう、自ら大塚という姓でありながら丸川を通している女性が、「選択的夫婦別姓」に反対するようにと地方議会に送る文書に署名していたと。そういえば、首相の息子にごちそうになって職をやめた山田さんは、本名は吉田ですってね。同じ総務省で処分された吉田さんの妻ですって。こういう人達が、通称名でなく堂々と「選択的夫婦別姓を認めるべき」といえば、世の中もっと変わるでしょうにと思うのです。男たちの権力社会に居座ってしまうと、こんなことも堂々と言えないままであるのでしょう。結婚してもしばらく旧姓を使っていた私が、大学病院でどうしても戸籍名を使わなければならなくなって、その悔しかったこと。それまで書いた論文の書き主はこの世からいなくなりました。

まあ、そんなことをつらつらと感じているわけで。おそらく私は死ぬまでこのままのスタンスで生き続けるのだろうなあと思っています。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

大阪・維新の行政がやっていること。

昨日、何気なく見ていたフェイスブックで、びっくりしたのはこれ。

Photo_20210126225801

 

沢山の記事があるけれど代表でここにリンクします。多くの方は知っていることでしょうが。あんまりだと思うので。

https://news.yahoo.co.jp/articles/386c8cce9343e6a6c8045200256a1a680b0055e0

大阪市在住で、新型コロナに感染しているとの通知受け、ショックを受けている人の所に、大阪市の保健福祉センターから自宅療養者向けの案内等が送られてきたと。その封筒の裏に、何と葬儀場の広告がでっかく載っていたと。

受け取った人はとても傷ついて、市に抗議し、ツイッターで訴えたと。

コロナの患者さんに葬儀場。これはないでしょう。それに広告のでっかいこと。と思うのだけれど、私がもっとショックだったのは、これについてのコメントが沢山あって、そのほとんどが、「広告で財政が助かるのだからいいではないか」とか「気にしすぎ」とか、「マスコミに言うことではない」とかそんなのだったことです。

 ああ、こういう人たちに維新は支えられているのかと思ってしまいます。

 私はいくら財政が厳しいから広告で収入上げている、以前から使っていた封筒だと言っても、受け取った人がどう受け止めるか、こういう所にきめ細かく配慮が出来ない行政は、すごく嫌です。暖かくない、冷たく機械的で、住民の感情等知ったこっちゃないと、そう思えます。これまでもこうだったのでしょうか。


 これは大阪のことですが、国会の今日の総理の答弁を聴いても、今入院したくてもさせてくれなくて自宅で亡くなる方が200人近くとなっているというのに、入院しない患者さんを懲役刑に処すなどと、全く民意からかけ離れています。一体この国はどうなっているのかと。絶望的な気分になっています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

アメリカの大統領就任式

一昨日深夜というか日が変わって昨日、やっぱりアメリカのバイデン大統領就任式をCNNで観てしまいました。それは、素直に見て、感動しました。

Img_0362


Img_0367


トム・ハンクス氏の素敵な渋い声と上議員議員のこの方(名前が分からなかった!!)が最初に、民主主義を求め続けるアメリカの闘いについて話すのを聴いて、もう初めっからうるうるでした。


Img_0355

副大統領ハリスさん夫妻、素晴らしかった。弁護士の夫、ファースト・ジェントルマンなのですね。

二人が抱き合っている所の写真を撮らなくて残念。

Photo_20210122145801

レディ・ガガさんさすが。声量がすごい。

Img_0351_20210122145001

いろいろな演出が楽しかったし。いろいろな人種・男女。日本の年とった男性ばかりというのと全然違う!!

Img_0353 Img_0361 Img_0373 Img_0376 Img_0377


やっぱり圧巻はバイデン氏の演説でした。ジル・バイデンさんは、ファーストレディになっても教師は続けると!!すごい。自分の世界しっかり持って。夫のためにと、ひたすらペコペコ頭を下げて回る日本の政治家の妻とは違う。

Img_0364

Img_0369


バイデンさんはこれから苦難の道を地道に歩みそう。こうしてアメリカの民主主義は闘い続けてきたのだなあと思います。

選挙に勝つというのはこういうことなのだと、よく分かりました。私が高校生の時、ケネディ大統領が射殺されました。そんなアメリカだから。いろいろと苦難はあるでしょう。でも、これ以上、世界中に戦争を仕掛けないで。核兵器は廃絶の方向で進んでほしい。核実験もしないで下さい。と、トランプ氏からバイデン氏に変わっただけで、そんな願いが出てきます。厚かましいでしょうか。パリ条約に復帰したと聞いただけで、やはり期待が膨らみます。

一転して、河井あんり氏の有罪判決が出て、菅総理やそのほか権力の中枢にいる人たちにマスコミがインタビューしていました。1億5千万円も河井夫妻に出しておきながら、その責任すら感じないかのような、そんな受けごたえをする政治家たちに本当にがっかりしました。衆議院議員選挙、何とかしなければ、です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

いろいろとニュースが一杯。

今日はニュースが一杯。

アメリカ合衆国の大統領、トランプ氏からバイデン氏へ。その就任式が行われます。トランプ夫妻がヘリコプターでホワイトハウス飛び発つのを見ました。その後退任式をやって、最後の演説も聞きました。どうってことない、自分の業績のアピール。さて、4年後にまた出るつもりなのでしょうか。

これから大変な厳戒体制の元でのバイデン氏の就任式です。見たいけど、遅いですね。

それから、明日、河井あんり氏の判決があるのだそう。1年6月の求刑、まさか無罪はないと思うけれど。多分執行猶予がついて、終わりでしょう。有罪が確定して、失職ですね。広島は参議院議員の補欠選挙もあることになるでしょう。明日のこの判決も見ものです。

で、自民党広島県連です。今年中に必ずある衆議院議員選挙、3区の河合克行氏の後。公明党の斎藤さんが、この3区の選挙区から出ると。自民党本部はそれを了解したと報じられています。そうなると広島県連は黙ってはおれないでしょう。公募の形で、新たな3区の候補者を募って、県議の石橋氏を選んだと。で、今日のニュース。3区の支部長に石橋氏を認めるよう党本部に交渉に行くと。党の菅さん、二階さんは岸田氏(派)を潰すために、河井あんり氏を擁立したのだし、ここは自民の候補は立てず、公明に恩を売りたい所らしいけど、さて? 私はニュースでは明日党本部に行くと聞いたのだけれど、ネットで調べると25日の様だし、どちらが本当なのでしょうか。もし明日だとあんりさんの判決の日に・・?

それとほとんど報道されないのだけれど、維新の灰岡氏、維新を離党した時に、3区の自民候補にと口説かれての離党?とちょっとにぎやかだったけれど、それに3区の公募に応募したけれど、結局石橋氏が選ばれて、さて、灰岡氏はどうするのでしょう?どこかの区で無所属で出るとは言われていまずか、離党しているのだから、今更、維新に供託金も出してもらうわけにもいかず苦しいでしょうね。

と、色々とニュースが傍目には面白いのだけれど。でも、私は自民党広島県連に強い違和感を持っています。参議院選挙での、河井氏を巡っての本部との確執はありました。中本氏がいつも怒っていましたもの。でも、これだけ河井氏からお金をもらった人が沢山出ては、本部の問題だけとは言えないでしょう。沢山の自民党の地方議員さんたちも本当に沢山もらっていて、全国に恥をさらしました。このことで、本部が悪いとばかり言えない。もらっていたことを、県連として、県民にきちんと謝罪したでしょうか。あんり氏の判決が出た時こそ、ちゃんと党として謝罪すべきと思うのですが。それをしないままに、石橋氏を擁立して選挙区も闘うというのでは白けてしまいます。そう、私は思い怒っています。勿論私は自民党の党員ではないし、好きでもないのですが、あまりに恥ずかしい広島の政界を何とかしてほしいと思っています。

そしてそして。22日金曜日はいよいよ「核兵器禁止条約」の発効ですよ。これについては、また。

先日夫と一緒に行った「のんた鮨」。私は梅酒のソーダ割を一杯だけ。6時半に待ち合わせて、行ってすぐに「アルコールのラストオーダーです」といわれて、ああそうか、大変ね。と。7時半には料理もラストオーダーで。忙しかったけれど、それより人も少なくて、お店の人が気の毒でした。


2_20210117123701

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

小説「衆議院議員選挙」⑧終

今日の毎日新聞の一面です。最新の世論調査の結果が出ています。

Photo_20210117123701


菅内閣の支持率がどんどん下がっています。33%。不支持率は57%だって。これだけ支持率が下がれば、解散総選挙は早いかもしれないよ、と夫は言います。支持率の危険水域は30%といわれています。でも、こんなにコロナが大変な時に、解散して選挙なんて出来ないでしょう。もう少し何とか収束の兆しでも見えないと。世の中本当に大変なのだから。生活するのが苦しい人達が沢山。その人達を放っておいたままの選挙はしてはいけないのではと私は思います。

 しかしこのままこの政権に世の中任せていては、もっともっと大変なことになるかも。国民の姿が見えていません。自民党の中から政権に対する不満や警告が出てこないのでしょうか。それが不思議です。

コロナは、ワクチンがうてるようになると、大分違うかもしれませんが。当分、みんな苦しい。私のクリニックも苦しい。自衛でがんばらないと。

 今日、ふるさと納税の返礼品のリンゴが届きました。青森の一番小さな自治体を選びました。甘酸っぱいさわやかな香りが、ぱあっと広がりました。うれしい。大切に食べます。

Photo_20210117132001

 箱に入ったリンゴを見ると思い出します。私が大学病院に勤務していた時。もう40年以上前です。まだ子どもが小さくて二人とも保育園に行っていて、夫が病気になりました。医員(研修医)の給料は安く、私の給料は、一人分の保育料にもなりませんでした。アルバイトもできず、本当に貧しかったのです。牛乳代の集金が来られた時、お金がなくって子どもたちの口を押さえて隠れていたこともあります。家計簿をきっちりつけて、どこのお店よりこっちのお店が豆腐が2円安いとかやってました。

 そんな時、りんごがひと箱届いたのです。当時まだ木の箱で、中はもみ殻にりんごが埋まっていました。一日一個、一つ一つ大切に掘り出しては子どもたちに食べさせていました。もう無いのかなと思って、もみ殻を探って、もう一個が手に触った時はとてもうれしかったのを覚えています。


今は、ありがたいことに生活に困ることはありません。とても恵まれています。でも、当時の思いは忘れられません。今、あの頃の私よりもっともっとしんどい方たちが沢山いるでしょう。その人達に焦点があてられる政治を強く望みます。それができる政治家が選ばれることを願います。

選挙に関しての私の想いを、読んでいただいてありがとうございました。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

小説「衆議院議員選挙」⑦

久しぶりのブログです。いろいろと調べることがあって。

日本は、そしてこの地、広島もコロナで大変ですが、今日はアメリカについて、そしてそれは決してアメリカ単独ではなく、日本にとっても大変心配なことであるということを書きます。

 アメリカの議事堂にトランプ氏の煽動で、トランプの支持者が侵入したこと、死者まで出る暴動があったこと。1月20日のバイデン氏の大統領就任式も荒れるのではないかと心配されています。ものすごい数の軍隊が警備のために動員されている報道を見ました。


このトランプ支持者という人達の中には、極右の人たち、それは政治的な思想のみならず、宗教に裏打ちされて行動をする人たちもいると。すなわち過激な「カルト」集団ですね。それに引っ掛かっていろいろと調べていました。そしたら教えて下さる方もいらっして、やっとたどり着きました。

https://cult110.info/unification-church-touitsukyoukai/sanctuary-uc-usa20210111/

「【統一協会分派】米サンクチュアリ協会、トランプ大統領の呼びかけに応じ米議会の暴動に参加」

サンクチュアリ協会て何だろうと思っていたのです。そしたら、統一協会の分派だったのですね。統一協会の創立者文鮮明氏と韓鶴子氏の七男の文亨進氏が教祖だそう。文鮮明氏が亡くなって、その後継者争いが激しく、七男の文亨進氏を教祖として設立したのがサンクチュアリ協会だと。過激な思想で、礼拝にも自動小銃等で武装して参加する人もいると。その協会の人達もこの暴動の中に加わってたそうです。


日本でトランプ支持のデモ行進ををする人達も、日本サンクチュアリ協会の人達だと。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d845e148b43c21094217523edb6fae3bb5088f35

「日本で繰り返されるトランプ応援デモの主催者・参加者はどんな人々なのか」

そうなんだと、改めて納得しました。統一協会が名前を変えたりして弱体化しているとは聞いていました。跡目争いがあったのですね。でも、油断はできません。こんな記事があります。全国霊感商法対策弁護士連絡会から国会議員の方たちへの警告・要望書です。この要望書の効果か、実際に愛知県での会に参加した議員さんが少なくて韓鶴子さんの機嫌が悪かったという記事もありました。


https://www.stopreikan.com/kogi_moshiire/shiryo_20190927.htm

そして、大切なこと。

https://www.stopreikan.com/shiryou_002/h30.05_chirashi.pdf

2_20210115232901

私のこのシリーズ③の中で書いたようにとても大きな力とお金があって、政治を動かし、行政を動かして来たその勢力は、今も有力な国会議員の方への影響力を持っています。選挙の時には特に大きな力をを発揮します。その議員さんが行政に対して大きなを持ち続けていることも。性教育に関して、行政の中には、「あの議員さんが引退したら、ちゃんとします」ということもあって、本当にこけてしまいます。まだまだ私たちはカルト教団に対してしっかりウォッチングをし、警戒もしなければと思います。


どうぞバイデンさんが撃たれたりしませんように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。

ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧