« 温泉から帰って、クリニックで過ごしました。 | トップページ | 小説「衆議院議員選挙」① »

養親の子育てについて。

今日は、特別養子縁組の養親希望の方のおうちに家庭訪問に行きました。お家を見させていただくのと共に、研修をしてきました。特別養子縁組の具体的な流れや具体的な事例もお話しました。

 私自身も研修を受ける中で、養子として引き取られて育ててもらっている人自身の声を何人か聞きました。中には、育ての親からの愛着を感じないままに育てられている方もおありです。その養親の方の育て方を見て、この方は養子だからそんな育て方をしたのではなく、そもそも子育てをする資格のない方だと思える人も。きっとその方に実子が生まれていても、こういう育て方をして、子どもはとてもつらい、そんな状況になったでしょうと思います。そんな人は子ども持たないでほしい。虐待する多くの親は、義理の親である場合もあるけれど、実の親が多いのですね。

 私は私がお世話をした人の中から、そんな親子を出したくありません。今日も最後に伝えました。「子育てをしつけだと思わないでね。子どもとととも生きることが楽しい、そんな子育てをして下さいね」と。今日のご夫妻も大丈夫。誠実で、しっとりと落ち着いて、穏やかに子どもを育ててくれそうな方たちでした。

それから、頑張って赤ちゃんを産んでくれて、その赤ちゃんを手放さなければならなかった実母に対して、ありがとうという感謝の気持ちを持ってもらいたいことも事例を上げて話しました。資料もいろいろとお渡ししてきました。

この方たちに早くいいご縁があります様にと、さわやかな気持ちで帰りました。

孫からお手紙が届きました。もう一年会えないままの孫です。何と手紙の中にお年玉袋が入っていました。「私も皆みたいにおとしだまを上げたかったから、少ないけど使ってください。」と。10円入っていました。


Photo_20210103220801

これは使えません。ずっと大切にとっておきます。

あすから診療です。この休み、結局「愛の不時着」は寝る前に一話ずつ、今4話まで観ました。傍から夫があれこれ言うので、うるさくて。「いくら財閥の娘だと言っても、北朝鮮がこんな状況だというのは分かっているだろう。あんな、あれが欲しいこれが欲しいなんてチャラチャラして、こんな女は大っ嫌いだ」などというのですよ。だから一人で部屋にこもってひっそりと見ます。私はすっかりはまっています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

|

« 温泉から帰って、クリニックで過ごしました。 | トップページ | 小説「衆議院議員選挙」① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温泉から帰って、クリニックで過ごしました。 | トップページ | 小説「衆議院議員選挙」① »