« 牛田中学校の保護者の感想文。 | トップページ | 企業の社内研修に行きました。 »

島根県立益田養護学校で。

昨日は、島根県益田養護学校の職員研修に行ってきました。職員の方80人に加えて、近隣の学校の養護教諭の先生方30人ほどが別室で映像による聴講をされました。

到着して校長先生と養護教諭の先生とお話していて、「LGBT」の子どもたちのことも話に加えた方がいいと考えて、急遽バタバタとパワーポイントを作り替えるなどをして、ちょっと不十分だったなあと後悔しました。知的障がいがある子どもたちの中にも、当然LGBTの生徒はいるわけで、その生徒たちへの対応も考えなければなりません。


4


もう、お話したいことが一杯で、かなりギューギュー詰めになりました。


3


2


講演後の質疑応答では、かなり深刻で切実な話が出ました。どんな障がいがある人でも、時期が来れば、二次性徴は来るわけだし、恋心なども芽生えてきます。それを抑えさせることはできません。ただ、障がいがあるが故に加害者になったり、被害者になったりもする、それが差別の助長になったりもします。それををどう伝えて行くか、どう指導していくか。私は、私なりに学んで来たことを精一杯お話したつもりでいます。


私、「なにか反論はありませんか?そうは言ってもねえ、というのがあれば、私にも勉強になりますし。だって、毎日障がいのある子どもたちに接して、共に生活していらっしゃる先生方の方がよく分かっていらっしゃることもあると思うので」とお尋ねしたのですが。

私がこれまでが学習した「障がいのある人の性教育」関連の本を持って行って、展示し、それをお貸しして帰りました。


1

これらの本の一覧と、一部のコピーも配布資料として配って頂きました。

後で校長先生が、さあ、どこから始める?とおっしゃっていたので、ホッとしました。「身体を学ぶこと。大切な自分の体、そして、そこからプライベートゾーンですね」という話をしました。後、体が大人になっている生徒の保護者にどう話して行くか、その取り組みも。


ナビに従って、日本一の清流と言われているそう、高津川に沿って、津和野、柿木村を通って帰りました。ラジオでカープを聴きながら帰りましょうと思っていたら、延々と雨の話ばかりでガッカリ。でも、帰り着いた後から、バンザイでしたね。


今日は、診療後、ある企業の方たちの社内研修に行きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 牛田中学校の保護者の感想文。 | トップページ | 企業の社内研修に行きました。 »

コメント

おはようございます。昨日の益田養護学校の研修会に参加し、先生のお話を聞かせていただきました。
現在、益田市内の中学校で、特別支援学級の担任をしています。
研修後半でのLGBTに関するお話をもっとお聞きしたかったですが、先生のとても有意義なお話を聞くことができてよかったです。大変ありがとうございました。
昨日もカープ勝ってよかったですね。

投稿: 児玉 晋也 | 2018年7月27日 (金) 09時12分

児玉様
先日は講演会にお出で頂いてありがとうございました。LGBTについては、中途半端ですみませんでした。11月1日に江津にて、島根県の高同研でお話しします。ぜひその話を聞いて下さいませ。人権とLGBT、人権教育と性教育、これらをきちんとお話しするつもりです。

投稿: 河野美代子 | 2018年8月 1日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/66990803

この記事へのトラックバック一覧です: 島根県立益田養護学校で。:

« 牛田中学校の保護者の感想文。 | トップページ | 企業の社内研修に行きました。 »