« 唐戸市場で食べたもの・買ったもの | トップページ | 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について⑨福島から渡部美和さん »

2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について⑧安次富浩さん

 8.6ヒロシマ平和の夕べについて、暫く掲載していませんでした。続きをご報告しますね。準備は着々と進んでいます。先日、私のクリニックにいらっして下さった年配の方があります。今年はどこでするのか、ちゃんと準備はしているのか、と。昨年、いろいろとご心配をおかけして、今年は大丈夫なのかとはらはらしていらっしたようです。

「ありがとうございます。ご心配をおかけしますが、大丈夫です、準備は着々としております。今年もYMCAでしますからね。」

「早くしないと、あちらの方は、もうチラシを送ってきてる」と。チラシを作り、配布されているのでしょう。

私たちは、毎年5月3日の憲法記念日の集会の場てチラシを配り、郵送することでやってきました。それを知っているから、それより早くにチラシを作り、送っているのでしょう。

そのチラシは私も見ましたけれど、なんとひどい。沖縄も福島も原発もありません。私たちは、「ヒロシマ」とともに、「沖縄、福島」は欠かせないと思っています。

その原則を無視しているのでしょうか。それとも、力がないのでしょうか。

 私たちは、私たちで淡々とすべきことをしていきますね。今日は、沖縄から発言して頂く方のご紹介です。

今年の沖縄からは、安次富浩さんに来ていただきます。以下、今年のチラシからです。


「日本政府は広島・長崎の被爆者の願いを無視し、核兵器禁止条約に反対した。沖縄は、核・原発、基地をとめる。東アジアの平和と『誇りある豊かさ』を求め、したたかに抵抗する。」新基地建設に反対し辺野古テントに常駐、オール沖縄、非暴力、直接行動でたたかう。

もう少し詳しく書きますね。ネットから。ここにあります、NETIBNEWS から転載させて頂きますね。2014年と、少し前のインタビューですが、全くぶれないで強い意志を貫かれています。
http://www.data-max.co.jp/2014/01/16/post_16455_ymh_2.html

 安次富 この問題の原点は、翁長雄志那覇市長、那覇市議会決議が示すように、保守対革新ではない。

「沖縄県民の努力によって、基地依存経済からおさらばしよう」、

「基地に頼るよりも観光や東アジアとの交易、自立し持続可能な経済へ転換しよう」、

「辺野古に基地を造れば環境が壊されるし、半永久的に基地は固定化される」、

「普天間を返してほしい、そのために豊かな海を壊す必要はない、豊かな海を活用しよう」、

「基地振興策に頼っていてはいびつな経済になる」。

保革の対立ではなく、沖縄の将来をどうするのか、沖縄のアイデンティティー、沖縄の尊厳をつくりあげていく、自己決定する問題だ。政府をあてにするのではなく、自分たちで未来を築いていくべきだ。名護市長選は、沖縄の将来の岐路になる。

 これまで、政府の国策によって、県民、名護市民、辺野古住民が翻弄されてきた。日本の社会は、1%対99%になっている。政治は、1%のエリート層が99%のことを全く考えていない。

 アジアの平和をつくるのは、武力ではなく、平和外交だ。戦後、戦争のない時代だった。それが、安倍政権になって、きな臭くなっている。

尖閣諸島をめぐって中国への防衛の拠点として沖縄が強化され、日本と中国との間で不測の事態が起きかねない。

安倍首相の靖国参拝には、中国、韓国だけでなく、インド、欧州も反発。国際社会は「アジアへの被害者に反省していない」と受け止めている。加害者は謝罪し、贖罪しなければいけない。



Photo


写真も同じ記事から頂きました。明日は、福島から発言して下さる方のご紹介をしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 唐戸市場で食べたもの・買ったもの | トップページ | 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について⑨福島から渡部美和さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/66602028

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について⑧安次富浩さん:

« 唐戸市場で食べたもの・買ったもの | トップページ | 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について⑨福島から渡部美和さん »