« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

緊急避妊薬のOTC化に反対します。さらに。

年の終わりに、こんな気分でいることは情けないので、昨日まで二日に渡って書いたことの、もう少し追加を書いておきたいと思います。

「日本の女性が自立していないと言い切ることに違和感がある」と言った方がおありです。きっとその方の所には自立した意識の高い患者さんたちが訪れるのでしょう。統計を見てください。日本の若者の避妊の統計では、コンドームと膣外射精が85%という、男性任せ、男性の意志に任せる方法をとっていること。それすらも、つけてと言えなかった、言ってもつけてくれなかったというのが私のところでの45%という数値となっています。私のクリニックは、地べたを這うような診療をしているものですから。それから、薬剤師さんの中には、熱心に勉強している方が多くいるということですが、OTC化されれば、勉強していようがしていまいが、全国のどこの薬局でも、自由に「売る」ことができるようになるのです。これまで、何十年も懸命に性教育に取り組んで来て、その流れの中でこの緊急避妊薬にも取り組んで来て、クリニックでの若者の姿を見てきて、危惧しているのです。

 コンドームが緊急避妊薬にとって代わるのではないかと。

 それから、条件として、「一般の薬にはさせない」と言った方がおありです。はじめは薬剤師さんの面前で飲むことにしても、今の法律では、三年たてば、自動的に一般の薬として、まったく自由に買うことができるようになる仕組みをご存じでしょうか。そうさせないためには法律を変えるしかないのですが。今の社会で、こんな法律が三年以内に変えられると思われるのでしょうか。日本は、DV男や性暴力にとても甘い国です。明治時代の性犯罪の法律を変えるのにも、こんなにもたもたしている状況なのですよ。

 また、性教育もOTC化も両方頑張るといわれていますが、そんな生易しいものではありません。この間、歯を食いしばってバッシングにも耐え、とにかく続けることと頑張ってきた者にとって、新たな危険が迫ってきた時に、それに反対の意志を表明するのは、当然のことでもあります。

 性教育の世界では、また指導要領が変わりませんでした。2023年度は、小学校の教科書採択、2024年度は、中学校の教科書採択となります。指導要領が変わらなかった以上、

〇小学5年の理科(人の受精に至る過程は取り扱わないものとする)
〇中学1年の保健体育(妊娠の経過は取り扱わないものとする)という「歯止め規定」はそのまま引き続き記載されます。

そして、次に教科書が改定されるのは、4年後なのです。これからまた4年も、「性交という言葉は使ってはならず、性的接触という言葉で」という教科書を使い続けなければなりません。これは、まさに政治の世界なのです。

このような政治の世界を見るなら、「頑張る」という情緒的なことではないということです。日本中の子どもたちが、どこに住んでいても、しっかりと性教育を受けられる環境にすること。それは、自分が性教育の講演をして回れば解決することとは遠く離れたことであると思います。


 私は、本当に危機感をもって声を上げています。

こんなことで今年のブログを終えるのは、ほんとうに情けないことですが。今年は、私が言い続けて来てもあまり振り向いてもらえなかった統一教会と性教育バッシングについても、やっと少しは分かってもらえるようになってきたかと、それとこの緊急避妊薬についてもつながっているということを言いたくて、最後の締めくくりとしました。

クリニックのお正月のお花です。

Photo_20221231212401

皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

緊急避妊薬のOTC化に反対します。続きです。

ある日、性風俗で働いている若い女性が来院しました。まだ新人で慣れていない時に、客に強引に本番をされてしまったと、泣き顔でした。それは大変。もちろん、緊急避妊薬をお出しして、すぐに飲んでもらいました。私は、必ず面前で内服してもらいます。そして、これからはちゃんとピルを飲んで予防をしましょうとお話ししました。すると、そこにその風俗の経営者から電話がかかってきました。


「その子に沢山薬を出してくれ」と。それはできません。あらかじめ渡しておくということは禁止です。あくまでも、緊急避難としてある薬です。今後、危険なことが予想できて、そのために渡しておくということをする薬ではありません。私はできないと言いました。そしたら、怒鳴られました。「その度に取りに行くのは手間だろう。渡しておけばいいんだ。つべこべ言わないで渡せ」彼女の心身に対する配慮等、まったくありません。そもそも本番がないといわれて、この世界に入ったのに。話が違うと彼女は泣きます。結局これからはピルを飲むことにして、緊急避妊薬をあらかじめ沢山渡すということはしませんでした。やはり怒鳴られると怖くて、経営者の話を突っぱねるのには、勇気がいりました。

これは、私のところでの半年の間に受診に来た風俗で働く女性たちのデータです。

2_20221230174201

6_20221230174201 4_20221230174201

風俗で働く女性たちの体や命の尊厳を守る、例えば危機があった時の回避を逃れるシステムやトレーニング等は全くなされていません。避妊は確実なピルで、性感染症の予防はコンドームで、というような配慮もされていません。

 おそらく、緊急避妊薬がOTC化されると、もっとも喜ぶのは、風俗の経営者だろうなあと私は本気でそう思います。
 
 OTC化を望む人たちは、女性の体は、自分で守ると言われるのでしょう。欧米では、自分で買うことができるのにと。でも、欧米と日本では、まったく事情が異なります。

 だって、日本では欧米で行われているような性教育ができていません。そもそも、中学校でも、性交や避妊は教えられないという、「教えると、したがるから」というような、こんな陳腐な文科省なのですよ。15歳、中三でも、性交も避妊も教えられない、でも、性犯罪の法律が定めている性の自立は「13才」という、こんな矛盾した状況で、若者たちがどこで性を学んでいるのでしょうか。OTC化の前に、なぜ、もっと性教育をちゃんとしろと言ってくれないのでしょうか。いえ、私はちゃんと学校に出かけて子どもたちに性教育を教えているという人、それは私もそうなのですが、でも、国全体からみると、そんな教育が受けられたのはとてもラッキーなほんの一部の子どもたちなのです。まだまだ文科省の歯止め規定を気にする地方の教育委員会や管理職がほとんどであると言っていいでしょう。

性は生殖。もしもまだ妊娠しても産めない状況であるのなら、ちゃんと避妊をしなければならない、こんなことがちゃんと教えられていない、学んでいない若者たち。特に、男たち。

 私は、そんな状況で緊急避妊を求めて駆け込んで来る人たちに、それらを伝えられるチャンスだと思っています。もしもOTC化されて、薬局で自由に緊急避妊薬が売られるようになると、喜ぶのは、男たち。「あとで薬を飲めばいいじゃないか、生でやっても大丈夫」と、今でも言っている男たちをそれこそ野放しにしてしまう。そんな若者たちに、薬局のカウンターで「コンドームはこう使わないといけない」とか、ピルを飲みましょう」とか、そんな指導をして下さるのでしょうか。風俗の経営者が沢山よこせと言って来た時に、体を張ってでも、拒否して下さるのでしょうか。

 それらの回答がない限り、私はOTC化には反対します。性教育がちゃんとできるようになった時こそ、私は喜んでOTC化に賛成するでしょう。でも、その時は、イギリスのように、産婦人科なり、保健センターなりで指導と共に処方する緊急避妊薬は無料で。薬局では教育がセットされないので少し高く。そしてもちろんその時には、ピルも無料で手に入るし、もっと他の国々で採用されている様々な避妊法も解禁されているでしょうね。

 そして、そんなあたり前の国になることを阻んできたのは、統一教会を中心とする宗教右派と、それらに依存した政治家たちであると、最後に私は、はっきりと言っておきますね。


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

緊急避妊薬のOTC化に反対します。

 もうこれまで何度も何度も言って来たことなのですが。懲りずに、言います。緊急避妊薬のOTC化(薬局で自由に買えるようになること)についてです。緊急避妊薬は、もう説明はいらないとは思いますが、念のために。レイプされたとか、コンドームが破れた等のハプニングがあり、今はまだ妊娠は困る、産むことはできないという時に、72時間以内に産婦人科に行けば、緊急避妊薬を処方してもらえると。でも、それは100%ではなく、約85%くらいの確立で妊娠を防ぐことができるというものです。

 この度のクリスマスイブの翌々日の月曜日には、二人の方が緊急避妊薬を求めて来られました。うち、お一人は、緊急避妊薬が二回目と。あら?一回目の時にドクターからピルを勧められなかった?と尋ねると、勧められたと。でも、それを取りに行きそびれているうちに、今回のことになったと。彼には、コンドームを使ってと言っても使ってくれないと。もうお一人は、なんと緊急避妊薬が4回目だということでした。それも、今年の8月から立て続けです。相手はずっと同じ男性と。あなたがこうして緊急避妊薬を取りに来ていることは、彼は知ってる?と私は尋ねます。こんなことを繰り返してたら、あなたのホルモンはぐちゃぐちゃになってしまう。もうきちんとピルで避妊をするようにした方がいいねと言いました。今度出血があったら、その日からこれを飲んでと、低用量ピルもお出ししました。


 次の表は、私のところで半年の間に緊急避妊薬を求めてきた人たちの統計です。

2_20221229193401 3_20221229193701 1_20221229193401

緊急避妊を求めてきた人たちの中で、レイプされた方というのは、4%でしかありません。45%が避妊しなかったというもの。コンドームが破れた、外れたというのは、一見気の毒に思いますが、やはりちゃんとしたつけ方をしていない、原則を守っていません。外す時に手で押さえて外すというような基本的なことです。しっかり説明書を読んでというのですが。そして、この中の二人の方が緊急避妊薬を飲んだにも関わらず妊娠し、結果、人工中絶を受けています。


そもそも、日本で緊急避妊薬が認可されたのは、こうです。日本の医療行政は世界の中で、こんなに貧しいのです。

Photo_20221229193501

 それまで認可されなかったから、私たちはそれまで中用量ピルをドーンと、4錠も飲んでもらうという無茶なことでしのぐしかありませんでした。飲んだ人は強烈な吐き気で、げーげーはきながら耐えるしかなかったのです。やれやれやっと認可されたと思ったら、ものすごく高い値段を付けられました。当時は、15000円くらい。(今はジェネリックができているので、約10000円で処方できます。)値段を高くすれば、乱用されないだろうと。その当時、この薬を認可することに反対の人たちは、「こんなものを認可すると若い女が後で薬を飲んだらいいじゃないと、セックスをしまくって、社会が乱れる」と言っていたのです。


そんな時、イギリスから日本に来ている研究者の方にお会いして、このことを聞きました。その方は、日本の女性たちのことをとても心配なさっていました。

「イギリスでは、若い女性の人工中絶を減らそうと、国家プロジェクトを作ったと。そして、全国に「保健センター」を作って、そこに行けば、ピルも無料で、緊急避妊薬も無料で提供されると。でも、そこは公的な機関だから、休みの日はクローズされる。緊急避妊薬は時間の制限があるので、そんなときのためにスーパーマーケットのドラッグコーナーで自分で買って飲むことができると。それでも、その時には、教育がセットされないから、少し高くしましょうと。だいたい1500円くらいで買えるようにと。」

 保健センターでは無料ですが、その時には、例えばこれからはピルをちゃんと飲みましょうとか、繰り返さないようにという教育がされます。それがないからと高くと言っても、それが1500円くらいなのですね。

 私のクリニックは平和公園の近くにあるので、外国のツーリストがよく来られます。フランスからの旅行者の方が緊急避妊を求めてこられました。その方に、「フランスと同じ薬をお出ししますが、でも、高いですよ、一万円します」というと、どうしてですか?国では1000円ですよ、と嘆いて言われました。どうしてなのか、それはガバメントに聞いてくれと言うしかありませんでした。


 緊急避妊薬のOTC化を求めて、「医者がもうけようとしている」と言った方がありました。とんでもない、こんなもので、私たちはもうけられません。だって、そもそも薬の問屋さんから私たちが購入するのが、高いのですから。購入するのと、ほとんど同じ値段で患者さんにお出ししているのですから。その上で、なぜ緊急避妊を必要とすることになったのか、今回はお出ししますが、こんなセックスを繰り返してはダメだと、こんこんとお話しします。時には、カップルの二人の関係の見直しを求めることもあります。だって、男性とまったく避妊の話もなく、妊娠したらどうしようかと言う話もなく、避妊もない性交をして、あとで一人で心配になってクリニックを訪れるという人が大変多いからです。

 長くなりました。このお話し、明日も続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

明日からお休みですが・・。

この二日間、本当に忙しかったけれど、やっと一息ついています。明日から診療は休みですが、残している仕事を片付けに出勤はします。

今日は、午後一時で診療終了。スタッフが帰った後も、銀行に支払いに回ったり、プレゼントを買いに行ったり、それからお花の水やり。そして、郵便物の整理とレセプト。さらに年賀状を仕上げて、何としてもと今日の内に投函できました。

ホッとして、思いついてゲートインに。よく頑張ったから、ちょっと自分にプレゼントと思って。パフェがすごいお店ですが、少し迷って、結局レディースセットにしました。パフェには怖気づいたのです。せっかく体重が着実に落ちていってるものですから。まずレモンティーがポットで来ます。砂時計の砂が全部落ちたら、茶葉を外してカップへ紅茶を注ぎます。ポットには二杯分入っています。

2_20221228224401

私、ドジだから。肝心のトーストとサラダのお皿を撮り忘れてしまいました。このトーストがふんわりして、バターがちょうどいい具合にじゅわっとしてとても美味しいのです。

食べ終わると、ソフトクリームが出てきます。

1_20221228224401

先が倒れそうなのを急いでスプーンですくって戴きました。味が濃いくて、サイコーでした。

別々に頼んだ本が全部届きました。休みの間に読もうと思って。

Photo_20221228224401

あらまあ、自分では意識しなかったのに、全部食べ物関係ですわ。まあいいでしょう。今は、なんか難しい本は読む気がしないのです。気楽に読める本ばかり求めています。これではいけないのでしょうが・・。

先日行った、中学一年生の保護者の方への講演の感想文が届きました。任意だったので、数は少ないそうですが。この一年生には、今度の1月にお話しに行きます。保護者の方たちに、お子さんたちにはこんな話をしますと先にお話しして。

● 自分の子どもはまだまだ幼いと思っていましたが、こういうことを教えなければいけない年齢になったのだと実感しました。(女子保護者)

● すでに反抗期に入っていて、普通の会話も難しい時期なので、子ども向けに学校でこのような講演をしていただけるのはありがたいです。(男子保護者)

● 子どもを二人産み育てましたが、私自身の知識があやふやだったところもありました。自分自身が学生の頃に、このような講演があったらと思います。(女子保護者)

● 父親として娘のことを心配しながらも、どのように「性」の話をしたら良いか迷っている時期でしたので、大変ためになりました。また、親としてだけでなく、男性として出産における女性の負担を思いやる気持ちが足りなかったと反省いたしました。(女子保護者)

● 自分の息子が、性に直面する年齢になったことを実感し、正直寂しい思いを持ってしまいました。子どものプライバシーを守ることを肝に銘じます。(男子保護者)


● 本校に通っている息子だけでなく、他校に通っている娘(高校一年生)にもぜひ河野先生のお話しを聞かせたいと思いました。(男子保護者)

 皆様ありがとうございました。平日の昼間で、来られていたのはほとんど女性の方たちでしたが、数少ない男性の姿もしっかり見えておりました。お父様の感想、とびっきりうれしかったです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

失敗だあ。

今日は大失敗したので、落ち込んでおります。昨日作った年賀状の、宛名の整理をして印刷。計350枚。その内100枚近くの宛名をさかさまに印刷してしまいました。明日新たに年賀状を買って、その分作り直しです。やれやれ。そもそもは、今日の午後7時からコロナの医師会の研修があって、それに間にあうようにプリントしようと急いでいました。確認しながらやったはずなのに、終わってみるとさかさまでした。やり直せばいいことなのですが、計画したことがちゃんと終わらない、また余分な時間を使わなければならないのが情けないのです。明日は明日でびっしり予定が入っているのに。帰って夫に話すと、ふふふと笑いながら、「もう、僕にぼけてると言わないでね。」だそうです。

 ママが写真を送ってくれました。孫ちゃんがサンタさんにお手紙を書いたのだと。

Photo_20221226233901

「サンタさんへ
今日は、寒いし、雪がふっている所もあったのでどうか、左どなりにおいてあるものを使って温まったり休んだりしてください!!今日はありがとうございました。」

ふかふかのひざ掛けと暖かい紅茶とチョコレートがおいてあります。そしてサンタさんはちゃんと来たそうです。ヘアアイロンで、それで前髪をくるくるしたり、後ろをはねたりするのだそうです。可愛いもんです。

 そして、日曜日の空手の大会の決勝戦の動画も送ってきました。強い!!堂々の優勝だそうです。相手の階級が上の男の子が仕掛けてきても、まったく動ぜずに、反撃します。蹴りも、まっすぐに足が上がって強烈です。相手が思わず尻もちをついていました。

2_20221227002301 1_20221227002301

 足が長くてすらっとした体形なので、バレエを習うといいのに、と思ってたら、すっかり空手にはまっているそうです。ま、強い女はいいものです。「強くなって変な男が来た時には、エイッとやっつけるのよ。」というと、けらけらと笑っておりました。

 会えないけれど、こうして動画や電話でコミュニケートできるので、慰められております。


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

「土を喰らう十二か月」を観てきました。

今日、映画に行きました。「土を喰らう十二か月」。フェイスブックでこの映画を観た方の感想を読んで、ああ、観たいな、広島ではどこかでやっているのか調べてみようと思っていたところに、友人からラインがありました。なんというタイミング。

「おはようございます。
相変わらずのお忙しい日々の中、こんなおすすめはどうかと思いますが、映画のおすすめです。八丁座で、「土を喰らう十二ヶ月」が上映されています。先日友人に勧められて行ってきました。


映像がとても美しく、懐かしい、素朴な食べ物が沢山出てきました。忙しい中で、旬の物を、慈しんで調理されている様子を、ブログで見させてもらっていて、この映画を是非おすすめしたいと思った次第です。ただ、11回しか上映されないので、無理かなと思うのですが、お知らせだけしておきますね。」

なんというタイミング。すぐに八丁座のサイトでいつまでの上映か調べました。夜の上映はなく、どう考えても今日しかありません。急ぎサイトで予約して、いそいそと出かけました。

Img_1311

原作は水上勉氏。彼はあくまでも原作ですが、9歳から13歳まで口減らしのために禅寺に住まわせられ、そこで精進料理を学んでいます。その経験と、山に一人住むことで、さまざまな土の恵みを育て料理し、食べます。予告編を張り付けますね。

https://youtu.be/f5el63UWTM8

購入したパンフレットから。パンフの表紙のこの美しい湖のシーンは、漁をするのかと思ったら、全然異なる悲しいシーンです。

Img_1314 Img_1316

Img_1315

四季折々の日本の美しい景色と折々の本ものの食。急に沢山のお客様のおもてなしをしなければならなくなった時の、急遽ゴマ豆腐を作るところ、それからタケノコを大急ぎで食べるところ(タケノコは、料理してすぐに食べるものとは知りませんでした)は圧巻でしたね。里芋やタラの芽を焼いて食べることも知らなかったし。

 それもそのはず。パンフを読んで、この映画は、料理家の土井善晴さんが深くかかわっていらっしゃったこと。監督が器のこだわりで全国を回られたこと。こうしてとても丁寧に準備することで、この映画が出来上がったことを知りました。作家に扮する沢田研二はすごい役者だし。

ああ、もっと食べることを大切にしなければ、そうと分かっていても、つい手抜きをしてしまいがちでいけません。

そんなことを言っていながらですが。八丁座では、中に持って入る食べ物を売っていて、私はあんバターパンと柚子ソーダを買って持って入ったのですが、そこに売っていたてまり寿司がとてもおいしそうなので、映画を見た後で晩御飯用に買って帰りました。

Img_1312

お寿司にはゴマが入っていて、柚子や大葉等の風味もあって一つ一つ丁寧で美味でした。でも、とても食べきれなくって四つ食べて三つは明日のお弁当にすることにしました。

映画もてまり寿司もお勧めです。


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

富山・北日本放送の番組第二弾です。

今朝、起きると、なんか日が差していました。夜中まで降っていた雪は止んでいました。通勤の道はやはりガチガチに凍っているところがほとんどで、橋の上等は怖い思いをしましたが。平和公園からの橋の上から見ると、川からもやがもくもくと上がっていました。多くの人が写真を撮っていましたので、私もとスマホで撮ったのですが、うまくもやが出ませんでした。

Photo_20221224190901

 昨日の夜は、スタジオでの取材でした。7時半から9時まで収録して、それが編集されて25分の番組になるそうです。いつも言うことですが、私は、一素材にすぎません。しゃべるだけしゃべったので、あとは煮て食おうが焼いて食おうが、好きにしてくださいませ。そんな気持ちでいます。もちろん、これまで長い間話をしての収録で、信頼している方たちです。きっといい番組になることと思います。また放映が近づいたら、お知らせしますね。

 それとは別なのですが、以前、富山の北日本放送が、統一教会と性教育について番組を放映し、反響を呼びました。ずいぶん沢山の方たちがネットで見て下さいました。その番組が入口で、その後私にも沢山の取材がありました。その北日本放送の第二弾がこの度放送されました。私はほんの少ししか登場していませんが、でも、一応、大切なことが言われていると思います。富山の放送局ですが、ネットで見られます。どうぞ、見てくださいませ。前編と後編があります。下のどちらでもクリックしていただくと、飛びます。

https://www.knb.ne.jp/bangumi/news/461/?category=10

【金曜ジャーナル】統一教会”と性教育 その後|KNB news every.|KNB WEB|北日本放送|ラジオ・テレビ局発!富山の最新情報サイト


Photo_20221224184601

統一教会については、ほとんど報道されなくなっています。でも、問題はちっとも改善していません。北日本放送、頑張っています。この番組の最後のに男性のキャスターが真正面から言われたことが胸を打って、つい涙ぐんでしまいました。

Img_1300

 まだまだ負けるわけにはいきません。頑張らないと、です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

雪の一日でした。

さーむいですねえ。今日は一日中雪が降っていました。朝起きて外を見に行くと、こうでした。

Img_1288

しかも、横殴りに降り続けていました。

ベランダから下を見ると、ひゃー、私の車が。いえ、皆さんの車もですが。屋根付きの駐車場の人はいいなあと思いました。

Img_1289_20221223235801

通勤はやっぱり自転車で。ガチガチ、ツルツルで怖いところは降りて歩きます。途中の平和公園です。

Img_1291

患者さんも少なくて暇なときに、ベランダの雪で雪だるまを作りました。ワクチン接種後の15分を待っている人が手伝ってくださいました。

Img_1293

降り続けているので、雪は溶けませんが、夕方にはだるまがふっくらと太っていました。

夜、夫が給料づくりの手伝いに来てくれました。なんと、自転車で転んで私がオーストラリアでお土産に買って来た皮の手袋がざっくり裂けておりました。手袋をしていなかったら、手が裂けていたでしょう。手袋でよかったと慰めておきました。膝も強打して、スーツの膝も敗れておりました。

 すべて済ませて、せっかく夜遅くに帰ったのに、忘れ物をしてしまって。一人でクリニックにまたまた自転車で行ってきました。転ばないように。カーブでブレーキを掛けたらいかんよ、と言う夫に、私はそんなドジはしませんと、無事に行ってきましたよ。しかし、帰りはもう、道路のほとんどがガチガチです。明日の朝が思いやられます。北国の皆様、どうぞご無事で。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

早志百合子さんと基町高校の生徒たちが描いた絵

2020年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」でも証言していただき、その後も精力的に証言活動をしていらっしゃる早志百合子さん。証言して戴く前にここに早志さんについて書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-524ac9.html

その早志さんとその体験を絵に描いた基町高校の生徒たちとの交流を描いたTSSの番組がYoutubeで見られます。アドレスは、次のごとく
です。

https://www.youtube.com/watch?v=239HeCrK2dU


Photo_20221223001001

基町高校の創造表現コースの生徒さんたちは、被爆者の証言を絵にしてきました。今回、早志さんの体験を描く二人の生徒さん、1年生から3年生になるまでかかって一枚の絵を完成させました。

早志さんのお母さんが残された鉛筆書きの絵、それと早志さんの証言とで、生徒さんは描こうとしますが、なかなか思うように描けません。何度も早志さんのお話しを聴き、下絵も見てもらいながら・・。

Img_1265 Img_1270 Img_1271 2_20221223001001

完成した絵を見て、早志さんは涙ぐみます。

ぜひ、動画を見てくださいませ。残されたこの絵は、これから世界に向けて核兵器は三度使ってはならないと強く訴え続けることでしょう。そして、86歳になられる早志さん、どうぞこれからもますますお元気で、若い人たちに証言を続けていただきたいと、そう願います。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

木曜日、書類書きです。

 久しぶりに講演のない休診日です。でも、午前中からクリニックに来ています。今日は、警察の方も来院し、私の供述調書の作成です。性被害にあった人たちには、私たちの仕事は診察だけでなく、診断書の作成、警察からの捜査関係事項照会書の作成・送付、事情聴取、共に供述調書の作成、もし裁判になれば、双方の弁護士さんからの文書による問い合わせ、法廷での証言等、沢山のことが追っかけてきます。それらに丁寧に対応することが求められます。

 協力を求めたドクターの中には、それらが面倒だからいやですと、すきっと断られる方もおありです。

 そして、つくづく思います。私たちの仕事だけでなく、あらゆる職種の人は「文章を書く」ことが求められます。ナースでも、弁護士さんにしても、警察官にしても、それからカウンセラーでも、一般の企業でも、報告書や日報が必要だったり書くことが必要でしょう。それが手書きであっても、パソコンであっても。

 私も書くことが苦手で、警察や裁判所から照会書が来ると、うんざりします。でもそれは義務ですので、ぼつぼつやっているわけです。今日は、この後、他の事件での文書を二通書かなければなりません。それでも、書くということが手書きでなくパソコンを使うようになって、大分嫌いでなくなってきました。もう少し楽になって、ゲーム感覚でできればいいのですが、被害の深刻さからはそんなことも言ってはおられません。

 早く仕上げて、今日は姉のところに行きます。姉の調子は急速に進んでいるようで、先日の診察で、長谷川式が3点だったと。でも、昨日電話で差し入れを持って行くよと話したら、「ほんと?うれしい」と言いました。話ができたのが、当方もとてもうれしくて。姉に会えるのは本当に久しぶりです。熊野ですので、雪が降らないうちに帰ってこれるようにしたいと思います。

 ベランダの花たち、チューリップやハイビスカス等が冬になっていなくなって寂しいと思っていましたが、小さな花たちが頑張って咲いてくれています。ろくに手入れをしていなくて、申し訳ないことですが、水やりと二週に一回の液肥だけはさぼらずにしています。

向こう側の黄色のバラ、寄せ植えの中でこれだけが頑張って咲いてています。他の花たちもきっと春になると、咲いてくれるのではないかと思います。

Img_1276 
Img_1278

右端のベゴニアは、昨年の花が温室で生き抜いて、今年も咲いてくれています。

Img_1279

真ん中の二つの寄せ植えは、ふるさと納税の返礼品として送っていただきました。寒さに強い花を選んだと書いてありました。右のは、ハンギングですが、しばらくは水平にということですので、このままでいいなと思っています。右上の小さな木のようなかわいいピンクの花のは、ぎょりゅう梅、別名マヌカだそうです。はちみつみたいと調べてみたら、やっぱりマヌカハニーの密源だそうです。枯らさないように、大切に、何年も育てたいと思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

16歳ごろの私?隠し撮りの写真と。

ある日、高校時代の同級生が、パートナーの奥さんと共にクリニックに来ました。ワクチンの接種が目的です。高校卒業後も時々クラス会等で会ってはいましたし、時々奥さんと共にクリニックにも来てくれていました。でも、この時、一通の封筒を渡されました。なあに? と中を見ると、写真が入っています。ずっと渡そうと思って、これまで渡せずにいたと。隠し撮りをした写真。高校の卒業式の時に渡すつもりだったけど、大学の入試と卒業式が重なって、式に出席できなくって、渡せなかったと。以来ずっと持っていたと。

なんと、ほぼ60年前の私が写っていました。びっくりしました。私はさっぱり覚えていないのだけれど、これは遠足で?山登りをしたようです。上は制服だけど、ズボン姿で、ナップサックを背にしています。16歳ごろの私が写っていて。それも真ん中にいるので、たしかに私を隠し撮りしたものに間違いないようです。

Img_1195 Img_1193 Img_1196 Img_1194

どうして?私の写真を撮ったの?と思いましたが・・。それは聞けませんでした。もしかすると、沢山の人の隠し撮りをして、その一部、私が写っているのだけを渡してくれたのかもしれません。それにしても、それからほぼ60年よ。よくもまあ、こんな写真を失くしもせず、持っていたことと思いました。本当にびっくりです。

私は手にカメラを持っています。高校一年の終わりに、我が家が初めてCanonを買って、もちろんそれは兄妹みんなで使っていたのですが、私も遠足に持って行って皆を写したのでしょう。

まあまあ、昔の私、自分で言うのもなんだけど、初々しくて、可愛いものです。今は見るかげもないけれど。思いがけず、すっかり忘れていたかつての私に出会って、ほのぼのとしました。これまでずっと持っていて、無事私に渡してくれてありがとう、彼に感謝です。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

寒いです。

寒いです。今日、出勤の時の、我が家の入口の山茶花です。

Img_1226

吹雪いている中、自転車で出勤です。つばのある帽子と傘で、スイスイと行けていたのですが、平和公園から本通りに行く橋の上が、雪が氷になってツルツルで、これはダメでした。自転車を杖替わりにして恐る恐る歩いて渡りました。

昨夜のゆーぽっぽに行く時は、-1度で、ハンドルが冷たくて、体がブルブル震えました。こんなに寒い時に、お風呂に行くのはやめましょうよ。運転がしんどいよと言ったのですが。確かに、行くと、特に露天風呂は気持ちがいいのではありますが。

Img_1224

お風呂から出て帰る時には、まだ吹雪いていて、車の上にはつもり始めています。

Img_1223

でも、帰りは体がしっかり温まっているので、震えることもなく、運転は楽でした。北国の人たちから見ると、こんな雪はへともないくらいのものでしょうが。今日はほぼ一日中雪が降っていて、昨日、ハイビスカスを温室に入れて、本当によかったと思いました。

夜は、YMCAの韓国語教室の忘年会でした。ANNYONでの韓国料理。

1_20221219234501 3_20221219234501 2_20221219234501

全部個室できれいで、安くておいしくて、店員さんも皆さん素晴らしくよくって、ほんとうにいいお店でした。いつものことですが、コースのほかにも追加をいくつか、頼み過ぎくらいに頼んで。もう、おなか一杯。みんなで苦しい苦しいといいながら帰りましたよ。
 私は明日も忘年会です。ああ、太る!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

沖縄の講演、無事終了しました。

今日、今年最後の講演を無事終えました。例を4年度沖縄県こども虐待防止推進事業でしたが、おきなわCAPセンターの方々のご尽力、ありがとうございました。リモートで、パソコンの画面だけを見つめながらの2時間。約350名の参加ということでしたが、沖縄の方が90%、教師、保育士、子どもの福祉の関係の方々、それに保護者の方々、10%が県外の方だったそうです。

Cap

 CAPセンターの方から早速お礼が届きました。そのまま載せますね。


本日は素晴らしい講演会をありがとうございました。


沖縄にいながら、念願の河野先生のお話を聞く貴重な機会をいただき心よりお礼を申し上げます。


 


オンラインのためご参加の皆様の反応や表情も見えずお話しづらかったと思いますが、それでも時間いっぱい「性」のお話、正しい情報を届けてくださり、


とてもわかりやすく、且つハッキリと伝えてくださったこと、感謝いたします。明快でスッキリしました。


やはり2時間では時間が足りなかったですね…もっと聞きたかったのでまた機会をつくってお願いしたいと思っています。


 


早速、アンケートフォームに感想が次々と届いていますので、一部お届けいたします。


少し先になりますが、皆様の感想をすべてまとめてお送りします。


まずは本日のお礼まで。お忙しい中、本当にありがとうございました。

以下、参加して下さった方たちの感想文です。緊急避妊薬のOTC化や子宮頸がん予防ワクチンについても、お話しが伝わていて、ホッとしました。


ありがとうございました。早く学校での性教育が充実し、少しでも傷つく子どもが減って欲しいです。


緊急避妊薬を薬局に置き、すぐさま対応出来るようにすることに賛成派の意見を多く聞いて「なるほど」と感じていましたが、今回先生の話から、社会が緊急避妊薬を正しく安全に使用するにはそもそもの性教育が必要不可欠だと感じました。


人権教育は性教育と繋がり、子どもや女性に伝え、大切な自分を守ってもらいたいと思いました。わたしも娘に伝えたいと思います。


学校段階で子ども達に教えておくべきことを改めて確認できました。 今日の学びを活かして、教育内容を検討してみます。


体、心と性についての正しい知識をどのように伝えていくのかがとてもよくわかりました。


私自身も、子供達に性について尋ねられた時にどう返答した方が良いのか、伝え方が十分分かっていなかった為、今回の河野先生の講習を受けとても参考になりました。ありがとうございました。


性教育で避妊を教えると性交を教えていることに直結する訳ではない、と言うことを様々な統計や症例で学ぶことができ、とても勉強になりました。


これまでの経験、具体的なデータや事例を通しての説明で説得力があり、これらの事実に基づいた家庭・学校教育の在り方、性教育を阻んでいる日本の現状と背景についても知ることができ大変視野が広がった。社会の常識や伝統的価値観にとらわれず、目の前の人間と生まれてくる子どもの未来を見据えた臨床を実践していることに敬意を表したい。


一人ひとりを大切にしようという先生の思いが伝わるお話でした。性教育をしないことは、子どもを1人の人間として認めず、親や大人が都合よく解釈し、管理しようとしているだけではないかと感じました。


女性や子どもたちの人生を導いていく幅広い範囲の指針をいただきました。


私が中学1年生の時に、こういう講演会をしてもらいたかった。大人の責任でもあり、子供には大人に言われるまで発想にないことだと思う。


河野先生のもとに訪れた気になる若者の妊娠例がある事で、より身近に若者の妊娠や人工中絶について知る事や、日本の性教育の状況についても知る事が出来た。又、以前から興味のあった子宮頚がんのワクチンについての情報も得ることが出来た。


若者の性交の実情、若者の妊娠にどう対処していくか、寄り添うか取り組みが分かった。


日本の現実を知ることができた。


長年培ってきた経験から伝えられる言葉であり、とても説得力がありました。大切な存在として、それぞれの方に向き合っていることがすごく伝わりました。LGBTQに関することも聞くことができて良かったです。


義務教育時期が終わる前に避妊を含む性教育が必ず必要であることが分かった。また、子宮頸がんワクチンについて、新しい視野が開けた。河野先生が思いやりと確固たる意志を持って患者さんに対応してきたことが、事例のすべてから感じることができた。支援者として、保護者として学ぶことばかりでした。あと1時間あれば・・・もっと詳しく聞きたかったです。


たくさんの事例を通して、性教育の大切さについて率直にお話されていて、とても心に響きました。貴重なお話をありがとうございました。


わかりやすかったのと、美代子先生の子ども達に対する愛情と情熱が伝わったので…力をもらえました


最新の情報が盛り込まれた内容で、とても参考になりました。特に、統計や気になる若者の妊娠例など医療現場から見える視点も興味深かったです。


わかりやすかった。講師の先生も親しみやすくて話が聞きやすかった。


河野先生の講演は何度聞いてもあっという間に時間が経ちます。医療の現場でご経験されたことを詳しく話していただき、学校で子どもたちとどう性の学びを作っていけば良いか本当に参考になります。


感想を書いてくださった多くの方々、本当にありがとうございました。

時間的配分等、まだまだ未熟なことがたくさんあって・・。お伝えしたいことが山ほどあって、でも、そのあたりをまだちゃんと学ばなけれ゛はなりません。

そうそう、終わったあとで、高里鈴代さんにもお会いできて、とてもとてもうれしかったです。画面越しではありますが、本当に久しぶりにお顔を拝見できまして。感動して、ありがとうございますしか言えませんでした。

 このような機会をお与えくださって、皆様に感謝申し上げます。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

政治がおかしい。

今、政治は一体どうなっているのでしょう。こんな重要なことを、国会の論議もなく「閣議決定」だなんて。こんな重要事項を閣議決定で決めるなんて、いつからありましたか?

Img_1205_20221217193201

 大転換の一つであるPKOの時だってさんざん国会でもめて、だから、国民の意識も高まり、いろいろと集会も開かれたり、デモで意思表示をしたりもしました。

 今回は、あれよあれよという間に、防衛力強化のために国民も負担をなんて、増税まで決まったり。

 岸田総理は、広島出身だというのに、安倍氏以上に戦争への道を突き進んでいます。物価を抑えて国民の生活の支援をすることもせず、もっと苦しめる増税だそうです。

 何よりも相手国内を攻撃する反撃能力の保有という、これは本当に直接戦争につながることなのだから。そんな、閣議決定などで文書を改訂してはいけないと思うのですが。武器を強力にすることで戦争は防げません。相手国との外交の力を強めて、戦争が起こらないようにとすること。それが、政治のすることだと思うのですが・・。日本はどんどんと危険な方向に向かって行っている、危機感を持ちます。怖いことです。

 それにしても、テレビ局の取り上げ方の違い、すごいですね。NHKだけを見て、意識を作ってはいけないとつくづく思います。

 いつの間にか、統一教会のこともあんな救済法の成立で収束のような兆しを見せているし。統一教会の政治への影響をもっと点検しなければならないはずです。このままで終わらせてはいけないと思います。

 コロナもますます拡がっているのに、また年明けから旅行支援をするそうです。税金の使い道が本当におかしい。こんな日本の姿を見るのは、本当に情けないことです。一票を大切に使うように地道に活動しましょうか。それしか手がないのも悲しいことですが。

 患者様が折り紙で作って来てくださいました。トナカイの角も、サンタさんの眉やひげも、プレゼントが入っている大きな白い袋も、ちゃーんと折り紙で作ってあります。クリニックの待合室は、こんな患者様からのプレゼントがいっぱい飾ってあります。ありがたいことです。ぜひ見てみてくださいませ。

Img_1201


明日は、いよいよ今年最後の講演です。沖縄県とおきなわCAPセンター主催の「子どもたちの性と生」です。リモートなのがちょっと残念ですが。頑張り続けている沖縄の方たちにエールを送りながら、しっかり話そうと思います。この案内にもありますように、最近とても増えている「デジタル性暴力」、SNSによる被害についても、どう子どもたちに知らせればいいのか、それもしっかりお話しするつもりです。


Photo_20221217195601


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

足が冷たいと眠れない。

昨日の木曜日、午前は三次市の十日市中学校で二年生に話をしました。今年、仲間の一人が亡くなるという、思春期真っただ中の子どもたちにとっては、なんともつらいことが起こった学年です。命について、生きることについて、みんな真剣に聞いてくれました。

Photo_20221216222801 

前日に初雪が降った日。ずっと夜も雪が降り続けて、広い体育館はとても寒くて。子どもたちも寒さはつらかったことでしょう。

私も。前夜は三次のホテルに泊まったのですが、暖房はもちろん入っていましたが、雪が降り続いていて、窓から冷気がしんしんと入ってきて、鼻水が出ているとブログに書きました。実は、その後のことですが。朝早くからの講演なので早く寝ましょうとベッドに入ったのですが、寒くて、寝られませんでした。寝られない、眠れない、それは、暖房が効かないのではなく、足が冷たかったのだと思います。私は、家では、こたつに入って寝ています。足からポカポカすると、自然に眠くなります。それがないので。困ったなあ、でも寝なくっちゃ。でも、眠れないと悶々として、仕方ない、睡眠薬を飲みましょうと、起き上がってのんだのが、午前4時でした。寝過ごしたら大変とアラームを7時半にセット。そうしたら、そのうち眠っていました。もっと早く飲めばよかったのです。

寒い体育館に寝不足の最悪の体調で、でも、そのうち調子が出て来て、大丈夫、いつも通りのお話しができました。

午後は、また車を飛ばして帰って電話当番。午後2時ギリギリに事務所に入りました。そこはポカポカと暖かくて、眠くなって困りました。あくびばかりしていると、お疲れですねと言われて、いえ、疲れよりも眠いんよ。暖かいと眠くなると。そのうち電話対応が忙しくてそれどころではなくなりましたが。

そして、夜、ゆーぽっぼです。まだ雪がちらついていましたが、露天ぶろが気持ちよくって。そしたら、気持ちよさに眠りそうになって。いかんいかん、こんなとこで溺れ死んだら恥だわと。

そしてよーくわかりました。寒いと眠れない、暖かくなると眠くなる。特に足。誰でもそうかもしれませんが、昨日はつらかったです。今度から、今使っているペタンコの小型の座布団のような電気こたつを持って行きましょう。そして、さっさと睡眠薬を飲んで寝る。そうでないと、身が持てません。

 昨日で、学校での今年の講演はおしまいです。今度は1月です。後、18日の沖縄CAPのズームでの講演をこなすだけで、今年のすべての講演は終わります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

劇団民芸「泰山木の木の下で」に怒っています。②

私は今、三次にいます。診療を済ませて、午後7時からリモートで今度の日曜日の沖縄CAPの講演の打ち合わせ、というか、リモートがうまくいくかどうかの予行演習でした。特に、動画がちゃんと動いて、発信できるか。これが一番の心配なことだったのですが。すべてO.K.で安心でした。もう350人も参加の申し込みがあるそうです。頑張らなければ。それが済んでいったん家に帰って、それから車で三次にきました。

 明日の朝早くから、三次の中学生に話をします。それについて、今朝、教育委員会の担当の方から電話がありました。「先生、雪です。」と。「大丈夫。私は今晩三次に行って泊まるから、もし朝行けなかったりしたら大変だから、前夜から行くことにしているから」と言って安心していただきました。

 ところが、うちを出る時は全然その気配もなかったのに、西風新都に入ると、雪が舞いはじめました。そして、ずっとずっと雪。その中を突っ切るようにして走りました。高速でも、雪のために50キロ制限だと。(誰も守りませんが)それに、ラッキーなことに、中国道の途中から山口方面に行くのは、チェーンがないとダメ、千代田から浜田方面への浜田道もすぐからチェーンが必要、三次を過ぎてすぐ、庄原からもチェーンが必要と。私が行く三次インターまでは、スビート制限のみでよかったです。朝だと、きっと凍結で来るのが難しかったでしょう。

 今、ホテルの部屋ですが、暖房が入っているのに、窓から冷気が直撃します。ダウンのチョッキを着ていても、寒さで鼻水が出てきます。外は、雪が止まることなく舞っています。明日の講演は体育館だそうで、寒いかも。

 ということで、さて。昨日の続きです。多くの皆さんが一緒に怒ってくださって、少しほっとしました。

「被爆者から奇形児が生まれる」という偏見について。特に、劇にあるような「無能児」について。これは、母親の胎内で、期間形成期、それも大脳が作られる16週までに強い放射線を浴びた場合に起こる可能性があります。しかし、木下刑事のように被爆者が後に妊娠した場合は、胎児が被爆したわけではないので、その頻度が上がることはないのです。胎内被爆児の中には、頭が小さくて知的障害のあるいわゆる「原爆小頭症」の子たちが生まれたことは知られています。しかし、それも、母親が妊娠中に原爆による被爆をした場合であって、被爆者がのちに妊娠して同じような障害のある子が生まれる頻度が上がるという証明はありません。それを混同して、まさに小山氏が書いたようなことをするから、それが被爆者差別につながっているのではないでしょうか。ちなみに、無能児は、被爆のためだけに起こる障害ではありません。その頻度は、日本では1500の妊娠に一人の割合で起こるとされています。

劇中の歌は、これです。「泰山木の木の下で・主題歌  わたしたちの明日は」と書かれいます。

Img_1186

 明日には何があるのでしょう。これだと、何もない。絶望しかないということでしょうか。

宇野重吉さんが書かれたものを読むと、この歌は、宇野重吉さんがまず忘年会で歌うと。そして、小山祐士さんも加わって二人で歌うと。転写します。

『「小さな汽船のなかで—」という劇中の歌は斎藤一郎さんの作曲だが、この曲も小山さんの気に入ったらしい。毎年忘年会のたびに私たちはこの歌を歌う。先ず私がおだてられて真ん中へ出て歌い出す。みんなが唱和する。その中に小山さんの白髪が見える。私は寄って行って小山さんを引っぱり出す。「小さな町でも、大きな町でもー」のあたりからは、したがって私と小山さんとのデュエットになる。これを歌わないと忘年会の感じにならないのである。』

 その昔、私が大学生の時。被爆者や被爆二世の会の一員で、みんなといろいろと考えたり、議論しました。まだまだ結婚や出産に社会の差別も厳しかった頃。その中で、「私たちは産もう」という結論を出して、すっきりしたことがあります。

 それについては、ここに書いています。福島の若い女性たちが、かつての私たちと同じような悩みで苦しんでいることを聞いて、ああ、広島と同じような差別が繰り返されていると、胸が痛みました。そして、私たちのかつてのことをお話ししたのです。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-01e8.html


そして、その後もっとたくさんの若い人が福島から来て、8月6日を中心に広島で過ごしました。その中で、みんなに向けて私が話をしました。そして、そのことを密着取材したNHKの番組になりました。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-99aa.html

私は福島で起こったことは、隠すのではなく、きちんと情報を開示して、何より当事者が自分のことを自分で決めていけるようにすべきと思っています。差別があるなら、それこそ冷静にその差別に向かっていかなければ、と。

作者の小山氏は泣き虫で、これも宇野さんも演劇評論家の尾崎宏次さんも書かれていますが、芝居の練習の時も、演劇が上演される時も、ずっと泣いていたと。誰のための涙か知らないけれど。自分がかってに作り出した「売春をして生きるしかなかった顔にケロイドのある女性」が可哀そうだったから?「奇形児」が生まれた警察官が気の毒だったから?被爆者を憐れんでいるのですか?

それにしても、その女性から「奥さんのところに帰るように」説得されて、彼はその気になるのですが、それでもその説得の後、わざわざ敷いてある布団に抱き合って倒れこんでという場面、売春婦と悩める男のそのような恋愛や情事があってはいけないとは言わないけれど、それを広島の地でする?観客の中には被爆者も、なかでも、人知れず背中のケロイドを隠して生きている人もいたかもしれません。

 この演劇が作られた当時はまだ分からなかったから、そんな劇を作ったのかもしれない、でも、今はもういろいろと分かっているし、まだ差別がなくなっていない今、それを強調して、差別されている人たちの傷口をひろげるようなことは、もうしないでほしいと思うのですよ。すなわち、この演劇はもう封印してほしい、そう強く願います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (1)

劇団民芸「泰山木の木の下で」に怒っています。①

11月27日、日曜日の午後、「広島文学資料保存の会」主催の朗読劇「神戸ハナという女の一生」を観たと、その日のブログに書きました。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2022/11/post-e0818b.html

そのブログの最後に、「ちょうど時を同じくして、この「神戸ハナという女の一生」を発展させた「泰山木の木の下で」の劇団民芸公演が市民劇場で上演されます。私は、3日の土曜日に観に行きます。」と書いています。小山祐士作のこの演劇。私の好きな劇団民芸。主演の日色ともゑさんは、若い時の「アンネの日記」でその演技を見ています。「神戸ハナという女の一生」がとてもよかったので、私は期待して観に行きました。

しかし、その演劇を見終わったとき、いえ、その上演途中から、私には何とも言えない不快感、もやもやが残りました。最後には、怒りともいえる気持ちにもなりました。以来、「泰山木の木の下で」について書かれたものを読みあさりました。もちろん、当日のパンフレットも買って読みました。

Img_1182

「神戸ハナという女の一生」の時に第二部で講演して下さった岩崎文人広島大学名誉教授が「小山祐士戯曲集をぜひ読んでみて」と言われたのを覚えていましたので、その全集も買いました。アマゾンでの中古ですが、それでも高価でした。それは、泰山木の木の下でについて、私が間違えた思い込みをもってはいけないという思いもありました。全集の第四巻に「泰山木の木の下で」が収録されています。その台本を読みました。

Img_1066

「神戸ハナという女の一生」は、元はラジオドラマとして書かれたものです。それをこの度、朗読劇として上演されました。それと泰山木との違い。それは、なんといっても、木下刑事の描き方の違いです。泰山木では、その刑事は、被爆者で、両親が爆死し、彼は施設で育ち、しかも子どもが「奇形児」であると。その奇形児を彼は育てることから逃れ、江田島で妻一人が育てています。私は、まず「奇形児」に引っ掛かりました。奇形児は、せめて障害児に言い換えはできないものかと思いました。劇の中で、何度も何度も「奇形児」と言われ続けました。さらに彼は、妻にその子を押し付けておいて、売春婦の元に通います。その売春婦は、顔にケロイドを負っています。その設定も、私はすごくいやでした。

 もやもやした私は、板倉勝久さんに電話をして尋ねました。板倉さんは、高校の演劇部の先輩で、RCCドラマグルーブでもご一緒していました。そして、この度の朗読劇では木下刑事の役を演じられました。

板倉さんは、泰山木は見なかったと言われました。私が尋ねたのは、朗読劇には、木下刑事が被爆者でかつ「奇形児」の父親であることは書かれていたのかということです。それを、あえて削られたのか、又ははじめっから書かれていなかったのかと。そしたら、はじめから書かれていなかったそうです。それに、演出かつハナの役をされた土屋時子さんが「木下も被爆者としたらいいのではないか」と考えられたと、でも、それは岩崎先生が強く反対されて、結局それは採用されなかったと。それで、小山祐士さんが、ラジオドラマをたたき台にして戯曲を書く時に木下刑事の役をそう設定されてのだとわかりました。

さらに、私が観劇中にはきっと聞き逃していたのでしょう。台本を読んで、木下刑事の「奇形児」は、実は無能児であると知りました。であるのなら、なおさらです。劇中では、その子は「5歳」でした。その時代に無能児がそこまで生きていたら、それは世界中の奇跡です。私は大学病院時代に何人もの無能児の赤ちゃんを見てきました。が、その子たちはみんな数日以内に亡くなりました。今、無能児の子をなんとか生かして、臓器移植のドナーとしたらどうかという論議もありますが。

そして、被爆直後には、無能児があちらこちらで生まれたという話も聞きます。でも、その子を育て続けることは不可能です。台本には、その育てている子のことを「サル顔」という言葉も出てきます。

 わかっていただけるでしょうか。被爆者がなぜ社会から差別され続けてきたか。被爆者と結婚すると「奇形児がうまれる」というこの偏見にどれだけ被爆者やその子たちが苦しめられてきたか。

 せっかく「岩崎夫人」が、中絶を思いとどまって元気な赤ちゃんを産んだという、暖かい設定もあるというのに。

 被爆者や二世が、とたんの苦しみの中で産む選択をしてきた、私も含めた多くの人の歴史があります。今、この現代に、この演劇を全国でして回って、それがいまだに続く被爆者差別を扇動することにならないでしょうか。

 私は、観劇から10日経った今もなお、怒りがふつふつと沸き上がるのを抑えられません。まだまだ言いたいことがたくさんあります。それは、パンフの中にもあるような、この演劇をほめそやす人たちについても。「広島の人々が背負った「罪」」というタイトルで、劇評を書いた人。顔一面にケロイドのある女性が「売春してしか生きていくことができない女性」と書いています。それを何十回も顔の手術を受けながら、強く生き抜いてきた女性たちに向かって言えることでしょうか。また、彼はこうも書いています。「人々は、原爆の呪いにかかった時から、白黒つけることができないグレーの世界を生きていかなければならなくなる。それが原爆の十字架を背負いながら、戦後を生きるということなのだ。」「原爆と関わった人々は、罪を背負ってグレーの世界を悶えるように生きていかなければならない。社会はその生き方に黒白をつけるより先に、抱えているものの重さを知れ。」何が罪を背負ってですか。大きなお世話、あなたに言われたくないわ。下品だけど、私はそう思いました。

劇中にうたわれた「救いのない歌」についても。

また、明日に続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

東京にて。研修と食事。

11日の日曜日は、東京で子宮頸がんの予防ワクチンの研修を受けました。参加者は、産婦人科医、小児科医、内科医、計150人。全世界でうたれていて、多くの国々が次々と子宮頸がんの克服宣言をしている今、日本は大きく立ち遅れています。これから、この遅れをどうすればいいのか、いろろいな検討がなされました。写真ははじめに一枚だけ撮りました。

Img_1157

私としては、これまで通り、コツコツと地道に情宣していくのみ。若い人たちの命と子宮が無くなるのを少しでも減らすために。厚労省が積極的勧奨をやめてから、丸9年。その間もずっとずっと私の患者さんたちには言い続けてきて、ぼつぼつうっていましたが、やはり積極的勧奨が再開されてからは、うんと増えました。

それにしても、今回の研究会でも、日本が大きく立ち遅れたその原因について、何ら言及されなかったのが、がっかり。少なくとも、他科のドクターたちには「低用量ピルにも、緊急避妊薬にも、この子宮頸がん予防ワクチンにも、そして、性教育にも反対する団体がいて、それらの働きが非常に大きかった」と言うことは、知られていないでしょう。それらのために政治が動いたと、それをちゃんと出せば、若い人たちやその保護者の方たちにも分かって頂けることなのですが。その発言をしようかと思ったところで、なんと討論が終わってしまって、残念でした。

土曜日の夜東京に着いて、一人でえきべんでも食べようかと思ったのですが、侘しすぎて。そして羅、ホテルのレストランのラストオーダーに間に合って。これを頂きました。

Img_1154

丸ごとカマンベールと焼き野菜のチーズフォンデュー。カマンベールの中はとろとろで。野菜やパンにつけて頂きました。まだホテルでパソコンの仕事があったので、お酒は飲まず、オレンジスカッシュにしたら、これまた大変に美味でした。おしゃれな晩御飯だけど、値段もサイコーで、目玉が飛び出ました。

研修会の後、娘も、息子の子、孫もコロナに感染してしまったので、会うことはできず。友人と連絡を取って、晩御飯を一緒にすることにして。それまでの空いた時間、赤坂で台湾マッサージを受けました。何年ぶりかで、お店がまだあるかな?と行ってみたらちゃんと昔のままにあって、うれしかったです。

Img_1159

足つぼ30分ボディ60分、びっちり。まあ、それはそれは上手で感激でした。熱い蒸しタオルで足をくるんでパンパンたたいたり、天井にあるパイプにつかまって私の体の上に乗ったりして、頭のてっぺんから足の先迄、それは丁寧にもみほぐしてもらいました。最高に気持ちのいいひと時でした。

久々に会う友人とも、話が弾んで、楽しくおいしく過ごすことができました。

Img_1163 Img_1164

帰りの新幹線の中でスライドを仕上げて、沖縄のCAPに送ることもできました。子どもや孫には会えなかったけれど、充実した東京行きでした・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

小学校5年生、6年生への授業・続き

 私は今、東京にいます。明日の朝、子宮頸がんの予防ワクチンの研修を受けるために来ました。新幹線の中で、今度沖縄CAPの講演をするためのパワーポイントを作って、それからこのブログを書いていたら、ほぼ出来上がったところで、Wi-Fi切れ、すべてが消えてしまいました・・。新幹線のWi-Fifは30分毎に更新しないといけないのですね。もう、新幹線では原稿は書きません。今はホテルです。

 小学校の5年生、6年生にした授業の続きです。授業をいったん終えて、質問があるかな?と言ったら、なんと5年生からも6年生からもいっぱい手が上がったのです。びっくり。ふだん、中学生や高校への講演では、あんまり質問は出ないのです。

一人ずつ発言してもらいました。

Img_1136 Img_1139

 受精しなかった卵はどうなるのですか?→それはね。どっか行っちゃってわからなくなりますよ。だって、0.1ミリのだもの。きえてしまってもおかしくないよね。(私、受精しなかった精子はどうなるのかも聞いてほしかったなあ。ま、卵と同じなのだけれど)

 どうして生まれる赤ちゃんの大きさは違うのですか?→それはねえ、あなたとお友だちもみんな大きさが違うでしょ?赤ちゃんもおんなじで、みんなみんないろいろと違うのよね。それはすんなりと納得。

 双子はどうしてできるのですか?→はい、双子はね、二つのでき方があります。さっき、卵は一つずつ出ると言ったけど、時には二つ飛び出すこともあるのね。そして、それぞれが受精して、それぞれが人になる、これは二卵性の双子と言います。この場合、兄弟と同じだから、性別が違うこともありますよ。それから、一つの受精卵が、細胞が増えていく時に、なにかの拍子に二つに分かれてしまってね、それぞれがまた細胞が増えて人になった場合、これは一卵性の双子と言います。この場合は、遺伝子がおんなじだから、そっくりな双子になります。といいながら、ふと見ると、目の前にそっくりな二人がいましたよ。そっくりだから、一卵性の双胎かと思ったけど、あとで本人から聞きました。二卵性の双子なのですって。

 妊娠したら、お酒やたばこはダメですよね。他に、どんなことがいけませんか?→そうね。タバコは、赤ちゃんに行く血流、血の流れがよくなくなって、赤ちゃんが苦しいからね、やめたほうがいいですね。お酒はね、少しくらいなら、大丈夫かも。それから、お母さんが病気になると、赤ちゃんも一緒につらいから。お母さんが熱を出すと、子宮の中も熱が出ているからね、お風呂にずっと浸かっているのとおんなじでしんどくなるよね、だから、お母さんが病気をしないで健康なのが一番。もし、病気になったら、早く治すのが赤ちゃんのためにもなるよね。

 どうして障害のある赤ちゃんが生まれるのですか?それはちょっと深刻な質問でしたね。後で校長先生に聞いたのですが、その質問をした子の弟に障害があるのだそうです。→さっき言ったように、卵と精子が受精して人になったよね。卵の中にある染色体と言う、遺伝子のかたまりと、精子の中にある染色体が一緒になって、だから、お母さんとお父さんの遺伝子を半分ずつもらってあなたたちができたんだよね。その受精の時に、ちょっと事故があって、受精卵の染色体がけがをして、障害のある子になったり。染色体は異常なくても、お母さんの子宮の中で、赤ちゃんが病気になったりけがをしたりして、障害になったりすることもあるのね。それからね、生まれた時には、何にも異常がなかったけれど、そのうち、心臓とか内臓のなにかが悪かったということもあるしね。 

 そしてね、とても大事なことなのだけれど、赤ちゃんを産むっていうのはね、そんな、障害がある子が生まれることがあるかもしれないということを覚悟して産むのよね。もしも、異常や障害のある子はいらない、健康な子だけいるっていう人がいたら、そんな人は赤ちゃんを産んではいけないのよね。みんな、どんな子でも、さあ、私がちゃんと育てるからね、頑張って生まれてきてねって、そんな覚悟をして産んでいってるのよ。そんな話をしました。

 そして、びっくりの質問。破水をしたらどうなりますか?って。破水といっても、みんなはわからないだろうから、破水の説明をして、そして→破水をしたら、赤ちゃんは生まれるよ。陣痛が来て、生まれる少し前に破水をするのが普通だけど、先に破水することもあるのよね。でね、もしもうんと早く、まだ赤ちゃんがとても小さいうちに破水をしてしまったら、うまれないように、いろいろと治療をして、長く持たせることもしたりしますよ。

 まだまだいろいろな質問が出ました。そして、思いました。情報社会だから、いろんなことが子どもたちの耳に入って来るのだから、だから、本当に性根を入れて、真正面から子どもたちに向き合わなければ、と。こんなことを教えてあげることを、どうぞ、過激な性教育だなんて、言わないでください!!!

 それから、当然、いろいろな当事者がいるので、すべてに細かく配慮してお話しすることが必要。話を聞くことで傷つく子がいては絶対にいけません。やっぱり基本は人権ですね。

 楽しい時間をありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

小学校5年生、6年生への授業

8日木曜日の午前中の小学校での授業。5年生、6年生合同で、かつ保護者も一緒に参加していただく、「心の参観日」です。とても楽しい授業ができたと思います。


Img_1138

 

Img_1135


私がつけたタイトルは「ようこそ思春期」。席に着くときには、一人ひとりに私が用意した千代紙を配ってもらいました。前日に、コンパスで一枚ずつ小さな穴をあけています。その穴は、誰にも見えません。

 思春期ってなあに?から。先生と生徒に前に出てもらって、大人と子どもの何が違うかな?背が違う。体重が違う。そして、なんと、「雰囲気が違う」っと言ってくれた子どももいましたよ。「裸になると、もっとわかるんだけど。」と言うと、前に出てくれた男の子がびっくりして。みんな大笑い。そこで、席に戻ってもらって、「あのね。これから体についていろいろと勉強するけれど、体を学ぶのは、いやらしいことでもおかしいことでも恥ずかしいことでもないのよね。大人になるのに、大切なことだから、真面目に学ぼうね」と言いました。みんな真剣になってくれましたよ。そして、このスライド。

5_20221210005801 6_20221210005801 7_20221210005801

「月経って知っている人?」と聞くと、数人しか手が上がりませんでした。そこで「生理を知っている人」と言うと、ほとんどの手が上がりました。で、「射精を知っている人?」と聞くと、これもほとんど手が上がりませんでした。やっぱり。女性の体と同じように男性の体について学ばないとね。そして、プライベートゾーンの話。

これらの説明の後、動画でメダカの受精を見て。それから人の受精の動画に行く前に、これ。

8_20221210010702
ここで、配っていた千代紙を光にかざしてみてもらって、小さな穴を見つけてもらいました。卵子の大きさです。そして、人の受精の動画、さらにお母さんのおなかの中で、胎児がどんどん大きくなる動画。ここで、持って行った赤ちゃんの人形を抱いてもらいました。ちょうど三キロの重さに調整しています。点のような卵子がこんなに重くなったと。

そうして、命のつながり。お父さんとお母さんがいて、そのお父さんにもまたお父さんとお母さんがいて、ずっとずっと大昔から命は続いてきた、みんなみんな大切なかけがえのない命なんだということ。サルのような時代からのスライドを3枚使って。

そこで、男の子の悩み、女の子の悩み。

男の子には、性器の大きさで悩むことは全くないこと。皮をかぶっているのも。でも、おしっこをする時には、引っ張ってすること。お風呂では、皮を引っ張って、頭の部分を石鹸で洗って戻しておくこと等も。それから、「触りたいのは、さわっていいけど、誰にも見せないでね。わざと見せると、犯罪になってしまう」ということも。

女の子の月経の不順、月経痛など。その時に、ナプキンを全員に配ってみてもらいました。特に男の子には、月経については、決してからかってはいけないこと、いたわってあげること等も。

みんなの共通の悩みとして、LGBT、性の多様性、さらにいろいろな家族について。後で校長先生に、助かりましたと言われました。当然、学内に、母子家庭の子も祖父母に育ててもらっている子も、養子の子も、外国から来た子もいると。

そして、いよいよ赤ちゃんが生まれる動画。帝王切開で生まれた人もいて、みんなみんなお母さんが命掛けて産んでくれた大切に命なんだということ。

さらに、性犯罪を意識して、つらいことがあった時には、誰かに相談してほしいということも。加害者は「誰にも言うなよ」と言うのです。だれにも言うなよと言うのは、それが悪いことだとわかっているから、知られると困るんだね。だから、だれにも言うなよという約束は守ってはいけない、早く誰かに言いましょう、言う人を探しましょうと。

いろんなことを盛りだくさん話したけれど、わかってくれたかなあと心配ではありました。そしたら、なんと、質問のある人と言ったら、もう、すごいたくさんの手が上がったのです。また明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

子宮頸がん予防ワクチン9価が定期接種となります。

 11月30日付で厚労省からの通知が出ました。子宮頸がん予防ワクチンの接種が、来年4月1日から9価のワクチンが定期接種となります。これについては、少し前にその情報をいただいていましたが、キャッチアップ(定期の機関に打ちそびれた人の救済手段)の人についても、9価が認められています。さらに、この前に2価、4価を打っている人も、残りの接種は、9価がO.Kだそうです。これは朗報ですね。厚労省、から各都道府県・市町村・特別区、衛生主管部(局)あての連絡です。やっとやっとです。それから、9価は一回目と二回目の間はこれまでの4価と同じ二か月ですが、2回目と3回目の感覚は6か月とするそうです。

Hpv1_20221208012601 Hpv2_20221208012601



                  厚生労働省健康局予防接種担当参事官室

 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会における
 ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種に関する議論について (情報提供)


予防接種行政については、日頃より御理解と御協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 今般、11 月 18 日に開催された第 41 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会(以下「分科会」という。)において、ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種法(昭和 23 年法律第 68 号)第5条第 1 項の規定による予防接種(以下「HPVワクチン接種」という。)において、組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(以下「9価HPVワクチン」という。)を使用可能とする方針が了承されました。

 9価HPVワクチンの接種は今後、必要な法令改正等を経て、令和5年4月1日から開始される見込みですが、速やかかつ円滑に接種を開始するため、分科会での議論を踏まえた、現時点における接種の方針及び準備に当たって留意すべき事項を下記のとおり御連絡いたします。

 各自治体におかれては、下記の内容について御了知いただき、貴管内関係機関等への周知をお願いいたします。

                   記

1.開始時期について
 
   9価HPVワクチンの使用は、必要な法令改正等を経て、令和5年4月 1 日から開始することとする。

2.接種方法・標準的な接種期間について

 9価HPVワクチンの添付文書における用法・用量等の記載は以下のとおりであり、関係法令等についても同内容を踏まえた改正を行う予定である。

 【用法・用量】
  9歳以上の女性に、1回 0.5mL を合計3回、筋肉内に注射する。通常、2回目は初回接種の2カ月後、3回目は6カ月後に同様の用法で
  接種する。

 【用法・用量に関連する注意】(抜粋)
 1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。なお、本剤の2回目及び3回目の接種が初回接種の2カ月後及び6カ月後にできない場 
  合、2回目接種は初回接種から少なくとも1カ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3カ月以上間隔を置いて実施すること。

3.2価HPVワクチン又は4価HPVワクチンとの交互接種について

 HPVワクチン接種は、同じ種類のワクチンで接種を完了することを原則とするが、組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(以下「2価HPVワクチン」という。)又は組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(以下「4価HPVワクチン」という。)を用いて規定の回数の一部を完了した者が9価HPVワクチンにより残りの回数の接種を行う接種方法(以下「交互接種」という。)
についても、安全性と免疫原性が一定程度明らかになっていることや海外での取扱いを踏まえ、適切な情報提供に基づき、医師と被接種者等がよく相談した上であれば、実施して差し支えないこととする予定である。

4.キャッチアップ接種における取扱いについて

 予防接種法施行令(昭和 23 年政令第 197 号)附則第5項に基づき、従来の定期接種の対象年齢を超えて行う接種(キャッチアップ接種)においても、同じ種類のワクチンで接種を完了することを原則とするが、適切な情報提供に基づき、医師と被接種者等がよく相談した上であば、交互接種を実施して差し支えないこととする。

5.2回の接種により接種が完了となる接種方法について

 現在、9価HPVワクチンの製造販売業者により、2回の接種により接種が完了となる接種方法(以下「2回接種」という。)について、製造販売承認の申請がなされており、独立行政法人医薬品医療機器総合機構において審査が行われている。今後、製造販売承認がなされた場合には、速やかに予防接種法における2回接種の導入に向けた議論を行う予定である。

6.副反応疑い報告基準について

 9価HPVワクチンを使用してHPVワクチン接種を実施する場合においても、HPVワクチン接種に係る副反応疑い報告基準は、引き続き、現行と同様とする予定である。

7.今後の情報提供について

 今後、議論の進捗状況に応じて、適宜自治体向けの説明会を開催し情報提供を行う予定である。

厚労省からの通知は以上です。若くして子宮頸がんで亡くなったり、子宮の摘出をしなければならなくなる人が、これで他国のように少なくなることを心から望みます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

小学校での授業の準備をしています。

今度の木曜日には、広島市内の小学校で授業をします。5年生と6年生と保護者の方たち一緒に。小学校の授業は久々です。先生たちともしっかり打ち合わせをしました。その準備を今楽しくしています。いろいと工夫をしたり、考えたり、わくわくしながら。

1_20221206180401

思春期、心と体の発育、大人と子どもとの違い。これには、先生にも出てもらって。

それから、プライベートゾーン、二次性徴、月経や射精の話。生理用のナプキンは全員に配りましょう。さらに、体の悩み。月経の悩みや男の子の性器の悩み。それに加えて、

2_20221206180401

さらに、いろいろな家族。

3_20221206180401

何より、命の誕生について。受精やお母さんの体内での赤ちゃんの発育、そして、誕生。これは動画をフル活用して。

命の素の卵の大きさを実感してもらうために、その仕掛けを作っています。それから赤ちゃんと同じ体重のお人形を用意して。子どもたち抱っこしてもらいましょう。

最後にはこれ。性暴力の被害も意識して。

4_20221206180401


盛りだくさんで、60分では足りなくなるかも。もう少し練習を頑張りましょう・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

「性暴力サバイバーが出産するとき」

友人である白井先生が以前から取り組んでいらっしゃった本が完成しました。

Img_1052

「子どもの頃に性的虐待を受けた女性が出産するときにおこることの理解と癒し」。原題は「WHEN SURVIVORS GIVE BIRTH」の翻訳本です。

 白井千晶先生は静岡大学人文社会科学部教授、専門は家族社会学。全国養子縁組団体協議会代表理事、養子と里親を考える会理事。養子縁組の関係で先生と知り会いました。

 私が書いたこの本の推薦文を載せます。使われたのは、この一部です。

私は、これまで50年間産婦人科医として妊婦のケアやお産に携わる一方、妊娠SOSや性被害ワンストップセンターに関わってきました。
   
 今、改めて考えるのは、この社会にはどうしてこんなに子どもの性被害が多いのだろうかということです。本当に許せないことが起こり続けている、この事態をどうすればいいのかと。
 同時に、被害にあった彼女たちが、この先、痛みを抱えながら生きていけるのか、その立ち直りと成長のために、周りはどうサポートしていけばよいのかということも。

 この本は、そんな子どもの頃に性的被害にあった女性たちが、やがて自ら命を生み出そうとする時、どんなことが起きるか、そして周囲はどうケアをしていけばよいのか、それらが網羅されています。

 二人の女性によって2005年に初版が出版され、第12版まで増刷され続けました。しかし、この社会では、この本の需要はますます高まり、この度初版に細かい修正を加えて改めて増刷されたものです。


 出産に携わる医療者などにあてて、コミュニケーションスキル、カウンセリングや内診の仕方などについてまで、きめ細かく記述されています。
 私は、これまで助産師や保健師、臨床心理士などはもちろん知っていましたが、ドゥーラという、妊婦に寄り添う職業があることは存じていませんでした。妊婦としっかり信頼関係に結ばれてサポートしてくれる人がいるなら、日本のお産事情もずいぶんとよくなるでしょう。心のつらさを抱えている人には、なおさらだろうと思いました。

 この本は、女性の医療やカウンセリングにかかわる人達、特に性的被害のサバイバーにかかわる人たちすべてが手に取っては読むべき本でしょう。さらに、サバイバー当事者の方たちも読んで戴けたなら、きっと前向きに命を生み出すことができるようになるでしょう。とてもきめ細かい配慮に満ちていますから。

目次から。

Img_1055_20221204231901

読みにくいかもしれませんが、さまざまな方の推薦文が乗っているチラシを載せますね。

Img_1054

私は、産婦人科医、助産師、保健師、精神科医、心理師など、性暴力に傷ついた人に関わる全ての人に読んで戴きたいし、さらに、全国の性被害ワンストップセンターに置いておいてほしいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

「セクストーション」に注意!!

北中先生に教えていただきました。大阪府警からの情報です。

 ネットによる犯罪に巻き込まれたということは、私の現場でもよくあり相談に乗ることがありますが。とても厄介なケース。それは、自撮り画像を相手の求めに応じて送ってしまって、それが拡散されてしまったというもの。私の場合は主に女性の被害ですが。いったん、SNS等に乗ってしまうと、どんどん広がってもう取り消すことが、とてもとても厄介になります。信用している彼氏に送ったはずでも、その彼氏との関係がずっと続くとは限りません。また、彼氏であっても、それを友人に自慢もしたくて送るということもあります。受け取った友人は面白いとさらに複数の友人たちに送って・・と。

 しかし、この大阪府警の警告は、被害者が男性の場合なのですね。

Photo_20221203164701

大阪府警は、セクストーションに注意と呼びかけています。

「セックス(性的)」と「エクストーション(脅迫・ゆすり)」を合わせた造語で、「性的脅迫」のことをいいます。
具体的には、インターネット上で出会った異性に、「恥ずかしい姿の見せ合いをしましょう」などと持ちかけ、画像や動画を送信させてから、「裸の画像をお前の知り合いに送るぞ」などと脅迫し、電子マネーなどを脅し取る手口です。

そして、次のよう警告しています。

インターネット上での知らない人との接触は、とても危険です。

自分の裸や陰部などの動画や写真は、決して他人に送信してはいけません。
(インターネット上に広がると、画像を削除することはまず不可能です。)

知らない人から勧められたアプリは、絶対にインストールしないようにしましょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

広島県日韓親善協会「会員・忘年の夕べ」でした。

昨夜は、「広島県日韓親善協会の忘年・会員の夕べ」でした。いつもならホテルの料理に加えて、李菊枝先生を初めとしてボランティアの皆様による韓国料理も並び、多くの若い留学生も参加して、にぎやかな会なのですが、コロナ禍ではそれもなく、静かな会でした。でも、さまざまな方たちにお会いできて、うれしかったです。

1_20221202235401

私の席は端っこでしたので、斜めからの写真ですみません。いろいろな方のご挨拶がありましたが、ここでは駐広島大韓民国総領事館林始興総領事のご挨拶を再現しますね。

2_20221202235401


総領事ははじめ、日本語でご挨拶されました。長い時間。そして途中で韓国語に代わりました。短い間に、ずいぶん日本語がお上手になっていらっしゃいました。韓国語の翻訳がスクリーンに映されましたので、ここに再現できます。そもそも、私は林総領事の大ファンなのです。それは、昨年のこの挨拶を聞いた時からです。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2021/10/post-fcf187.html

それでは、昨夜のご挨拶です。

「昨年の「会員の夕べ」で、畑谷会長が韓国語で挨拶を述べられまして、「次は私が日本語で挨拶します」と約束しました。下手ですが、昨年の約束を守るために、日本語で少し挨拶を申し上げました。(中略)また、韓日間の行き来への制限がなくなって3年ぶりにご出席されました二つの韓日親善協会のご来賓(慶尚南道と釜山の韓日親善協会の方がいらっしていました)には格別のうれしさをもって挨拶を申し上げます。

 先ほど少し触れましたが、忘年会を兼ねるこの場で今年一年を振り返ってみますと、5月に韓国で新しい政府が成立してから、韓日関係は改善の道を歩み始めました。

 時を同じくしてコロナによる行き来の制限も解かれ、もはやコロナ以前の韓日関係、ひいては両国が仲良くしていたころの韓日関係を再び描いてみるのもむなしいことではなくなりました。

 来年5月にはフラワーフェスティバルも完全な形で再開するそうです。総領事館も4年ぶりに朝鮮通信使行列を再現するための準備に入る所存であり、大邱広域市からの訪問団も広島を訪れると期待しています。

 それ以前に、5月にはG7広島サミットも開かれます。この場の湯崎知事、前副市長をはじめ来賓の方々もその準備で勤しんでいらっしゃると思います。成功裏に開催され、平和のヒロシマを世界中に知らしめるきっかけになりますこと、私もまた望んでおります。

 ただ、一方で、私たちを取り巻く国際情勢は日々厳しくなりつつあります。平和と民主主義が定着して世界はもっといい方向へと進むだろう、という信念はウクライナ戦争で揺らいでおり、現に、北東アジアでは北朝鮮核ミサイル問題と米中対立が連日取り上げられています。

 このような状況で、韓国と日本は互いを頼らなければならない間柄であると、私は信じています。国レベルではすでに政治外交的に軍事的に、また経済的に様々なネットワークが形成され活躍していますが、このすべてのネットワークを恒久的に支えるのはやはり市民社会同士の強固なネットワークであろうと思います。

 私はこのような思いをもって来年を迎えます。コロナをはじめとするここ何年間の、韓日関係への足かせが解かれつつあるいま、コロナ以前の活動を復元し、さらに発展させるために努力してまいります。特に、韓国との直行便が急務であることを忘れず、総領事館にできるものは何でもやっていくつもりでおります。

 今年が終わるまではまだ一か月ほど残っており、総領事館も12月16日の広島フォーラム等の行事を残しております。総領事館をはじめ、本日ご出席の皆様、すべての機関・団体が無事今年の仕事を仕上げることを祈ります。改めて、広島県日韓親善協会「会員の夕べ」のご開催をお祝い申し上げ、ご出席の皆様のご健勝・ご多幸をお祈りします。」

恒例の福引大抽選会は、何にも当たりませんでしたが、韓国のりのお土産をいただいて帰りました。


関係者の皆様、今年も楽しい会をありがとうございました。無事会が開かれ、うれしかったです。感謝申し上げます。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。

ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

「いただきますの山」、もう少し。

 今日は午後からなぎさ中学の三年生に話しに行ってきました。コロナ等のスケジュールの都合で、伸び伸びになっていた講演です。今日、無事にできてよかったです。

3_20221201160101 2_20221201160101

高校生になる前に知っていて欲しいことを目いっぱい早口でしゃべりました。外は急に寒くなりましたが、会場は暖かくて助かりました。

今日の夜は日韓の忘年会に行きます。

昨日のブログでご紹介した「いただきますの山」、昆虫を食べることでいろいろとコメントをいただきましたので、もう少し追加を。

本の中で、まだ芸北に移住する前、暗くなってから、スコップ、バケツ、懐中電灯をもって山に向かうと、近所の人に「どこに行くの?」と聞かれ、「"蝉獲り"です。」「蝉、飼うの?」「いいえ、食べます・・・・」「・・・・へえ・・・・」声をかけた人はびっくりしただろうなあと笑いました。そして、なんともおいしそうな蝉の料理の方法が披露されています。

さらに、こんな記述も。「バッタや蝶、クモ、カブトムシも獲って料理して食べた。トノサマバッタは食べると草のにおいが鼻に抜ける。アゲハチョウは揚げると花の香りがした。女郎蜘蛛の中はまるでウニのようで、驚く美味しさだった。カブトムシも固かったが栗のような木の香りがした。身近な虫たちは、"安心感がある味"がした。」

それから、草刈り機で切ってしまったトノサマガエルを袋に入れて持って帰って、料理する方法も詳しく書かれていて。ちょっと足りないので、前に獲っていた蛇も一緒に料理したこと。蛇は、生臭さが気になったので、クミンやクローブ等のスパイスとお酒につけておいたと、それらのカエルとヘビのお肉に塩を振ってから米粉をまぶし、少し多めの油で揚げ焼きにすると。彼女はなかなかの料理人です。カエルをもって帰ったのを人に見られていて、翌朝尋ねられたので、それを食べたと話すと事務所の中で悲鳴が上がったそうです。

とにかく愉快なのです。

それから、彼女は畑を借りて、麦を栽培し、実際にそれを収穫して粉にしてパンを焼くのですが(酵母も水とリンゴで手作りですよ)、その麦畑が彼女の安らぎの場で。そこでお昼ご飯を食べ、ギターで歌を歌うと。自分で作った歌も歌うと。その歌が面白くて。実際、聞いてみたいです。

「ぼーっとしてないはずなのに、ぼーっとしてると言われるよ」

 鶏を飼って収穫する卵の話、山菜採りや梅酒作りの話、浜田に行って魚釣りをする話、うりぼうを育てて大きくして涙ながらに食べる話、それからなんといってもイノシシの肉の話。私もイノシシの肉は大好きで、高野の道の駅に行く度に買って帰ります。とても高価ですが。先日は、三次のワイナリーでも買って帰りました。ふるさと納税でも返礼品でイノシシの肉を頼んでいます。でも、そもそもそのいのししの肉にひかれて、猟師を志すなんて、その行動力はすごいものです。

こんな食の話だけでなく、町の人たちのとの交流や、住む家や自然についてなど、ドキッとする情報や考察もたくさん書かれていて、読んだ後も、私はまだしばし余韻に浸っています。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。広島ブログ

| | コメント (0)

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »