鈴木邦夫さんの訃報に接して。

鈴木邦夫さんが亡くなったという訃報に接しました。

 私たちが鈴木さんのことを一水会の「純粋右翼」と呼んでいたころ、関西のテレビ局でお会いしたことがあります。そうそうたる言論人が呼ばれて、「運動」について意見を闘わすという番組。私は、地方から来たぺいぺいで、かつ女はただ一人だったと思います。必死で精一杯話したという覚えだけはあります。

 その後で、出演者がまだ話し足りなくって、雑談をしていました。テレビカメラのないところで、本音をああだこうだと。その時にお一人が

「右翼の人たちにコンプレックスを持っている」と言われたのですね。国家の有様をぶれることなく追及しているその姿勢にだったのでしょう。確かに、日本の文化を守るという、その点はわからないでもないけれど。そこで私が

 「そうかなあ」といったのですね。

「私は広島だから。8月6日には、ガンガンと軍歌を鳴らして市内を走りまわって。右翼には乱暴なはた迷惑な集団というイメージしかないけれど。」と。そしたら鈴木さんが私の目を見ながら「うん、うん。そうですね。」と言われたのですね。そのお顔があまりにやさしくって。私は大いに戸惑いました。それまでの右翼のイメージとあまりに違うので。

 接点はただその時だけです。ただ、それからは鈴木さんは気になる存在で、テレビに出演される情報があれば一生懸命に見たし、著書も何冊か買って読みました。

「論座」には、「右翼でも左翼でもない、孤高の言論人」と書かれています。

https://webronza.asahi.com/national/articles/2023012700003.html

 1_20230129133401


2_20230129133401

ああ、今こそ生きていて意見をしっかり言ってほしい方たちが次々と亡くなります。これからの日本は本当にどうなるのだろうと、きっと亡くなった方たちもそう心配しながら亡くなられた事だろうと思います。いつか、私もその一人になるのでしょうが・・。合掌。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

政治がおかしい。

今、政治は一体どうなっているのでしょう。こんな重要なことを、国会の論議もなく「閣議決定」だなんて。こんな重要事項を閣議決定で決めるなんて、いつからありましたか?

Img_1205_20221217193201

 大転換の一つであるPKOの時だってさんざん国会でもめて、だから、国民の意識も高まり、いろいろと集会も開かれたり、デモで意思表示をしたりもしました。

 今回は、あれよあれよという間に、防衛力強化のために国民も負担をなんて、増税まで決まったり。

 岸田総理は、広島出身だというのに、安倍氏以上に戦争への道を突き進んでいます。物価を抑えて国民の生活の支援をすることもせず、もっと苦しめる増税だそうです。

 何よりも相手国内を攻撃する反撃能力の保有という、これは本当に直接戦争につながることなのだから。そんな、閣議決定などで文書を改訂してはいけないと思うのですが。武器を強力にすることで戦争は防げません。相手国との外交の力を強めて、戦争が起こらないようにとすること。それが、政治のすることだと思うのですが・・。日本はどんどんと危険な方向に向かって行っている、危機感を持ちます。怖いことです。

 それにしても、テレビ局の取り上げ方の違い、すごいですね。NHKだけを見て、意識を作ってはいけないとつくづく思います。

 いつの間にか、統一教会のこともあんな救済法の成立で収束のような兆しを見せているし。統一教会の政治への影響をもっと点検しなければならないはずです。このままで終わらせてはいけないと思います。

 コロナもますます拡がっているのに、また年明けから旅行支援をするそうです。税金の使い道が本当におかしい。こんな日本の姿を見るのは、本当に情けないことです。一票を大切に使うように地道に活動しましょうか。それしか手がないのも悲しいことですが。

 患者様が折り紙で作って来てくださいました。トナカイの角も、サンタさんの眉やひげも、プレゼントが入っている大きな白い袋も、ちゃーんと折り紙で作ってあります。クリニックの待合室は、こんな患者様からのプレゼントがいっぱい飾ってあります。ありがたいことです。ぜひ見てみてくださいませ。

Img_1201


明日は、いよいよ今年最後の講演です。沖縄県とおきなわCAPセンター主催の「子どもたちの性と生」です。リモートなのがちょっと残念ですが。頑張り続けている沖縄の方たちにエールを送りながら、しっかり話そうと思います。この案内にもありますように、最近とても増えている「デジタル性暴力」、SNSによる被害についても、どう子どもたちに知らせればいいのか、それもしっかりお話しするつもりです。


Photo_20221217195601


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

三重大学の岩本先生のお話。

おはようございます。東京です。すごいお天気で、ホテルから富士山が見えます。これまで何度もこのホテルに泊まっていますが、ここから富士山が見えたのは初めてです。昨日はせっかくの昼間の新幹線なのに、雨で富士山が見えなくて残念でした。窓際の席だったので、窓から冷気が来て寒かったし。そしたら、今朝、こんなのが見えて、もうびっくり。です。

Photo_20221124085001

昨日は、息子一家と会って食事をしました。今日、息子たちはそれぞれ仕事と学校なので、息子の家には泊まらず、ホテルにしました。そしたら、旅行支援でとても安くなって、ホテル代もいれても、新幹線だけよりもうんと安くなって、びっくりしました。息子たちは、食事をした後、私が泊まるホテルまで一緒に来て、ホテルと同じビルにある「お風呂の王様」で一緒に入浴をして帰りました。久しぶりに孫と一緒お風呂に入ってうれしかったです。

昨日は、静岡大学の白井先生から送っていただいたアドレスで、ユーチューブを見ました。これは、多くの方に見ていただきたいと思いました。

https://www.youtube.com/watch?v=17CuHdvOtZc

Photo_20221124090801

三重大学の岩本先生のお話しです。宗教右翼と政治右翼と、統一教会との関係、特に日本会議と統一教会の関係等、もやもやしているものが、すっきり。なぜ日本を敵、天皇よりも文鮮明のほうが上とする統一教会と、自民党を中心とする右派の政治たちが仲良くするのか、不思議と思う人は多いでしょう。その歴史を知ると、わかってきます。岩本先生のお話しは、それをすっきりさせてくださいます。ただ、性教育に関しては、少しうん??と思うこともありましたが・・。山谷えり子氏の動きをとても詳しく話して下さいましたし、高橋史郎氏などのいうことをはっきり「ウソ」と言われることなど、とても愉快です。それに、1982年ころ、人工中絶の優生保護法から経済的条項を消そうとする成長の家等の動きに、必死で反対運動したことなどを思い出しました。

私、山中先生のお世話で三重大学に行ってお話しさせていただいたこともあるのですが、お会いしたかったなあ、と思いました。

 今日は、千葉、市川学園の中学三年生に話しに行きます。パワーポイントを作って、それから個人情報や動画や写真等を消して、生徒さんへの配布資料も作って送っています。それについて。私、これをA4一枚に4枚か6枚印刷して配ってくださいと依頼しました。そしたら、生徒さんはアイパットを持っているので、それに送りますということでした。さすが!!

すでに中学一年の時にお話ししている生徒さんたちへ、二度目のお話しです。ずっとバージョンアップしました。楽しみです。

夜は、今度は娘と会って一緒にマッサージに行く予定です。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

 

| | コメント (0)

経営者、講演料、愚痴・・。

 まあまあ、今度は、岸田総理自身の疑惑ですって。宛先、但し書きなしの白紙の領収書がどっさりと。何をしているのでしょう。こんなの、普通、私たちの確定申告では許されません。こんな時政治家は、寺田氏もそうだったけど、いつも「私自身は知らなかった」と言いますが、最終責任者は政治家自身です。それに、事務所の人たちに「うまくやれ」ではなく、「決して不正なこと、違法なことはしないように」と厳しく命じておかなければ。もしも違法なことが発覚したら、私自身の首が飛びかねないことであると。まあ、これまでこんなことがまかり通っていたということでしょうね。安倍さんがいなくなったら、次々とこれらが出てきたということでしょうか。

その上、これだけ物価が上がり、給料が上がらなくって生活が厳しくなっているときに、防衛費のために増税ですって??何を考えているのでしょう。

 「給料が上がらない」ことについて。私は極零細企業の経営者ですが、仕入れの何もかも値上がりして、でも医療費は上がらないので、あっという間に厳しくなっています。これから給料、ボーナス、給料と立て続けの月です。昨日、通帳を眺めて、頭を抱えました。どうしよう。これでは、従業員の給料を上げるどころか、退職金を貯めることもできなくなっています。

 コロナで軒並みなくなっていた講演がぼつぼつ戻ってきて、ありがたいことです。講演料もすべてクリニックの収入に入れます。でも、ここでいうことではないかもしれませんが・・。

 先日、ある学校から「外部講師に来てもらって授業をする」という枠があるので、来てもらえませんかという依頼がありました。命の授業です。日にちや内容をいろいろと打ち合わせをして、それでは、という時に「あの、お礼はお支払いできないのですが」と言われて、びっくりしました。私は「ええっ?珍しいですね。外部講師の枠が決められいても、その予算措置はないのですか?」と言いました。でも、「それでは行きません」とは言えなかったのです。でもねえ、すっきりしません。私の時間や労力はどう考えられてるのかと。以前はこんなことはありませんでしたね。「自助、共助、公助」なんてことが言われだしてでしょうか。これは、先生方の問題ではなく、性教育についての予算がとても厳しくなっているという現実があります。

ただ、私はボランティアは自発的にするものであって、公からボランティアを持ちかけるものではないと思います。

少し前には、新幹線の距離のある市の職員研修に来てほしいと依頼があって、O.K.しました。その資料も作って行く用意をしていたら直前に「ところで、謝礼ですが」と。「8800円でお願いします。ただ、交通費は出ません」と。びっくり。この時は、学校ではなく行政の方なので「では、行きません。お近くの方に依頼してください。」と言いました。だって、新幹線代のほうがうんと高くて、はみ出しますもの。身銭を切ってまで行こうとは思いません。しっつれいな。

その時は、また連絡があって「上司が頑張ってくれました。交通費が出るようになったので、来てください。」と言われたので、行きました。「上司が頑張らないと」交通費は出ないということが、そもそもおかしいと思うのですが。やっぱり、こういうところの予算が削られているということなのでしょう。全国的に。それにしても、行き帰りも含めて5時間。うち2時間の講演。それで8800円というのも、うーんなのですが・・。それなら、断ればいいじゃないか、ということです。ハイ、すみません。

カープについて書こうと思っていたのに、愚痴になってしまいました。すみません。これがうれしくって。新井さんと黒田さん。もう少し続きを書きたいです。

2-2_20221122142001

今日は、午後から新幹線で東京に行きます。明日は千葉で講演です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

広島の政界、ボロボロ。

うわー。

2-1

最悪。更迭した総理も広島、更迭された大臣も広島。大臣の辞職だけでなく、捜査だなんて。議員の座も危なくなるのではないでしょうか。河合夫妻だけでなく、本当に広島の政界はボロボロ。恥ずかしい。もっとちゃんとしなければ。

 今日の新聞に出ていました。今からですが、私は患者さんの状況で見られるかどうかわからないけど。時間のある方、ぜひ見てみてくださいね。イマナマ!午後4時50分頃からです。

Img_0825

明るい話が全くないのですが。明日は、ちょっと思いを変えて、カープについて書きますね。唯一ワクワクするのがカープですから。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

有田芳生さんの講演

11月3日、日本国憲法が発布された日。広島市の弁護士会館で戦争させない・9条壊すな!ヒロシマ総がかり行動実行委員会主催「2022年 平和といのちと人権を!11.3ヒロシマ憲法集会」が開かれました。記念講演は有田芳生さんの「旧統一協会と自民党の闇・・テレビでは聞けない話」

 会場はいっぱいの人。補助椅子をだしても足りず。二階の別会場と、そのほか、県内7か所の会場でオンラインの上映がありました。それはそれはいいお話しでした。全国の人たちに聞いてもらいたいと思いました。

 私は、裁判をしたためもあって、これまでずっと統一教会ウォッチャーをしてきました。でも、それでも有田さんのお話しは、知らないことがいっぱいで、そして、とても怖い話でした。スライドなし、メモもなし、ずっと口一つで二時間近く。その口からは、詳しい年月日、どこで誰が何をしたということが、次々と出てきました。私が思って来たよりも、そしておそらく日本中の人が思っていたよりも、もっともっと大変な、怖い組織であるということがわかりました。

Img_0428 Img_0419

お話しを聴きながら私がとったメモです。

Img_0461

話は頭に入っているので、細かい名前や年月日を記録しました。大阪の会で買ってサインしてもらった本と、当日会場で配られた本。大月書店の本にも、詳しい人々の動きや政治家とのつながり、それから脱会した人の手記など、とても読みやすくて、貴重な本です。


Img_0460

1986年、衆参同時選挙の前、京都の買収した旅館佐賀亭で全国の女性信者の「チャームコンテスト」を行った。身長156センチ以上、英会話ができること等をクリアした女性91人。宝塚の研修所などあちらこちらに連れて行って、徹底教育。最後は、神戸でフランス料理のフルコースで、マナーの勉強まで。うらに文鮮明夫妻の写真が入ったペンダントを贈られて。そうして出来上がった女性たちは、全国の国会議員の優秀な秘書として送り込まれたと。今も、何人もいると。その人たちが自民党の「調査」の回答を書くわけだから、正直に出るわけがないと。


統一教会は、たくさんの企業を作っています。韓国の石の工場で作った壺や多宝塔が、日本に持ってこられると、5000円のものが何万円も何百万円時には、2000万円にもなること。

 韓国の統一産業、統一重工業では、1960年代、銃和B3号という散弾銃を作り、日本に2500丁輸出。日本の銃砲店は統一教会が作っていると。さらに15000丁輸入しようとしていた時、社会党の議員が国会でおかしくないかと質問し、これで取りやめになったと、それでも、今度は銃和3Bという空気銃を作り、全国の統一教会の銃砲店が買い入れていると。これは、身震いするほど恐ろしい話です。

 埼玉県、神川村のコスモフーズ、ここは統一教会の信者さんたちの工場で、2020年までは「ウコンの力」を作っていたし、今はキリンのイミューズ(乳酸菌飲料)などを作っています。例の、統一教会の信者さんではないかと言われていて安倍首相の一押しで参議院議員になった井上義之氏の票はここがとびぬけていたと。この地は、文鮮明氏が三回も来ている統一教会にとっては聖地なのだと。

こんな話が満載で、いかに統一教会が広く市民の生活にまで入り込んでいるかがよくわかりました。

 彼らは、やはり韓国ナショナリズムが強く、やがてこの世界は韓国語で統一されると教義にそうなっていると。この度の参議院選挙は、本当に死に物狂いで頑張ったと。そのおかげで、自民党と維新と国民新党に、我々が支援した議員を沢山つくることができたと言っていると。

 この三十年間、メディアはほとんど統一教会のことについては報道してこなかったと。その間にこんな社会が着々と作られてきたと。

 私は、この三十年間メディアが報道しない内の彼らの動きを見ています。お金を集めることの一方、政治に深くかかわって、特に教育に入り込んで、日本の教育をひどいものにしています。日本の医療行政にも。

そうそう、最後に質問のコーナーがありました。「山谷えり子さんについて知りたいです」という質問がありました。有田さんは「統一教会とは全く縁がありません」と知らんぷりをしている人こそ、とても深いつながりがあると答えられました。

まだまだ書いていないことがたくさんあります。統一教会の内部告発をした人が殴られ、刺されてひん死の重症を負ったこと、1975年7月に文鮮明氏から送金命令が出て、それまでのハンカチや珍味売りではとてもお金が集められないとなって、壺売りなどに代わっていったこと、そうすると、月に20億円、年に2000億円送ることができたと。

また、機会があればこれらの話も書きますが、有田さんの本を読まれることをお勧めします。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

大阪にて、有田芳生さんと。

10月10日、大阪のドーンセンターで、有田芳生さんの出版記念講演会がありました。以前出されていた本「統一教会とは何か」をリニューアルして緊急出版されました。その出版記念の講演会が、大阪隆祥館書店の二村知子さん主催で開かれました。そこに私も合流したのですが。そのイベントについて、二村さんがフェイスブックに書かれましたので、それをここら転載させていただきます。私は、しゃべる方だったので、全体をきちんと見通すことができませんでした。それに、そのころは、ちょうどパソコンがふっ壊れてしまって、即座にいろいろと書くことができなくなってしまっていました。二村さんの文章が、素晴らしくって。写真は私のものを使いますね。

以下、二村さんの報告文です。




『改訂新版 統一教会とは何か?』大月書店 発刊記念イベント 報告文





永年に渡り、統一教会の取材をしてこられたジャーナリストで、元参議院議員の有田芳生さんと産婦人科医の河野美代子さんによるトークイベント




連日のように新たな事実が報じられる中、テレビ番組にも多数出演し、次々と実態を明らかにしている有田芳生さん。「空白の30年」の間に教団はどのように政治家と接近し、名称変更などにおいていかなる「政治の力」が働いたのか。そのことは、教育政策や家庭政策にどう影響したのか。すべての事実を明らかにし、歪みのない政治を取り戻すために、有田さん河野さんとともに考えました。




イベントを企画した当初は、有田さんだけのイベントのつもりでしたが、金平さんの「報道特集」や、富山県の「北日本放送ニュース」という番組で、報道された統一教会と政治家の癒着によって、酷い、性教育バッシングを受けた、広島の産婦人科医、河野美代子先生にもオンライン出演をお願いしたところ、直接、有田さんのお話をお聞きしたいと、なんと広島からお越し下さることになりました。




第一部では、これだけの事実が明るみに出て、多くの市民が、統一教会の犠牲になっているのに、国会で、追及しない安倍元首相と統一教会の関係、また、選挙の票欲しさのために、統一教会と癒着していた政治家の大物が、関係していないと平気で言い切っていますが、私たち世論が、どう立ち向かえばよいのか、有田さんのお話をお聞きし、共に、考えました。




有田さんは、国会で、第三者委員会を作り、「政治と統一教会について」究明するべきだと仰いました。また、リベラル層が、「反日カルト宗教」と呼ぶことに危惧し、この言葉を使いたくないと言われました。再燃している朝鮮学校への嫌がらせなどにも触れ、差別に繋がらない統一教会問題への取り組みをしなければならないと言われました。矛先が在日の方々に向かい、ヘイトクライムが起こらないようにしなければならないと思いました。




第二部では、統一教会と政治家の癒着によって、文部省の学校教育における政策まで、変えられていたことについて、河野さんから提供していただいた自民党議員の国会での発言の動画を見せていただき、当時のお話を伺いました。




1992年、文部省から「性教育について、きちんと指導しなさい」という指導があり、ようやく、日本でもきちんと子どもたちに教えることができると喜んでおられたそうです。




ところが、統一教会から、酷い性教育バッシングを受け、先生ご自身もデマを飛ばされて、名誉棄損の裁判を起こすまで至りました。




一番許せないのは、七生養護学校に対してのバッシングについてだと仰り、その経緯について教えて下さいました。

知的障がいのある子どもたちに正しい性知識などを教えるために、現場の先生たちは、とても努力をされていたそうです。ところが、山谷えり子参議院議員が、そこで使用されていた身体の成長を教える『家族人形』の衣服をはがし、素っ裸にして、勝手にセックス人形といい、『これで性技術を教えるわけです』と、国会で、嘘八百を言って攻撃していたのです。

この国会における動画を見せて下さいました。




山谷えり子さんのことについては、有田さんが、本書で、ご紹介されている「統一教会の内部資料」で、選挙での投票を呼びかけられていました。言わば後ろ盾が統一教会だったのです。物的証拠まであるのに、「統一教会とは、まったく関係ございません」と仰っています。




とうとう、2004年から文部科学省の指導要領に基づいて教科書が変わり、「性交」「セックス」という言葉を使ってはいけないということになったそうです。




それなのに、性感染症のことは教えて下さい。と言われ、「性交」という言葉を使わず、どのように教えろというのか?私には教えれないと嘆いておられました。




一方で、インタ-ネット上では、過激な性描写が、誰でも見れるようになり、小学校から望まない行為を強要させられたり、妊娠してしまうケースさえあるそうです。

きちんと現場の先生方が、産婦人科医とも議論を繰り返し、進めていた性教育をこのようなジェンダーフリー・性教育バッシングで、止めてしまった結果が、望まない妊娠につながってしまったのです。




性教育バッシングのために、諸外国よりも20年は、遅れてしまったという学校現場、どれほどの犠牲が出たのか知れません。




河野先生は子どもたちに「自分の身体を知り、自分を大切にして欲しい」との思いから、長年性教育に尽力されて来ました。前もってきちんと学んでおくことで、自分の身を守れるのです。




子どもを守るべき立場の国会議員が、選挙の票欲しさに、統一教会と癒着し、文部科学省の指導要領まで変え、性教育を後退させてしまったこの経緯、看過することができません。




有田さんは、社民党から、河野さんは、立憲民主から、政治と統一教会に関係について、レクチャーを頼まれているということでした。




今回のイベントには、立憲民主、社民党、れいわ新撰組、そして共産党の方もご参加下さっていました。子どもたちの未来のためにもぜひ追及していただきたいと思います。



会場には、北日本放送 報道制作部のカメラが入りました。



また、関西圏の某放送局のディレクター

3人、某新聞記者の方々も、複数人、参加して下さっておりました。



メディアにも、ぜひ頑張っていただきたいです!




このイベントのために、ご尽力下さった皆様、ありがとうございました。

Img_0433

Img_0085Img_0108Img_0434

本当にたくさんの人。それに、これはハイブリットで、全国の方たちがオンラインでも見てくださいました。イベント後のサイン会、ちょっと恥ずかしい。私の本も売り切れでした。ありがたいことでした。

Img_0106

そして、今日、広島の弁護士会館で、有田芳生さんの講演がありました。もっと詳しく統一教会のお話しを聴いて、これはすごいことでした。また明日そのお話しをしますね。

 


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ


| | コメント (0)

中国新聞社説、毎日新聞コラム

私が毎日とっている新聞、毎日新聞と中国新聞の両方が、同じ日8月23日に岸田総理の人事にクレームを書いています。全く同じ、杉田水脈衆議院議員の総務政務官への抜擢についてです。

それも、岸田総理のお膝元の中国新聞は、「社説」ですよ。社説の見出しは「差別容認議員なぜ起用」。ほんとうは全文載せて、中国地方でない全国の人達に読んで欲しいのですが、無断の掲載は違法になる様なので。一部だけ。中国新聞ウェブ版ではここで読めます。

https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/205144

1_20220825165101

初めから終わりまですべて納得できる文章です。最後はこうです。「日本政府は、性的少数者への差別を禁じるよう国連から14年にも勧告された。しかし進んではいない。欧州連合(EU)全加盟国や米国の多くの州で、性的少数者への差別禁止法が制定されているのに比べ、対応の遅れが際立っている。
 もはや、差別容認発言をした議員個人の問題ではなくなっている。岸田首相の見識や任命責任だ。今すぐやめさせるべきである。

岸田ファンが多い広島のメディアがこれだけ言い切るのはすごいことと思います。そうだそうだと拍手。岸田さん、すこしは応えませんかね。

毎日新聞は、「火論」で。「火論」は、社会部記者、ワシントン、エルサレム特派員等を歴任した大治朋子記者のコラムです。これも、一部だけ。本当は全文全ての人に読んでもらいたいけれど。

ウェブ版はここです。ただし、途中までかな?

https://mainichi.jp/articles/20220823/ddm/002/070/069000c

2_20220825165102

「男女平等は反道徳なのか」そうだそうだ!!それにこれだけのことを言っておいて、「過去らに多様性を否定した事もなく、性的マイノリティーを差別したこともない」っていう、杉田水脈氏は嘘つきだ。この記事の最後は、杉田氏がLGBTなど性的少数者を「生産性がない」といったことについての論考の後、「自分が年老いて生産性を失ってから、その思考の恐ろしさを実感するようでは遅い。」と締めくくっています。そうだそうだと又拍手。

 安倍さんが亡くなって、統一教会の事があれこれ言われていますが。統一教会の犯罪性は、なにも選挙を手伝ったとかいうことではなくって。そこばっかりつついていると、全体が見えなくなってしまうと思うのです。金と票でもって政治を動かした事。それも、自分達の教義なのか、ジェンダー平等や性教育を潰してきたこと、子宮頸がん予防ワクチンを初めとした女性医療行政を潰そうとしてきたこと、これらこそ、もっとも犯罪的であると思っています。

 これから、少しでも本質に迫って頂けます様に。

 今日の午後は、テレビ放送の方のロングインタビューでした。正にそのこと。統一教会が、いかに性教育や女性医療行政に介入してきたか、その体験と実感を話しました。いい番組になるといいのだけれど。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

杉田水脈氏が政務官ですって!?

昨日のメディアの方々に対しての二回目の講演で、後ですぐに幹事の方からメールを戴きました。

河野先生

 お忙しい中、本当に有難うございました。

長時間、声が枯れるまで話をして頂き、

資料づくりもご負担をおかけしてしまいました。

でも響くものがたくさんありました。

性教育バッシングを放置してきたこと、

HPVワクチンについて正しい情報を伝えてこなかったこと、

腫れものには触るなというようなメディアの姿勢が

陰謀論や偽情報にもとづいた政治圧力を許し

女性たちの命と健康を脅かしているということ。

参加した記者たちの反省と動機づけになると思います。(以下略します)


 多くのメディアの方たちにお話できたこと、ありがたいことでした。そろそろ、政治が変わらなければ。統一教会や日本会議等の民主主義からかけ離れた人たちの根強い力に寄って本当にゆがめられてきた人々の人権を取り戻さなければ。そして、平和で成熟した社会にならなければ、と思います。


それにしても、このひどさ。一体、岸田氏は何をしているのでしょうか。せっかく被爆地広島からの総理で、安倍派でもない総理なのに。

「内閣改造で、差別発言を繰り返していた杉田水脈氏が総務政務官に任命されました。」



Img_9203 Img_9200 Img_9199 Img_9192


ネットからいろいろと拾いましたが。表情が陰険ですね。

LGBTは生産性がないと傷つけたり、性暴力の被害者のことを「女性はいくらでもウソをつけますから」と誹謗したり。

大切なことですが、有権者の誰一人としてこの人の名前を書いて投票してはいないということです。小選挙区には立候補せず、自民党の比例の上位のみにランク付けされたために何の苦労もなく、議員になっています。多くの議員さんは自分の名前の数の多さで比例で当選が決まるというのに。今回の選挙の時には、安倍氏の弟の岸氏がごり押しして比例の上位にランクさせたと報道されていましたが。どうして自民党の中から「不公平であり、議員としてふさわしくない」という声が上がらないのでしょうか。議員としてもそうなのに、政務官ですって。

 統一教会の関連でも、この人は「統一教会の人に応援されることは何の問題もない」とひらきなおり、19年4月28日、「国際勝共連合」の関連団体で講演までしています。もっとも危ない人を政務官に任命しなければならないほど人材がないのでしょうか。まだ、祝電を送っただけという人のほうがましなような気がしてきます。

 本当に岸田さんは何しているのでしょう。岸田さんも杉田氏と同じ思いがあるととられても仕方がないでしょうよ。これからは、マスコミに期待したい所ですが・・。ほんとうに憂鬱なことです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「統一教会と知らなかった」って?

内閣改造で、新しい閣僚、自民党の役員が発表されて。萩生田氏の自民政調会長にはびっくり。それに、7人もの新閣僚が、統一教会と関係があったけれど、皆さん、それが統一教会だと「知らなかった」と言っています。そんなバカな、知らないわけないじゃないですか。寺田稔氏なんて、「原理研究会」という領収書を見せてこれが統一教会だとは知らなかったなんて。原理研究会は統一教会とイコールなんて、常識です。寺田氏は東京大学でしょ。東京大学では原理研究会に気をつけろなんてなかったのでしょうか?もう私たちの頃から全国の大学で原理研究会は要注意とされていましたよ。

 知らなかったで済むのが、政界の不思議な所。知らないでは済みませんよね。だって、どんな会でも、集会でも、「統一教会が入り込まないように気をつけましょう」は、常識でしたもの。知らなかったのなら政治家としてあまりに不出来というものです。それよりも、統一教会にすり寄った方が、選挙でも、安倍さんの人事にも優遇されるという魂胆があったのではありませんか?

 そんな、もやもやしたものを感じながら。

 私はいま大分にいます。朝早くに出発して、ほぼ一年ぶりに帰省しました。家は草ボーボー。草取りや掃除で一日中潰れそうです。

 途中、何年ぶりでしょうか。壇ノ浦のSAに入りました。ここからの景色はやはりいいですね。明後日は海峡の花火大会だそうです。

Img_9157

それから、途中高速を降りて、豊前の道の駅「おこしかけ」に行きました。おこしかけは東九州道が通じる前はいつもここに寄るのが楽しみだったのですが、ちゃんと生き残っているかな?といつも心配で、時間がある時には寄っていました。ぼつぼつの人でしたよ。

Img_9162_20220811184701

そこで、団子汁を食べました。昔は好きだったけれど、今は少し味噌が濃すぎて。ちょっともう無理ですね。

Img_9165

ところで、この旗の「求菩提」て、何と読むでしょう。大分には読みにくい地名が沢山あります。途中、求菩提温泉てあって、フーン、読むのは難しいねえと言っていたのですが、お蕎麦でもこの名前がありました。「くぼてそば」です。他にイチジクとごま油を買いました。ごま油は、そこでおじさんが絞っています。黒ゴマと白ゴマのしぼったのをスプーンで味見させてくださいました。さわやかです。

Img_9166

 明日広島に帰ります。暑い中、車で帰るのは、なんか遠いなあと感じるようになりました。年ですね。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧