« 2018年8月 | トップページ

鯖寿司、カープ。

昨日書いた「昆布で巻いてあるサバのお寿司」の食べ方についての続きです。書いたのは、皆さんが昆布を取って食べていらっしたので、びっくりしたということでした。そして、昨日。食べに行きました。しっぽくそばと鯖寿司のコラボ。そしたら、そこに回答がありました。こんな紙と共に運ばれたのです。昆布は取って食べるようにと。

3

そうなのですね。お店としてそれを要請されています。で、取って食べました。でも、本当にそのほうがいのかと一口試してみました。そしたら、やっぱり昆布を取って食べたほうがうんと美味でした。それはそれはおいしいサバずしです。御高いだけのことはありました。(だって、二切れで750円ですもの。)でも、もったいないので、後で昆布だけをいただきました。「高級酢昆布」でした。これはこれで美味でした。

さて、カープ、やれやれですね。昨日は、診療後に自転車で買い物に行きました。途中、こんな光景があちこちでありました。

1

買い物に行ったドン・キホーテは、こうです。ここにもたくさんの人がいましたが、私が一番前で見ていると、ちょうどその時に新井さんが、ピンチヒッターで犠打を打って一点。

2

クリニックに帰ってもそのままの点で、でも家に帰るとその直後に3対3で。「今日は行けるかも」と思ったら、あららですものね。まあ、楽しみは後になるほどいいでしょう。全て済んで、コンビニに行きました。まだ満月の様相のお月さまがいましたよ。街灯と一緒に撮りました。

1_2
さて、今日はカープはどうでしょうね・・。私は明日のチケットがあるのです。できれば、明日まで待って欲しいというところですが・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺いろいろ。

広島そごうで「京都老舗の会」が行われています。こういうイベントは行かなければね。で、イートインで戴いたのがこれ。鴨南そば。1000円は御高いなあと思ったけれど、お出汁も鴨もとても美味でした。

2
メニューには、お弁当やいづうの鯖寿司などいろいろとありますが、やはりどれも高価です。で、ここでびっくりしたことがあります。「しっぽくそばといづうのサバずし二つ」のメニューを食べる人がとても多かったのです。で、私の机の斜め前の女性が、サバずしの昆布をはがして横にやってお寿司を食べていらっしゃいました。あれ?私は、これまで昆布がまいてあるバッテラは、一緒に食べて来ていたので、びっくり。と、私の隣に座った男性も、昆布を外して食べていらっしゃいました。ますますびっくり。私のこれまでの食べ方は間違っていたのでしょうか。私は、昆布がおいしくて好きなので、もったいないと思ってしまいます。でも、そうする物なのでしょうね。今日は、それを食べに行ってみます。そして、一個はそのままで、一個は外して食べてみましょう。

京都展で買ったもの。水ナスの漬物と、鈴です。鈴は私のクリニックのカギにつけます。

1
先日の岡山からの帰りに、小谷のサービスエリアで買ったのが、これ。昨日の当番医のお昼ご飯に食べました。少し味が濃かったけれど、手軽に皿うどんが食べられて満足でした。

1_2
2_2
麺ついでに。チキンラーメン好きです。いろいろな種類がありますが、今出ているのがこれ。卵黄のソースがついています。

2_3
1_3
お味が一段とまろやかで、とてもおいしかったですよ。忙しいお昼に食べるためのストックにまた買って置きました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山、ペンギンプロジェクト

私は、今日は当番医。朝から晩まで診療をします。もしかして今日、カープは優勝を決めるかもしれないのですね。診療の合間にテレビで応援しましょう。

昨日は、岡山で講演、シンポジウムにも参加しました。

岡山の「ペンギンプロジェクト」立ち上げのセミナーです。ペンギンプロジェクトは、産婦人科の上村先生が代表を務める、居場所のない若い女性の安心できる居場所づくり、支援などをしようというNPO法人です。

居場所の無い女性の支援、大賛成です。

講演前の会場です。講演中は撮れないので。

3


私の講演は、「産婦人科医療現場から見た若年女性の現状~考える対策とは?~」というタイトルで、とにかく医療の現場の現状を話すという役目でした。

一杯スライドを用意していきましたが、肝心の性教育に関することはしゃべれませんでした。が、事例をたくさん上げましたので、今、こういうことが起きているということについては、お伝え出来たかと思います。

シンポジウムでは、これからどう若い人たちに伝えて行けばいいのか、そういう場所づくりをするのに、どういう活動が必要かということが具体的に話し合われました。


1


2


上村先生と共に活動していらっしゃる弁護士の髙崎和美先生は、自己紹介を聞いて、何と面白い!!こういう方がこういう活動をされるというのはいいなあと感激。教師を6年間した後、チンパンジーの研究をしている夫と共にアフリカなどに居住、帰ってきた後に弁護士になったという方です。チンパンジーの世界と、人間の世界の比較などが少し出てきました。もっと沢山聞きたかったのですが、私はこの後福山の会に出なければならなくて、残念でした。

会には、岡山県議で、昨年の8.6ヒロシマ平和の夕べに来て話して下さった大塚愛さんと、一緒にみどり岡山で市議をなさっている鬼木のぞみさんも来てくださいました。というより、ペンギンプロジェクトの大切なスタッフ、支援者と思います。少しの時間でしたが、お話できてうれしかったです。

4

またいつかゆっくりお話しできれば、と思いました。

岡山の皆さん、とてもとても大切なプロジェクトです。一人、たった一人でいい、相談できる大人がいれば、この女性はもっと早くに、ここまで悲しいことを拡大しない間に救えたのに、と思うことが度々あります。そのような場づくり、これからも応援させていただきたいと思います。ありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山です。

岡山です。昨夜、車で来ました。日帰りができないこともないけど。今日は夕方福山によらなければならないので、朝から車の運転はきついかなと、夜のうちに来ることにしました。今日は、この講演をします。

Photo

昨夜、岡山と言えば、ここに来ないわけにいかないジョリーフォックス。ラストオーダーの9時半に着くはずだったのに、志和と西条の間が事故で、大渋滞、志和西条間 45分だなんて。間に合わないので、途中で電話を入れました。10時には着くと思うので、何とか何でもいいから食べさせて欲しいと。シェフさんも大丈夫だから、焦らずに来てくださいと言って下さいました。10時過ぎに着いたら、お店にはお客さんはみんないなくなっていて、でも、シェフご夫妻が残っていて、準備をして下さっていました。おなかペコペコ。即果物のサラダと熱々の海老のグラタンを出してくださいました。

3_2

6_2

果物は、桃がもう過ぎて、黄金桃と柿のサラダだそう。

1_2
グラタンには、大きな車エビが二匹も入っていて、頭はカリカリに焼いてあります。それも香ばしくかじりました。 最後にはバナナのアイスを出して下さいました。

2_2
ご夫妻の暖かなおもてなしに感激。本当にありがとうございました。

岡山の皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中、急にカープに行きましたよ。

昨日は、思いがけず、突然の姪からの連絡で、球場に駆け付けましたよ~。

雨でしたが、その前日のことがあって、絶対に中止にはならない、そっちもそんな覚悟なら、こっちも覚悟を決めて行きましょうと。豪雨の中でも、強引に最後まで続けた前日の試合は、常軌を逸していましたもの。

でも、度々の試合の中断とグラウンドの手当てはあったものの、前日ほどひどくはなく、日付が変わることなく、終わりました。大違いなのは、素晴らしいカープの活躍で、勝ったこと、そして、マジックを3にしたこと。大満足で帰りましたよ。

9217

9215

そして、われらが新井さんの目も覚めるような三塁打。今年初めてのヒーローインタビュー!!

9212

インタビュー最後は、「雨が強くなりました。どうぞ、風邪をひかないように、気を付けてお帰り下さい」だったのですよ。まったくもう、泣かせるではありませんか。そして、インタビューが終わるなり、私たちの所にまっすぐに走ってきてくれて・・・。わざわざ帽子を取って、深くお辞儀をしてくれました。本当に、胸がキュンキュンしました。この姿が見られただけで、行ったかいがあったと言うものです。

9211

そうそう、雨が強い中では、風船はあまり飛びませんでしたよ。即足元に落ちて、シューシューと情けなくしぼみました。

9213

さてさて、決まるのは、明日23日? それとも、もっと先?どちらにしても私は観に行けないので、いつでもいいです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みをつくし料理帖」の特別巻

私は、学会やら研修やら、講演やらいろいろな所に行くための移動は、ほとんど夜です。診療を済ませてから車を運転したり、新幹線や飛行機に乗ったりします。だから、この前の東京行きの時に、昼に新幹線に乗るのは、めったになくて、うれしいかったのです。日ごろは真っ暗で面白くもありませんが、今回は、「富士山が見えるか」の期待でドキドキしました。その前、厚生労働省の「特別養子縁組」のあっせん事業者の集まりの時にも、そうだったのですが、台風が来ている所で、暑い雲に阻まれて富士山は見えませんでした。今回は、静岡を過ぎると、じっと待ったのですが、だんだんと雲が出て来て、また全くだめでした。裾野が見えただけ。まったく、もう。

そんな新幹線の中では、本を読みました。待ちに待ったこれ。

2

主人公を初めとして、登場人物のその後が書かれています。完結した時に、「2018年」 にその後を出版すると宣言されていて、いつかいつかと待っていました。先日、友人から「出てるんではない?」と言われて、ネットで調べると、正にこれ。9月1日付で出版されていました。即、本屋さんに走りましたよ。

今回のも、本当に読み応えがありました。夢中で読んで、そして深い感動。

好きな人をあきらめる、それはとてもつらいことだった主人公も、穏やかでやさしい医師と結婚して、共に大阪に行って、そこでの暮らし。その夫ある医師に大変なことが起こります。主人公の苦悩。

そして、もう一人の主人公、小さい時の水害で家も家族も全てを失い、だまされて吉原に売られた花魁、そこを出た後、主人公とともに大阪に行き、かつての実家の商家を再建します。

その吉原の遊郭にいた時、ずっと彼女を支え、彼女を救うために命を落とした男、又次とのなれそめが、ここで明かされます。それは壮絶でした。

それにしても、この高田郁という人、すごい作家だと思います。その構成力だけでなく、あらゆることについての蘊蓄がただ事ではありません。「みをつくし料理帖」は、初め、料理に関しての小説と思ったけれど、それよりも、登場人物の生きざまが面白くて。時代考証も細やかで。筋に太い骨があり、料理はその香りづけとし大切な役目を担っています。今回、彼女が夫を救うために懸命に味噌を作るくだり、それで作った味噌汁をすっかり弱ってしまった夫が口にするあたり。料理や医療や健康についても、考察が深くて。

待っていた本を読み終えて、なんか虚脱です。まだその後を書いて欲しいと思っても、「もうこれで終わりです」だそうです。同じ作者の別の本を読もうと思うけど、あまりにこのシリーズがおもしろかったので、もう少し時を置いてからにしようと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KITTE、「菜な」の食事

東京での二日間、姉母娘とは別行動で、私たちは埼玉のディズニーオンアイスの後は東京駅まで戻り、KITTEの「菜な」で食事をしました。娘も合流し、孫も含めて女4人の食事です。ここは、以前から大好きな所。ママが早くに予約をしてくれたので、個室でゆっくりできました。

前菜のおばんざい5種盛り。お出汁トマト、豚バラと蓮根のきんぴら、ズワイガニとキャベツの胡麻酢、京揚げ麩と干し柿のクルミ和え、クリームチーズと牛肉の炙り。

3

お刺身4点盛り。孫はお刺身が大好きです。

1

サンマの柔らか煮

6

焼き赤茄子の三種盛り。生ハムでくるんだのや、ブドウと合わせたのとか。

4

アボカドポテトサラダ。

2

生麩の田楽

5

焼きおむすびやデザートなどは写真の撮り忘れでした。

ま゛子から、敬老の日のプレゼントをもらいました。保育園で作ったしおりです。牛乳バックと、色を付けるのに薄い紙をちぎってお水とミキサーに入れて回して、アミの上に出して、ぎゅっと押さえて乾かしてと、説明してくれました。そして、

「花〇には、おじいちゃんとおばあちゃんがいないから、じいじとばあばのにしたの」と言われて噴き出しました。「じいじはおじいちゃんで、ばあばはおばあちゃんなんよ」というと、びっくりしてましたよ。早速読みかけの文庫に挟みました。

Photo

ここは東京駅のすぐそばですので、ギリギリまでゆっくりお話しをしながら、過ごせます。でも、ゆっくりしすぎて、最終の新幹線に走らなければなりませんでした。おまけに、ゲリラ豪雨の後のまだ土砂降り。孫ちゃんは、エルサのドレスで雨の中、走るのが速い速い。地下を通ればぬれなくて済んだのに、と、これは後で気づいたことでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉でディズニーオンアイス。

ディスニーオンアイスは、埼玉のスーパーアリーナで。東京駅に大きな荷物は預けて、そこから電車一本。さいたま新都心駅の直ぐの所にありました。孫は、エルサになっています。

1

周りは、やっぱりエルサが一番多くて、でも、ミニーやアリエルや、いろんなドレスの子たちが沢山。

ショーは、大人も十分に楽しめる、完成度が高くて、見ごたえがあるものでした。写真はどんどん撮って、SNSで発信してね~と言っていました。やはりこれも。時代が変わりましたね。

2

やはり圧巻はアナと雪の女王。

3

Photo

4

楽しみましたよ。考えてみれば、私が子育て真っ盛りの時は、好きな映画も見れず、時に映画と言えば、「東映まんがまつり」で。自分が楽しむと言うより、子どもをどう楽しませようかと、そればかりでした。

今回の、このアイスショー、こんなの、私一人では絶対に見ない、孫がいればこそ、です。孫の存在は、それだけ私たちを豊にしてくれることだと、改めて思います。

この後は、電車で東京駅へ。ここに娘も合流して、KITTEで食事をしました。また明日。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神宮のホテル

私たちが神宮で泊まったのは「日本青年館ホテル」、全国の青年団の総元締めとでもいえばいいのでしょうか。それまでの所にオリンピックのスタジアムが作られることになって、昨年8月に移転オープンしたそうです。

カープの選手、どこからバスに乗るんだろうね、なんて言いながらホテルに戻りました。昨年は、勝って電車の駅まで戻る時に、選手のバスが来て、みんなで手を振ったのですね。今回も手、振りたいよね、なんて。

試合が終わって、ホテルに戻って9階のフロントから球場を見ると、まだカープファンが名残惜しそうに、沢山残っていました。下の方は、外に出る人たち。

15

ママの指摘で見ると、左下の地下にバスが停まっています。それに、カープの選手が次々と乗り込んでいました。

16

拡大すると。

10

そこから手を振っても、気づかれるはずもなく、でも、ありがとうと言いました。

いいホテルでした。大浴場もあります。フロントにあったチラシ。外国の方が多いからでしょう。一番目の「浴室に入る時にはパンツを脱いでください」には笑いました。でも、実際、パンツをはいたままだったり、水着を着て入る人があるのだそう。横向きですみません。

18_2

5人みんなで食べた朝ごはん。おいしく楽しくいただきました。

19
いっぱい食べて、でも名誉のために行っておきますが、お昼はアイスクリーム一つだけにしましたよ。もう少し東京でのことが続きます。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神宮球場で、新井さん、さようなら。

東京です。ホテルの同じ部屋に孫とママと三人で寝ました。息子はきょう仕事なので、泊まらないで家に帰りました。姉たちと今日は別行動で、私たちは埼玉のディズニーオンアイスに行きます。

昨日の神宮球場でのカープ、素晴らしかったです。と言っても、一回に相手の二個のエラーがらみの得点のみで、後が取れなかったのが、少し不安。岡田はよく投げました。

そして、昨日は、東京、神宮のファンの皆様への新井さんのさようならの試合でもありました。皆さん、新井、新井で。

試合が始まる前に、ヤクルト球団から新井さんに花束の贈呈がありました。

10_2

もう、今度は出るだろうとみんなが言っている時に、ピンチヒッターで。大拍手。

12_2

そして、勝利で終わって。

1_2

岡田君のヒーローインタビューの後、新井さんが帰る時。ファンは大合唱。

「赤い心見せ 広島を燃やせ 空を打ち抜く 大アーチ カットバセー。アライ。アライ。アライ」

3_2

レフトスタンドの前で、深々と長―いながーいお辞儀をして。その時には、さがにみんな涙涙で歌いました。

6

さよなら新井さん。ありがとう新井さん。そんな東京のファンたちの思いが詰まったひと時でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の針仕事展②

「私の針仕事展」、続きです。今年は、撮影O.K.だったので、遠慮なく撮らせて頂きました。

キルトのすごいのは、これをチクチクと縫い続ける、その膨大な労力と時間のことです。きっと、様々なことに思いを巡らせながら、その思いも針で布に縫い込んであるのでしょう。

ちょっ変わったキルト。背景にも、針目で模様が描かれていました。

6

そして、刺繍を施した小物たちの一部です。

8

7

こんなのを自分で作って持ち歩けたら、なんて素敵なことでしょう。さらに。つるし雛たち。とっても手がこんでいます。

9

13_2_2

貝の絵合わせは知っているけれど、これは、中にしつらえがしてありました。

10

これらのすばらしさに圧倒され、ため息をつきながら、でも、いつ縫えるか分からないままに、布をいくつか買って帰りましたよ~。


それにしても、これらの作品には男性の作り手さんはいないのね。編み物の世界には、だいぶ男性がいらっしゃるけれど。
皆様、ぜひご鑑賞を。感動しますよ。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の針仕事展①

毎年楽しみにしている「私の針仕事展」、昨日やっと観に行きました。なんと、今年は「撮影O.K.。SNSで紹介を!!」となっていました。びっくり。昨年までは撮影禁止で、ほんとうに素晴らしい作品をみんなに見て欲しいなあと思っていたのですが。うれしくって、撮りましたよ。

入口の外の作品。美しいキルト。大がかりな、根気のいる細かな仕事です。いつもいつもすごいなあと感嘆して観ます。

1

中に入るとすぐに「オバマさん」がいらっしゃいました。

2

近づくと、これ。一センチ四方の細かな布を手縫いでつないで作り上げてあります。この方は、毎年オードリーヘップバーンとか、石原裕次郎さんとか、様々な方の肖像を手縫いで作り上げていらっしゃいます。今年はオバマさん。柔らかないい笑顔です。

3

今年の三浦百恵さんのは、昨年までと一転して、ぐっと明るい華やかな作品です。美しい。細かな細かな手縫いです。

4

キャシー中島さんのハワイアンキルト。

5

キルトだけでなく、もっといろいろな刺繍だとか、和ものの展示もあります。いい物を観るのは、また自分の力にもなります。また明日ご紹介しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田代美江子先生の講演から②

昨夜はカープ、すんなり勝って、いい気分で帰りました。やはりカープはこうでなくっては。マジック6。さあ、いよいよカウントダウンですね。

さて、田代美江子先生のユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』のお話を続けます。


昨日のスライド、日本の子どもをとりまく性的環境は・・・。を、このまま放置していいはずはなく。効果的な教育のプログラムがなしうること。

4


でも、日本の教育の状況はどうなっているのでしょうか。


6


しかも。せっかく、性教育がまともになしうるようになったとたん、激しく起こった性教育バッシング。今もこの時を思うと、胸が痛くなります。そして、大切なことは、そのバッシングの影響が今も続いているという事です。今だに中学校での「避妊の教育」は原則禁止。管理職が認めた所はなんとか外部講師の力でその話もできるという状況なのですね。せめて全ての若者が「避妊」を正しく学んで社会に出て行くこと、だから学生の間に、というのが
私の悲願でもあります。全ての若者がという事は、だから「義務教育の段階で」という事です。そうでないと、今のように「高校で」であれば、高校に行かない人、中退する人は全くこの大切なことを学ばないままに社会に出てしまいます。いったん社会人となれば、もう誰も教えてくれません。


7


8

この「おとなとの信頼関係の構築が困難→相談できない」という、これは痛いです。もっと早く誰か信頼できる大人に相談できたなら、ここまでさらなる困難にならなくてすんだでしょうに、という若い人に出会います。

9


この「仲間とともにその状況を変えられる力」というのがいいですねえ。大人の力でなく、押しつけでもなく、「若者自身の力で」。その力を身につけてもらうのが包括的性教育であると。

やっぱり私のつたない力では、田代先生の替わりをできるわけもなく。もっと多くの方に、田代先生のお話を直接聴いてもらう事、そうお勧めしたいと思います。久々に骨のあるお話を聴くことができました。感謝いたします。田代先生にも、それからこの講演を企画して下さった避妊教育ネットワークの世話人の皆様にも。ありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田代美江子先生の講演から①

田代先生は、とてもきれいな声で、歯切れよくお話しして下さり、性教育の基本というべき、人権についても分かりやすく解説して下さいました。本来なら、性教育に関わりたい人、そうでない人も、田代先生の講演を聞くべきと思いますが、少しだけ、私の出来る範囲で、ご紹介したいと思います。


昨日も言いましたように、ユネスコは、2018年1月に「国際セクシュアリティガイダンス」の改訂版を出しました。現在それの翻訳中という事でした。以下、田代先生のスライドを印刷して配布されましたので、それの一部を使わせて戴きます。勿論、原本はカラーですが、配布は残念ながら白黒です。

当日は、このような内容でお話頂きました。


1

2


「性の権利」というと、それだけで眉をしかめる方があります。でも、その内容とは、こういうものなのですね。さらに。


3


「ガイダンスは問いかけている」このスライド、大好きです。本当にこの通りなのですね。少し前に中学生のことをこのブログで話したことがあります。患者で来た中学生から聞いたことです。やはり中学生の男子から、こうする物なのだと、精液を飲んでくれと言われて、それがとてもいやだと言うことでした。アダルトビデオから得た情報なのでしょう。


5


一つ一つとても納得できます。明日に続きますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山での講演のお知らせと田代先生のお話について。

9月23日の日曜日、岡山で講演をします。

Photo

岡山のペンギンプロジェクトとは。大塚愛さんのフェイスブックやフライヤーから。

「学校や家に居場所がなく、自立に向けて十分な支えが得られない女の子たちは、望まない妊娠や貧困など、さらなる困難を抱えることも少なくありません。」

「それらの若年被害女性などに対して、公的機関・施設と民間団体とが密接に連携し、アウトリーチから居場所の確保、公的機関や施設への「つなぎ」を含めたアプローチを行う仕組みを構築する法人です。」

性教育から広がって、様々な活動をしていらっしゃる上村先生とご一緒です。多くの方にお会いできますように。

続いて、9月2日の「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」での埼玉大学田代美江子先生の講演、「ユネスコ『国際セクシャリティ教育ガイダンス』から学ぶ包括的性教育とは」について、お話しますね。

1

田代先生は、性教協の代表幹事であり、「季刊セクシャリティ」の編集長もなさっている、埼玉大学の教育学の教授でいらっしゃいます。

ユネスコは、2014年に「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」を発表しましたが、2018年1月にさらなる改訂版を発表しました。田代先生のそのお話がとても興味深く、納得でき、かつ感動的でしたので、お伝えしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やんじさん開業のお祝い

まだ「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」での田代美江子先生のお話の紹介が残っているのですが。少し息抜きで。

この前の日曜日、やんじさんのお祝いをしました。今日から晴れて自営の開業です。これまでの努力が実って、本当におめでとうございます。私たちの家族でお祝いをしました。場所は白島の焼き鳥屋さん「啐啄いな村」で。

1

これまでのご苦労をねぎらって、話が弾みました。仕事の話、特にカープの話・・・。

少しそこのお料理の写真を。焼き鳥がメインですが、そのほかの料理も素晴らしくて。右のはレバーパテ。少しずつ海苔に包んで戴きます。

2

3
4
大きな「かるが茄子」の丸焼き。しめのだし茶漬けです。左上のは生麩の焼いたの。もちもちしてとっても美味。私は 五島うどんの地獄炊き、写真撮り忘れですが、ツルツルの細いうどんを卵とお醤油を混ぜたものにつけて頂きました。だし茶漬け、夫に分けてもらってたべましたが、最高の出汁でおいしいです。

5
やんじさん、どうぞ体に気を付けて、ゆっくりとお仕事に励んでくださいね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学部入学試験女性差別⑤

 私自身が医師となって医療界に居続けて、初めから今に至るまでずっと持ち続けている違和感、それは医師の世界には「人権感覚」とか、「ジェンダー意識」が本当に希薄だということなのです。

考えてみれば、これらは医学教育の中には全く入っていないといってもいいでしょう。「病んだ人を診る人格者」であるべき医師は、自ら医師以外の人たちと接し、学ぶことでしかこれらは獲得できないものだということなのですね。

そして、また大切なことは、その医師の世界で同僚との闘いに勝ち抜き、教授の地位にある人達がこの「入学試験」の合否の判定をする立場にあるという事なのです。彼らは、女性の医師が仕事をしやすいように考え工夫する以前に「女子」の入学を少なくすることを考え、実行して来ました。

今、私たちの時代とは確実に社会が変わりました。我慢をし、自ら犠牲を強いて頑張り、出世の闘いを勝ち抜いていくことが「男の医師に課せられた課題」なののではなく、もっと働くことに喜びを持ち、家族を大切にし、パートナーと共に子どもの成長に目を細めながら、ゆっくりとした人生を歩んでいく、そんな理想を掲げる若者が多くなっています。社会ではそうなのに、この「医」の世界だけ、社会から取り残されて行っているようです。

各企業がどのような対策をとっているか調べました。

13

14


これらは、ベテランの社員を出産で失う事以上に、そのような対策を取って仕事に復帰してくれる方が、企業のためでもあると経営側も分かってのことなのでしょう。だって、教師の世界も女性が多くなって、でも、産休・育休をとった後、ほとんどの人が仕事に復帰しています。それは、医療界でも、ナースはそうですし。

医師の世界がいかに遅れているか。そして、それらの工夫、システムづくりは、単に女性の医師の仕事のしやすさだけでなく、男性が「人間らしく、ゆったりと生きて行くために」こそ必要なことであると思います。

長々と読んで戴いてありがとうございました。若い女性の皆さん、これをきっかけに医療界も変わっていくことが期待できそうです。どうぞ医学部に沢山の女性が入学して下さい。それを心から望み、歓迎しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学部入学試験女性差別④

私がまだ一年生で、大学病院から地方の出張病院に派遣された時。その院内の宿舎に住み、それこそ夜昼ない生活を送っていました。そこに素敵な女性の小児科のドクターがいらっしゃいました。

私は、その先生に尋ねました。私は仕事も続けたい、結婚も出産もしたいのです。いつ出産するのがいいのでしょうかと。そしたら、そのドクターは、医師になって2年。2年は、しっかり研修、仕事をして、それからにしなさい。2年間しておけば、基礎ができます。少々休んでも、すぐに取り戻せますと。

そう、長い人生、長い医師生活、少々休んでも、すぐにまたフルに働くことができるようになります。そう私は後輩たちに言ってきました。私たちのように産休は任意、育休なんてまだ存在すらない頃、それなりにつらい思いもしました。今は、産休も育休もあるのだから、これは女性たちも十分に働く環境ができていると思っていました。

そしたら、何と、社会的には、その入口の所で、医学部の入学を女性は制限するということが行われていて、それが当然のように言われている、それがとてもとてもショックでした。

でも、本当に女医たちは出産すると仕事をやめているのでしょうか。この統計がありました。

2


女性医師が休んだ理由とその期間です。その60%の人が一年未満の休み、約80%が2年以内の休みなのですね。中には自分の病気、夫の転勤、留学なんてのもありますが、それらを含んでの休業期間です。やめてはいないではないですか。多くの女性は、ちゃんと復帰しているではないですか。

これくらいの休みは私の同僚の男性でもあることでした。開業医の親の病気でしばらく実家の診療をしなければならないからとか、自分自身が肝炎になって休むとか、そしてしばらくして勤務医に復帰なんて場合もごく普通にありましたね。少し休んでも、また復帰するということは、普通の社会でもあることです。それをも許さないと言うのであれば、この日本の社会はもっともっと少子化が進むでしょう。

今、私の後輩たち、広島大学の産科婦人科学教室は、今の大学のスタッフ17人のうち、8人が女性です。ホームページから。

12


先日、教室の平田先生にお尋ねしました。先生は、「女性医師はとても大切です。出産をしても、やめさせません。」と言われました。産休、育休をとっても、半年から1年以内にみんな復帰します。復帰の形態は色々です。本人が望むように。関連病院で勤務する時には、本人の希望によって「短時間正社員」制度を利用すると。厚労省でちゃんと決められている制度です。本人が望めばまた当直にも復帰しますと。
その制度で、とにかく、やめないでつながっていさえすれば、またフルに働ける時が来ます。広島大学は、出産後復帰する女性の医師が日本一なのですね。


 ここに、広島大学の女性医師のレポートが出ています。ああ、なんていい時代になったのか、と思います。工夫すれば、どこの教室でもこんなことができるはずです。その工夫もしないで、女はやめるからなんて言うのは、許せません。

https://home.hiroshima-u.ac.jp/sanfu/recruit/voice/scene1.html


何故医師の世界だけそうなのか、この項、まだ続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学部入学試験女性差別③

医学部入試女子差別について続きます。ある女性医師免許を持ったタレントのこのままでは、「医師は眼科医と皮膚科医ばかりになってしまう」から、女性を制限するのは正しいと言ったことについて。

では、診療科別の男女比はどうなっているのでしょうか。

5

これは、平成24年の統計です。やっぱり眼科と皮膚科が多いではないかと言われそうです。ちょっと待って。これはそれぞれの診療科の中での女性の占める割合です。そもそも、眼科、皮膚科医は全体が少ないのです。

平成28年の医師数は、304,759 人。眼科医は13,144人。皮膚科医は9,102人です。それぞれ医師全体の4.31%と2.99%です。


それでは、それぞれの性別の中での診療科別はどうなっているのでしょうか。

11

平成28年の、それぞれの性別の中での診療科別構成割合です。

やはり圧倒的に多いのは、内科医です。1の内科から12の感染症内科までの総数では、女性の37.7%は内科医なのです。眼科医は7.8%、皮膚科医は6.7%。ちなみに小児科が9.0%、産婦人科は産科、婦人科を含めて7.3%です。

それに、眼科や皮膚科が「救急の無い楽な科」のように言われると、それもまた違うよ、と私は言います。事故で眼科に救急搬送される人、火傷などで皮膚科での救急の医療が必要な人は沢山いますし、勤務医時代には当然夜間の緊急手術も、当直もあります。

このままでは医師は皮膚科医と眼科医ばかりになってしまうと言ったあの人は、どの科でも厳しい医療の現場の実態を知らないのでしょうし、それに同調して、そうだそうだという人は、もっと馬〇だと私は思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学部入学試験女性差別②

東京医大に端を発した女性の受験生の合格制限は、どこの大学もがやっていることと言われています。女子が増えると医療に弊害があると等と言うのが理由ですが。

昨日の国別の女性医師の割合から、今度は日本の女性医師の経時的割合です。医師数が増えるにしたがって、女性の医師の割合も増えているのですが、平成22年をピークとして、平成23年ではむしろ減っています。医学部は6年ですから、女性の合格を制限し始めたのは、平成23年の6年前頃からでしょうか。

3

これは、富山の種部先生作のグラフです。大学の合格率です。理系でも、女性の方が男性を上回っているのですが、医学部だけが極端に少なくなっています。

1


 女子が増えると、「眼科医と皮膚科医ばかりになってしまう」と、医師免許の有るタレントがある番組で言い、それに同調する意見も散見しました。はて、彼女の大学の女性医師は、眼科や皮膚科医ばかりなのでしょうか。

私はそれに強い違和感を覚えました。私たちの医学部のクラスは定員80人で、うち女性は18人でした。そのみんなの行先は、圧倒的に内科が多かったのですが。それ以外は、皮膚科2.眼科1.精神科2.小児科1.産婦人科2.。ちなみに、ほとんどみんな仕事は続けています。眼科の一人だけ、商社マンと結婚し、夫の海外赴任に伴い海外で生活しています。そこは日本の医師免許は通じない所ですので、多分医師の活動はしていないと思います。独身は一人です。

勿論、これは昔の私たちの世界です。時を経て、今や女医は、眼科医や皮膚科医ばかりになっているのでしょうか。その検証をします。そして、妊娠、出産に伴い、本当に女性医師は仕事をやめているのでしょうか。

この項、まだ続きますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学部入学試験女性差別①

東京医大の入試での文科省のお役人の子どもを不正に合格させたということに端を発して、女性の受験生の合格を制限していたという事が公にされました。そして、それについて、様々な人が発言しています。それらを見ながら、情けない思いをしてきた一人の女性医師として、やっぱり発言をしなければと思いました。

私は、1947年4月生まれ。広島市内の公立小、公立中、公立高、そして広島大学の医学部を卒業し、その年の医師国家試験に合格、医師として広島大学産科婦人科学教室に入局、勤務医を経て、現在広島市内にクリニックを開業しています。大学病院から市内の病院の勤務医時代に結婚、二度の出産、子育てを経ました。

特に、土谷総合病院での勤務医時代、夜昼ない出産、救急指定病院であったための急患の受け入れ、緊急手術、それはしんどいものでした。大学病院で10年弱、土谷総合病院で10年弱、あまりの激務に精も根も尽きて開業しました。

それはしんどいものでした。でも、それでも、私はやめないと思ったのは、産婦人科の現場には女の医師が必要という信念。結婚も子どもも欲しい、欲張りでも、男性の医師に許されることが女性の意志に許されないのはないという意地。当時、広島ではまだ女の産婦人科医がほとんどいませんでした。入局した時、一級上の女性がお一人いらっしゃいました。後は全部男性(ナイショだけど、その女性の先輩は、すごくいじ悪で、よく泣かされました)。


私はしんどい。でも、私の次に続く人は少し楽になるだろう、その次の人はもう少し楽になるだろう、その道を私は作ろうと思っていました。女性の医師がもっと増えて欲しいという思いでいっぱいでした。

私は、私も苦労したのだから、みんなも苦労しなさいという思いは全くありません。

大学病院から土谷病院に移り、産婦人科を新設する過程で、初めは一人で赴任、大学から後輩を派遣してもらう時には、女性の後輩を派遣してほしいと教授にお願いしました。少しずつ女性の入局もあるようになっていました。その次も。土谷病院産婦人科を女医の病院にしたいと思いました。当時は、他の病院では、女医さんは困るという部長さんが多くいらっしゃいました。女性のお産を診るドクターが、「女は妊娠するから」と堂々と言われていた時代。だから、私の所では、その女医さんをと希望しました。

私は二人、その次に来てくれた女医さんも二人、その次は三人、そしてその次も二人の子を産み、子育てをしながらの勤務でした。

それをするには、私は決まりを作っていました。子どもの保育園・学校と、私の勤務場所と、自宅が走っていける範囲に。これが鉄則でした。何かあった時には、どこへでも飛んで行けるように。私の枕元の電話が鳴ったら、飛び起きて自転車に乗り、5分後には分娩室に到着していました。

夜中の緊急手術で朝になり、午前7時。手術室の看護師さんに頼んで家に電話をしてもらい、夫に「帰れないこと」を伝えてもらいました。その時には朝ご飯を夫が用意し、子どもたちを学校に送り出してくれました。


後輩、同僚たちには、とにかく、勤務時間には必死で仕事をして、時間には帰りましょう。当番(順番に夜の当番を引き受けていました)の時には、子どものことを自分で何とかする手配をと。

し残した仕事があれば、例えば、カルテやいろいろな書類を書いたりの雑用が沢山あります。それは、ごはんを作り一緒に食べ、お風呂に入り、子どもたちが寝た後にまた病院に行き、仕事の残りをしていました。この時代、思春期学会の学会発表など、カルテを調べながら統計をとったり、データをまとめたりして、沢山の発表もしました。


当然、医師の飲み会や様々な行事は欠席です。それは優先順位からすれば仕方がないことです。休みの日のゴルフなんて、とんでもない、子どもたちと海に行ったり、山に行ったり。精一杯子どもと過ごします。

そんなことで犠牲になったのは、決定的に私の睡眠時間です。睡眠を削れば沢山のことができる、それだけのことです。

さて、重ねて言いますが、そんな私の経験を、そんなしんどいことを後輩たちはしなさいと言うつもりは全くありません。私はしんどかったけれど、後輩たちはもっと楽にできたはず。社会的にも認められているはず。というのが、今回の東京医大を発端として、社会的に全く進んでいなかったと言う、深い失望が私を覆うのです。産婦人科の世界では、とても女医が増えました。先日の「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」でも、3分の2は女性です。全国で皆さん活躍しています。

何故、女は体力的に無理だとか、出産するから仕事をやめるとか言われるのでしょう。それが入学試験の不正な操作まで行われることになるのでしょうか。それが当然、仕方がないことと言われなければならないのでしようか。

私、男性を多く入学させたいのなら、それは簡単なこと。男たちが入学試験で高い点を取ればいいだけのこと。それだけ勉強すればいいだけのこと。全ての男たちが女より高い点を取れば、彼らの望みは、たちまち解決すること。低い点しか取れなくて、それでも入学したい、させたいってずうずうしい。

これまで時間をかけて、沢山のデータを集めました。少し長くなるでしょうが、これらを提示して、反論を試みたいと思います。

まず、世界の中の医師の女性が占める割合です。もし女性に不向きな職業であれば、世界中でそうでなければおかしいです。
4

この項、暫く続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新井さーん!!!

医学部の女性受験生への差別について書こうと、色々な資料をあさっていたら、今日の朝には間に合わなくて、今日のお昼に書きましょうとしていたのですが。そしたら、午前中に新井貴浩さんの引退の記者会見だとスタッフが涙ぐんで知らせてくれました。だから、今日は新井さんのことを書きます。

とうとうこの日が来てしまいました。どうにも危ない、やめるのではないか、いえ、やめないで欲しいと思い続けてきました。

このまえ、菊池がサヨナラを打った時に、真っ先に菊池を追いかけたのは、新井さんでした。この時は菊池が走って逃げたけど。昨夜のやはり菊池のサヨナラの時にもやっぱり真っ先に走って行ったのが新井さんで、そして、今度は菊池は新井さんに飛びついて、抱かれた状態で勝利の手を挙げました。

どうにも、やめるのではと思っていたので、特に新井さんがバッターボックスに立つと、写真を必死で撮っていました。いつも新井さんのユニホームを着て。これは、9月2日の神宮球場でピンチヒッターとして立った新井さんです。

2

私が新井さんのファンになったのは、仏円先生に彼の話を聞いた時からです。教室の中に中沢啓治さんの「はだしのゲン」を置いていた時に、一番熱心にそれを読んでいたのが、新井君だったと。そして新井さんは、中沢さんが肺がんで闘病していらっしゃる時に、バットを持ってお見舞いに行ったのだと。その時は阪神の選手でしたが。

中沢さんは、大のカープファン。その後、中沢さんがなくなった後に、新井さんがカープに戻ってきて大活躍して、セリーグ優勝を遂げたのです。本当に、中沢さんが生きていらっしたら、どんなにか喜ばれたことかと残念です。

それらのことが、この本に出ています。

Photo

幼い頃の新井さん、ご両親のことも出てきます。子どもの頃から決して弱い者いじめをしなかった彼は、今もカープの若い人たちに 慕われています。いえ、ほかの球団の若い選手が新井さんに最敬礼をする姿も私は目撃しています。

もしかして、彼は、若い人の場を邪魔してはいけないと思ったのかもしれません。以前堂林が二軍に落とされることになった時、新井さんが「ぼくが二軍に行くから、彼を一軍においてくれ」と頼んだというのも聞きました。

こうなったら、やはり新井さん最後の年にセリーグ優勝、CSぶっちぎりで勝って、日本シリーズへ。そして、日本一!!!を目指さなければ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産婦人科医のための女性医療保健セミナー①

一昨日、日曜日は朝から夕まで「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」でした。年に二回開かれるこの会は、全国の性教育に携わる産婦人科医が、交通費、宿泊費も全て自腹で自主的に集まる会です。そのプログラムは、毎回世話人会が知恵を絞って作って下さいます。

6

先日の会のプログラムは、

1. 開会の挨拶   最新の話題から  世話人吉野一枝先生。最近の話題、東京医大の女子受験生の制限の問題から、富山の種部先生が作られたスライドを使って、「女性の制限、子を産んだ女医は家庭に入れは、DVである」というお話。「家」維持装置のしくみ」が「医学界のパターナリズムが維持される」仕組みとぴったりと重なる。それは「女性医師氏の就労継続を阻むジェンダーバイアスの連鎖」であると。

この連鎖の中の、仕事をやめて子育てをする女性の、子どもが母の「自己実現」の代理であり、「家」維持のDutyであるとの、ここがとても面白いと思いました。母の支配の元で、その子たちが摂食障害や身体表現性障がい、リストカット、いじめ・暴力、家庭内暴力などを引き起こし、でも、その子たちが゜なんとかかんとか、医学部に入学し・・・・

3

4

そのほかのプログラムは、福島の桜井先生、岡山の上村先生の性教育をどう取り組んだ来たかというお話。私は、特別養子縁組のあっせん事業が変わるというお話を短く。新メンバーの紹介、性教育指導セミナー全国大会の関連報告、対馬ルリ子先生から、海外の人工中絶薬の見学に行ったお話。

医学部を卒して医師免許を取ったばかりの若い新真大さんの性教育アプリを作っているお話。そして一番聞きたいと思って来た埼玉大学教育学部教授の田代美江子先生の「国際セクシャリティ教育ガイダンスから学ぶ包括的性教育とは」というお話でした。

どのお話も、刺激を与えられて、とても勉強になりました。これらから、少しずつお話をしていきたいと思います。特に、必死で診療を続けて来た「女性医師」として、「女医は・・・」について、とても腹立たしく思い続けて来たので、そのお話からしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せな一日。

おはようございます。新大阪です。幸せな気持ちで目覚めました。

Photo

昨日のママの朝ごはんも素敵においしかったし。

Photo_2

海苔のお味噌汁。パプリカはクリームチーズであえてありました。ハムはワサビが効いていたし、真ん中は生湯葉。ごはんはのどぐろの炊き込みご飯です。この後にデザートは桃で、コーヒー。おいしく完食です。

女性保健医療セミナー、素晴らしく勉強になったし(後にご報告します)。その後の息子一家とのカープの観戦もとっても楽しかったし。充実した一日でした。


1

花火も見たし。

2
新井さんのバッティングも見たし。 打てなくて、ちょっと残念だったけど。


3_2


昨日のカープの勝ちっぷりを見ると、投手に若干の不安はあるもののの、打線がものすごくて。もしかすると、最近予想していたのよりも、早くに優勝が決まるのかもしれないと思い始めています。最短で11日。最近までは、9月20日からの地元での11連戦の初めの方。20日の切符を何とか手に入れようかと思っていましたが。もしかして、16日の神宮もあり得るとワクワクしはじめました。私は、6日と13日と16日と27日のチケットを持っています。何とか、この目で優勝の瞬間を見たいのです。


さて、今は新幹線の中。新幹線出勤でこれから診療です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障がいのある人の性教育について⑤

おはようございます。東京です。幸せな光景の中で眼が覚めました。

Photo


今日は10時からのセミナーに参加します。その後神宮球場でカープ!!昨夜も素晴らしかったですねえ。新幹線の中でずっとラジコでRCCの中継を聞きながら来ました。この勢い。いよいよ大詰めになってきましたね。後は、さあ、いつ決まるか!!です。


障がいのある人の性教育について、続きます。昨日のスライドの「自慰への対応」です。

ある所の性教育の集まりに行ったとき、わたしの講演の前に分科会があり、その中の一つ障がいのある人の性教育についてのワークショップに参加しました。学生さんも含めて、若い人から年配まで、障がい者とのふれあいの体験や、実際働く中で困ったことなど、活発に意見が出ました。

その時、お一人の方から、ある通所施設での話が出ました。そこに通って来ている人が、自慰をして、精液を床にまき散らすと。そして、それを掃除するように職員を呼ぶと。ふき取っていたけれど、いつもなので、とうとう職員の中から、もうしたくありません。これが続くなら、私はここをやめますという声が上がったと。本は、家では叱られるからできない。ここでしかできないのだと言うと。どうしたものか困っているという事でした。

私は、その人は、射精に至るまでの自慰行為ができるのだから、では、後始末も自分でするように指導すべきではないかと言いました。タオルなりペーパーなりを使って、飛び散らさないようにする、それを男性の職員が具体的について教えるべきだと思い、そういいました。実際そういう実践をした人の話を聴いています。自分で後始末までしないと、それは、本人がやがて人から嫌われることになることをしっかり話して、指導できることだと思います。というか、そこまで性根を入れてしなければならないことだと思うのです。


7

手をつなぐ育成会の「性say生」から。こんな大切なことが書かれています。全て深くうなづけます。軽度の知的障がいの有る女性が、風俗の世界に重宝されている実態もあります。先輩から後輩に引き継がれていたり。彼女たちの性や命が使い捨てられている事態も。ここでこの1番が有効になると思います。


そして。


8


障がいがあっても、好きな人と共に暮らしたいと言う思いは、当たり前のことですし、それを何とかかなえてあげることができればと思います。少しの援助があれば、それは可能ですし、何人のも具体的な例を見てきています。ただ。妊娠、出産については、子育てがちゃんとできるか、そのお手伝いはなかなか大変ですし、ちゃんと見極めなければならないと思います。もしそれは無理なのなら、きちんとした避妊を。ピルを欠かさず飲めるのなら、それが一番ですし、でも、できるか否か、不安があるのであればミレーナなどのIUDを。当事者と周りの人達との相談の中で決めていきたいと思います。


以上、ざっとですが、障がい児・者の性教育について述べました。これまでも何度か同様のことについて書いていますので、それをも参照していただけたらと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障がいのある人の性教育について④

知的障がいのある人の性教育。昨日のレジュメに出て来た「からだ元気?」は前にもここに出したことがあるのですが、子どもたちにとても好評です。ポンキッキから。


身体の全ての名称が出てきます。あの七生養護学校の「からだうた」は、これに「ペニスだよ」「ワギナだよ」と、性器の名称も出てきます。性器も体の一部、大切な私の体と伝えるのにとてもよくできたかわいい歌です。校長会でも絶賛されたこの歌が、一転、都議会で「とても人前で読むのがはばかれるような歌でございます」と教育長が語りました。

もう少し、私が使ったスライドを。

6

知的障がい児・者の親の会である「手をつなぐ育成会」の「性 say 生」。これは障がい児の性教育のバイブルであります。あらゆることが掲載されていますが、一冊をそのまま渡すのではなく、その子・人に応じて、コピーをして渡すようにと説明してあります。そのまま渡してしまうと、自分のこだわりのある所ばかりに執着してしまうこともあるからですね。

5


障がい児の施設などで、人前で突然自慰を初めて、びっくりしたということをよく聞きます。自慰というのは、とても自然な行為です。そのものをすることを戒めるのではなく、場所と時間を丁寧に教えることですね。根気強く。時間の制限もしないと、一日中、性器が傷つくほどしてしまうことがあります。これについて、もう少し続けますね。

今日は私は診療後東京へ行きます。明日女性保健医療セミナーに出席します。その後、お楽しみ、神宮球場なのですが。雨どうでしょう。昨日のような素晴らしい試合ができるこんなカープなのだから、今、休みなく試合をしてマジックを減らして欲しいと思います。頑張って応援しますね!!


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ