« 読んでいる本 | トップページ | 新丸ビルで中華料理 »

産婦人科医のための女性保健医療セミナー

昨日の朝、ブログを書いたのですが、画像の挿入がうまくいかず、焦ってしまって。どうにも写真を載せることができないままにブログをアップして、その後、何とひどい変換間違い、誤字。慌てて直そうとしたのですが、これがブログの管理画面で直したのに、直したはずの本文がいくらやってもやっても、元のママ。いやになって、もう丸ごと削除しました。ところが、管理画面では削除されたのに、ブログ本体からは消えず。ひどい字のママのブログがいつまでたってもそのままなのです。管理画面からは昨日のブログは消えているので、修正することもできず。誤字が恥ずかしいし、結局フェイスブックは丸ごと消して、少しでも恥ずかしいのを見られるのを少なくして。もう、その後は見るのも嫌になってしまいました。すごいストレスでした。もう、ブログはやめてフェイスブックのみにしようか、それとも、ブログをどこかに引っ越ししようか、本っとに、ココログはこりごりと。

放っておいて夜。ブログを開いてみると、昨日のは消えておりました。せっかく書いたのを消したのは、確かに私です。でも、リニューアルした後のココログ、全く、ろくなものではないのです。

気持ちを切り替えて、昨日の少しでも書き直さなければ、なのですね。

私は元気です。24日に東京、四谷で「避妊教育ネットワークによる産婦人科医のための女性保健医療セミナー」でした。

毎年、この時期のセミナーに来ると、会場のそばに見事な桜並木があって、それを見るのが楽しみなのですが、今年は例年より一週間早くに開催されたので、桜はわずかでした。残念。

20193241

避妊教育ネットワークは、2005年3月に、26名の参加で立ち上げの会を行いました。それから、現在では138名もの会員と大きくなりました。

そして、この度、東京都医師会からグループ医学賞の表彰されるに至って、その表彰式で北村邦夫先生が発表した内容をみんなに披露して、これまでを振り返りました。懐かしい写真が一杯出てきましたよ。

20193242

そして、新メンバーの紹介の後、会員の近況報告として、島根の河野美江先生による「日本の学生における性暴被害経験と精神健康度」の発表。次に、東京都が中学校においてモデル授業として取り組んでいる性教育に、ネットワークのメンバーが5校中4校授業を行った、その報告でした。それぞれの先生の発表に、悲鳴に似た声が上がりました。厳しいスライドチェック。講演時間35分。これで「命のたいせつさ」を話せという、よくもまあ。

それぞれの先生方がよくまあ耐えて授業を行ったものだと、私だったら絶対に我慢できないなあと、感心しながら聞きましたよ。しかし、それはまた、東京都に「性教育はしています」と、アリバイを提供することにもなるなあと。

その後、福田和子さんの「私が、避妊や性情報「#何でないの?」プロジェクトを立ち上げた理由」。

さらに、児童養護施設一宮学園生活支援・専門室、性教協児童養護施設サークルの山口修平さんによる「児童養護施設で暮らす子どもたちの「生」と「性」」。これは、本当に大切なお話でした。単に、びっくりではなく、性虐待に遭って来た子の見つけ方、そのトラウマ・PTSDからの立ち直りなど、これからの診療にも、ワンストップセンターで向き合っている性被害の子どもたちへの対応にも、とても役に立つお話でした。丁寧に子どもたちに向き合っている、その真摯な姿に感動も覚えました。それに、学園では、私の本を使っているという、突然私の名前が出てびっくりもしました。

20193243

これら、ギューギュー詰めに勉強をした後で、参加者の記念写真撮影です。この後、意見交換会、懇親会ですね。

20193245

その後、懇親会。私は途中でぬけて、子どもたちや孫と食事。という目いっぱいの後、最終の新幹線で広島に帰りました。この食事のことは、また。新幹線、行も帰りも超満員。指定は満席、立ち席の人が一杯。私、指定を予約していて、ほんとうに良かったと思いました。そうそう、広島駅に着くと、大急ぎで走って、一番にタクシーに乗って、無事「ピアノの森」に間に合いましたよ。足、やはり新幹線はきつかったです。バンバンに腫れてしまって真っ赤。家でせっせと冷やしました。やれやれ、なかなか良くなりません。

以上、ブログの書き直しでした。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。


広島ブログ


 

|

« 読んでいる本 | トップページ | 新丸ビルで中華料理 »

コメント

お久しぶりです。
閉経して何年もたつのに、このところ卵巣のところが
なんかチクチクと。
長いこと悩まされた排卵痛の軽いのみたいなのが。
一応、検査もこないだ行ったばかりなのですが。
そんな話を娘にしたら、河野先生のとこ見てきたよ。
先生も「ピアノの森」好きみたいだよ。おんなじだね。
よかったね。と教えてくれました。
ピアノの森、いいですね。
今までは、有名な作品しか頭に残らなかったけど
弾き方や表現の仕方で、「地味にしか思えなかった
練習曲やエチュードがこんなに素敵に聞こえるなんてすごい!」
と夜中に一人で拍手しながら見ています。
今度また、以前見逃した1話から、全部やるので楽しみです。
先生のブログの話は、娘との会話によく出てきます。
楽しみにしています。

投稿: みるく | 2019年4月11日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読んでいる本 | トップページ | 新丸ビルで中華料理 »