« 赤ちゃん、またね。 | トップページ | ワンストップセンター新規支援員養成講座でした。 »

「大分元気になる」の話です。

いろいろと大変なことがあっても、少々のことは、これまで培ってきた経験、ノウハウ、養って来た力などで何とかやって行けるものです。でも胸にこたえるのは、それに伴って叩かれる冷たい言動。これにはもろいものです。でも、大分元気が出てきました。

 昨日、赤ちゃんが養親予定の家庭に行ったお宅から、いろいろと報告が届いています。何よりも、お父さんになる予定の方からのライン。これがとっても素敵で。家庭訪問に行った時から、とてもやさしい方だと分かっていましたが。こんなラインです。

「河野先生、〇〇の▢▢です。
この度は本当にありがとうございました。とてもかわいくて目に入れても痛くないとはこのことでしょうか。
顔と顔をすりすりしたいと思いながらも、新生児だからやってはいけないのではないかと思ってできません。先日の、2、3か月の一時委託の子はすんなりお世話できたのに、T君となると抱っこも恐る恐るになってます。妻に聞きながら、慣れていくようにします。
お仕事お忙しい中、私共のために奔走していただき、とても感謝しております。今後もよろしくご指導お願いいたします。

 直接、お電話するべきですが、なかなか、お話で伝えることが苦手でして、ラインにしました。🙇」

このご夫婦は、児童相談所の里親登録をしていて、児相からの依頼で赤ちゃんを預かってお世話していらっしゃってました。

 この度は、ほんとうに新生児からの子育てなので、いろいろと大変でしょうが、このご夫婦なら、大丈夫。助け合って家庭を築いていかれることでしょう。それにしても、お顔をすりすりしたいだなんて。ふっふ。

 もう一つ。あんまりくたびれて、それに週の内に二回も東京に行って、荷物を持って階段などを歩いたのがこたえたのでしょう。足の付け根が痛くて歩くのが難しくなっています。数日で治るでしょうと思っていたのに、どんどんひどくなります。やれやれです。

そんなので、昨夜ゆーぽっぽでマッサージをしてもらいました。いつもしてもらう方なのですが。その方が、凝った肩を固い固いと言いながら、ぐりぐりしていて。お仕事大変でしょうなどと言われた所から始まって、あのう、産婦人科の先生ですか?と聞かれて。そうですがと。

実は、私は高校生の時にお話を聴いたことがあると思うのですが」と言われたのですね。高校生の時ですって?だって、もう、お孫さんがいらっしゃる方なのです。声や話し方から、あの時の先生ではないかと、ずっと思っていましたと。何処の高校ですか?と尋ねると、確かに私が行ってお話している高校です。35年くらい前でしょう。ええ、行ってますねえ。でも、まあよく覚えていて下さって、それに声や話し方からなんて。

 まだ今のように情報がほとんどない時代、誰も教えてくれる人もない頃、あの話はすごく衝撃でした。日頃はざわざわしている生徒が、シーンとして聴きましたもの。それから、暫くの間、「それは違うよ、先生はこう言ってたでしょ?」という会話がしばしば生徒の間で繰り返されたと。そして、その方のその後の生き方にもとても影響があったと。自分自身は無事結婚して、子どもにも恵まれて、子どもたち、男の子だそうですが、子育ての中でしっかりあの話が生きていたと言われました。今は孫に色々教えていると。

こうして、あの話が生き続けている者もいますので、ぜひ頑張って下さいと励まされましたよ。まったく、今落ち込んでいるなんと一言も言わないのに、今の私にピッタリのことを言われて。なんかうれしかったですねえ。

今日は、大分元気です。今日は、午後ワンストップセンターの新規支援員養成講座で講師を務めます。今から予行演習です。

話は全く違いますが、今やってます。私のクリニックでいつも素敵なお花を活けて下さる嵯峨御流の青野先生も、今日からの出品です。

00

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

|

« 赤ちゃん、またね。 | トップページ | ワンストップセンター新規支援員養成講座でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤ちゃん、またね。 | トップページ | ワンストップセンター新規支援員養成講座でした。 »