« 臨床漢方研究会 | トップページ | 「女性支援地域連携フォーラム」 »

「ごはんの時間」とネズミの折り紙

少し心配ごとがあると、不眠になってしまう私。いったん寝そびれると、ずっと朝まで悶々とするようになります。そのような時には、3時までに睡眠導入剤を服用します。できるだけそうならないように、布団に入ると軽い本を読みます。あんまり面白いのだと夢中になって返って眠りたくなくなるので。あくまでも軽く読めるものです。暮らしの手帳の「すてきなあなたに」とか、最近読んでいたのは、これ。

Photo_20200215081801

井上ひさしさんの長女さんが、食べ物のことを書いているのですが。食べ物を書いているふりで、実は、父親との子ども時代のこと、両親の離婚やかけがえのない彼を事故で失ったり、その彼との間の息子の不登校など様々なことを優しいタッチでタンタンと綴っています。秀逸なエッセイです。

 少しずつ読み進めて、昨夜やっと読み終わりました。読み終えてパラパラと前をめくって見ると、食べ物については、なんか忘れてしまってるのです。が、生き様については、しっかりと胸に残っています。そして、「父と暮らせば」の井上ひさしさんは、とても暖かで、人や命を大切に生きた人であるということが良くわかります。

 毎年、干支を折り紙で作って下さる方、男性の患者さんなのですが、今年のネズミをもってきてくださいました。

Photo_20200215081701

かわいい!しっぽも手もかわいい!!いつも思うのですが、一枚の紙でよくこんなのが作れるなあと。高齢者施設のケアマネをしていらっしゃるのですが、やさしいお人柄なのですね。さっそく待合室のカウンターに飾りました。ありがとうございます。クリニックに来られる方、ぜひ手に取って見て下さいませ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

|

« 臨床漢方研究会 | トップページ | 「女性支援地域連携フォーラム」 »

コメント

河野先生、ありがとうございます!
山下さんから教えてもらって、先生のブログを読みました。
私の知らない真夜中に、私の本のページを捲ってくださっていた方がいたんだと思うと、ほんとに嬉しくて、泣きそうで、また頑張ろうと、心の底から勇気がわいてきます。ありがとうございました💓

投稿: 井上都 | 2020年2月15日 (土) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臨床漢方研究会 | トップページ | 「女性支援地域連携フォーラム」 »