アフリカで働く女性(とランチの麺)

先日、これからアフリカのある国に帰るという女性に会いました。国連の職員で、ずっとアフリカの国々で働いています。時々実家に帰って来て一休みされるので、その度に会います。

今働いている国のコロナは?と尋ねると、

「うーん、大分増えているのでしょうね。ドローンを飛ばすと、お墓がずいぶん増えているから。」
「コロナなんて、検査できないですもの。PCRなんてないし。そもそも医療が崩壊しているから。罹っていても分からないです。でも、ずいぶん広がっていることは確かでしょう。」
「コロナの前に、もっといろいろだから。飢餓や洪水や干ばつで人は沢山死にます。今、バッタがものすごくて、バッタに食料が食い尽くされて。この後に必ず飢餓が来ます。100万人の食糧支援をしないといけません。」

 でも、あなたもコロナにかからないように気を付けてというと、ニコッと笑って、コロナ、大したことないでしょう?と。

 そうですね。彼女が初めにアフリカに行った時には、コレラ対策だったし。その後は、難民キャンプだったし、そして、先日までエボラ出血熱への対応でした。それらに比べると、コロナなんて、とサラッというのも、分からないでもありません。でも、やっぱり気を付けて。また元気で帰って来てね。と間が抜けたようなことを言いました。

すごいですね。若い女性たちの行動力。つらいこともいっぱいあるでしょうに。ただただ偉いなあと感嘆します。私なんて、甘いなあと。いえ、私は女性たちの診療を中心に私の場で地についた活動を続けましょう。それを使命として。

最近、お昼は麺ばかり食べています。

ちからの中華そばミニ

Img_6979

同じくちからの天とじうどん

Img_7177

ちからの肉ぶっかけのミニ

Img_8366

讃岐のそうめん

Img_8372

そごうの文之助茶屋の力うどん

Img_8086

そごう地下の一福のぶっかけそば

Img_8348

そごう10階のマダムシェンロンの冷やしタンタン麺。辛くて涙がうっすらでした。

Img_7932

一蘭。おいしいけど、全部は食べません。ミニがあればいいのに。

Img_8373

そして、ローソンの冷やし中華ミニ。

Img_7888

最後に我が家のそうめん。これは夜ごはんです。具は日によって異なります。

Img_8356

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「マルモイ」

かねてから行こう行こうと思っていた映画「マルモイ」を観に行きました。

1_20200831092401 2_20200831092401

脚本、監督があの「タクシー運転手~約束は海を越えて」の脚本、オム・ユナさん。タクシー運転手がひどく面白かったので、期待一杯でした。

今回は韓国の現代映画ではなく、日本の統治時代の話。1940年代の京城が舞台です。全国の各学校で朝鮮語の使用と教育が禁止され、「国語」の時間には日本語を教えていた時代。

日本がほんとうに許せないことをしたのが、「言葉」と「苗字」を奪うこと。日本語と日本名を強制したこと。その時代に、朝鮮語を守ろうと、朝鮮語辞典を作る人達の命がけの働き、抵抗、闘いが描かれました。自分たちの言葉を守ろうとした、その当たり前の行動で命まで奪われるという、誠に理不尽なこと。本当に我々の先人たちがやったことが申し訳なくていつものように涙ボロボロでした。

韓国は、地域によって言葉がかなり異なり、それらの方言を全国から集め、標準語を定めるという、膨大な労力と年月をかけて、辞書は出来上がります。

 購入したパンフレットに載っている韓国のポスターもとてもいいですね。

3_20200831092501

京城第一中学に行っている、優秀でも貧しくて学費が払えない、そのためにひどい暴力を受ける息子と、とてもかわいくて、映画の中でホッとする場を作り出している少女。この二人も載っているところが何よりです。

その他、日本名を強制された息子、妻が日本にさからったために刑務所に入れられ、その妻の命を救おうと、そのために密告をしてしまったけれど、結局は妻も獄死してしまう男。包容力のある、優しくも芯の強い、結局拷問ししてしまう男性。などの人も描きながら、主役の二人。辞書を作ろうとその中心になって闘う「朝鮮語学会」の代表。文字も読めず、すりなどで子ども二人を育てる男が、段々と文字を覚え、結局は辞書の原稿を守り、銃で打たれて死亡してしまう、その二人の交流が温かく、時には笑いを誘い、最後は涙という感動の作品です。

分厚い辞書が出来上がったのは、解放後。命を懸けて守られた手書きの原稿には、赤ペンが一杯入っていて、今は博物館に保管されています。その赤ペンの入った原稿。子どもたちに手渡された分厚い辞書の中に、父親が子供二人に書いたつたない文字の手紙が挟んでありました。それらを見て涙が止まりませんでした。本当にこの辞書が出来上がってよかった!!

 でも、感動というよりは、私たちの国が行った加害に対して、ほんとうにどうすればいいのか、それを考えて、ずっと胸が重いままでいます。少なくとも、多くの方にこの映画を見て頂きたいと呼び掛けること。横川シネマは今、席を一つ飛びにしてありますが、一杯でした。9月7日までです。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

大井赤亥さんの話を聞きました。

先週の金曜日診療後、大井さんの話を聞きに行きました。大井赤亥さん。広島二区から衆議院議員に立候補する予定の若き男性。かつて、私を応援して下さった、いさじ章子さんの息子さんです。

 その昔、私が性教育に対して、あまりのひどい虚偽の誹謗中傷をされて、当時の広島市PTA協議会の会長を名誉棄損で訴えたことがあります。その時の決起集会、全国からずいぶん沢山の方が駆けつけて下さいました。当時、東京の七生養護学校で知的障がいのある子どもたちへの性教育に対するバッシングで職を追われた先生たち、処分撤回の厳しい裁判を闘っていた原告の方たち、それに豊中市男女共同参画センター「すてっふ゜」の館長を、右翼の恫喝で雇止めをして、その撤回の裁判を闘っていた三井マリ子さん、基調講演は、東京で統一教会などの霊感商法に対して闘われていた紀藤正樹弁護士でした。その大会の冒頭、チャンゴをたたいて応援して下さったのがいさじ章子さんです。その後の選挙のときにもずいぶんお世話になりました。いさじさんは、東京芸術大学出身の画家。その後、すい臓がんを患われ、亡くなるまでも、沢山の絵とエッセイ、詩を残されています。命を見つめた、心に突き刺さる数々の遺稿です。

大井さんは、そのいさじさんの息子さん。広島で基町高校生の時、平和ゼミナールで活躍、その後東京大学政治学科卒、院で博士課程修了。若き政治学者として活躍していました。その彼、いさじさんの息子さんが立候補を決意されたと。これは、応援しないわけがない!!と。それも、強力な自民の現職がいる二区からと。大井さんは、他の区の立憲民主党からの立候補予定の方たち、三区のライアン真由美さんと、5区の野村功次郎さんと一緒に「8.6ヒロシマ平和の夕べ」にも初めから終わりまでいて、すべての話を聞いて下さいました。

この度は、仲間たちが声をかけてくれて、彼の話を聞きました。

5_20200825001801

誠実な、頭の切れる学者さん。でも、選挙は全く不慣れなので。少しでも、私のかつての経験で持てるものでお手伝い出来たら、と思いました。

2_20200825001701

1_20200825001701

若くてさわやか。

チラシを読んでいて、涙ぐんでしまいました。基町のアパートでお母さんの遺品の整理をしていて・・。

3_20200825001701  

4_20200825001701

私は、昔から社会党の、今では社民党のファンではありますが。立憲民主党という党が、これからどうなってい行くのか、まだまだ未知な部分はあります。党の一人としてよりも、一人の対自民の候補として、頑張ってほしいと思います。

期せずして、明日から河井夫妻の裁判が始まりますね。あのおしゃれで美しいあんりさんが、手錠、腰縄の姿を人々の前にさらすのかと考えたら、とても気の毒です。裁判では、とても沢山の被買収者、お金をもらった人たちの名前が公にされるとのこと。私も、その名簿をある方からもらいました。これまで知らぬ存ぜぬを通してきた人たちも、ここで明らかにされて、さあ、どうするのでしょう。これも、これまでの安倍政治がもたらしたもの。その安倍政治を少しでも早く終わらせるために、私は、大井さんを応援しようと思います。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

世田谷区にふるさと納税

昨夜遅くに無事広島に帰ってきました。兄とも義姉とも話ができました。兄がほとんど食べられないとのことで、入院した方が、とも思ったのですが、入院すると、今は一切の面会ができません。自宅の方が姉も大変ではありますが、何とか食べられるようにあれこれ工夫をしたり喧嘩をしながらも、会話をして頑張っています。つくづく思うのですが、闘病をしている人は、体がつらいのもあって、どうしても身近な人にわがままをぶっつけたりします。こんな時には、看病人たちへのいたわりが必要になります。今回は、その目的が少しは果たせたかと思います。

ところで、コロナですが、一昨日テレビを見ていて、世田谷区の保坂区長が出ていました。世田谷では、これからPCR検査を増やしていくと。でも財源が。世田谷はふるさと納税で54億円流出していると。その半分でも減らせれば、それに、全国からのふるさと納税も募集していると。

なので、すぐに世田谷へのふるさと納税の手続きをしました。返礼品は、なしでもいいのだけれど・・と思いながら見ていると、これは!いいなあというのがあったので、それを頼みました。食いしん坊の私にはピッタリです。

1_20200803083201

インドカレーのセットです。中身はこうです。インドカレー大好きなので楽しみです。

3_20200803085401

メッセージを「娘が世田谷に住んでいます。コロナ対策頑張って下さい」としました。

昨日、ネットでそう区長が呼び掛けたその日に150万円ふるさと納税が集まったと出ていました。また、時間をおいて寄付してもいいかな?と思っています。

世田谷の号外NETを張り付けておきますね。ニューヨーク市に学ぶということが書かれています。

https://setagaya.goguynet.jp/2020/07/29/setagaya-model_bs-tbs-houdou1930/


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

河井夫妻の不起訴について

少し前の毎日新聞です。河井夫妻の不起訴の話。

1_20200714183301

事件の発端となったいわゆるうぐいす嬢たちに法定での上限15000円を超える30000円を払っていたという件。これが不起訴なのだそう。ふつう、誰がみても違反だから、とても起訴しやすい事件と思うけど。それが不起訴なのは、地方議員など100名に約3000万円ものお金を配ったという買収にくらべて、事件が小さいからだろうと。

でも、選挙違反って、小さな違反もしないようにしないと、とても気を遣う物と思っていた私なんぞは本当にびっくりです。一人でも違反を出して、候補者の顔に泥を塗るようなことはしてはいけないと。

今回の件、いえ、森友、加計、桜と続いて、罪に問われないことが多すぎます。賭けマージャンの黒川氏は、これからはみんなテンピンまでは賭けにならないそうだとばくちにお墨付きを与えましたし。(黒川氏はすでに退職して無職になったからって?とんでもない、彼は高級弁護士になるので、もうクライアントがひしめいて待っているとの報道もありました。そりゃあ、政権にもっとも近い弁護士になるのだから、使い勝手が良いのでしょう)。

それに、地方議員などの、河井夫妻からたくさんのお金をもらった人たちは不起訴との決定も、本当に??です。

もらった議員の辞職決議をした議会もあるようですが、でも、もらっていても、知らんぷりをしている人もいるのだから、正直に言った人だけ辞職をというのは、また、おかしいことですし。

もう何もかもめちゃくちゃですね。

友人夫妻が、河井夫妻を告訴していて、その結果を検察庁が送って来たと。律儀なことです。

3_20200714183301

不起訴ですよ。これが、うぐいす嬢たちに多くのお金を私た件?それに、運転手さんに140キロで行けと教唆をした件?

でも、これはおんなじ138号と139号で、東京地方検察庁に移送と。それらの事件の一部だけ移送して、残りは不起訴と?


4_20200714183301


そしてこれは東京地方検察庁から。「起訴」と。でも、よく見ると、これは河井案里さんだけなのですよ。克行氏は無いのです。まったくもう、わけがわからん。律儀なことと思ってたけど、実にいい加減でした。


2_20200714183301

検察、頑張れなんて声もあったけど、実はいい加減な所なのかも。と思うようになりました・・・。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

河井夫妻の起訴について分からないこと二つ。教えて下さい。

今朝の中国新聞一面です。

1_20200709152001

2面3面。

4_20200709152001

社会面見開き。

3_20200709152001

とても読み応えがあります。

私、どうしても分からないことが二つ。どなたか分かっている方があれば、教えて下さい。

河井夫妻の事件は、広島が舞台です。二人の住まいも広島、選挙区も広島、お金をもらった議員、首長も広島の人たち。それなのに、なぜ東京地検であり、東京拘置所であり、東京地裁なのでしょうか?

広島地検が頑張っていて、そこに東京地検が応援に来てと思っていたのですが。いつの間にか、東京地検が主力となって。逮捕は国会の直後だから東京で、そして広島に連れてこられるのかと思ったら、東京拘置所で。そのまま裁判も東京なら、私たちはほとんど傍聴に行けません。私、東京が主力になって来た時、いよいよい1億5千万円を渡した自民党の本部、そして政権の中枢に迫るかと思ってワクワクしていたのですが、これで捜査は終わりなのですね?


だったら、せめて裁判は広島でやってもらいたい。広島の事件ですから。なぜ東京なの?これが疑問の一つ。

もう一つ。多くのマスコミやネットで言われているのですが、なぜもらった側は無罪放免なのでしょうね。だったら、このままだったら、「私はお金をもらいました。すみませんでした。」と謝った人は損して。なんにも知らないと口を拭った人が偉かったということなのですね。

でも、せめて起訴状の中に、もらったという人の名前は出てくるのでしょうか。それを記者さんはどんどんメモをして、起訴状に名前が出た人たちの名前を報道してもらえないでしょうか。法的に問われないのであれば、せめて名前を知って、それを次の選挙に生かす。有権者としてそれくらいはしたいですよね。要するに、起訴状に、お金をもらった人の名前は出て来るのかという疑問。これが知りたいことの二つ目です。

どなたか、教えて下さいませ。

今日の中国新聞の三面の東京大学名誉教授御厨貴さんの記事の中の野党を経て自民党は「いつまで与党でいられるかわからない」となった。中枢に近づかなければ駄目だ、権力をもたなければ何もできない、との感覚も生まれた。克行被告はそれがむき出しだったイメージだ。

5_20200709152101

それに強く共感します。権力の中枢にいてこそ、何かができるというのは、幻想。いつも権力のそばにいると、それだけ国民の姿や想いがわからなくなってしまう。そうして支持者を裏切って党を変わる人、またはとてもそんな人ではないのに自民党から立候補する人、そんな人たちの姿を見てはがっかりしてきました。

すっきりしない思いです。せめて、私のクリニックに青野さんが活けて下さったアジサイを見て下さいませ。

Photo_20200709152101

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

1億2千万円は政党交付金。

大分、別府にいます。今から大分市の兄の所に行きます。入院していたのですが、病院には面会に行けず、退院の報せがあったので、会いに来ました。


ここには、昨年の12月の義母の三回忌で帰って来て以来です。ゴールデンウィークに帰るつもりだったのが、コロナのために諦めたのですが、とても久しぶりなので、庭がとても悲惨な状態になっていました。夫は帰るとすぐから、今朝も起きるとすぐから木々の剪定をしています。私は、ラベンダーに蔓が巻き付いて、枯れて行っているのを蔓を切ったりして救済に手がかかりました。この家を建てた時に鉢植えのを二本買って植えたのが、代替わりしながら生き続けています。

それから、ガクアジサイがきれいに咲いていました。これは、やはりこの家を建てた時に、私の父がアジサイアジサイと苗を探して植えてくれたものです。花が咲いてみると、アジサイでなくガクアジサイでした。でも、とてもきれいな色で、私は、初めてこれが咲いてているのを観ました。だって、この時期にここに帰ってくることはこれまでなかったものですから。

Photo_20200621112901


今朝の中国新聞を私は見ることができないからと配慮してくださったのでしょう。県北の友人がラインで送ってくれました。広島市内のとは版が違うけど、たぶん同じ内容でしょう。今日も、河井夫妻の記事が一杯。その中の一部です。

6212 6211

 河井杏里氏にわたったお金、1億5千万円の内の1億2千万円は政党交付金だったと。やはりそうなのですね。ということは、税金ですね。我々の血税がこんなことに使われていたということですね。

昨日、大分に向かって車を走らせながら、しまった、ブログに書き忘れてことがある、明日書かなければと思ったこと。

(削除しました。)

 ほとんど食べられない兄に、パンを焼いてきました。姉からはぶどうを託りました。少しでも食べてくれると嬉しいのですが。今日の夜には、広島に帰ります。高速道も、SAも、とても空いていました。帰りもきっとそうでしょう。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

河井夫妻の逮捕に思うこと。

遅ればせながらになってしまいますが。河井克行、案里夫妻の逮捕について。もう、色々と言われているのですが。私の想いを少し。

 二人が買収のお金を持って回って、押し付けたとのことですが。でも、もらった側も、お金を受け取ると違法になることはわかっていたはずです。選挙違反です。特に地方議員は、自分の身分が問われることにもなるという思いはなかったのでしょうか?それが不思議です。報道によると、議員の40人もがお金を受け取っていたと。だれもが受け取らなければ、犯罪は成立しませんでした。その意味で、広島の政界は腐っているといえますね。県議会の自民党の議長がさかんに河井夫妻と強引に杏里さんを立てた中央を「だから言ったでしょう」と責めていますが、自らの足元の仲間たちが金を受け取っていたとの反省があれば、その反省の言葉も言わなければならないはずです。恨みつらみだけを言う姿は、醜いと思いました。

それから。河井氏がなぜ違法なことと思わないのかが不思議です。よろしくとお金を配ったら、それは選挙違反でしょう。よろしくと言わなかったら、違法にならない?いえいえ、案里氏の立候補の直後から配っているのですから、当然それはよろしくお計らい下さいの意味だと、子どもでもわかります。

昨日の中国新聞の一部です。「権力バック慢心か」と見出しにあります。はい、今の安倍政権の元では、何をしても罪に問われない。森、加計、桜、たとえ強姦をしても、安倍さんと仲良しであれば罪は問われない、そんな雰囲気の中で、安倍氏と仲良しの自分は何をしても守られるとのおごりがあったのかもしれません。

6_20200620084701

それから、もう一つ。ずっとテレビの特番を見ていましたが、誰も、どこの局も、岸田氏のコメントを取っていませんでした。中国新聞にわずか。

「離党したとはいえ、これまで自民党に所属し、なおかつ広島から選出された国会議員。逮捕は誠に残念だ。」自民党の岸田文雄政調会長(広島1区)は18日夕、党本部で報道陣の取材に「政治、自民党の信頼回復のために努力しなければいけない」と答えた。


これだけです。岸田氏は、この参議院選で、まさかと思える行動をしました。この写真です。

Photo_20200620084701

広島の自民党の人たちが、案里氏の立候補に反対しているのに、安倍総理と共に、案里氏の選挙カーに乗って応援したのです。これには、たまげました。だって、溝手氏は岸田派の重鎮。その溝手氏を裏切るかのように、案里氏を応援した。そして、結果は、自らの派閥の重鎮が落選という、結果になってしまった。まるで他人事のように「信頼回復のために努力しなければならない」といえる?こんな選挙をしている候補を応援して申し訳なかったと頭を下げなければならないはずなのに。広島の自民党関連の人たちは、この岸田氏の行動に少しは文句でも言ったのかしら。影でいろいろ言っているのは聞いていますが。

 ま、私は自民党支持者ではないので、あくまでも岡目八目ですが。

それにしても、中国新聞、すごかったですね。

一面。当然トップですよね。

1_20200620084501

2面、3面。

5_20200620084601

5面の社説、18面のビンゴ版、そして22.23面。

2_20200620084501

そして、冒頭の26.27面。どの記事にも貫いているのは、河井夫妻だけでなく、安倍政権の責任を問うていること、筋が通っています。字が小さくて読めないでしょうが、見出しの雰囲気だけでも感じていただければと、載せました。今日もまた、1.3.22.29面にとても興味ある記事が出ていて、読むのに時間がかかります。

今日は、私は診療後大分に向けて車を走らせます。新聞を持って行って、寝る前に読むつもりですが・・。疲れて読めないかも、です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

河井夫妻と、長田屋の再開。

広島の方はもう、とっくにご存じですが。昨日の中国新聞のトップ記事です。

Photo_20200605194701

今か今かと待ち続けて。どうなってるの?立件はされると言われているのだけれど、まさかこのまま逮捕はなく、在宅起訴とか?などと思っていたけれど、どうやらこの国会が終わってからの様です。考えてみれば、検察という組織も、その時の政権を守る一つの組織なのかもしれないとさえ思いました。

 あんな大がかりな選挙違反をやらかして。以前にも書きましたが、私は知りたいのです。金を配る、買収というのは、本当に禁じられた選挙違反で、たった一人に金を渡しても怖いことなのに、100人超え、2000万円を超えているのですって。どうしてこれがばれないで乗り切れると思ったのか、いえ、ばれても平気と思ったのか、それが知りたいのですね。安倍首相の側近だから、ばれたとしてもうまく乗り切らせてくれると思ったのか。「もり・かけ・さくら」のように。

 それに、本当に河井夫妻だけで終わるのか、だって、河井夫妻に1億5千万円ものお金を渡したのは、党中央、本部なのですね。それが買収の資金に使われて、でも、広島の検察の捜査は、河井夫妻、そこまで止まりなのでしょうか。

 そんなことを思いながら、待ち続けております。

昨日は、待ちに待った、長田屋が再オープンでした。オープンの日に絶対に行こうと思っていたので、行きましたよ。夫ともに。4月18日から休業されていて、これまで長かったですね。お店の中には、アクリル板が張り巡らせられていて、感染予防に並々ならぬ工夫がされているのがよくわかりました。

1_20200605194701

まずまずのお客さんでした。ただ、海外からのお客さんがまだ当分望まれないので、厳しいでしょう。店主さんは、一年はかかるでしょうねと言っていました。私の所も一緒、患者さんは減ってね、というとびっくりされて。みんなそう。影響を受けていない所は、ほとんどないよねとという話です。

私の注文は、言わなくても分かってもらって。うどんの肉玉イカ天ネギかけです。

2_20200605194801

おいしかったあ。夢中で食べました。

さあ、負けないで、お互い頑張りましょうね。助け合ってね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (1)

内閣支持率27%自民党支持率25%!!

昨日と今日の午後は電話当番です。新型コロナで様々なことが自粛になっていても、このような活動が粛々と続けられていることに、誇りを持ちます。がんばりましょう。

 今日の毎日新聞です。もう、ネットでは散々知られていることですが。

1_20200524103301

安倍内閣支持率27%。それに、不支持率64%!!これがすごいですね。どちらでもないとか、分からないとかがほとんどなくって、不支持64%。それから、もう一つ、これもすごい!!自民党の支持率25%ですって!!

 やっとやっと。これだけハチャメチャでどんどん民主主義が壊されて行っているのに、どうしてこんなに安倍内閣の支持率が高いのか、世論調査の方法がおかしいのではないかなんてさえ思っていました。この世論調査は、固定電話だけでなく、携帯をも使っていると。特に若い人は携帯電話を使っているのだから、固定電話だと、どうしても年齢層が高くなるのではないかと疑問をもっていました。これですっきりです。

今日のサンデーモーニングで青木さんが解説していました。安倍さんが、しきりに「黒川さんの定年延長は、法務省が持って来たのだ」といっているが。

3_20200524103301

でも、実は、昨年11月に、黒川さんが2月に定年退職すると、その人事案を官邸にもっていったところ、それはダメだと。2月までに検事総長にすれば、定年は65歳までになるのだから、そう計らえと。でも、稲田検事総長は、2月には辞めないと。(だって、この人の定年は8月なのですから。)で、結局黒川さんの定年退職を延長するしかないとなって、法の解釈を変えてまで、閣議決定をしたのだと。そもそも官邸にその主導があったのだと。

 そんなことをしておいて、定年延長は自分が仕掛けたのではない、法務省からの提案だった、なんて。

 かけマージャンであっけなく辞職してしまった黒川さんですが、この人のおかげで沢山の政治家が罪を逃れています。官邸は本当にこの人に検事総長をやってほしかったのでしょう。安倍さんの罪、それに、今すぐに大問題になるのが河井夫妻。昨日の中国新聞では、お金を配ったのは100人、2000万円を超えると。さあ、黒川さんがいなくなって、この二人はどうなるのでしょうか。

21日、神戸三宮です。毎木曜日、こうして立ち続けている人たちがいます。広島だけでなく、関西でも、こうして河井夫妻のことを訴えている人がいる。感動しました。(写真をブログに載せること、了解を得ました)

2_20200524103302

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)