« 2018年7月 | トップページ

ウォータースライダー・シュノーケリング

おきなわで過ごした三泊四日、今日でおしまいです。広島に帰って明日から仕事です。

ホテルのプール、朝も昼も夜も、孫はとても気に行って、ずっと泳いでいました。昨日だけ海で泳ぎました。私も、シュノーケリングで何十年ぶりかで、美しい海の魚たちを見て、大満足です。でも、そのシュノーケリングで目をひどく傷めてしまって、眼科のお世話になりました。今も痛くて、車の運転が危なっかしいのですが何とか帰れるでしょう。

それに、ホテルのナイトプールで、ウォータースライダー、50メートルのながーい滑り台を滑りました。滑りたかかったけど、子どもや若い人たちばかりで、恥ずかしいのでダメだと言っていたら、若者が、滑りましょう、大丈夫ですよと背中を押してくれました。結局すべったのですが、滑り終えると、何と、周り中から、拍手と歓声と笑いで。ハイタッチを求める人もいて、一体何なのか分かりません。

後で、娘が撮っていた動画を見て納得。ばあばが滑るよ、と娘が孫に言っていたのを聞いた周りの人達が、ばあばが滑るんですって。それに夫が、70歳ですよ、と言ったら、70歳の人が滑るんだって、それはすごい、と次々と広がって、「ばあば、頑張れ、頑張れ」と大合唱。上にいる私には声は届かず、単なる騒音で、知る由もありません。だから、バシャーンと滑り終えると、大笑いと歓声と拍手だったと言うことなのですね。

夫が、ばあばは大きいから、しぶきが飛ぶから、下がっていた方がいいですよというと、孫がそんなことないよ、とかばってくれたと。その前に、夫が、ばあばがプールに入るとプールの水があふれて、よ水がなくなってしまうよとも言ったと。

孫が、ママに「どうしてじいじはウソを言うの?」と聞いたと。そしたら、ママが「それは、冗談というのよ」と教えていたと。まったく、もう。

昨日の、瀬底ビーチ、美しい海でのシュノーケル、サンゴ礁での色とりどりのお魚は、それは素晴らしくって。息子家族も、もちろん孫も娘もみんなでシュノーケリングを堪能しました。

1

こんな海は、沖縄の宝。二度と戦争に捲込まれないように、私たちも力を尽くさなければと思います。

また、沖縄について御報告しますね。目を傷めているのに、パソコンをするのはやめなさいとうるさい人がそばにいますので。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄、辺野古で。

昨日は、夫と二人で辺野古に行きました。

沖縄防衛局は、昨日8月17日から辺野古の海に土砂を投入すると宣言していたのですが、翁長知事が亡くなって、いったんそれは中止、延期になったそうです。翁長さんが命を懸けてこの土砂投入を止めてくれたと、皆さんがおっしゃっていました。

6

これまで、選挙の時には何も言わず、静かにしていて、選挙が済んだとたん事態がバタバタと動くと言うのがこれまでのパターンであったと。キャンプシュワブのゲート前で沢山の人が集まっています。

それにしても、安倍首相、翁長さんの葬儀の13日、みんなが涙を流している時に、「ふるさとのかき氷はおいしいなあ」と、かき氷を食べている写真をツイッターに載せたと。せめて追悼の言葉でも載せるなり、せめてかき氷の写真は控えようかという配慮もないのかと、これは、個人的に聞きました。探してみると、ありました。たしかに13日に。

Photo
キャンプシュワブのゲート前には、沢山の人が全国から駆け付けていました。翁長さんの追悼の言葉を自由に書き込むようにしてありました。私も一言翁長さんへの感謝の言葉を書きました。

2

そこから、埋め立てが予定されている海岸へ。

この美しい海が埋め立てられると。


8

砂浜で集会です。

7


垣根越しに憲兵を説得する人々も。

10

これから、知事選を初めとして、沢山の地方議員選挙があります。それらに全力を挙げて、基地建設反対の知事、議員を送り出さねばと。暑い中、皆さま本当に頑張っていらっしゃいました。そう、安次富さんや、京都から川口真由美さんも、それからYasuさんにもお会いしました。ほんとうに皆さん頑張っています。

戦争への道をひた走る安倍政権に対して、沖縄の心と広島の心は一つだと、思いを新たにしました。ずっとここにいて頑張ることができない、せめてもの思いとして、カンパをしてきました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日⑤沖縄の闘い

おはようございます。沖縄、名護です。昨夜まで降っていた雨が今朝は上がっています。気温も低く、とても爽やかです。

1

那覇空港で子どもたちと合流しました。孫と一緒に泳ぐのを楽しみにしています。

今日は夫と二人で辺野古にカンパやお土産をもって行きます。昨日、那覇空港で、子どもたちと遭う前に、何と、米澤さんに会いました。先日の「8.6ヒロシマ平和」の夕べに京都から来て下さって元気にまとめの挨拶をして下さった電車内被爆者の米澤さんです。大阪空港から来られた米澤さんは、辺野古に行くと、元気いっぱいでした。高速道路の途中、トイレの休憩に寄った所でも、また米澤さんに会いました。本当にその元気は素晴らしい。

2018868

美しい景色。でも、来る途中は米軍と自衛隊の基地だらけでした。

8.6ヒロシマ平和の夕べでは、今年は沖縄からは安次富浩さんに来て頂きました。粘り強く非暴力の姿勢で闘って来た沖縄の人たちの闘いについて、熱く語られました。翁長知事の埋め立て承認撤回についても詳しく語って下さいました。

2018867

①埋め立て承認の「留意事項」にある沖縄県と国の環境保全策などの事前協議が行われていないこと。②大浦湾側の軟弱地盤や活断層の存在。③新基地が建設された場合に周囲の建物が米国防衛省の軍用機の高さ制限に抵触すること。④稲田朋美元防衛相の「固定翼機が新基地を利用するには滑走路が短いため、別の民間空港等の使用の日米協議が整わなければ普天間飛行場が返還されない」との発言を問題視したと。

さらに、これからの展望として、9月の地方選挙、名護市議会議員選挙、10月の那覇市長選挙等をどう闘うかが問われること。あくまでも非暴力でという事を強調されました。

しかし、その8月6日にはまだ翁長知事が存命でした。こんなに早くに亡くなってしまうことはだれも想像しませんでした。

翁長知事の承認撤回の意志を継いで、沖縄の皆さんはますます闘いの意志を強められています。しかし、辺野古での長い座り込み等で、皆さんが疲れていることも聞きました。資金的にも厳しいと。私は、座り込みには少ししか参加できませんが、差し入れとして、カンパをしてこようと思います。

それでは、今から辺野古に向けて出発です。昨日は、慣れないレンタカーで少し苦労しましたが、もう慣れたので、大丈夫です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の樹の伐採

昨夜無事広島に帰って来ました。とても疲れて。私も疲れたけれど、夫がもっと疲れ果てています。

初盆については、もういいやと言いたいですね。

もう一つ、別府の我が家の植木が茂りすぎて、ご近所さんからクレームがついてしまって。道にはみ出しているので、落ち葉が沢山落ちます。行くと、せっせとお掃除をするのですが、何しろ毎日そこにいるわけではないし。義母がまだ生きている頃は、月に二回看病のために帰っていました。でも、亡くなってしまって、それに義姉たちとそんなにうまく行っていなくて、あまり帰りたくなくなって。あ、私ではなく、夫がです。

それで、初盆で行っている間に何とかしたいと思って。ネットで探しました。「庭・伐採」と入れて探すと、24時間受付という所があって。電話をしました。それは0120でしたので、全国で受け付けをして、近くの業者に連絡を取るという方法でした。で、いろいろとこちらの要望を言って、それを受けてくれる業者の方から電話がかかってきて、翌12日には見積もりに来て下さいました。お盆で申し訳ないのですが、別荘なので、こちらにいる間にととても無理をお願いしました。13日は、その方も初盆周りがあるので、14日にと。そして、その方と、もうお一人の二人で、クレーン車と共に来てくださいました。


こんなになっていました。背の高いのは、クロガネモチ。ここに家を建てた時に私の父が熊野の実家から持ってきて植えたもの。数十センチの小さなものでした。道路にぐっと飛び出しているのは、サクランボてす。これは、私が生協で買った小さな鉢植えを地に下ろしたもの2本です。今では、2本で数千個の実を着けます。でも、ちょうどに帰られなくて、クロガネモチもサクランボもその実は鳥の餌になっていました。

Img_7325

チェーンソーで枝を切りながら、上へ上へと昇って行く、その姿がとってもかっこよくって。


10_2

トラックに落とした枝は、下でベテランの方がやはりチェンソーで切りながら、手際よく荷台に詰めていきます。この方は、16歳から植木職人で、今は78歳。もうリタイアしたけれど、頼まれた時のみ、こうして手伝うのだと。でも、若い人へのアドバイスもとても適格にしています。


12

上まで全ての枝を切り落とした後は、幹を切りながら、下へ下へ。その後、ベランダへについている琵琶の樹も少しカット。そして、レモンの樹も選定して下さいました。これは、ベテランの方が木に登って。

5
全てが終わると、こうなりました。

4_2  

父が植えたクロガネモチは、根を残しているので、また春には新芽が出てくるそうです。そしたら、今度は上に伸びないように、ちゃんとカットします。サクランボも、また春には花が咲いて実がなるそうです。ありがたいことです。


8

これで、ご近所さんにもご迷惑をかけることがなくなりそうです。本当にホッとしました。そして、急なお願いを聴いて下さった業者の方に感謝しています。とてもいいコンビのは素敵な方たちでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆踊りでした。

昨日は、とうとうブログを書けないままでした。Wi-Fiが効かないし、Wi-Fiのために河野の実家から出ることもできないし。家に帰ったのは、深夜、日付も変わってからだし。

昨日は、盆踊り。

6

その地の踊りは、公民館の庭で行われ、亡くなった方の遺族が公民館の中に座って皆さんのお参りを受けるというもの。河野が5時過ぎから9時まで、一体どうしたらいいのか嘆きました。私は、うふふ、仕方ないね、頑張ってなどと言いながら、さあ、その間私はどうしましょうと思っていたら、何と。甘かったですね。私も一緒に座らなければならなかったのです。あらっ、そうなのですか。それこそ、私にはしんどい時間でした。

河野は、懐かしい方たちと、ああ、久しぶりとか、こんばんはとか、たのしそうに過ごしました。私は、一人も知っている人がなく・・・。公民館の中は暑いし。

お参り頂いた方へのお土産を車一杯の載せて運んで。これをお一人お一人に渡します。

1

初めに、お坊様が来られて、皆さんでお参りです。

3

ここに写っているのは、役員の方たち。私たち遺族4家族は、こちら側に座っています。お坊様はお若く、お経を聴いて、うん?私は一度も聴いたことがないお経です。鐘をたたきながら唱えられます。何教でしょう?だって、私はこれまで沢山のお葬式や法事に出ていますが、本当に初めて聞く御経です。一部、真言宗に似ている部分もありましたが。仏教の出どころは同じだから当然ではあります。後で聞くと、禅宗だと。この地の家の55%が禅宗で、河野の実家のような浄土真宗は少数なのだそうです。

沢山のお土産をもって行って、本当にこれだけの人が来られるのかしら、と思っていたら、本当でした。お土産を渡すのが忙しかったです。

4

地域にとって良き風習が脈々と続きます。太鼓は、若い人、子どもも代わる代わる上手に叩くし、踊りも老若男女、合いの手、掛け声をかけながら、楽しそうでしたし。でも、これも我が家は私たちの代まででしょう。私たちが死んだあと、息子たちがここに来てこの行事に参加することは考えられませんもの。

今日は、もう一度お墓詣り。12日にお墓に参って、両親を家に連れて帰っていました。今日、お墓に連れて行き、また来年までお墓にいて下さいねとお返しするのです。私はこの地に来るまで、お盆のお墓詣りは一回のものと考えていました。ここでは二回するのが当たり前なのです。その後、広島に向けて帰ります。初盆だけの里帰り、これでおしまいです。でも、台風ですって。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初盆でバタバタ

昨日、義母の初盆を終えて、今日は少しゆっくりできるのかと思ったらなんと、朝8時から出かけて、河野の実家にいて、お参りして下さる方たちをお迎えしなければなりませんでした。途中でお昼ご飯を作ったり、晩ご飯は兄妹夫婦で戴いたりで、我が家に帰ったのが、午後11時半でした。

その間、気になりながらも、Wi-Fiが届かない所なので、ブログを書くこともできず、アイパッドを見ることもできないままでした。

そして、明日はまた朝から出かけるのと、我が家の樹が大きくなって、道路にはみ出してしまって、ご近所からクレームが出ました。で、急遽手配して、業者の方に来てもらって伐採してもらいます。それと重なって、行ったり来たりしなければならないことになりました。


夜は夜で盆踊りに座らなければならないし、そのお土産の袋詰めをしたりしなければならず、また一日中働くことになりそうです。

昨日の初盆の法要の後は、ホテルで食事。今回は中華にしました。とっても素敵なお料理でしたので、またいつかアップしますね。

9


中庭が海が見えて素敵でした。



8


6


食事の後は、コーヒーでさらにおしゃべり。

7


そんなことで、ごめんなさい。遅くの、今日ギリギリのアップでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日④

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の平和講演の小出裕章先生は、ご自分の講演で使われたスライドを提供して下さり、参加の皆さんにはそれをプリントして配布しました。これは、私たちにとって、貴重な資料で、とてもうれしいことでした。

先生は、「原発・核と戦争を推し進める愚かな国、日本」で、アウシュビッツの写真の次に、過去の戦争について「問題は過去を克服することではない。しかし、過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる」というヴァイツゼッガーの演説を紹介されました。

そして、戦争の責任についても、福島原発の事故についても、その責任があいまいにされたままであると。

原発と核兵器について。

20188620

20188615

これは、自民党石破茂議員の発言です。安倍政治は早く終わらせてほしいけれど、総裁選に立候補を表明しているこの人も、大変に危険な人であると言われました。

そして。

20188619

「他人に核兵器をもってはいけないというのであれば、自分も持ってはいけない。誰かの核の傘に隠れてもいけない。米国の続国としてひたすら強いものに媚び、弱い者には徹底的に居丈高になる国、それが日本である」と言われました。

最後のスライドです。

20188621

小出先生の分かりやすい説得の力のあるお話をこのような形で私がまとめると言うのは、とても失礼な話だと思います。それを承知で、少しでも参加できなかった皆様にお伝えできればという思いで、紹介させていただきました。

小出先生、本当にありがとうございました。先生のお話を胸に、私もこれからさらにコツコツと歩んで行こうと思います。

なお、「小出さん」と呼ぶべきという人もありますが、私にとってはやはり「小出先生」なので、それを使わせていただきました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義母の初盆のために大分に来ています。

別府にいます。陸路を走って昨夜到着したのは、午前3時でした。

今朝早くに起きるとすぐ、河野の実家に行き、初盆の準備をしています。実家はWi-Fiは圏外で、だからパソコンもiPadも使えません。患者さんからの電話があったので、ちょっと口実をつけて我が家帰って来ました。急ぎ、これをアップしてまたすぐ実家に戻ります。

いろいろと行事が大変な地域です。

2_2

3

4

もう今日、お参りに来て下さる方もおありでした。うちに来て下さる方へのお土産50人分、明日法要をします。その後はホテルで食事。そこに来て下さる方へのお土産は、大分県内の方には、県内用のトキハの商品券、県外の方には、JCBの商品券、男性用のお菓子と女性用のお菓子別々に、それぞれに紅茶。これらを全部間違えないように袋に入れて、お渡ししなければなりません。

そして、14日には地域の盆踊りがあります。その会場の公民館に夫が義母の遺影と共に座って、皆様のご挨拶を受けます。そのためのお土産が100人分。

そして、15日には、いったんお墓から家につれて帰った義父、義母をもう一度お墓に連れて行って、それで一連のお盆の行事は終わります。

それらをつつがなく終えて帰るつもりですが・・・。

買い物に行ったり来たり、寝不足だし、もう疲れています。

すみません。そんな具合で、8.6ヒロシマ平和の夕べについて、今日は書けません。とぎれとぎれで本当にすみません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日③

昨日は、京都から帰り、市の区役所で悪戦苦闘。なかなか厳しい規律があるようで、時間がかかりました。規律に従わなければならないのは分かるけれど、臨機応変というのは効かない組織でもありました。未成年の子が自分が自分であるという事を証明することはとても難しいのですね。健康保険証、マイナンバーの通知書の二つではダメだと。写真入りの学校の証明書も、学校は公的機関でないからダメだと。写真入りのパスポートは期限が切れていてダメでした。結局目的は果たさないままに帰らざるを得ませんでした・・・ああ。また改めて出直さなければなりません。

夜のカープは、行ったかいいがありました。途中、疲れか寝不足か、ウトウトしてしまいました。そしたら、夢を見ました。隣に父が座って、一緒にニコニコして試合を見ていました。まだ幼い日、小学校の時には、父がよくカープを見に連れて行ってくれました。いつもライト側の外野席です。弱いカープ。勝った記憶はあまりありません。今、生きていて一緒にここに来ることができたなら、どんなに喜んだことでしょう。昨日は、延長11回、奇跡のサヨナラ。それも、菊池のクリーンヒットを呼び込むピンチヒッターの新井さんのヒットがありました。私はこの所、ずっと新井さんのユニフォームを着ています。来年も続けてほしいけれど、無理かなあ。

さて、すみません。お知らせしたいことが一杯あって。なかなか「8.6ヒロシマ平和の夕べ」を集中的にお話することができなくって。

李鐘根さんは、②でもお話したように、毎年基町高校の生徒さんに被爆体験を話し、その話を聴いた生徒が絵を描いています。その絵をスライドにして話をして下さいました。


20188614


これは、逃げる途中に見た馬。爆風で眼玉が飛び出ていたと。そう、人間の中にも、目玉が飛び出て、ぶら下がった人もいたと聞いています。こんな絵を生徒の課題として描き続けるという、基町高校の実践は素晴らしいです。
李さんは、被爆前、差別に苦しめられたことを具体的に話してくださいました。名前も奪われ日本名を名乗らされたこと。同時に、きっと気を使われたのだと思います。顔と首のひどい火傷を、日本人の女性がごま油をもってきてくださって、それをぬって徐々に治ったことも話してくださいました。


日本の政策と差別について。

李さんに続いて話して下さったのは、待ちに待った小出裕章先生。小出先生の話を聴きたかったという方が沢山来られていました。

小出先生の話は、アウシュビッツの写真から始まりました。

そして、戦争責任に行きます。

2018864


一番下の行、小出先生の姿で隠れている所は朝鮮です。日本は終戦記念日ではなく、敗戦記念日だと。アジアに侵略し、沢山のアジア人を殺した挙句の敗戦。


そんな日本に対し、8月15日は、韓国は「光が再び来た→光復節」、そして朝鮮は「祖国解放記念日」であると。

そして、すぐに思いました。韓国人原爆犠牲者慰霊祭に参加した時、在日本大韓民国婦人会広島県本部の方たちの悲しく美しい原爆犠牲者慰霊歌、フェイスブックにその歌声を動画で載せました。そして、一番だけの歌詞を載せました。


20188616


その二番の歌詞です。

「解放された祖国の姿を見られないまま、原爆で犠牲になった兄弟。
8.15(光復節)を数日前にした8月6日を心に刻み、悲しみを乗り越えよう。
異国で孤独な魂 恨み死んだ人の霊をなぐさめ 冥福を祈ろう」


小出先生のお話、まだ続きます。

私は今日からお盆の休暇に入ります。いつもは日曜から休むのですが、明日土曜日は祭日の休みなので、一日早くから休みます。今日の夜、大分に車を飛ばします。義母の初盆の準備です。初盆が大変な行事の地域です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別養子縁組の会議と「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は少し

おはようございます。京都の朝です。

201889

昨夜、台風で動けなくなる前に、京都まで新幹線で移動してきました。広島はもう新幹線がなくとも、新大阪までなら遅くまであります。最終の一つ前の列車に乗ることができました。京都のホテルも急でしたので泊まりたかったホテルではありませんが、無事取れて泊まることができました。今日のお昼までに広島に帰って、約束の養子縁組の手続きに行きます。

昨日の特別養子縁組についての厚生労働省主催の会合、沢山の団体の方たちが集まっていて、こうなのかと驚きました。会合の中身も、びっくりすることが沢山ありました。モデル事業として、沢山のお金の補助がある団体も。私も特別養子縁組あっせん事業者ですが、全くボランティアとして、赤ちゃんと産んだお母ちゃんのために、むしろ持ち出しでやってきているものですから。こんど届け出制ではなく、許可制になります。いろいろと厳しい規制や義務が問われます。何回もの研修も受けなければならないそうで。研修の施行をする団体を今公募しているそうです。そんなこと、全然知らなかったけれど、正直、とてもしんどいことです。

また、特別養子縁組は、基本国内ですることという新しい法律につき、いろいろな異論も出ました。基地の近くの団体は、黒人の赤ちゃんも沢山生まれる、このような時には、日本国内よりもアメリカで育ててもらう方がいい場合もある、また、最後に「大切なのは命でしょう。子どもの命のはずなのに、やれ日本人は日本国内でというのはおかしくないか」と、強く言って下さる方もあって、少しすっきりしました。

また、目標として一年に1000人の特別養子縁組を目指すと言うのがあって、とてもとても違和感がありました。このような育てることができない出産がないようにすることが、私は目標だと思うのです。養護施設の充実や自相の職員を増やすことなどの福祉の充実よりも、個人の善意などに任せようとする国の魂胆が見えるような気がして。

また、これらの問題点等について、ここでご報告しますね。

さて、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」です。285人の定員の会場が一杯で、受付にいるスタッフや階段に座って聞いている人達もあって、本当に盛況でした。皆様のおかげです。沢山のアンケートも書いて頂いて、ありがたいことです。これらは、次につなげる活力にしたいと思っています。

さて、会ののトップバッターは松浦美喜とnancychnnel with friends の皆さんの歌と演奏でした。フェイスブックで多くの方がアップして下さっていますが、どうも左のギターの方が映っていないようなので。改めて私が写した写真をアップしますね。


20188614


山本さとしさんの「ヒロシマの有る国で」と豊田勇造さんの「九つの鐘」それは素晴らしい演奏と歌でした。私は、動画で撮っているので、You tubeでも流したいのですが。

また、あすから平和の夕べのお話をしますね。
今日は長崎の原爆祈念日です。新幹線の中で合掌しましょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月6日②

8月6日のご報告を続けます。

「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」で広く市民に配布される冊子に、今年は内閣総理大臣のあいさつが印刷されていません。これまではあったのですが。

いつもいつも同じ挨拶で、「昨年のコピペだ」と騒がれて、それは、本当に同じで日付を入れ替えただけ、また、長崎では広島と同じ、地名や日付を変えただけ。今年も昨年と比べてみようと思ったら、印刷されていませんでした。なんの内容もない、空虚な言葉の羅列、読んでいて、恥ずかしくないのかと思います。

でも毎年の平和祈念式での子どもたちの「平和への誓い」これは胸を打ちます。今年は特に被爆直後の様子が語られて、さらにこれからの自分たちの決意も語られて、ふと涙ぐみそうになりました。ここに、配布されたパンフレットからその全文を転載しますね。

   

平和への誓い

人間は美しいものを作ることができます。
人々を助け、笑顔にすることができます。
しかし、恐ろしいものをつくってしまうのも人間です。

昭和20年(1945年)  8月6日 午前8時15分。
原子爆弾の投下によって、街は焼け、たくさんの命が奪われました。
「助けて」と、泣き叫びながら倒れている子ども。
「うちの息子はどこ。」と、探し続けるお父さんお母さん。
「骨をもいでください。」と頼む人は、皮膚が垂れ下がり、腕の肉がない姿でした。
広島は赤と黒だけの世界になったのです。


73年が経ち、私たちに残されたのは、
血がべっとりついた少女のワンピース、焼けた壁に記された伝言。
そして今もなお、遺骨の無いお墓の前で静かに手を合わせる人。
広島に残る遺品に思いを寄せ、今でも苦しみ続ける人々の話に耳を傾け、
今、私たちは、強く平和を願います。

平和とは、自然に笑顔になれること。
平和とは、人も自分も幸せであること。
平和とは、夢や希望をもてる未来があること。

苦しみや憎しみを乗り越え、平和な未来をつくろうと懸命に生きてきた広島の人々。
その平和への思いをつないでいく私たち。
平和をつくることは、難しいことではありません。
私たちは無力ではないのです。
平和への思いを折り鶴に込めて、世界の人々にへ届けます。
73年前の事実を、被爆者の思いを、
私たちが学んで心に感じたことを、伝える伝承者になります。

平成30年(2018年)8月6日
                   子ども代表
                     広島市立牛田小学校6年           新開  美織
                     広島市立五日市小学校6年        米廣  優陽



私たちの「8.6ヒロシマ平和の夕べ」での李鐘根さんの証言。李さんの話を聴き、毎年基町高校の生徒が絵を描いています。「今年は、閃光を描いてもらったんです。なかなかあの色が出なくてね。泣き泣き描いたでしょう。」と言われました。それらの絵をスライドで出しながら、証言して下さいました。


2018862


李さん自身も顔や首等全身に強い火傷を負いながら、「助けて下さい」とすがりつくような、あの目。その目を向けられながら、助けてあげられなかったと語られました。基町高校の生徒さんが、すさまじい「その眼」を描いていました。

私は、二中の慰霊祭でも、現生徒会長の追悼の辞を動画で撮りました。これも、素晴らしい言葉でした。これもいつか文字に起こして、ここで皆様にお知らせしたいと思います。

数少なくなった、被爆者の体験を聴き、私たちがどうするのかを考える、そんな子どもたち、若い人、のこれからを見たいと思います。

      ・    ・    ・

私は、今日これから東京に向かいます。往復飛行機の予約をしていましたが、台風で飛ばないかもしれないとANAから報せがありました。急きょ、新幹線で行きますが、帰れるのでしょうか。明日はどうしても昼には帰っていないといけません。東京での用事は、厚労省の特別養子縁組についての会議、そして、明日帰ってするのは、特別養子縁組の手続きの一部です。医療の現場では、変わらずの事態が続いています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月6日①

昨日は、怒涛の一日、無事乗り切ることができました。

「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」に来て頂きました会場いっぱいの参加者の皆様、ありがとうございました。知った範囲では、東京や九州からも参加して下さった方がおありでした。皆様に支えられていること、心から感謝します。

沖縄や信州等からも来て頂いた演者の皆様ありがとうございました。おかげ様で、会を好評の内に開催することができました。

何よりコツコツと準備をしてきたスタッフの皆様、大変だったけど、本当にやって良かったですね。終わってみて、改めてホッとしています。

平和の夕べについては、またゆっくりとご報告しますね。

今日は、8月6日のご報告を。早朝から広島二中原爆死没者慰霊祭に参加しました。

毎年のごとく、沢山の警察官の厳重警備の元に開催。というのは、皮肉です。会が始まる前に、安倍総理の車がフルスピードで駆け抜けていきました。

2018861                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

何の慰霊祭か分かってる?と聞きたくなりました。夫によると、会のお世話をしていた高校生が「キャー、安倍さんだ」と歓声を上げたと言うのです。ホント?私は写真を撮るのに夢中で気づきませんでしたが夫はショックを受けていました。

慰霊祭の前に、同窓生の山本定男さんの「私の被爆体験と合唱曲『レクイエム碑』」の証言を聴きました。今も毎年益田遥先生の指揮、広島観音高校音楽部OB会により演奏されている合唱曲の誕生のお話です。広島メンネルコールの指揮者をしていた山本さんが、昭和44年、広島テレビが放送したテレビドラマ「碑」を見て、合唱曲にしたいと思ったこと、そしてテレビドラマを作ったやはり広島二中の卒業生である広島テレビの薄田純一郎さんに作詞を依頼したこと、広島二中の大先輩であり作曲家であり福岡教育大学の森脇憲三さんに作曲を依頼したこと。

昭和45年、初めて広島市公会堂で山本さんの指揮で発表したこと。そして、「全曲の演奏が終わった後、私は聴取に訴えました。『皆さんが座っておられる後ろには広島二中一年生の慰霊碑が建っています。どうか後ろのドアを開けて下さい。彼らに聴かせてやりたいのです』と訴え、最後の終章という曲をアンコールで歌いました。」
このエピソードは知っていましたが、その当の先生がこうして話していらっしゃることに、すごく感動しました。

会は、政治家の紹介や弔電の紹介もなく、追悼の辞も同窓会代表、校長、生徒会長の三人。慰霊碑のそばにある、碑建設当時の古田貞衛校長の悼歌朗誦「なぐさめの 言葉知らねばただ泣かむ ながおもかげと いさおしのびて」。そして、二中と観音高校の校歌斉唱とすっきりしたいい会でした。


もう、汗びっしょり。いったん家のかえってシャワーを浴びて出かけました。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の会の様子です。

2018866


懇親会の後、自転車でクリニックに帰る途中です。今年も「小さな祈りの影絵展」が行われていました。コツコツと継続すること。その方たちの美しく心打たれる作品です。

20188610


そして。灯篭流しは、もう灯篭たちが川岸に集まって漂っていました。

2018869


私はその後、クリニックに帰り、今日までにしなければならないレセプトを仕上げて帰りました。一日が終わりました。また明日、いろいろとご報告しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日です。多くの方にお会いできますように。

今日、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」を行います。会場時間、開会時間が早くなりました。申し訳ございません。早くにいらっして下さいませ。後ろが決められていますので、こうなってしまいました。

12時45分から「松浦美喜とnancy channel with frinds」の歌が始まります。

最終的に決まったプログラムは次の通りです。


865_2

プログラムの部分をアップします。

864

どうぞ宜しくお願いします。

今日は、地下街のシャレオの中央広場で「国境のない花たち展」が開かれます。ちょっと足を延ばしてみて下さい。る毎年沢山の国の方々の生け花が展示されます。

Photo

昨日、韓国人原爆犠牲者慰霊祭に参加しました。異国の地で孤独にひどい状況で亡くなった方々に想いを馳せました。日本人としてはごめんなさいとしかいう言葉しかありませんでした。

韓国人原爆犠牲者の会の朴珠南さんが一番に献花されました。朴珠南さんには、8.6ヒロシマ平和の夕べで被爆証言をしていただきました。どうぞますますお元気でお過ごし下さいますように。

2

今から、広島二中の慰霊祭に行きます。広島二中の教師をしていた父の代わりの参加です。

その後、平和の夕べの準備に行きます。一日忙しくなります。また多くの方々にお会いできますように。



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も暑い日です。

201884_2

昨日の原爆ドームです。いつもきれいな花と香りで和ませてくれるバラの花たちも暑さにまいっているようです。

明日の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は例年と異なって、会場12時20分、開会が12時45分からとなります。どうぞお間違えの無いようにお願いします。

それから、開会後は一気に行いますし、終わりも早くに撤退しなければなりません。書籍等の購入は、早くにお願いします。できれば、開会の前にしていただくとありがたいです。

それから、交流会ですが、これも申し込み、参加費(3000円)の支払いも事前にお願いします。いつも懇親会場の前で混雑しますので、本会の受付で、事前申し込みいただいた方に参加証をお渡しします。

詳しいタイムテーブルは明日お知らせしますね。

昨日、出勤を早めて、途中で「教師と子どもの碑慰霊祭」に後から参加しました。
やはり誰の言葉よりも子どもの言葉が胸を打ちます。それから、子どもたちのきれいな声の歌も。

Photo

平和教育が全国で展開されることを祈ります。

今日は、韓国人被爆者の慰霊祭に参加、そのほか一日中、明日の平和の夕べのフライヤーを平和公園で配るつもりです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月4日朝の平和公園

今朝早く、6時から平和公園を散策しました。陽が出た直後の公園はまだ涼しく、とても気持ち良かったです。もう直ぐ、灼熱の公園となるでしょう。


公園全部、8.6の準備がすっかり出来上がっています。


201884


本川沿いの、「いしぶみ」の広島二中の碑のそばでは、夾竹桃が満開です。


Photo


「大きな骨は先生ならむ そのそばに 小さき頭の骨 あつまれり」

の正田篠江の歌が刻まれた「教師と子どもの碑」では、今日行われる慰霊祭の準備が行われていました。


Photo_2


あの日、原爆の犠牲になった国民学校児童は約2000人、教師は200人とされています。毎年8月4日に行われる慰霊祭では、年々厳しくなっている平和教育への決意が新たにされると聞いています。

今日から、原水禁世界大会も開かれます。これから次々と沢山の碑の前で、沢山の慰霊祭が行われます。二中の慰霊祭は、広島市の平和記念式典と同じ時間に行われます。私もこちらに参加するつもりです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小出裕章さんの著書の販売のご案内です。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の平和講演は、小出裕章さんです。平和の夕べでは、二度目の登場です。京都大学を定年退職された今は、信州で農作業をしながら、益々活発に核・核兵器や原発についての発言や執筆等の活躍をしていらっしゃいます。どんなお話をしていただけるのか、ワクワクします。

そして、小出先生の著書の販売です。沢山の著書を執筆していらっしゃいますが、今回はこの二冊を会場で販売いたします。この度の講演のタイトルとほぼ同じ、

1_2   
ともう一冊は、

2_2

会場では限定10冊です。早めに購入して下さいね。

それから、今年のうたと演奏のnancy channel with friends のnancyさん、デザイナーとしても超お忙しい時間を割いて、昨年に続いて今年も沢山の缶バッジを作って下さいました。これも当日会場で販売いたします。nancyさん、ありがとうございます。

1_3

それから、このような書籍やカンバッジ等を購入する時間があまりないと思います。会場の明け渡しがギリギリになりますので、後で購入するのはとても難しい、買おうと思われる方は、どうぞ、早めにお願いしますね。私たちの貴重な運営費になります。どうぞ宜しくお願いします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米澤鐡志さんの第二弾の本

8月になっても、灼熱の暑さが続いています。

これからは、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について御報告しますね。

第一回からずっと「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の大切な役割を担って下さり、今回もまとめの挨拶をして下さる「電車内被爆者」の米澤鐡志さんの第二弾の本が出ました。ご存知のごとく、第一弾は小学館からの「ぼくは満員電車で原爆浴びた」。

Photo_2
そして、この度の第二弾は。

1

これは、それはそれはものすごい本です。11歳で原爆を浴びて、 母親や妹を亡くし、その後今まで奇跡的に生きぬいた米澤さんの長い闘いの記録です。

父親の、医師であり共産党の市会議員であった米澤進さんとの確執。ご本人は、日本共産党から市民運動へ。共に闘った沢山の人の名前がここに出てきます。峠三吉、山代巴はもちろんのこと、私が実際に直接に聞いた、被爆後プレスコードの中で、焼け残った福屋の上からビラをまいたという在日朝鮮人の方、この方たちと共にというか、階段の途中までビラをもって行き、朝鮮人に手渡したという記述には、また本当に驚きました。ビラをもって行った少年、それを受け取って、屋上から撒き、階段を駆け下りて逃げた(警察は、エレベーターで上がってくるとふんで)という人が私の中でつながりました。松江澄さん、近藤幸四郎さんには、ああ、胸が締め付けられる思いがしました。

それどころか、HIVの赤瀬範保さんや石田吉明さんの名前まで。米澤さんは、この方たちとも共に闘われたのだと、本当にびっくりしました。

米澤さんは、とてつもない人。貴重な市民運動の担い手としての今に至るまでの長い人生です。この方の記録をこうして残されたことはすごい、素晴らしい。

8.6ヒロシマ平和の夕べでの平和学習として、被爆電車にみんなで乗り、あの日のことを話して下さった米澤さん。私撮の写真です。

Photo_3

こうして、爆心地での被爆を奇跡的に生き抜き、長年今に至るまで闘い続けた米澤さん、どうぞ、いつまでもいつまでも生きて、私たちに御教授下さいますように。

この「原爆の世紀を生きてー爆心地からの出発-」は、8.6当日、会場でも販売されます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

薬物を盛られたのではないか?という時

性被害ワンストップセンターの相談でも、以前からの私のクリニックの受診の方でも、それから、詩織さんの事件でも、どうも何か盛られたのではと思われることがありまず。

すでにこのブログでもお話しましたが、カラオケでカルピスを飲んで意識がなくなった、新幹線の中でコーヒーをどうぞと言われて飲んだら、気づいたらホテルで裸だった。合コンに参加していて、いつの間にかホテルにいたなど、沢山あります。

私のクリニックでは、以前からそのような場合のために、薬物が検出できるきキットを置いています。検査法はとても簡単で、10分もあれば結果が出ます。検体は、少しの尿。


5

でも、薬物はどんどん分解、排泄されますので、早くしないと検出できなくなってしまいます。薬物にもよりますが、二日以内に検査させてほしいですね。

いつまでに検査すればいいのか、個人によって、水分摂取量や排尿の量なども異なるので、とても難しいのですが、こんな文章がありました。

8


検出できる薬物です。

2
と言っても、コカイン、覚せい剤や大麻やモルヒネなどは分かりますが薬物では何なのかが分かりませんね。

ベンゾジァピン は、多くの睡眠薬や安定剤がこれに当たります。レンドルミン、ソラナックス、ハルシオン、ロヒプノール、サイレース、ベンザリン、リーゼ、レキソタン、セルシン、メイラックス・・・。まだ沢山ありますが、これらが使われることが多いと思います。

バルビツール酸類には、ラボナール、ラボナ、アイオナール、イソゾールなどの催眠鎮静剤。注射も錠剤もあります。

三環系抗うつ剤には、トフラニール、アナフラニール、アモキサンなどが含まれます。

でも、問題は、この検査のキットが高いし、使用期限が9カ月となっていて、9カ月では全部を使いきれず、結局クリニックの負担になるという事です。

もし、おかしい、記憶が飛んでる、何か飲まされたのではないかという時には、どうぞクリニックに来て下さいませ。一回一万円で検査可能です。そして、ワンストップセンターに相談すれば、薬物の検査も公費負担でできますのでね。くれぐれも、一刻も早く!!とお伝えしますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ