« 性教育を商売にする??① | トップページ | 性教育を商売にする??③ »

性教育を商売にする??②

昨日の続きです。似ている!という絵は、まだ他にもこんなのも出てきました。

6_20200307013601

左は、やはり性教協のベテランの先生たちが作ったこの本の中の図。

7_20200307013601

似た絵と文章だらけの「赤ちゃんはどこからくるの?」の著者は、のじまなみさん。ああ、そうか、とここで気づきました。今、マスコミで大変受けている「パンツの教室」の代表ですね。本には「性教育アドバイザー」となっています。

私が、水野先生に私の本と帯のことをお知らせすると、「商売として」という言葉があって、またまたうん?でした。商売というのは、私は本を売ること、テレビに出ること、講演の依頼がたくさん来ること、そんな風に考えていたのですが。そんな甘いものではありませんでした。

そのパンツの教室は「日本親勉アカデミー協会」の一つの協会であるということがわかりました。「日本親勉アカデミー協会」について、ちょうど週刊文春の2月27日号に能町みね子さんが書かれていました。親勉の講座を受けると、わが子が勉強をするようになるというもの。「レインボーかたつむり協会」「日本チクティビティ協会」やそして「とにかく明るい性教育 パンツの教室」も親勉協会の一つであると。それぞれホームぺージを検索してみました。

パンツの教室の代表ののじまなみさんについて。

12_20200308021901

「レインボーかたつむり協会」は、カードでLGBTを学ぶということでマスコミ等の注目を浴びたそうです。なんか良くわからないのが、「日本チクティピティ協会」。ホームぺージの一部です。うーん、乳首をひねってってダイエットをする?

14_20200308021901

これらすべてがおんなじ様なホームページの作りです。そして、すべてに掲載されているのが、講座を受ける料金です。

例えば、パンツの教室です。

15_20200308022901 16_20200308022901 17_20200308022901

うわーです。講座を受けるだけでも、33000円プラス教材費。363000円払って講座を受けると、インストラクターとなって講座を自分でもすることができるようになると。勿論、その収入の一部は、協会に上納するのでしょうが。

こんな風に、本当にビジネスとして、性教育が行われているのでした。

この項、まだ続きます。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

|

« 性教育を商売にする??① | トップページ | 性教育を商売にする??③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 性教育を商売にする??① | トップページ | 性教育を商売にする??③ »