小野瑛子さんと西村利信さんの原爆体験記

昨日のブログの続きです。岡崎弥保さんから小野瑛子さんと西村利信さんの手記が送られてきました。

1_2
2

炎のメモワールは、同名の小野瑛子さんの著書に収載されている、お母様山本信子さんが原爆投下2年後に英文で書かれ、アメリカの「TIME」に送り、それがGHQの検閲に引っかかり、没収されて厳しく叱られたというものです。  1978年にお母様が亡くなった後、遺品を整理してそいた瑛子さんが、その手記を発見し、英文を和訳して小冊子にまとめられました。小野瑛子さんのご好意で、この手記は、昨年の8.6ヒロシマ平和の夕べでも、参加者の皆様にお配りいたしました。

その手記の朗読のことを知った西村さんの息子さんの妻から、義父が書いた手記がありますと連絡が入ったのだそうです。西村さんは、小野瑛子さんのお父様、広島二中の教師をしていた山本信夫先生の教え子でもあります。当時、広島二中の二年生であった西村さんは、「いしぶみ」に記録されているように、一年生の弟さん正照さんを原爆で亡くしています。


西村さんがその手記を書かれたのは、1949年。まだGHQの検閲が厳しい時。でも、発表されたのがその後転校された千葉の高校の文芸誌であったために、奇跡的に残ったものでありました。


3

その手記があることを聞いて、小野瑛子さんと岡崎弥保さんが西村さんを訪ねて行き、それを見せて頂き、この貴重な手記を世に出して多くの人に読んで戴きたいとお願いされました。

この手記の「はじめに」に小野さんが書かれています。


「B5版の機関紙はガリ版印刷で、ふれればバラバラになるほど劣化し、茶色に変色していましたが、被爆当日のことや、その後の十日余りのことが、十六ページにわたって克明に書かれています。ことに正照さんを探して歩いた当日の爆心地の惨状は目を覆うばかり。私も多くの被爆手記を読んで来ましたが、ここまで詳細に書かれたものは少ないのではないかと思います。」

そして、「はじめに」の最後に書かれています。

「西村さんは八十六歳、私は七十九歳。
被爆者が高齢になり、原爆の悲惨さを語り継ぐ者が減少の一途をたどっている今、西村利信さんの手記をこうして世にだすことができることを心から嬉しく思っています。
        二〇一八年五月  小野瑛子  」

その小野瑛子さんがこの10月30日に、そして西村利信さんが翌31日にお亡くなりになったのです。これらの手記を残して下さって本当にありがとうございました。


西村さんの手記の発行人は小野瑛子さんと岡崎弥保さんです。私の手元には岡崎さんから送って頂いた小野瑛子さんと西村利信さんの手記があります。ご希望の方はどうぞ声をかけて下さいませ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸木美術館の「いのちを語るいのちを歌う」

11月18日(日)、広島市平和祈念館で、丸木美術館主催の会が開かれます。丸木美術館のお知らせをこに転載したいのですが、無断転載は禁止と出ていますので、残念です。以下のアドレスをクリックして下さいませ。

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2018/hiroshima.html

二階堂和美さんのフェイスブックから。これは、禁止されていませんでしたので。

Photo

丸木さんご夫妻の原爆の図についての対談も、二階堂さんの歌も、とても楽しみです。そして、司会、朗読、岡崎弥保さんです。俳優であり、「ひろしまのピカ」「夏の花」「新しい憲法のはなし」などの朗読をもなさっています。

ここに岡崎さんの公式サイトがあります。

http://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha

ここでは、10月30日に亡くなった小野瑛子さんと、31日に亡くなった西村利信さんの「原爆体験記」、追悼の朗読が聞かれます。

小野瑛子さんについては、もう、言うまでもありません。何回かこのブログでも、書かせて頂きました。昨年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」で体験を語ってをいただきました。お父様は、当時広島二中の教師、山本先生、あの合唱曲「いしぶみ」で、「君は頑張って家に帰るんだ、先生はもう歩けない、さあ、握手して」と生徒に語り、そこで亡くなった方。その遺児が小野瑛子さん。

あの合唱曲の先生の遺児が生きていらっしゃる!!それを聞いて、直ぐに8.6ヒロシマ平和の夕べで語って頂こうと思いました。

私の父は同じ二中の教師で、偶然にも助かりました。小野さんのお父様は亡くなって。あの原爆で、亡くなった人、偶然生き延びた人、それぞれの家族のその後は何と異なることでしょう。写真では、とても幸せだったご家庭がうかがえます。

Img_1338

Img_1335

Img_1286

当時、小野さんは、もう肺がんと闘っていらっしゃいました。抗がん剤でいったん抜けた髪がまた生えて来て、今、こうなのよとウィッグを取られました。あら、その髪も素敵です!!と申し上げました。その後も、ギリギリまで語り部を続けられました。福島の子どもたちへ被曝者手帳を交付するようにという運動も続けられました・・・。小野瑛子さん、本当にありがとうございました。

18日は、私も会に参加して、皆さんをしのびたいと思います。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

原発、ホントはどうなの?展

昨日夜、私のクリニックの真ん前で開催されている「原発、ホントはどうなの?展」に行きました。伊方原発原告団の方たちも皆さん参加して、来訪者に説明をしていらっしゃいました。

4

沢山の資料を集められて、準備、さぞ大変だったことでしょう。見ごたえがありました。

そこで聞いたのですが。原子力でどうやって電気を作るのか?という説明。原子力でお湯を沸かして、その蒸気でタービンを回すだけ。お湯を沸かすだけのために、こんなに大規模の危険な物を作らないといけないのかと、多くの方が愕然とされるのだと。

伊方原発の三号機の模型が置いてあります。

3

何と、それには福島原発のような「建屋」がありません。炉がむき出しです。本物の写真です。

2

それに、気になっていた九州電力。私も別府の我が家に太陽光発電のパネルを張っているのですが。大分は、太陽光発電だけでなく、温泉による地熱発電や、風力発電や、動物の排泄物による発電等、自然エネルギーの発電がとても盛んな所なのですね。電気が余るから、原発はそのままに太陽光発電を抑えるのだと。

6

私も、地熱発電所の見学に行ったことがありますが、そこだけで22万世帯が必要な電気を発電していましたよ。

会場では、映画「日本と原発4年後」の法廷版、裁判官に見てもらうために30分に編集したものが繰り返し上映されています。

8

ぜひ、寄って見て下さいませ。県民文化センター、鯉城会館の地下です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四国五郎・ガタロの仕事展」

昨日、お昼時間、自転車を飛ばして、ここに行きました。昨日が最終日。行かなければとあせっていたのが、やっと行くことができました。昨年、永田浩三さんとガタロさんのトークを聞きに行ったことがあります。四国五郎さんを師と仰ぎ、絵を描き続けたガタロさんです。今回は、そのお二人の作品展でした。多くの方がこの「仕事展」について書かれていますので、私は私の思いを書きますね。

1

2
いろいろな絵画と共に、四国さんの詩が展示されています。四国さんは、画家でもあり、詩人でもあります。私たちの今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のフライヤーに、四国五郎さんの絵、「影」を掲載させていただきました。

4
その原画も展示されていました。その左横に小さく「みんな忘れたとき、私も小さな影になるの 」と書かれていました。ああっと思いました。「私も影になるの」

5

そして、右には、こんな詩が。分かりにくくてすみません。1980年の原水禁大会において自ら朗読と書かれています。朗読詩「ひろしまの子」。

6

この詩がどこかに掲示されていないかと、ネットでさがしましたが、分かりませんでした。一つだけ動画がありましたが、それはとても「朗読」とは言えない、この詩がかわいそうになるような乱暴な読み方なので、ご案内できません。どなたか、これを朗読してネットに載せて下さらないかと思います。今の時期だからこそ。

そして、四国さん直筆のこんな詩も。

3

四国五郎さんは、激しくも優しい人。今回絵と合わせていくつもの詩も読ませて頂いて、改めて悲しい感動を覚えました。急いで行って急いで観たお二人の仕事展でしたが、やっぱり行って良かったと思いました。本当にありがとうございました。




『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8.6平和の夕べの反省会・学生たちの朗読劇

昨日は、午前中は今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の反省会。午後は8.6ヒロシマ平和の夕べのスタッフみんなで資料館での武蔵大学の永田浩三ゼミの学生たちの朗読劇「わたしたち朝鮮人がヒロシマで体験したこと」、その後に李鐘根さんの被爆証言を聞きに行きました。

今年の平和の夕べ、おおむね好評でした。沢山の方が時間がないのにアンケートを書いて下さってありがたいことでした。小出先生のお話、だれもが感激されていました。小出先生の話を聴きたくて会に参加された方も多いと思います。李鐘根さんのお話も、広島裁判の渡部さんのお話も、多くの方の胸を打ちました。最後の安次富さんのお話、アンケートでも指摘されました。時間が制限されて申し訳ないことでした。李さんのお話も、今回改めて聞いて、もうちょっと時間を長くすれば、もっとお話しされたかったことでしょうと思いました。

これからの課題は、午後4時までしか会場が使えないのですから、開始時間を早くするか、もう少しメニューを少なくして、お一人ずつじっくり話して頂くという方向に行かなければならないでしょう。

永田さんは、昨年の8.6ヒロシマ平和の夕べで平和講演をしていただきました。元NHKの記者、今は武蔵大学で学生の指導をしていらっしゃいます。素晴らしいですね。NHKに残って番組を作り続けて頂きたい方でしたが、こうして若者の指導をして、しっかり考えられる若者を作って行く仕事もとても素晴らしいことだと思いました。

朗読劇の学生さんたち、さぞ苦労されたことでしょう。沢山の本を読み、考え、ここにまで落ち着くのに、どれだけの時間、労力を費やしたことか、それがよくわかる舞台でした。

「広島の方たちにどう受け止めて頂いたか分かりません。でも、昨日ヒロシマに来て、資料館に行き、今日は昨日よりも広島の心に少し近づけたかもと思います。」と最後に学生さんがあいさつされました。学生さんたち、これから、いろいろと考え、体験してしっかりした大人になって行くことでしょう。

1

李鐘根さんのお話、40分しかなかった、8.6平和の夕べでは省かれた、基町高校の生徒さんの絵の一枚です。お母さんが、泣きながら鐘根さんの首の蛆虫を取っている姿です。李さんの差別体験も含めて、やはり十分に時間をかけて話して頂くべきでした。

Img_7690

この後、みんなでお好み焼き屋さんで打ち上げをしました。良き仲間たちと遠慮のない会話、楽しかったです。また来年に向けて頑張りましょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日⑨交流会で

今年の8.6ヒロシマ平和の夕べは、ツイキャスで録画が配信されています。

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/429032

このURLで見ることができます。ツイキャスへのご支援、よろしくお願いします。

8.6ヒロシマ平和の夕べの後すぐに交流会でした。沢山の方が参加して下さいました。

その時の写真を少し。小出先生とお話したい人が一杯でした。お一人ずつ丁寧に対応して下さる、誠実な先生です。その上、川口真由美さんの声かけで、踊られましたよ。

2018862

俺は、絶対に歌わないと言われていた安次富浩さんも、やはり川口さんに乗って、一緒に歌われました。川口さんの力、すごい。

2018869

語り部として頑張って下さっているお二人。李さんと米澤さんです。ありがとうございます。お二人も含めて、被爆者の悲願である核廃絶は一体いつになるのでしょうか。どうそ、これからも長くお元気で若者たちに語って下さいませ。

2018866

皆様に個人的にお尋ねします。平和の夕べの直前に、スタッフから私へのプレゼントだと渡してくれました。美しいお花とカープグッズ!それに江田島のお菓子。うれしくて。でも、どうもスタッフがお名前を間違ったのだと思います。どなたからのかわからないのです。個人的にお礼を言わないままになっています。申し訳なくって。どうぞ、このプレゼントを下さった方、ご連絡下さいませ。ありがとうございます。そして、ごめんなさい。

20188621

明日は、8.6ヒロシマ平和の夕べのスタッフ会議。反省会兼次につながるです会議です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日⑧高校生の陳述

8.6ヒロシマ平和の夕べでは、福島から広島に避難している「福島原発ひろしま訴訟」原告団団長の渡部美和さんが福島からの報告をして下さいました。彼女は、広島の原爆被爆三世。31歳の時に福島に移住していました。今は、家族と共に広島で生活しています。が、その壮絶な訴えに、みんな声もなく胸が痛く、どうしたらいいのか、どう支援したらいいのか、頭を抱えました。美和さんの生活なのか裁判なのか何なのか、何とかしなければなりません。詳細は、その場にいた人が聴くだけで、書面にすることはできません。でも、本当に何とかしなければ、なのです。また、この場でみなさんにお願いすることがあるかもしれません。その際には宜しくお願いします。

そして。2年前の8.6ヒロシマ平和の夕べで森松明希子さんと共に語ってくれた中学生の男の子が、今年も参加してくれていました。今は高校生。交流会にも出てくれていたので、皆さんに紹介しました。そしたら、東京での裁判で、彼が陳述をしたのだと。その原稿を読んでくれました。それは、胸を打つ陳述なので、その原稿をもらって帰りました。ここに、また転載しますね。

『    意見陳述要旨

              2017(平成年29)年10月25日

東京地方裁判所民事50部合は係  御中

1 いわきでの生活

 僕は、福島県いわき市で生まれ、両親と5歳離れた弟と共に生活していました。

当時は、春になればテレビで何度も紹介されるくらい桜並木の有名な「夜の森公園」でお花見をし、夏は潮干狩りに行き、秋はきのこ狩りをして、冬は雪だるまを作る。高遠学校の帰りの通学路でツクシをたくさん採って帰って、お母さんに作ってもらう土筆の佃煮が好きでした。家も庭も広く、ブルーベリーやしいたけ、プチトマト等は庭で収穫できました。学校では友達と昆虫を見つけたり、泥団子を作ったりして遊んでいました。

2 事故が起きた後の生活

しかし、2011年3月11日を境に、このような生活は全てなくなってしまいました。夜の森公園は今も帰還困難区域だし、放射能だらけの泥で泥団子は作れません。

しかし、何より一番つらかったのが、転校先でのいじめです。

 図工の時間に作った作品に悪口を書かれていたり、菌扱いされたりしてきました。そのようなことが続き、できることなら死んでしまいたいといつも思うようになりました。小学校3年生か4年生の時にはは、七夕の短冊に「天国に行きたい」と書いたこともありました。

たぶん、避難者についてよく知らされていない人の目には、福島から来た避難者は家が壊れていないのだから何も被害はなかったのに多額の賠償金だけもらって、しかも東京の避難所にただで住んでいる「ずるい人たち」とうつるのでしょう。本当は、東京電力や国が、放射能汚染の恐ろしさや僕たち家族のような区域外避難者にはほとんど賠償金を払っていないことなど、正しい情報をみんなに伝えてくれていれば、こんな勘違いは起きなかったと思います。

実際、中学生になって今までの学校と全く関係のない学校に進学して、ずっと自分が避難者ということを隠していますが、いじめは起きていません。

3 大人に責任をとってほしいこと

原発によって儲かったのは大人、原発を作ったのも大人だし、原発事故を起こした原因も大人。しかし、学校でいじめられるのも、」「将来病気になるかも・・・」と不安に思いながら生きるのも、家族が離れ離れになるのも僕たち子どもです。

原発事故が起きてしまった今、本当は誰も安全なんて言えないはずだし、実際、誰も僕に「君は病気にならないよ」とは言ってくれません。なのに、東京電力や国の大人たちは「あなたの地域はもう大丈夫ですので安心してください」と言って、危険があるところへ戻らせています。でも、僕たちが大人になって病気になるかもしれない頃には、僕たちを無理やり危険な場所へ戻らせた大人たちは死んでしまっていて、もういない。そんなのひどくないですか?

僕たちはこれから、大人の出した汚染物質とともに、生きることになるのです。その責任を取らずに先に死んでしまうなんて、あまりに無責任だと僕は思います。せめて生きているうちに、自分たちが行ったこと、自分たちが儲けて汚したものの責任をきちんと取っていって欲しいです。

そして、今は、「(放射能)汚染した場所に戻りたくない」と思っている僕たちを無理やり)放射能)汚染している場所に戻らせることは絶対にやめて欲しいです。

僕、父、母と弟はもちろん、避難者はみんな原発事故が起きてから、生活、人生も変えさせられてしまいました。誰も望んだことではありません。避難者は、みんな同じです。東京電力と国には責任をとってもらいたいと思います。裁判所は、僕たち子どもたち、そして、全ての避難者の声に耳を傾けて下さい。
                                 以上  』


やはり交流会での写真です。国連でスピーチをしたときに、この姿で街を歩くと、皆さんが何だ何だと興味をもって寄って来てくれたのだそうです。


2018865
  

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日⑦国連人権理事会でのスピーチと勧告

森松明希子さんが国連人権理事会でスピーチをするに至ったのは、次のような経緯がありました。8.6ヒロシマ平和の夕べで配布された資料を転載しますね。

今回の発言は国連人権システムの手続きである普遍的定期的審査(UPR)の第3回の対日審査の中でおこなわれたものです。この制度は2008年か4月から始まったもので、全ての国連加盟国が約4年ごとに人権状況の審査を受ける制度です。

2012年10月に第2回の対日審査でオーストラリア政府代表から日本に対して「人権理事会が選任した健康の権利特別報告者の訪日調査を受け入れるように」勧告があり、日本政府の正式招待という形で健康の権利特別報告者アナンド・グローバー氏が訪日して調査を行い、2013年5月に人権理事会に詳細な報告書(国連グローバー勧告)が提出されました。それは個人的判断で書かれたものではなく、すでに確立されている国際人権法を根拠とし、日本の国内法も援用して原発事故被害者の人権を守るための多面的な政策転換を日本に勧告したものです。

その後、社会権規約委員会(2016年3月)でも、原発事故被害者の人権状況改善について勧告が出されています。日本政府がどのような反応をしても、これらの勧告は現在もそのまま有効です。

2017年10月、福島から京都に避難した園田さんが人権理事会の各国政府代表や特別報告者に面会するとともに、第3回UPR(普遍的定期的審査)の事前セッションでスピーチをし、女性と子どもに「格差ある被害」が生じていることなど実情を知らせました。

2017年11月、作業部会では日本に対して報道の自由を含む217項目の勧告が出され、そのうち福島原発事故被害者の人権保護については4カ国の政府代表から勧告が出されました。これに対して日本政府は形式的には「フォローアップを受け入れる」と表明しましたが、具体的にどう実現されるかは不透明です。これを実現するためには政府や国会だけでなく、地方自治体や市民社会の継続した努力が必要です。

園田さんと森松さんのスピーチは日本の人権状況への関心を国連加盟国によびかけるとともに、日本の状況を改善する提案としての性格があるといえます。国際法や国連というと、遠い外国のように感じがちですが、国際法は国内法より優位にあり、地方自治体や市民社会も国際法を順守する義務があります。国際法を根拠として出されている勧告は政府を含むすべての国内組織と市民が尊重し、実現していく必要があります。

2017年11月の4か国の勧告は次のごとくです。

住宅、財政的、及び他の生活支援に関わる措置と、被災した人たち、特に事故当時子どもだった人たちへの定期的な健康管理の実施を含む、福島の高い放射線地域からの自主避難者への支援の提供をすること(オーストラリア)

影響を受けた全ての人達の再定住に関する政策決定過程において、女性と男性双方の十分かつ平等な参加を確保するために、福島第一原子力災害によって影響を受けた全ての人たちに対して、国内避難民に関する指導原則を適用すること(ポルトガル)

特に放射線の許容可能な線量限度を年間1ミリシーベルトに回復させることによって、また避難者と住民への支援を継続することによって、福島地域に住む人たち、特に妊娠した女性と子どもの最高水準の心身の健康に対する権利を尊重すること(ドイツ)

福島原子力事故によって被災した人々と、核兵器の使用の影響を受けた何世代もの生存者に対して、医療サービスへのアクセスを保障すること(メキシコ)

特に、このメキシコの勧告は、広島・長崎の被爆二世にも及ぶ勧告ですね。これらの勧告は、今回、これを自分の力で転載して初めて理解できました。これを配布して下さった森松さんありがとうございました。

8.6ヒロシマ平和の夕べの後の交流会で、ナンシーさんたちがイマジンを歌っている時に、横断幕を広げる森松さんです。

2018861

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日⑥福島被災者のこと

暫くお休みしていましたが、今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について。私たちは、この8.6ヒロシマ平和の夕べを始めた時から、ヒロシマ、沖縄、そして原発について一体の物としてとらえ、取り組んできました。そして福島の原発事故が起こってからは、原発と福島についても一つのものとして取り組んで来ました。

今年の平和の夕べでは、小出裕章先生の講演と共に、福島の原発被害者、原発賠償関西訴訟原告団代表の森松亜希子さんが短い時間ですが、お子さんと一緒に報告して下さいました。

2018863

関西に避難してきた時に0歳だった下のお子さんはもう6才です。

その森松亜希子さんは、今年の3月19日、国連人権理事会で市民からの発言として演説をされました。その国連での演説の日本語訳をいただきましたので、ここに掲載いしたします。

『森松亜希子と申します。避難者である母親たちと、グリーンピースとともにきています。わたしは、2011年5月、福島の災害から逃れるために、二人の子どもを連れて避難しました。

 原発事故直後、放射能汚染は広がりました。わたしたちには、情報は知らされず、無用な被ばくを重ねました。空気、水、土壌がひどく汚染される中、わたしは、汚染した水を飲むしかなく、赤ん坊に母乳を与えてしまいました。

放射能から逃れ、健康を享受することは基本的原則です。日本の憲法は、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏からのがれ平和のうちに生存する権利」と書かれています。しかし、日本政府は市民をまもるための施策は、ほとんど実施してきませんでした。その上、日本政府は放射線量の高い地域への帰還政策ばかりに力を注いでいます。日本政府は、国連人権理事会での勧告を、ただちに、完全に受け入れ、実施をして下さい。

国連加盟国の皆さんの日本の人々の権利擁護のはたらきに感謝します。今後も福島、そして東日本の、特に、脆弱な子どもたちを、さらなる被ばくからまもることに力をかしてください。

ありがとうございました。

   (国際環境NGOグリーンピース・ジャパン訳)  』

このスピーチは、各国政府代表から注目され、内外で報道されました。

明日、なぜ森松さんのスピーチが実現したか、さらに国連からどのような勧告が日本政府に出されているのか、更にその勧告を日本政府が無視し続けている状況等をお話します。

 私は、今日診療後は四国に移動です。明日高松で障がいのある人の性教育について講演します。台風が来ていますね。無事帰れるのでしょうか。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄、辺野古で。

昨日は、夫と二人で辺野古に行きました。

沖縄防衛局は、昨日8月17日から辺野古の海に土砂を投入すると宣言していたのですが、翁長知事が亡くなって、いったんそれは中止、延期になったそうです。翁長さんが命を懸けてこの土砂投入を止めてくれたと、皆さんがおっしゃっていました。

6

これまで、選挙の時には何も言わず、静かにしていて、選挙が済んだとたん事態がバタバタと動くと言うのがこれまでのパターンであったと。キャンプシュワブのゲート前で沢山の人が集まっています。

それにしても、安倍首相、翁長さんの葬儀の13日、みんなが涙を流している時に、「ふるさとのかき氷はおいしいなあ」と、かき氷を食べている写真をツイッターに載せたと。せめて追悼の言葉でも載せるなり、せめてかき氷の写真は控えようかという配慮もないのかと、これは、個人的に聞きました。探してみると、ありました。たしかに13日に。

Photo
キャンプシュワブのゲート前には、沢山の人が全国から駆け付けていました。翁長さんの追悼の言葉を自由に書き込むようにしてありました。私も一言翁長さんへの感謝の言葉を書きました。

2

そこから、埋め立てが予定されている海岸へ。

この美しい海が埋め立てられると。


8

砂浜で集会です。

7


垣根越しに憲兵を説得する人々も。

10

これから、知事選を初めとして、沢山の地方議員選挙があります。それらに全力を挙げて、基地建設反対の知事、議員を送り出さねばと。暑い中、皆さま本当に頑張っていらっしゃいました。そう、安次富さんや、京都から川口真由美さんも、それからYasuさんにもお会いしました。ほんとうに皆さん頑張っています。

戦争への道をひた走る安倍政権に対して、沖縄の心と広島の心は一つだと、思いを新たにしました。ずっとここにいて頑張ることができない、せめてもの思いとして、カンパをしてきました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧