スワロウテイル「証言者の会」

バースワロウテイルのオーナー、冨江洋次郎さんが37歳で7月3日に亡くなって、昨日6日お葬式。その6日も恒例の被爆者の証言者の会が開かれました。第140回目の会です。三和中学から帰り、大急ぎで自転車を漕いで参加しました。バースワロウテイルの二階のCAMELにて。定員20人ということでしたが、超満員。立ち席も込みで一杯。私は、隙間を縫って前の方の床に座らせてもらいました。

まず、みんなで洋次郎さんへ黙とう。そして、いつもはじめに行われるという詩の朗読。今回は洋二郎さん自身が言った言葉を入れた彼への鎮魂の詩。もうそれだけで涙々です。洋次郎さんがじっとこの会を見守っているようです。

Img_0795

 証言は、寺本貴司さん。国民学校5年生、10歳の時の被爆です。以下、配布されたプロフィールから。

「1934年12月生まれ。国民学校5年生(10歳)のとき、学童疎開から病気のために広瀬北町にあつた自宅(爆心地から1km)に帰り、机に向かい疎開先のお寺にハガキを書いているときに被爆。被爆地じ一緒に自宅にいた母は15日に死亡した。ピースボランティアとして活動しながら証言活動を続ける。」

Img_0799

7月20日、冨江洋次郎さん著『カウンターの向こうの8月6日 広島バースワロウテイル「語り部の会の4000日」』が出版されます。その本の中の一部の彼の文章が配布されました。今年の6月9日、本当にお具合が悪い中で書かれたものです。そのさらに一部を紹介しますね。

『あのきのこ雲の下で35万人が被ばくしたという事は35万通りの被爆体験がある。
誰が正しくて、誰が間違いとかはないと思う。
そんな中、被爆者でない私が本を出すという事になぜ踏み切ったか。
時間が無いからだ。
近い将来、被爆者はいなくなってしまう。
そうなれば、誰が何を書いても、答えは分からなくなってしまう。
しかし、今書いておくと読んでもらえる。教えてもらえる。指摘してもらえる。
本にしても、映像や舞台、音楽など、今ならまだ被爆者に見てもらえる。
そう思い、本を書く決意をした。』

 冨江洋次郎さん、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。続けることの大切さをも教えて戴きました。

なお、来月、8月6日は場所が確保できなくて、8月5日に証言の会をされるそうです。午後6時半から、クリスタルビルの19階「Live Juke」にて。詳細はまた、スワロウテイルのフェイスブック等でお知らせ下さるそうです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワロウテイル冨恵洋次郎さん

10年以上も毎月6日に、被爆者の語りを続けているスワローテイル。

Fullsizerender_700

そのフェイスブックから転載させて頂きます。

Fullsizerender_702

そして、このお知らせも。

Fullsizerender_701

奇しくも、元広島市原爆被害者の会の会長、桑原知己さんが亡くなり、同じ今日お葬式です。

洋次郎さんには、毎月の語り部を始められてほどなく、国際ホテルの向かいでなさっていたお店に尋ねて行きました。「8.6ヒロシマ平和の夕べ」で話して頂けないかと、そうお話したいと思って。しかし、お店にある沢山の本等を見る内に、8月6日は、どちらにとっても、とても大切で忙しい日。洋次郎さんは、洋次郎さんでなさっている大切な活動があると悟り、そのお話をしないまま、あきらめました。若い彼が、コツコツとこんな活動を続けていることに、敬意を表しました。

以来、何度も行き、ランチを戴いたり、お話したりしていました。肺がんでとても悪いと聞いた時、どうして、こんな大切な事を続けている若い彼がと、愕然としたものです。

彼がし続けた事、これも大切なヒロシマの一ページになるでしょう。本当にありがとうございました。合掌。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

共謀罪法案・委員会採決を飛ばして成立

共謀罪の強引な成立によって、これからの私たちの活動はどうなるのか、どうしたらいいのか、暗澹たる思いでいます。成立阻止に向けて、私が何をしたかと問われれば、ただ集会に参加したこと、ブログで反対を発信したこと、というだけなのですが。

森友・加計学園の事、文科省の事、山口氏のレイプ事件の事、これらみんな総理に関連していること、これらの追及を逃れるためもあって、委員会採決もすっ飛ばして本会議の採決に持って行ったこと。答弁にもならない事を繰り返して、バカ丸出しの総理、法務大臣、文科副大臣、これらのこと、決して忘れません。

支持率が高いと高笑いしているようですが、そもそもその支持率だって、まゆつば物ですね。だって、電話で世論調査と言っても、今や固定電話は少なくなって、それで受け応えができる人たちは限られています。日経新聞の調査では支持率が20%代であったと。このおかしさ、悔しさ、むなしさは、次の選挙までしっかり覚えておきますよ。少しでも、自民票・公明票・維新票を減らすために。権力と金で何でもできると思ったらとんでもない、しっぺ返しを受けるのだと、思い知ってもらわなければ。

私は私の現場で頑張ります。

現場は大変。どうしようと、45年も産婦人科医をして来たさすがの私でもうろたえるようなことが続いています。性教育が不十分で、大変なことになった事だけでなく、貧困の女性も増えています。パートを切られた人をはじめ、給料では生活できなくって、朝早くにお掃除の仕事をしてから、本来の仕事に行く人、無理をして体調を壊してしまった人など、一人一人、コツコツと、怒りを貯めながら向き合っています。患者さんのため、お年寄りのため、子どもたちのため、女性のため、弱い立場の人のため、少しでもいい社会を子どもや孫たちの生きる社会に残したい、残りの人生を頑張りたい、そう思います。

これは、ネットからです。やっぱりね。総理夫人だけではないはずと思っていたけれど。

Img_0446
Img_0451

小さくて読めないかもしれないけど、最後には「今後の広島加計学園の益々のご発展を心よりご祈念申し上げます。」だそうです。

昨日のカープ、まあ、ほんとに。またまた、どうなっているのと言うほど、すごかったですねえ。私はゆーぽっぼの日でした。ギリギリまで家でテレビを見ていて、楽勝かと思ったらなんと同点に。ゆーぽっぼに行きながら車のラジオ。9点差をひっくり返されて負けたことが頭をよぎります。夫とも、こんなふうに追いつかれた試合は、大体敗けるものよね、なんて話しながら。

ゆーぽっぼに着いても、延長戦が終わりません。お風呂場の脱衣所でアイパッドのスポーツナビで。とうとう12回、あきらめてお風呂に入りました。上がって、すぐにアイパッド。なんと勝ってる!!鈴木誠也のさよならホームランだなんて。すごい!!

家に帰って、スポーツニュース、インターネット・・・。さよならの場面や誠也のヒーローインタビューを堪能しました。

今日は私は午前中電話当番、午後はクリニックでパソコンの個人研修、そして、夜はお楽しみ、オリックス戦に行きますよ。

本当は、高校生からの講演の感想文について書きたがったのですが、それはまた明日からにします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」チラシを郵送しております。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のチラシと、今年、異例な事態になったことの説明を書いた物を一緒に少しずつ郵送しています。すでに賛同して下さった方々、ありがとうございます。

 私たち実行委員会のメンバーは、これまで参加したり賛同して下さった方々の名簿がありません。繰越金もありませんので、みんなでそれぞれの知り合いにそれぞれが手紙を出したり手渡ししたりという方法で補っています。郵送費も今の所、自腹でしています。

先日、いつも支援し、参加して下さっている方にお手紙を出したいので、住所を教えて下さいとお電話をしました。「手紙って、平和の夕べの?」と。尋ねられました。ハイとお返事をすると、

「毎年ね、郵送されてくるとすぐに賛同をお送りしていたのだけれど、今年はピンクのチラシを戴いて、なぜかその気にならなくって。なんか感じる物かあったのでしょうね。そしたら、ブログを読んで、ああと分かったので。新たに送られてくるのを待っていましたよ」

とお話し下さいました。

「大変ね。でもね、そういうことはあることなのよね。がんばって下さいね、応援していますよ。」と、あまりに優しくて、ありがたくて、涙が出そうでした。

ピンクのチラシについて、もうここでもお話ししてきましたが、昨年まで実行委員のメンバーの一人だった人がかってに作った物です。改めて見てみると、今の政治、憲法も、沖縄もない、これまで9回やってきたことは一体何だったのか、今までディスカッションしてきたのは何だたのかと、むなしく思えるようなメニューと文章のチラシです。出演される方にも申し訳なくって、胸が痛みます。

同時に同じタイトルの集会が二か所で開かれるという異例の事態、本当に申し訳ございません。

そんな時、なんと、nancyさんが、こんな物を作ったからと持ってきて下さいました。

Img_0414_2

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の缶バッジです。びっくり。うれしくって。何よりの励ましになりました。ありがとうございます。さあ、これをどう使いましょうか。みんなで考えますね。

そんなことで、これからもボチボチですが、準備を進めてまいります。もし、チラシを送れという方がありましたら、どうぞこのブログのコメントをお送りくださいませ。承認制ですので、アップすることはいたしません。お送りいたしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

安彦さんのBook Cafe ハチドリ舎

「広島ゲストハウス縁」のオープニングパーティーで「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の仲間たちとしゃべっている時、紅君が「このテーブルの人とこのテーブルの人、隣同士繋がって欲しいのです」と言いました。隣の人は?と見ると、私の隣に座っていた人が「河野先生ではありませんか?」と言います。はい、そうですがと言うと、「安彦です」と。まあ、安彦さんだ、気づかなくってごめんなさい。私の前に座っていた山下氏も、安彦さん、山下です、と。フェイスブックでつながっていて、いつもいいねを押している仲なのですが、合うのは初めてだそうで。

Img_0397

平和運動に尽力している安彦恵里香さんは、今、平和公園の側に「カフェ」を作るために奮闘しています。

「広島平和公園から2分。社会と人、人と人をつなげるブックカフェをつくりたい。」

その働きぶりをいつもフェイスプックで見ていました。「カフェを作りたい、場所探しをしている」から、あれよあれよと言う間に、彼女は現実に向かって走り始めました。場所を見つけ、内装の壁を自分で塗ったり、なんと、コーヒーカップを自分たちで作ったリ。今は内装も急ピッチで進み、7月23日にオープンのパーティーをすると。やっぱり若い人、彼女のエネルギーはすごいと見ていました。

気になっていた、「クラウドファンディング」は?と聞くと、まだ達成していませんと。後10日ですと。翌日、急ぎ私も支援の送金をしました。それはここにあります。

https://camp-fire.jp/projects/view/20296

00


ここを覗いて頂くと、彼女のこれまでの働き、意志の強さ等もよく分かります。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2017/06/14 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

ぜひ、彼女の目標がかなえられますように。

「広島ゲストハウス縁」も、安彦さんのブックカフェ「ハチドリ舎」も、若い人たちの頑張りで出来上がろうとしています。乾杯!!です。

先輩として、ささやかでも支援をしたい思います。皆様のご協力もよろしくお願いします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「広島ゲストハウス縁」

 正垣紅君が中心となって作り上げた「広島ゲストハウス縁」。私も端っこに写っている写真がフェイスブックにアップされていましたので、それを拝借。二階の宿泊施設に行く階段から撮ると、一階の「いやさか」の全貌が見えるのですね。カウンターもテーブルも、畳の空間もロフトのような所も。こんな素敵な所ですので、旅行者も地域の人たちも気軽に飲み、食べに来られると思います。

Img_0408

この設計や施工には、建築学の学生さんや美大卒の友人等、多くの人の協力があったそうです。それらがあってこその完成であり、紅君の涙なのでしょうね。

入口です。なにもかもおしゃれ。私が早めに帰る時にみなさん送りに出てくれました。

Img_0401

「広島ゲストハウス縁」のホームページはここにあります。

https://hostel-en.com/

尚、宿泊はしばらくの間電話での予約になるそうです。二段ベットの泊まりと個室があり、個室は三人まで泊まることができて宿泊費は一万円だそうです。電車の便利もいいし、バックパッカーや、8月6日にヒロシマに来る方たちに人気が一杯になることでしょう。

きっとうまく運営できることと思います。皆さんに幸あれ!!

そのオープニングパーティーで、また思いがけない方との出会いがありました。フェイスブックでは繋がっているものの、リアルに会うのは何年振りでしょうか。隣同士のテーブルに座っていて気が付きませんでした。安彦恵里香さんです。安彦さんについて、明日またご報告しますね。

若い人たちのエネルギーに希望を見出すことが出来た一日でした。いろんな人といろんなところでつながっている!広島も捨てたものではないと。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

共謀罪に反対する市民集会

すっかり初夏の日差しの中、昨日の午後広島弁護士会主催の「共謀罪に反対する市民集会」が開かれました。

青空と深い緑の原爆ドーム。

Fullsizerender_676


堂々としていますが、その裏から見ると、その姿は痛々しいです。

Img_0353


私たちは、一時間前からこのドーム裏に集まって「8.6ヒロシマ平和の夕べ」ののぼりを持って、チラシを配りました。原爆ドームの裏で行われた集会にはあふれるほどの人が集まりました。

Fullsizerender_675

広島弁護士会会長の下中奈美先生のご挨拶。この共謀罪の持つ意味、国民を物言えぬように縛る物であると力強く説明されました。

Img_0365

暑い中、熱い発言が続きました。森本参議院議員からは、説明、議論が尽くされていない中、衆議院での強硬採決。もう、国会ではのっびきならぬ状況になっていることが報告されました。

法律の専門科である弁護士さんたちが沢山集まって発言、発信されることは素晴らしい!心強い事でした。でも、遅すぎる感がしないでもありません。集会をし、デモで訴えても、もうどうにもならないかもというむなしさを感じながらも、それでもアピールし続けることは必要だと思いました。

国会では、何とか廃案にしたいという野党のみなさんの頑張りに期待したいですし、国民の立場から、声を上げ続けたいと思います。その声でどれだけ盛り上げるかが、勝負と思います。

この後、みんなで会議、そして、夜に行った所に続きます。思いがけない出会いがありました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

詩織さんを応援します。

この度の詩織さんの告発は、本当に勇気ある行為であり、心から支援します。

性暴力の被害者に接していて痛感するのは、被害はいつまでも心に残り続けるということです。何年も何年も。その意味でレイプは、「たましいの殺人」とも言われます。


彼女の言葉を聞いて、何一つ、疑いを持つ所はありません。そして、勇気を出して告発して下さってありがとうという思いでいます。ここまで来るのに、どれだけの力を振り絞ったことでしょうか、一つ一つ証拠を突き止めて行く作業は、本当に大変だったことと思います。それを、不起訴になった時点ですぐに検察審査会に申し立てるべきであったなんて言う人は、性犯罪の被害者の事を何も知らない人、または彼女を貶めようとする人たちです。

彼女の陰には、何万人という、告発したくてもできなかった被害者がいます。誰にも言えないままに、つらい思いを持ち続け、心まで病んでしまった人。勇気を出して警察に行っても、相手にされなかった、または警察の尽力で加害者が逮捕をされても、検察の段階で不起訴となって無念の思いを持ち続けている人などなど。

まして、詩織さんは、逮捕状まで出たのに、逮捕直前になって上からの圧力で執行が止められたと言う、何ともひどい事でした。圧力をかけて逮捕をやめさせた人自身がそのことを認めているのです。

加害者が総理べったりの人であり、そのもみ消しに、官邸が関わっている疑いがあるという、またまたとんでもない出来事なのですね。

総理のお友達、または総理をヨイショする人であれば、レイプ犯でも、もみ消されるのですね。総理を取り巻く人であれば、何百億円も補助されたり、無理をゴリ押しして設立認可されたり、あきらかな犯罪もなかったことにされたりするのですね。そして、これだけ重い、大変な会見をしたのに、そのことを大手の全国紙はほとんど載せないという、マスコミの問題がここにも露呈しています。

まだまだ彼女に対しては、厳しいセカンドレイプが続くでしょう。でも、彼女には、応援する人が沢山いるということを忘れないで。

前川さんだけでなく、今回の詩織さんの告発は、多くの人の心を打ったことと思います。

もう、本当にいけません。早く、安倍政治を終わらせなければ。これだけの不祥事、不正、不見識な姿をさらしても、まだ政権が続いているという情けない事。自民党や国会等の自浄作用もないのでしょうか。今、完全に日本は三流国家に成り下がってしまっています。

云々をデンデンと読んだ総理、便宜をびんせんと読んだ文科省副大臣、とんでもない答弁を繰り返し、ついに手を挙げても上げても答弁させてもらえない法務大臣。こんな恥ずかしい姿だけでなく、もっと前にはウソをいくつもついて、それが露呈しても謝罪の言葉一つだけで、全く責任を問われない、防衛大臣。広島出身なのに、国連の核兵器禁止条約の交渉会議に不参加の決定に異を唱えない外務大臣も。

こんな政府と国会により、共謀罪が成立し、憲法改悪に突っ走ろうとしている今の状況に、絶望的になりそうです。でも、なんとかしなければ。

明日はこの会に出ます。

0064

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」励まし、ありがとうございます。

昨日、アメリカからのご家族にお会いした話の中で、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のチラシと永田浩三さんのことを少しだけ書きました。本当にびっくりして、だって、アメリカといっても広くて、その中の点とヒロシマの平和の夕べが繋がったのが、もう、奇跡みたいな気がして。

永田さんには、以前広島に来られた時、何かの大きなイベントがあってホテルが取れなくって困られた時に、宿泊のお世話をさせて頂いたこともあります。その永田さんと、私が養子縁組のお世話をした方が繋がっていたといことが、もうすごくて、今もなお私の中でびっくりし続けています。

その8.6ヒロシマ平和の夕べのチラシは、少しずつ皆さまに郵送しております。ただ、先日書いたような事情があって、名簿が私たち実行委員の手元になく、独自のつながりで出さなければなりません。不行き届きなこと、申し訳なく思います。徐々にお届けできることと思いますので、どうぞお許し下さいませ。

でも、皆様から暖かい励ましのお言葉が数々届いています。それらに涙が出る思いで励まされながら、頑張っている所です。

重ねて申し上げますが、8.6ヒロシマ平和の夕べは、10回目になろうとしているところで、ありえないような危機に陥りました。でも、これは「分裂」ではありません。断じてそうではありません。実行委員は一人を除いて、一枚板です。みんなで一緒にこれまで以上の会にすべく頑張っております。フライヤーを見て戴くとお分かり頂けるかと思います。骨太の、しっかりした会の構成ができました。今からもう、私自身もワクワクするような会の予定になっています。

事情につきましては、私のブログの右側にある「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のチラシの上半分だけ載せている所をクリックして戴きますと、私のブログの「平和 8.6ヒロシマ関係」だけのカテゴリーに飛びます。そこを下がって戴きますと、4月24日、25日、26日に渡って書いております。

本当にご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません。どうぞ、ご理解いただきますように。

それから、お詫びがございます。YMCAでする時には、毎回「保育」がありました。しかし、YMCAの保育は、日曜日にはないということで、私たちの平和の夕べでも、保育はできないことになりました。申し訳ございません。

どうぞ、沢山の方にお出で頂きますように。よろしくお願いします。

008620171


008620172

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原爆ドームとバラ

出勤途中の平和公園です。原爆の子の像の横にばら園があります。今、満開できれいです。薔薇の美に反するように、ドームが泣いているように私には見えます。 私をしっかり見て!!と。

Fullsizerender_650_2


平和公園は連日沢山の観光客です。今、資料館は改装中で、仮の展示しか行われていません。一瞬にして何十万人もの人の命が奪われたのだと、そんな社会は二度と作ってはいけないのだと、ドームが訴えているように思うのですが。


昨日は、午前中歯医者さんへ。交通事故の大けがから復帰されたドクターに治療して戴きました。患者さんは変わらず多く、みなさん先生に治療して頂けることにニコニコです。歯科衛生士のみなさんたちがさりげなくフォローしていらっしゃる様子もよく分かります。私たちもそうですが、やっぱりスタッフは大切ですね。

家に飛んで帰ってお弁当を作り、それを持って午後は電話当番へ。5時まで一人で当番。その間いろいろとすべきことが出来ました。

その後は、お楽しみ、カープへ。おかげ様でその前日とうって変わって、十分に楽しませていただきました。

その前日、破竹をたくさんいただきました。朝茹でてあく抜き。電話当番の前に破竹の実を煮て、お弁当のおかずに。夜カープから帰って、牛肉とジャガイモと玉ねぎと一緒に煮て、柔らかい所だけを酢味噌和えに。歯が治療中のため、繊維を切るように輪切りが主です。

Img_0148 Fullsizerender_651

Fullsizerender_652 Fullsizerender_653

こうして季節の物を楽しませて頂けるのも、平和であってこそと思います。

明日から、また「気が重いこと」の続きを書きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧