「8.6ヒロシマ平和の夕べ」反省会

今、京都にいます。これから福井に向かいます。台風によるサンダーバードの運転とりやめが発表されていますが、かろうじて、私が行って帰る予定の便は運転されそうです。何とかなりそうです。

昨日は、午後から「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の今年の反省会と、来年に向けての会議をしました。

以下、スタッフからの案です。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は、08年から10年余にわたり「被爆の継承、核・原発の廃絶、反戦・-平和」を、これまでの原水禁運動等の枠組みをこえ、あらためて市民レベルから発信して来ました。

11年の「人類史上初」という3.11福島第一原発の大事故を受け、また地上戦により20万人余が犠牲になった沖縄との交流も強め、「平和講演」「被爆証言」「沖縄、福島から」を柱に内容を作り、全国の皆さんに提起して来ました。

 例年、参加された方々から「広島、長崎、核、原発と平和について考える内容をもらい、地域に持ち帰り行動する力になった」「翌年、それ以上の内容をやってもらえるのか心配になる」等の意見も出されてきました。

 被爆75年を振り返り、実証し「実際に、どのように核・核発電を廃絶していくのか」、75年以降にどう継承していくのか、という年になります。

すみません、出発しなければならない時間になりました。また明日に続きます。

写真は、会議が済んで一部帰られた方もありますが、残った人達と懇親会、でも、貴重な雑談会をしている所です。

86922

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

台風はどうでしょうか

今、とても大きなストレスを抱えています。何もかもやめてしまいたいのですが。それでも、粛々と、淡々と今日の課題をしなければなりません。頭が緊張していると、眠りも緊張して、直ぐに目が覚めて眠れなくなります。寝不足の頭でボーとしながらでも、ちゃんとすべきことをしなければなりません。

今日は、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の反省会と来年に向けての会議です。全国からスタッフが集まります。

それが済むと、私は京都に行きます。そして明日は福井へ。台風がどうなのか?サンダーバードは?一度、山の中でサンダーバードに閉じ込められたことがあります。今回の台風はどうなのか?


京都のホテルは予約しているのですが、列車がどうなのか、心配しながらも結局昨日JTBにチケットを買いに行きました。全て自由席にしてもらいました。その方が融通が効くでしょう。

夕方クリニックを出たら、こんな光景が。向いの道路端も、サンモールに入る路地にも、人が一杯。ずっと電車道まで、ずっとずっと人人人。何でしょう???県民文化センター・鯉城会館に誰か有名人が来るのでしょうか?


と思ったら、みんなスマホを操作しています。すごい人がみんなみんな。

Photo_20190922102301

ポケモン?何か新しいゲーム?さっぱり分からないけれど。こうして、気軽に生活している人はいいなあ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

平和のための広島の戦争展

昨日は、最終日ギリギリになりましたが、県民文化センターで行われている「平和のための広島の戦争展」に行きました。



24年前から行われているこの「戦争展」、今年のテーマは、「軍都広島の成り立ち、軍事拠点としての呉」。

よくもまあ、これだけの品、資料を集められたものだと、ほんとうに感心しました。赤紙、出生する兵士への日の丸の寄せ書き、戦死を知らせる電報、胸が痛くなるような品々が、戦争の悲惨さを実感させます。

展示1は、
1.ヒロシマはなぜ軍都になったのか
2.日清・日露から日中戦争へ
3.日中戦争の始まり
4.日中全面戦争
5.太平洋戦争

展示2・朝鮮半島と日本の歴史について考える
展示3・「731部隊」を知ってますか

などなど。従軍慰安婦についても、軍が慰安所を作り、女性たちを強制的に連れ去った事実の証拠も沢山展示されています。

イベント広場では、開催中ずっと講演や訴えやビデオが上映されました。

1_20190827080501





ああ、もっと早く観に来ればよかった、そして、多くの方に観て頂くように、私の立場で宣伝をすればよかったと後悔しました。

来年は、もっと、まだまだ充実させるからと言われました。来年こそ、私も協力したいと思いました。

実行委員会の皆様、ご尽力、ありがとうございました。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」河合弘之さん

昨日のカープ本当に疲れました。試合中は、暑くてたまらなかったけれど、稲垣ホームの友美さんと優君と楽しく過ごしました。でも、一点差で負けて家に帰ると、ぐったりでしたね。「一点差の負けは監督の責任」と言われるけれど、これがずっと続いているのですもの。もうこれでカープは終わりかも。

台風が心配ですが、私は今日から大分行です。今日の内に墓掃除。そして墓参り。河野の実家の当たりでは、墓参りは二回しなければならないのです。お迎えとお送りと。それに地域のお盆の行事も。墓掃除しても、台風で・・。地域の盆踊り、初盆の方たちのお盆行事、雨風の時どうなるのかしら。ま、なるようにしかならいでしょう。私がもっとも苦手なのは、やぶ蚊です。お墓は山の中です。どれだけ虫よけでカードしても、厚手のズボンの上から刺されまくります。いつぞやは、あんまり沢山刺されて、震えが来ましたもの。

さて、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の事、今日でいったんけじめです。

今年の平和講演は、弁護士の河合弘之さんにお願いしました。「ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、原発再稼働」のタイトルでお話頂きました。河合さんは、脱原発弁護団全国連絡会・共同代表。伊方原発運転差し止め広島裁判の弁護団長。映画「日本と原発」シリーズの製作・監督でもあります。

大きな声で迫力のある講演、今の日本と世界の状況。これから先、日本が進べき方向等とても分かりやすく話して頂きました。

これも、さとうしゆういちさんのフェイスブックから頂きますね。


8・6ヒロシマ平和の夕べ 河合弘之さん講演(骨子)

・アメリカは今でも原爆を使ったことは反省していない。

・戦後は、原爆は大国限定で認め、他の国には原発のみを認め体制をつくった。原発で核兵器産業が儲かると言うこともあった。

・原発と原爆は本来表裏一体。だから、反核運動をやっている人は原発に反対しないといけないし、反原発運動をやっている人は核兵器に反対しないといけない。

・核兵器に反対することについては反感は少ないが、原発に反対することは、(特に3・11以前は)国・電力会社・経済界などからなる原子力村の利権に関わることで、反感・憎悪の対象になった。

・再稼働が止まらないのは「今だけ、金だけ、自分の会社だけ」だから。原発をなくした場合、設備を一挙に減価償却しなければならず、会社が赤字になるのを恐れている。

・また、一部の政治家には核兵器の保有能力を潜在的に持っておきたかった。しかし、そもそも日本で6回も核実験をする場所はない。

・フクシマを忘れてはいけない。子どもの甲状腺ガンは100万人に1人の珍しい病気だが、フクシマでは367000人に対して200人もの患者が発生している。「スクリーニング効果」があったにしても、あまりにも多すぎる。

・政府は「原発事故の影響は考えにくい」とし、逃げている。完全否定はしないが、影響がないことを前提に政策を進めている。

・なぜ、被害者への差別が起きるか?それは、被害がなかったことにしたいことの裏返しである。

・原発は自国にのみ向けられた核兵器だ。

・日本は面積あたりの地震が世界平均に対して130倍も起きる国だ。そんな国が原発を絶対つくってはいけない。

・パリ協定は、先進国側が途上国側に再生可能エネルギー(発電所)を売ることでこれまでの先進国vs途上国の対立を解消した画期的な協定。アメリカはトランプは離脱したが、大きな州や民間レベルでは勝手にどんどん再生可能エネルギーを進めている。

・再生可能エネルギーは大きくコストダウンしている。他方、3.11を受けて安全基準が厳しくなった原発は割に合わなくなっている。日本はこのままではおいていかれる。

・とはいえ、NHKや日経新聞が再生可能エネルギーでこれ以上おていかれるとまずいという問題意識を持っているようだ。

・最終的には日本でも原発より再生可能エネルギーになるだろうが、「果報は寝て待て」ではいけない。それまでに日本でもう一度原発事故が起きたら、アウトだから。原発をいますぐやめさせることと、再生可能エネルギー推進を両方やっていく必要がある。

講演終了後、水戸喜世子さんから、サプライズで「ノーベクレル賞」が河合さんに授与されました。

さとうさん、ありがとうございました。

水戸さんからノーベクレル賞の授与がされている所です。

86201913 86201914

来年は、被爆75周年です。来年に向けて、もうこれから始動です。

もう一度、ほんとうに皆様ありがとうございました。参加して下さった方、講師の方々、熱くお礼申し上げます。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」水戸喜世子さん、阿部ゆりかさん

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、今年の福島については「フクシマ原発事故、被ばく、避難」として子ども脱被ばく裁判の会・共同代表、同支える会西日本代表の水戸喜世子さんと、高校生の阿部ゆりかさんのお二人の対談の形でお願いしました。このおばあちゃんとお孫さんのような雰囲気がとても良くって、皆さんにも好評でした。阿部さんは、福島の原発の事故以来、転々と引っ越しし、今は京都で生活をしています。福島から来たと言う事でのいじめの体験や、韓国に行っての若者たちとの交流、ソウル市長との面会のこと等について話して頂きました。

8620194

子ども脱裁判について。当日配られた参加者へのメッセージを掲載します。字が小さいので、半分ずつにして。

86201918 86201919

リーフレットから。

8620191686201917

 

この度、スタッフの竹田宛に、阿部ゆりかさんからメールが届きました。竹田とゆりかさんの了解を得て、転載します。

お話させていただける機会を頂けたこと、本当に嬉しく思います。今日(7日)も、平和公園や資料館を案内していただいて、お弁当箱も見せて頂きました。これまでに広島を訪れたことはありましたが、全滅した二中のこととか全然分かっていなかったので、直接教えていただけてとても勉強になりました。ありがとうございます。

自分自身、発見の連続で大きく視野の広がる3日間を過ごさせて頂きました。ヒロシマ・ナガサキや沖縄、フクシマの悲劇が繰り返されぬよう、反戦・反核を訴えていきたいと改めて気づかせて頂きました。今年、広島に来れて本当に良かったです。またお会いしたいです!!! 本当に本当にありがとうございました!!!

            阿部ゆりか

水戸さん、ゆりかさん、ありがとうございました。まだまだ暑さが続きます。どうぞご自愛なさって下さいませ。ゆりかさんは、受験ですね。ご健闘を祈ります。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」高里鈴代さんのお話


「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、ヒロシマはもちろんですが、沖縄と福島を決して忘れないという事でこれまでも続けてきました。今回の沖縄からは、「沖縄の女性」に焦点を当てました。

私はずっと以前お話を伺った事がある当時沖縄強姦救援センターの高里鈴代さんにお願いしました。当時、沖縄の女性たちの米兵による性暴力の被害は目を覆うばかりでした。その後も、沢山の被害が報道され続けています。

高里さんの講演については、せとうち新聞のさとうしゅういちさんがまとめたものをフェイスブックに掲載されましたので、それをお借りいたします。講演中の写真も、さとうさんのフェイスブックからです。さとうさん、ありがとうございました。

8・6 ヒロシマ平和の夕べ

沖縄からは元沖縄市議の高里鈴代さんが「沖縄と女たち 人権、基地、軍隊」と題して訴えました。

冒頭、3年前に女性が海兵隊に拉致された事件に対しての抗議集会の画像を紹介。

86201912


高里さんは、長崎に原爆投下したグラマン機が沖縄によって給油しテニアン島に戻ったという事実を長崎を訪問した際、
知って衝撃を受けたそうです。

戦時中の日本軍は、沖縄に本土を守るため、32軍をつくり、145も慰安所も設置したそうです。韓国からも台湾からも
本土からも、沖縄からも多くの女性が沖縄で慰安婦にされ、さらに日本軍がいなくなったあと置き去りにされてしまいました。

その後はどうか?「まとまって25000人も米軍が集中しているのは世界でも沖縄だけ」と高里さんは強調します。

そんな中で、女性も(アメリカ兵を相手にした)「ドルの稼ぎ手」とされていました。

戦時中から、アメリカ軍がやってきたあとまで、沖縄の女性が一貫して置かれてきた位置がよく分かりました。

1995年の少女暴行事件が発生しました。それを契機に1996年のSACO合意で普天間基地辺野古移設及び、
北部訓練場の半分返し、高江にヘリパッドをつくることが決まりました。
だが、これは、海兵隊や軍隊の削減にはなっていませんでした。

また、日米地位協定により、ヘリの事故があっても、(米軍基地の外の民有地であっても)現場には消防隊が入れないのです。

米兵のレイプをうけた経験のある女性が20年後=2005年に知事に公開書簡を出しました。
「どうして我が物顔に軍隊が歩いているのか?」
と。当時の稲嶺知事は、それに丁寧に返事をだしました。沖縄選出の国会議員もこれを国会で取り上げました。
だが、当時の町村信孝外務大臣は、国会答弁で手紙を批判したのです。

2012年にも米兵による集団レイプが発生しました。
当時は、沖縄県内はオスプレイ配備への抗議行動の最中だったにも関わらずです。

沖縄県民の怒りが、明確にアメリカにつたわっていないということだ、と高里さんは
訴えました。


会場では、高里さんの共著「沖縄にみる性暴力と軍事主義」が販売されました。高価な本ですが、完売しました。私も購入しました。夏休みの間に読むつもりでいます。

Photo_20190811113401

高里さんには、遠方から来て頂いて、力強くお話し下さって本当にありがとうございました。沖縄の人たちのたゆまぬ闘いに多くを学ばせていただきまた。闘いの源は、怒りであるということが良く分かります。問題は、私たちが沖縄を孤立させることなく、これからどうするかという事だと、それを突きつけられたのだと、そう思いました。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」切明千枝子さんのお話

すでに言ってっているように、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、司会をしながら走り回っていたので、お話を聞くことがほとんどできませんでした。何人かの方が、当日のことを書いて下さっていますので、了解を得て、ここに転載させていただきます。

初めの、切明さんのお話について。高山いづみさんのフェイスブックです。フェイスブックは、そのままをシェアという形でフェイスブック内で転載することはできますが、例えば文章だけをフェイスブック外に転記させて頂くこと等はできません。ここにスクショで丸ごと転写させていただきます。高山さん、ありがとうございます。

Photo_20190810080701

切明さんのお話は、お会いした多くの方から、とても良かったと言って頂きました。その悲惨に体験はもちろん、子どもを産まないと決めていた切明さんに、「それは、障がい者に対する差別意識か」と叱って下さるドクターがいて、眼が覚めてそれから出産をしたという所もすごかったと言って下さった方。日本のアジアに対する加害が話されていて、それが素晴らしかったという方。それから、言葉がとても上品だったと言われた方も。

切明さんは、平和の夕べの最初に話して頂きましたが、その後も会場の一番前に座って、ずっと最後まで全ての方の話を聞かれました。勉強熱心なのですね。

どうぞこれからもお体を大切に、長生きをして下さいませ。かつ多くの若い人たちに体験を話して下さいますように。本当にありがとうございました。

最後に、切明さんの歌を載せさせていただきます。

Photo_2

8620191

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

奈良岡朋子さん「黒い雨」

昨日は、午後劇団民藝の「黒い雨ー八月六日広島にて、矢須子ー」を観に行きました。奈良岡朋子さんの一人芝居です。

Photo_20190809081701


奈良岡さんは現在90歳。でも、出てこられた時の姿勢はまっすぐ。はっきりした張りの有る声。井伏鱒二原作の、原爆前、投下された時、その後、取り分け若い女性矢須子のことが淡々と読まれます。ぐっと引き込まれて聞きました。ただ、一人芝居という事で何も調べないで来て。
 以前、新屋英子さんの一人芝居「チョゴリの被爆者」を見て大感動していて、そのようなものかと、それにしても、矢須子は映画では田中好子が演じたあの女性を、90歳の奈良岡さんがどう演じられるのかとか、そんなことを想いながら来たものだから。

 これは、一人芝居ではなく、ドラマ・リーディングでした。先日見たドラマ・リーディング「父と暮らせば」は、出演者が三人に、見える所でのピアノ演奏という配役で、結構動きが観られて飽きないで終わりまで引っ張られました。

これは、座ったままの奈良岡さんが、ずっと台本を読むという、動きが無いままで、退屈してしまったのもあります。これなら、本を読んだり、CDで聞いたりしたって同じ様な・・・。そんなこともチラッと思ったけれど、やはり奈良岡さんにはすごい人と感嘆しました。

その後で、一緒に観劇した観音高校演劇部OB会の國本さんと今城さんの三人で、久しぶりのおしゃべり。近くの喫茶ゲートインは、色々なパフェが楽しい所。三人がそれぞれ選んだのが、こんなの。

4_20190809082101

ひとしきり食べて話して、そして、今度はカープへ。

882

楽しかった!!です。私は、この所勝ちばかり。一日前が負けで、その日でなくって良かった。12ゲームも離されていた巨人に1.5ゲーム差。背中がすぐそこに来ましたよ。

また、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について御報告しますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」交流会

「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」の会が終了した後、参加者の皆さんと交流会を行いました。当日発言して下さった皆さんも参加して下さり、まだまだ話を聞きたい方たちとそれぞれ会話が弾みました。

河合先生は六本木男性合唱団のメンバーであるそうで、歌って下さいました。


8620199

イタリアから来られた和田千重さんは、東京芸大卒のオペラ歌手です。山本さとしさんの「広島のある国で」等を朗々と歌って下さいました。

86201910

また、和田さんは、イタリアから旗とメッセージを持ってきて下さいました。

8620198

ああ、失敗。その時は呼ばれて旗を持ったのですが、後で良く見ると、切明さんがいらっしゃいません。切明さんも交流会に参加して下さっていたのに。残念。PACEはイタリア語で平和、PEACEの意味です。

そのイタリアからのメッセージが素敵なので、ここに転載しますね。


平和のために尽力されている親愛なる日本の皆さんへ


 


私は、「核兵器、全ての戦争とテロリズムに反対するためのピエモンテ州連絡会議」のパオロ・カンデラーリです。この連絡会議への加盟団体は70以上にのぼり、多数の一般市民と様々な市民運動団体、政党、宗教団体、文化団体、労働組合などに加え、地方自治体も参加しています。


 結成されたのは2017年春、いわゆる核兵器禁止条約(TPNW)を支持、支援するためでしたが、同年77日の条約採択後は、イタリア政府にこの条約への調印と批准を求める運動と変化し、活動を続けています。私たちのスローガンは「イタリアよ、考え直せ!」


 現在に至るまで、イタリア政府はこの条約を認めていないのです。


核兵器による大虐殺を回避できる安全保証は、社会構造そのものと罪もない一般市民を攻撃、破壊することを目的として作られた殺戮兵器の全廃でしか得られない、と私たちは信じます。


 核兵器の残忍かつ致命的な威力を実際に体験され、これまでの長い年月、憲法で戦争の放棄を謳い、戦争に向かう軍備を否定し続けてきた日本の皆様に賛同します。


私たちの国の憲法にも戦争放棄が明記されています。しかし、戦争への風が至る所で吹き荒れている現在、他の諸国への平和と友好の手本ともなるべき、私たちの二つの国の賢明な憲法を変えようとする声が高まっています。


 私たちは、世界が見習うべき日本国憲法第九条を守り抜くための戦いで、皆さんが勝利されることをお祈りしています。そして、皆さんと私たちの平和への努力は必ず実ると確信しています。


 それ以外の可能性は存在しないのです。 アインシュタインの言葉通り、「人類が核兵器を撲滅しない限り、核兵器が人類を滅亡させることになる」のですから。


     トリノ市にて 20197月     パオロ・カンデラーリ


ありがとうございました。私や、スタッフの皆さんは、司会やら裏方でうろうろしていて、会の中でのお話を聞いていません。この後から、録音したのを聞こうと思いますが、参加の皆さんがフェイブック等に、発言のまとめや感想を載せて下さっています。それらを転載させて頂いていいかという了解を今お願いしています。了解頂いた方のお話をまた掲載させていただきますね。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」皆様ありがとうございました。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」無事終了しました。遠方からも参加して下さった皆様ありがとうございました。沖縄、東京、京都、大阪等から来て参加した方々にお話して下さった皆様、ありがとうございました。

そして、90才という高齢を押して、被爆前(戦争中の軍国主義日本のアジアの国々たいしての加害も)、被爆の惨状、被爆後、そして今の社会に対しての危惧、若い人達へのお願い等、網羅して話して下さった切明千枝子さん。

8620191

沖縄の歴史、その中で女性がどのように扱われ、蹂躙され、殺されて来たかを詳細に話して下さった高里鈴代さん。

8620192


澄んだ歌声で自作の「Colorful World」を歌って下さったsetomayuさん。活動の拠点である一年中でいちばん忙しい「ハチドリ舎」から駆け付けて下さいました。

8620193

いまだに力強く福島の「子ども脱被ばく裁判の会・共同代表」として活動されている水戸喜世子さんと、福島から非難し、共に活動している高校三年生の阿部ゆりかさん。ゆりかさんは、福島から山形、北海道、喜多方、沖縄、そそして京都と、転々と避難し、その過程でのいじめにあう等の体験を話して下さいました。

8620194

 今年の平和講演は、弁護士であり、映画のシリーズ「日本と原発」の監督でもある河合弘之さんの「ヒロシマ、フクシマ、原発再稼働」~核と自然エネルギーの過去・未来・現在~。力強いお話に会場中が飲み込まれるように聴き入りました。

8620195

そして、最後に電車内被爆者の米澤鐡志さんが、まとめのお話をして下さいました。米澤さんは、1回目から今回の11回目までずっと参加して下さっています。写真が取れないでごめんなさい。

裏方は、バタバタとお見苦しい点もありましたが、無事つつがなく終えることができました。

皆さま、ほんとうにありがとうございました。
来年は被爆75年。それに向けて、また活動開始です。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧