「父と暮せば」が終わって。

広島別院共命ホールでの「父と暮せば」には、満員のお客様。その中には、沢山の被爆二世と共に、被爆者当時者の方たちも来られました。朝鮮人被爆者で二重の差別の中を生き抜いた方、子どものころ被爆、小さい頃に被爆の体験を書いている方、被爆孤児で「生きるねが精いっぱいだった」方。

それから、沢山の観音高校演劇部OB会の方たちが来たように、私も含めて演劇はやめてもずっと演劇を見続けて、演劇への眼が肥えている人も沢山来ました。それから、反戦反核運動を継続して続けている人も。様々な立場の方たちが来られました。

東京で毎年この「父と暮せば」を演じている方たちが、いつかは広島で演じたいと思って来たと言われました。それから、あの「夏の雲は忘れない」のベテラン女優の渡邊美佐子さんが「広島と長崎で演じる時には、とても緊張した」と新聞に報じられていました。本当につらい体験をした当事者がいるかもしれない、そんな中で演じることは、やはり緊張することなのでしょう。

 被爆体験、この悲惨な体験をした被爆者の多くの方が証言活動をして下さっています。同時に、これらをどう広げて行けばいいのかが課題でもあるのですね。そんな今、こうして様々な手段で世間の人に語りかけ、伝えて行くことは、とても大切なことです。「父と暮せば」は、広島の場では、十分に受け入れらたと思います。これを持って、これから先また東京で、あるいは他の場所に広げて、演じ続けて欲しいと思います。

片付けも済ませて、自転車で家に帰る時、素晴らしいお天気で、真っ青な空。川がとてもきれいでした。

5_20190708081501


6_20190708081501

この川に沢山の人が焼かれ、浮かび、流されて行ったのだと思いながら。

7_20190708082301

8_20190708082301

9_20190708082301

皆で広島まで来て、演じられた事、さぞ大変だったことでしょう。
大成功でほんとうに良かったと思います。今後の御活躍を期待します。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「父と暮せば」素晴らしい舞台でした。

昨日は、本当に濃い一日でした。桂月企画の「父と暮せば」の本番、何もかも素晴らしいものでした。

1_20190708081501


何より、この広島別院内の共命ホール、いっぱいの人、人。あらかじめ用意していた椅子を追加しなからの対応で、会場いっぱいになりました。私は、当日券の係をしましたが、対応に追われました。

井上ひさし作、原爆で亡くなり、時々生き残った娘のところに現れる父竹造の内山森彦さん。娘美津江の岡崎弥保さん、ピアノの太宰百合さん。そして、演出・語りの蒔村三枝子さん。どなたも素晴らしい演技・演奏でした。

チラシなどでは、「一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする」そんな娘を思いやり、「恋の応援団長」の父となっていますが。このドラマの圧巻は、やはり美津江の友人が亡くなる場。父が倒れた家に埋まり、どうにも助け出せなかった美津江と父の最後のやり取り。はだしのゲンや被爆者の証言など、沢山の場で語られて来たこの場面だと思いました。この場を蒔村さんの演出と内山さんと岡崎さんの激しいやり取り。涙なしでは見られない場面でした。あのじゃんけんの場をとても速いテンポにすることで、最高の盛りあがりになりました。

ともあれ、もともと場面や動きの少ない演劇を、思い切ってドラマリーディングという手法にすることで、却ってよく見える、素晴らしい演劇となりました。

これは、桂月企画の方々にも後でお伝えしたのですが、いっぱいの人で音が吸収されたのでしょうか、せっかくマイクが設定されていても、音が小さくて、一番後ろで観ていた私には、セリフの一部が聞き取ることができなくて。大声やゆっくりしゃべる所は大丈夫だったのですが、早いセリフが聞き取れず、とても残念でした。特に最後。ピアノとセリフが被る所は、ピアノの音にセリフが消されてしまって・・。いえ、聞こえなかったわけではないのですが、もっと大きな音で耳に入って欲しかった・・・。と思いました。一番大切な所だったので。立って聞いた方がよかったのかもしれません。フラットな会場だったので。

でも、こんな事より、何より、原爆の体験記や映画などで慣れている広島の人達にも大きな感動をもたらしたことと思います。協力して良かったです。

全て後でのキャストの方たちとボランティアでの記念写真です。

4_20190708081501

そして。蒔村さんの出身校、県立観音高校の演劇部OB会の方たちと。蒔村さんを囲んで。観音高校の現演劇部の顧問の中村先生、観音高校音楽部OBが毎年行っている二中の一年生全滅の記録の「いしぶみ」の合唱の指揮者、益田遥先生も一緒に。益田先生は、蒔村さんが東京での「いしぶみ」の合唱の時にほんとうに素晴らしい朗読をして下さるのだとおっしゃってました。

3_20190708081501

本当に沢山来て下さってありがとうございました。明日、もう少し続きます。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「父と暮せば」と「オシラ鏡」

今日は、午後1時からのドラマリーディング「父と暮せば」で多くの皆様とお会いできますように。私は、受付にいます。

そして、もう一つのお知らせです。今日の夜、午後9時10分から八丁座で試写会があります。

1_20190707091301

オシラ鏡の予告編はここにあります。

https://vimeo.com/293497642


2_20190707091301

5_20190707091901

5_20190707091301




私は主役の太一君の関係で、ぜひ行こうと楽しみにしています。

昨日は、福島からの親子さんと「味噌」の渡邊先生と一緒に食事をしながら沢山のお話をしました。また改めてご報告します。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「父と暮らせば」明日です。

先日の、被爆証言の多言語化をしていらっしゃる方たちとの話の中で、若い人たちにどうつなぐか、後継者をどうするか、これが全ての場での課題だとの話になりました。この方たちは、若い学生たちと共にこの活動をしていらっしゃいます。それが素晴らしいことです。

女優さんたちの原爆朗読劇、若い女優さんたちが次々と加わって行けば、やめることはなかったのでしょうが。つなぐひ人がいない。吉永小百合さんの朗読も素晴らしいけれど、私よりも年上だし。

「でも、岡崎さんがいる」と私は言いました。そうだ、岡崎さんがいると夫も。「ひろしまのピカ」や夏の花など「原民喜三部作」などの朗読を続け、CDを出しています。その岡崎弥保さんのドラマリーディングが、いよいよ明日になりました。

Photo

Photo

幸い、前売り券の販売も上々のようです。観音高校演劇部OBの蒔村三枝子さん演出・語りです。OB会の方たちも沢山チケットを買って下さいました。皆さんにお会いできるのも楽しみです。

私は当日受付を担います。多くの方にお会いできますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「誰がために憲法はある」続きです。

原爆朗読劇「夏の雲は忘れない」は、本日の三次市で広島県最後の公演をされます。多くの女優さんたちが33年間もの間続けてこられた事、本当に頭が下がります。そして、映画「誰がために憲法はある」で、そのはじめと終わりに憲法の前文を力強く語られた渡辺美佐子さんは、もう87歳だと。映画の中で、というか、夏の雲は忘れないの中でというか、とても気になったこと等がありましたが、それは昨日からずっと考えていて、結局、言わないことにしました。枝葉末節な事を言って、この活動そのものに対してのクレームにしてはいけないと思ったからです。

4_20190705082001


ただただ拍手ですね。お疲れ様でしたと。映画の中にもありました。様々な所で、子どもたちと一緒にこの朗読をしていらっしゃること。その現場を映画に載せたかったけれど、校長の許可が出なかったと。情けないですね。教育現場。でも、ご一緒した子どもたちの中には、確実に残り続けることでしょう。

昨日、私は、被爆者の証言を多言語化したいと活動をしている方たちにお会いしました。ああ、ここにも努力している人達がいる。そう力強く思いました。多言語化して、世界中に被爆者の体験と思いを届けて、それを翻訳して届けるという活動をした方たちがそれぞれの場で、それだけでは思い足りなくて、さらなる活動をしていく・・・。今、その方たちは世界中に200人ほどだと。

広島にいて、広島で今も目白押しの様々な活動が、まるでツボの中のように、広島だけで留まるのでなく、日本中に、世界中に広げていかなければ、という思いは一致するのです。さらに、若い人たちにどう続けていくのかも。

私たち、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」も、マンネリだと指摘される方がおありです。でも、被爆者がまだいる限り、その被爆者の体験と思いを聴き続けたい、いつかは被爆者は誰もいなくなるのですから。そして、沖縄からも、福島からも。私はマンネリでも構わないと思い続けてきました。これ以上、多くの場に広げていくのは、私の力では無理だね。これが精いっぱいとも思ってきました。とにかく、続けて行く事。途切れることなく。それが私の務めと思っています。世界に広げるのは、他の方たちに任せましょうと。

昨日は、市役所の記者クラブにフライヤーの投げ込みに行きました。マスコミの方にも目にとめて頂ければとの思いで、毎年投げ込みをしています。これだけの方たちが来て語って下さるのですからと。でも、なかなかです。めげずに頑張りましょう。

Photo_20190705084701


 


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


 


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「誰がために憲法はある」

ここの所、まあ、本当に一体どうしてというほど、映画漬けになっています。昨日は、診療後、またまた雨の中、自転車を飛ばして横川シネマへ。今回の映画はこれ。

1-2

2-2

この映画の上映前は、「主戦場」。終わって沢山の人が出て来て、良かった!まだ沢山の人が観てるんだと嬉しかったです。横川シネマの支配人に「新聞記者」、ここで上映しないのですか?と聞くと「しませんよ」と。よそで上映しているのは、ここではしませんよ、と。そうでした。それこそ横川シネマでした。でも、イオンシネマはいつ終わるか、「終了未定」て、ハラハラするのでというと、調べ来て、まだ当分するでしょうと言われました。はっきりしたら、はっきり出すでしょうと。

そこで、「誰がために憲法はある」です。ものすごい映画、「新聞記者」を観て深い感動をまだ引きずっている時なので・・・。

それでも、「憲法」と原爆、広島二中の一年生の全滅の記録「いしぶみ」、女優さんたちの朗読劇「夏の雲は忘れない」がリンクして、感動を覚える作品でした。

私は、谷本清賞の受賞式で「夏の雲は忘れない」を聴きました。33年間も、ずっとずっと続けられた朗読劇、それがこの夏に幕を閉じるという無念。本当にお疲れ様でした。この方たちは、多くの物を沢山の子どもたちに与え続けたことでしょう。今日も、今、この私がいるすぐそばのアステールで演じられています。行きたいけれど、ほんとうに残念、貸し切りなのですね。広島では、明日7月5日、三次市民ホールきりりでの上演が最後です。

その主催者でもある渡辺美佐子さんが広島二中の碑で、麻布の小学校でひそかに思いを寄せた彼の名前を撫でる場、持って行ったひまわりの花束を置いたそこに竹田さんの弟さん、あのお弁当箱の持ち主の名前がありましたよ。

ああ、この場面で、亡くなった教師と子どもたちの名前、全部をざっと映してくれたなら、いかに沢山の生徒たちが「学徒動員」の場で殺されたか、もっと強く訴えられるのに、なんて思いましたよ。すみません。

抹消な事を言うようですが、まだ、もうすこし時間をかけてこの映画のロケハンをなさっていたら・・。少なくとも、映画の中の合唱曲、毎年毎年広島や東京で広島二中の後輩たちが歌い続けている合唱曲「いしぶみ」が流されたなら・・・。なんて、これもすみません。

もう少し、明日、この続きを書きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフ会議でした。

6月30日には、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフ会議を行いました。

毎年、コツコツとこの会を継続してきました。途中、苦しい時もありましたが、続けることができる事、うれしく思います。スタッフには、新しく被爆二世、三世も加わりました。皆さん、それぞれの人生を生き抜いています。写真は、あえて逆光の顔がチャンと映っていないのを使いますね。

86_20190703083501


今年も、素晴らしい方たちをゲストに迎え、素晴らしい内容になることと思います。

それに、大切なお知らせになりますが、会場が、昨年から別の行事が入って、午後4時には明け渡さなければならなくなりました。それに伴い、開始時間も早くなってしまいました。遠方からお越しの方には、大変ご迷惑をおかけすることになりました。ごめんなさい。

そのためもあるのですが、素晴らしい方たちに登場して頂くのですが、それぞれの方のおお話して頂く時間が短くなってしまって、申し訳ないことになりました。

もう一つ、いつも会の後の懇親会が希望の方が多くて、お断りしなければならなくなっているので、今年から、会場を倍にしました。ですから、これまでよりも多くの方に参加して頂けるようになりました。

具体的なスケジュールについては、また改めてお知らせしますね。

既に、沢山の方たちに賛同のお金を振り込んで戴いてありがとうございます。どうぞ、今年も多くの方にお会いできますように。

86 86_1

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

原爆ドームとバラ

 少し最盛期を過ぎましたが、平和公園のバラ園です。

Photo_20190625081101

手前の黄色いバラ、これが「Friedenspark Hiroshima」「ヒロシマヘイワキネンコウエン」という名前のバラです。1999年にドイツのエルトビレ市から贈られた花です。

平和公園には、様々な花があります。角度によってドームと花を撮って来ました。これまでにその都度ブログに載せていますが、ここで改めて。

この春に撮ったのも、もっと前に撮ったのも。

Photo_20190625081201

2_20190625081101

Photo_20190625081202

花ではありませんが、大雪の日に撮りました。ドームは補修中です。

Photo_20190625081501

いつも持っている私の愛用のアイパッドでの撮影です。平和公園に来られることがあれば、ぜひお花たちにも目を止めてみて下さいませ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「八月を憶う」

昨日は、7月7日の「父と暮らせば」のプレイベント「八月を憶う」に行きました。午後3時半からの開演。20分前に到着すると、ほぼ満席です。

8_4

蒔村三枝子さんの観音高校演劇部後輩、先輩たちも含めて。

1_26 2_36

今回は蒔村さんと岡崎弥保さんのお二人の朗読です。

3_25

まず、お二人による詩の朗読。

花森安治さんの「戦争について」
谷川俊太郎さんの「死んだ男の残したものは」
石垣りんさんの「挨拶 -原爆の写真によせて」
松山善三さんの「一本の鉛筆」

そして、蒔村さんによる奥田貞子さんの「空が、赤く、焼けて」から「一つだけ泊まったらかえって来ると言ったのに」

4_18


私が読んで大泣きした、悲しい本。蒔村さんの朗読で、小さな女の子の悲しみが切々と語られました。たまりません。すごいねえ、やっぱり俳優やねえ。悲しい、怒れる本に立体的に命が吹き込まれました。

そして、岡崎さんによる「ひろしまのピカ」。スライドで絵本を映しながらの朗読です。岡崎さんは、丸木俊さんになったり、一人の北海道に住む被爆者になったり。小さな女の子になったり。そのお母さんになったり。いろろいな役を演じながらの朗読です。

5_18


お二人の、7月7日の「父と暮らせば」についてのご挨拶。

朗読という手段が、これほどまでに力強く、人の心を揺さぶるものなのかと。改めて7月7日が楽しみになってきました。
この後、お二人などと共に打ち上げというか、土橋の「ラ・コルドベッサ」にて夕食をしながら7月に向けての話をしました。関東からの移動も含めて大変でしょうが、楽しみにお待ちしますね。広島だからと別に緊張することも無いのです。これまで6年間積み重ねてきたように、今まで通りにして頂ければと思います。なお、「父と暮らせば」のチケット、当院にもあります。前売りは2000円です。

今日は、性教協の例会。眞野豊さんの模擬授業です。ここでも、多くの方にお会いできますように。


20196

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

原爆資料館入館は被爆者は有料です。

先日、講演を聴く機会があって、平和資料館、いわゆる原爆資料館に行きました。その時、8.6ヒロシマ平和の夕べのスタッフで、被爆者である人が、リニューアルされたという「資料館に入ろうと思ったら、入場料がいると言われた。前は、被爆者は無料だったのに。今はいるんだと。」と言いました。それは、おかしいねえ。被爆の展示場で被爆者がお金が要るなんて。どうして?結局は市長の違いじゃろうということになりました。しかし、市長の違いといっても、それまでの入場料を変えるのには、議会の了承もいるだろうし、市長単独ではできないでしょうよ。そう思って、調べてみました。

広島市のホームページの資料館の入場料の変更についてという所では、こうありました。

Photo_128


身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷者手帳をお持ちの方はこれまで通り無料で入館いただけます。と書かれていました。でも、被爆者健康手帳をお持ちの方とは書かれていませんでした。

で、電話で確かめました。そしたら、「原爆障害者章」を持っている方は無料です、と。被爆者健康手帳では無料になりません。といわれました。「原爆障害者」とは何か?それは、原爆のせいで障害者になった人のことであり、その人には、バッジを提供されるらしいです。

別の所には、こうありました。

2_32

戦傷者は無料でも、被爆者は無料では無いのですね、と再度聞くと、やはり無料ではありませんと。

長崎はこうでした。

Photo_129

ちゃんと被爆者は無料になっています。

 なんということでしょう。私は怒っています。広島市は被爆者への行政も、反核運動でも、全く後退していて。情けないことです。100円のお金のことではありません。心の問題だと、そう思います。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧