« カープグッズ・軍手 | トップページ | 出雲へ。① »

≪原爆の図≫

現代美術館の「丸木位里・俊≪原爆の図≫をよむ」、どう考えても、昨日のお昼にしか行くことができないので、行ってきました。山路さんにお願いして、迎えに来て頂き、待ってもらって連れて帰って頂いたおかげで、ゆっくり観ることができました。

5

中は撮影禁止なので、入り口です。

6

結論から言えば、本当に行って良かったです。日曜日のイベントで聞いた時に持った疑問なんか吹っ飛びました。あんなこと、どうでもいいのです。芸術論などどうでもいいのです。芸術家があの絵をどう分析しても、どうぞご自由に。私にとっては、それはそれはものすごい芸術であり、胸に迫りくるものがあって、それでいいのです。

そして、お二人に、よくこれらを残して下さったという感謝の気持ちでいっぱいになりました。世界中の人に、今のような状況が作られている今だからこそ、観て頂きたいと思いました。

ゆっくり鑑賞したくて、本も買いました。

8
これも、買ってよかったです。

「幽霊」「火」「水」「虹」「少年少女」の五部作。「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の今年のフライヤーの一番上には、「火」を使うことを許可して頂きました。

Photo
小さな写真でほんとうに申し訳ないことでした。大作を前に、ただ、食い入るように見つめるしかありませんでした。そして、五部の 「少年少女」。これも、胸に迫るものがあります。

10_2

そして、本を買って良かったと思ったのは、丸木夫妻の様々な文章と共に、峠三吉にあてた手紙も沢山掲載してあります。その中には、四国五郎さんの名前も何度かでできました。やはり戦後まもなくの、丸木夫妻の広島での活躍を改めて知らされ、感動でした。

9

関係者の皆様、ありがとうございました。

私は、もうすぐ家を出て、今日は島根に行きます。寒そうです。雪が降りません様に。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« カープグッズ・軍手 | トップページ | 出雲へ。① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/67406325

この記事へのトラックバック一覧です: ≪原爆の図≫:

« カープグッズ・軍手 | トップページ | 出雲へ。① »