« 映像詩「オシラ鏡」の試写会 | トップページ | キリスト教愛真高等学校の一日の続きです。 »

キリスト教愛真高等学校の一日

昨日は、完全にブログをお休みしました。朝から夕まではWi-Fi環境がうまくいかなく、時間もなくって。夜に家に帰ってから、時間はあるも、疲れていて、パソコンの前に座っても、居眠りばかりであきらめました。

とても素敵な一日をすごしたのですが、ゆっくりアップしようと思いました。

昨日は、島根県江津市のキリスト教愛真高校で過ごしました。その前夜広島を出る時、土砂降りの雨で憂鬱でした。雨の夜の運転は疲れます。しかも、高速の中国道や浜田道は真っ暗だし。頑張って運転しましたよ。

そうそう、途中までカープを聞きながら。せっかくジョンソンが頑張っているのに、あれ?どうして変えるの?と思っていたとたん逆転されてしまって。そこでラジオは消して、音楽にしましたよ。結果は、一晩アイパッドもテレビもラジオもなんにもないので、知らないままでしたが、あそこから逆転は無理。思ったら、やっぱりそうでしたね。もう、笑うしか無いです。

さて、高速を降りて学校への道、ナビをつけていたのに、間違えました。おかしいなと一周して、山道へ。学校は、浅利山という山の中腹にあるそうで。細く真っ暗な雨の道、ちょっと泣きそう。何とか近づいたかと思うと、また間違えて、また一周。いつまでも着かなくってどうかなりそうでした。

やっとたどり着いた時、本当にうれしくって。こんな素敵な学校です。写真は朝撮りました。

1_20190712080601


何と、午後10時近くなのに、校長先生を初め、多くの先生方が残って待っていて下さいました。そこで、ひとしきりお話をしました。一番気になっていたのですが,キリスト教の学校ですので、先生方の方針と私の話がぶつかることがあると思います。でも、話はさせて頂きますので、良くなければ、後での指導をお願いしますと言いました。とくに、人工中絶とマスターベーションについて。その二点が心配ではあったのです。

でもびっくりしたのは、校長先生は、私の「SEX&ourBODY」を授業に使っているとおっしゃったことです。本当にびっくりです。それに養護の先生は、私の本をいくつか保健室に置いていると。

学校では、一年生は広島に行き、被爆者の体験の話を聴くと。今年も六月に広島に来て、何と朴南珠さんの話を聴いたのだと。私たちの8.6ヒロシマ平和の夕べでも証言して頂いた方です。二年生は大久野島で毒ガスの製造など、加害を学び、また、韓国に行ってなナヌム家で慰安婦だったおばあさんの証言を聴くなども。もっとびっくりしたのは、これは朝になって知ったのですが、愛農学園と姉妹校だと、そして、村上真平さんに来て話をしてもらったと。村上さんには、私たちの会にも来て頂いて、福島の原発事故と、農の話を聞かせて頂きました。

そんな学校です。お話するのが、とっても楽しみになりました。

そして、宿舎に案内していただきました。生徒さんと一緒に寮で寝るのかと思ったら、立派な一戸建ての宿舎でした。でも。海風が強くヒューヒュー。木々がざわざわ。テレビもインターネットも無いので、本を読むのですが、沖縄の少女の本でまたこれが深刻で、全然眠れそうにありませんでした。で、午前2時、これはダメだと思ってハルシオンを飲みました。そしたら、携帯の目覚ましもセットしていたのに、朝7時から朝食だというのに、眼が覚めたのはその10分前でした。まあ、大変。急いで食堂に行きました。食事は、生徒さんたちが作るのだと。

3_20190712080601

17_20190712080801

18_20190712080701


パンは、レーズンとクルミのパンと胡麻のパン。どれも生徒さんたちが石窯で焼いたのだと。いちごや夏ミカンのジャムも生徒さんたちの手作りです。スープの底には、お野菜が沈んでいました。おいしくて。私のパン、男子生徒さんがトースターで焼いてきてくれました。

続きますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

|

« 映像詩「オシラ鏡」の試写会 | トップページ | キリスト教愛真高等学校の一日の続きです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映像詩「オシラ鏡」の試写会 | トップページ | キリスト教愛真高等学校の一日の続きです。 »