« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

性同一性障害の方の診断書づくり

昨日の診療後は、患者さんの一人を待って、一緒に診断書づくりをしました。性同一性障害の方の性別変更のための診断書です。

その方に詳しくインタビューをしながら、子ども時代からの人生を振り返りました。本当にこれまで苦難の道であったことを実感しました。幼少時から、どうして(女らしく・男らしく)しなさいと言われるのか、その苦痛、思春期の自分の体に起こることを受け止められなくっての葛藤、更に、はっきりと自分の性は体と心が逆だと自覚して、その治療を受けたいと決心した時。両親にカミングアウトした時の両親の反応、反対。これまで沢山の方の人生に触れてきましたが、それらを文章にすることで、改めてその方の人生の道のりを実感したのです。どうぞこれからの人生が過ごしやすくなりますようにと祈ります。ただ、なかなか大変でしょう。とくに、恋愛や結婚・・。

 そして、やっぱり思います。なぜ、その方の体と心を戻すのに、手術まで受けなければならないのかと。性腺を取ること、絶対にその方の子どもができないようにすることが性を変える条件であるのかと。人権侵害ではないかと。もちろん、自分で自分の体を変えたいというのであれば、手術を受けてもいいでしょう。でも、それを条件としなければならないということがひどすぎると思うのです。

 それから、親ごさん。自分の子どもが、自分の性を変えたいと言われたら、それはそれはつらいでしょう。何人もの親ごさんにお会いしました。自分の子が「息子」、また「娘」のママでいて欲しいという気持ちを分からないでもないけれど。でも、子ども自身の人生をより豊かに生きて行くために、支援して上げて欲しいと思います。そんな簡単ではありませんが。もう、私が診ていた方でも、自殺してしまった方もおありです。そこに行くまでにどれだけの葛藤があったたことでしょう。それを止められなかった私自身をも自分で攻めています。

 そんなことを感じたひと時でした。二時間余りかけて、厖大な診断書が出来上がりました。

そのうち、その日にあった、とてもいやな出来事。まったく見当違いの男性からのクレームの電話を受けるという、ひどく不愉快な事を忘れることができました・・。いろいろな人と向き合わなければならないこの仕事です。できれば、いい人とばかりと向き合いたいけれど・・。好きな人ばかりと過ごすことができれば、人生、楽しいだろうなあと思いますが。

Photo_20191031100901

頂いた大きな安納芋(広島産だそうです)を焼き芋にしました。これを食べて、今日は三次の中学生に話しに行きます。紅葉はまだかな?

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性被害ワンストップセンターについて。

「性被害ワンストップセンターひろしま」について、昨日の中国新聞に記事が出ました。

20191029

とてもよく書いてあります。ただ、残念なのは、広島県の統計が「年代別が20代以下が41%」となっていること。10歳未満の子どもと、10代の少女たちと、20代の女性たちをひとくくりにするという事には、とても抵抗があります。私はずっと診療の場だけでなく、性教育にかかわってきているので、10代と20代は全く違う。まして、10才未満の子どもへの性暴力には、猛烈に腹がたっています。大阪の性暴力救援センターSACHICOの統計には、きちんとこれらが出ています。私たちは、統計は、県のもの以外は使わないようにと言われています。マスコミにも、講演にも。

それは残念なのですが、広島のワンストップセンターが大変忙しくなって、みんながフル回転であることはこの記事で分かった頂けるかと思います。

 それと同時に、昨日大騒ぎだったのは、この記事です。

https://wwhttps://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-27/2019102701_04_1.htmlw.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-27/2019102701_04_1.html


平成31年度の全国のワンストップ支援センターの運営費を安倍政権が8000万円も削減したということ。何とその根拠、計算を「一日平均8時間、単価時給1000円、2人体制」の人件費としたと。なんと。電話の前にいる人だけでなく、病院や警察に付き添ったりすることは、またく考慮されていないのですね。後のことはボランティアでしろという事なのでしょうか。だって、性暴力ワンストップセンターは、24時間体制でしろというのは、国の方針なのに。それに、家賃や研修費など、お金のかかることはたっくさんあります。

各都道府県と国が半分ずつの助成をするということになっているのに、国がこうだと、現場はどうなるのでしょう、全く。アメリカからの軍用機の買い付けや、海外には大金をばらまいて、国内のこんな大切な事の予算はどんどん削って行く、本当に情けない政府です。

これらに対して、政治家の方たちが、おかしいと声を上げなければならないでしょう。たちまち私たちの活動に関連することなので、途方に暮れそうです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

姉一家と焼肉。

この前の日曜日、昼はワンストップセンターの講義をして、夜、姉一家の長男の誕生日祝いに同席させていただきました。鷹野橋の明月の個室です。久し振りに若い人たちとの食事、会話。もうほんとうに楽しく過ごさせてもらいました。

赤ちゃんの時から見て来た甥も、もう50代。子どもたちは、社会人と大学生と高校三年生。この子たちが何とよく食べる食べる。

Img_3945

ほれぼれしましたね。日頃年寄り二人なもので。いつの間にか私たちは小食になっておりました。

食べ終わるころ。甥の長女、もう社会人。福祉の現場でとても忙しく、朝から晩まで働き続けています。で、職場の近くで独り住まいをしています。突然、その長女が、「いやよー。うちに来てよー。来てベットメーキングしてよー」と言います。何事かと思いました。もう、寝るだけにしてと両親に甘えています。あはは。

そしてさらに、以前の話を聞きました。新築のマンションなのに、ゴキブリが出たのだそう。悲鳴を上げて、実家にSOS。夜中の12時に、甥が安芸郡から広島市内に車に駆け付けたそう。ゴキブリ退治のために。行くと長女はテーブルに登って座り込んでいたそうです。もう、笑いました。そんなもの、スリッパでたたきなさいよ。と言うと、その後どうするん?と。紙でつかんでポイっとしなさいというと、いやっ、できんと言います。もう、ほんっと、笑いました。

どんなに大切に育てて来たかという事だけど。育て方を間違えたと、甥は言います。まあ、甘えられるうちはいいわね。そのうち、たくましくならざるを得なくなるんだからと思いましたよ。

甥はビールを豪快に飲み、焼肉をたらふく食べ、そろそろ終わりかと思っていたら、これからデザートと、焼肉上三種盛り、ビビンバ二つ、冷麺、海鮮ちぢみと頼んでいます。へえ?もちろんみんなで分けていましたが。ついて行けん。

落ち込んでいたのが、おかげで楽しく過ごしました。いつもありがとうございます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ワンストップセンター新規支援員養成講座でした。

昨日の午後は、性被害ワンストップセンターの新規支援員養成講座でした。初めに私が医療的支援についての話をし、後が心理的支援のお話でした。20人くらいでしょうと聞いていたのに、沢山の方が来られていて、びっくりしました。私は、二時間かけて立ちっばしで一気に話をしました。

 私の内容は、ワンストップセンターで対応している具体的な事例は話はできませんが、私の現場で起こっていることとその対応のお話と、知っていて頂きたい医療の話。例えば、緊急避妊薬の話、レイプドラッグの話、出来事からどれくらいたてば市販の妊娠検査薬で検査ができるか、人工中絶の話、などなど具体的なことのお話をしました。性教育については、まだまだとても教えておきたいこと、若者たちに知っておいて欲しいことが行き届いていない現状も。

  小学生の被害に遭った子に、その子はとても賢い子で、自分に何が起こったのかを知ってもらった方が、この子の立ち直りにいいと判断して、漫画を読んでもらったという話をしました。この本です。後で多くの方から、この本が欲しいと言われましたが、残念なことに、これは絶版で、もう手元に自分用のしかないのです。

Photo_20191028070702

で、アマゾンで調べてみたら、古本で何冊か出ていましたので、即全て購入する申し込みをしました。欲しいと言われた方にお渡しできると思います。

 他に、この本が、医学的に知りたい事を調べるのに一番役に立つので、これを持って行き、希望の皆さんに購入して頂きました。ありがとうございました。

Sexourbody


これは、もう、知られているので、少しだけ持って行きました。

Photo_20191028070701


それでも、多くの方に購入して頂いてありがとうございました。

話の後の感想文はまだ読んでいませんが、購入して頂いた本にサインをしている時に「広島では性被害なんてないと思っていたので、びっくりしました」という方があって、逆にこちらがびっくりしました。

 性被害について、社会の皆様の理解が増えて、世論が政治や行政を動かすことができることを願っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「大分元気になる」の話です。

いろいろと大変なことがあっても、少々のことは、これまで培ってきた経験、ノウハウ、養って来た力などで何とかやって行けるものです。でも胸にこたえるのは、それに伴って叩かれる冷たい言動。これにはもろいものです。でも、大分元気が出てきました。

 昨日、赤ちゃんが養親予定の家庭に行ったお宅から、いろいろと報告が届いています。何よりも、お父さんになる予定の方からのライン。これがとっても素敵で。家庭訪問に行った時から、とてもやさしい方だと分かっていましたが。こんなラインです。

「河野先生、〇〇の▢▢です。
この度は本当にありがとうございました。とてもかわいくて目に入れても痛くないとはこのことでしょうか。
顔と顔をすりすりしたいと思いながらも、新生児だからやってはいけないのではないかと思ってできません。先日の、2、3か月の一時委託の子はすんなりお世話できたのに、T君となると抱っこも恐る恐るになってます。妻に聞きながら、慣れていくようにします。
お仕事お忙しい中、私共のために奔走していただき、とても感謝しております。今後もよろしくご指導お願いいたします。

 直接、お電話するべきですが、なかなか、お話で伝えることが苦手でして、ラインにしました。🙇」

このご夫婦は、児童相談所の里親登録をしていて、児相からの依頼で赤ちゃんを預かってお世話していらっしゃってました。

 この度は、ほんとうに新生児からの子育てなので、いろいろと大変でしょうが、このご夫婦なら、大丈夫。助け合って家庭を築いていかれることでしょう。それにしても、お顔をすりすりしたいだなんて。ふっふ。

 もう一つ。あんまりくたびれて、それに週の内に二回も東京に行って、荷物を持って階段などを歩いたのがこたえたのでしょう。足の付け根が痛くて歩くのが難しくなっています。数日で治るでしょうと思っていたのに、どんどんひどくなります。やれやれです。

そんなので、昨夜ゆーぽっぽでマッサージをしてもらいました。いつもしてもらう方なのですが。その方が、凝った肩を固い固いと言いながら、ぐりぐりしていて。お仕事大変でしょうなどと言われた所から始まって、あのう、産婦人科の先生ですか?と聞かれて。そうですがと。

実は、私は高校生の時にお話を聴いたことがあると思うのですが」と言われたのですね。高校生の時ですって?だって、もう、お孫さんがいらっしゃる方なのです。声や話し方から、あの時の先生ではないかと、ずっと思っていましたと。何処の高校ですか?と尋ねると、確かに私が行ってお話している高校です。35年くらい前でしょう。ええ、行ってますねえ。でも、まあよく覚えていて下さって、それに声や話し方からなんて。

 まだ今のように情報がほとんどない時代、誰も教えてくれる人もない頃、あの話はすごく衝撃でした。日頃はざわざわしている生徒が、シーンとして聴きましたもの。それから、暫くの間、「それは違うよ、先生はこう言ってたでしょ?」という会話がしばしば生徒の間で繰り返されたと。そして、その方のその後の生き方にもとても影響があったと。自分自身は無事結婚して、子どもにも恵まれて、子どもたち、男の子だそうですが、子育ての中でしっかりあの話が生きていたと言われました。今は孫に色々教えていると。

こうして、あの話が生き続けている者もいますので、ぜひ頑張って下さいと励まされましたよ。まったく、今落ち込んでいるなんと一言も言わないのに、今の私にピッタリのことを言われて。なんかうれしかったですねえ。

今日は、大分元気です。今日は、午後ワンストップセンターの新規支援員養成講座で講師を務めます。今から予行演習です。

話は全く違いますが、今やってます。私のクリニックでいつも素敵なお花を活けて下さる嵯峨御流の青野先生も、今日からの出品です。

00

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

赤ちゃん、またね。

昨日は、お昼時間は養親予定のお母さんが赤ちゃんの養育の練習、教育入院をされている病院へ。それから市役所に手続きの報告へ。診療が終わってからは、某警察署で刑事さんと検察官にお会いし、性犯罪の診療したことの調書づくり。ここの所、診療以外のことで手一杯です。

 今朝は、病院に行き、養親と赤ちゃんに会って来ました。今日、赤ちゃんを連れて帰られるので、色々と今後のことをお話しました。かわいいかわいい子。

1_20191026124801

元気で大きくなってね。またお会いしましょうね。

病院のスタッフの皆様には本当にお世話になりました。感謝申し上げます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

障害のある赤ちゃんの養子縁組

昨日は、「全国養子縁組団体協議会」主催の「障がいのある赤ちゃんの養子縁組相談」妊娠葛藤相談・養育困難相談に関する勉強会に参加しました。

 妊娠中や出産後にお子さんの障がいが分かった場合、養子縁組の希望を相談されるケースがあります。養育困難な事情があって養子縁組相談をしていて、生まれた赤ちゃんに障がいがあることがわかるケースもあります。

 そのような時にあっせん団体としてどのような対応ができ、伴走できるかという事の研修でした。

 様々な団体の方たちから、事例の報告がありました。

 アメリカでは、障害のあるお子さんを養子縁組をして育てて下さる方たちにこれまでも出会ってきました。「障がいの有る子ほど家庭が必要だから」「子どもは社会の子」として、積極的に引き受けて頂いたこともあります。

 でも、日本で、これほどまでに障がいがあることを承知で養子として迎え、かわいがって育てて下さる方たちがあることを初めて知りました。そして、あっせん団体の方たちがとてもとても尽力なさっていることも。

すっごく勉強になりました。官製の研修よりも、こうして実践なさっている方たちのお話をうかがうことが、どれだけエンパワメントになるかという事もよく分かりました。

 新幹線往復で疲れましたが、雨で広島便欠航になっていて、飛行機でなくって良かったと思いましたよ。

一昨日から、ちょっした出来事があって、いえ、大きな出来事があって。ずっとそのケアが必要で、電話やメールで対応していました。研修を受けながらの対応で、話している方に申し訳ないこともありましたが・・。ま、あることです。気を取り直してまた頑張りましょう。

休憩時間に会場から撮った田町の街です。平日のお昼、皆さん忙しそうです。

Photo_20191025075101

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

東京に来ています。

Photo_20191024085601

おはようございます。東京、大井です。昨夜遅くに来ました。今日は午前から夕まで、特別養子縁組の研修です。日帰りの新幹線はとてもとてもきついので、夜の内に来ました。

 昨日は、忙しくて、お昼ご飯は食べられませんでした。お昼時間に出生届の提出に中区役所へ。その後、市役所の子育て支援課へ。赤ちゃんのいる病院に行くつもりが診療開始時間になって行けなくって、替わりにスタッフに行ってもらいました。

  あちこちでいろいろとあって、情けない思いをしています。いえいえ、愚痴を言ってはいけません。ただ、いくつになっても落ち込むものです。

 新幹線の中で、お昼に食べるつもりでもってきていたお弁当を食べようとしたら、お箸もフォークもなくって。そもそもクリニックで食べるつもりだったので、お弁当を作ってもお箸はもってきません。困ってしまって。栗ご飯を炊いたのと枝豆を詰めていたのですが、えいやっと、ナイロン袋でおむすびにして食べました。

丹波の栗と黒豆の枝豆です。ぷっくり、香ばしくておいしいの。どっさり送って頂いて、スタッフみんなで分けました。

Photo_20191024091702 Photo_20191024091701


 いろいろですみません。朝の連ドラ。ストーリーとしては面白いのですが。主役の女性。あれでまだ中学卒業してすぐなのですね。どう見てもおばさん。セーラー服で太い声で現れた時に、ぎょっとしたけど。高校に行きたいと泣くシーンなどは、ほうれい線が目立って、カメラ、工夫すべきだろうと思いましたよ。まだ若くてはつらつとした時期なのですが。電話に出るシーンとか、演技力で若さを出すことができないのかしら、まだ15歳でしょ。なんて、思いながらも見ています。

 さ、これから研修です。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

性暴力「暴行脅迫要件」

1907年に制定され、2017年に刑法の見直しがされた性暴力ですが。「3年後に見直しを検討する」という附則がつきました。来年ですね。

 ぜひ見直しをして頂きたい所は何なのかという事です。

岡崎の事件の判決。中学2年から長年実の父親が娘をレイプをし続けていても、それでも、無罪となりました。それには、殴るける等の暴力もあったし、扶養をされていたという力関係もありました。犯される事に抵抗もし続けたと。それでも、犯されることを防ぐほど抵抗しなかったというのが無罪の理由です。

 日本の法律では、「暴行脅迫要件」があります。これは、2017年にも見直しがされませんでした。すなわち、抵抗できないほどの暴行や脅迫があった「抗拒不能」の証明ができないと無罪になってしまう、または初めから不起訴になってしまうのです。

 それには、法律を作った人、または裁く人たちが「正しい被害者像」、いわゆるレイプ神話に犯されているのではないかという話もありました。被害に遭うものは、大声を出したり暴れたりして抵抗できるはず、逃げられるはず。それをしないのは、同意がある証拠と。

 でもね、とんでもなく恐怖に出会った時には、声が出なかったり、体が硬直してしまったりして、なかなか抵抗はできないものです。

 それに、私が何より怒りを覚えるのは、抵抗したら、殺されるということです。「乱暴しようとしたが、騒がれたので殺した」という事件、ちょをっと思い出すだけで、いくつもありますよ。「殺される」という恐怖で抵抗できない、それはありうることです。覆いかぶっていて、抵抗したら首を絞めることは用意にできるでしょう。殺されるという恐怖で抵抗できなくても、それは「同意」したことでは在りません。

 それから。山本潤さんの「Spring」の冊子に載せて下さっています。法律の外国との比較です。

10

日本は、罪に問われるのに「暴行脅迫」要件が必要ですが、イギリス、アメリカミシガン、ドイツ、カナダ、ブータン、インド等全て「不同意」がが罪とされています。もちろん、スウェーデンなどの北欧やヨーロッパの国々もほとんどがそうなのです。要するに、同意のない性は「レイプ」と法律が決めているという事です。

でも、韓国は、日本と同じように「暴行脅迫」が必要なのですが、それでも。構成要件は、
日本は「13歳以上の者に対し、暴行または脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という)をした者/13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。」なのですが、

韓国はこうです。「暴行脅迫により、人を強姦した者/人に対し、口腔、肛門等の身体(性器は除く)の内部に性器を入れ、または性器、肛門に指などの身体(性器は除く)の一部又は道具を入れる行為をした者」

これは、感動です。だって、日本では、「陰茎を入れたか否か」にとてもこだわられるのです。ある例では、「何かを入れたのだが、タオルケットをかけていたので、何を入れたか見ていなかったため陰茎を入れたとは言えない」と不起訴になった事もありました。また、子どもに「指はいれたが、陰茎は入れていない」と主張する人がこんなにいるなんてとうんざりしています。不起訴、または無罪ですよ。

 それに、処女膜にこだわられるのにもうんざりです。先日、裁判に証人として出た時にも、被告側の弁護士さんから、ネチネチと処女膜について聞かれて。なにが問題なのか、全然わかっていない。でも、それが法律なのですね。

やはり山本さんのSpringの冊子からです。

9_20191023011501

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

性的虐待について・シンポジウムから。

日本学術会議で岡崎「性暴力事件」については、沢山の方から貴重なお話を聴くことができました。それらを聴いて考えたこと。

日本の刑法は、1907年にできたものであって、それが110年も変えられないままでした。そのころは、女性に参政権はなく、女性の議員はいませんでした。すなわち、男だけで作られたもの。しつこいようですが、女の意見は聞かれないまでした。

2017年に性犯罪についての見直しがされるための検討会議で語られたこと。発言者の一人、山本潤さんが語られました。人生で一番のショックだったと。

「親子間でも真摯な同意に基づく性行為がないとは言えない」(検討会議第6回会議)

「被害者が積極的に監護者(親など)に迫った場合」(法制審議会第3回会議)

「訴えないことで被害者の心の平安を保護する」(法制審議会第4回会議)

⇒そもそも心の平安はない。回復は数年から数十年の時間がかかる潤さんは言われています。

こんなことが堂々と語られていたのですね。

神奈川県中央児童相談所の虐待対策支援課の三桝さんのお話を聴いていて、??と思ったことがありました。神奈川県下の5つの児童相談所(横浜・川崎等の政令指定しは除く)で平成30年に児相が受理した虐待相談は5348件。身体的虐待は1056件。心理的虐待3211件。ネグレクト1046件。そして、性的虐待は35件という事でした。性的虐待が少ないのにびっくり。

児相で受理される性的虐待は非常に少ない。性的虐待がこんなに少ないはずはないと言われました。私もそう思います。なぜでしょう。

ところが、配られたスライドの原稿に、「保護者以外の性虐待(きょうだい含む)はネグレクトとして計上)」と書かれていました。これはびっくり。私の経験でも、兄妹間の性的虐待はとても多いのですね。妊娠、出産に至った場合も何人もあります。それは親のネグレクトだと。これは違うのではないかとおっ持たので、質問しました。質問は、紙に書いて係りの人に渡します。

日本では、虐待と言うのは、保護者、ほとんど親によるものと定義されているのだそうです。自相が扱う虐待は、主に親によるものなのだと。兄から妹への虐待等は、親が気づかなかったので、ネグレクトになるのだそうです。二重にびっくりです。だからだ、児相の人がありときに行ったのは、こういうことだったのだと理解しました。

会では、沢山の配布物を頂きました。

3_20191021074501  

中にこんなのが。これは、神奈川児相が学校の先生方に研修をした時の物だそうです。この研修では、ほんとうに皆さん、こんな事は知らなかったと言われたと。

これはカラーなのですが、配布されたのは白黒で残念。カラーがどこかにないかと探したのですが、分かりませんでした。

7_20191022121601 6_20191022121601

私の経験でも、学校で分かったことが良くあります。先生への性的虐待の研修もした方がいいと思いました。

神奈川県の児相の性的虐待についての、詳しい報告書がここにあります。ぜひ、のぞいてみて下さいませ。とても詳しいです。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/w6j/gyakutaitaisakusienka/documents/dai4kai.pdf


もう少し、お話を続けますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

日本学術会議公開シンポジウム

昨日は、日本学術会議での「岡崎性虐待事件」から見えてきたもの—学術に何ができるか—に参加しました。

1_20191021074501

第1部 「岡崎性虐待事件」から見えてきたもの

 性的虐待の実態と対応—「神奈川県児童相談所における性的虐待調査報告書」から
  三桝優子さん (神奈川県中央児童相談所虐待対策支援課)
岡崎事件判決について
  園田寿さん (甲南大学法科大学院教授)  

岡崎事件をどうとらえたか
  山田不二子さん (認定NPO法人チャイルドファーストジャパン理事長)
      山本潤さん(一般社団法人Spring~性被害当事者が生きやすい社会へ代表)
     周藤由美子さん(性暴力禁止法を作ろうネットワーク共同代表)
第1部質疑応答進行 柘植あづみさん(明治学院大学)

第2部  学術に何ができるか—岡崎事件を受けて
     後藤弘子さん(法学、千葉大学大学院教授)
     宮地尚子さん(医学、一橋大学大学院教授)
     伊藤公雄さん(社会学、京都産業大学客員教授)
第2部質疑応答進行  予定されていた方が台風の関係で来られず、替わりに日本大学の先生でしたが、名前が聞き取れませんでした。すみません。

私が聴いたのは、ここまでです。

2_20191021074501

こんな会場で、参加者は200人ばかりでしょうか。

それはそれは勉強になりました。いろいろと不審に思っていたことの謎も解けました。

岡崎事件とは、当時未成年の女性が、中学2年から継続的に実の父親に性的虐待を受けて来たというもの。その判決が父親無罪ということで社会が衝撃を受けました。広範な人々から疑問や違和感が提起されました。

明日、その内容をお話しますね。


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

東京で子どもたちと食事。

東京の息子の家にいます。孫、リカちゃんのハローウィン喜んでくれました。駅で娘と待ち合わせ。息子がむかえに来てくれて、直接食事をする料理屋さんに行きました。以前からの私のお気に入りのお店です。そこにママと孫も待っていました。孫は、リカちゃんを持ってきてましたよ。とても楽しみにしていたみたいで。

 早速お着換えをして。リカちゃんとお友達のさくらちゃんです。さくらちゃんの帽子。なんと、孫の手作りと。学童保育で、こんなのを指導して下さるのですって。さくらちゃんの青い髪によく似あいます。もっと大きいのを作れば、孫がかぶれるようなのができますね。学童保育でこんな指導をして下さるのって、すごい。写真は家に帰ってからのです。

6_20191020095401

料理は、とてもおいしくて素敵でした。

一人ずつのお刺身。

1_20191020095401

生カキは北海道産。

3_20191020095501

蟹味噌、タラの白子のポン酢。

2_20191020095501

まだまだ銀杏やタンの柔らか煮などなど。孫のお気に入りでお替わりもしたのは、いぶりガッコチーズ。いぶりガッコを刻んでクリームチーズに埋め込んであります。ごはんは、鮭といくらの土鍋炊きと、柴漬けと卵のチャーハン。

4_20191020095501 5_20191020095501

いろろいと話もはずんで。お腹一杯、堪能しました。幸せな一晩でした。

 ママと性暴力の話もしました。かわいい孫がつらい目に遭ったら・・・と考えただけで怒りがわきます。今日の会でしっかり勉強してきます。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

リカちゃんのハローウィンできました。

ふう、やっとできました。キラキラの黒のマント。襟もちゃんとあって、裾に金の大き目のビーズを付けました。これ、難しいです。何より買ったビーズの穴が小さくて。太目の糸を通すのも一苦労。セロテープを糸に巻き付けて、細く斜めに切って通しました。

 昨日仕事で思いがけない事があって、それで結構ひどく怒られて。落ち込んでおりました。でも、それって私のせいかなあと思いながら・・。うつうつとした時には、編み物がいいのです。ぐるぐると頭の中をよぎるのをどうしたらよかったのか、私の反省も含めて。グルグルグルグル。考えすぎていると、数を間違えてほどいたりしながら・・。

夜中にやっとできました。これを持って今日診療後に東京に行きます。孫は喜んでくれるかな?でも、直ぐにクリスマスは?と聞くだろうなあ。


3_20191019013101

明日は、これに参加します。

Photo_20191019082301

司法の現実を怒り嘆くだけでなく、どう変えて行けばいいのか、具体的な物が欲しくて。勉強です。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

島根県立中央高等学校で。

昨日は、島根県立中央高等学校の生徒さんに話しに行きました。ラジオを聞きながら、浜田道の大朝からくねくねの山道を行きます。道は整備されていて、とても行きやすいのです。

1_20191018081201

途中、瑞穂の道の駅に寄りました。そこでおむすびを一つ買って食べながら行きます。そこでは、ほかにもこんなものを買いました。

6_20191018081201


ハバネロ!楽しみですねえ。だんごの粉では、お団子を味噌汁に入れたいと思って。

島根県立中央高校は、島根留学で県外からの寮生活の生徒が三分の一もいるのだと。部活が活発で、吹奏楽はよく全国大会に行くし、びっくりなのは、女子の硬式野球部があるのだそうです。野球部に入りたくて広島県から来ている生徒もいるそうです。それはすごい。練習や試合を観たいと思いました。

生徒さんはよく聴いてくれました。

3_20191018081201

二時間話した後で、生徒さんの一人のお礼の言葉が、話を聞く前に用意したものではなく、ちゃんと聞いた上での言葉で、とてもうれしくて、涙が出そうでした。「私たちはまだ無知ですが、先生の言われたことを考えながら、子どもたちにちゃんと伝えていけるような生き方をしたいと思います。」うれしかったですねえ。

私は、男の子の悩み、マスターベーションやペニスの悩みについて話した後に、「今、ここで話したのは、本来なら皆さんが子どもの内に、ペニスも発育しない内に、保護者の方から伝えておかなければこのならない事なのよね。でも、日本の大人たちはこんなことにはほんとうに無頓着で、何にも伝えない。教えられていないから、思春期になって悩む。この中にも悩んでいる人がいるかもしれない。こんな事で悩まなくっていいんだよということが言いたいのと、同時に。皆さんの多くが、将来親になるだろうよ。そしたら、自分たちは、自分の子どもにちゃんと伝えられるような大人になってね、という思いも込めて話しているのだからね。」
と話しました。伝わっている!とうれしかったのです。

後で、保健室で、茶道部の生徒さんが点てて下さったお茶を頂きました。

5_20191018081201


栗のお菓子と、とてもとてもおいしいお茶でした。お替わりも頂きましたよ。点てて下さった三年生の一人は、卒業後は広島の和菓子屋さんへの就職が決まっているのだそうです。もし何かあったらいらっしゃいねと話しました。

保健室には、こんな本が。

4_20191018081201

古い方のさらば、です。新しいのを持ってくればよかったなあと後悔しました。

とっても気持ちよく帰ることができました。

しかし、二時間運転して二時間話をして、さらに二時間運転して帰ると、さすがに疲れました。まだまだこれからハードなスケジュールが続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

リカちゃんのハロウィン

「ばあば、クリスマスできた?」
「あれ?クリスマスより先にハロウィンよ。」
「ええ?ハロウィン?ハロウィンってどんなの?」
「黄色とオレンジのスカートのワンピース」
「へーえ、黄色とオレンジって、カボチャじゃん」
「そう。ハロウィンのかぼちゃよ。それにね、黒のキラキラのマントに紫のリボンよ。」
「わーあ、黒のマント。見たい見たい。どんなの?」
「まだだよ。だ今度もって行くから。」
「今、どこまでできてるの?」
「まだスカート作ってる。難しいんよ。」
「難しいん?」
「クリスマスは?」
「クリスマスはその後よ。」

そんなことで、リカちゃんのお洋服。苦闘しております。今度の土日は東京で、その時にもっていかなくてはなりません。今、まだここまで。これに、キラキラのマントを作ります。ちっちゃいくせに、それにできてみると、何だ、たったこれだけと思ってしまうのですが、手がかかって難しいのです。

1_20191017101201

さて、今日は島根県で高校生にお話します。高校生に会えるのはうれしい。今から車で出発します。紅葉まだかな?

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

広電カープバス

カープの広電のラッピングバスのミニチュアが手に入りました。

1_20191016081401

中を出すとこう。

3_20191016081501

虫眼鏡で見ると、ちゃんと行先等が書かれています。

本物はこう。甥が写したものです。

4_20191016082101

裏には、ミニチュアの容器の裏には、こんなことが書かれています。

Img_3763

カープ電車は乗った事はあるけれど、バスはありません。やっぱり選手がアナウンスをしているのでしょうか。
子どもが小さいころは、ミニカーを沢山買っていましたが、何十年ぶりにミニカーを買いました。さ、これをどこに飾りましょう?!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

性教協中国セミナー

 私も参加している性教育のグループ「人間と性教育研究協議会」・性教協は中国地方のサークルが持ち回りで毎年セミナーを行っています。今年は広島の番なので、いろいろと企画を立てていました。この度、メニューがしっかり固まってフライヤーも出来ました。毎年行っている広島セミナーも兼ねています。

Photo_20191015073801

寺本弁護士と私は、共に性被害ワンストップセンターで活動しています。寺本先生の行動力には頭が下がることばかりです。このところ、相次いでいる「性暴力」の無罪判決。日本のこんな状況はなぜなのか、二人の対談形式で語り合います。

田代美江子先生。全国的に引っ張りだこなのですが、広島では初登場かな?埼玉大学の教授でいらっしゃいます。私は二度ほど講演を聞いたことが在ります。美しく歯切れのよい声で、性教育について、日本が如何に特殊な状況であるか、しっかり語って下さいます。

これらの本の翻訳者・共同著者でもあります。


Photo_20191015082602 Photo_20191015082601

「教科書にみる世界の性教育」の帯の裏にはこんなことが書かれてあります。

2_20191015082601

どうぞ、多くの方にお会いできますように。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

和歌山新報の二つの記事

9月19日の木曜日に和歌山に日帰りで講演に行きました。思わぬ大渋滞で、新幹線を一つ乗り損ねた時です。講演ギリギリに到着したものだから、主催者の方々と、挨拶もそこそこに講演準備をしました。その時に地元の新聞社の記者さんも取材をするという事で、簡単に挨拶だけをしました。

講演の後、記者さんと改めてお話をしました。その方は、広島出身だと。呉の宮原高校・広島大学の教育学部を卒業後、広島市の私立高校の教師をしていたと。そのころに、私の著書も読んで戴いたという事でした。結婚で和歌山に転居、そして和歌山新報の記者をしていると。

その方が、掲載された新聞を送って下さいました。大きく扱って下さって感謝です。

1_20191014092901


そしたら、電話がかかってきて、もう一度掲載したと。今度は一面の下のコラムだと。そして、その時にいろいろとお話をしました。というか、励まされましたよ。

バッシング以来低調な性教育もここに来てまたやっとこうして、性教育について注目してくれるマスコミの方も出てきました。ありがたいことです。

2回目のコラムは横長なので、小さくなってしまうので、二つに分けました。

3_20191014092901

4_20191014092901  

避妊を語らない性教育は考えられません。コラムにあるように、今も二人の少女の養子縁組予定の出産を待っています。ひっそりと知られない所で、少女たちの苦難は続いています。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

障がいのある人の体と性

先日の「手をつなぐ育成会」での講演会。きわめて具体的に「こんな時にはどうしたらよいか」と、日常生活にお役に立つことをお話するのを心掛けました。

 知的障害のある人、その程度にもよりますが、言葉で表現できない人もいます。「痛い」の一言も言えなくって、その表情から察してあげなければならない子も。つらいのをどうしようもなくって暴れてしまう子も。月経のナプキンを嫌がって、直ぐに外してしまう子もいます。保護者の方々のご苦労は、それはそれは大変です。

 そんな方たちにいつも思うのですが、私ごときが偉そうに何がお話できるのだろうと悩みます。

でも、昨日、その私の話を聞いた方が五年生のお嬢さんを連れてこられました。言葉はしゃべられないのですが、排尿の時の症状が、なんか痛いのではないかと。お腹からの超音波で子宮や卵巣の異常が無いか診たり、膣はちゃんとあるかベットの上で調べたり、おしっこを調べたり。それで異常はないので、心配されなくっても、となりました。そして。お母さんが一番心配なさっていること。バストも少しずつ出てきたし、そろそろ初経が始まるのではないかと。で、その手当です。丁寧に根気強く教えてあげるしかないのですが。

そこで、私がお話した「ピル」について。この頃ではピルも進化していて、年に三回それもほんの少量出血を起こせばいいような月経痛用のピルも出ているという事。それを聞いて、とても救われたと。昔だったら、月経の手当てが自分ではできなくて、でも止めることもできなくって、養護する保護者の方がとても困られていたこともありました。困った時には、相談にいらっして下さいねとお話しました。私の話を聞いて、本当に参考になったと言って下さって、私もホッとしました。

その後、私宛に、手をつなぐ育成会の事務局の方からお手紙が来て読みました。あんまりそのお手紙が素敵で感動したので、ここに転載させて頂きますね。

Photo_20191013093201

 「   お 礼

 秋冷の候、10月を迎えさすがに朝晩には季節の移ろいを感じる頃となりました。河野先生には健勝にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 さて、先日は大変ご多用のところ「障がいのある人の体と性について」~思春期から更年期まで~と題して講演をいただき誠にありがとうございます。

 先生から、障害のあるわが子の性と向き合い方について多くのご示唆をいただき、かけがえのないわが子の成長に伴う体の変化や危惧されることへの対処について、腰を引くことなく正面から気持ちのいい言葉を選びながら関わることの大切さを学びました。

 講演のなかで、「性say生」をバイブルと紹介していただきましたが、性被害にあわない、加害者にならないためにプライベートゾーンをゆっくり手丁寧に繰り返し教えること、性は大切なものであり生まれてきた主体として自己肯定力を高め素敵な人生を送るためにも身だしなみを整えたり清潔な身なりに努めたり、恋愛も、と少しポジティブに思いに至りました。

 愛すべきわが子の自立とともに人生がエンジョイできるように支援者を増やし豊かな日々が過ごせるよう環境を整えていきたいと考えています。

 この度は、ご多用なところ貴重な研修の機会をいただけたことを心よりお礼申し上げます。

 これから紅葉の季節を迎え、山の木々は一瞬の輝きを見せるところになりますが、体調を整えにくい時季でもあります。どうぞお体をご自愛ください。

        (扱い:事務局  〇〇〇〇)」

最期の文章の美しさ!!それに、「・・恋愛も、・・」という一文に最も感動しました。
通り一遍のお礼状でなく、こんな暖かい文章を頂いたことに本当に心からお礼を申し上げたいと思います。
皆さまのご健勝をお祈りします。(という通り一遍のことしか言えない自分が恥ずかしい)

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

昨日の食べ物

台風ですね。大きな被害が出ません様に。広島はたいしたことが無いようでも、一晩中ひどい風の音で寝られませんでした。今日は、どうやって仕事に行きましょうか。自転車は危ないかなあ。

クライマックスシリーズ、第5戦の三塁側の4枚。広島市のマツダスタジアムでいつも太鼓をたたいている阪神の応援団の方に上げました。四人家族で行かれる予定でしたのに、悪いことをしてしまいました。昨日阪神が負けていれば第5戦ば無いので問題なかったのですが、昨日勝ったし、今日は中止だし、日曜の予定が月曜日になってしまって。日曜日に阪神が負けると、これも5戦が無いので、東京で遊んで帰られればいいのですが。台風まで想定していなかったので、すっかりご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ない!!

今日は、食べ物です。今、そごうでは、9階でパンフェスタ。

先日パンフェスタに行った時にこれを買って持って帰って食べました。佐世保バーガーの小さいの。それはおいしかったですが、一度には食べられないので、バーガーの半分は夕方に食べました。

Photo_20191012081901

屋上で激辛フェアをしています。昨日のおそい昼に一人で行ってみました。ラーメンを食べようと思っていったのですが、中辛のラーメンでも10辛だそうで、やめました。

1_20191012081901

替わりにホルモン炒めとごはんです。一番優しいのにしてもらったのに、それでも、ヒーヒーでした。

2_20191012081901

クリニックに帰る時、シャレオの地下のタピオカのお店の、いつもはすごい行列がどうしたことか、ちょっとしかなかったので、並びました。女子高校生たちが飲んでいるのがどんなのか分からないので教えてもらいました。ブラックミルクにブラックパールのタピオカトッピングです。診療をしながら飲みましたが、それはおいしくてびっくり。写真は飲みかけですみません。これは殺到するわと思いました。。

Photo_20191012082003

そして、家に帰ると、夫が頂いていたしその穂のかき揚げと海鮮の炊き込みご飯を作っていてくれていました。これも美味で幸せでした。この後で、忘れてたとかぼちゃの煮物も出してくれました~。

Photo_20191012082001

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

大仕事が終わりました。

昨日は、午前中手をつなぐ育成会で講演。午後は裁判の証人。夕は、警察の書類づくり。全て無事(?)こなしました。そして夜、久し振りに目がジラジラし始めて、強烈な片頭痛の発作に襲われました~。やっぱり寝不足で疲れた時にこんな発作が起こります。でも、大仕事が済んで、ホッとしています。

手をつなぐ育成会の講演、障がいのある人の体と性について、幼児期から更年期、熟年に至るまで、生涯を通してのお話。健診やこんな時には病院へという具体的なお話もという事でしたので、結構準備に苦労しました。沢山の方が来られました。中には、私が取り上げた子が、産まれた時には、玉のような赤ちゃんだったのに、だんだんと遅れが出て来て、知的障害だったという方も。

これは、途中のコーヒータイムです。

2-2_20191011082201

この時に、コーヒーを飲みながら質問用紙の回収が行われました。沢山の具体的な質問がありました。本当に大変。自慰の事、月経の時に嫌がってナプキンを外してしまう子(これには、月経がほとんどなくてもいいようなピルがあります)。てんかんがある子のピルの服用について・・・。月経痛や自然な体のリズムも含めて、それから更年期以降のパートナーとの過ごし方等も話をしました。

みんなが生き生きと楽しく暮らしていけますように。

コーヒータイムのコーヒーと作業所で作っているおいしいクッキーでした。後、保護者の方が作って下さったお花を頂きました。ありがとうございます。

3-2_201910110822014_20191011082201

午後の裁判、沢山の友人たちが傍聴に来て下さり、30近い傍聴席が一杯でした。心強かった~です。裁判については、いつかお話ができる時が来たらお話しますね。

後で、無事済んだ事、一人打ち上げではなく、丁度傍聴に来てくれた大学院生と自転車で一緒になったので、誘いました。ゲートインでパフェ。彼女はイチゴの、私はプリンのパフェを食べました。お昼ご飯を食べる暇がなかったので。遅いごはんがわりです。

Photo_20191011082201


ああ、本当に大仕事が終わりました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ムクウェゲ氏の自伝

デニ・ムクウェゲ医師の講演の際、沢山のチラシを頂きました。その中にこれがありました。

1_20191010083701

チラシの中に書いてあった一部です。

「 本書は、売国奴と政府に非難されたムクウェゲ医師が殺人集団に待ち伏せされたシーンから始まる。全て事実なのだが、まるでアクション映画のような始まりである。性的テロ撲滅のために、命を懸けて闘う医師の、衝撃のノンフィクション!」

この一文に引かれて、直ぐにアマゾンに頼んで、すぐに来ました。

2_20191010083701

本当に襲撃されるシーンが詳細に書かれていました。そして、その襲撃で奇跡的に命を取り留め、でも、大切な部下を亡くしました。そして、これがもっとも重要なのですが、この襲撃事件を警察も本気で捜査をしなかった事です。「売国奴」。弱者に寄り添い、命掛けで救い続ける医師は売国奴になるという事。

世界にコンゴの現状を知らしめることが国にとって都合の悪いことなのでしょう。日本の現状、世界の現状を見ても、うなづけることでもあります。

ほんとうに心暖かで、意思が強固で、こんな人が地球上にいることだけでも感動です。このとてつもなく大きな人と私は会話をし、握手した!!胸がホコホコとしています。まだ、読んでいるのは途中までなのですが、早くこの本のことをお知らせしたくて。

私は今日一日、大変忙しい日になります。またお知らせしますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

デニ・ムクウェゲ医師の講演メモ。

ムクウェゲ氏の講演を聞きながら、メモをしました。それを再現します。とてもつたないのですが、できるだけ忠実にお伝えしたくて。

写真は、講演後の主催者代表の渡辺朋子さんが挨拶をされている時の物です。

7_20191008083401


講演があったのは106日。くしくも、1996年10月6日ムクウェゲ氏が勤務していた病院が襲撃された日、その日に今、私は広島にいます。

コンゴでは、1996年から、これまで作って来た全てが恐ろしく破壊され、ナショナリズム、ポピュリズム、テロリズムが横行し、無知、無関心を育んで来ました。今、世界に目を開いてもらわなければ。

広島の原爆のウランはコンゴで発掘されたものです。

レイプ、性暴力は、戦地では戦争の兵器として、支配の手段として使われています。強引で屈辱的な性暴力の被害を過少評価してはなりません。人間を物のように扱い、人間性を否定する行為です。

大規模に、組織的で整然として行われ、一晩で何十人も何百人も家族の目の前でレイプされています。武装勢力によるやり方、拷問は被害者を診ると、どの勢力によるものかがわかります。レイプの後、銃を性器に入れ発砲する、棒を突っ込んだり、割れたガラスを入れたり・・。

そして、性暴力は、直接的にだけでなく、間接的に被害者を増やす行為、安価で効果的な行為なのです。若い兵士の心は壊されて行き、大量の避難民を作ります。

目撃した人は激しい恐怖感を持ちます。男は家族を守れなかったと責められます。女も子も安全を求めて、追い立てられ、人口移動。人口は減少し、経済は破壊されます。畑は放置され、兵士ばかりとなり、資源を手にします。

性器の破壊は子どもを産めなくなる、不妊を作ります。性病もHIVAIDSの感染は世代を超えて広がります。感染児が生まれますし、レイプで生まれる子は社会から暴力を受け、コミュニテイーを追われ、暴力しか知らない生活を強いられます。

被害者には、包括的支援が必要です。医療、精神的ケア、経済的支援など。自尊心を取り戻し、人権意識を取り戻すためには、暴力の治療だけでなく、平和を訴えなければ。

それには、教育が必要です。幼児期から大人まで、男女は平等であるという教育をしなければ。

更に、被害者は加害者が処罰されることを望んでいます。コンゴでは、600万人が殺され、400万人の避難民が出、そして40万人の性暴力の被害者がいても、全く加害者は処罰されません。1996年から2003年までの間コンゴで起こったことが国連のレポートに詳しく書かれています。その再犯防止のためのレポートはいまだに全く実行されていません。

平和を守るためには、人権が守られなければなりません。

無関心でいないで欲しい。日本が新しい電子機器を作るときに、コンゴの違法に手に入れた鉱物でなく、合法的な物を使って頂きたい。

全ての人が尊重され、居場所が提供される社会であって欲しい。

質疑応答で。誰が真に罰せられるべきと思うか。経済時自立はどうなのか等の質問がありました。

国連の専門家がきちんと聞き取りをしたレポートには、誰が指示をしたかが、はっきりと読み取れます。はっきり名前が分かった人が今もコンゴで生活をしています。

住民が被害に遭っているのは、民族紛争でも、宗教的対立でもない。鉱物資源の取り合いで地域をめぐっての争いなのです。

コンゴでは、とても優秀なコーヒーが取れます。被害者の経済的自立のために、コーヒーの栽培をしたいのですが、畑には兵士がいて、レイプされてしまいます。そんな状況なのです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

デニ・ムクウェゲ医師の講演から

10月6日のコンゴのデニ・ムクウェゲ医師の講演会は写真禁止、最後に主催者からのお礼と記念品の贈与の時のみ撮影許可となっていました。これは、最後に主催者の代表の渡辺朋子さんから記念品を渡す所です。司会のピースボート・アイキャンの川崎哲さん、ムクウェゲさんと通訳の大村祐子さんです。

6_20191007081001

ムクウェゲさんのお話。

コンゴは、鉱物資源が豊富な地。広島の原発のウランはコンゴで採掘された物でした。今私たちが使っているスマホやパソコンに使われる鉱石コルタンの8割がコンゴに眠っています。

コンゴの武装集団は、1996年10月6日、くしくも広島で講演されるその日、ムクウェゲ氏が勤務している病院を襲い、30人の犠牲者が出ました。その時、生きたまま埋められた女性の助けを求める声が今も耳に残っていると。そこから始まって、コンゴでは、今に至るまで資源を求めての襲撃が続いています。コルタンが眠っている村を支配するために組織的に武器としてレイプを考えだしました。村を襲撃し、24時間のうちに次々と女性たち、時には男性のことも襲います。あらゆる年代の。ムクウェゲ医師が手当したのは6カ月の赤ちゃんから、80才の方まで。家族の目の前で襲い、レイプした後に、女性の性器を破壊します。この武器は、安価で効果的です。これらは、命令の元に組織的に行われます。

眼の前で女性たちが犯されるのを見た男性たちにも深いトラウマを与えます。性器を破壊された女性たちはその後子どもを産めなくなり、人口減少につながります。家族みんなその村から逃げだし、武装勢力は資源豊富なその地を手に入れます。そのレイプにより妊娠した女性は、襲った兵士の子を産むことになり、その子は嫌われ、暴力の元に育ち、暴力しか知らない子に育ちます。

そのような状況が続く中で、このような状況をどうすればいいのかとムクウェゲ氏は語られます。

明日に続きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

少年サポート広島での講演

昨日は、午前中コンゴのデニ・ムクウェゲ医師の話を聴きに行きました。本当に今まで私は何をしていたのかと思うほど、コンゴで起こっていることは壮絶で、理不尽で。ムクウェゲ医師は命を懸けてレイプされた女性たちを治療する医師です。が、それだけではありません。世界中に平和を訴えて回る人権活動家でもあります。その貴重な言葉の一つ一つ、心を打たれ続けました。素晴らしかった!!お話の詳細は、また改めて。一生懸命メモを取りましたので、できるだけお話が伝わるように丁寧に書きたいと思います。

その後、直ぐに新幹線に乗って福山へ。少年サポート広島主催の講演会に行きました。少女たちと保護者、ボランティアの大学生たち30人ほどがいらっして下さいました。性被害ワンストップセンターひろしまや妊娠SOSのパンフ、ピルについての冊子、そして私の著書からプリントした、妊娠週数の数え方や性感染症等のセットは15組しかもって行っていませんでしので、これは困りました。仕方なく、大人の方たちには我慢してもらって、若い人たちに配ってもらいました。「知ることは力」だから。知って欲しいの思いで、一生懸命お話したと思います。少女たちの健やかな成長を祈ります。このような場を設定して下さった広島県警の関係者の皆様に感謝です。

Photo_20191007081001

広島に帰って、実は市民劇場の舞台を観に行くつもりでしたが、急な患者さんで診療にクリニックに行きました。ので、舞台は見逃してしまいました。でも、診療の方が大切。怒りを胸に・・・。

 後は、今度の木曜日の講演準備のスライドづくり。2時までかかって何とか作りました。今日見直しをして送ります。知的障害のある人の性について。今回は難しかったです。今日、見直しをして修正をした上で、送ります。何とか間に合うでしょうか。プリントをして下さる方にはギリギリでご迷惑をおかけしてしまいます。やれやれです。

そんなこんなの日曜日でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

コンゴ・ムクウェゲ医師を囲んで

昨日は、診療後コンゴのムクウェゲ医師を囲む食事会に参加しました。本日朝講演会があります。

Photo_20190927080101

来日以来、とてもハードなスケジュールをこなしていらっしゃいます。昨日は、広島に入られると、平和公園の慰霊碑に参拝、被爆者の方のお話を聞かれました。今日は早朝から講演をされ、その後すぐに京都に移動、立命館大学での講演をされるそうです。

日本で、「コンゴの性暴力を考える会」の方たちがとても地道に支える活動をなさっていることを知りました。広島の講演会は、ピースボートとANT-Hiroshimaの方たちも尽力されました。

この度の食事会には、「コンゴの性暴力を考える会」の方たち、平和関連の方たち、この講演会の後援をされた広島大学などの大学関係の方たちが参加されました。私は、「性被害ワンストップセンターひろしま」の関連で、大畠弁護士と共に招待され、参加しました。

2_20191006074601

私たちには、ムクウェゲ氏から、「ワンストップセンター」について、とても熱心に質問されました。たくさんの性暴力の被害に遭った女性たちの治療をなさって来たムクウェゲ医師ですが、今、コンゴにワンストップセンターを作ろうとされているのだそうです。私は、いまの活動について、お話しました。

日本は平和な国のように思われているけれど、性暴力についてはとても後進国で、多くの事件が起こり、子どもも含めて、沢山の被害者がいます。その加害者たちの多くは、警察に訴えられることも無く、また、ひどい事件の加害者でも、有罪とされることは少なくて。今、広島のワンストップセンターではこんなことが起こっています、それにつき、こんな活動をしていますとか。ムクウェゲ氏は、熱心に耳を傾けて下さって、拍手して下さいました。ああ、来て良かったと思いました。これからの、コンゴの活動についても、個人的に支援したいと思いました。

私のお宝の写真になりました。

3_20191006074601

左は、フランス語の通訳の大村祐子さん、右は立命館大学のマスワナさんです。

1_20191006074601

今日の講演を楽しみにしています。世界中から、性暴力がなくなりますように。講演が終わると、直ぐに福山に行きます。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

|

講演準備

講演の資料作りに四苦八苦しています。

明日の福山での講演は県警の少年サポートセンターの主催です。少女たち向け。これは、スライドを使わず、資料は全て配布することにして、いろいろプリントのコピーをしました。妊娠の週数の数え方や、性感染症など。知っていて欲しい事を。知ることは力です。知らないからこそ行動をし、傷ついてしまったり。そんな少女たちへのお話です。妊娠と出産のビデオも見てもらいます。これの準備はできました。

Photo_20191005073401


苦労しているのは、これです。来週の木曜日。

2019_20191005073302


性というよりも、体について、いつ、どんな時に病院に行ったらいいか、医者らしい話も混ぜてという要望です。しかも、幅広いので。今、乳幼児期から思春期まで作りました。いよいよ青年になってからの所。さらに更年期も作らなければなりません。もうひと頑張りです。

2019_20191005073301

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

孫の七五三の記念写真

孫の写真が来ました。七五三の記念写真です。なんと地毛で日本髪が結えたのだそうです。もうかわいくて。見せびらかしたいので、ママに許可をもらって、正面の顔が大写しになっていないのの一部だけアップします。見て下さいね。

1_20191004080301 2_20191004080301

ついでにドレスの姿も。

3_20191004080301

ついこの前に生まれたばかりなのに、もう一年生です。背は学年で一番高くて、足ももう20センチの靴が小さいと。水泳と英語と少しピアノも習っていて、本が大好きでよく読みます。パパとママは共に働いていますが、休みにはよくいろいろな所に連れて行って、様々な体験をさせています。最近では、タイに行ったり、高尾山の山登り、秩父のそば打ち体験など。私たちは行った先の写真を送ってもらって、楽しんでいます。そばにいて子育てに参加したいけど、それがかないません。せめて今度行った時に渡すリカちゃんのをハローインのドレスをせっせと作りましょう。とても難しいけれど。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「いやなことはいやと言いましょう」ではすみません。

もう何度も言って来たことですが。この頃、ちょっと「性教育」と言われているものに疑問を感じることがあって。

性教育って、何なのか。先日、ある所で「性教育って性のことをべらべら教える前に、もっとしなければならないことがある」と言われて。ああ、性教育を誤解されているなあと思いました。性教育って、「人間関係」であり、「人権」であり、そして、自らの「体」を知りいとおしむ。それらすべてを含む、とても幅広いものです。決して、「妊娠」や「避妊」や「性感染症」等だけを学ぶものではありません。

人とどんな関係性を作って、そう、その人と一緒にいると心が安らいで、力を合わせて共に生きて行く、そんな関係づくり。そのためには、相手を尊重する基本的な「人権意識」が無いと無理ですね。人に対するやさしさなど、人が喜んでくれたら自分も楽しい、でも、も必要な所では自分自身をももはっきり主張する事とか。それらをちゃんと学ぶことなのですね。

その上で。

「プライベートゾーン」。水着で隠される部分。これは自分だけの物であること。人に見せたり触らせたりされる所ではない事。人のプライベートゾーンを無理に見ようとしたり、さわろうとしてもいけない事。これは早くから教えたい。これらは、まさに「人間関係」であり、「人権感覚」でもあります。

3_20191003124801

そして。これを無理に触られようとしたら、いやと言いましょう。いやなことははっきりいやと言いましょうと、教えられています。それが、私が疑問を持つ所なのです。

対等な関係で、例えば友だち同士とか。それなら、いやといえるでしょう。でも、そこに力関係がある時。いやといっても、強引に触れられることがあるかもしれません。その時のことがなんにも教えられていないという事。そこに疑問を持っています。さらに、犯罪者等、強引にする者は、それに脅しが加わります。「このことをだれかに言ったら、もうお母さんと一緒に暮らせなくなる」とか、「友だちにも会えなくなる」とか、中には、「勉強も教えてもらえなくなる」とか、色々です。そんな脅しがあった時、だれにも言えず、苦しむことになります。

「もしも、もしもいやなことがあった時、そんな時には、早く誰かに言いましょう。誰にも言うなよと言われた時にこそ、早くそれを誰かに言いましょう。誰でもいい、一人でいい、誰か言える人を探しましょう」と。これは、小さい子から高校生にまで知らせておかなければならないことですね。私は、生徒に講演をする時には、必ずこのことを言います。何もあってほしくないけれど、もし何かがあった時、起こった時にはと。

そして、大人の方には、「嫌な事は嫌と言いましょう」だけでなく、もしも何かつらいことがあったら、その時には私に言ってね。私はあなたの親なんだから、あなたがつらい時には、何があっても助けるよ。どうしたらいいか分からない時には、どうしたらいいか、一緒に考えるよ。そう日頃から伝えておいてあげて欲しいと。

だれにも言えなくて、つらくって、心が病んでしまった人、さらなる悲劇が拡大されてしまった人、そんな人たちに多く出会うからです。

こんな広島の恥!!の事件がもういつの間にか忘れ去られようとしています。この被害に遭った少女たちは、ほんとうにどれだけつらかったことか。ここまで拡大したのは、犯人である教師の脅しのために、誰にも言えず、小さな胸を痛め続けていたからなのですね。

Photo_20191003131001

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

私たちの仕事はいい仕事?

先日、オフィスギネコロジストの会、いわゆるビル開業の産婦人科医の集まりがありました。いつも三人が情報提供をします。自分が読んだ中の面白かった本の紹介をしたり、趣味の尺八の話だったり。この度も、お一人の先生が家族でアメリカに行った話、それも飛行機はビジネスクラスを利用された話等をされ、うらやましいことでした。

その後の雑談で、いつものようにいつまで仕事を続けるかの話になりました。私は、二番目の年寄りです。一番の先生は、いまも週一回、ゴルフに行ったり、冬はスキーに行ったりで体を鍛えているのだと。私より少し年下の先生は、診療を午後4時までにして、のんびりしているのだと。するとやっぱり赤字になったそうですが、ストレスがほとんどなくなったと。

すると、一人のドクターが、それにしても、いい仕事ですよねえと言いました。人にありがとうございましたと感謝の言葉を言われて、お金までもらえるのだからと。ああ、この人はなんと幸せな仕事ばかりしているのかと思いました。私は言いました。

「それはちがうよ。責任ある厳しい仕事をしているんよ。1000人に感謝されてもね、一人、たった一人に、おまえ、何しとったんやて言われたら、それは苦しいものよ。そういう厳しい仕事をしているのよ。」と。

それと、つくづく思うのです。私たちの仕事は、ボランティアだと。その意識が無いとやっていけないと。

先週のある日は、夜中までかかって警察の供述書を作り、一昨日は日曜日でしたが、夜遅くまで緊急の診療をし、昨日は、ある事件のことで診療後検察庁に行き事情聴取・・。もう一度行くことになりました。

それでも、それらに生きがいを感じるからこそできることであって。とても「お金」では、換算できることではありません。

「いい仕事ですよねえ」と言った先生に、トラブルが発生しません様に・・。

Og20199


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

カープ、おわりー!!

カープ、終わりましたね。まあ、そんなものでしょう。

この時は、まだ三位でCSに行けると思っていましたが。何でジョンソンを5回で変えてあげないの?

6_20191001081701


ピッチャーはいっぱいいたはずなのに。最後の試合を勝てば、三位決定。ジョンソンのタイトルも守れたのに。そんなことを考えないの?監督は。何をやってるのでしょう。

監督一年目とおんなじ。総力戦でと言いながら、総力戦をせず、CSを逃しました。最終戦だけでなく、長いペナントレースの間には、たった一つ、勝てた試合は一杯ありましたね。

この際、非難をするなとは思わない。一生懸命やっている選手がかわいそう。3位なら分からないけれど、4位なのだから。監督にはやめて欲しいです。

せめて、もしもと10月13日(日)の東京ドーム、三塁側の内野指定、いい席を4枚手に入れています。横浜が行くなら横浜ファンに、阪神が行くなら阪神ファンに上げましょう。クソッ!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (3)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »