« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

韓国語教室の納涼会

昨夜は、韓国語の教室のメンバーでの飲み会。広島駅の北口の向いにある「やきやき亭」で焼肉。

5_20190831081101


人気のお店で店内はいっぱい。座れなくて待ったり帰る人も。早くに予約していてよかった。

3_20190831081101 4_20190831081101 6_20190831081201


夏休みがあって、久しぶりに会うメンバーといろいろと話がはずみます。一人、体調不良で来れなかったのが残念。隣の若い女性たちのキャーキャーがとても大きくて、いい加減にして欲しかったけど。韓国情勢、文大統領の事、韓国で起こった日本人女性への暴力のこと、でも、今、韓国旅行をするのは、全く大丈夫とか。話している内に、また韓国に行きたくなりました。飛行機の搭乗代金はいまとても安くなっているそうだし・・。でも、この両国間の政治、ほんとうに早く何とかしなければ、だけど、安倍さんのままだとされは期待できそうにないです。

暗い話が多いげと、食べる方はもりもり。ここのお肉もたれも、冷麺も全てが美味。カルビー、骨付きカルビ―、豚カルビー、ホルモン等。写真は無いけれど、ごはん、チョレギサラダ、最後は私はデザートまで。

先生は、ビビン冷麺、小林さんはムル冷麺、私はおすそ分けしてもらって。

8_20190831081101 1_20190831081201

よく話し、飲み、食べ、楽しいひと時を過ごしました。さあ、鋭気を養ったので、今日、明日を張り切って。今日は、フツフ、情けないけれど最後になるかものカープの応援です。明日は三次での講演です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

アウトレットへ。

昨日は、早めの講演資料ができたので、姉と一緒にアウトレットに行きました。これまで、さんざん人に聞いてはいたけど、行ったことが無かったので、時間が少しできたこの際と。行くのに少し迷いましたが、雨なのでとても人が少なくて、駐車もスイスイ。聴いた通り、やはり広いですね。来週、信州の山に行くので、パーカーと靴を買いました。

1_20190830082801

それにしても、ガラガラですね。

2_20190830082801

アイススケート。ボウリングも映画館もあるし、いろいろと遊べそうです。

3_20190830082801

広大な食事どころ。迷います。迷った末、姉と食べたのはこれ。西京漬けの焼き魚定食。お魚も他の物も全て美味でした。完食。

5_20190830082801


デモ、ここでいちばん感動したのは、ここ。トイレです。「オール ジェンダー」。LGBTの人達がとても困るのがトイレだと。誰でも入れるトイレがあることでどなたもストレスなく入れます。いいですねえ。以前、ある学校で「障害者用便所」と書かれていて、絶句したことが在りましたが。

4_20190830082801

そんなことで、また見たい映画を後回しにしてしまいました。いつか、きっと。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

|

大きな仕事仕上げて、ぼんやりしています。

この一週間、怒涛の毎日でした。二つの性暴力について、意見書や診断書を書くのに必死でした。このような時、診察の結果だけでなく、論文や文献を探し、それらを引用しながら、説得力のある文章にしなければなりません。その資料集めにもとても時間がかかります。二つ目を書き上げて、直ぐに渡し、事態が即動き始めました。

とてもしんどい思いをしながらも、書き上げて本当に良かったと、ホッとしました。このような、毎日の診療と共に、診療外のことでとても忙しくしています。それが私だと思っています。

でも、別の事件ですが、こんなに苦労して書いた長文の診断書でも、不採用になって裁判の場に提出されなくって、法廷に私が出なければならなくなったと、先日、検察庁から連絡があって、本当にガッカリしました。時間と労力と、性暴力についての私の怒りが無駄になるって、情けないことです。今回のことでも、そうなる可能性があると考えると、複雑な思いがあります。まったく、性暴力に関しての日本の司法の場、何とかしてほしいと強く思います。

昨日は、大きなことを仕上げた後の虚脱状態でした。ユーポッポに行って、外の露天風呂の広場で椅子を二つ向き合わせに置いて、そこで風に吹かれて、ウトウトと至福の時を過ごしました。いつまでもぼんやりとはしておられないので、今日は、今度の日曜日の三次での講演の資料作りです。もし、今日早くに仕上げられたら、行きたいと思っている映画に行けるといいなあと思っています。

そんなことで、今日は日曜日のユーポッポに行く前に戸坂のロイヤルホストに寄って食べた晩御飯です。

ロイヤルホストは何年ぶりでしょうか。ここのオニオングラタンスープ、大好きです。

1_20190829111201

このスープと、少しだけたんぱく質が入ったサラダと、フランスパンのセットがありましたので、それにしました。

2_20190829111201

夫は、シーフードが沢山乗ったパエリアです。

3_20190829111201

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

これからの講演と四金会納涼会

ほとんど徹夜のような状態で、緊急の書き物を二つ仕上げました。本当に心からホッとしました。やれやれ。次は、これらの準備です。

今度の日曜日、三次で保護者の方たちにお話します。

Pta

保護者の方たちへのお話、久しぶりです。これから、スライドづくり、頑張りましょう。自分たちが子どもの頃と、今の小・中学生をとりまく状況はずいぶんと異なるので。それをちゃんと知っておいていただきたいと。ピルのこと・子宮頸がん予防ワクチンのこと・そして性的マイノリティーの事などもちゃんと入れなくては。他人事と思わないで欲しいことばかりです。

そして、その次の日曜日です。

2019_9

ワンストップセンターで必要があって父娘の入浴を調べてみたのです。そしたら、とんでもなく広がりがあって。基本は、子育ての中での子どもの自立と、家族間のプライバシーの問題であると気づきました。外務省の警告もびっくり。これらのお話をして、皆さんと一緒に考えたいと思います。さ、資料作り、頑張りましょう。

昨夜は、四金会の納涼会でした。もう、38年も前、土谷病院に赴任した時から、参加させて頂いていた四金会。あの頃の会場は、本通りグリルでした。行くと、肉?魚?と聞かれて。肉というと、ステーキが、魚というと、大きなエビフライが運ばれてきて、それをワイワイと話しながら食べてから始まりました。いつも、一つのテーマについての勉強会でした。あの頃いらっした先生方は、ほとんどなくなってしまって。一番の若手だった私が、今は古手となって、若い先生方と話を楽しんでいます。

昨日は、ANAの屋上のビアガーデンの予定が、雨で中止。一階のバイキングのレストランで。飲み放題でしたが、私は、帰ってから書き物があるので、乾杯のスパークリングワイン少しと、後は恒例の梅酒のソーダ割いっぱいだけ。お料理はなかなかでしたよ。出席の皆さんと。

2_20190828065401

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

平和のための広島の戦争展

昨日は、最終日ギリギリになりましたが、県民文化センターで行われている「平和のための広島の戦争展」に行きました。



24年前から行われているこの「戦争展」、今年のテーマは、「軍都広島の成り立ち、軍事拠点としての呉」。

よくもまあ、これだけの品、資料を集められたものだと、ほんとうに感心しました。赤紙、出生する兵士への日の丸の寄せ書き、戦死を知らせる電報、胸が痛くなるような品々が、戦争の悲惨さを実感させます。

展示1は、
1.ヒロシマはなぜ軍都になったのか
2.日清・日露から日中戦争へ
3.日中戦争の始まり
4.日中全面戦争
5.太平洋戦争

展示2・朝鮮半島と日本の歴史について考える
展示3・「731部隊」を知ってますか

などなど。従軍慰安婦についても、軍が慰安所を作り、女性たちを強制的に連れ去った事実の証拠も沢山展示されています。

イベント広場では、開催中ずっと講演や訴えやビデオが上映されました。

1_20190827080501





ああ、もっと早く観に来ればよかった、そして、多くの方に観て頂くように、私の立場で宣伝をすればよかったと後悔しました。

来年は、もっと、まだまだ充実させるからと言われました。来年こそ、私も協力したいと思いました。

実行委員会の皆様、ご尽力、ありがとうございました。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

宮島水中花火大会

昨日は、遅くまで診療に時間がかかりました。スタッフも残ってくれて感謝です。

その後はアストラムとJRで宮島口に行き、水中花火を観ました。昨年は豪雨災害のためにJRの臨時便の手配ができず中止。来年もオリンピックのための警備の人が手配できず、中止だと。その次は、私がどうなっているかも分からないので、これが最後かも等と思いながら。いつも、どなたかに声をかけるのですが、今回は、私と姉と姪の三人だけです。

さすがに、花火は豪快でした。このブログでも、動画がアップできればいいのですが。写真だけで。

1-2_20190825103001

6

9

7

2-2_20190825103001


帰りは、JRに乗るまでの道路がギューギューでつらかったです。JRには、運よく乗れました。

今日は、福山で講演です。車でなく、新幹線で行くことにしました。

まったく本当にひどい性暴力が次々と起こります。そのワンストップセンターの支援員の方の養成講座です。沢山のしっかりした方の支援が必要です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

子宮頸がん予防ワクチンについてさらに。

子宮頸がん予防ワクチンについて、青森の蓮尾先生が今日のフェイスブックに書かれています。先生の了解を得てここに転載させて頂きます。

HPVワクチンの積極的勧奨の停止から6年以上が経過してしまいましたが、最近市町村レベルで「定期接種は継続しています」というような通知を対象家庭に届けるなどの動きが見られているようです。

青森県八戸市医師会の理事をしている産婦人科の仲間からの情報です。 八戸市のHPVワクチン延べ接種本数は 平成23年度12020本 平成24年度4891本でしたが、 平成25年度以降激減し 平成25年度606本 平成26年度15本 平成27年度 6本 平成28年度 7本 平成29年度 7本 平成30年度44本という惨憺たる状況でした。

しかし、令和元年5月31日付けで八戸市保健所から接種対象年齢の家庭に「HPVワクチンの定期接種は継続しています。対象年齢女子は無料で受けることができます。」というような文書が送付されると 令和元年6月59本 7月44本と増加しています。文書が送付される前の数年分の接種者数を1〜2ヵ月でクリアしているのです。

私の後輩の産婦人科クリニックでは 令和元年6月12本 7月14本 全員1回目です。 小学6年生0名 中学1年7名 中学2年5名 中学3年2名 高校1年12名 やはり無料の最後の学年、高校1年生が多いことがわかります。 平成24年度までの実績に比べればまだまだ絶対数は少ない状況ですが、行政からのたった1枚の文書が各家庭に送付されるインパクトは大きいのだと実感させられました。

問題はまだまだ対象年齢女子の総数から見るとごく僅かの接種数ですので、この上昇カーブをさらに大きなウェーブにするために何が必要なのかを考え、働きかけを緩めないことだと思っています。各地区で同じような動きが出てくることを期待しています。


「守れる命を守る会」」のによると、現在行政から個別にHPVワクチンの通知をしているのは、わずかに7市町村のみです。

埼玉県深谷市、兵庫県三田市、兵庫県姫路市、鳥取県倉吉市、徳島県上坂町、奈良県橿原市、愛知県刈谷市。

例えば兵庫県の三田氏ではこのように、他のワクチンの報せと共に個別に通知されています。

Hpv

「守れる命を守る会」は科学的根拠に基づいた言論活動を支援する団体です。医学・科学の専門家、ジャーナリスト、法律家等との交流及び協力を行い、科学的な言論活動に対する誹謗、中傷、訴訟等を受けた者に対する人的物的支援を行っています。

この会の代表の石渡勇先生は、次のように言われています。

「HPVワクチンで一年間に救える命が約2500人、がんを免れる人が約7000人、子宮の円錐切除を免れる人が約6300人。海外では、2価または4価のHPVワクチンを導入しているのは約140か国、ワクチン接種の公費負担は約100か国、男性への公費負担は約30か国等。」

既に、10年前から多くの若い女性に接種を続けている国では、次々と子宮頸がんの絶滅宣言をしており、今後は、とてもまれにみられる病気となるであろうともいわれています。

WHOでは、世界中で最も安全なワクチンとされ、日本に早く積極的勧奨をするようにという勧告をしていますが、動きません。これは今、官邸預かりになっているそうで、やはり
総理が変わらなければだめなのかもしれません。



 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

昨日の事故の分析です。

昨日は、ご心配をおかけしました。私は大丈夫元気です。昨夜、少し右足が張れて痛かったのですが、これはもう時間が解決してくれるでしょう。病院には行かないままです。自転車も調子いいし、だから、自転車やさんにも行っていません。もうあの恐怖感も消えて、しかし、と、笑っています。だって、乗用車(軽ではありません)と喧嘩して自転車が勝つなんて。向こうはバンパーが落ちて、こちらは何もないというか、ペダルが少しむしられたくらいで。自転車は、ブリジストンの電動のとても重い、がっしりしたので、こんな時には助かるのだなあと改めて感心しています。

 昔、私の行きつけの歯医者さんが、私が講演に車を運転していくのを心配して、外車の堅い、がっしりしたのにしろしろ、もしも事故の時に助かるからとうるさく言われて、BMにしたら、これで安心と言われた事を思い出します。自転車もそうなのでした。それに、運も良かったですね。車が当たったのが、バンパーの位置からして、ちょうどペダルが上になった時の、自転車の真ん中だったのでしょう。だから、跳ね飛ばされても、ちょうどバランス良く、そのままで飛んで、そのままドスンと着地できたのでしょう。少し前や後ろだったら、倒れていたのでしょうし。

 運転手さんは、駐車場から出る時に、右から左折して駐車場に入ろうとする車があって、そのすきに出ようと思ったと。車の多い道路で、路上に出るタイミングがなかなかな所です。右からの左折の車がいる時には、後ろからの車が止まっていますので。だから、私が歩道から車道に飛んで出ても、車がいなくてかすんだのですね。でも、歩道を通って道路に出る時には、左もきちんと見なくては。それに、出る時のスピードがひどいものでした。左を確認せず、スピードを出して出てきたのでは、もしも歩行者がいたら、大変なことになる所でした。

私で良かった、それに重い自転車でよかった、そう思っています。それにしても、どうしてあの瞬間は、スローモーションのように頭に残るのでしょうね。上に飛んでいる時に、ハンドルをしっかり持って、バランスを崩さないようにしていたのが、はっきり残っていますもの。

昨日から、急なことで急ぎの書き物を仕上げなくてはいけなくって。裁判所への意見書です。いえ、私がさぼっていたのではなく、昨日、初めて弁護士さんに会って証拠や書類を見せて頂いて、実は、もう締め切りが過ぎていて待ってもらっているので、早く書いてくれますかと頼まれたのです。ヒエーッですが、それなら、今すぐここで書きますのでと、弁護士事務所で書いて読んでもらいました。その後、昨夜もう少しここをこんなふうにという電話とメールが来て、今朝追加を書きました。性暴力についてのこの手の上申書や意見書をこんなに早くに書き上げたのは初めてです。依頼された翌朝に仕上げたのですから。

ですから、ブログは書けませんでした。今、診療後、今日のうちにと書いています。そうでないと、昨日の事故で具合が悪いのではないかとさらにご心配をかけてはいけないと思ったもので。今日のブログは写真はこの前に行った横浜の、カープの選手と同じホテルでの朝ごはんです。バイキングですが、シェフがステーキを焼いてくれました。ごはんは、半分シラスの大根おろしで、半分は、カレーで。たっぷり食べたので、お昼ご飯は無しです。

Photo_20190823195201


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

車にはねられたけど・・。私も自転車も丈夫です。

情けないことがありました。今朝までかかって、やっとこの日曜日、25日の講演の資料を作り上げました。今回は、新しく文章を考え、自分の本からコピーをしたり統計を調べたり、いろいろと時間がかかって作り上げました。やれやれです。ホッとして。

2019


ちょっと用があるので自転車で出かけていて。車にはねられました。歩道を走っていたのですが、歩道に面した駐車場から突然結構なスピードで車が出てきました。キャーっと声が出ました。アッという間で、自転車を止めることができませんでした。大きな音がしてぶつかって来て、自転車ごと歩道から車道に2~3メートル飛びました。でも、ハンドルをしっかり持って、倒れず着地しましたよ。そこに他の車が走ってなくてラッキーでした。ぶつかった車はバンパーが取れて飛んでました。それでも、不思議なことに、私の自転車はペダルがぶつかったようで、少し傷ついていましたが、壊れてはいません。もともと、丈夫で重い自転車です。それも良かったみたい。

でも、あまりに怖かったので、気持ちががくがくで。やがてお巡りさんが来て、パトカーと事故処理車が来て、大げさなことになりました。ぶつかった方の足が痛いのですが、表面はなにも傷ついていません。

一通りの調べと手続きが済んで、でも、気持ちはあのぶつかる瞬間と飛んでいる時のことがスローモーションのように頭に残っていて、怖くて。用を済ませて、気持ちが沈んでいる時は、ごはんを食べましょうと思いましたよ。

で、通りがかりの「栄屋」さんに。

ここで東方神起や黒田さんやフミヤのサインを見て、ちょっと元気になりましたね。

1_20190822151001

2_20190822151001

食べたのは、ミニのかき揚げ天丼とミニのうどんのセット。520円。

3_20190822151001

美味しく戴き終わる頃には、胸の痛みも消えていました。まあ、大けがをしなくて良かった。そう思えるようになりました。これから、ワンストップセンターや弁護士事務所やらいろいろと用事があります。気を付けて行って来ます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

子宮頸がん予防ワクチン村中璃子先生

子宮頸がん予防ワクチンについてもう少し。名古屋スタディについては、昨日のブログの鈴木貞夫教授のインタビューが一番分かりやすいと思います。このワクチンについて、私はここから三日間にわたって詳しく書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-44af.html

そして。それらにも書いているのですが、村中璃子先生について、ここから4日間にわたって書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/1-2af7.html


孤軍奮闘してこられた村中先生ですが、私はこれらにも書いているように、ジョン・マドックス賞受賞のお祝いの会に行きました。ちなみに、その時は知らなかったのですが、この会の発起人のお一人がこの写真の右に座られている、ノーベル賞を受賞された本庶佑先生です。

1_20190821082301


名古屋スタディが論文になった今、このジョン・マドックス賞を受賞された村中先生が、2017年11月30日、ロンドンで行われた授賞式でのスピーチが、今の日本のワクチンの忌避の状況をよく示しており、意味があることとと思いますので、ここに再掲します。

世界では毎年、53万人が子宮頸がんと診断され、27万の命が失われている。
現在では子宮頸がんを防ぐワクチンがあり、世界130カ国以上で使われているというのに。
 
しかし、近い将来、ワクチン接種率の高い国では、子宮頸がんは歴史の本でしか見つからない過去の病気となるだろう。

けれども、その道のりは決して簡単ではない。

2013年4月、子宮頸がんワクチンは日本でも定期接種となった。ところが、それから2か月後、日本政府はこのワクチンを定期接種に定めたまま積極的接種勧奨を「一時的に」差し控えるという奇妙な政策決定を下した。けいれんする、歩けない、記憶力や成績が落ちた、不登校になったなどという訴えが相次いだためだ。

脳波に異常のない「偽発作」に代表されるように、小児科医たちは思春期の子どものこういう症状は、子宮頸がんワクチンが世に現れる前からいくらでも見てきたと言った。厚生労働省の副反応検討部会も、副反応だと訴えられている症状は、ほぼ間違いなく身体表現性のものだろうという評価を下していた。

親たちは娘のけいれんする姿や車椅子姿を携帯電話やスマートフォンで撮影し、インターネットに投稿した。メディアからの取材にも積極的だった。大多数のまっとうな医者たちは「心ない医者に、心の問題だと言われた」などと激しく批判されて面倒になり、みんな黙ってしまった。

世界中どの国でも新しいワクチンが導入されればそれに反対する人は必ず出てくる。しかし、日本には、他の国にはない厄介なことが2つあった。ひとつは、政府がサイエンスよりも感情を優先した政策を取ったこと。もうひとつは、わざわざ病名まで作って、子宮頸がんワクチンによって引き起こされたという薬害を唱える医者たちが登場したことだ。

その名はHANS(ハンス)、子宮頸がんワクチン関連免疫異常症候群。HANSを唱える医師たちの主張は、患者の訴えと印象に基づいており、決して、エビデンスを示すことはなかった。代わりに、エビデンスを示せないのは、現代医学が十分ではないからだと糾弾した。しかもHANSは「ワクチン接種から何か月、何年経っても起き」「消えてもまた現れ、一度なったら決して治らない」のだという。

昨今、科学的根拠に乏しいオルタナティブファクトが、専門的な知識をもたない人たちの不安に寄り添うように広がっている。私は医師として、守れる命や助かるはずの命を危険にさらす言説を見過ごすことはできない。書き手として、広く真実を伝えなければならない。これが、メディアに執筆を始めたきっかけである。

子宮頸がんワクチン問題は、エボラ出血熱から水素水まで、私が取り扱ったさまざまなテーマのひとつに過ぎない。この問題が、原子力爆弾のように何千・何万もの人々の命を危険にしていると気づいたのは、1本目の記事を出してからのことだ。私はただ真実を書いてきただけであり、このワクチンを推奨するために書いたことは一度もない。

最初の記事がビジネス誌「Wedge」の誌面とオンラインに掲載されたのは2015年10月だった。この記事は文字どおり数百万の人々に読まれ、子宮頸がんワクチンの安全性に関する議論を再開させるきっかけとなった。その後も私は取材、調査を続け、このテーマで20本以上の記事を発表した。

メディアを通じて、子宮頸がんワクチンの危険性を煽るミスリーディングな映像とストーリーが日本社会に広まっていったある日、厚労省が指定した子宮頸がんワクチン副反応研究班の主任研究者で信州大学の元教授だった神経内科学医、池田修一氏が、厚労省の成果発表会である衝撃的なマウス実験の結果を発表した。池田氏は当時、信州大学の副学長で医学部長を務めていた人物である。

池田氏は「子宮頸がんワクチン」と書かれたマウスの脳切片だけが緑に光る、白い円でその部分を強調した画像を見せながらこう言った。

「明らかに脳に障害が起きている。子宮頸がんワクチンを打った後、脳障害を訴えている少女たちに共通した客観的所見が提示されている」

池田氏によれば、インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチン、子宮頸がんワクチンをそれぞれマウスに接種して10か月後に脳を観察したところ、子宮頸がんワクチンを打ったマウスの脳だけに異常な自己抗体が「沈着」したという。池田氏のこの発表は、夜の人気ニュース番組でも放送された。

それから2週間後の3月末、子宮頸がんワクチンの被害を訴える人たちが、日本政府とワクチン製造企業を相手取った集団提訴を予告する記者会見を行った。日本政府は、積極的接種勧奨の「一時的」差し控えを継続。そして、「一時的」が3年にも及んだ昨年7月27日、日本政府は世界初の子宮頸がんワクチンによるものだという被害に対する国家賠償請求訴訟を起こされた。

数か月にわたる調査の末、私はマウス実験をデザインし、実施した研究者を探しだした。研究者は私に、池田氏が発表した脳切片は、実はワクチンを打っていないマウスの脳切片だと語った。ワクチンを打ったのは、数か月の加齢だけで自己抗体が自然にできる非常に特殊な遺伝子改変マウスだった。このマウスから、自己抗体たっぷりの血清を採り、別の正常マウスの脳切片にふりかけ、写真を撮ったという。

用いたマウスの数は、各ワクチンについて「マウス1匹」。投与したワクチンはヒトへの投与量の100倍だった。

私は池田氏が発表したこの実験を「捏造」と書いた。

池田氏は「他の研究者がつくったスライドセットから1枚のスライドを引用しただけなので、捏造とは名誉棄損である」といって私を訴えてきた。池田氏の弁護士は「争点は、子宮頸がんワクチンの科学の問題ではなく、捏造という表現の問題だ」と主張した。池田氏の弁護士は、日本における主要薬害訴訟で原告側に立ち、中心的な役割を果たしたことで有名な人物である。

被害者団体の行動は非常にプロフェッショナルだった。抗議の行き先はメディアの編集部ばかりではなかった。時には出版社の株主の社長室であり、時には株主の会社に影響力のある政治家のところだった。元東京都知事の娘で被害者団体と親しいNHKプロデューサーは、私の住所や職場や家族構成を知ろうと熱心だった。私と家族には山のような脅迫のメッセージが届いた。

メディアは、私を使うのを止めた。連載はすべて打ち切られた。刊行日が公表され、著者近影の撮影も終わり、表紙と帯までできていた書籍の刊行も中止となった。その後、日本を代表する8つの出版社に刊行を打診したが、すべての出版社が同じことを言った。

「非常によく書けた、読み応えのある作品です。でも、今はわが社からは刊行できません」

日本では毎年、3000の命と1万の子宮が失われている。

母校北海道大学で講演をした際、ひとりの若い産婦人科医が私にこう尋ねた。

——僕たちだけあとどのくらい子宮を掘り続ければいいんですか。
子宮を「掘る」、すなわち子宮を摘出するという意味だ。

日本では国家賠償請求訴訟が終わるまでには10年を要すると言われる。また、訴訟が終わるまで、接種再開を決断できる首相や官僚は出ないだろうとも言われる。よって、もし子宮頸がんワクチン接種再開まであと10年を待つ必要があるとすれば、日本人の産婦人科医は、いったいいくつの子宮を掘りだせばいいのだろうか。

答えは「10万個」だ。

掘り出した10万個の子宮を想像してほしい。その持ち主である女性たち、そこから生まれ母を失った子どもたちを。そこから生まれてくるはずだった子どもたちを。

一方、私の古巣でもある、世界保健機関(WHO)のワクチンの安全性に関する諮問委員会GACVSは、今年7月に出した子宮頸がんワクチンに関する最新の安全性評価をこう結んでいる。

“科学的分析とは裏腹に、世界では症例観察に基づく誤った報告や根拠のない主張が注目を集めている。合理的根拠に乏しい主張によって接種率の低下する国が増え、実害をもたらしていることに対し、委員会は引き続き懸念を表明する。今後もモニタリングを続け、大規模データの解析を通じてワクチンへの信頼を維持していくことが大切だが、その過程で結論を焦り、文脈を無視した、確たるエビデンスのないアーチファクト(二次的な事象)が観察されることがある。これこそが「挑戦」だ”

長く大変な道のりだった。しかし、私は今日、このような素晴らしい賞を受賞することができた。私はこの2017年ジョン・マドックス賞を与えられたという事実を、こうした子宮頚がんワクチンをめぐるアーチファクトやオルタナティブファクトに対し、世界中で行われている挑戦の象徴として受け止めている。

しかしながら、この場を借りて1つだけお願いしたいことがある。今週に入ってから、9番目に話をした出版社である平凡社から、本の刊行を決定したという連絡をもらった。本はできている。私の夢はこの本が、世界中の病院やクリニックの待合室に置かれて読まれることである。ぜひ海外の版元にも、この本の翻訳・刊行をお願いしたい。本のタイトルは「10万個の子宮」という。

推薦してくれた日本産婦人科医会の木下勝之先生、石渡勇先生、北海道大学小児科の有賀正先生、国立成育医療センターの五十嵐隆先生に感謝します。私を信じてくれた京都大学医学研究科の本庶佑先生、松田文彦先生、ウェッジ元編集長の大江紀洋さんと、私の次の仕事を辛抱強く待っていてくれる読者の皆さんに感謝します。そして、何よりも、私の不在と上の空に耐え支えてくれた家族と、このような形で私に名誉を与えてくれたジョン・マドックス賞関係者の皆さんに心からの感謝の意を表します。

本日はこのような名誉ある賞をいただき、本当にありがとうございました。

© 2017 Riko Muranaka*     *     *     *

書名をクリックするとアマゾンから予約できます。

村中璃子『10万個の子宮──あの激しいけいれんは本当に子宮頸がんワクチンの副反応なのか』 平凡社 2018年2月刊予定

下の「サポートをする」ボタンから応援金やご祝儀も宜しくお願いします。

英語版"A Hundred Thousand Wombs"はこちらから

photograph by mateo miguel

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

子宮頸がん予防ワクチンについて再度

子宮頸がん予防ワクチンについては、日本では、「副作用についていろいろと間違った報道がなされ」その結果接種する人が激減しているのは、もう誰もがご存じのことでしょう。

私は、副作用についての報道がなされても、全く動じませんでした。これまで、ずっとずっと、子宮頸がんの検診をする人達には、予防ワクチンについてのチラシを渡し続けました。

これもご存じでしょうが、今も「定期接種」は有効です。小学校6年生から高校1年までの年齢の女性が接種するのは無料です。半年で三回接種して大体5万円かかりますが、それが無料で受けられます。

今、私のクリニックでは、ひと月に10人前後の人達、ほとんどが中学生高校生ですが、接種を受けています。今月は11人です。

今ここでこれをお伝えしようとするのは、高校1年生は、来月、9月に接種を始めないと、3月までに終了しなくなるという事だからです。

問題の」「副作用」について。名古屋スタディという調査があります。名古屋の河村市長の委託を受けて名古屋在住の7万人対象の大規模な調査がされました。河村市長は、薬害エイズなどの被害者にとても理解のある活動をされていました。そして、子宮頸がん予防ワクチンの被害者会の方々に会い、健康調査をして欲しいという陳情を受け「全件調査をすることによって、ワクチンと副反応被害の関連性を証明したい」と記者会見をしています。

ところが、その調査の結果、「ワクチンと副反応の間には、関連性が認められない」ということが明らかになったのです。それを受けて、河村市長は「びっくりした」と言っています。

この度、その調査について、論文が発表されました。英語ですが。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405852117300708


そして、この調査をした名古屋市立大学の鈴木教授への時事メディカルのインタビュー記事がここにあります。

https://medical.jiji.com/topics/1184

1_20190820083401

既に、子宮頸がん予防ワクチンが開発され、世界中で接種されて10年。多くの国々で「子宮頸がん克服宣言」がなされています。今や日本も含めたアジアの病気「アジア人が罹り、アジア人が死んでいく」となりつつある子宮頸がんです。早期発見すれば死ななくて済むと言われますが、若い人がかかり、若い人が子宮を失って行く、さらに若い人は進行も早い、こんな日本の状況です。私のクリニックでも、検診で陽性が出る人は20代が一番多いのですね。

Photo_20190820084601

せっかく無料で受けられるワクチンです。どうぞ、次期を失しないようにして頂きたいと思います。疑問がある方、迷っている方、どうぞいらっして下さい、直接詳しくお話します。その上で納得して受けられますように。勿論、接種されるご本人、中学生でも高校生でも、このワクチンについて、さらに大人になったら健診を受けましょうねということもきちんとお話したうえで接種しています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

横浜球場で。

今日から診療再開で、かなり忙しくなると思います。それに、一週間、せねばならないことをしないままでいたので。離れていたので、これから一週間のうちに講演のスライドを三つ作らないといけません。それぞれテーマが違うので、なかなか大変です。今日の夜から、ほぼ徹夜状態かな?

さて、夏休みの終わりに横浜球場行ってあれこれ思ったことを書いておかなくては。

第一に、球場がとても変わっていました。東京オリンピックの何かをこの球場でするらしくて、そのために工事が急遽されていて、観客席が増えていました。ずっと上まで沢山の座席が。まだこれからも座席を増やす工事が続くのだそうです。上まで全部埋まっていて、圧倒されました。マツダスタジアムも今年はずっといっぱいでチケットの入手がむずかしいのですが、横浜も難しいのですって。何しろ盛り上がっていて、すごい応援でした。

4_20190819082401

巨大なフラッグが出て来てびっくりしました。ライトの座席を覆うほどのフラッグ、これは、球団が作ったの?

5


それに伴って。以前は結構空いていて、カープのファンも大切にしてくれていました。カープファンのおかげで収入が保てていると聞きました。例えば、キャリーバグなど大きな荷物は、全ての入場口でサッと預かってくれて、出るときもほとんど3秒で荷物が出て来ていました。今は、自己責任で、ロッカーに収めるか、もって入って邪魔にならないようにという事でした。もう横浜ファンだけで十分という感じですか。

私たちの座席は、三塁がわなのに、回りは横浜ファンだらけで、孤立していました。隣に静岡から仕事を終えていつも来ているというカープファンのおじさんがいて、そのおじさんと一緒に盛り上がることができましたが。一緒に大声で歌って、ホームランでは、立ち上がって宮島さんを歌ったり。でも、私の後ろにいるカープファンに振り向いてバットを共に打ち当てようとすると、戸惑われたり。周りからシーンとして見られていて、かなり目立ったのでは?広島とは、雰囲気が違うと思い知りました。

もっと、カープファンが多い座席のほうがいいなあと思いました。それに、写真にあるように、太いクッションまいてあって。これがじゃまになって、とても見えにくくて。一番前なんて、座るものではないと思いました。孫は、全然見えないと、かわいそうでした。

DNAがお金持ちだからでしょうね、プレゼントも広島ほどしょぼくありません。選手のグローブも五個とか、Tシャツなんて、何百個の数でしょう。チアガールが多人数でズコズコ打ったり、車でダダダダッと大砲のように連射したり。

それから、試合終了後のイベントがすごかったですよ。私はトットとかえりたかったのですが、息子たちがイベントを観るというので。ヒーローインタビューなんて、長々と見たくもなかったのですが。その後、ヒーローたちは場内を車で一周ですよ。大げさな。さらに場内を真っ暗にして、青いペンライトが揺れて。そして、花火が盛大に。こんなイベントで若者たちをひきつけているのでしょうね。球団が努力しているのだと良く分かりました。

まあ、それにしても、試合がしょぼくて。選手の心理をちゃんと考慮しない監督は、もういりません。

もう優勝は無理でも、せめてクライマックスシリーズには残ってね、でも、今のようだと、それも一回線で敗退かな?

そうそう、ホテルの中のセブンイレブンに行ったら、カープの選手が大人数買い物に来ていました。一目で分かりました。やはりガタイがいいですねえ。とても目立ちます。ホテルのロビーには、写真を撮ったりサインを求めたりしないようにと張り紙がしてありました。以上横浜からの報告でした。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

新横浜です。

おはようございます。新横浜のホテルからです。


Photo_20190818075701

もうすぐ新幹線で広島に戻ります。

昨日のカープ、さっぱりでした。バチスタに何があったのか、とても残念ではありますが、詳細が分からないので。風邪薬を飲んだだけでも、ドーピングに引っかかることもあるし。としたら、そういうことをきちんと伝えていない球団の問題もあるでしょうし。

それに、昨日のスタメン、何をしているの?どうしたの?というという思いで。その後の選手の入れ替えも、もうこの試合は投げたという事なのでしょう。そしたら、ファンに対しても、とても失礼なことですし。途中退場した菊池がキャッチボールの相手をしている所です。

1_20190818075601


久し振りに横浜スタジアムに行って、DNAはファンを一生懸命大切にしようとしていることが良く分かりました。カープ球団みたいにしょぼくありません。プレゼントにしても、イベントにしても。カープファンが圧倒されたみたいでした。半分近く、カープファンだったのに。

2_20190818075601


監督の考えることがさっぱり分かりません。選手は頑張っているのは分かるけれど。ま、もうおしまいですね。

ホテルに戻って、孫の催促のリカちゃんのクリスマスのスカートだけ作りました。上半身裸なので、糸をまいています。

1_20190818075701


作るのが大分早くなりました。

帰りの新幹線の中では、もってきているお仕事兼お勉強です。午後広島に到着して、会議に直行します。これで、私の夏休みもお終いです。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

東京の孫の家です。

東京の息子の家にいます。息子は朝7時に仕事に出かけました。午前中の勤務で帰って来るそうです。ママと孫は、英語教室に行きました。お昼には私もママと一緒に英語教室にお迎えに行って、お昼ご飯を食べて帰ります。午後はみんなで横浜に移動です。カープ、昨日は勝ち!2位!浮上ですね。今日もしっかり応援しますよ。そうそう、今晩は、息子の家族と一緒に横浜にお泊りします。カープの選手と同じホテルですよ~。孫に言うと、「一緒に寝るの?」ですって!!娘も合流する予定だったのに、仕事が入ってダメになりました。ホテルがもったいないことですが、仕方がありません。

昨夜は夕飯後カラオケです。孫がとてもしっかり歌えるようになって、びっくりです。それも踊りながら歌います。楽しくって。それにしても、私が知らない歌ばかりです。

2_20190817101601


私はこんな幸せな部屋で寝ました。

1_20190817101601

私がもって行ったリカちゃんのお洋服を喜んで着せています。帽子はすみっこぐらしの人形がかぶっています。

4_20190817101601


水着の上に着るパーカーは新幹線の中でかつかつ仕上げました。間に合って良かったです。

4_20190817102801


早速次の注文をされましたよ~。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

東京に行きます。

台風は私の住まいでは、大したことなく済みました。昨日一日中、結局一歩も外に出ないで、家の中であれこれして過ごしました。今日、午後の新幹線で東京に行きます。少しの時間ですが、孫たちと過ごしたくて。

孫にお土産を作りました。

1

リカちゃんの水着と麦わら帽子です。水着の後ろには、4ミリの小さなスナップを二つ縫い付けて、脱ぎ着がしやすくなっています。帽子は麦藁帽子なので、麦わらの線がちゃんと出るように編んでいます。

と簡単に言ったけれど、もう、これらが本当に難しくて、時間がかかって。何度やり替えやり替えしたことでしょう。水着は、ちゃんと胸のふくらみもあるし、ウェストは細くなっているし。デザインは良くできていると思います。が、作るのは、それはむずかしくて。

2_20190816123801


水着の上に着るパーカーをつくっていたのですが、袖を編む所で、どうしたことか糸が足りなくなってしまいました。今日、出かける時にそごうの手芸やさんに寄って糸を買っていきます。そして新幹線の中で続きを編もうと思っています。

まだまだ孫は、リカちゃんのハローウィンのドレスやクリスマスのサンタのドレス等を楽しみにしているのですが、それは季節に応じて、作って送ろうと思います。そうでないと、ほんとうに時間がかかって、なかなかですもの。

小さいから、直ぐにできるだろうとたかをくくっていたのが、とんでもありませんでした。糸は細くて、針も細いので、普通の服や帽子を編むのと、手間は同じでした。その上、頭が老化しているので、増し目や減らし目の数を数えながらがすぐに分からなくなって、もう一度やり直しとなってしまいます。でも、編み物は頭を使うので、呆け防止にいいトレーニングになると思います。コツコツと編みましょう。

ところで、明日の土曜日、横浜スタジアムのカープの応援に行きます。三塁側の丁度三塁ベースの少しホーム寄りの一番前と二番目に息子一家と二人ずつ座っています。テレビに映るかもしれません。きっと大騒ぎしていると思いますので、見て下さいね。日曜日の午後に大切な会議が入ったので、日曜の朝の新幹線で帰ります。日曜日、目いっぱい孫と過ごしたいと思っていたので、ちょっと残念です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

広島に帰って来ました。

台風でどうしようと思ってましたが、昨夜の内に無事帰って来ました。雨風とも大したことなく、途中、大竹から久我まで25キロの渋滞という報せにおののきましたが、私たちが近づいた時には、もう渋滞も解消していて、ほんとうにどうってことなく帰れました。昨日のお昼に大分市の兄の所に行ったのですが、その時は一時土砂降りでしたが、帰る時にはなんともありませんでした。ご心配をおかけしました。

昨日は、河野の実家のお盆の供養は誰もいないところで、二人で仏壇を拝んで終わりです。

2_20190815101701


その後は地域の初盆供養に夫が行ってお香典をお供えしました。これ、いつまで延々とするのだろうかと。うーん、私たちが毎年行ってお参りをしないといけないのだろうねえと話しながら、午後6時にそこから帰途につきました。

帰り道、私は下松のSAで食事をしたいので、休みなしでひたすら運転をしましたよ。そこのレストランは午後9時半がラストオーダーなのです。無事9時10分に到着。

私が食べたかったのは「晋作おもてなし御膳」。夫は海鮮丼。

Sa1

Sa2

午後11時無事自宅に到着です。今ネットで見ると、高速道が通行止めになっています。昨夜の内に帰ってきて、ほんとうに良かったです。

新幹線も今日は終日運休だけど、明日は大丈夫そう。カープは今日移動日だったはずですが、どうするのでしょうね。明日の新幹線や飛行機は人が殺到しているでしょうし・・・。私は明日の新幹線には乗れそうです。

さて、そのほか。二泊三日で釜山に行っていた姉と姪は無事に帰って来ました。日韓の軋轢等は全く問題なく、楽しくすごしたそうです。

大分にいる私の兄は、胃がんと膀胱がんが進行していましたが、何とオプジーボが奏功していて、CA19-9が15000もあったのが、今月は308まで下がったのだそうです。何の副作用もなく、他の血液検査のデータを見せて頂きましたが、肝機能も腎機能も素晴らしく健康な数値でした。顔色も良くって、うれしいことです。こうして人間社会は徐々に癌を克服していくのでしょうねと義姉と話をしたことでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

大分で墓掃除

別府にいます。台風が近づいています。明日帰る予定なのですが、丁度明日の朝から晩まで台風の直撃に合いそうです。さて、今日の夜帰るか、明日の台風が通り過ぎた後帰るか、悩んでいます。本当は、今日の昼の内に帰りたいのですが、今日の夜に、河野の実家の初盆の供養があって、それに参加しないといけません。昨年は義母の初盆だったのですが、今年は、地域の人たち五人が亡くなっており、その方たちへのお供えを持って行きます。それは公民館の盆踊りの会場で行われるのですが、雨風で盆踊りは中止になっても、初盆の供養は決行されるのだと。それが済んですぐに出発しても、夜中の雨の中の運転は気が進みません。やれやれです。

昨日は、午前10時半に広島の家を出発、途中美東で一度だけ休憩、うどんを食べて、午後3時に別府の家に到着。即、着替え、夫は長靴で水や線香やろうそくを持って、途中お花を買ってお墓へ。山の麓に車を置いて、山道を登ります。カンカン照りのすごい熱さで。到着するともうふらふらでした。お墓の掃除、古い臭い水を捨てて、新しく水を入れてお花を活けた後、お墓のふき掃除。セミはうるさく、鳥のきれいな鳴き声は癒されるのですが、とにかく暑くて。きれいになったお墓にろうそくと線香をつけてお参りです。

Photo_20190814101901

その後はローソンんでお供えの品を買い、実家に行き、仏壇にお参り。今、河野の両親はお墓から家の仏壇に戻ってこられたという事です。出発前にもう一度お参りをします。

とにかく38度のすさまじい熱さ、顔は真っ赤に日焼けし蚊に5箇所かまれ、夫も私も体がしんどくて頭痛がして、これは熱中症だわとなりました。その後は大きなスーパーで買い物をし、そのお土産を持って義姉の家にごあいさつ。これで昨日の一連の務めは終わりました。

ぐたっです。広島でないので、テレビはカープの放映はありません。アイパッドのラジコで聞きました。勝って良かったですね。今日はどうでしょう。中止でしょうか?試合決行なら、ラジコで試合を聞きながら(Wi-Fiの状況で途切れ度切れですが)帰るのかも、です。とにかく、明後日の午後2時50分の新幹線に乗りたいのです・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」河合弘之さん

昨日のカープ本当に疲れました。試合中は、暑くてたまらなかったけれど、稲垣ホームの友美さんと優君と楽しく過ごしました。でも、一点差で負けて家に帰ると、ぐったりでしたね。「一点差の負けは監督の責任」と言われるけれど、これがずっと続いているのですもの。もうこれでカープは終わりかも。

台風が心配ですが、私は今日から大分行です。今日の内に墓掃除。そして墓参り。河野の実家の当たりでは、墓参りは二回しなければならないのです。お迎えとお送りと。それに地域のお盆の行事も。墓掃除しても、台風で・・。地域の盆踊り、初盆の方たちのお盆行事、雨風の時どうなるのかしら。ま、なるようにしかならいでしょう。私がもっとも苦手なのは、やぶ蚊です。お墓は山の中です。どれだけ虫よけでカードしても、厚手のズボンの上から刺されまくります。いつぞやは、あんまり沢山刺されて、震えが来ましたもの。

さて、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の事、今日でいったんけじめです。

今年の平和講演は、弁護士の河合弘之さんにお願いしました。「ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、原発再稼働」のタイトルでお話頂きました。河合さんは、脱原発弁護団全国連絡会・共同代表。伊方原発運転差し止め広島裁判の弁護団長。映画「日本と原発」シリーズの製作・監督でもあります。

大きな声で迫力のある講演、今の日本と世界の状況。これから先、日本が進べき方向等とても分かりやすく話して頂きました。

これも、さとうしゆういちさんのフェイスブックから頂きますね。


8・6ヒロシマ平和の夕べ 河合弘之さん講演(骨子)

・アメリカは今でも原爆を使ったことは反省していない。

・戦後は、原爆は大国限定で認め、他の国には原発のみを認め体制をつくった。原発で核兵器産業が儲かると言うこともあった。

・原発と原爆は本来表裏一体。だから、反核運動をやっている人は原発に反対しないといけないし、反原発運動をやっている人は核兵器に反対しないといけない。

・核兵器に反対することについては反感は少ないが、原発に反対することは、(特に3・11以前は)国・電力会社・経済界などからなる原子力村の利権に関わることで、反感・憎悪の対象になった。

・再稼働が止まらないのは「今だけ、金だけ、自分の会社だけ」だから。原発をなくした場合、設備を一挙に減価償却しなければならず、会社が赤字になるのを恐れている。

・また、一部の政治家には核兵器の保有能力を潜在的に持っておきたかった。しかし、そもそも日本で6回も核実験をする場所はない。

・フクシマを忘れてはいけない。子どもの甲状腺ガンは100万人に1人の珍しい病気だが、フクシマでは367000人に対して200人もの患者が発生している。「スクリーニング効果」があったにしても、あまりにも多すぎる。

・政府は「原発事故の影響は考えにくい」とし、逃げている。完全否定はしないが、影響がないことを前提に政策を進めている。

・なぜ、被害者への差別が起きるか?それは、被害がなかったことにしたいことの裏返しである。

・原発は自国にのみ向けられた核兵器だ。

・日本は面積あたりの地震が世界平均に対して130倍も起きる国だ。そんな国が原発を絶対つくってはいけない。

・パリ協定は、先進国側が途上国側に再生可能エネルギー(発電所)を売ることでこれまでの先進国vs途上国の対立を解消した画期的な協定。アメリカはトランプは離脱したが、大きな州や民間レベルでは勝手にどんどん再生可能エネルギーを進めている。

・再生可能エネルギーは大きくコストダウンしている。他方、3.11を受けて安全基準が厳しくなった原発は割に合わなくなっている。日本はこのままではおいていかれる。

・とはいえ、NHKや日経新聞が再生可能エネルギーでこれ以上おていかれるとまずいという問題意識を持っているようだ。

・最終的には日本でも原発より再生可能エネルギーになるだろうが、「果報は寝て待て」ではいけない。それまでに日本でもう一度原発事故が起きたら、アウトだから。原発をいますぐやめさせることと、再生可能エネルギー推進を両方やっていく必要がある。

講演終了後、水戸喜世子さんから、サプライズで「ノーベクレル賞」が河合さんに授与されました。

さとうさん、ありがとうございました。

水戸さんからノーベクレル賞の授与がされている所です。

86201913 86201914

来年は、被爆75周年です。来年に向けて、もうこれから始動です。

もう一度、ほんとうに皆様ありがとうございました。参加して下さった方、講師の方々、熱くお礼申し上げます。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」水戸喜世子さん、阿部ゆりかさん

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、今年の福島については「フクシマ原発事故、被ばく、避難」として子ども脱被ばく裁判の会・共同代表、同支える会西日本代表の水戸喜世子さんと、高校生の阿部ゆりかさんのお二人の対談の形でお願いしました。このおばあちゃんとお孫さんのような雰囲気がとても良くって、皆さんにも好評でした。阿部さんは、福島の原発の事故以来、転々と引っ越しし、今は京都で生活をしています。福島から来たと言う事でのいじめの体験や、韓国に行っての若者たちとの交流、ソウル市長との面会のこと等について話して頂きました。

8620194

子ども脱裁判について。当日配られた参加者へのメッセージを掲載します。字が小さいので、半分ずつにして。

86201918 86201919

リーフレットから。

8620191686201917

 

この度、スタッフの竹田宛に、阿部ゆりかさんからメールが届きました。竹田とゆりかさんの了解を得て、転載します。

お話させていただける機会を頂けたこと、本当に嬉しく思います。今日(7日)も、平和公園や資料館を案内していただいて、お弁当箱も見せて頂きました。これまでに広島を訪れたことはありましたが、全滅した二中のこととか全然分かっていなかったので、直接教えていただけてとても勉強になりました。ありがとうございます。

自分自身、発見の連続で大きく視野の広がる3日間を過ごさせて頂きました。ヒロシマ・ナガサキや沖縄、フクシマの悲劇が繰り返されぬよう、反戦・反核を訴えていきたいと改めて気づかせて頂きました。今年、広島に来れて本当に良かったです。またお会いしたいです!!! 本当に本当にありがとうございました!!!

            阿部ゆりか

水戸さん、ゆりかさん、ありがとうございました。まだまだ暑さが続きます。どうぞご自愛なさって下さいませ。ゆりかさんは、受験ですね。ご健闘を祈ります。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」高里鈴代さんのお話


「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、ヒロシマはもちろんですが、沖縄と福島を決して忘れないという事でこれまでも続けてきました。今回の沖縄からは、「沖縄の女性」に焦点を当てました。

私はずっと以前お話を伺った事がある当時沖縄強姦救援センターの高里鈴代さんにお願いしました。当時、沖縄の女性たちの米兵による性暴力の被害は目を覆うばかりでした。その後も、沢山の被害が報道され続けています。

高里さんの講演については、せとうち新聞のさとうしゅういちさんがまとめたものをフェイスブックに掲載されましたので、それをお借りいたします。講演中の写真も、さとうさんのフェイスブックからです。さとうさん、ありがとうございました。

8・6 ヒロシマ平和の夕べ

沖縄からは元沖縄市議の高里鈴代さんが「沖縄と女たち 人権、基地、軍隊」と題して訴えました。

冒頭、3年前に女性が海兵隊に拉致された事件に対しての抗議集会の画像を紹介。

86201912


高里さんは、長崎に原爆投下したグラマン機が沖縄によって給油しテニアン島に戻ったという事実を長崎を訪問した際、
知って衝撃を受けたそうです。

戦時中の日本軍は、沖縄に本土を守るため、32軍をつくり、145も慰安所も設置したそうです。韓国からも台湾からも
本土からも、沖縄からも多くの女性が沖縄で慰安婦にされ、さらに日本軍がいなくなったあと置き去りにされてしまいました。

その後はどうか?「まとまって25000人も米軍が集中しているのは世界でも沖縄だけ」と高里さんは強調します。

そんな中で、女性も(アメリカ兵を相手にした)「ドルの稼ぎ手」とされていました。

戦時中から、アメリカ軍がやってきたあとまで、沖縄の女性が一貫して置かれてきた位置がよく分かりました。

1995年の少女暴行事件が発生しました。それを契機に1996年のSACO合意で普天間基地辺野古移設及び、
北部訓練場の半分返し、高江にヘリパッドをつくることが決まりました。
だが、これは、海兵隊や軍隊の削減にはなっていませんでした。

また、日米地位協定により、ヘリの事故があっても、(米軍基地の外の民有地であっても)現場には消防隊が入れないのです。

米兵のレイプをうけた経験のある女性が20年後=2005年に知事に公開書簡を出しました。
「どうして我が物顔に軍隊が歩いているのか?」
と。当時の稲嶺知事は、それに丁寧に返事をだしました。沖縄選出の国会議員もこれを国会で取り上げました。
だが、当時の町村信孝外務大臣は、国会答弁で手紙を批判したのです。

2012年にも米兵による集団レイプが発生しました。
当時は、沖縄県内はオスプレイ配備への抗議行動の最中だったにも関わらずです。

沖縄県民の怒りが、明確にアメリカにつたわっていないということだ、と高里さんは
訴えました。


会場では、高里さんの共著「沖縄にみる性暴力と軍事主義」が販売されました。高価な本ですが、完売しました。私も購入しました。夏休みの間に読むつもりでいます。

Photo_20190811113401

高里さんには、遠方から来て頂いて、力強くお話し下さって本当にありがとうございました。沖縄の人たちのたゆまぬ闘いに多くを学ばせていただきまた。闘いの源は、怒りであるということが良く分かります。問題は、私たちが沖縄を孤立させることなく、これからどうするかという事だと、それを突きつけられたのだと、そう思いました。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」切明千枝子さんのお話

すでに言ってっているように、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、司会をしながら走り回っていたので、お話を聞くことがほとんどできませんでした。何人かの方が、当日のことを書いて下さっていますので、了解を得て、ここに転載させていただきます。

初めの、切明さんのお話について。高山いづみさんのフェイスブックです。フェイスブックは、そのままをシェアという形でフェイスブック内で転載することはできますが、例えば文章だけをフェイスブック外に転記させて頂くこと等はできません。ここにスクショで丸ごと転写させていただきます。高山さん、ありがとうございます。

Photo_20190810080701

切明さんのお話は、お会いした多くの方から、とても良かったと言って頂きました。その悲惨に体験はもちろん、子どもを産まないと決めていた切明さんに、「それは、障がい者に対する差別意識か」と叱って下さるドクターがいて、眼が覚めてそれから出産をしたという所もすごかったと言って下さった方。日本のアジアに対する加害が話されていて、それが素晴らしかったという方。それから、言葉がとても上品だったと言われた方も。

切明さんは、平和の夕べの最初に話して頂きましたが、その後も会場の一番前に座って、ずっと最後まで全ての方の話を聞かれました。勉強熱心なのですね。

どうぞこれからもお体を大切に、長生きをして下さいませ。かつ多くの若い人たちに体験を話して下さいますように。本当にありがとうございました。

最後に、切明さんの歌を載せさせていただきます。

Photo_2

8620191

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

奈良岡朋子さん「黒い雨」

昨日は、午後劇団民藝の「黒い雨ー八月六日広島にて、矢須子ー」を観に行きました。奈良岡朋子さんの一人芝居です。

Photo_20190809081701


奈良岡さんは現在90歳。でも、出てこられた時の姿勢はまっすぐ。はっきりした張りの有る声。井伏鱒二原作の、原爆前、投下された時、その後、取り分け若い女性矢須子のことが淡々と読まれます。ぐっと引き込まれて聞きました。ただ、一人芝居という事で何も調べないで来て。
 以前、新屋英子さんの一人芝居「チョゴリの被爆者」を見て大感動していて、そのようなものかと、それにしても、矢須子は映画では田中好子が演じたあの女性を、90歳の奈良岡さんがどう演じられるのかとか、そんなことを想いながら来たものだから。

 これは、一人芝居ではなく、ドラマ・リーディングでした。先日見たドラマ・リーディング「父と暮らせば」は、出演者が三人に、見える所でのピアノ演奏という配役で、結構動きが観られて飽きないで終わりまで引っ張られました。

これは、座ったままの奈良岡さんが、ずっと台本を読むという、動きが無いままで、退屈してしまったのもあります。これなら、本を読んだり、CDで聞いたりしたって同じ様な・・・。そんなこともチラッと思ったけれど、やはり奈良岡さんにはすごい人と感嘆しました。

その後で、一緒に観劇した観音高校演劇部OB会の國本さんと今城さんの三人で、久しぶりのおしゃべり。近くの喫茶ゲートインは、色々なパフェが楽しい所。三人がそれぞれ選んだのが、こんなの。

4_20190809082101

ひとしきり食べて話して、そして、今度はカープへ。

882

楽しかった!!です。私は、この所勝ちばかり。一日前が負けで、その日でなくって良かった。12ゲームも離されていた巨人に1.5ゲーム差。背中がすぐそこに来ましたよ。

また、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について御報告しますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」交流会

「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」の会が終了した後、参加者の皆さんと交流会を行いました。当日発言して下さった皆さんも参加して下さり、まだまだ話を聞きたい方たちとそれぞれ会話が弾みました。

河合先生は六本木男性合唱団のメンバーであるそうで、歌って下さいました。


8620199

イタリアから来られた和田千重さんは、東京芸大卒のオペラ歌手です。山本さとしさんの「広島のある国で」等を朗々と歌って下さいました。

86201910

また、和田さんは、イタリアから旗とメッセージを持ってきて下さいました。

8620198

ああ、失敗。その時は呼ばれて旗を持ったのですが、後で良く見ると、切明さんがいらっしゃいません。切明さんも交流会に参加して下さっていたのに。残念。PACEはイタリア語で平和、PEACEの意味です。

そのイタリアからのメッセージが素敵なので、ここに転載しますね。


平和のために尽力されている親愛なる日本の皆さんへ


 


私は、「核兵器、全ての戦争とテロリズムに反対するためのピエモンテ州連絡会議」のパオロ・カンデラーリです。この連絡会議への加盟団体は70以上にのぼり、多数の一般市民と様々な市民運動団体、政党、宗教団体、文化団体、労働組合などに加え、地方自治体も参加しています。


 結成されたのは2017年春、いわゆる核兵器禁止条約(TPNW)を支持、支援するためでしたが、同年77日の条約採択後は、イタリア政府にこの条約への調印と批准を求める運動と変化し、活動を続けています。私たちのスローガンは「イタリアよ、考え直せ!」


 現在に至るまで、イタリア政府はこの条約を認めていないのです。


核兵器による大虐殺を回避できる安全保証は、社会構造そのものと罪もない一般市民を攻撃、破壊することを目的として作られた殺戮兵器の全廃でしか得られない、と私たちは信じます。


 核兵器の残忍かつ致命的な威力を実際に体験され、これまでの長い年月、憲法で戦争の放棄を謳い、戦争に向かう軍備を否定し続けてきた日本の皆様に賛同します。


私たちの国の憲法にも戦争放棄が明記されています。しかし、戦争への風が至る所で吹き荒れている現在、他の諸国への平和と友好の手本ともなるべき、私たちの二つの国の賢明な憲法を変えようとする声が高まっています。


 私たちは、世界が見習うべき日本国憲法第九条を守り抜くための戦いで、皆さんが勝利されることをお祈りしています。そして、皆さんと私たちの平和への努力は必ず実ると確信しています。


 それ以外の可能性は存在しないのです。 アインシュタインの言葉通り、「人類が核兵器を撲滅しない限り、核兵器が人類を滅亡させることになる」のですから。


     トリノ市にて 20197月     パオロ・カンデラーリ


ありがとうございました。私や、スタッフの皆さんは、司会やら裏方でうろうろしていて、会の中でのお話を聞いていません。この後から、録音したのを聞こうと思いますが、参加の皆さんがフェイブック等に、発言のまとめや感想を載せて下さっています。それらを転載させて頂いていいかという了解を今お願いしています。了解頂いた方のお話をまた掲載させていただきますね。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」皆様ありがとうございました。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」無事終了しました。遠方からも参加して下さった皆様ありがとうございました。沖縄、東京、京都、大阪等から来て参加した方々にお話して下さった皆様、ありがとうございました。

そして、90才という高齢を押して、被爆前(戦争中の軍国主義日本のアジアの国々たいしての加害も)、被爆の惨状、被爆後、そして今の社会に対しての危惧、若い人達へのお願い等、網羅して話して下さった切明千枝子さん。

8620191

沖縄の歴史、その中で女性がどのように扱われ、蹂躙され、殺されて来たかを詳細に話して下さった高里鈴代さん。

8620192


澄んだ歌声で自作の「Colorful World」を歌って下さったsetomayuさん。活動の拠点である一年中でいちばん忙しい「ハチドリ舎」から駆け付けて下さいました。

8620193

いまだに力強く福島の「子ども脱被ばく裁判の会・共同代表」として活動されている水戸喜世子さんと、福島から非難し、共に活動している高校三年生の阿部ゆりかさん。ゆりかさんは、福島から山形、北海道、喜多方、沖縄、そそして京都と、転々と避難し、その過程でのいじめにあう等の体験を話して下さいました。

8620194

 今年の平和講演は、弁護士であり、映画のシリーズ「日本と原発」の監督でもある河合弘之さんの「ヒロシマ、フクシマ、原発再稼働」~核と自然エネルギーの過去・未来・現在~。力強いお話に会場中が飲み込まれるように聴き入りました。

8620195

そして、最後に電車内被爆者の米澤鐡志さんが、まとめのお話をして下さいました。米澤さんは、1回目から今回の11回目までずっと参加して下さっています。写真が取れないでごめんなさい。

裏方は、バタバタとお見苦しい点もありましたが、無事つつがなく終えることができました。

皆さま、ほんとうにありがとうございました。
来年は被爆75年。それに向けて、また活動開始です。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

8月6日です。

台風が宮崎を直撃しているようです。広島のお天気は、小さな雨で、何とか今のところ持ちこたえているみたい。

8月6日当日です。朝7時。自転車で出ると、もう人が一杯です。

広島二中の慰霊碑に行ってみました。もうたくさんの観音高校の生徒さんが来て、慰霊祭の準備をしています。青い服の警察官も。ここは安倍総理の車がフルスピードで駆け抜ける所です。

862

861

写真だけ撮って家に帰っていたら、家の前で警察官に止められました。ここは車両は通行止めですと。自転車もですか?というと、「自転車は軽車両と言って・・」だそうです。横から、広島市の職員でしょう。「今日だけ、今日だけです」と。「私はここの住民ですから、今日だけということは分かっています。」と言って家に入りました。平和大通りからずいぶん入った所で、人も全然通っていない所なのに。

今日の午後0時50分から、YMCA国際ホールにて、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」を行います。

86

86_1


配布資料を作る作業も昨日終えました。沖縄から高里さん、大阪から水戸さん、京都から安部さんも到着されました。皆さんの話を聞きましょう。そして語り合いましょう。参加された一人一人がまた自分の場所に戻って、身近な所で、核廃絶、平和や戦争や憲法を語り継げるように、そんな思いを込めて会を準備して来ました。会の後には、発言者の方々と近しく話ができる交流会も用意しています。どうぞ、多くの方にお会いできますように。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

8月5日。

昨夜無事講演を済ませて、室蘭から広島に帰って来ました。9時間かけて行って、何にも観光なしに帰るのも、あまりにもったいないと。講演は午後1時半から。ホテルへは0時40分頃お迎えに来られるとの連絡がありました。ところが、ホテルのチェックアウトは11時。延長してもらうか、どうしようと考えながら。結局、ホテルのフロントの方にお尋ねして、観光タクシーに来て頂きました。そして、1時間半のチャーターで、「地球岬」に連れて行っていただきました。

1_20190805080901

室蘭の一番飛び出た所の岬。太平洋に向かって白い灯台がありました。この景色を観ただけで、もう満足しました。結局空港でも何も食べられませんでしたが。しっかりお話できたと思います。なぜ室蘭まで行くことになったか、またお話しますね。

今広島には世界中から沢山の方が来られています。原水禁世界大会、昨日から始まっています。夫が参加していて、話を聞かせてもらいました。

1_20190805080902


「8・6ヒロシマ平和の夕べ」は、今年も内容ある集まりになると思います。


核兵器は現在も世界に1万5千発以上あるとされ、しかし、誰もその数やどのように置かれているのかさえ知ることもできません。「広島、長崎」よりも、はるかに大きな威力を持ち、また小型化した「使うための核兵器」としても保有され、更新され続けています。7月29日の共同通信ニュースは、「アメリカが、使うことを前提に核兵器使用下での戦闘マニュアルをまとめている」と報じました。「原子力発電」も福島事故がなかったかのように、再稼働がすすめられようとしています。


私たちは広島、長崎、ビキニの惨状を知っており、チェルノブイリ、劣化ウラン弾の被害、あるいは1999年東海村の臨界事故による大量の放射線被曝、原爆製造過程や原発による被曝者が世界中にいることも知っています。


リニューアルされた原爆資料館は大勢の人でいっぱい。長い時間並びやっと入れたけど、人、人、人で展示に近寄ることができず、やっと後の方から見てきました」と言った方がいました。5日、6日に広島に来られる方々も入館は、難しいかもしれません。


来年は被爆75年です。「核兵器と原発の廃絶」にむけた節目の年としなければなりません。「8・6ヒロシマ平和の夕べ」に賛同をいただいているみなさん、参加されるみなさんは、その思いを共有し全国に持ち帰り、「核廃絶に力を尽くされる人たち」です。毎年、「参加し、力をもらった」という声を聴きます。

頑張っていい会にしますね。多くの方の参加をお待ちします。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

8.6ヒロシマ平和の夕べ・お二人の訃報について

おはようございます。私は今、北海道室蘭にいます。土曜日の診療後、約9時間かけてやってきました。ホテルに着いた時には、ヘロヘロでしたが、一晩寝て、朝気持ちの良いお風呂に入って、しっかり朝ごはんも食べて、すっかり元気です。今日の午後の講演後は、一気に広島に帰ります。

来る途中の飛行機や新千歳空港から室蘭本線の列車の中でも、ずっと頭にあったのは、明後日の8.6ヒロシマのことです。来年は被爆75周年。その前年の事、ますます社会はひどい状況になっている、それはトランプに引きずられる世界の情勢と、そして安倍に引きずられる日本の情勢も。憲法もいまにも変えられそうな状況の中で、核戦争も現実の物になりそうな。そんな中で、私たちがコツコツと続けている「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は、少しでもそれを食い止める力になっているだろうかと。

昨年の8.6ヒロシマ平和の夕べから、お二人の大切な方が亡くなりました。お一人は、小野瑛子さん。2017年の8.6に来て語って下さいました。お父様は、当時広島二中の教師をなさっており、あの平和公園の川岸で学徒動員の子どもたちと共に爆死なさった山本先生。その遺児です。広島に来て下さった時には、肺がんの闘病中でした。その病を押して、語って下さいました。昨年10月30日にお亡くなりになりました。その時に一緒に写ってい頂いた写真です。

Photo_20190804092202

もうお一人は、小林圭二先生。元京都大学原子炉実験所の小林先生は、2019年5月27日に亡くなりました。8.6ヒロシマ平和の夕べには、三回も来て語って下さいました。平和の夕べで語って下さっている写真です。

Photo_20190804092201

以下、小林先生について、8.6ヒロシマ平和の夕べのスタッフの一人、竹田が書いたものです。了解を得て転載します。


小林圭二さんの言葉


 


小林圭二さんの訃報を聞き、小林さんの言葉を思いました。「8・6ヒロシマ平和の夕べ」には09年、11年、15年と来ていただいた。


3・11福島第1原発の大事故の11年。その年の1月に「8月、広島で話してもらう」ことを快諾してもらっていた。その3月に福島の大事故が起こり、「8月6日の広島で、どういう話をしてもらうのか」、その打ち合わせ兼ね、6月ころにインタビューをお願いした。


「70年代から伊方など原発反対の住民運動、訴訟、『もんじゅ』廃炉に力を注がれ、いま福島事故に何をいちばん思われますか」と尋ねたところ、「福島の大事故は、ぼくはヒロシマ・ナガサキに戻ったと考えました」と言われたのが印象に残っている。「核は、もともと軍事、原爆として開発された。核分裂の巨大なエネルギ―は爆弾に最適です。『平和利用』というのは、あくまでその1面であり。軍事と平和に区別できません。今回の事故は核が持つ、生命に対する本質的な敵対性を明らかにしました」と静かに話された。


その上で「ぼくは広島・長崎(の人々)が、あの不条理きわまる過酷な夥しい死とその後の苦難を体験し、『せめて平和利用なら』という、それはわかるけれど、やはり広島・長崎からの原発反対の声が少し弱かったのではと思う。それを8月6日に話してもいいでしょうか」と問われた。「ぜひ話してください」とお願いしたが、当日そのことには触れられなかった。


 広島が終わり、たまたま8月15日「敗戦の日」の催しに講演されたとき、テーマは別だったのに「6日に広島で(そういうことも)話そうとしたが、被爆者の体験を聞いているうちに、どうしても話せなかった」と切り出された。そのときの被爆証言は『はだしのゲン』の中沢啓治さんだった。


7月14日、大阪で開かれた偲ぶ会に参加させてもらった。小林さんの生前の映像が写され、「もんじゅ」の廃炉が決定したことに触れ、「廃炉が決まったのだから、早くプルトニウム、ナトリウムを取り出せばという声があるが、危険きわまりない物質であり簡単ではない。50年、100年かかる、それが核でありプルトニウムだ」と話されていた。


訃報に「誠実を人格化したような人」と記されていた。その通りの方だった。インタビューの最後に「インタビュー記事に使う写真を撮らせてください」とお願いすると、穏やかだった顔が急に真面目というか硬い表情になり、何枚とっても怒ったような写真になって困ったことを思い出した。(竹田雅博)


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

| | コメント (0)

nancyさんの「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のキーホルダー

台風が近づいていると報道されています。8月5日、6日となんか西日本を直撃するみたいに・・。高里さんは、5日に沖縄から広島に飛行機で来られる予定です。河合先生は当日来広される予定です。大丈夫でしょうか・・・。祈るしかありません・・。

昨年8.6ヒロシマ平和の夕べで素敵な歌を歌って下さったナンシーさんが贈って下さいました。

Photo_20190803082501

何と、8.6ヒロシマ平和の夕べのキーホルダーです。これを一つ一つ作るのに、どれだけの手時間と労力がかかったことでしょう。本当にありがたくて。

一昨年は、缶バッチを作ってプレゼントして下さいました。

Photo_20190803082801

参加の皆様に購入して頂きました。

今年のキーホルダーも会場で販売させていただくつもりです。

参加費1000円という線を守りたくて、四苦八苦しています。多くの皆様がこんな窮状を配慮して下さって、賛同金を送って下さいました。ありがとうございます。それでも会場費、お話して下さる方々の交通費、ささやかなお礼等、いっぱいいっぱいなのです。ナンシーさんのこのキーホルダーを購入して頂いたお金も大切に使わせていただきます。

ナンシーさん、ありがとうございます。昨年のナンシーさんが歌って下さっている姿です。豊田勇造さんの「九つの鐘」の美しいかねの響きと、ナンシーさんの美しい歌声は、今も胸にしっかり残り続けています。

Photo_20190803082802

本当にありがとうございます。8月6日まで後3日です。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のプログラムが出来上がりました。

8月6日まで後4日になりました。広島は灼熱の暑さです。いつも言うことですが、この暑い時原爆の業火に焼かれた方たちは、どれだけ熱かったことかと思います。

8.6ヒロシマ平和の夕べも着々と準備を進めています。その具体的なプログラムが出来上がりました。「夕べ」にしては似つかわしくないことになってしまっていますが。(それは会場の都合でもあります。)お昼に初めて、終わるのが夕方という事で、ご勘弁下さい。

プログラムをアップしますね。

862019

今年も盛り沢山で、少々お疲れになるかと思いますが。

広島ですので、被爆者の証言、沖縄、福島を外したくないとなれば、こうなってしまうのです。一年分まとめての学習として、どうぞ多くの皆様にお会いできますように。

会の後、交流会を行います。会費3000円です。参加希望の方は、会の受付の時にそう伝えて下さいませ。

プログラムにありますように、会で発言される方たちの著書やDVDの販売も行います。会の後は、早急に会場を明け渡さなければなりませんので、どうぞ終わるよりも前に購入して下さいませ。宜しくお願いします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

特別養子縁組あっせん事業についての勉強会

昨日は、午前午後と二つの特別養子縁組についての会議に参加しました。

全国の特別養子縁組あっせん事業者18団体が集まり、厚労省の方や法務省の方たちのお話を聞き、参加者全員が発言をしました。この度、特別養子縁組の法律が変わり、子どもが6才までだったのが、15才まで特別養子縁組の申し立てができるようになりました。まだその法律の施行の時期は不明ですが、来年の6月までには施行されそうです。

 私は、原則生まれたばかりの赤ちゃんにつき養子縁組をしていますので、あまり影響はなさそうです。それにもう少し、特別養子縁組の申し立ての方法が変わることもありますが、それはあまり問題はないと思います。

 ただ、養親希望の方たちの研修につき、厚労省の方が言われたことでびっくりのことがありましたので、これは広島市の方とお話をしなければなりません。少し憂鬱です。

 午後の全国養子縁組団体協議会には、午前中の会に出席した方たちの中から12人の方が集まって話し合いをしました。この会は、静岡大学の白井千晶先生が中心になって、特別養子縁組についてこれまでいろいろと活動をしていらっしゃいます。私は参加は初めてです。

私と札幌の方が話題提供をし、養子縁組の当事者の子どもにどれだけ真実を伝えるか、その方法、時期等、嘘のない養子縁組について、熱心に語りあいをしました。

皆さんの熱意が感じられた、とてもいい会でした。私は初参加でかつ話題提供の役は皆さんに申し訳ないような思いでしたが。ただ、私が初めて養子縁組のお世話をしたのは、1985年。まだ特別養子縁組の民法もできていない時からです。長い歴史でありますので、最近始めた方たちに参考になるからという事で白井先生から勧められたものです。

参加してみて、改めて皆さんがとても熱心で、この方たちなら、私もいろいろと繋がっていきたいなあと思いました。

これは、初めの白井先生からのお話で、韓国の「中央養子縁組院」のお話も聴きました。白井先生やメンバーの方たちと、ここに視察に行かれたそうです。韓国では、2012年に中央養子縁組院を作り、子どもたちや実親、養親についてのデータベースかをしているとの事です。そのデータは、こんなものです。

Photo_20190801094101

学ぶこことの多い会でした。白井先生がもって来られた著書を買わせていただきました。

Photo_20190801094701

ああ、まだまだ勉強しなければならないことが多すぎます。

もう8月。6日がすぐです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »