« 真夜中の電話「15歳です。妊娠しています。」 | トップページ | 映画「子どもたちをよろしく」 »

真夜中の電話、続きです。

東京からの電話、続きです。

「あの、こんな人、これまでもいましたか?」うん、いますよ。何人も。

「15歳も?」はい。15歳ででも、14歳でも、一番少ないのは11歳というのもいたよ。小学生。

「ええっ?小学生?その子、どうなりましたか」産んだよ。もう間に会わなかったからね。産んで、子どもはちゃんと育ててくれる人の所に養子で行ったよ。
「その子、親に言いましたか?」はい。小学生だからね。親には言わないとね。あなたね、15歳て言ったけど、中学生?

「はい、中学三年です。」じゃ、これからどうしようと思ってるの?高校に行きたいの?「はい。高校に行きたいです。」行けるよ。中学生で赤ちゃん産んでも、みんなちゃんと高校生になってるよ。大丈夫。でも、誰か助けてくれる人がいるね。ここはあまりに遠いから。もっと近い所で。ねえ学校の保健室の先生には言えない?

「いやだ。」「あの、東京で、お金なくてもいい、親に言わなくてもいいっていう病院、どこかにありませんか?」うん、分かった。ちょっと待ってね。今リストを見るから。

えっとね、メモ取れますか?私は、東京の特別養子縁組あっせん事業所で、私が会ったことがあって、信頼できる所を二か所、ホームページを見ながら教えました。必ず、そこに連絡をするように。ちゃんと助けてくれるからね。お金がなくてもいい、親にいえなくてもいい、そのまま、連絡だけすると、会いに来てくれるからと。そこから先は、もうその人たちに任せたらいいから。あなたは、何も考えなくてもいいよ。

 あのね、どうしたらいいかわからない時には、誰かに「助けて」て言ってていいのよ。ちゃんと助けてくれるからね。

「わかりました。でも、私、広島に行きたい。行くかもしれません。」でもね、新幹線に乗ってここまで来るの、大変だから。そこに連絡して、そこなら近くて、すぐに動いてもらえるから、それからまたここにも連絡してね。どうなったか、心配だからね。

翌日、私は彼女に教えた二か所に電話で連絡しました。こういう人から連絡が入るかもしれないから。お金もない、親にも言えないと言ってます。どうぞよろしくと。両方とも、分かりました!と言って頂きました。

 どうぞ彼女がそこに連絡してくれます様に。私は、彼女の名前も連絡先も一切聞いていません。本当は、知りたかったけれど、彼女の警戒している姿から、全面的に信用してもらえるまで、それが限度でした。

今、どこかに夜中に人知れず助けてと電話をしている娘がいる!!自分にSOSを求めてくれず、なにも知らないで日常生活を送っている、そんな両親がどこかにいます。

やっとパソコンのメールが復活したので、クリニックのお花を。いつもの青野さんのお花です。このピンクのお花、かわいいのですが、何ていうのでしょう。下のピンクのユリが咲くと、また、一段と華やかになるでしょう。

7_20200717074801
 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

|

« 真夜中の電話「15歳です。妊娠しています。」 | トップページ | 映画「子どもたちをよろしく」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真夜中の電話「15歳です。妊娠しています。」 | トップページ | 映画「子どもたちをよろしく」 »