« 2018年9月 | トップページ

講演とイチジクパフェ

昨日は、午前中に「広島県の人権啓発指導者等養成講座 性同一性障害時間の~医療の現場から~」という二時間の講演をしました。ほぼ50人の方たちに聞いて頂きました。当事者の方たちも、当事者の身内の方たちも来られていて、とても熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

Photo


広島県の男女共同参画材団では、LGBT電話相談を実施しています。「相談員があなたの思いや考えに寄り添い、一人ひとりの生き方を応援しています」゜【電話番号】082-207-3130 【実施日】毎週土曜日10:00~16:00

参加者の方々は、午を後からは「相談を受ける側の基本姿勢~受容・共感とは~」関西カウンセリングセンターの宮田智基先生の講座を受けられました。一日中かけて、このような講座を受けて勉強なさること、素敵です。でも、ご苦労なことです。


その後、参加者の方たちとおりづるタワーの一回でお昼を頂きました。私は、「おこもこ丼」をいただきました。塩気が強くて、今一つでしたが、皆さんとの会話が楽しくて。


Photo_2

その後は、クリニックに帰って残っているお仕事を頑張りました。まず、ある事件の診断書と上申書を書き上げて、直に中央郵便局まで行って書留速達で送りました。長文の力作です。早く作り上げなければと焦っていたのですが、終ってホッとしました。

講演と書き物で疲れたので、ちょっと自分にご褒美をと、ゲートインでパフェを食べようと入りました。そしたら、うれしいことに、ちょうど季節なのですね。こんな素敵なイチジクとアールグレイのパフェがあって、それを堪能しました。


Photo_3
その後は、来週㈰の講演のためのスライド づくり。今度の日曜日と言えば、日本シリーズなのに。京都の講演が入ってる!!まあ、チケットも当たらないでしょうから・・・。忙しい真っ盛りに日本シリーズという、情けないことになってしまいました。移動でテレビも見られないことになりそうです。ああ、一日よく働きました・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おりづるタワーで講演です。

今日は、朝10時から講演に行きます。広島県人権啓発指導者等養成研修会でLGBT応用講座です。昨夜遅くまでかかって、一旦作ったスライドの直しをしました。

Lgbt1_2 

作っていて、思いました。ああ、社会は数年前と比べて、大分変わってきたなと。当事者、特に若い人には、ずいぶんと過ごしやすくなってきたと思います。でも、もちろん、まだまだです。自分らしく生きるためには、かなりの心身の負担を乗り越えなければなりません。それができるかどうか、かなり親などの周りの大人たちの理解がカギとなっているように思います。特に、情報に触れることなく籠っている人にとっては、しんどいことに違いありません。少しずつ、少しずつ、社会は進んで行っている。そんな話をしたいと思います。

ところで。昨日、メールを受け取りました。今日の会場は「おりづるタワー」です。以前、行ってみて、入場料があまりに高額なのに驚いて、上がるのはやめたタワーです。初めて入ります。広島県の男女共同参画財団がエソールからここに移っているためです。そこに行くのにこうだそうです。

早速ですが,河野先生は自転車で行動されると伺いました。

おりづるタワーでは,来館者用の駐輪場は500円となっており,

かつ,手続きをインフォメーションで申し込みを行うなど,少々不便なように思えます。

 

宜しくお取り計らいください。

なんと自転車を停めるのに500円だと。広島市の駐輪場は100円です。これまでのエソールでは、当然無料の駐輪場がありました。これでは、歩いて行くしかありません。いえ、ケチで言うのではありません。そんなムチャなことに乗りたくありません。一体もう、何を考えているのだか。すみません。こんな所で愚痴をいっても仕方がないことですが。

講演後、今日の午後はカープCSに行くことにしていたのですが。時間ができましたので、残りの仕事をしっかりするつもりです。これから、全部の日曜と木曜日は講演に行きます。それらの用意がまだ出来上がっていません。やれやれ。それでは、そろそろ出かける準備をします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちは『買われた』展 広島でも開催されます

カープ、すごかったですねえ。ぶっちぎりのCS突破。この三連戦で取ったカープの点は15点。巨人は3点。ピッチャーも、バッターも、そして守備も素晴らしかった!!です。このまま日本シリーズへ。パリーグは西武でもソフトバンクでも、なかなかですから、巨人相手のようにはいかないでしょうが。頑張って!!私は、日本シリーズは、多分観戦できません。このことがすっかり頭から抜けていて。というより、うんと早く決まっていたのですが、この間、遠方の講演がぎっしりなのです。涙涙・・・。テレビでみるのも楽しいけれど、やっぱり球場で見たい!!です。

さて、それは置いておいて、今日は大切なお知らせを。

ここに3回に渡って書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/1-ba23.html

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/2-b372.html

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/3-bfe9.html

昨年1月、滋賀県大津まで見に行った「私たちは買われた展」。あまりにすごい展示会なので、いつか広島でもと願っていました。それがいよいよ広島で開催です。

Photo
2
チラシをクリックすると大きくなります。これは、予約制です。必ず、事前に電話かFAXかメールをして予約をして下さい。予約は、

電話は090-7998-6113  FAXは082-233-8655

メールは  kodomo.egao.net2015@gmail.com

ぜひ多くの方に見て頂けますように。見て頂くと、彼女たちのことは大人の問題なのだということがよく分かって頂けると思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カープCS王手です!!

昨日のカープ、もう、本当に何ともすごかったですねえ。勝てば、CS突破の王手となる、こちらも張り切って行きましたよ。

ところが、これまで負けたことがない、今日も粉砕と思っていた田口が思いの他、すごいピッチングで。よほど二軍で鍛えたのでしょうね。勿論ジョンソンも素晴らしく、5回までノーヒット。投手戦というのは、見ている分には面白くない。せめて一回くらいは宮島さんを歌ってバンザイをしたいよねえなんて思っていたら。1対0で今日は負けかと思っていたら。

7回の裏、真っ赤な球場で、切ない思いで風船を飛ばして、気合を入れて。

Cs2

8回がすごかった!!われらの新井さん、気迫の同点二塁打。もうもう、うれしかったですねえ。さらにこれはもう気迫でとしか言いようのない菊池のスリーラン。結果4対1での勝ちですよ!! もう、バンザイ!!うれしいとしか言いようのない、すごい試合でした。こんな試合を見に行けて幸せでした。

その前日は、丸と鈴木のホームラン、昨日は、菊池のホームラン。調子がいい時は、ヒーローが日替わりで出るものです。

ヒーローインタビュー、新井さんと菊池。これがとっても面白くて。菊池は新井さんをお兄ちゃんというし。新井さんは菊池を弟と言って、菊池が「打つだろうと思っていた」と言えば、菊池は新井さんを「打つだろうと思っていた」と言って笑わせるし。

まあ、勝てば当然かもしれませんが、何しろベンチが明るい。同僚の活躍を手離しでバンザイして喜ぶ姿、同僚はライバルではなく、本当に仲間なのだと思えます。改めて、新井さんは大っきく、菊池は小っちゃくて新井さんにへばりついていて。底抜けに明るいです。

Cs3

さて、私は困りました。今度は第5戦。日曜日に行くことにしているのですが。もう王手だから、今日も明日もカープが負けないと日曜日の試合はなしですねえ。困った困った。試合は見たいし、でも、二つも負けるのは嫌だし。でも、やはり真のファンであれば、今日の勝ちを願うのが当然ですね。四戦全勝で、巨人にぶっちぎりで勝ち!!その勢いで日本シリーズに!!そう願います。

カープ、頑張って!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月14日日曜日のことなど

14日の日曜日、午前中は性教協の例会で、北仲千里先生に「ワンストップセンターひろしま」についてお話をしていただきました。内容の濃いお話で、私も関わっていても、全国情勢等、知らないことも沢山教わり、また、私自身の意識を整理することにもとても訳に立ったお話でした。もう少したって、内容のお話をしますね。とても深くて広いお話ですので、なかなかまとめることが難しくて。

20181014

午後は、弁護士会館で、ワンストップセンター新規支援員養成講座。午後1時から5時までぎっしり。うち3時間あまりを私の講座二つを行いました。立ちっぱなし、しゃべりっぱなしのお話は、結構つらいものがありました。が、驚くほど沢山の受講者の方たちが来て下さり、熱意も伝わり、私が励まされましたよ。

1

午前中の会で、清水マリンさんから頂きました。以前フェイスブックでお願いしていたものです。うれしい。

Lgbt1_2

目次はこうです。心して読んでいます。また気づいたことなどをお話しますね。

Lgbt_3

もう一つ、真野豊さんから、論文も二つ頂きました。これもうれしくて。論文、いいなあ。研究者としても頑張っている真野さん。またこれらについてもお話しますね。

Photo


なんだか、後回しのことばかりですが、自分自身の講演準備に押されてしまって。過酷な時を送っています。まだまだ追いまくられています。でも、今日はCSに行きます。昨日カープは巨人に快勝して、今日勝つと、いよいよ大詰め、王手となりますよ~。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四国五郎・ガタロの仕事展」

昨日、お昼時間、自転車を飛ばして、ここに行きました。昨日が最終日。行かなければとあせっていたのが、やっと行くことができました。昨年、永田浩三さんとガタロさんのトークを聞きに行ったことがあります。四国五郎さんを師と仰ぎ、絵を描き続けたガタロさんです。今回は、そのお二人の作品展でした。多くの方がこの「仕事展」について書かれていますので、私は私の思いを書きますね。

1

2
いろいろな絵画と共に、四国さんの詩が展示されています。四国さんは、画家でもあり、詩人でもあります。私たちの今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のフライヤーに、四国五郎さんの絵、「影」を掲載させていただきました。

4
その原画も展示されていました。その左横に小さく「みんな忘れたとき、私も小さな影になるの 」と書かれていました。ああっと思いました。「私も影になるの」

5

そして、右には、こんな詩が。分かりにくくてすみません。1980年の原水禁大会において自ら朗読と書かれています。朗読詩「ひろしまの子」。

6

この詩がどこかに掲示されていないかと、ネットでさがしましたが、分かりませんでした。一つだけ動画がありましたが、それはとても「朗読」とは言えない、この詩がかわいそうになるような乱暴な読み方なので、ご案内できません。どなたか、これを朗読してネットに載せて下さらないかと思います。今の時期だからこそ。

そして、四国さん直筆のこんな詩も。

3

四国五郎さんは、激しくも優しい人。今回絵と合わせていくつもの詩も読ませて頂いて、改めて悲しい感動を覚えました。急いで行って急いで観たお二人の仕事展でしたが、やっぱり行って良かったと思いました。本当にありがとうございました。




『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラス会・林先生の俳句

高校のクラス会、担任だった林昭先生は、数学の先生でした。私たちの高校の教諭の後、愛媛大学の教育学部の教授を務められました。今は二つの句会に所属し、もう一つ、ご自分の句会をも主催していらっしゃるそうです。私たちには、15の句を配って下さいました。

7

言葉がとても豊富で、やさしい句で、お人柄が滲み出ていると思いました。数学と俳句についての文も添付されていました。それは、写真でなく、キーボードを打って転記させていただきます。

『  昨今の俳句への思い  林昭

数学では言葉「命題」がよく使われるが、命題は、真偽がはっきりしている文のことである。一般にいう平叙文ではないかと思う。平叙文に対し、疑問文、命令文、感動文があると辞書に書いてある。すると、俳句は何文だろう。

 俳句は詩(一切の事物について起こった感興や想像などを一種のリズムをもつ形式によって叙述したもの)であるから感動文だと言える。

 ところで、私は最近、呆け防止に、毎日出される新聞のクイズ、数独を楽しんでいるが、自分独りで正解かどうか判断できる平叙文だと思う。

 これに対し、俳句について、未だに、自分の句の出来・不出来が判断できない。数独との違いは、俳句は感動文だからだと思う。今回、掲載の十五句のすべては、俳句の先生方から選を頂いた句ばかりである。

感動文・俳句で、その感動を伝えることについて、藤田湘子さんの一文を思い出した。それは、

   

鎌倉右大臣実朝の忌なりけり・・・尾崎迷堂

について秋桜子氏の文章の紹介の中にある、

「作者の主観は常にくの調べに乗って流れ出て、読者に伝えられるものである。調べの高い句は、主観の高さを示し。低い句は主観の低さを示す。」

である。

右に述べた、自句の出来・不出来が判断できないことは、結局、自分の主観、従って、調べの高低が判断できないことに関わっていると思っている。

平成三十一年、私は卒寿を迎えるが、沢木欣一さんの言「美的感動は訓練によって進歩する物である」をよすがに俳句を続けようと思っている。

全く無駄な言葉の一つもない、論理的な数学的で、かつ、俳句的な感動と両方を兼ね添えた格調高い文章だと感動したので、転記させていただきました。

6 また、こんな素敵な一筆箋を配って下さいました。かわいくて好き。私もよく一筆箋を使いますので、どこかに出かけると買ってきます。でも、季節ごとの花が一つずつ描かれているこんなかわいい素敵な一筆箋、これは大切にしなければと思いました。

林先生、ますますお元気で。次のクラス会を楽しみにしています。

出て来て下さった先生、きめかまかな準備をして下さった幹事の皆さん、遠方から来て下さった友人たち、本当に楽しいひと時をありがとうございました。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音高校のクラス会でした。

個々の所、沢山のことがあって。なかなかブログが追いつきません。少しづづ、ご報告です。13日土曜日に、観音高校のクラス会がありました。3年ぶりです。

うれしいことに、担任だった林昭先生は、ご健在です。来年90歳になられるのに、背筋はピンとまっすぐで、髪もふさふさ。頭はとてもクリアで、参加のみんなに15の俳句とそれにまつわる文章、そして春夏秋冬の一筆箋を配って下さいました。

東京や愛知から駆け付けた人もあります。もう、生徒だったみんなも70か71歳です。先生が、皆さんが私に追いついてきていると笑わされましたが、本当に誰が教師で誰が生徒だったか、分からないようでした。

1

会は、山本君の司会で。高校の時から英語が好きでESSで活躍していた彼は、市役所に入り、国際交流で活躍しました。

3

2

先生への記念品は、超美人だった高校時代からちっとも変わらない旧田中さんから。

みんなで校歌と高校三年生を歌いました。合唱部だった旧林さんのリードで。

4

林先生の俳句について、続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方神起のコンサートに行きました。

一昨日、10月13日金曜日。東方神起のコンサートに行きました。

東方神起のコンサートには、2009年6月、まだ5人の時、二人になって2014年6月、そして兵役から帰ってきて2017年12月に福岡のヤフオクドームとこれまで3回行っていて、この度4回目です。金・土・日の三日間広島であるのでしたが、土・日ともぎちぎちのスケジュールで、どうにもならず、でも、金曜日には行ける!!だったのです。その金曜日のお昼に、グッズを買いに行きました。グッズ販売は午後2時から。で、お昼時間、1時半に行ったら・・・。なんと。すさまじい行列。ずっと向こうまで、折れ曲がって3列。ざっと3キロはあったでしょう。

1_2

でも、ペンライドやタオル等、どうしても買わなければならない物があって、じっと並びましたよ。やっと販売の広場に入って。彼らの曲が流れ、この看板を見ただけで、もうキュンキュンして。

3_2

やっと買えたのが、もう午後の診療開始時間が迫っていて。大急ぎで会場の反対側に回って、トラックの写真撮影。

4_2

5

6時半の開始。そもそも金曜日の診療がそんなに早く終わるはずもなく、一生懸命しても、ああ、もう始まる!!6時半には涙がでそうな思いで。やっと終わって駆け付けて、遅刻の私をスタッフの人が足元を照らしながら案内して下さいました。

コンサートの模様は写真が撮れなくって本当に残念。歌もダンスも、それはそれは素晴らしい。大がかりなステージ、映像。沢山のスタッフの方たちの力でこのステージが出来上がっていることがよく分かります。何とも素晴らしいとしか言いようのない東方神起。しばらく、私の胸に力が宿りました。二人に感謝です。また会いたい。これからの大阪や東京のコンサートに行けないかしら、と、きょろきょろしております。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島車いすダンスクラブ・仲井さん②

仲井サカエさんは、全世界何処に行っても、その国の言葉であいさつをされました。一体、どうやってこれを覚えたの?と思うほどの完璧な言葉でした。私が海外でご一緒したのは、釜山とソウルだけですが、北京でのあいさつを聞かせて頂きました。これは、2015年のソウルで。

6

1

ソウルの公演でお世話になった方たちと一緒に。仲井さんは、真ん中に立っていらっしゃいます。左端が司会をして下さったソン・スンヒさんです。この時は、ソウルの方たちに涙と共に、絶賛されたものです。

5

昨年は、宝塚にご一緒させていただきました。施設での公演と大劇場での鑑賞がセットされていたのですが、この時、台風で。土砂降りの雨と、高速道路の事故で、劇場に着くのが大幅に遅れてしまいました。お芝居を少し見ただけで、帰らざるを得ませんでした。この時、神戸のホテルの一緒の部屋で一晩中お話したその中身は、私の胸に残る一生の宝物です。

中川市長さんや、役所の方たちにとてもお世話になりましたが、とても残念で。いつか、また行って宝塚を鑑賞しようねと言っていましたが。

8

昨年2月、広島車いすダンスくらぶは、設立20周年を前に、広島市民賞を受賞されました。そのお祝の会で。受賞は、皆さんの頑張りと、多くの方の支えもあってのことだったと思います。(この時に、宝塚に行きたいのだけれど、と、仲井さんに相談されたのです。)

13

障がい者と健常者が共にダンスを楽しむ、ステップを踏む代わりに車いすを回転させたり、前後に動かしたり。年間40回を超える公演で、世界中に感動を与え続けました。それは、ひとえに仲井さんの熱意、指導力、行動力、そして皆さんの力によるものでした。

偉大な仲井さん、まだまだ亡くなるのは、早すぎました・・・。仲井サカエさん、沢山の感動を本当にありがとうございました。合掌。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島車いすダンスくらぶ・仲井さん

昨日は、悲しい一日でした。
ドックに行こうとした早朝、お知らせがありました。

広島車いすダンスくらぶの代表、仲井サカエさんが亡くなったと。

20178

かねてから、病気療養中ということは存じていました。なかなか大変な状況であることも。でも。

昨日、広島車いすダンスの方たちとお宅に行きました。仲井さんは、安らかに眠っておられました。「先生、お疲れ様でした」「つらかったですね。」「もっと生きてて欲しかった」みんなで涙ながらに呼びかけました。

お葬式は、明日11時から、無宗教で「お別れの会」として行われます。私は診療があって行けないので。お宅に行かせていただいたのです。

仲井さん、車いすダンスの方たちとのお付き合いは、11年前から。障がい者福祉センターでダンスの練習をなさっている所に、私が訪ねて行きました。車いすを自在に扱って、くるくると回る姿に本当に驚いて。


仲井さんたちは、1997年4月に「車いすダンスを通じて、バリアフリーな社会を目指す」としてくらぶを設立されました。以来、県民文化センターでの毎年の「魂のパフォーマンス」、フラワーフェスティバルの出演、施設への訪問、カナダやアメリカ、中国、韓国等、11回を超える海外での親善公演、災害後の石巻への復興支援公演などなど、限りなく、精いっぱいの活躍をしてこられました。それは、ほんとうに沢山の方たちに感動と力を持っていただいたと思います。
今、まだ呆然としていますが。少し、私がご一緒した時の写真で振り返ってみたいと思います。


2009年、韓国釜山に行きました。そこで、施設の訪問、広い会場での公演等をこなされました。大変な荷物を持っての移動は過酷でした。仲井さんは左から2人目で、花束を持っていらっしゃいます。

9

施設に行ったとき。

11

皆さんの前で踊った後、子どもたちもみんなが前に出て来て、会場中一杯にみんなで踊りました。

10

広い会場での公演も大盛況でした。仲井さんは、みんなの指示等大変でしたが、舞台にも立たれていました。右から2人目です。

7

仲井サカエさんについて、もう少し続けますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演準備③

昨日の広島県人権啓発指導者等養成研修会の講演準備の話で、性同一性障害の手術が大変高額であり、かつホルモン療法を受けている人は保険の適応がされないというお話をしました。でも、本当は、その手術が「性別変更の条件となっている」ことに疑問を呈さなければなりません。

個人的には、自分の体に違和感があり、例えば、FTM(体は女性でも心は男性)の人で、バストがあるのが嫌だ、取りたいと思っている人が乳房除去の手術を受けることは、それは精神的な治療としてあっていいことです。でも、「その手術を受けないと性別変更ができない」というのは、人権侵害だと思うのです。いえ、バストの問題よりも、「性腺を除去すること」が。卵巣、精巣を取ってしまうという事、すなわち、子どもが絶対にできないようにすること。杉田議員は、「子どもができない、すなわち生産性がない」と言いました。でも、それは法律で決められているのです。

世界的には、手術をしなくとも性別変更を認める方向で進んでいます。作ったスライドから。

Lgbt6

Lgbt7

この、ヨーロッパ議会におけるLynn Boylanさんの宣言、それは胸を打ちます。これまでも、「自分は精神病ではないのに、なぜ精神科のおっさん、それも自分のことを知らない二人に診断してもらわなければならないのか」、と、精神科に行くことを勧める私に抵抗する人は何人もいました。

Lgbt8

日本は、国民の人権という視点をもっと持たなければ、と様々な場で思っています。勿論、体の変更をしたい人は、することを阻む者ではありません。したければしていいし、体にメスを入れるのが嫌な人はしなくてもいい、本人が望むように、もっと性別というものを緩やかにしていいのではと考えています。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演準備②

10月21日には、広島県人権啓発 の研修で、「性同一性障害~医療の現場~」の話をします。これは、すでに始まっているLGBT連続講座の基礎編の後の応用編の一部として話すものです。
Lgbt20181021_2


私の役目は、医療的支援について話すことです。作った資料から。

Lgbt1

Lgbt2


多くの方の治療にあたっていますが、それぞれの患者さんによって、希望が異なります。将来的に性別の変更も望む方であれば、できるだけガイドラインに沿って行う方がやさしいのです。ガイドラインでは、精神科医二人の診断が一致して初めて治療ができることになっています。そして。


Lgbt3

Lgbt4


性の変更のためには、手術が必要なのですが。今では、その前にホルモン治療をすることになっています。それでも、問題はこういうことなのですね。

Lgbt5

そのために、手術を保険適応されるまで待っていた人も、実質手術はできない状況になっています。

このようにまだまだ医療の現場で治療は確立されたものではなく、発展の途中と言えるでしょう。その上、根本は、杉田議員の発言に見られるように、世間の根強い偏見にさらされていること。これが患者さん自身を苦しめているという社会的問題についても、言及するつもりでいます。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演準備①

昨日の休日、朝から深夜までクリニックに籠って今後の講演の準備をしました。10月の後半は講演のラッシュです。それも、慣れないテーマばかり。似ているようでも、それぞれ対象が違ったり、思春期だけだったり、思春期から更年期までだったり、新たに資料を引っ張り出したり、調べものをしたり。とても時間がかかりました。昨日だけで、ほぼ四つの講演の準備をしましが、まだまだです。少しお知らせを。

今度の日曜日、14日午前中には、性教協の例会で北仲千里先生のお話をうかがいます。ワンストップセンターひろしま、だいぶ認知されてきたのか、大忙しです。私は、北仲先生の紹介役だけなので、楽なのですが。ワンストップセンターの実績のこれまでのまとめをうかがうのが楽しみです。

20181014
その後が大変。終わるとすぐに弁護士会館に移動をし、二つの講義をします。ワンストップセンター新規支援員養成講座です。作ったスライドから。一番目の課題の若い人の体については、スライドではなく、印刷物で提供します。

1_2

2

改めてそうだったのだと自分で感じ入ったのは、こういうことなのですね。こういうことは男性には起こらない。

3_2

4
せっかくの力作ですので、多くの方に聞いて頂ければ嬉しいです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カープ最終戦、もの申す。

昨日は、カープペナントレース最終戦でした。昔は優勝が決まった後は消化試合なので気楽に観ていたし、まあ、CSの練習なので、いろいろと試してみてもいいでしょうと、今回もそんな気持ちで行ったのですが。それでも、周りの観客の皆さんの熱意はすごいものでした。

三塁側から見ると、球場は真っ赤。もう少し青空だったらもっときれいだったでしょう。ちょっと残念。


4


優勝が決まっているのだから、いいんだけど。でも、なんか、終わってみると、フラストレーションの塊で。

大瀬良君は、最多勝利がかかっていました。それがダメになって、いえ、まだ巨人の菅野が最終の阪神戦に出るでしょうから、それによりますが、もう一つ勝っておきたかった!!

丸は、ホームラン王がかかっていました。それもダメになって。丸は、5回のバッターのうち、何と3回も敬遠ですよ。ソトがホームランを打った後は、ラミレスは徹底して丸の敬遠を指示していました。ソトのタイトルを守るためでしょう。監督は、丸にタイトルを取らせるためのソトの敬遠なんて全くしません。丸が敬遠されないためにその前にランナーを出すとかもできなかったし。


それに、一体、いつまで上本を使うのでしょうか。上本は、ちょろちょろ走らせておけば、それでよろしい。三塁を守らせるな!!私が行った数少ない試合のうち、一体どれだけ上本のエラーを見さされたことか。これだけエラーをしても、まだ上本に三塁を守らせるから、そのおかげで昨日も負けたではないですか。安部がしっかり守っているのになぜ上本を守らせる必要があったのか、さっぱり分からない。まあ、美馬を出してしまったのが痛いという問題もあります。

一度よく打ったからって、メヒアをずっと使い続けて。今、彼を使うのではなく、もともと素材はあるのだから、来期に備えればよろしい。今は、CSに向けて、昨年のような無様な姿をさらせないための、強力な布陣を作る時でしょう。

それに、最終試合で、新井さんを見たかった人も沢山いたはず。新井のパネルを作っている人をたくさん見ましたよ。でも、とうとう一度も出さなかったし。


全く、監督は、工夫も何もない。選手やファンを喜ばせるためのサービスも、選手の心理を読むこともできない、全くもう。


三連覇と言ったって、これは断じて監督のおかげではない、選手が素晴らしく頑張ったから、そう思いますよ。

昨日で、球場は、こうだそうです。


3


もしももしも、今年もCSで昨年のようなことになったなら、ファンはもう怒り狂うでしょう。覚悟してね、緒方さん!!


1

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔には二種類ある。

先日、4人で食事会をしました。大学の先生と、就職内定したばかりの若い男性と、昔からの親しい友人と。バラバラの年齢と居住地も異なる4人ですが、心を一つにしてのふれあい。みんなに出してもいいですよと許可をいただいたので、写真を出します。

Photo

自然な笑顔です。おいしい食事、静かな個室での楽しい会話、信頼できる仲間、笑顔で話せる幸せ。警戒心も皮肉もおべっかもない、本音の会話を交わしました。

一週間前の本当にうれしい沖縄知事選挙の結果。新知事のデニーさん。おそらく誰もが感じるであろう明るい笑顔。それはウソの無い笑顔だと思います。ああ、信じられると。

そんな気持ちぴったりのコラムです。ネットから頂きました。

Photo_2

デニーさんの笑顔と共に、イヤーな思いで心に突き刺さっている人の笑顔。菅官房長官が、前川さんについて、ひどい誹謗中傷(若い女性が働いているいかがわしいお店に行っていたと。前川さんは、そんな場所で働いている若い女性に話を聴いていたという事が、彼女たち自身の感謝の気持ちで語られていて、国民はみんな知っていると思うのに)を記者に語る時、ものすごく気持ちの悪い皮肉たっぷりの笑顔を浮かべていました。心の底が透けて見える、品のない笑顔です。

ああ、笑顔には二種類ある、と思わされる顔です。

以前、初対面の人から、「前に会ったことがあります」と、その皮肉たっぷりのようなそして、へっへっへっと笑われた、その顔がいつまでもいつまでも私の胸に突き刺さっています。私にしてみれば、やましいことは何一つない、笑われることの覚えもありません。会ったことがあるのなら、どこで何の時に?と、そこまで言及の無い、とてもいやらしい顔でした。きっと私についての根拠のない誹謗のうわさを聞いておられるのでしょう。もう何年たっても、私の胸にずっと残り続けています。もし、いつか、またお会いすることがあれば、私はどこでお会いしたのでしょうかと、いつかは聞いていてみたいと、そうでないと、私のこの胸のモヤモヤが消えないままに死んでしまうのは、とてもいやーな思いなのですね。

私自身、明るい爽やかな笑顔で人に向き合いたいと。そして、為政者に対しては、皮肉な笑顔でなく、正面から怒りの顔で向き合いたいと、そう思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談③

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談の続きです。

平成28年12月14日、法律第105こうとして交付された教育機会確保法とは。配布された資料から。この資料は、「教育機会確保法簡易説明スライド」から抜粋、編集されたものです。スライドそのものは、ネットで見ることができます。最初のカラーのスライドだけそこから頂きました。

10

7

8

9

学校がつらい時には、無理していかなくてもいいよ、休んでいいよ、学校でなくとも、フリースクール等に行ってもいいよ。それらを国が法律として定めたという事ですね。

この法律については知ってはいました。でも、その方の成立の影に、奥地さん等の地道な粘り強い活動があったという事を初めて知りました。

私、バッシング以来、本当に文科省に対してもどかしい思いをしてきました。私たち、地方の者にとって、話ができる所は、教育委員会しかありません。でも、その教育委員会で、けんもほろろの扱いを受け、それ以降、どうしたらいいのか分からないまま、もどかしい思いばかりしてきました。

私、もしこの会で会場からの質問時間があったら、本当に聞いてみたいと思っていました。あんな素晴らしい「LGBTの教育現場での支援」の通知を出したりする文科省が、どうしてあの性教育バッシングを続けているのかと。教育ができないままになって、東大や慶応大学や、千葉大医学部等の超エリートの大学生による集団レイプ事件等が起こってしまっているではないですか、文科省は、これらのことをどう考えているのでしょう、今後の見通しはどうなのでしょうかと。本当に聞きたかったのですが。質問時間はないという事で、仕方がありませんでした。

第二部の楾大樹さんとの対談、日本国憲法が教育されていない、教師自身がそれをちゃんと理解していない、その原因として、教員採用試験における憲法の問題が、どんな悲惨な状況になっているのか、丸暗記を強いるような問題ばかりだと。そのあたりはおもしろかったのですが、楾さんの一人舞台で、ここは前川さんをお招きしての場なので、前川さんの発言を聞きたかったものとしては、残念でした。

でも、このような機会を作って頂いてありがとうございました。丁寧な会づくり、さぞ大変だったことでしょう。東京からとんぼ返りしてきたかいがありました。感謝します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談②

昨日のカープは天谷選手の引退試合でした。天谷は以前の通りセンターを守り、一番のバッターで。センターの奥深くに来た坂本の球を見事にキャッチ!!また、試合前に、巨人の高橋由伸監督も辞意を表明していました。試合終了後、巨人の選手が巨人ファンの前に並び、挨拶をした後引き上げていく時に、球場全体、カープのファンもみんなが拍手をしましたよ。去っていく人に「お疲れ様でした。」の拍手、でも、「なんか、高橋はかわいそうじゃね」という声も聞かれました。ひと昔前では考えられませんでした、あの巨人が三位を目指して必死なんて。

そして、その後、天谷選手引退のセレモニーが行われました。天谷の挨拶にウルウル。球場を一周してファンに挨拶する姿にまたウルウル。彼の妻と二人の小さなお嬢さんたちがお花をもって来た姿にまたウルウル。子どもたちはまだ小さい!これからどうされるのでしょうね。広瀬さんのようにカープのコーチになれればうれしいのですが。これからの人生に幸あれ!!

Photo

CSの抽選。全滅。今年、この球場に来られるのは、こんどの日曜日、ペナントレース最終戦が最後になるでしょう。何しろCSも日本シーズも、チケットの入手はとてもとても困難ですから。

さて、昨日の続きです。前川喜平さんと奥地圭子さんの対談。ここでも語られたのですが。奥地さんの文章の一部を。

4


ここの、『文科省の職員の中には、学校を変えたいと思って入省された方々がかなりいらっしゃることを知り、「国はどうせ管理しようとするんだろうと悪い方にとらえがちでいた自分を反省したのですが』

という、この部分なのですね。2003年、七生養護学校へのひどい介入から始まった性教育バッシング。金と票を持つ宗教団体を中心とした勢力の力で議員が動き、文科省が変わり、全くひどい状態になりました。それは今もなお、指導要領に残されたままなのですが。中学校で避妊を教えてはいけないとか。性交やセックスという言葉を使ってはならないとか。そんなことがまだ指導要領に残されているのですね。

バッシングの嵐が吹き荒れた少し後に、性教協全国大会で、「政治、行政に力を向けて欲しい」と要望したことがあります。そうでないと、教育委員会にひどい目に合っている、地方にいる者はとてもつらいと。でも、そちらに力を向けるよりも・・・との返事でとてもガッカリしたことがあります。私は、そこの部分がとても足りない所だったと思うのです。

奥地さんたちの粘り強い活動は、文科省の職員を動かし、議員を動かし、そして、「教育機会確保法」、正式名称「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機械の確保等に関する法律案」が作られたのです。


この項、もう少し続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前川喜平さんと奥地圭子さんの対談①

この度の前川喜平さんの対談講演は、「NPO法人フリースクール木のねっこ」の主催者である横山はるみさんを中心とした実行委員会の尽力のおかげで実現しました。その実行委員会代表の横山さんの挨拶文から。

「……現在不登校の子どもが小中学校、文科省調べで、約13万人、少子化に反比例し右肩上がりでここ数年増加しています。適応教室やふれあい教室など不登校対策の場所へ通う子どもを含めると20万人超ではないかと言われています。フリースクールなど新しい居場所をみつけて通う子どもはその1割に過ぎません。


教育機会確保法が施行され、画期的な動きが各都道府県に見える中、広島県はどうでしょうか。

教育に上意下達があってはなりません。学びは本来、人間の喜びなのです。私は、個人的学びの喜びは生きる力となることを、フリースクールの場で育つ子どもたちから学びました。

本日の対談を通して、時代はもはや不登校対策という時代遅れのものではなく、障がい、国籍、性別、年齢を超えた共生社会作りに、大きく加速度をつけて、社会全体が動き出していることを感じて頂ければと思います。」


その対談の第一部は、東京シューレの奥地圭子さん。


3


前川さんは、一昨日のブログに載せたように、正面から写真が撮れたのですが、奥地さんは、マイクが邪魔になってお顔を写すことができませんでした。で当日配布された資料を接写させていただきます。


2

前川さんのお話。穏やかで、やさしくて、まっすぐで。こういう方が行政のトップになられるという事が、奇跡のように思えました。


「私は、奥地さんと直接お会いするずっと前から、奥地さんのことを知っていました。学校に行かれない子どものための場所づくりをしていらっしゃること」

ご自分の体験を話される時の言葉、

「そりゃあ、先生の当たりはずれはありますよ。」

と。そのあたり、たてまえではなく本音で話されるあたりが、とても頭が柔らかい方だと思いました。ご自分が地方から東京の学校に転校した時、その教師がとてもいじわるな方で、長谷川町子さんの意地悪ばあさんそのものだったと。うん、わかるわかる私も小学校の一年生・二年生がとてもえこひいきの激しい、いじわるな方だったから。よく泣かされたけれど、今から考えると、よくもまあ自殺もせず、学校に行き続けたことと思います。きっとそのころは、学校に行かないという選択肢は考えられない頃だったのでしょう。でも、本当に毎日つらくて、あの頃は楽しかった思い出は何一つ残っていません。前川さんは、クラスで「お母さん」と言ったら、笑われ、「ママだよ」などと、そんなことでいじめに会い、学校に行かれなくなったと。でも、その内にまた転校をし、そこでは、いじめらることもなく、また学校に行かれるようになったと。


そして、奥地さんのお話。まさに目からうろこでした。


一部、配布された資料から。

3_2

この次に書かれていることが目からうろこなのですね。また明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国文化公演を堪能しました。

昨日は、駐広島大韓民国総領事館主宰の「2018 KOREA WEEK 韓国文化公演 Gayageum For you」に行きました。6時30分開演ギリギリに到着しましたが、はじめから終わりまで韓国文化を堪能しましたよ。

はじめに、金宣杓総領事のご挨拶。

1

淑明カヤグム演奏団によるとても美しい演奏。

カヤグムとヘグム(二本のゲンを馬のしっぽの弓で演奏するもの)によるもの悲しい演奏と、一人の若い男性のダンス。

3

のびやかなパンソリの歌声。

4

そして、8人の若い男性たち、B-boyチームLast For Oneによるダイナミックなダンス。

7

5

次から次へと全く飽きさせないで、素晴らしいひと時を過ごさせていただきました。

8

KOREA WEEKには、毎年、楽しい会を提供して下さってありがとうございます。またお会いできるのを楽しみにしています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル賞本庶佑先生の写真

今日のテレビで、今年のノーベル生理医学賞に京都大学の本庶佑先生が受賞され、その記者会見で、「教科書にあることを信じないで、これは本当はどうなんだろうと疑いをもって自分で知ろうとする、そんな小・中学生が研究者に育ってくれることを願っている」というようなことを言われていました。アッと思いました。

先日の、前川さんの対談講演でも、前川さんが「教科書を丸ごと信じる子のほうが危ないのではないか」とおっしゃって、会場を沸かせました。また、それらを詳しくお知らせしたいと思うのですが。なかなかまとめるのが難しくて。もうちょっと時間が欲しいです。

で、これがびっくりのことがあって。今日はそちらを。

昨夜、ゆ―ぽっぽのお風呂から上がって夫を待ちながらiPadを見ていた時、アッと驚きました。子宮頸がんの予防ワクチンについて「10万個の子宮」の著者、村中璃子さんのフェイスブックで、ノーベル賞の本庶先生の記事と写真がでていたのです。

村中さんが「ジョン・マドックス賞」を受賞され、昨年12月17日、その祝賀会が開かれた時。その祝賀会をしようと言い出されたのが、本庶先生だったと。

私もその会に広島から日帰りで行ったのですが。参加者が50人にも満たないこじんまりとした、でも暖かい雰囲気の会でした。ただ、きっと東京在住の産婦人科のドクターたち、知り合いも参加しているだろうと思って行ったのですが、知っている人は誰もいず、そうそうたるえらい先生たちの集まりで、とても地方の一医者がいるような所ではない、恐れ多いと思って。

ええっ?と私のブログや写真を見てみると、ありました。私、本庶先生の写真、沢山撮っていましたよ!!

4

この右端の先生。えらく上品でやさしそうな素敵な方だなあと思ったのですが、まさか後にノーベル賞を授与される先生だなんて思いませんでした。だから、端っこです。横顔も素敵。

3

正面の写真もありました。

1 

村中さんも、本庶先生も、がんに取り組む真摯な姿勢は変わらない、私たちは、これらの研究者の方たちがなさった業績を利用させていただくだけなのですね。

でも、本庶先生とほんの少しの時間でも、同じパティ―に出させていただいたこと、村中先生のおかげです。深く感謝いたします。すみません、ミーハーで。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前川喜平さん

昨日のこと。東京駅を広島までは最終だという午前8時50分発ののぞみに無事乗りました。その前夜、東京駅に着いてすぐにチケットをそののぞみに変更していたので、私は座れましたが、最終という事で、もう、超満員。デッキや通路にも立っている気の毒な人が沢山でした。

東京に行くだけ行って、ホテルに泊まって朝ごはんを食べて帰ってくるという、何とも間抜けなことになりましたが、それでも、いいことが一つ。ホテルに着いた時、右肩から頭にかけてコッチンコッチンに凝って、痛くて涙が出そうでした。その数日前に、強い片頭痛があって、以来肩がつらかったのですが、もうどうにもならないほどつらくて。マッサージを頼むと、女性の方が来て下さいました。その方が、東北、岩手の出身の方で、それは力強くて、お上手で、3.11.のことなど、会話も蘊蓄があって楽しくて。本格的なマッサージをして頂いたのは、何年ぶりでしょうか。本当にありがたいことでした。

さて、少しだけ何か分からないままに非常停止の合図があったと、停まりましたが、5分遅れくらいで広島に無事到着しました。到着直前に、ふと思い付いて山下氏にメッセンジャーで連絡をしました。「五日市の前川さんの会は予定通り開かれますか?」と。実は、9月30日の午前中は広島の国際会議場で、前川喜平さんの講演会が開かれることを以前から楽しみにしていたのですが、この東京行きであきらめていたのです。でも、午後の会が中止にならなければ、それには間に合うかもしれないと思ったのです。

Photo

すぐに山下氏からは返事がありました。予定通りと。でも、駐車場はほとんどないからと。即決心しました。いったん家に帰って車でなんてしていたら、遅れてしまう。これは、JRだと。

12時55分に広島駅について、とっとと在来線の方に行っていたら、13時0分発の大野村行きの列車があると。走りましたよ。キャリーバッグを持って、階段も。で、無事それに乗って、五日市駅まで。そこからはタクシーで、素晴らしい。5分前に到着です。大荷物を持ったまま、会場に入りました。夫には、そこから電話しました。

そして、3時間。前川さんを堪能しました。

2

午前は講演ですが、午後は対談形式で。「前川喜平さんと語る!~今、変わりつつある教育と法~」。二部の構成で、一部は東京シューレの奥地圭子さんと。そして二部は、「檻の中のライオン」の弁護士楾大樹さんと。楾さんのお話は、以前弁護士会館で聞きましたが、奥地さんのお話は初めてです。

これが、すっごく良かったのです。素晴らしい会でした。前川さんもすごい人。そして、奥地さんのお話は、目からうろこでした。この歳で、私、多いに教えられることがありました。

で、結局昨日は、とても有意義な一日をすごすことができたということなのです。前川さんの対談、暫くお伝えしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ