« 性被害ワンストップセンターひろしまの支援員養成講座が行われます。 | トップページ | 米澤鐡志さんの第二弾の本 »

薬物を盛られたのではないか?という時

性被害ワンストップセンターの相談でも、以前からの私のクリニックの受診の方でも、それから、詩織さんの事件でも、どうも何か盛られたのではと思われることがありまず。

すでにこのブログでもお話しましたが、カラオケでカルピスを飲んで意識がなくなった、新幹線の中でコーヒーをどうぞと言われて飲んだら、気づいたらホテルで裸だった。合コンに参加していて、いつの間にかホテルにいたなど、沢山あります。

私のクリニックでは、以前からそのような場合のために、薬物が検出できるきキットを置いています。検査法はとても簡単で、10分もあれば結果が出ます。検体は、少しの尿。


5

でも、薬物はどんどん分解、排泄されますので、早くしないと検出できなくなってしまいます。薬物にもよりますが、二日以内に検査させてほしいですね。

いつまでに検査すればいいのか、個人によって、水分摂取量や排尿の量なども異なるので、とても難しいのですが、こんな文章がありました。

8


検出できる薬物です。

2
と言っても、コカイン、覚せい剤や大麻やモルヒネなどは分かりますが薬物では何なのかが分かりませんね。

ベンゾジァピン は、多くの睡眠薬や安定剤がこれに当たります。レンドルミン、ソラナックス、ハルシオン、ロヒプノール、サイレース、ベンザリン、リーゼ、レキソタン、セルシン、メイラックス・・・。まだ沢山ありますが、これらが使われることが多いと思います。

バルビツール酸類には、ラボナール、ラボナ、アイオナール、イソゾールなどの催眠鎮静剤。注射も錠剤もあります。

三環系抗うつ剤には、トフラニール、アナフラニール、アモキサンなどが含まれます。

でも、問題は、この検査のキットが高いし、使用期限が9カ月となっていて、9カ月では全部を使いきれず、結局クリニックの負担になるという事です。

もし、おかしい、記憶が飛んでる、何か飲まされたのではないかという時には、どうぞクリニックに来て下さいませ。一回一万円で検査可能です。そして、ワンストップセンターに相談すれば、薬物の検査も公費負担でできますのでね。くれぐれも、一刻も早く!!とお伝えしますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 性被害ワンストップセンターひろしまの支援員養成講座が行われます。 | トップページ | 米澤鐡志さんの第二弾の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/67008563

この記事へのトラックバック一覧です: 薬物を盛られたのではないか?という時:

« 性被害ワンストップセンターひろしまの支援員養成講座が行われます。 | トップページ | 米澤鐡志さんの第二弾の本 »