« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

仲村未央さんの講演会

昨日、診療後、仲村未央さんの講演会に行って来ました。現在沖縄平和運動センター副議長。琉球大学卒業後琉球新報社の政治部記者、沖縄市議会議員、沖縄県議会議員。この夏の参議院選挙で社民党の比例代表として立候補するも落選しています。

Photo_20191130080101

仲村未央さんに作って頂いた詳しいレジュメに沿ってお話しは進められました。「沖縄から見るこの国の課題ー自由、尊厳、平和をかけた県民の闘い」。胸がキリキリと痛むお話しの連続でした。

百田発言「米軍普天間飛行場は、もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった」「商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」(2015年6月、自民党若手議員らの勉強会)

事実は、「1945年、沖縄戦で侵攻した米軍が占領と同時に土地を接収し、滑走路を建設。宜野湾村役場、宜野湾国民学校があり、松並街道が走る町の中心地だった。住民は同年10月から収容所からの帰村を許されたが、多くがふるさとには戻れず、米軍に割り当てられた飛行場周辺で集落の再編を余儀なくされた。」(宜野湾市史より)

オスプレイ配備撤回を求める実行委員会「建白書」、銀座パレード・・翁長那覇市長、県議会議長、全県議、全市町村長、全市町村議会貴重などによる要請団に街頭からのヘイト。「どぶねずみ」「売国奴」「日本から出ていけ」(2013年1月)

さらに。戦後報告書からも「切り捨て」られた沖縄

全国戦災史調査報告書(1977~2013年、総務省—一般戦災ホームページ)

戦災を被った年の空襲及び被害・・・
戦災により犠牲を被った児童の実情
戦災により犠牲を被った孤児の実情
戦災により犠牲を被った婦人の実情

などなどには、沖縄は全く出てこないのですと。

太平洋戦争による我が国の被害総合報告書・・人的被害・物的被害にも全く沖縄は出てきません。

「広島のごときは県民一三名に一名の割で被害を受けた事になり、長崎、東京も夫々二二名に一名、三三名に一名という高い被害率を示している。」それなのに、四名に一名が亡くなったという沖縄の被害は全く出てこないと。平和の礎には、24万もの人の名前が刻まれているのですが、国による沖縄戦の住民被害に関する調査は今日まで一度もなされていないと。

沖縄の苦悩は、今日まで続いています。「100の指標からみた沖縄県の姿」から、全国上位1位、または2位と下位47位(又は、ワースト5位以内)が延々と並んでいます。一位には新規高卒無業者比率とか、新規大卒無業者比率とか。ワーストには、平均年齢、県民所得、高校進学率、大卒初任給額とか・・・。

そして、辺野古について。沖縄中の反対にも関わらず(国会議員や知事選など)辺野古の工事は着々と進められているようではありますが、軟弱地盤や活断層の存在で、2019年7月の進捗率はまだ2.8%に過ぎないと。だから、今もまだ頑張れば止められると考えているとのことでした。

今、沖縄の報道は少なくなっています。
私たちは、これからも沖縄を忘れてはなりません。昨日の会は「広島と沖縄をむすぶドゥシグワー」結成の集いでした。勿論、私も会に賛同いたしました。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

高宮中学校で

昨夜は7時から9時まで高宮中学の保護者の方たちにお話しをしました。遅い時間なのに、先生方も沢山参加して下さりありがたいことでした。

 地図でしっかり確認し、ナビに従って行ったのですが、真っ暗な山道をどんどんと登って行くのが若干不安でもありました。無事到着すると、外の気温は3度でしたよ。会場は図書室で暖房をしっかり入れて頂いていたので、温かい中でお話しすることができました。

Photo_20191129081201

全校生徒70人の学校ですが、沢山の方が来て下さって会場一杯になりました。50人はいらっしたでしょうか。写真は準備が済んだ所。電子黒板で色がきれいです。

 全く何事も起こらないような静かな環境の学校ですが、でも、ネットの情報はダイレクトに子どもに入ってきますし、心配なのは今すぐのことではなく、この環境から進学などでちょっと都会に行った時の事。今のうちにしっかりまともな情報を伝えておかないとと思います。

 子宮頸がん予防ワクチンのことも、ピルのことも全てお話しすることができました。男の子の包茎やサイズ、マスターベーションのことも。ただ、生徒さんに直接話したわけではありませんので、保護者の方たちから子どもに伝えられるのか、若干心配ではありますが。

PTAの役員の方たちの尽力、とてもありがたく受け止めました。ありがとうございました。

帰り、保護者の方が「ウサギに気を付けて下さい。沢山います。」と。そして「鹿にぶつかると、車がへこみます。」と。まあ、面白いと思ったら、いよいよ帰る時に、他の保護者の方も「鹿が沢山います。サファリパークみたいですから」と言われます。「この人は誰?みたいにこっちを見ますからね」と。「どうしたらいいですか?鹿がいたら停まって、じっとしていて行くのを待てばいいのですね」というと、「クラクションを鳴らして」と。「もしぶつかったら鹿はそのままにしていていいのですか?」「そしたら、JAが何とかしてくれるでしょう」と。

外に出ると、真っ暗で星がすごくきれいです。オリオン座が低い位置に見えました。

期待していたけど、鹿には出会えませんでした。帰ると、もう11時近く。保護者の方も先生方もこんなに遅くまで聴いて下さってほんとうにありがとうございました。生徒さんたちの健やかな成長を祈ります。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー④

私は、これまで刑事事件の裁判の傍聴には何度も行っているし、民事では何度も法廷に証人として立っていますが。刑事事件について、最近まで知らなかったことが沢山あります。

性暴力の被害者の患者さんを診て、その後、一生懸命診断書を書き、警察官と一緒に供述調書を作り、更には検事さんの事情聴取に応じたりしても、それらの書類は、加害者の弁護士が「不同意」と言ったら、全くそれらは採用されないという事。採用されないという事は、裁判官はそれらを見ることができないという事なのですね。患者さんの傷がどうなさっているのかなど、裁判官に知られないままに裁判は進められるのですね。

最初に、ええっ?と思ったのは、やはり子どもの被害者の場合で、それらを一生懸命しても、検事さんが「強制性交」で起訴しなかったと。性交はされているのです。でも、「タオルケットをかけてしていたので、何かが入っていても、それが男性の性器であることは見ていないので、何を入れたのかは分からない」ですって。そんな、布団の中とか、毛布を掛けていたりということはあるものだし。「見て」いないから、何かは分からないって。だから、起訴は、「強制わいせつ」なのだですって。だから、私の診断書も供述調書も採用されず、裁判官は見ていなかったのですね。なんと理不尽なと思いました。

 そして、二回目の事件の時。この前、裁判の法廷に立った時のことです。やはり被害者は小さな子どもです。検察事務官から、法廷で証言してほしいと言われて、実は、私の書いたもろもろのものは、加害者の弁護士が不同意としたので、一切法廷に提出されていないと。だから、その内容を法廷でしゃべって欲しい。それで、初めてしゃべった内容が採用されるのですと。

更に、びっくりしたのは、被害者の子どもの「司法面接」の内容をも加害者の弁護士が「不同意」としたので、被害者がしゃべったことは採用されていないのだと。そのために、被害者の子どもも出廷して、質問に答えなければならないのだと。それなら、司法面接の意味がなくなるではないの、と思いました。

で、そのことを寺本先生に尋ねました。

司法面接は、ゆったりした部屋で、一人だけが被害者と向き合って(これは、トレーニングを積んだ女性の検事さんの場合が多いのだけれど)、他の弁護士さんや児相の方などは、隣の部屋から見守るのだそうです。それら話した内容は記録され、ビデオ撮影もされます。そして、もしそれらが採用されなかったなら、被害者は法廷で証言しなければならなくなるのだと。でも、子どもの場合は、普通の法廷で、犯人や(私が証言した時には、加害者は手錠と腰縄に繋がれて、法廷に入って来ました。)傍聴人がいる所で証言するのかと思って、すっごく心配でした。でも、子どもの被害者の場合は、たいてい、児相がどこかの部屋に裁判官が(私の証言の時には三人の裁判官でしたが)多分代表の一人だけ、そして弁護士と書記官だけで、傍聴人もない所でお話しをするように配慮されるそうです。それで、少しホッとしました。でも、あの、加害者の弁護士、私に聞いたようなしょうもないことをネチネチとかの女に聞くのだろうなあと心配ではあります。そして、もし、そのような場で被害者が何も話せなかったなら、そこで初めて、司法面接で話したこと、文書やビデオが採用されるのだそうです。

昨日、アマゾンから届きました。読んでいて、ぞっとして、苦しくなって、一気には読めません。でも、読み続けなければ。

Photo_20191128105701

寺本弁護士と私との「性的同意を巡って」のお話しはこれで終わります。皆様、沢山のコメントありがとうございました。性的同意について、京都の学生さんたちを中心に作られたチェックリストについては、フェイスブックの11月25日の渡邊智子先生のコメントへのお返事で、写真を載せています。

私は今日は夜7時から、高宮中学校の保護者の方に話しに行きます。保護者として知っていて頂きたい事をしっかり話してきますね。お昼には、その次の講演、「知的障がい児の性教育」についての資料作りです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

今日の二つの番組について

まだまだ性教協中国ブロックセミナーの話は続けたいのですが。緊急に皆様にお知らせしたくて。今日の二つのテレビ番組のことです。

一つは、広島地方のことなのですが。本日の午後6時から6時45分の間、テレビ新広島TSSプライムニュースの中で、呉の稲垣ファミリーが取り上げられます。稲垣ご夫妻は、虐待などで保護者に養育されない子たちを何人も里子として養育しています。私がしているのは、特別養子縁組のあっせん事業。里子里親とは異なりますが、ずっと前から、稲垣りつ子さんの奮闘ぶりは存じ上げています。今年の夏は、ここのお二人と一緒にカープに行きました。今回は、子どもの虐待のテーマでの放送と聞いております。ぜひご覧下さいませ。私も、丁度クリニックで見られるのではと期待しています。

 もう一つ、やはり今日の放送です。本日夜10時から「NHKクローズアップ現代」です。


11272

11273

臨床の場で実感することなのですが、性暴力の被害に合った時、家族がその事実をしかり受け止めてくれたなら、その傷は癒すことができます。でも、あたかも、被害に合ったその女性が悪かったかのような態度をとる人も残念ながらあるのですね。とくに子ども、が被害に合った場合、保護者の方の受け止めがとても大切になります。

 今日の番組もしっかりウォッチしたいと思います。お知らせまで。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー③

性的同意年齢が日本は13才。13才からは、性暴力の現場でも、被害者はそれこそ必死で抵抗しなければ、加害者を有罪にはできません。この13才は、2017年の法律の改正でもそのままに据え置かれました。今、中学生の性教育では、たてまえは性交という言葉も使うことができなくって、だから、妊娠も避妊も語ることはできない、そんな状況の中で、性的同意年齢は13才なのだから、もう自分に責任があるのですよと言われても。

では、なぜ13才と決められたのかが、不思議でした。明治の時代、早い子は15才で結婚なんてのもあった時代。男性にとって大切なのは、女性の「貞操」であったと。13才になると、もう生理も始まり、妊娠も可能。もし女性がほかの男に姦淫されて妊娠でもすれば、それは男にとって困るという、男性を守るために13才になったのではないかとのことでした。


もう一つ、大切な事。新設の監護者わいせつ及び監護者性交などの罪について。監護者=親や養護施設の職員など、子どもを育てる立場にある者の行為について、罪に問われることになりました。親が子どもにという考えられないことが、本当に沢山有るのですね。

7_20191126081501

でも、これが論議された時に、親ではなくとも、「地位関係性」被害者と加害者の年齢差や従わなければならない人間関係(教師と生徒、指導者と教え子、上司と部下)に関わらず、暴行脅迫により、抵抗できなかったことが認められなければ強姦や強制わいせつにならないという、これを変えて欲しいという声はかないませんでした。対等な関係性でない二者間で力関係を利用し、性暴力を行われているのですね。

そして。寺本先生の第二部、子どもの性被害についてです。

8_20191126081501


私は、つい最近まで知らなかったのですが。「性的虐待」というのは、保護者によるもののみ言われることなのですね。私は、兄からの性暴力は、「兄からの性的虐待」だと思っていました。それは虐待とは言わないのだと。

9_20191126081601


子どもが被害に合った場合、「司法面接」という制度があります。被害にあった子どもが何度も調べられる時に同じことを聞かれなくとも済むように、児相や警察や検察など三者が一つになって、代表の一人がお話しを聞くという制度です。その司法面接の前に、人からいろいろと聞かれて誘導されないように、私たちは気をつけなければなりません。だから私も診察をする時には、付き添いの方から話を聞く以外は、最低限必要な事、事件と関係のない、例えば生理はいつから始まった?などしか、本人からは聴きません。

流れはこうなります。

10_20191126081601

11_20191126081601

この項、もう少し続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー②

私は昨日島根から帰って来ました。これについては、また機会があればお話ししますね。


性教協中国ブロックの寺本先生のお話しの続きです。

強制性交で加害者を罰するために検事が立証しなければならないことは、次のごとくです。


4_20191125080301


この抗拒不能、暴行・脅迫のため、または心神喪失で抗うことができなかったということの証明と故意があったことの証明。これがとても難しいことだと。

岡崎事件については、実の娘に対する長年にわたる実父による性交が、父親による殴るけるなどの暴行があったにも関わらず、一時性交を拒めていた時期もあったなどとして「抵抗不能な状態であったとは言えない」として無罪にしたものです。

そして、こんなことも。

6_20191125080701

これは、鹿児島でゴルフ教室を主宰する男性が指導を口実に教室の18才の教え子の家に車で迎えに行き、ホテルに連れ込み、そこで準強姦罪に問われたことです。これは、信頼していた男性の行為に少女は混乱し、抵抗できなかったことは裁判所は認めているのです。でも、それでも男性は「心理学上の専門的知見を何ら有しておらず、弱者の心情を理解する共感性に乏しく、むしろ無神経の部類に入る」ので、故意は否定し、無罪としたものです。「心理学上の専門的知見を何ら有しておらず」なんて、そんなん、ほとんどの人が心理学なんて勉強していないし。これは、加害者が無神経なら、無罪放免なのかという事です。これが故意の立証の限界なのでしょうか。

そして、このデータ。

5_20191125080301

これも、もう、かなわんなあ。食事をしただけで性交の同意があったと勘違いする男たち。

やっぱり「性的同意」についての教育が必要なのだと思います。私が言ったことなのですが。こんな教育を全く受けていないのでしょう。慶應大学、東京大学、千葉大医学部などのエリート校の大学生たちが、集団強姦をして実刑判決を受けるなど、自分たちの人生も大きくゆがめることになったりしています。(なんか、うまく罪を逃れた学生たちもいるみたいですが) 結局は、教育の問題、そして、法律の問題。この日本の社会が如何に女性の人権を大切にしていないかという事だと思います。

もう少し続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協中国ブロックセミナー①

おはようございます。松江です。昨日、性教協中国ブロックセミナー、無事終わりました。私は、途中、田代先生のお話しを聞いて、中座し、ここに車でやって来ました。

セミナーのお話しを少し。

Photo_20191124072501

まず、私と寺本弁護士の「性的同意を巡って」というトーク。それから田代先生のお話し。そして、ワークショップ。

私たちのトーク、ば占めに私が20分お話しして、それから寺本先生に40分お話しして頂いて、トークと予定を立てていましたが、寺本先生のお話しは一部、二部と組み立てて頂いたので、その間に少しトークを行いました。

まず私の話です。

刑法、性犯罪に関するものは、そもそも明治時代に作られました。それも、その時代は女性には参政権、立候補どころか投票権もなく、だから、男性だけで女性の意見は全く反映されなて所で作られました。それが延々と110年も続きました。そして、2017年、やっとこの法律の見直しがされました。どこがどう変わり、同変わらなかったのか、それを資料を基にお話ししました。

そして、その後相次いだ、おかしな判決に大いに疑問の声が上がりました。

更に、世界の法律はどうなっているのか、これも資料を基にお話しし、最後に性的同意とは一体何なのかという事をお話ししました。

そして寺本先生のお話し。組み立てはこうです。先生のスライドを一部、お借りします。このスライドは、参加者の皆様に配布されました。貴重な資料が一杯詰まった宝物になる資料です。

2_20191124073701

教師の参加者が多いだろうという事で、子どもの被害についてもしっかり話して頂きました。

変わった刑法です。それまでの強姦罪が強制性交罪という名前に変わりました。男性も被害者になりうる事。膣性交だけでなく、肛門性交も口腔性交も犯罪になりうると。問題は赤字になっている所です。

1_20191124073701


そして、こんな判決が。これらについて解説して頂きました。


3_20191124073701


これらについてまたお話ししますね。ごめんなさい。時間が無くなりましたので、今日はここまでですみません。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

吉村泰典先生の講演

一昨日の木曜日、夜は臨床産婦人科医会でした。講師は、吉村泰典先生。慶應大学名誉教授、内閣官房参与、福島県立医大副学長。なんと、タイトルが「女性が健やかに輝き続ける社会を目指して」!!それに「副題が-月経がもたらす女性活躍の弊害とは-」だったのです。うーん、全ての女性が輝く社会づくりとは、安倍首相が言ってきている空虚な言葉。内閣官房参与の先生が、現実の女性の姿と解離したこの嘘っぱちをどう話されるのでしょう、と疑問を持ちながら参加しました。

Photo_20191123080901


右のこっち向きは座長の広島大学の工藤教授、左のこっち向きが吉村先生。産婦人科は大分女性の意思が増えたと言っても、またまだ男性社会ですね。

吉村先生のお話しは、思いのほか、良かったです。もう臨床を離れた先生ですので、事例でなく、統計が次々と出てきました。

女性の一生におけるホルモンの変化、それに伴うライフステージ、それぞれの障がい、月経不順、月経痛、PMS、そして、不妊。不妊治療、中でも対外受精の進歩、更年期、などなど。

中でも、問題は、少子化。女性が子どもを産まなくなったこと。結婚しなくなったこと。人口問題、高齢化の問題。子宮頸がん、予防ワクチンも含めて。それらの世界との比較。ずっと楽しく聴きました。で、本当は質問したかったのです。

「女性が子どもを産まなくなった事」。シングルマザーはいけませんか?と。だって、母子手当、母子医療について、配偶者との死別、離別で母子家庭になった人には出る手当が、シングルで出産した人には出ないという、びっくりな差別が堂々と残っている行政があるという事実。だって、男が逃げてしまってそのために母子家庭となって、貧しい中で必死で子育てをしている女性たちを何としてくれる!と、日ごろから怒っています。フランスが出産の減少をどうしようかとした時に、シングルで産む人をも手厚く支援するという方針を出した途端、出生率が増えたという事実もあります。そこに光を当てないと、と日頃から思っているのですが。

それから、もう一つは教育の問題。望まない妊娠を防ぐ、望んだ時に出産をするという、この基本的な教育、ピルについて伝えたくとも、性教育がまだたまだバッシング以来十分にできない今、これらを若い人に伝える機会が無いのです。性教育、パ―トナーとの人間関係を作るという、基本的な教育ができないこと、結婚生活は二人で作って行くもの、だって、今のままでは、家事や子育てはひたすら女性が担うものと思い込んでいる若い男性たちへの教育がされないと。文科省への働きかけはどうなのでしょうか、ということも聞きたかったですね。

そしたら、最後に吉村先生がおっしゃったのですよ。

森さんが少子化の最大の問題は、結婚しなくなったことだと言われたと。でも、これからはシングルマザーをちゃんと手当する事が必要だし、それに、夫婦別姓も認めないとと。別姓の強制は日本だけですよ。別姓であってもいいじゃないですか。と。

これを聞いて、思わず拍手しました。

まだまだ古い形の、父親が実権を握っている家庭を作ることを目指している自民党の方針は、もう、とっくに破綻しているのに。これからは、様々な形の家庭というものがもう作られ始めているのに、そこにしがみついている限り、この問題は解決されないということに気付き、方針転換をしていかない限り、私はこの問題は解決しないと思っています。

最期の吉村先生の言葉に100%納得して帰りました。問題は、それらの先生の意見がどれだけ政策に行かされるかという事ですね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

認知症カフェとパフェ

昨日は、盛り沢山でした。

午前中は、たかのばしカフェで講演、午後は土曜日の性教協中国ブロックセミナーの資料作り。夜は臨床産婦人科医会で吉村先生の講演を聞き、その後ゆーぽっぽで、帰ると12時過ぎ、ぎっしりでした。

たかのばしカフェは、いわゆる認知症カフェです。広島市には、認知症カフェが今年の9月現在で96もあります。広島市の広報によると、「認知症カフェは、認知症の方とその家族などが気軽に集い、交流できる場所です。医療、介護、福祉などの専門職による相談やサービスに関する情報提供、認知症に関する講習会の開催など、身近な地域の人も関わり、地域全体で支援していく取り組みです」と。たかのばしカフェは、月に一回、鷹野橋のお宮の境内で、喫茶ブラジルのコーヒーを飲みながら、会話を交わすという取り組みをしていらっしゃいます。昨日はその特別編でした。大手町平和ビルの研修室で、沢山の方にお出で戴きました。

2_20191122081901

これは、まだ始まる前の準備をしている所です。お話しは、あまり難しくなく楽しくしようと工夫をしました。皆さんには、楽しんで戴けたかな?と思います。中でも、検診について。広島市はとても充実していて、市からお知らせがきますので、それを上手に使いましょうね、とお話ししました。お知らせ通りに受けていれば、病気になっても早く見つけて、早く治療をすれば、と。

5_20191122083301

これらはプリントして渡して頂いていますので、少しでも、お役に立てればと思います。そのほか、お金は自分のために使いましょう、子どものために残したいと思ってもいざ死んでしまったら、遺産相続の争いがおこるかも、と。楽しく長生きして下さいね、と伝えられたかな?

午后の性教協の準備は、沢山のプリントしていた炊いたものをホッチキスで止めたり、参加者にお渡しするように、クリアファイルに挟んだり。いろいろとおしゃべりをしながら、楽しく作業しました。その後、近くのゲートインでお茶。ここはパフェがいい所。お二人はシャインマスカットの、私は栗とカシスのをまたおしゃべりしながらいたたきましたよ。

Photo_20191122081901

夜の臨床産婦人科医会については、また。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

たかのばしカフェと特別養子縁組について。

今日は「たかのばしカフェ」です。先日、私のクリニックによく来る製薬会社の方が、先生、と、チラシを持って来られました。「こんなのがうちのマンションにおいてありました!」と。ああ、メンバーの方たちが頑張っていらっしゃるのだなあとうれしかったです。来られた皆様のお役に立ちように頑張って話しますね。当日飛び込みも可という事ですので、今からでも行ってみようかと思われる方、どうぞいらっして下さいませ。

Photo_20191107093101

全く話はことなるのですが。先日、診療を終えて、一年前に特別養子縁組のお世話をした方の家に行きました。もう、ヨチヨチと歩き、パパやままなど、話をします。早いものです。養親の方にとてもかわいがって育ててもらっていることが良く分かりました。

行ったのは、実母から、一才のお誕生日にプレゼントをしたいので、渡して欲しいとの依頼があったためです。実母一家の方たちも、とてもしんどい一年間だったことでしょう。でも、明るし笑顔にあえて、徐々に立ち直りつつあることが分かりました。

プレゼントは、養親からは、「これは、〇〇にとって、宝物になります」と言って頂きました。母子手帳や、実母からのお手紙などは、一つにまとめておいて、いつか〇〇ちゃんに渡しますと。養子である事実は、早くから伝えて育てたいと。他人の口から聞かされることだけは避けたいと。そして、実母の方にもとても気を使われていて、写真集を作りたいのですが、それを実母の方に渡してもいいものでしょうかと。

私は、実母の希望がある時に、ラインで写真は送っています。写真集も、実母が希望すればお渡ししますよとお話ししました。

 昔のように、養子であることを知らせないで育てるのではなく、早くから知らせて、その上での親子関係を作って頂きたいし、いつか自分の出自を知りたいと思う時が来るでしょう。その時には、きちんとお話ししてあげられるような関係を作って頂きたいと。そう考えています。そのためにも、特別養子縁組を家庭裁判所に申し立てする時に、もう一通、そっくり同じものをコピーして養親さんにお渡ししています。

今回の養親ご夫妻も、とても素晴らしい方です。親子で楽しく過ごされる様子をしっかり見させていただいて、温かい気持ちで帰りました。そろそろたかのばしカフェに出かけます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

Viento加藤貴光折り鶴平和音楽会②

昨日の続きです。大切な、志を高く持っていた一人息子さんを失くされた加藤りつこさん。「究極の苦しみの中で」人々とのふれあいの中で、徐々に立ち直って来られました。そして、2012年に「広島と福島を結ぶ会」を立ち上げられました。そのパンフレットを。

3_20191119083201 4_20191119083201

見えにくいので、文章の一部を転記します。

「わたしたち「広島と福島を結ぶ会」は、2012年4月、会員8名で発足しました。東北の震災から一年、「東北で痛みを抱える人に寄り添いたい」との思いで小さな映画上映会を開催し収益と募金箱に寄せられた浄財を福島・いわき海星高校の復興支援のためにお捧げしたことから活動が始まりました。・・・」

活動を続けるうちに、加藤さんとこの会のことを知ったVientoのお二人が寄り添い、支えてこられたそうです。そのお二人の活動される熊本で、今度は2016年4月、大震災が起こりました。その復興のために2018年12月15日に「第一回加藤貴光~折り鶴平和音楽会」が開かれました。

 そして、今回、第二回目を広島の地で広かれるという事なのです。

「広島と福島を結ぶ会」のホームページはここにあります。


http://hiroshima-fukushima.com/


 


その中の加藤りつこさんの文章をコピーさせていただきますね。











 
<Vientoとの出会い> 加藤りつこ


私が、阿蘇の音楽家「Viento」と直接出会ったのは2009年。
間接的に出会ったのは2008年2月。亡き息子の手紙「親愛なる母上様」に曲をつけたマサ君が、旅の途中、熊本阿蘇で出会い、Vientoの吉川万里さんが、息子の手紙に共鳴してくださりつながった。
マサ君は、その時、私にこう言った。
「今まで日本で出会った音楽家の中で、初めて尊敬できる人に出会えた」と。 その頃から、Vientoの吉川万里さんは、コンサートの中で、息子の手紙のことを語り始めてくださった。
私は前向きに生きる気力も失せ悲しみの底に沈んだまま浮上する術も持てなかった頃だった。...
万里さんは、熊本や福岡など九州でのステージで語り続けてくださり、私の知らない所で貴光の名は、再びこの世で息吹いてきた。
親にとってどれ程感動であったか。喜びであったか。生きる力になったか。
そのVientoが、昨年4月の大震災で「被災者」になられた。
私は苦しさのあまり心がつぶれそうだった。
「今こそ恩返しの時」
そんな想いでVientoコンサートの開催を決めた。
ばらしい音楽家【Viento】の音楽の世界を広島で。



どうぞ、多くの方がこの音楽会に参加されますように。私からもよろしくお願いします。

 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

Viento加藤貴光折り鶴平和音楽会①

今日は、広島での音楽会のお知らせです。チケット、クリニックにもあります。

1_20191119083201 2_20191119083201

Vientoとは、スペイン語で風。熊本では大変人気のあるお二人です。

この広島での音楽会には、「加藤貴光」との冠がついています。主催は、「広島と福島を結ぶ会」代表は加藤りつこさん。

もう、いろいろな所で報道されて、ご存知の方が多いことと思います。

高校時代に始まった湾岸戦争に胸を痛め、世界の平和に役に立つ仕事をしたい、そのためには国連で働きたいとの希望を持った加藤貴光さんは、広島の安古市高校から神戸大学に進みました。そこで阪神淡路大震災に会い、亡くなりました。

実は、貴光さんは、亡くなる直前にお母様、加藤りつこさんに手紙を渡します。「親愛なる母上様」からはじまる手紙は、読むと、それはまるで自分の運命を感じ取っているような、遺書のようなお手紙でした。

「親愛なる母上様
あなたが私に生命を与えて下さってから、早いものでもう20年になります。これまでにほんのひと時として、あなたの優しく、温かく、大きく、そして強い愛を感じなかったことはありませんでした。

 私はあなたから多くの羽をいただいてきました。人を愛すること、自分を戒めること、人に愛されること・・・。この20年で、私の翼には立派な羽根がそろってゆきました。

 そして、今、私は、この翼で大空へ翔び立とうとしています。誰よりも高く、強く、自在に飛べるこの翼で。・・・」

この項、続きます。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

福山での講演と国際フェスタ

昨日は、「福山での母と女性教職員会」でヒロシマとフクシマについて話してきました。男性も含めて思いの他沢山の方が来て下さいました。

2_20191118080901

福島について。原子力発電について、知られていないことが沢山あります。知って頂いて良かったと思いました。

 私の全体会での話の後、分科会もそれぞれ素晴らしい内容が用意されていて。私も、どれに参加しようかと考えていたのですが、講演が済んで、どっと体がしんどくなってしまって。帰らせていただきました。家に帰ってみると、やっぱりまた熱が出ておりました。

ダラダラと野球を見ながら、やり残している事、今後の講演の準備などをして過ごしました。

福山に行く前、国際会議場で「国際フェスタ」が広かれているので、そこにササッと行きました。

2_20191118080902 1_20191118080901 4_20191118081001

いつも思うのですが、日ごろ国際交流についてこんなにたくさんの方が活動しているのですね。
外では太極拳。

3_20191118081001

フィリピンのごみの山、パアララン・パンタオの学校の支援をしている岩崎さんにお会いして、カンパを少しと、グッズを少しだけ買って、子どもたちの絵を載せた来年のカレンダーを頂きました。

6_20191118081001

外の屋台で、晩御飯用の買い物。

5_20191118081001

帰って広げてみると、同じようなものばかり買っておりました。改めて見とみると、各国の料理、これら、ブラジル、中国、インド、バングラデシュ、ロシア、韓国、なんだかにいてるのばかりです。もっと、牛の櫛とかあったのに。それに、ボルシチとか、麺とか、スープとか、美味しそうなものは沢山あったのですが、自転車でもって帰るのが無理で残念でした。でも、バナナの天ぷら、野菜のかき揚げ、ピロシキなど、それなりにおいしかったですよ。一年に一回のお楽しみでした。

さあ、またこれから一週間ですね。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「河野先生」と呼び止められる

クリニック以外で、突然「河野先生」と呼び止められることがあります。ほとんどは患者さんなので、困ってしまいます。お顔は分かっても、なかなか名前が出ません。焦ります。このところ、とてもそれが続いていて。

初めはこの前東京に行く時、空港までのリムジンバス。乗ると、呼び止められました。「先生も東京ですか?」と。お互い、息子の事だの話しましたが。

 一昨日、何と、ゆーぽっぽのお風呂場でです。お互い裸です。「どうして先生がこんな所にいるのですか?」と言われて。私、三日に一回来ていますとお答えしたのですが、裸はなんともきまりが悪いものです。

 昨日、土曜日の診療後、皮膚科に行きました。待合室で待っていると、また「河野先生」です。「どうして先生がここにいるのですか?」と。「今日は、私はここの患者です」と答えると、どうされたのですか?と。ええ、ちょっとと、へなへなと笑って答えましたが。

そして、皮膚科から帰り。紙屋町の横断歩道を渡っていると、人込みの中で大きな声で、今度は男性です。「河野先生、河野先生」と。お顔に見覚えはあるので、こんにちは、とだけお答えすると、「先生、そこに人が倒れています。」と。えっ?ととまどっていると、こっちこっちと連れていかれました。広電の電車が止まっていて、その横、電停に一人の女性が横たわっています。電車に接触?と慌てたのですが、そうではなく、そばにいる人が、電車を待ってて、いきなりパタンと倒れたと教えて下さいました。頭も打っていると。もう救急車を呼んでいて、電車もストップしたままです。顔は真っ白。手の脈をとると、脈が触れません。脈で大体血圧などはわかるのですが、右も左も触れません。少し慌てましたが、そうこうしてたら、女性が目を開けました。分かりますか?と聞くと、うなづきます。お年は?30台でした。まだ顔は真っ白。眼瞼を見ると、これも真っ白。貧血。もともと貧血がある所に、立って電車を待っていて、脳貧血をおこして倒れたのでしょう。そんなことをしていたら、かすかに脈が触れ初めました。ああ、大丈夫だと思った時に救急車がやって来ました。救急隊の方にそれらのことを言って、私はそこを離れました。その前に、私をこっちこっちと連れて来た男性にお辞儀をして。

 はて、あの方はどなただったっけと考えていて、アッと思い出しました。もう何年もお会いしていないけれど、以前何人かで一緒にカラオケに行っていた方だと気づきました。その行っていたカラオケも、数日前に前を通ったら、名前が変わっていました。結構ごちそうが食べられる、いろいろパーティーもしたりして好きな所でしたが。世の中、変わっているのだなあと感じて、その数日後の今日なので、ちょっとしんみりしたものです。

ちょっと違うのですが、昨日診療をしていて、私、中学校の時に先生の講演を聴きましたと言った方がありました。ええっとびっくり。だって、その方はもう50代で、更年期の治療している方なのですもの。高校では?と聞いても、いえ、中学校ですと。校名を聴くと、私が講演を始めたた、うんと初期の頃のことです。確かに。感無量ですよ。だって、中学生の時に私の話を聞いた人がもう更年期ですよ。はは、私が年を取るはずですね。

昨日は、姪に「ますい」にすき焼きを食べに連れて行ってもらいました。何十年ぶりかのお店。お店も味も、お値段も変わらず、堪能しました。変わらないというのは、うれしいものです。ごはんは御櫃に入って来ました。30年間、値段を変えずに頑張ってきたサービスとんかつ、ごはん付きは350円は、とうとう今年の2月に380円に値上げしたのだと。これもランチも、夜でもいつでも頼めるそうなので、サービスとんかつをビールのつまみ替わりに頼む人もおありだそうです。私たちは、ロースのすき焼きとホルモン炒めを頂きました。堪能しました。

3_20191117011301

1_20191117011301
2_20191117011401

私は今日は福山で講演です。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

明日の福山の講演と、広島では明日までのポスター展

明日のお知らせです。明日は、福山。久し振りの「母と女性教職員の会」です。

Photo_20191116080201

これも、久し振りの福島がテーマの話です。

2_20191116080201

日頃忘れられようとしている、原発事故の被害者のこと。改めてまたデータの調査をして、怒りがこみ上げて来ました。動画を一杯用意しています。多くの方にお会いできますように。

昨日のお昼は忙しかったですよ。ちからで中華そばミニを食べて。自転車を飛ばして市役所へ。特別養子縁組に関する書類を提出。それから、よし、時間がある!!で行ったのがここ。

先日お知らせした三井マリ子さんが集められた世界の「叫ぶ芸術ポスター展」。

Photo_20191113082201

2_20191116075701 9_20191116075701

ポスターには、それぞれ三井さんの力作である解説がついています。この解説が素晴らしくて。

例えば、この美しい女性の顔の「政治は男のものではない」の解説。

5_20191116075701

そっか、日本で初めて女性に参政権が与えられた1946年には466人中39人、8.4%の女性の衆議院議員が誕生したと。そして、68年経っての女性の衆議院議員は480年中39人、8.1%と減ってしまっていると。この8.1%は世界各国の議会でつくる列国議会同盟(IPU)189か国163位だと。

7_20191116075801

警察官のセクハラについての解説も、なるほどこうして女性たちは闘って来たのだということが良く分かります。

さらに胸を打たれたのは、これ。レジスタンスに「命をかけた女たち」

3_20191116075801
8_20191116075801

私ごときでうつうつしてはいけません、と背中を押してもらった気分でした。

ポスター展は広島では明日まで。一週間して今度は福山に行きます。ぜひご覧ください、と、私が言うのも変なことだけど。推薦します。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

竹原での講演・弁護士さんとの打ち合わせ

昨日は、午後竹原市で人権啓発講座・男女共同参画推進啓発講座で講演をしました。会場に入ってびっくり。平日の午後ですし、来られる方があるのだろうかと密かに心配していたのですが、後ろには補助席まで出て、部屋いっぱいでした。それも、いつもなら女性が圧倒的なのですが、男性たちがとても多くて。それも、作業着を着た方、お仕事中こちらに来たという風の方たちも多かったので。後で聴くと、近くの会社の方たちが、会社の方針として、このような講演に参加を推進しているという事でした。ありがたいことです。


2_20191115073901

このようなタイトルでお話しをしました。若い人に直接話をするのも、大人の方たちに話をするのもどちらも大切です。

3_20191115074901


始まる前に、33年前に私に息子さんを取り上げてもらったという方に挨拶をされてビックリ。後では、高校の養護の先生が、性教育の講演会をしたいのだけれど、校長が、全くその気がないというか、積極的に反対をされるので困っているという相談もありました。

深刻な性虐待の話、育てられない妊娠をしている若い人の現在進行中の話も聴きました。持って行った本も一冊を残してすべて売れましたし、追加の注文も頂いてありがたいことでした。とても充実した時間を過ごすことができました。関係者の皆様に感謝いたします。

渋滞の中広島に帰ってすぐに出かけました。今度の性教協中国ブロックの寺本弁護士と私の対談の打ち合わせです。「性的同意を巡って」のタイトルで、1時間50分の持ち時間です。寺本弁護士は、広島市の児童相談所の弁護士でもあり、性被害ワンストップセンターの強力な弁護士でもあります。その働きには、しばしば目を見張るものがあります。

 なぜ、日本の性暴力の司法の場はこうなのか、その法律は一体どうなっているのか、外国との違いは?疑問に思ったり、怒ったり、それらを私の事例から寺本先生に解説してもらう事。子どもの虐待にもし学校で気づいたら、その時はどうしたらいいのか、その後はどういう流れになるのかなども話して頂くことにしました。私も、ワンストップセンターに関わるようになって、新しく知ったことが沢山あります。

いまから資料作り、大変ではありますが、楽しみでもあります。沢山の方に聞いて頂きたいと思うような対談にしますからね。ぜひ、いらっして下さいね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性の悩み・性教育の本

届きました!!先日ご紹介した本、家族計画協会の思春期電話相談の男女それぞれの悩み、トップスリーをまとめたもの、一冊それぞれ110円のを、50冊ずつ注文しました。薄いけど、大切な事がぎゅっと濃縮して語られています。人生の先輩から、温かく、厳しく。

2_20191114103501

スタッフが何ですか?というので見せて上げると、みんなで読んで。なんと。女の子と男の子の悩みか全然違う。女の子の悩みは、まるで大人の悩み。それに比べると、男の子の悩みは幼いと言ったスタッフもいます。

無断転載は禁なのでそれぞれの目次だけ。男の子の悩みはマスターベーションと性器の悩み。性器の悩みも二つ、サイズと包茎。これらについては、必ず私は中学生、高校生の講演の時には語ります。

3_20191114104001

初めはニヤニヤして聞いていても、必ず真顔になってきます。そして。本来なら、こういうことは、保護者の方が子どもがみんな子どもの内に、性器も発育しない内に、語って置かなければならない事なのだけれど。でも、日本の大人たちは、とてもこういうことに無頓着だから。今、ここでこうして男性にも女性の皆さんにも聞いてもらうのは、子の中に悩む人がいたら悩まなくっていいんだよと言いたいのと、もう一つ。ここの皆さんはいつかは大人になり、また親になる人も多いでしょう。その時には、自分たちは自分の子どもたちにこういうことがちゃんと語って教えてあげられるようなそんな親になって、そんな思いを込めて話しているのだからね、と語ります。

スタッフが私も買わせて下さいと次々と買ってくれて、もう6冊売れました。今度の性教協中国ブロックセミナーの参加の方々からも男性用、女性用それぞれ20冊ずつ予約が来ています。これは、もうすぐ追加注文をしなければ。

私の自慢の本、この二冊が廃盤になるので、とても残念で。小学生にむけての漫画と、中学生に向けての体の本。これらは、性被害ワンストップセンターの支援員の方たちの教科書としても使って頂いています。きちんと科学的に書いた本です。養護施設での性教育の講演を聞いていて、教材としてこの本を使っていると突然紹介があってびっくりしたものです。残念だけど、でも、これも時代の流れでしょう。

Photo_20191028070702 Sexourbody

これらの本の替わりに、U18MとFを持って回りましょう。

私は今日は、竹原の保護者の方たちへの性教育のお話しをします。午後1時半から竹原市の人権センターです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協セミナー、ポスター展のおしらせです。

まだまだ講演のラッシュが続きます。少しご案内を。なんと言っても、11月23日の性教協中国ブロックセミナーです。前回のチラシでは、詳しい会場が出ていなかったのでもう一度。

2_20191113082201

先日の女性保健医療セミナーで、スウェーデンの性教育は、今、「愛情よりも同意」となってきているとの報告で論議がありました。性的同意。今や世界では「同意の無い性はレイプ」が一般的になっているにも関わらず、日本は「いかに抵抗したか」が犯罪か否かを問う条件となっています。とてもおかしな判決や不起訴が続いている現状について、寺本弁護士に私がインタビューする形で問題を深めたいと思います。

110年も前に作られた、その時には女性は選挙権すらなく、女性の意思が全く反映されず、男性のみで作られた刑法の強姦罪。一昨年、やっと見直しがなされても、「抵抗」要件は改善されませんでした。日頃、性暴力の被害者に接することが良くあって、この刑法の壁に大きなストレスを感じています。なぜこうなのか、そして、これから私たちは何を目指して行けばいいのか、それらを何とか見極めたいのです。

田代先生のお話し。私は二回聴いていますが、歯切れよく、世界の性教育と日本とのギャップについてお話し下さるでしょう。多くの方に、ぜひ田代先生のお話しを聞いて頂きたくて。だから、広島に来て下さることが決まった時にはうれしくて。皆様をお待ちしますね。

もう一つ。今、大切なポスター展が開かれています。

Photo_20191113082201

今は、エソール広島ですね。私も、何としても期間中に観に行くつもりでいます。見た後には、また感想を書くつもりでいます。

私は、明日は竹原、17日日曜日は福山です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

産婦人科医のための女性保健医療セミナーでうれしかったこと。

産婦人科医のための女性保健医療セミナーはその前身からすると、どんどんとメンバーも増え、研修の内容も発展し続けています。私が今回参加して、とてもうれしくて、ホッとしたのは。

 もう何年前になるでしょうか。少なくとも10年以上前、いえ、15年以上前になるでしょうか、ずっと参加されていなかったK先生がこの度参加されていた事。いつもその先生が参加されていないことが毎回気になっていて。実は、その先生が参加されなくなったのは、私のせいではないかと、ずっずっと心に引っかかっていたのです。高校生の援助交際を巡って、先生が言われたことに私が反論をして。その反論が後で考えると、とてもえげつなかったなあと。それっきりずっと来られていませんでした。いつか、お話しなければと思い続けて、時が経っていました。

この度、参加メンバーの紹介の時、アアッ、来られてると。お話に行かなければと思っていたら、休憩の時にその先生から私の席に来られて。そして、「障がい者の性教育」について尋ねられたのです。その時、近況もお聞きしました。知的障害のある人の性教育について、私はこの頃ずっと講演を続けているので、もしかして、そのことをブログなどで見られているのかもしれません。私は喜んで、持っていたパソコンから、特別支援学校や養護学校の職員研修などの時に作ったスライドをいくつかと、それに障がい児・者の性教育のための本の紹介などのスライドをK先生のパソコンにコピーしました。どうぞ、参考にして下さいと。うれしくて。

 私の心のつかえが今回の参加で取れました。

もう一つ。家族計画協会が長年続けている「思春期電話相談」の中から多い質問をビックアップして作られた本を頂きました。

Photo_20191112085101


Fは女性向け。Mは男性向けというか、それぞれの質問と回答が記されています。これが、様々な悩みに簡潔にでもポイントを外さずにしっかり応えられており、とてもいい本だと思いました。私の胸にピタッとはまりました。それも一冊100円ブラス税と手ごろで。今度の性教協中国セミナーで販売をしようと思います。ご紹介まで。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

リカちゃんのクリスマスバージョンと息子夫妻の料理

一昨日の9日土曜日から昨日まで、東京に行っておりました。避妊教育ネットワークの「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」に参加するためです。セミナーでは、色々と研修した、その内容については、おいおい機会を見て書きましょう。

 土曜日の夜、泊まったのは息子の家。飛行機の中でも、京急の中でも、ずっと作り続けて、家に着いた時には、後スナップ一つだけというところまで漕ぎつけて、孫に渡すことができました。

Photo_20191111081101

リカちゃんのクリスマスバージョンです。小さなパーツを沢山編んで、とじ付ける作業もなかなか手間がかかりました。大きいのを一気に編む方がうんと楽です。でも、一応約束を果たせて、ホッとしました。

翌日のセミナー終了後、丸ビルに一家で出て来てもらって食事をした所にもハローウィンバージョンのと一緒にもってきて、座らせて食事をしましたよ。大切にしてくれてうれしいです。

2_20191111084001

土曜日の夜は、家で息子たちの手作り料理でもてなしてくれました。二人は料理上手。イタリアンの数々。バスタはからすみのアーリオオーリオ。

Photo_20191111081102

ホタテのジェノベーゼ。フルーツトマトとモッツェレラのカプレーゼ。トマトが甘くて、チーズと抜群にマッチしていました。ヒラマサのカルパッチョ。素晴らしく本格的な料理で堪能しました。ありがたくて。

日曜日の朝ごはんも、前夜から用意してあったスープがまたまたおいしくて。

2_20191111084002

ママが足の蜂窩織炎の保冷剤を用意してくれたり、息子一家には、すっかりお世話になりました。感謝しながら帰りましたよ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

蜂窩織炎の再発

一昨日からの発熱、昨夜分かりました。なんと、今年の三月から患って、ほぼ治ったなと思っていた右足の蜂窩織炎の再発です。昨夜、家に帰って着替える時に足が真っ赤なのに気づいて、びっくりしました。これだ!ああ、またやってしまった!!

ぷっさいくな足で、お目汚しすみません。

2_20191109082201


昼も夜も講演の時や食事会の時にも寒い寒いと思っていたのは、着るもののせいではなくて、ここから熱が出ていたからなのでしょう。大慌てで手持ちの抗生物質を飲み、ゆーぼっぼでは水風呂で冷やし冷やししながら、右足を上げて入りました。片頭痛の発作も起きたので、ボルタレンを飲んだら、体はすっごく楽になりました。ただ足が痛いだけ。後は、熱さまシートで冷やしています。
 
 今日は、昼時間に皮膚科に行きます。やれやれ、情けない。治るのに、どれだけかかるのでしょうか。前回は、ほんとうに時間がかかったけれど。

 今日の診療後は、東京へ。前回の蜂窩織炎の真っ盛りの時、新幹線がとってもつらかったのですが、今日は行きは飛行機です。帰りは新幹線ですが。なんと、10日の帰りの飛行機は、全て満席だったのです。あわてて取った新幹線の指定も、ずいぶん時間があったのに、二人席の窓側は全て満席、三人掛けのうんと後ろの方の窓側だけが少し空いていて、やっとのことで取れた、という感じです。どうして?まさか、パレードのためではないよね、というと、そうかもよと姉です。丁度パレードでいいね、なんて言われても、見る気は全然ないし、それにその時間は研修中です。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

大朝中学校と、企業での講演⇒発熱してました。

昨日の午後は、北広島町のお朝中学校で講演でした。全校生徒56人の学校です。着くころには、まるで冬のようなの雲が広がり、冷たい雨が降って来ました。DVDの用意などために早めに会場に入りました。やはりもう寒くて、会場にストーブを入れてありました。

2_20191108081601

近隣の養護教諭の先生や保護者の方たちも来て下さいました。

1_20191108081601

100分の話を終えて、教頭先生の謝辞の中に、「知識を得ることは大切だ。私自身も知らないことが沢山あった」と。言って下さいました。中学生には知らせない方がいいとする風潮に対してこう言って下さってホッとしました。のんびり、おっとりした地域の生徒さんたちですが、私にとって見れば、免疫もないままに、進学して少し都会に出た時が怖いのです。今の内にしっかり知って、力をつけておいて欲しいと思います。

ひとしきり校長室でお話して、帰る時。廊下にこんなのが張ってあって。それもほんとうにみんな上手なのでびっくりしました。大朝の子はみんな書道が上手ですと。熱心な先生がいらっしゃるのですか?と聞くと、町内に書道の先生がいらっして、その方が指導して下さいるのです、という事でした。いいですねえ。町民の皆さんが、生徒の指導に取り組んで下さる。その見事な書道を見て、感激しました。

3_20191108081601


その後は、ひたすら車を走らせて。あ、まだ紅葉には早すぎるそうで、結局今年は紅葉を見ることが出来なさそうです。家に帰ると、直ぐに温かい服に着替えて、それから夜の講演の会場に向かいました。ある企業の社員の方たちへの話です。「性暴力」と「LGBT」について、それぞれ1時間ずつ、計2時間話をしました。そのころから、おかしいなあ、寒いなあと感じていたのですが。講演の後で、食事会に連れて行っていただきました。とってもごちそうなのに、おかしい、どうしたのかというほど食べられませんでした。もったいない話です。

帰宅して、あまりにしんどいので、アッと気づいて熱を測ると、やっぱり。発熱しておりました。これは大変。漢方の風邪ぐすりと熱さましを飲んで休みました。週末は東京ですので、それまでに体調を整えておかなければ、です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ


 

| | コメント (0)

たかのばしカフェと竹原人権啓発講座のお知らせです

今日の木曜、休診日は午後はまた県北です。大朝町で中学生にお話をします。帰って夕方6時からは、市内のある企業で社員の方に「性暴力とLGBT」のお話をします。先週に続いてこれからの中学生に話をさせて頂くのは、ありがたいことですし、企業で働く、おそらく子育てもしていたり、これからの方もおありでしょうし、ずっと一人で過ごしたい方も、その様々な方たちに知っておいて頂くのも、ありがたいことです。、頑張ってお話をしますよ~。

さて、皆さまへ。

11月21日木曜日には、市内の熟年の方にお話します。

Photo_20191107093101

日頃、鷹野橋でコーヒーを飲みながら会話していらっしゃる方たちを中心に、どなたにでも聞いて頂けるお話です。固っ苦しく病気の話をするよりも、どうやって人間関係を作りながら日々楽しく暮らすのか、そのヒントになりそうな事をお話しするつもりです。

例えば、用意したスライドの一部を。

2_20191107093101 3_20191107093101 4_20191107093101


皆さまにお会いできること、楽しみにしています。宜しくお願いします。

竹原の皆様には、14日です。こんなテーマです。

2_20191107101701

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「原発・被曝ホントはどうなの?学びのひろば」続きです。

「原発・被曝ホントはどうなの?学びのひろば」続きです。書籍のコーナーに、こんな本がありました。

16

この中のこれ。分厚い本です。

15 8-2

この欄は、「広島被爆児より発生せる悪性新生物」です。こんな論文がぎっしり詰まっています。

これは、昭和56年。私がまだ大学病院にいる頃に出版され、平成24年に復刻版が印刷されました。広島大学の先生方が総力で被爆の研究をした、その集大成とでもいえるでしょうか。いえ、今もまだコツコツ研究を続けていらっしゃる研究者は沢山いらっしゃいます。

ああ、これらがどういまの福島に生かされているだろうかと思いました。むしろ、隠蔽する方向に行っています。被爆者に悪性腫瘍が多いのは、当然のことなのに・・。福島ではなんの影響もないないと。

そこで頂いた今週、9・10日の樋口英明さんの講演会のお報せです。山口で二回。

Img_40577_20191105222901

ああ、行きたいなあ。でも、この二日間、私は東京なので・・・。上関原発、ここに来てまた中電は建設の準備をしているし、山口県知事は、その許可を与えているし。

伊方原発広島訴訟の原告団長さんが手作りされている小枝の鉛筆。目、つぶっていらっしてごめんなさい。

13 14

私も一本頂きました。これで、団長さんに頂いた鉛筆が二本になりました。

ああ、もっと早くに来て、昨日は無理だったけれど、一昨日、何とか来れたのではないか、もっとじっくり学びをすればよかったと後悔しながら帰りました。皆様、ほんとうに素晴らしい展示、ありがとうございました。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

原発・被曝ホントはどうなの?学びの広場

今日は、連休の後の激務の診療や、レセプトやらいろいろとあって、今までブログを書くことができませんでした。やれやれ。

今日は、やっと締め切り間際の県民文化センターの原発展に行きました。もっと早く行って、ブログを書いて皆様にお知らせすべきだったのに、申し訳ないことになりました。

11_20191105222601 10_20191105222701

今年の原発展、「学びのひろば」として、沢山の学習会が開かれました。私は、資料をいたたいたのですが、素晴らしい。伊方原発広島裁判の原告団や応援団の方たちが皆さんで準備された展示です。こんな内容。

5-2

頂いた資料です。すっごい内容。準備は本当に大変だったでしょう。二日間連続で学習会に参加して、原告の一人になると申し出た方もおありだったそうです。

1_20191105222701

いいなあ、私も原告になりたいなあと何度も思ったけれど、これ以上活動の場を広げると、何もかも中途半端になってしまうと、ぐっと我慢です。

沢山の展示も力が入っています。

3-2_20191105222701

9_20191105222801

ずっと映像も流されています。行った時は、丁度東電刑事裁判の映画でした。

4-2_20191105222901

明日、もう少しこの展示についてお話しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

安田純平さんの講演会

昨日は、朝から夜中までかかって、4講演分スライドを作りました。まだあと二つあります。今日の内に全部済めばいいのですが。

 久し振りに福島の講演をするので、いろいろとその後の調べ物をしていて。福島の子どもの甲状腺がんの疑いは今年の10月7日の発表で、231人にもなったのですね。(うち一人は手術で良性と分かったそうですが)前回の発表から、さらに13人も増えたというのに、そのような報道は、全くされなくなっています。広島と福島の放射線濃度を調べると、やはり福島はうんと高いのです。それらのデータ、グラフを講演の中では、きちんと提示したいと思います。

Photo_20191104105901
 先日、11月1日、「憲法のつどい・ヒロシマ」の安田純平さんのお話を聴きに行きました。講演は午後6時からですが、私の診療は6時受付まで。新患の予約をあらかじめ切っておいて、できるだけ早く行こうとしたのですが、行った時には、もう安田さんのお話が始まっていました。それに、席が一杯で。何とか一番後ろの中の方に席を見つけて、座らせてもらいました。後で主催者の発表によると、参加者は550人もだったそうです。

 安田さんが取材されたシリアの内戦の状況、こどもや母親たちが攻撃された様子などのビデオを見せてもらいました。

1_20191104105701

こういう状況は、どなたかが現地に行って取材をして頂かないと、私たちが知ることにならないのです。

安田純平さんは、シリアに行き、40カ月も拘束されました。なぜシリアが内戦状態になって、40万人もの人々が殺されるような状況になったのかや、権力に対しての批判、レジスタンスなのを、権力が都合の悪い人を「テロリスト」と呼ぶようになり、「テロリストだから殺されても仕方がない」という世論が作られて行ったことなどをとても分かりやすく話して下さいました。

拘束を解かれ、無事帰って来られましたが、それにさいて国は全く動かなかったこと。それなのに、帰って来た安田さんにはバッシングの嵐でした。

ジャーナリストにとって絶対に安全な方法は、「現地に行かないこと」であること。すなわち現地の報道はしない事に尽きます。反政府側の手引きでシリアに入国したものは、一度はみんな拘束され、そのスパイ容疑が晴れたら拘束を解かれるという事。これは初めて知りました。

 それにしても、40カ月もの間、拘束をよく耐えられたことと思います。身代金については、絶対に払ってはいけないということを知恵を絞って暗号で家族に教えたこと等、少々のユーモアもまじえて、開くことなく話して下さいました。

 そして、最後は、みんながしたいことをできるような社会であること。みんなが同じ方向を向いて、同じもの見、同じことをするのでは、何も発見はなくなってしまうという事。本当に共感しました。

最期に主催者からのアピールの読み上げと採択が行われました。写真なので字が小さいのですが、ここにアップさせていただきます。

2_20191104105701

安田さん、頑張って生きて帰ってきて、私たちにお話し下さってありがとうございます。これからは、ぜひ安全な所で‥?変かな?私たちにいろいろと教えて下さいませ。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

三次ワイナリーで。

三次市立塩町中学の帰り、ふと思い付いて、三次ワイナリーに寄りました。とても久しぶりです。店内は新酒のワインがいっぱい。試飲は車なので禁で残念。ただ、ノンアルコールのものだけ。それでも、とってもおいしかったですよ~。

Photo_20191102082101Img_3999

買ったのは、猪の肉と鮎寿司。三次の鮎寿司は、おなかにおからと山椒の実が入っています。

帰って早速。鮎寿司はお腹側からの写真ですが。頂き物のとうがんと豚肉、キノコのトロトロのスープと、丁度ハロウィンで、カボチャの煮物です。運転して二時間講演してまた運転して少々疲れていたけれど、美味しい夕飯で疲れがとびました。

Photo_20191102082102


そして、昨夜、猪の肉でみそ味の牡丹鍋。イノシシは、買ったのはロースで高価だけれど、柔らかくてそれはそれは美味でした。

Photo_20191103094601

昨夜は、大物の文章を書き上げて簡易書き留めで郵送。ホッとしました。今日と明日は、これから次々とある講演の準備をしなければなりません。全部テーマが異なります。保護者向けの性教育。知的障がいのある人の性と生。LGBTと性暴力。広島と福島。そして、熟年からの健康管理(と言っても、パ―トナーとの関係にさいてですが)。今日と明日の間にスライドを作ってしまえば、後が楽なのですが・・。なかなか大変です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

塩町中学校・三次市のハラスメントの取り組み

これまで、広島大学のハラスメント相談室について、何度も北仲先生の話を聞いています。教育現場で、こんなにハラスメントがあるという事、それに対して、どうやってハラスメント相談室が対応し、さらに予防のためにどんな研修をどんなところでしているかも。相談室の先生たちは大活躍です。ひと昔前から考えると、ほんとうに信じられないほどに対応は良くなっていますね。私がいたころは、泣き寝入りするしかなかったですもの。

 大学の現場は、広島大学ほどではないないのにしても、多くが努力、改善しているでしょう。ただ、先日の神戸の小学校の教師へのいじめの事件、それらの報道を見て、一体、高校以下の教育現場はどうなっているのかと気になっていました。だから、塩町中学校の取り組みに感動したのです。でも、ふと思いました。これは、塩町中学だけなのかと。で、調べてみました。そしたら、こんなのがヒットしました。作木小学校と布野中学校です。三次市全体の取り組みのようです。さすが。人権教育に熱心な市だと納得しました。

1_20191102084401 2_20191102084401

これらの取り組み、神戸は、どうなっているのでしょうね。単に、加害者の先生たちの給料を止めるという問題ではないように思うのです。いじめやハラスメントに対してどう取り組むか、これはまさに教育現場が人権をどうとらえているかということに尽きると思います。

廊下に、こんなのもありました。

11_20191102082201

12


中国新聞の投書欄のヤングスポット、この採用は、学校名は出ません。「中学生」と「三次市」だけです。でも、三次市として採用されている約8割は、塩町中学校の生徒だとのこと。熱心な先生がいらっしゃるのですね、と問うと、そう、国語の先生がとても熱心に指導されるのだそうです。素晴らしい!文章を書くというのは、何よりの一番の実力になることと私も思います。ここで学んだことは、ずっとずっと人生の基本として生き続けることと思います。ホントうに素晴らしい教育と感激しました。

 生徒さんたちもよく聞いてくれて、そのあとの校長先生や教育委員会の行政さんとも、話が弾んで、すっかり暖かい気持ちになって失礼しました。

校舎の前の紅葉、雲一つない青空でした。

8_20191101081301

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

三次市立塩町中学校で。

昨日は、三次市立塩町中学校で生徒さんにお話をしました。初めての学校ですが、庄原市との境に近い所にある学校でした。これが、何とも素敵な学校でした。感激したので、そのご報告を。

校舎は、こんなのです。美しい!!

1_20191101081301

向こう側のが体育館。

2_20191101081301

講演をしたのは、こんな部屋です。

3_20191101081301

10_20191101081301

この講演をした部屋にも、教室にも壁や仕切りがありませんでした。さらに。運動場はとっても広くて、サッカーと野球も同時にできるし、裏の中庭には、こんな野外ステージがありました。ここで、時々音楽などのイベントをするそうです。

4_20191101081301

 美しい学校ですが、もっと感動したのは、こんなことです。

5_20191101081301

これは、学校要覧に載っていた一部です。

6_20191101081301

生徒さんにも徹底するために、こんなのが各教室に貼られています。

7_20191101081301

学校のホームページです。

9_20191101081301

学内で言いにくいなら、三次市の教育委員会が聴きますよと。

これについて、もう少しお話しますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »