江田島の碑

昨日は、8.6平和の夕べのスタッフたちと江田島に行ってきました。久しぶりの海。ゆったりとしたフェリーに乗ると、心が弾みましたよ。空は青く、海も青く、波は穏やかで暖かです。

Fullsizerender_567
江田島切串港には、在住の山下氏が出迎えて下さっていました。総計7人で、まず海上挺進戦隊戦没者慰霊碑へ。江田島というと、海上自衛隊術科学校とその資料館ですが。そうでない慰霊碑二か所に行きました。

Img_8974
第二次世界大戦の戦局が危うくなった頃、ここ江田島に陸軍の秘密基地が作られました。船舶特別幹部候補生の少年たちを集め、ベニヤ板で作ったモーターボートに爆薬を載せ、一艇で一船に体当たりしするという任務の訓練をしたと。ここで訓練をしたのち、沖縄、フィリピン、台湾などに送り出されたと。計2288名がここから出陣し、1636名が命を落としたと。

この基地の存在は、長く秘密にされていましたが、この元教育隊長の斉藤義雄さんが尽力してこの慰霊碑を建てられたとの事。この文を読むと、あまりのむごさに、胸が痛くなります。
Fullsizerender_568
慰霊碑のすぐそばに今も残る突堤。これが秘密基地を伝える唯一の証であるそうです。先端に立っているのは、私です。今も当時と変わらないであろう穏やかな海です。

Fullsizerender_569

次に行った慰霊碑です。

Img_8999

慰霊碑の裏の碑文に書かれているのは、次のような文章です。

「昭和20年8月6日、世界で初めて原爆が投下されて多数の犠牲者を出しました。その一部の遺体がその後間もなく来襲した枕崎台風により鷹の巣の砂浜に漂着し、その幾多の人々の現状は想像に絶する過酷な物であった・・・それらの無縁仏のご冥福をお祈りしたい・・・」

この碑の向こうに、広島市が見えます。まっすぐに遺体が流れ着いたのも納得できます。

穏やかな瀬戸内海の島々にも、こうして戦争や原爆の爪痕が残り続けています。
この項、続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中村周六さん・続

全身をがんに侵されながらも福島のフィールドワークに行った中村周六さんに「死ぬのは怖くないか」と尋ねたのは、宗教者の方々が、自らの死をどのように受け止めるのかを知りたかったからです。先日お伝えした中川健作さんは、末期の大腸がんと分かってから、キリスト教の洗礼を受けられました。仏教者の中村さんはどうなのでしょうか。中村さんは、

「まったく怖くない。もう、楽しみで楽しみで。あの仏に会うことが出来ると思うと、本当に楽しみなんよ」と言い切ったのです。

周六さんは、学生時代から、人を受け入れる方でした。どんな人の言うことでも「それはいいのう」と。まず受け入れて、話を聞く。その姿勢は大人になってからも、まったく変わらないままでした。そんな方ですから、お坊さんになられたことは必然だったのかもしれません。

広島大学に入学して寮に入って。そしたら、毎日毎日ラジオで「今日、被爆者の○○さんが亡くなりました」と放送するんよ。参ってのう。寮のすぐそばに原爆病院がありました。その頃は、被爆者がそこで亡くなる度に放送されていたのですね。そこに周六さんの原点があると言われていました。

私たち、8.6ヒロシマ平和の夕べの実行委員会では、周六さんは私たちの要でありました。

2013年には、沖縄から知花さんをお迎えしてお二人の対談を行いました。

00
そのイベントの前後のブログはここにあります。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-dc4c.html

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-8469.html

おそらく死を覚悟して、福島にフィールドワークに行った時、案内をして下さった地元のお坊さまとの写真です。ひとしお穏やかなお顔です。

Img_3529
周六さんを失っても、私たちはなお進まなければなりません。私たちの模索は続いています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中村周六さん

 昨日中川健作さんのことを書きました。今日は、もうお一人私たちの仲間が亡くなったことをお知らせせねばなりません。昨年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」で登壇した中村周六さんです。

Fullsizerender_553

この時、すでに大腸がんに全身が侵されていました。中村さんは、プログラムでは、その年の3月に行った福島のことを報告する予定でした。しかし、いきなり参加者に向けて合掌し、「なまんだぶなまんだぶ」から始まり、親鸞の話、仏教のお説教を話出したのです。いつ、福島の話になるのかと思っていたら、結局最後までお説法で終わったのです。司会の私は、どういったらいいのか、ほんとうに戸惑いました。

中村さんは、浄土真宗のお坊様です。御坊様が仏教の話をする、それはまったく違和感のないことかもしれません。しかし、本当にびっくりして。

昔、中村さんは広島大学の学生でした。それから私たちは長い間どこにいらっしゃるのかも分からなかったのですが、滋賀県で生活されていました。その内、高齢のお母様と同居するためにお一人で作木に帰って来られました。作木では、農業と牛飼いをしながら、仏教の勉強をし、お坊様になられました。「牛が可愛うて、可愛うて」と何度も聞きました。

8.6平和の夕べには初めから参加しておられます。何十年振りでお会いした時、くしゃくしゃの笑顔で握手しました。

私たちの大切な仲間、原伸幸さんが大腸がんに倒れ、亡くなった時にも、その前に病床に行き、しっかり時間をかけて話をし、最後に握手をして別れたと。全く悔いはないと言われました。後で考えると、その時には、すでにご自分も大腸がんに罹っておられたのですね。

そして。昨年三月に福島にフィールドワークに行った時、私は別行動で「聞かせて福島のこと」を開催し、お話を聞いていたのですが、夜福島での懇親会に合流しました。そして、中村さんの隣に座ってお話をしました。一番手前が中村さんです。中村さんは、がんの体を押して、福島に行かれたのです。

Fullsizerender_554

 その時、中村さんは話して下さいました。医者に写真を見せられた時、がんが腸や腹にいっぱいだったと。その一つ一つのがんがすべて仏に見えたのだと。仏がいっぱいでこちらを見ていて、感動したのだと。

 私は、「六さん、死ぬのが怖くないですか?」と尋ねました。

この話、明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中海干拓事業の住民運動など・中川健作さん

昨日は、8.6ヒロシマ平和の夕べの実行委員会でした。今年の会について、いろいろと懸案しています。その内、皆様にもご案内しますね。

その会でもも話しましたし、皆様にもご報告しないままでしたので、改めてここにご報告です。

先日何回かに渡って書いた宍道湖・中海の干拓について。前回は、その干拓の農水省の委員であった伊達善夫先生の御本についてでしたが、その干拓をほぼ完成してからストップさせた背景には、粘り強い住民の運動もありました。

特に、中海の干拓、淡水化にについて米子市会議員の中川健作氏の運動・議会での働きもありました。

8・6ヒロシマ平和の夕べの実行委員で2012年7月に島根原発の勉強に松江に行った時、島根原発の中国電力に交渉し、原発についての講義を受け、「さよなら島根原発ネットワーク」の芦原さんにも講義をしていただきました。それらの手配を引き受けて下さったのが、中川健作さんでした。その時の写真です。

Fullsizerender_551
Fullsizerender_550

その時のブログは、以下にあります。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-f212.html

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-8322.html

そして、翌年3月、大腸がんが発見されました。市会議員も退任し、闘病生活に入られたと。それを聞いていて、2014年7月に「さよなら島根原発!大集合」にやはり平和の夕べの実行委員で松江に行った時、米子を回って、中川氏に会いたいということになり、連絡を取りました。が、中川氏は、日曜日には教会に行くから、とのことで会うことが出来ませんでした。

そして、2015年5月30日に永眠されました。

 以下、岡山市会議員のおにきのぞみさんのブログに中川さんが亡くなった事が報告されています。

http://yaplog.jp/niji_oni/archive/2282

おにきさんのブログに案内されていた中川健作さんについてです。

Fullsizerender_552

私たちの御縁のある方たちが次々と亡くなられ、段々と寂しくなっています。残された私たちがどう頑張るか、そして、どう後継者を作るか、それが問われているのですが。これにつき、明日にも続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニューヨーク州知事の緊急声明

トランプ氏が大統領になって、不安が一杯です。就任の演説で言っていたことと裏腹に、アメリカの格差が一層進むのではないか、世界戦争への道をひたすら歩むのではないか、それももっとも危険な核戦争が現実になるのではないか、そんな不安なのです。

でも、オバマ氏の退任のメッセージ、「この国は大丈夫だ」、これは元気づけられるものでした。

今、「国」と「民意」が同じではないということを痛感しています。そう、アメリカでも、韓国でも、そして何よりも日本もそうだと思うのですが、大統領や首相がイコールその国ではない、もちろん、今の大統領や首相を選んだのは、「選挙」を通した「民意」ではあります。

でも、たとえば、今の韓国の「少女像」を設置しているのは、韓国の「民意」です。朴政権がこんな状況になっている今、その少女像を撤去できるわけがありません。民意を抑えて、少女像を撤去したりしたら、国そのものが今以上に大変なことになってしまいます。朴政権と「合意した」「10億円払った」と言ったって、それは韓国国民が納得したものではないということです。「10億円・10億円」と言ったって、安倍首相が訪問した各国にもっともっと大金をばらまいている状況から見て、首相にとってはまったくはした金でしょう。

北朝鮮を「あの国は」と言っても、一人の為政者に抑えられている国民は、やはりとても気の毒だと思うのです。「国」の為政者と「国民」をちゃんと見たいと思っています。

そんな今、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事の、2016年11月12日、トランプ氏の勝利が決まった直後の緊急声明、これには本当に感動しました。

Fullsizerender_535

Fullsizerender_536

トランプ氏に抗議しての大規模な女性たちのデモも。こんなアメリカの良心があることに、期待して見て行きたいと思います。そして、きっとトランプ氏にすり寄って行くだろう、安倍首相の動向をもきちんと見て行かなければと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大みそかに思うこと。

大みそか。別府で過ごしています。お節料理は、下ごしらえがほとんど済んで、後は仕上げだけです。子どもたちがやってくるのを楽しみに待っています。

我が家の前からの別府湾です。

Fullsizerender_515


さて、今年を振り返って。

オバマさんが広島にやって来ました。その意義について、沢山の人が多くのことを言っていて今さらなのですが。これについては、あまり言われていないので。

オバマさんの平和公園入りは、ものすごい警備の元に行われました。アメリカの大統領ですから、それはそれて当然なのでしょうが。

あの演説を直接聞く人は、どうしてあんなに少なかったのでしょうか。椅子は並べてあったけど、座る人もない椅子が沢山。ガラガラでした。これは、多くの人が拍手喝采したプラハ演説と決定的に異なることです。そして、この度の安倍首相のハワイ、パールハーバーでの演説とも。「人を入れない」のは、いろいろな配慮が必要だったのでしょう。きっと、アメリカ大使館や外務省主導で行われたことなのでしょうがそれにしても、ガラガラ過ぎました。

「被爆者と抱き合った」「感動的な姿」。そして、その被爆者は、アメリカ人の12人の被爆死を調査し、明らかにした人。それはアメリカの大統領なのですから、また当然のことと思います。

しかし。私は思います。あの場に、韓国人・朝鮮人被爆者の代表が一人入っていればと。その時に本当にそう思いました。オバマさんは、演説の中で、゜言いました。

”We come to mourn the dead,including over 100,000 Japanese men,women and children,tousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.”

演説の中にKoreanがちゃんと入っていてよかったと思ったけれど、同時に、同時通訳を聞いて、エッ?でもありました。Koreanは数千じゃない、数万だと。

いまだに、全文の英語版と日本語の対訳を見ると、多くは「数千人の」と訳しています。毎日新聞などほんの一部だけ「多くの」と変えていますが。

せっかくのオバマさんの来広にいちゃもんをつけているのではありません。こういうことは、正確にすべき。それらによって傷つく当事者がいることを考慮しないとと思います。

それにしてもです。今年は、安倍首相がほんとうにぬけぬけと嘘を言うのを何度も見せられました。

 私たちは、小さいころから「嘘を言ってはいけません。」「人間正直であれ」と言われて育ちました。こんなに堂々と嘘を言い、そしてそれを大手のマスコミがなんら追求することがない姿も見ました。こんな指導者の日本がどんな道に行くのか、これらを見る子どもたちがどう育つのか、胸が痛い一年でもありました。

今朝、横浜市原爆被害者の会の松本正さんから電話を頂きました。広島二中の仲間、最後の友人が亡くなったと。新幹線は、岡山まで座れなかったと。12時からのお葬式に出て、2時過ぎの新幹線で帰ると。少なくなった被爆者の方たち、こうして次々と亡くなってしまいます。

皆さま、来年はいい年にしたいですね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原爆体験記―ヒロシマ原点の記録--

昨日の、OB会の続きです。 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館。1950年、被爆からまだ5年の時に集まった手記を一年に三篇ずつ公開しています。

絵やシルエットの動画や、実写の写真等と組み合わせて。観音高校演劇部OBの青野さんが朗読をした二編をアイパッドで見せて頂きました。

Img_7923
こんな風に立てかけて画面を見ながら、イヤホンで聞かせてもらいました。それはそれはすごい手記です。

青野さんが朗読をしたのは、戸田幸一さんと小川春蔵さんの二編です。

http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/notice/notice.php?ID=205&PageType=0&Language=0

ここにウェブ版があります。その一部です。

00

002_2


戸田さんは、当時、歯科医として被爆者の懸命の介護をしました。女優の戸田菜穂さんのおじいさんです。戸田さんの手記はここに公開されています。

http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/upload/files/toda-j.pdf


Fullsizerender_487

初めの部分だけ転載させて頂きます。

「平和を念じて   戸田幸一

ガラスの四散してゐる校舎の入り口に、普通ならお菓子でもねだる、五つと三つ位のはだかの姉妹が、小さな方は、顔面、胸部火傷と、ガラス破片創。大きい方も同じような負傷ながら、僅かに視野があり、盲となった妹の手を握り合って居る二人。誰に連れられて避難したのか、手をしっかりと採り合って、横川から一里余りの道を、負傷者の群れに押され父母を求めて来たのかしら。見れば、足も焼けただれて、よくもまあーと思ふ。

小さな方が、姉に手を引かれながら、「お母ちゃん見えないよ」と、あどけない声で叫ぶ。
姉は無言で、あちこちと目を配っている。・・・・」

小川春蔵さんの手記はここに公開されています。

http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/upload/files/ogawa-j.pdf

その途中の一部を。

「・・・逸枝は何処に行ったのであらう。此の状態では、生命は絶対にない。せめて骨なりと拾ふまで頑張ろう。あちこちの火炎の中に不気味な青い炎がめらめらと燃へている。あの炎の下で多くの人々が白骨と化しているのであろう。今朝からの事が次々に思い出される。初めて焼死体を見た時、路上の水槽の中で全裸の女学生の折り重なり両手を上げ救を求めた其のまゝの姿、井戸の底、防空壕の中の死体、若い婦人に殺して呉れと呼びかけられた時、等々現実に見た人でなければ真実とは思はれないであらう。・・・」

映像と共に、太い低音で淡々と読む青野さんの朗読は、ものすごい迫力で胸を打ちます。さあ、これから祈念館に行ってきます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「四國五郎追悼・回顧展」

今、県民文化センターで、「四國五郎の原爆  弟の被爆死」の展示が行われています。

Img_6820_2

四國五郎さん。絵本「おこりじぞう」の絵を描いた人。峠三吉の碑のデザインをした人。峠三吉の『原爆詩集』の絵を描いた人。その他、絵を通して沢山の平和活動をした方。

Img_6823

この左の絵は、『ヒロシマの母子  8月6日午前8時00分  「行ってまいります」 息子は出かけた。それっきり・・・』
とパンフレットに書かれています。

四国さんは、戦後間もなく、私の恩師の増田勉先生、柿手春三先生たちと一緒に「広島平和美術展」を創立されました。その仲間たちと、いつも五月のフラワーフェスティバルでは、障がい者のブースで「似顔絵かき」のボランティアをなさっていました。

ある年、 私は、四國五郎さんに似顔絵を書いて欲しくて、並んでいましたが、順番が来ると、他の方に当たってしまったのです。そして、それは情けない似顔絵でした。四國五郎さんに書いてもらった方は、みなさん、とてもかわいくて、それに特徴をよく捕まえていらっして、みなさん、ニコニコなさっていたのです。もう、うらやましくて。いつか、絶対に四國五郎さんに書いてもらおう、毎年、毎年、そう思いながら、結局その機会はなくって。描いてもらえないままに、四国さんは亡くなってしまいました。今も、残念で。

Img_6830

高橋昭博さんの原爆の絵も描かれて、高橋さんは、晩年、その絵を紙芝居にしてお話をされていました。

Img_6828Img_6829

四國五郎さんのことについては、話しても話し切れないエピソードがあります。今日の午後二時から、元NHK記者、現在大学教授の永田浩三さんたちのトークがあります。行きたいけど・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

甲状腺がんの福島の青年の治療費・支援のお願い

皆様にお願いです。

明日から19歳の大学生と両親等のご家族が広島に来られます。そして、彼は9月2日に甲状腺がんの手術を受けます。

彼が福島原発の事故により被曝したのは、中学生の時でした。そして、福島県の二度の甲状腺がんの検査を受け、異常なしと言われていたのです。でも、19歳の今、甲状腺がんになりました。

ご両親も含め、いろいろと悩み、考え、結局、広島で手術を受けたいとの希望を持たれました。

治療費は、18歳までは補助があり、無料です。でも、19歳だから、福島県立医大で治療をすれば、特例として補助、無料にしましょう、他の地での治療を受けるには、補助はしませんとの事。

それでも、広島で治療を受けたいとの結論を出されました。

甲状腺がんの検査もセットした広島での母子保養を行っている私たちも、何度もご両親や本人に会っています。そして、広島での治療を決心された今、全面的にサポートをしたいと思います。

以下、よろしくお願いします。

00img202
振り込み先を再掲します。

ゆうちょ銀行 記号 15160 番号 59741081 フクシマコドモシエンノカイ

フクシマ子ども支援の会の代表は、平木薫さんです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「はだしのゲンを英語で読む」同窓会続き・みさよさんに聞いたこと

 「はだしのゲンを英語で読む」同窓会は三井ガーデンホテルの27階のランチバイキングで行われました。そこからの景色、向こうに瀬戸内海、似島も見えます。

Img_5922

そこで、中沢みさよさんの話をお聞きしました。

プラハ演説を聞いた時、中沢さんは、この人はこれまでの政治家と違うと感動したと。そして、英訳された「はだしのゲン」を大統領の二人のお嬢さんたちに読んで欲しいと。何とか手にして戴く方法はない物かと。いろいろと模索して、「御嬢さんに渡して上げますよ」という方が見つかったと。

中沢さんは大統領に宛てて手紙を書いたと。「広島に来て、被爆者の声を聴き、資料館を見て下さい」と。英語のゲン全10巻は、金沢の浅妻さんが、金沢のきれいなピンクの風呂敷で、御嬢さんたちが喜びそうに、とてもきれいに包んでくださったと。浅妻さんは、プロジェクト・ゲンを作り、はだしのゲンのロシヤ語と英語への翻訳をし、出版をされた方です。

それを送ったのだけれど、いつまでたっても、その返事がなかったと。間に立った人からも荷物が着いたとの知らせもなく、結局どうなったのか、分からないままだったと。

中沢さんも亡くなった後、それがどうなったのか、みさよさんは、自分では調べる手立てがないので、マスコミの方に頼んだと。そしたら、ゲンは全10巻の内、3巻と何巻かの3冊だけ渡して、他はいろいろな人に分けたと。中沢さんが書いて翻訳して頂いた手紙なんかなかった、との返事だったのです。風呂敷を解いて中をバラバラにしたということなのですね。

結局、英語版の「はだしのゲン」も手紙も大統領やお嬢さんたちには届かなかったと思われます。

 今回のオバマ氏の来広は、中沢さんも喜ばれているだろうと、でも、あまりに時間が短く、資料館もあれでは何を見られたのかわからないし、被爆者の声を聴くこともなかったしとも話されました。

柏先生は、オバマさんの演説は、これまでの指導者と異なって、心のこもった素晴らしい演説だったとおっしゃいました。

ただ、なぜあんなに被爆者を少人数に絞ったのか、もっと沢山の人があの場にいてもよかったのではないかと、私も思いました。警備の問題があったとしても、韓国人被爆者の代表の方や、市議会議員の中にも被爆者はいらっしゃるわけだし。ほとんど人がいない所でのあの演説は、プラハと違って、あまりに寂しかったとか・・。いろいろと話は弾みました。

 昨日と反対側から写した写真です。企画して下さった柏先生、遠くから駆け付けて下さった山口さん、みなさんにお会いできてうれしかったです。ありがとうございました。

Img_5921

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧