« オランダの中学校の教科書「14歳からの生物学」 | トップページ | 憲法集会? »

オランダの中学校の教科書「14歳からの生物学」続き

オランダの中学校の教科書「14歳からの生物学」についての続きです。

Img_2561


「性への関心(セクシュアリティ)について。性への関心は大切な人間関係を続けるのに大切なものです。人はだれかを特別に愛するその人に触れたり強く抱きしめたりして、その意思を相手にはっきりと伝えたいと感じることがあります。その愛がとても強い時、その人とセックスしたいと感じることがあります。」


そして、ここからがうなります。

「セックスに対するスタンスは人それぞれです。特定の人と長い間付き合ってからでないとセックスしたくないと思う人もいれば、相手を少数に限定する必要はないと感じる人もいます。かと思えば、結婚した相手としかセックスしたくないと考える人もいます。」

価値観の押し付けではないのですね。

それでも、ポルノについては、こうです。

「ポルノにははっきりと性器が写り込んでいるものもあります。ポルノを鑑賞し過ぎると、性に対して非現実的に妄想作り上げてしまうことがあります。ポルノに出て来る女性の登場人物はひどい扱いを受けることが多いのです。というのも、ポルノは「愛情を確認する」という本来のセックスの目的からはかけ離れており、むしろある種の男性の抱く幻想(ファンタジー)を表現したものであることが多いからです」。

避妊について。まずリズム法や膣外射精を「信頼できない方法」とキチンと理由と共に説明しています。

Img_2541

そして、コンドーム、ピル、緊急避妊モーニングアフターピルについての説明。緊急避妊は通常のピルよりも強いホルモン含んでおり頻繁に使用するものでは無いことがちゃんと説明してあります。予期しない妊娠・中絶・・。中絶には様々な考えの人がいるということも説明してあります。日本ではまだ認可されていない中絶薬はオランダでは7週まで使うことができると。13週までは吸引による手術、それを越えると後期中絶となること。オランダでは中絶は無料で受けられること。中絶をのぞんだ女性は、まず医師や看護師、ソーシャルワーカーと相談する必要があり、話し合いの後、女性には5日間もう一度よく考える時間が与えられること、それは法律に定められているとのことです。

あれっと驚いたのはこの後、妊娠・出産と性感染症について学んだ後、もう一度、新しい避妊法が出てきます。

Img_2565

膣リングという私も知らなかった方法が出ています。リングにホルモンが含まれていて自分で膣に入れると。3週間膣に入れたままにして1週間外すと。ホルモン量はピルよりも少なく副作用は抑えられるのだと。これはオランダでは2014年から使用が承認されたそうです。知らなかった・・。

これ以外にも、3か月に1回注射を打つ方法、避妊用パッチは週に1度交換しながら皮膚に貼って、1週間は休みます。それ以外にも、避妊リング、避妊手術についても説明があります。うん、日本の大人に読んでほしいと思います。日本では、認可されていないのがいっぱい。

Img_2566

ますますまいったねと思ったのがこれです。ミレーナはどのように効きますか?って。

Img_2567

ミレーナは、ホルモンを含んだ避妊リングですが、日本でも認可され使われています。でも日本では、これを知っているのは一部の大人の女性だけでしょう。

ここの生殖の項目の最後にはまとめとして目標が出てきます。それぞれの項目にはまとめて詳しい説明が出ています。


目標1  
 第一次成長と第二次性徴について正しく説明できる。また思春期にはどのような身体的、情緒的、そして社会性の変化が起こるか説明できる。

目標2
 男性の生殖器官系の機能や特徴について説明できる。

目標3
 女性の生殖器官系の機能や特徴を説明できる。

目標4
 精子細胞と卵細胞の特徴を列挙できる。

目標5
 排卵とは何か、月経とは何か、月経周期の過程でこれらがいつ起きるか説明できる。

目標6
 女性が妊娠した時に体に起こる変化について説明できる。

目標7
 沢山ある避妊の方法について説明し、またそれぞれの方法の信頼性についても説明できる。

目標8
 胚(胎児)と合わせた子宮の部位の機能や特徴を説明できる。

目標9
 赤ちゃんの誕生について説明できる。

目標10
 クラミジア感染症とエイズが引き起こす問題について説明できる。

発展目標11
 膣リング、女性用コンドーム、避妊注射、子宮内避妊具、避妊手術それぞれがどのように妊娠を防ぐのかを説明できる。

発展目標12
 性器疣贅、淋病、性器ヘルペスなどの性感染症が引き起こす問題について説明できる。

この後にテストがあります。

こうなのですね。日本では多くの学校でこれらの10分の1、いえ、100分の1も学んでいない、教えていないのです。「教えると興味を持つ、そそのかす」だなんて、大真面目に政治の場で言われて久しいのです。こんなことを全ての若者が、だから義務教育のうちに学んでいるのであれば、私だって薬局でだれもが緊急避妊薬を買えるようになることに、大賛成するのですが・・。

ぜひ皆様にご一読されますようお勧めします。感動しますよ。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

|

« オランダの中学校の教科書「14歳からの生物学」 | トップページ | 憲法集会? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダの中学校の教科書「14歳からの生物学」 | トップページ | 憲法集会? »