« 盆踊りでした。 | トップページ | 2018年8月6日⑤沖縄の闘い »

庭の樹の伐採

昨夜無事広島に帰って来ました。とても疲れて。私も疲れたけれど、夫がもっと疲れ果てています。

初盆については、もういいやと言いたいですね。

もう一つ、別府の我が家の植木が茂りすぎて、ご近所さんからクレームがついてしまって。道にはみ出しているので、落ち葉が沢山落ちます。行くと、せっせとお掃除をするのですが、何しろ毎日そこにいるわけではないし。義母がまだ生きている頃は、月に二回看病のために帰っていました。でも、亡くなってしまって、それに義姉たちとそんなにうまく行っていなくて、あまり帰りたくなくなって。あ、私ではなく、夫がです。

それで、初盆で行っている間に何とかしたいと思って。ネットで探しました。「庭・伐採」と入れて探すと、24時間受付という所があって。電話をしました。それは0120でしたので、全国で受け付けをして、近くの業者に連絡を取るという方法でした。で、いろいろとこちらの要望を言って、それを受けてくれる業者の方から電話がかかってきて、翌12日には見積もりに来て下さいました。お盆で申し訳ないのですが、別荘なので、こちらにいる間にととても無理をお願いしました。13日は、その方も初盆周りがあるので、14日にと。そして、その方と、もうお一人の二人で、クレーン車と共に来てくださいました。


こんなになっていました。背の高いのは、クロガネモチ。ここに家を建てた時に私の父が熊野の実家から持ってきて植えたもの。数十センチの小さなものでした。道路にぐっと飛び出しているのは、サクランボてす。これは、私が生協で買った小さな鉢植えを地に下ろしたもの2本です。今では、2本で数千個の実を着けます。でも、ちょうどに帰られなくて、クロガネモチもサクランボもその実は鳥の餌になっていました。

Img_7325

チェーンソーで枝を切りながら、上へ上へと昇って行く、その姿がとってもかっこよくって。


10_2

トラックに落とした枝は、下でベテランの方がやはりチェンソーで切りながら、手際よく荷台に詰めていきます。この方は、16歳から植木職人で、今は78歳。もうリタイアしたけれど、頼まれた時のみ、こうして手伝うのだと。でも、若い人へのアドバイスもとても適格にしています。


12

上まで全ての枝を切り落とした後は、幹を切りながら、下へ下へ。その後、ベランダへについている琵琶の樹も少しカット。そして、レモンの樹も選定して下さいました。これは、ベテランの方が木に登って。

5
全てが終わると、こうなりました。

4_2  

父が植えたクロガネモチは、根を残しているので、また春には新芽が出てくるそうです。そしたら、今度は上に伸びないように、ちゃんとカットします。サクランボも、また春には花が咲いて実がなるそうです。ありがたいことです。


8

これで、ご近所さんにもご迷惑をかけることがなくなりそうです。本当にホッとしました。そして、急なお願いを聴いて下さった業者の方に感謝しています。とてもいいコンビのは素敵な方たちでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 盆踊りでした。 | トップページ | 2018年8月6日⑤沖縄の闘い »

コメント

ちょっと気がかわいそうな気もしますが、仕方がないですねえ。

投稿: かわい | 2018年8月16日 (木) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/67061071

この記事へのトラックバック一覧です: 庭の樹の伐採:

« 盆踊りでした。 | トップページ | 2018年8月6日⑤沖縄の闘い »