« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

錦帯橋と山賊へ。

3月29日の日曜日、岩国の「宇野千代子生家」を出て、錦帯橋に行きました。生家からすぐです。錦川の河原に車を停めました。

1_20200331082201

やはり人はこの時期の日曜日にしてはまばらですね。

この後おなかがすいたので、橋のたもとの食堂で「岩国寿司」と岩国レンコンのコロッケを食べました。とっても美味。姉も私もペロリと完食です。

2_20200331082201

そして、橋を渡って。向こう側の桜が咲いている所へ。

3_20200331082201

8_20200331082301

桜は、八分咲きという所でしょうか。

もう少し歩いて、昔の旧家目加田家のお雛様を観たり、夏の鵜飼いの鵜や白蛇を観たり。

7_20200331082301 5_20200331082301 6_20200331082301

ロープウエイで山の上のお城に行こうかどうしようか考えましたが、ロープウェイがちょっと密室だなあと。で、やめて。遊覧船に乗りましたよ。

10_20200331082301 9_20200331082301

船からのすれすれの水も美しく、桜もきれい。船頭さんは面白いし。山の上にお城が見えます。

11_20200331082301

よく歩き、よく楽しみました。

そして、さらにここからちょっと行って、山賊へ。相変わらず鯉のぼりがにぎやかです。人はやはり少なくて、車もすぐに停められたし、食券を買う所にも人は並んでいませんし。

15_20200331082401

山賊では、裏山に点々と座敷があり、こたつで皆さん食事をしています。外だし、人とこれだけ離れていると、ウィルスも大丈夫そう。

13_20200331082301

ちょっ迷いましたが、私たちは、そこで食べないで、山賊弁当を夫のと私のとを買って帰りました。おはぎと草餅も。姉も同じく。


17_20200331082401

私は、草餅は、お澄ましに入れて沈み餅にして食べました。大変な量ですので、お弁当も平らげるのに二日がかりでした。

楽しく、おいしいひと時を過ごしました!!コロナのおかげで、のんびりと日曜日を過ごすことができています。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

宇野千代さんの生家に行きました。

昨日の日曜日。どこか空気のいいところに行きましょうと、姉と共に。まず、岩国の「宇野千代さんの生家」で薄墨桜が満開との情報で、そこに行くことにしました。宇野千代さん、私がまだ30代だったと思います。新聞に連載されていた「生きていく私」を読むのが楽しみで楽しみで待ちきれなかったものでした。

9_20200330083601

そこでは、「宇野千代展」が開かれています。

8_20200330083601

生家に行くのは、初めてですが、ナビですいすい行くことができました。

庭の薄墨桜は、もう散りはじめていましたが、もう少し残っています。風に乗って、はらはらはらはらといい感じです。

6_20200330082701

1_20200330082701 2_20200330082701

 おうちの中にいろいろな展示がありましたが、それらは撮影禁止です。庭だけ撮影O.K.です。しっとりと落ち着いたお庭です。千代さんが縁側に座ってお庭を眺めていらっしゃる写真があって、私もそこに座ってながめたかったのですが。なんか、成人式の前撮りとかの写真を撮る一団がいらっして、その方たちが縁側を独占していらっして、いくら待ってもあれこれされて動かれず。結局縁側に座ることはできませんでした。

4_20200330082701

庭の井戸のところで千代さんと記念写真です。私、千代さんの肩に手を置かせてもらいました。

3_20200330082701

 
縁側から中に入って家の中を見学するようになっていたのですが、その撮影の人たちがいて中に入れず、結局生家の方にお願いして玄関から入らせていただいて、見学しました。

家の中には、直筆の原稿や、たくさんの本や、千代さんが使われていた懐かしい感じのタンスや鏡台や、お召しになっていた桜の着物など、いろいろと展示してありました。

ゆっくり見学させていただいた後、これらを買いました。桜のハンカチと本です。本は、東郷青児さんとの恋愛を描いた「色ざんげ」で、とても色っぽい小説です。それと「宇野千代の箴言集」は、例えば「欠点は隠すものではない。利用するものである」とか、「私は死なないような気がするのです。ははは」とか。ホッとなごむことがたくさん書かれています。落ち込んだ時に見るために買いました。


7_20200330082801

実は、義母が存命中、母の日に宇野千代さんデザインの桜のハンドバッグや財布のセットとか、また違う年の母の日には、宇野千代さんのデザインのパジャマだとか、いろいろと買ってあげてとても喜ばれました。そんなのが生家にないかなあと思って行ったのですが、ハンカチとお香、線香などしかなくって残念でした。

ゆったりとした気分になって、次は、錦帯橋に向かいました。もう少し続きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

河井案里氏の選挙違反について

昨日の中国新聞を見て、ああっ!!と。鳥肌が立ちました。ついに。やっとやっとと。

1_20200329100301

1面トップだけでなく、2面にも29面にも。でかでかと。

2面です。

2_20200329100401

 私は、うぐいす嬢に法定の倍もの報酬を払ったということで、秘書が逮捕、起訴された、それも百日裁判で検察は河井案里氏が連座制の適用で失職することを目指したということを報道されても、まだもやもやしておりました。

 それは、私たちは、案里氏が自ら県議にお金をもって行ったということを知っていたからです。中国新聞では、私が知っている人だけでなく、多くの県議にお金を配って歩いたと報道されました。そっちの方がうんと悪質で。それは追及しないのかとがっかりしていたのです。

 河井氏が安倍首相の覚えめでたく、「官邸がいろいろとやってくれているから、もうすぐ止まるから」と言っているということまで報道されると、やはりそうなのかと。桜を見る会や、森友や、伊藤詩織氏のことまで、本当に官邸筋が多くの犯罪を抑え込んでいる、それだけでなく、東京高検のトップの定年延長のごり押しで醜い答弁をさらしているし。検察は今や総理の言いなりになり下がっていると思っていました。

 でも、どうもこれでは終わらないらしい。お金をもらった県議たちに検察が事情を聴いていると。それも、事情を聴かれた県議たちは、その携帯を押収されたと。河井夫妻の携帯を押収する時は、強く抵抗して大変だったと報道されました。でも、河井夫妻だけでなく、県議たちの携帯も押収というからには。と、大いに期待されます。記事を読みながらドキドキしました。

私が知っている方の所には30万円持ってきたということですが、なかには50万の人もいたらしい。30万円を50人に配ったとしても、1500万円。官邸から河井陣営には1億5千万円のお金が出た(それも税金でしょ)そうだから、小さいものですね。これだけ堂々と買収が行われていたということに、ほんとうに驚きます。なめてかかっていたのでしょうか。何しろ、俺のバックには安倍氏がついていると。

 今朝のサンデーモーニングでは、青木さんが、東京では、あの人が検察のトップだから、桜や〇〇氏のことなどはできないと。でも、どこかでね検察はやっているという姿を見せなければならないからという風にも思われると言っていました。

 今の検察のトップが、官邸の、東京高検の黒川氏の定年延長、次期のトップにともくろんでいることに怒ってやらせているとか、いろいろと言われているけれど、確実に、しっかり一歩一歩頑張ってほしいと思います。だって、ほんとうにいろいろな悪行が伝わっている夫妻ですもの。本当は、そんな違反だらけの選挙選を行ったその元手は官邸からの1億5千万円、それを出した人の責任まで問うてほしいと思うけれど、それは無理でしょうね。

 同時にそんな人たちに投票をしてきた地元の人たちの責任も問われているということも自覚しなければ、ですね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (1)

ある警察官だった人の電話

昨日書いた私の投書について、あの事件の被害者の方が伊藤伊織さんにお手紙を書いていらっしゃることを知りました。友人の藍野さんがその手紙のことをフェイスブックに載せて下さいました。

https://courrier.jp/news/archives/142306/

「拝啓 伊藤詩織様 差出人は25年前の最も有名なレイプ事件の被害者」

という手紙です。この手紙には、何故6人がその加害者の家に行ったかということが克明に書かれています。それは、とても自然で、私だってあの様な状況で、あの様な会話があればついていたであろうと思いました。

でも、あまりに怖い経験をした彼女たちに浴びせられたのは、ひどい誹謗中傷でした。それにより、彼女たちは二度も三度も殺されました。まさに魂の殺人でした。 

 その手紙と、伊藤詩織さんのお返事から、回りの様々な「安全な所にいる人」が被害者を誹謗中傷し、さらには「弁護士の資格のある人」が、何よりもひどい言葉を浴びせていることも知りました。伊藤詩織さんに対しては、「国会議員」の女性たちがひどい中傷をしたことは知っています。その人たちのひどい言動が、「日本では女性が女性の被害者を中傷する」と世界中で非難されました。はい、男性だけでなく、女性までもが、被害者を攻撃するのですね。

 でもね、そうでない、被害者を心から支えたい、応援したいと思っている女性たちも、そして実は男性だって、少なくはないということも世の中に知らせたいなあとも思います。

 先日の、私へのインタビューが掲載された中国新聞「オピニオン」を読んだからと多くの方から連絡を頂きました。その中に懐かしい、かつて警察官だった方からの電話もありました。

 私はその方の携帯の番号を登録したままにしていました。おそらくその方もそうだったのでしょう。だから、直に電話を下さったのだと思います。もう何年も前に定年退職をされた方です。

 事件があると、「先生~」と私の携帯に連絡がありました。夜中でも、お休みの日でも。電話があると、即クリニックに駆け付けて被害者の診察をしていました。その実直な警察官を私は心から信頼していました。それは、ある高校生が被害に遭ったというか、補導といったほうがいいかもしれません。世の中では「彼女が軽率だった」と非難されそうなことでした。でも、彼は彼女に被害者として真摯に向き合いました。そして、「この子のことは、学校には知られないようににしないといけない。学校に知られると、彼女は切られるかもしれん。」と。そのことがあって、私は彼を信用するようになりました。転勤で管轄が変わるとその管轄での事件があると、やはり連絡があるというのが、ずっとずっと彼の定年まで続きました。

 新聞の記事の最後の私の「「いけんじゃろう」というのを読んで、あそこで私は涙が出ましてのう」と言って下さいました。

 今、女性のレイプの事件があると、どうも、警察や検察では、「事件性があるか」「有罪にできるか」が優先して考えられているように思われます。「これは事件の被害者だ」と私たちが思っても、「抗拒不能」すなわち「どれだけ抵抗したか」「あらがうことができない状況にあったか」ということが有罪の条件だからです。中には、「被害届けも受けません」ということすらあります。被害に遭った人は、それによりさらに傷つけられます。「門前払い」をされた被害者が、納得できないと、改めてワンストップの弁護士さんと共に申し出ると、実はその加害者は、それまでとんでもなくたくさんの事件を犯していたということが分かったということもありました。

 真摯に被害者の話を聞いてくださるという、そういう姿勢を持った昔ながらの実直な刑事さんとのやり取りが懐かしく、電話を頂いてとてもうれしかったのです。

 実は、その刑事さんに、私はとんでもなくご迷惑をおかけしたことがありました。私の大失敗なのですが、それは、女性のレイプ事件ではないので少しずれますので、また改めてめてその件のことをお話しますね。

今日の平和公園の桜です。だいぶ咲きました。この頃、毎日少し遠回りをして、桜を見ながら出勤しています。今日は小雨ですが、まだ花が散るほどの雨ではありません。ちょうど私たちのお花見の火曜日が満開になりそうです。

5_20200328190901 6_20200328190901
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

古い投書から

もうずっと昔に亡くなった母が私の記事を切り抜きしていてくれてました。一冊は知っていたのですが、もう一冊。夫が、こんなのがあったと、父の古い本だなから見つけてくれました。

1_20200326102101

その中にこんな記事がありました。その昔、1993年ですから、27年前。イタリアに行った女子学生が、六人全員一人の男に強姦されたいう事件です。6人で男の家についていった所、日本刀や空手で脅されて、一人ずつ連れて行かれ、犯されたというものです。その事件が大きく報道されましたがその一つ、毎日新聞に記者の目という特集記事があり、それを読んだ私が怒って毎日新聞に投書したようです。それが採用されて紙面に出ていたのを母が切り抜いてくれていました。すっかり忘れていました。左側の切り抜きは、そのころNHKテレビで電話相談をしていた、その番組表でしょう。

2_20200326102101

当時私は45歳となっています。若いけれど、限られた字数でまっすぐに書いています。

転載しますね。

『なぜ被害者が責められるのか

 十八日の記者の目「ローマ・短大生レイプ事件」を読んで。
 
 レイプ事件は、これまでも常に、被害者である女性の側が、その落ち度を責められ続けてきた。レイプする男の問題でなく、された女の側の問題として。その面で、レイプは他の事件と異なっている。

 今回の不幸な事件も、この記者の視点は、そこから一歩も出ないものである。

 おそらく彼女たちは、ローマは治安の悪い所、個人行動は取らない、人に声をかけられてもついて行ってはいけないなど、十分に注意もされ、心がけていたと思う。

 この事件の異様さは、「一人の男が、六人の女性をレイプした」こと。六人一緒でも、レイプされうるというのは、彼女たちだけでなく我々にだって想像し難いことだ。

 彼は、空手と日本刀という武器を持った、あまりに凶悪な男であった。その彼をでなく、ただ被害者を責め、情け容赦なくムチ打つ論調に、彼女たちは、さらに傷つけられたことであろう。一刻も早い立ち直りを祈りたい。』

ああ、おんなじだ。あれから27年たっても、今だにこの国はちっとも変わらない。伊藤詩織さんに向けられた、ひどい誹謗中傷。それらを浴びながら、彼女はほんとうに歯を食いしばって訴え続けた。

もういい加減いいでしょう。変わらなければ。私たち大人が変わらなければ。性教育も刑法も変えて、被害者でなく加害者に責任を問う、そんな社会にしなければ。古い投書を読みながら、そんなことを考えました。
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

10代の少女たちの性の相手の男性

昨日のブログ・フェイスブックには、いろいろといいねやコメント、シェアをありがとうございました。友人や昔の患者さんたちから電話もかかってきました。あらためてマスメディアの力を知りました。

その記事の中で言っているデータを少しだけ出しますね。もうさんざん言ってきたことですし、私の講演を聞いてくださった方には、ご承知のことですが。私のクリニックを開業して10年のデータで10代の受診者4537人のデータです。少女たちの性交経験の有無です。10代ですので19歳までです。

102

私は、若者の性というと、少女のことばかり言われるのが嫌です。相手を見なければというのが私の持論です。重大の女性の性の相手の男性のデータです。

101

内、妊娠が1109。

103

では、妊娠の相手は?圧倒的に社会人なのですね。

104  

私の発言は、このようなデータに基づいています。社会に出ると、誰も教えてくれません。自力でAVなんぞを観ることしか学べません。でも、AVはセックスの仕方を学ぶものではありません。避妊や性感染症の予防は出てきません。

だからこそ、学生のうちに。それも義務教育のうちに知らせたいのです。学生時代にどれだけのものを学び、どんな意識をもって社会に出ていくか。それが勝負だと思っているのです。学生のうちは、ただ、セックスはしてはいけませんとだけ教えよ、という今の文科省の方針は、こんな社会人を作るだけだと思っているのです。(本当は社会人だけでなく、高校まで全く性を学ばなかったエリート大学生たちも)それを昨日は、きちんと記事にも書いて頂いたので、うれしかったです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

中国新聞「オピニオン」

私が出すのも少し恥ずかしい気がするけれど。とてもいい記事を書いてくださったので。写真は見ないことにして!!

書いてくださったのは、論説委員の佐田尾さん。先日、広島市女性団体連絡会議主催の2020男女共同参画セミナー『子どもたちに伝えたい性の話&「性被害ワンストップセンター」の役割』の講演を聞きに来てくださいました。話をしながら、えらく熱心にメモを取りながら聞いてくださっている紳士がいるなあと思っていました。話の後でその方から名刺を頂き、そして改めて取材をということでした。佐田尾さんは、広島市の男女参画委員でいらっしゃるそうです。

 とてもしっかり取材して下さり、いい記事を書いて頂きました。読んで下さればうれしいです。(それにしても、私、まあるいなあ。娘からは、かわいいじゃん、髪がちょっと残念だけどと言ってきました。)



Photo_20200325095601

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (2)

お花見の予測です。

私のクリニックでは、毎年お昼休みに平和公園でお花見をします。今年はいつにしようか、桜の開花が近づくにつれて、いつが一番いいか見極めます。暖かな陽が当たって、桜が満開の日を予測して、お弁当をお願いします。今年は30回目のお花見。これまで、外れてしまって雨が降りそうだったのは、一回だけです。昔は、父や娘も平和公園にきて一緒にお弁当を食べた時もありました。今はスタッフ8人でひっそりと食事をします。

 昔は、朝いちばんに敷物を持って行って、事務職の人が座って席取りをしていました。今では、それほどでもなく、その時に敷物を持っていっても、一応花の下に座ることができます。

今年は、東京ではお花見は歩いて観るだけにして、みたいになことを都知事が言っていましたが。広島ではそんなことは聞きません。

 今朝の出勤途中の平和公園の桜です。

4_20200324142701

ほんの少しだけ一分咲きという所でしょうか。

これが、一気にわあっと咲いて、みるみるうちに満開になります。今日、お弁当やさんに電話をして、お願いしました。予測は、来週の火曜日です。さて、どうなるでしょう。今年も「大当たり」になるでしようか。満開をちょっと過ぎて、はらはらと花ビラがお弁当に入ってくるような、そうなればいいなあ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」実行委員会でした。

昨日は、今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の実行委員会でした。今年は被爆75周年。あちらこちらから集まって来ますので、新型コロナの心配もあって、さて、どうしようと話もしましたが、この会は10数名の集まりでもあり、今後のスケジュールもあって、決行としました。

集まった12人。会場は事前に換気し、テーブル、椅子は次亜塩素酸スプレーで消毒して開催です。

861

今年の講演をお願いしている方たちの反応もとてもよく、メニューはスムーズに決まりました。75周年にふさわしく。あとはフライヤーのデザインについての論議をしました。和気あいあいと楽しく。

 これから予定通りのスケジュールで運びますが、さて。オリンピックも開催されるか否か不明な今、8月6日がどんな状況になるのか、心配ではあります。YMCAのホールは地下で、窓はなく。換気扇を精一杯回しながらの開催となるのでしょう。ただ、準備だけは怠りなくしておこうということです。

 会議は淡々と終わりました。場所を移して、お花見のお弁当を食べました。川沿いで桜を観ながらのつもりでしたが、雨が時々降って寒いし、桜はまだ全然咲いていなくて。室内でのお花見です。

862

千鳥のお花見弁当です。

863

この方が、話が近くて楽しく過ごせました。話題はやはり今の安倍政権。関西の自殺された財務省職員の遺書の公開でどうなるか。本当に嘘だらけの今の政権を早く何とかしなければ、この日本がどんどん貧しい国になってしまいます。

河井夫妻については、検察はやる気だけど、さて、秘書の逮捕起訴だけでなく、河合夫妻、さらにその上に行けるだろうか。そんな話を目いっぱいしました。

 ところで、その会のまどから外を見てると、とても不思議な光景がありました。こんな駐車場、どうやって車を出すのでしょうと。真ん中あたりには、パトカーもいるし。うーん。フェリーのように前から順々に出していくのでしょうが。

864

想いが通じ合う楽しい仲間たちとの久しぶりの会でした。そのうち皆様に今年の8.6ヒロシマ平和の夕べについて、お話しますね。

ところで、そのコロナですが。思いがけない所での発生があって。大分の医療センター、私の兄が治療を受けている所です。25日にもオプジーボの点滴をするのですが、先生からとりあえず一週間延期をと連絡がきたと。もしも兄に感染すると、これはほんとうに命取りになるでしょう。医療従事者の感染は、たちまち様々な病の方たちに影響を与えてしまいます。気を付けなければ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ウッドワン美術館でのお楽しみ

ウッドワン美術館はめがひらスキー場と隣り合っています。というか、同じ経営ですね。で、そこのレストランに行きました。スキー客用に作ってあるのでしょう、とても大きなレストランですが、スキーシーズンも終わり、人が入っているのかと心配でした。が、そこそこ客もいて、安心しました。私は、吉和牛のステーキ定食を頂きました。姉はステーキ丼。ミネストローネのスープとお味噌汁は好きなだけ。

7_20200321001701

ステーキがとてもおいしいのですが、多すぎて三切れほどもって帰りました。これで1500円です。レストランからの眺めです。

4_20200321001801

すべての展示を見て回った後で、今度は「カフェマイセン」に行きました。マイセンの食器がたっくさん展示してありました。眺めて回るだけでも、すごいひと時でした。写真もO.K.と。

12_20200321001901 13_20200321001901 14_20200321001901 15_20200321001901

頂いたのは、これ。この日からはじまったという「春のきらきらスィーツセット」。素敵な器でアールグレイの紅茶のシフォンケーキやイチゴの練乳アイスやきらきらゼリーのミニポンチなど。かーわいく、おいしく。

11_20200321001801

こんなお楽しみがウッドワン美術館にはあるのですね。

そして、売店でこんなものを買いました。

19_20200321002001

上村松園の一筆箋や猫のばんそうこうや、手ぬぐいや、ハンカチ等。そしてnancyさんのお弁当の缶バッジは、「ジョンレモン」「麗子」「まつこデラックス」など。

とてもいいひと時を過ごした後、帰りは廿日市に出て、途中「スパ羅漢」へ。

22_20200321002001 21_20200321002001

ここでは、こんな物を買いました。ミカンは袋詰め放題で350円。一杯詰めたつもりが、もっと入る、もう一個もって来んさんと言われて、計8個。フキノトウがうれしいし。吉和のワサビも。家のがすっかりくたびれているので、ヒノキのまな板も買いました。いい香りです。

20_20200321002001


この後、このいいお天気で少しは咲いたかもしれんと、神原の枝垂れ桜を観に行きましたが、まださっぱりでした。こうして、半日ですが、姉といい休日をすごすことができました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ウッドワン美術館へ。

昨日は、姉を誘って吉和に行きました。はい、「ウッドワン美術館」です。もう、広島の人にはすっかりおなじみのnancyさんの。

6_20200321001701

観るためです。広島から西風新都から高速に乗って中国道経由で一時間でつきましたよ。まだあちこちに雪が残り、でも、梅と桜も咲いていました。ものすごくいいお天気。車には冷房が必要でした。

2_20200321001601 1_20200321001501 8_20200321001601

ウッドワン美術館は二度目です。ずっと以前、仏像と上村松園のたくさんの絵を観た覚えがあります。ここでnancyさんが個展をするなんて!!

で、結果、ほんとうに行ってよかったと心から思えました。皆さん、ぜひ行ったほうがいいとおすすめしますよ。だって。nancyさんのお弁当展はまた改めて見ると、とても楽しくて、素敵。でも、その上に。今はシャガール展でたくさんのシャガールの絵、マイセン展でたくさんのマイセンの磁器、お人形等と、ガレのランプ、それに上村松園の絵等も信じられないほど見られるのです。まったく、ここ、ウッドワン美術館のコレクションはすごいです。

では。入口。

10_20200321001601 9_20200321001601 3_20200321001601

当然ですが、シャガールやマイセンやガレ、上村松園等、写真撮影は禁止です。でも、nancyさんのは大丈夫。

17_20200321001901 18_20200321002001

一つ一つの解説も楽しくて。階段を上がれない人のために、アルバムがおいてありました。そのページ、私の好きな「アインシュタイン寿司弁当」「高橋真琴のお姫様」それに、怖ーい「能面弁当」と、あれれ?本の表紙と同じ弁当と面白いのが載っているページを開いてパチリ。

16_20200321001901

改めて、nancyさん、すごいなあ。まだまだお楽しみがありましたので、また明日ご報告しますね。ぜひこの連休にお時間がある方は行ってみてくださいませ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

高齢者の免許更新しました。

昨日は、運転免許の更新に行きました。更新する前に「高齢者講習」を受けました。

何をするのだろうと、少し緊張して行って。行って即、アッ、しまった!!と思ったのが。マスクを忘れました。入口にマスクをしてくださいとの看板が立っています。売店に行ったって、売ってないし。来ている人、皆さんマスクをしています。考えて。バックに少しおきいハンカチがあります。売店で、輪ゴム売ってませんか?ハンカチでマスクを作りますというと、売るのではなく、太目の輪ゴムを4本下さいました。それでマスクを作り(ネットで作り方を見て覚えていました)ピンクのマスクで参加です。

高齢者講習、楽しかったです。何より、私、日ごろ若い人たちばかりと診療や性教育やワンストップ等をしているので。でも、昨日のような人ばかりとご一緒すると、いやでも自分が年寄りなのだと思い知らされて。受講者は13人。それに何人もの方がお世話をしてくださいます。座学も、目の検査も、実習もたくさんの先生たち、多分、警察官だった方たちでしょう、とても親切に対応して下さいましたよ。目の検査なんて、説明がわからない人がいるし。そんな人には、丁寧に丁寧に繰り返し教えて下さいます。いったん提出した免許証を返してもらったのに、「私は返してもらっていない」と主張する人もいました。先生は、いえ、返しましたよ。みんな返してもらいましたよね。みんなに返して、あなただけ返さないということはあり得ないと言われます。私、そこの机の上でハンドバッグの中を全部出して探してごらんなさいと言いました。そしたら、アッ!ありました、すみませんでしたと。みんな大笑いしました。

運転適性検査(目の検査)は、視力と動体視力と視野と夜間視力の検査です。どれもゲーム感覚で、楽しくできます。心配だった夜間視力も私は極めて優秀と。動体視力、若い人より少し下がっていてちょっと残念。特に右折の時等に気を付けないと。元カープの選手なんて、すごく優秀だったそうです。視野も問題なしでした。

運転は、二人か三人ずつ一人の先生について、運転します。広いコースを一人約20分。結構な距離です。免許センターにこんなコースがあるとは知りませんでした。トラックの試験を受けている人もいて。「試験中」という札をつけて走っています。そんな時には、先生が「あの人は試験中で生活が懸かっているのだから、邪魔をしないように」と優しいことを言われました。私たちの車には「講習中」という札がついています。それと、高齢者マーク。

1_20200320091501

私は、日ごろの車とウィンカーとワイパーが左右反対なので気を付けました。それと、車庫入れが一度でできず、切り返しをしなければならなくって残念。でも、あとでの先生の注意は、よく運転できていますと。ただ、左折の時にしっかり左に寄って下さいと。少し右に出るくせがあるそうで。確かに。左の縁石に乗り上げたらと思って右に振って左に曲がる癖がありましたね。もう一つ、カーブの時に車線をはみ出すことがありますので気を付けてと。でも、全体としては、よく運転できていますと言って下さいました。

結構疲れましたが、とにかく終わって、これを頂きました。

3_20200320100301

この後、一気に免許証の更新もしました。私は、ずっとゴールドだったのに、あるクリニックに患者さんをお連れする時に、路上に駐車して駐車違反をしたのでこれでゴールドでなくなりました。残念。次は75歳になるので、今度は認知症の検査も入るのですね。それでもまだ運転するかどうかわからないですが。

皆様お世話になりました。45年前に免許を取った時の先生は怖かった印象がありますが、今回はとてもやさしく穏やかで親切な先生たちばかりで助かりました。お年寄りには親切にしましょう!と改めて思いましたよ。(私も年寄りなのに?)

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

お寿司やさんもガラガラでした・・。

一昨日の夜、会議があって、終わると家で待機している夫に連絡をすることにしていました。で、遅くなって、9時半になってしまいました。近くのお寿司屋さんに行きましょうということにしていたのですが。行くと、ラストオーダー9時半で、ダメでした。で、次のお寿司屋さんはそこは24時までとなっていました。久しぶりの「回らない寿司」です。入ると、広いカウンターですが、どなたもいません。出てこられたお兄さんに「大丈夫ですか?今からでも食べさせていただけますか?」と聞くと、ハイッ大丈夫です。どうぞ!と勢いよく言って下さいました。

本当に客がいません。いつもなら満席で入れないこともあるお店です。遅くまでしているので、お酒を飲んだ後に来る方もあります。これは、と。改めてコロナの影響を痛感しました。このお店は、平和公園も近いことがあって、外国からの方が約4割だと。英語のメニューも詳しく丁寧なのがあります。でも今は、原爆資料館も全部閉じていて、さっぱり観光客がいなくなって、お店に来られる人がいなくなってしまったと。それでも、本部からの指示では、早じまいはしてはいけないのだと、ぼやかれました。

Photo_20200319102501

先日のお好み焼きの長田屋さんでも感じましたが、ほんとうに外食産業は大変です。私たちだけでも来て上げてよかったと思いました。結局、来た時から帰る時までずっと他のお客さんは来られないままでした。お気の毒でした。あの後、12時までどなたか来られたでしょうか?

そごうの10階のレストラン街も午後7時までだし、メルパルクの二階のレストランもお昼ランチまでで夜はしないと。そんな時だから、応援するためにもせっせと外食しましょうと夫と話したことです。

今日は、私は運転免許の更新です。はい、「高齢者講習」を受けなければなりません。私の母校の宇品の「中国自動車学校」で講習を受けようと思っていたのですが、ぬかりました。そろそろ誕生日までひと月になるので、講習を受けましょうかと予約の電話をしたら、とんでもないことでした。五月まで予約が一杯で、それでは間に合わないと。慌てて、他を探しました。そしたら、それこそ奇跡的に今日のみO.K.の所があって。今日を逃すと、もう明日も明後日も、ずっと一杯なのだそうでした。今日は、明日と連休なので、コロナでお休みになっている東京の孫と一緒に過ごしたいと思っていたのですが。免許が今日しかダメなので残念、東京行きは断念しました。

高齢者講習って何をするのか初めてなのでちょっと心配ですが、まあ、行ってきます。まだ免許のない生活は考えられないのです。実習もあるそうで、頑張って来ましょう。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

新型コロナの検査について再度

県医師会からFAXが来ました。新型コロナの検査に保険が適応されるようになったけれど、自由に検査ができるわけではありませんと。そして、この図。

 要するに、肺炎を疑う方が患者として来られたら、私たちが検査をすることを決められるわけではありません。私たちは、まず保健所等の相談窓口に連絡をします。相談窓口が必要と認めれば、「帰国者・接触者外来のある医療機関」に患者さんを紹介すると。そこでさらに検査が必要とされれば、そこからまた保健所に連絡が行き、そこから県保健環境センターか市衛生研究所で検査。そして陽性であれば、指定医療機関に入院となります。すなわち、検査に至るまでに五段階を踏まなければなりません。

1_20200318081601

そもそも、患者さんが医療機関にかかる前に「37.5度C以上の発熱が4日以上続く」こととされていて、それが私にはいまださっぱりわからないのです。なぜ4日なのか。その根拠は?インフルエンザのように、あんまり早いと、検査で陰性か出るからというのでもなさそうです。「振るい落とすため?」なのでしょうか。

上の図は、FAXできたものなのでわかりにくいのですが。中国新聞デジタルがきれいにまとめて下さっていたので、それをお借りします。

2_20200318081601

WHOは、3月17日のAFPによると、とにかく検査をするようにと各国に警告を発したと報道されています。

「世界保健機関(WHO)は16日、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の疑いのある患者全員を検査するように各国に呼び掛けた。WHOはまた、中国を除く世界の感染者数と死者数は中国を上回ったと明らかにした。」

私の不満はまだまだたくさんあります。中国と韓国から日本に来た人は、二週間の隔離と決めても、なぜヨーロッパの他の国からはフリーなのでしょう。サッカー協会の会長の感染が報道されていますが、彼は、帰国後も自由に会議に出たりしてしていたと。ある右翼の大物Mさんが総理に会って、中国と韓国をいつまで野放しにしておくのかと言って、即総理がそれを決めたという報道を信じたくなります。

韓国の康京和外相がBBC番組に出演し、大規模な検査が韓国の死亡率を低く抑えられている鍵だと述べました。

1_20200318081501 2_20200318081501 3_20200318081501 4_20200318081501 5_20200318081601

以下、続きます。

「中国当局が1月中旬にウィルスの遺伝子配列を公表してすぐに私たちは検査を承認しました。我が国の保健当局はすばやく研究機関と協議し、その結果を製薬会社と共有し、製薬会社が試薬を調整しました。検査に準備が必要でしたので。現時点で25万人ちかくを検査し・・・今日の時点で26万8000人分です。政府として大事なのはパニックを防ぐことです。政府はこれに冷静に対応して証拠と科学に基づき行動しなければなりません。WHOのパンデミック宣言でウイルスの拡大が不安や嫌悪の拡大に変わる危険があります。外国では韓国人だけでなくアジア人に対して暴言や身体的暴力さえ起きているとたくさん報告を受けています。各国政府にはこうした事件を止める責任があります。こうした行為は協調の精神を妨げますし、ウィルスの問題を世界全体で一緒に乗り越えるには協調の精神が欠かせないからです。」

いまだに検査を受けるまでに高いハードルがある日本の現状を見ると、ため息でしかありません。

 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (1)

金柑を煮ました。

昨日は、性教協の幹事会でした。久しぶりに会った皆さんと積もる話をしました。あ、もちろん例会のこと、全国大会のこと、決算、予算案等の話もしましたよ。やはり気の合う人達との話は楽しく充実していました。性教育もバッシング以来、長い冬の時代が続いていますが、少しずつ雪解けのような気配も確実に感じることができます。

 夏の鹿児島での全国大会では、私は性暴力についての分科会をします。「性暴力の被害者支援~医療とワンストップセンターでの取り組み~」というタイトルです。頑張らなければ。

その後で、みんなでメルパルクに行って食事をしながらおしゃべりをしました。ほんとうにこのコロナはどうなるのかがやはり一番の関心事です。例会を決めてもできるかどうか。それに全国大会だって、オリンピックが危ないのだったら、私たちの全国大会もオリンピックの真っ盛りの予定なので、危なっかしいことだし。やはりみんなも同じような思いを持っていて、今のような政府の時組や指示だと、なかなか終焉しないのではないかと・・・。

お一人の友人から金柑をたくさんいただきました。この前には、他の方から甘露煮を作ったのを頂いて、ペロリと食べていしまいました。

1_20200316010301

生で食べてみると、甘くってとてもおいしい金柑です。無農薬だって。お茶碗一杯ほど生で食べるために残して、残りを甘露煮にしました。

縦にぐるりと切れ目を入れて。さとうと蜂蜜と、仕上がりに少し醤油を入れてコクを出しました。シロップにお湯を入れて飲むのがとっても好きなので、シロップを大目につくりました。明日の朝冷えてから保存します。でも、たぶんアッという間に食べてしまうでしょう。

2_20200316010301

いろいろ頂き物をありがたいことです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

新型コロナ。姉の家族と食事会。

とうとうカープは開幕戦からの三試合のチケットがダメになって。4月5日のパーティールームもせっかく当たったのにダメになりました。すべての研修会も講演もダメで。明日の私たち性教協の例会も中止、幹事会だけになりました。そして、二週間だけだったはずのYMCAの休館も4月6日まで延長でお休みと。だから、私たちの韓国語の教室もお休みです。もう、本ッとにひどい状況です。

 クリニックに十分ストックがあると思ってたマスクがそろそろ危なくなってきて、私は昨日から洗うことにしました。ネットで洗い方をいくつか見て私流にしてみると、とってもきれいで新品同様になって一安心。しかし、本当に新型コロナのせいとは思えないことも、いっぱいあって。どう考えても、後手後手の政治の責任としか思えません。

 今日、クリニックに「インフルエンザが疑われる時には、インフルの検査をしないように」という通達が来ました。臨床症状から診断をつけて、投薬をするようにと。高い熱が出ている時、原因はインフルだけとは限りません。腎盂炎かもしれないし、ヘルペスの感染の初期かもしれないし。ウイルスではなく細菌感染かもしれないし。血液を採ったり、尿の検査が必要なこともあります。大体、発熱しても4日間は様子を見るようにというのがとても抵抗があります。だって、インフルの薬は発熱から48時間以内に飲まないと効かないとされているのに。特に私の所は産婦人科なので、妊婦の発熱は診断を早くきちんとつけて対処したいです。

スタッフの一人が言いました。それなら、発熱している人のコロナの検査をサッサとしてくれればいいのにと。医師会を通して次々と来る通達でも、何とかコロナのPCRをさせないように、させないようにしているとしか思えないですね。サッサと検査をして、陽性だったら、軽症でも隔離(自宅も含めて)して家族も含めて感染させないようにというのが、医療の原則だと、その思いは消えません。

さて、今日の夜は、姉の一家の食事会に参加させてもらいました。姉の孫、甥の末っ子が大学の第一希望に受かったそのお祝いです。みんな笑顔笑顔。受かった時、家族ラインでみんなに知らせると、三人姉弟の一番上の姉は涙が止まらなかったと。ほんとうにみんな仲のいい家族です。

2_20200314225301

中町の「菜づけ百屋」で、飲み放題のコース。どれもとても美味でした~。お料理の一部だけアップしますね。

3_20200314225301 5_20200314225401 8_20200314225401 9_20200314225401 10_20200314225401

〆は、イカ墨のソーメン。

お祝いは、Loftで写真を撮ってはラインで娘にアドバイスしてもらいながら選んだ、ノースフェイスのリュックプラスお小遣い。娘に教えてもらわなければ、私ノースフェイスなんて知らなかったです。さすがに若い人たちはみんな知っていました。おいしく楽しいひと時で感謝です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

昨日の二つの性暴力の判決について

昨日は、感動の日でした。午前中は、私の想いをしっかり聞いてくださることがありました。久しぶりでうれしく思いました。そうこうするうちに、待ち遠しかった朗報が二つ来ました。

 一つは、もうたくさん報道されていますが、名古屋高裁の判決。もう一つは、東京地裁の判決。どちらも、性暴力の加害者の有罪の判決です。

名古屋高裁の判決は、父親が実の娘に中2から19才まで、ずっと性暴力を続けていたこと。これは、昨年、名古屋地裁岡崎支部であろうことか、父親に無罪の判決が下されていました。抗拒不能ではなかったと。要するに、逃げようと思えば逃げられたことと。これには、日本中の女性たちが怒りました。それが、高裁では、懲役10年の実刑判決でした。

沢山の報道がありますが、毎日新聞の記事のご案内を。

https://mainichi.jp/articles/20200312/k00/00m/040/129000c

そして、この判決を受けての被害者の手記が出ました。全文はここにあります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200312/k10012328321000.html

一部、転載します。

次第に私の感情もなくなって、まるで人形のようでした。

被害を受けるたび、私は決まって泣きました。

「私にはまだ泣ける感情が残っている」ということ、それだけが唯一の救いでした。

私が一人っ子だったら、何も迷わずにもっと早くに訴えられていたかもしれません。

やっぱり大切な弟たちのことが心配だったのです。

そんな弟たちと離れなくてはいけなくなること、生活が大変になるかもしれないこと、ただそれだけを考えると、嫌でも仕方なくてじっと我慢するしかできませんでした。

今も弟たちに会いたい。

話したい。

その気持ちでいっぱいです。

今も会えないのは苦しいです。

2.二度と会いたくないのは、父親です。

あの人が私の人生をぶち壊したんです。

返してください。

私のこの無意味に空費した時間を!気に病んだ時間を!全部返してください。

やってみたかったこと、本当はいっぱいありました。

でも全部諦めました。

今、すべてのことを振り返ってみると、ひたすら悔しい気持ちです。

父との毎日は非常識であり、ただただ気持ち悪かったです。

どうしたらあんなことができるのか、わかりません。

私たちはただ普通に暮らしたいのです。

暴力も暴行も、無慈悲な言動のない普通の生活がしたいんです。

もう二度とこんな思いはしたくありません。

これから私は無駄にしてしまった時間を精一杯埋めていきたいので、邪魔しないでもらいたいです。

私は父を許すことは絶対にできません。

不安と苛立ちに押しつぶされそうな苦しい毎日でした。

そして今も同じです。

私や弟たちの前に二度と姿を現さないでほしいです。

こんな思いをさせ続けた加害者が、なぜ一審では無罪になるのでしょう。高裁の判決では、一審の判決を「抵抗できない状態について、要件を正当に解釈しなかった結果、誤った結論になっている」と厳しく指弾しています。

懲役10年。これで被害者の心がすぐに癒されるとは思いませんが、どうぞ、これからの人生を少しでも心安らかに過ごしていただきたいと思います。伊藤詩織さんに続いての彼女、いえ、すべての性暴力の被害者の闘いに敬意を表し、感謝したいと思います。

 もう一つの東京地裁の判決。これは、「リアルナンパアカデミー」という、ナンパの方法を教えるという塾の塾長に対しての判決でした。これは、産経新聞の記事を。

https://www.sankei.com/affairs/news/200312/afr2003120020-n1.html

ナンパの方法を教えるとして、女性に強いお酒を飲ませ意識消失の状態にし、自ら性交をし塾生にも順番に犯させ、それを動画に撮るという、卑劣な犯行を繰り返していたものです。今回、懲役13年の判決と共に、動画が記録されているパソコンとハードディスクの没収も命じられています。

まったく、今、こんなとんでもないことが行われている、日本って、こんな社会であるということを改めて痛感します。同時に、このような卑劣な犯行の多くが、被害者の泣き寝入りで終わっているという事実もあります。今年の性暴力に対しての刑法の見直しがちゃんと行われますように。

フラワーデモに参加できなかったけれど、代わりにすべての被害者の方々に敬意を表して、クリニックのお花です。


2_20200313081701

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

東日本大震災9年目。

昨日は、3.11の東日本大震災9年目でした。今もなお避難者は5万人弱。2500名もの方が行方不明と。お身内や親しい方を亡くされた方の心は今なお癒えないままでいらっしゃることでしょう。ご冥福を祈ります。

当時、内陸部にいた中学生の彼は、何度もの手術、つらい闘病を乗り越えて大学も卒業。いまや社会人です。一生甲状腺ホルモンを飲まないといけません。が、元気で働いていることが何よりです。

私にできることはとても小さいことなのですが・・。

311_20200312081801

昨日の平和公園です。私は、平和公園の、それも慰霊碑のそばに、まるで中に収められている亡くなった被爆者の名簿を見下ろすかのように日の丸が掲げられているのはとても抵抗があります。昨日は、それが半旗になっていました。

 川沿いで行われる予定だった鎮魂のイベントも中止となり、観光客もほとんどいない公園です。こんな平和公園、見たことがありません。私も時々利用していた、主にバス旅行を運営していた広島市の旅行会社が倒産したとの報道も見ました。

甲子園の選抜は中止だと。初めての出場予定だった、私の両親の墓がある島根県出雲市の平田高校の皆さんもさぞつらいことでしょう。

それに。私は開幕戦からの20日、21日、26日のカープのチケットが無駄になりました。それに、4月のパーティールームも。せっかく当たったのに、どうなることか。

今日は、久々に朝から忙しくなる木曜の休診日です。いまから出かけます。

自然災害と原発による人工災害との両方の大変な災害に、コロナが加わった(ウィルスという見えない敵と言われているようですが、私は少なくとも、日本政府による人災も加わっていると思っています。)東日本大震災の9年目でした。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教育を商売にする??⑤

先日、中国放送、RCCのドキュメント「原爆が遺した子ら~胎内被爆小頭児をささえて~」について、2020年2月1日から5回にわたって書きました。1回目はここにあります。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-7f181f.html

この中にも書きましたが、山代巴編の「この世界の片隅で」の中で原爆小頭児を書いたのが、RCCの秋信記者です。その彼が小頭症の子どもや家族を支え続けたことを今回の番組で詳しくルポされていました。

元の記事が書かれたのが、この本です。アニメにもなったり、映画化もされて、もう誰もがご存じの漫画「この世界の片隅に」。

1_20200201081701
そのタイトルの、中身が全然異なる「この世界の片隅で」との近似については、もう広島ではさんざん語られています。でも、表だってはなかなか語られていません。

それに「この世界の片隅に」の作者は、その前に「夕凪の街 桜の国」を出版し、これもNHKがドラマ化して知られています。「この夕凪の街 桜の国」のタイトルは、大田洋子の「夕凪の街と人と」と「桜の国」の二つの小説のタイトルをくっつけたものです。

25_20200311080401 26_20200311080401

これについても、広島では様々、ひそひそと語られています。これだけ堂々とおんなじタイトルをつけて、元の本の著者はなにもも言わないのかしらとの疑問はずっと持っていました。

実は、広島大学の川口隆行先生が、「原爆文学という問題領域」という著書で「夕凪の街 桜の国」を論じていらっしゃるということを知り、これを読みたくて探しました。先日、やっと中古を見つけて注文したましたが、まだ届きません。中古ですが、ものすごく高価でためらいましたが、思い切って。

というのも、実は、先日、ある議員の方が訪ねてこられました。今、この「夕凪の街 桜の国」について調べていると。以前これについて私がブログに書いたことがあるので、それについて聞きたいと。ああ、やっとこの問題が動くのかと期待しました。それにつき、いささかでも協力できるかと思っています。著者がなんにも言われないのかと思っていたのは間違いでした。著者はすでに亡くなっていても、遺族がいらっしゃいました。

27_20200311084501

これだけ堂々と、人の作品をもじったタイトルを付けられるというのは、版権、著作権について、なんにも感じていないからなのか、それとも、あとから出す自分の方が、うんと大きいので、何にも言えないだろうとたかをくくっていることなのかとか。

今回の性教育の本の明らかな盗作は、やはり黙っていてはいけないと思っています。さて、どうするか、弁護士さんと相談します。またお知らせしますね。長々と読んでくださってありがとうございました。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教育を商売にする??④

私には、今も苦い思いが続いている経験があります。私の初めての著書、「さらば、悲しみの性」を出版したのは、1985年です。これは、実は評判を呼び、重版に重版が続きました。

ところが、まだ売れ続けている1998年、その出版社から電話がありました。ある方の出版を予定していると。その方が、本の名前を「さらば、哀しみのドラッグ」としたいと言われていると。その方は私の本が気に入っていて、その名前が欲しいと。ただ、悲しみを哀しみとするからと。驚きましたが、ちょっと考えさせてほしいとお答えしました。

そして、考えました。この本の名前は、私にとっては大切な名前なのです。それを出版する前に、他の出版社からも、本を出しませんかというお話があり、営業の方とお会いしました。ものすごい大手の会社です。その担当の方は、「制服を脱いだ少女たち」というタイトルを考えたといわれました。それは勘弁と思いました。なんかいやらしくて。そして、高文研から出そうとなって、そして本文も全部出来上がって、その後でタイトルを考えるとなった時。それは考えました。本文の中にある「悲しみの性だったのでしょう」という一文を使いたいと。で、出版社は「さようなら、悲しみの性」としてはどうかと言われました。うーん、まだちょっと待ってと、考えて考えて、さようならではなく、「さらば」にしようと。「さらば、悲しみの性」に決めようと。その方が毅然としたイメージだと。そうしてこの本ができました。

3_20200310081601

私にとって、大切な大切な本です。初めに出産のシーンの写真が収録されています。写真家の英伸三先生が泊まり込んで撮影して下さいました。若いころの私が懸命に患者さんに向き合っている姿が今読んでも、ほほえましいのです。

その本のタイトルが・・。とてもとてもいやだったのですが、出版社は押せ押せでした。

考えた末に、私は、しぶしぶですが、了承しました。それでも、できた「さらば哀しみのドラッグ」にタイトルについて、著者から一言でも、何か私にメッセージが載っているだろうか、後書きにでもそれが書いてあれば許そうと思っていたのですが、なんにもありませんでした。で、私は、出版社に言いました。「さらば、悲しみの性」は絶版にします。もう、重版はしないで下さいと。

その後、これは全面的に書き直しをして、「新版さらば、悲しみの性」として、集英社から文庫にして出版しました。それは今もぼつぼつ重版を重ねています。ありがたいことです。

Photo_20200310081601

ある時、ネットで、私が「さらば哀しみのドラッグ」のタイトルをパクッていると賑やかになったことがあります。あーあ、それは反対だよと苦笑いしながら、でも、黙っていました。そしたら、その中で、「さらば悲しみの性」は1985年に出されているぞ、と。だったら、これはパクリではないのかと、騒ぎは収まっていきました。

その後、その方は「さらば、哀しみの青春」という本やそのほかにも、次々と出版されて活躍されています。講演料も、ものすごく高額だと聞きました。それだけの力がおありなのだから、タイトルをオリジナルに考えられたらよかったのにと思いましたが。私は、その苦い思いがあるので、どれだけ活躍されても、その方を尊敬はしません。

そして。私のことではありませんが。先日も書いた原爆小頭症のルポが詳細に書かれた「この世界の片隅で」の壮大なパクリがあります。これについて、一度書いているのですが、もう一度、明日書きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教育を商売にする??③

本来なら、性教育って、学校でちゃんと取り組むべきもの。それは、保護者も共に学ぶことで、家庭と学校と両輪で子どもを育てること。でも、2003年からのバッシング以来、学校現場でほとんど取り組まれなくなってしまって、こんな商売が入り込む隙ができてしまい、こんなことがまかり通ることになってしまったと思うのです。いえ、のじまなみさんがしていることが、本当に子どものためになっているのでしたら、それでもいいのかもしれません。道義的な疑問は残りますが。

性教育というのは、これまでも何度も言ってきましたが、人権教育と一体のものです。こんな人のものをパクッた本を堂々と出すような人が人権に取り組んでいるとはとても思えないのです。

私、このことについて、先日の牡蠣の食事会の時、相談してみたのですね。異業種の人たちの集まりでしたが、そのお一人が「今、版権については、とても厳しくなっている」と。その人の弟子が、人の版権をおかすようなことをして、結局警察に逮捕されたと。これは、決してだまっていてはいけない。刑事事件として警察に相談をしなさいと強く勧められました。何もしないのはいけない、刑事事件にしないのであれば、弁護士さんに相談をして、警告をしてもらうようにとも。

自分のものを取られて、それを事件にするには、とてもハードルが高いという人もいます。でも、今はそうではないのだと。オリンピックのロゴマークだって、丸ごとの真似ではなくっても、似ているというだけであれだけの騒ぎになって、そして結局取り消されたでしょうと。音楽の演奏権だって、とっても厳しくなっていると。

 その場に、デザイナーの方がいました。人のものを参考にすることはあるけれど、同じようなものを描くと、それはもうデザイナーとしてお終いなのだと。絶対にそれはしてはならないことと。

人がしてきたことを著書などで学ぶのは、当然でしょう。私は、自分のNHK出版の「SEX&our BODY」裏に、参考図書として、こんな一覧を載せています。これは、礼儀でもあります。このような方々と、著書のおかげで私はこの本を記すことが出来ましたという感謝を込めて。それらで学んで、自分の中で消化して、そして自分自身のものとして表現するのです。

20_20200308221401 21_20200308221401

人の著書を参考にするどころか、そっくりそのままあたかも自分のオリジナルかのように載せるという、本当にしてはならないことを彼女はしています。そして、これまでオリジナルの本にあるように、さんざん私たちがしてきたことをあたかも彼女のオリジナルのようにもてはやすマスコミ。

そして、こうだそうです。私だったら、後ろめたくて、恥ずかしくて、とてもこうはできないと思います。

5_20200307013601  

これについて、もう一度続けますね。それにしても、「乳首をひねってダイエットになるのなら、私、いくらでもひねるけどなあ」とつぶやいだら、そばにいた夫がふき出しましたよ。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (2)

性教育を商売にする??②

昨日の続きです。似ている!という絵は、まだ他にもこんなのも出てきました。

6_20200307013601

左は、やはり性教協のベテランの先生たちが作ったこの本の中の図。

7_20200307013601

似た絵と文章だらけの「赤ちゃんはどこからくるの?」の著者は、のじまなみさん。ああ、そうか、とここで気づきました。今、マスコミで大変受けている「パンツの教室」の代表ですね。本には「性教育アドバイザー」となっています。

私が、水野先生に私の本と帯のことをお知らせすると、「商売として」という言葉があって、またまたうん?でした。商売というのは、私は本を売ること、テレビに出ること、講演の依頼がたくさん来ること、そんな風に考えていたのですが。そんな甘いものではありませんでした。

そのパンツの教室は「日本親勉アカデミー協会」の一つの協会であるということがわかりました。「日本親勉アカデミー協会」について、ちょうど週刊文春の2月27日号に能町みね子さんが書かれていました。親勉の講座を受けると、わが子が勉強をするようになるというもの。「レインボーかたつむり協会」「日本チクティビティ協会」やそして「とにかく明るい性教育 パンツの教室」も親勉協会の一つであると。それぞれホームぺージを検索してみました。

パンツの教室の代表ののじまなみさんについて。

12_20200308021901

「レインボーかたつむり協会」は、カードでLGBTを学ぶということでマスコミ等の注目を浴びたそうです。なんか良くわからないのが、「日本チクティピティ協会」。ホームぺージの一部です。うーん、乳首をひねってってダイエットをする?

14_20200308021901

これらすべてがおんなじ様なホームページの作りです。そして、すべてに掲載されているのが、講座を受ける料金です。

例えば、パンツの教室です。

15_20200308022901 16_20200308022901 17_20200308022901

うわーです。講座を受けるだけでも、33000円プラス教材費。363000円払って講座を受けると、インストラクターとなって講座を自分でもすることができるようになると。勿論、その収入の一部は、協会に上納するのでしょうが。

こんな風に、本当にビジネスとして、性教育が行われているのでした。

この項、まだ続きます。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性教育を商売にする??①

それは、10日ほど前、友人である高橋幸子先生のフェイスブックを見ていて、ふうん、という所から始まりました。うん?何だろうとよく見直すと。あらあ?これ、もろ盗作じゃないと。

それは、こんなの。以下、高橋先生の投稿のコピーです。


左は あっ!そうなんだ!性と生という、
オススメ性教育絵本です。

右は、最近出た性教育の本のイラストです。
上の2枚は、まぁよく似た構図だね、でごまかせるかもしれませんが
下の2枚は盗作レベルです。

こういうのが売れていいのかなぁ。うーん🤔


写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

高橋先生のコピーはここまでです。

では、もう少し、詳しく観てみます。

「あっ!そうなんだ!性と生」は、性教育のベテランの先生たちが共同で書かれた名著です。それにはこんな風に書かれています。

10_20200307013601

それが、こんな風に書かれると、確かに、高橋先生の言われるように、よく似てるなあと思われます。でも、元本は助産師さんやパパ等が書かれていて、温かいですね。文章は、もろそっくり。

9_20200307013601

ところが、これになると。

元の本。

8_20200307013601

それが、このように書かれると。これは、もう、卵管の書き方、アップの仕方、もろパクリじゃんと思いました。

11_20200307013601

一体、これは何?どんな本?と、

高橋先生のフェイスブックに書かれていた、水野哲夫先生のフェイスブックに飛びました。

そこで、アッと驚くことになるのです。

水野先生のフェイスブックにその本が出ていました。表紙を見てまあびっくりしたの何の。その本は、これでした。

2_20200307013501

だって、この本の帯。私だから、アッと気づきます。

他の人は気づかなくっても、私の大切な本だから。帯を見て下さい。

1_20200307013501

NHK出版でそれまでのロングセラーだった本を12年ぶりに書き換え、イラストも新しくして、リニューアル版を2005年に出したものです。その帯の文章も、とても苦労して考えて作ったものです。

〇大人の「まだ早い」は、いつだって遅すぎる!

この大切な文章が、

〇親のまだ早い!は、いつだってもう遅い!

どう考えても、まねっこだと、私は思いました。

これについて、何回か続けますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「プリズン・サークル」

昨日は、診療後川沿いを自転車で走って横川へ。横川シネマで映画「プリズンサークル」を観ました。本来なら、昨夜は新幹線で移動をし、ホテルに泊まって、今日中学校で性教育の講演をする予定でしたが中止となり、ぽっかり時間ができたので。それに、映画館の換気については、とてもちゃんとしてあるのにも関わらず、

https://note.com/asai_takashi/n/nd75b4a736e87

どこかで、映画館も閉鎖しろというような乱暴な意見が放送されているのを見て、もしかして、そんなことがされたら大変。早く観たいのは観ておかなければと思ったので。

プリズンサークル。

1_20200305123201

 2_20200305123101

広島から浜田に向かう途中の旭町。そこにある「島根あさひ社会復帰促進センター」。2008年に開設された官民一体の刑務所です。そこでの2年間を追ったドキュメント。

「ぼくたちがここにいる本当の理由」として、主に4人の男性を追います。

ここでは、TC(セラビューティック コミュニティ)回復共同体として週12時間の取り組みが行われます。円形に座ったり、時には少人数の輪になって、与えられたテーマを語り合います。講師は民間のボランティアである専門家。

希望者の中から選抜された人が半年から2年間、ともに学びます。自己紹介から始まって、ときには厳しく。とても厳しく。当事者が泣きながら、仲間も涙ぐみながら、対話を重ねます。こちらも涙が止まらなくなりました。

人を傷つけてしまって、すべてを失った彼。仕事も家族も婚約者も、胎児さえも。その彼に被害者役の仲間が容赦なく迫ります。ロールプレイなのですが、それを通して初めて彼は、被害者の心情に思いを重ねることができます。

また、人を殺してしまった彼は、殺した者は死ななければならないと思い詰めます。でも、自分はいい死に方をしたいと。一方、そんな自分はいい死に方はしてはいけないとの葛藤があります。その二人を椅子を向かい合わせにして、それぞれの椅子に座りながら、両方の言い分を話します。指導者は容赦なく、はい、では今度はこっちに座って、と。それはとてもきつい作業で、それぞれの立場に、支援をする人二人ずつをつけて応援します。ああ、こんなやり方があるんだと深く感動しました。

どの人達も、みんなひどい子ども時代を過ごしています。虐待、いじめ、貧困。よくこれまで生き抜いてきたねと声をかけてあげたくなります。やはり大人たちが、こんな彼らを作りだしているのだと。「ぼくたちがここにいる本当の理由」が良くわかります。

 ここを出た人は、社会の中でそれぞれ生活をしています。中には、大学を目指して勉強しているという人も。それにこの教育を受けた人の再犯率は他の刑務所出身の半分以下だと。出たのちも、ボランティアの支援者を中心に三か月に一回の会があってバーベキューをしながら語り合ったり励まし合ったり、支え合ったり。

今、全国の刑務所に収容されている人は約4万人。そのうち、この教育を受けられるのは40人。罰則を強化せよではなく、このような教育が広がればと思います。でも本当は、すべての子どもたちが愛情に包まれて成長していくこと、そのような社会であることかが何よりなのですが。

すべての子どもや福祉や教育に携わる人、この映画を観て下さい!!

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

舞茸とフキノトウ

江田島に行った時、ナンシーさんにマイタケを頂きました。入野の舞茸食堂のです。きれいな舞茸をたくさん。そして、家に帰ると、玄関の取ってに袋が下げてありました。中はなんと、取りたての美しいフキノトウ。同じマンションの〇木さんからのプレゼントでした。

次の日、夫が晩御飯を作ってくれていました。

Photo_20200303204501

フキノトウの天ぷらと、牡蠣と舞茸のバター炒め。味噌汁は舞茸と豆腐とわかめ。それに、私がフキノトウを刻んで入れてみました。ぱあっと春の香りがしました。フキノトウの天ぷらも、どちらの舞茸もすっごく美味でした。

その食事をした後、残りのフキノトウでフキノトウみそを作りました。先にお味噌と砂糖とみりんをよく練って、甘みそを作っておきます。フキノトウ10個をサッと洗って、刻みます。一方でフライパンに油を温めておいて、刻み終えると、すぐに、フライパンに入れます。あくがどんどん出るので、手早く。

1_20200303204501

2_20200303204601

大体炒まったら、あらかじめ作っておいた甘みそを入れて、さらに炒めます。大体水分が飛んだら、出来上がり。昨年までは、これにくるみも入れていました。クルミが香ばしいのですが、だんだん歯が固いのを好まなくなった人がいるので今年はみそとフキノトウだけです。

3_20200303204601

しばらく置いておいて、冷めたら、タッパー二つに入れて冷蔵庫で保管です。一つは姉の所に持って行きました。当分ごはんが楽しみです。
舞茸やフキノトウ、そして、今日は朝抜いてきたというきれいな葉のついた大根を頂きました。明日、大根おろしをしましょうそれにちりめんじゃこを入れます。葉はきざんで浅漬けにします。

おいしいものをおいしく戴くことができる、本当にありがたく幸せなことです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

江田島「ひらの」の食事会・続きです。

江田島のひらのでの食事会。始まる前に山下氏が机の上や手すり等きれいにアルコールて消毒をしておいてくれたそう。着いた私たちも全員山下氏のシュッシュッで手の消毒を。

で、食事は次々と出てきます。殻付きの蒸し牡蠣と西京漬けの後、ナマコ、でっかいコチの薄造り、タコの刺身、ナマコもコチもタコもいけすの中にさっきまでいたものです。ああ、あのコチがこんな姿になって・・と涙ぐみそうになった人も。

9_20200301215101 10_20200301215101 11_20200301215101

タコの刺身はめったに食べられないのですが、とても甘くて香ばしくて。

タコの皮と吸盤の天ぷら、牡蠣フライ、コチの吸い物、アナゴの天ぷら、フキノトウやワラビ等の春の天ぷら・・。

12_20200301215101 15_20200301215101 16_20200301215101

17_20200301215201

18_20200301215201  

おいしいお料理と酒と、楽しい会話。

5_20200301215001   

こんなお二人。これは、ちょっと見られないツーショットです。コスプレの亀仙人の河口さんと元〇大の全共闘の秋田〇大さん。河口さんのフェイスブックのフォロワーは、全世界で今26万人だと。ひゃーっ!。秋田さんのこと、いつもの仲間でもほとんど知らないって。びっくりです。ちっょとだけ私たちより若いとそうなのですね。

25_20200302221901

このお二人は、ナンシーさん夫妻。今やこれも国中に広まった前衛弁当を作る人と食べる人。麗子像のお弁当は、山口県立美術館の岸田劉生展のコマーシャルに使われたもの。食事会では、この麗子をどうやって作ったか、マッシュポテトだとそんなレクチャーをしてもらう人も。もう一度コマーシャルを見ると、ほんとうに面白い!ですね。テレビで流れた時は、音楽が中島みゆきの「怜子」だそうで。

https://www.youtube.com/watch?v=AfQMMr32khU

今度、お弁当展が行われますよ。そのチラシと共に。また、お知らせしますね。

14_20200301215201

私ちは、楽しく過ごしたのですが、気になるのは、いつもいっぱいになる座敷。となりの部屋にはどなたも来られませんでした。聞くと、マラソンでけでなく、地域の公民館祭りまで中止だと。気の毒な話です。私たちは中止しないで来てよかったと思いました。

これは、持ち帰りの八朔。山下氏が用意して下さいました。八個入っていて何と100円。二袋いただいて帰ってすぐに食べたら、とってもおいしい八朔でしたよ。

3_20200301214101

帰りの瀬戸内海。牡蠣いかだも。もう少し遅ければ夕陽に海が照らされてきれいだったのでしょうが。

19_20200301215201

今年の牡蠣を食べる会も楽しく終えました。ひらのの皆様、山下さん、ありがとうございました。また来年は、もっと多くの方とできますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

江田島へ。ひらので食事会でした。

今日は、以前からの予定通り(どうする?と話し合ってドタキャンでもいいので欠席する人はしていいし、来る人のみでしましょうということにして)毎年恒例の江田島ひらので牡蠣を食べる会をしました。だいぶキャンセルがあって、参加したのは計11人。

宇品港から切串行きのフェリーで。

1_20200301214101

フェリーの中はガラガラです。本来なら、牡蠣マラソンが開かれるはずのが中止。

2_20200301214101

フェリーから海を見ます。久しぶりの海でうれしい。安芸の小富士の似島は、ぐるっと横に回ると長ほそい島でした。

1_20200301214102  

ここにたくさんの遺体が流れてきたこと、一緒に行った久保田氏のお母さんは、この似島の馬の検疫所に連れてこられて4日目に亡くなったこと、孤児になってここの孤児院(当時はそう呼ばれていました。今は養護施設)の似島学園に収容されることになっていたこと。今から行く江田島にもたくさんの遺体が流れ着いて、ひらのに行く途中慰霊碑が建っていること、ひらのよりもう少し行くと、当時の秘密基地があって、そこでべニア板の回転魚雷が作られて、そこにある宿舎から青少年が次々と出港して行ったこと。今もその船着き場があること。そんな話をみんなでしながらアッという間に切串に到着です。

ひらのの前で偶然写ったYさんとHさん。

20_20200301214901

部屋に入るともう準備がしてありました。

21_20200301221201

閉鎖の空間にならないように、窓を開けて海を見ながらの食事会です。開けていても、全然寒くありませんでした。

3_20200301214201

4_20200301215001

まず出ているのは、これら。いつもなら、お刺身は船盛なのですが、やはり感染への考慮でしょう。料理はすべて一人分ずつに盛って下さっています。小いわしの南蛮漬け、お刺身、コロッケ等・・。私ははじめっからごはんとお味噌汁をお願いしました。

この後、次々と牡蠣やその他の料理が続きます。

まず蒸し牡蠣。熱々をふうふうしながら。美味です。それから牡蠣の西京漬け。

7_20200301215001 8_20200301215101

明日に続きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »