« さようなら原発ヒロシマ集会③ | トップページ | 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について① »

20年前の赤ちゃんと。

昨日のこと。一組の親子さんに食事のお呼ばれに行きました。「先生は、何がいい?和食、中華?」「それは若い人、彼に決めてもらって。私は何でも食べるから」では焼肉でもいい?」「いいよー。焼肉、うれしいよ」で、叙々苑の焼肉でした。

1

20年前、彼女は彼を出産しました。その時彼女は17歳の高校生でした。頑張って生むことを選択し、結局当時通っていた県立高校から通信に転校しました。通信高校の卒業式には2歳の彼を連れて出席しました。

それから彼女は一人で子育てをしながら勉強し資格も取り、今や沢山の顧客を持ち、その分野では広島のトップを走っています。

赤ちゃんの時以来20年ぶりに会った彼は、立派な青年になっていました。予備校生活を経て、この度大学生となって東京に行きます。以前から、その時には一度彼に会ってねと言われていました。

まあ、その青年の素敵なこと!!お母さんによく似た美男子ですが、何よりその爽やかな会話。人の話はきちんと目を見ながら聞くし、自分の思いはちゃんと明るく話すし。

よくまあこんなに立派に育てたねえ。彼女の頑張りに敬服しました。

食事を終えて帰る時、なんと彼は私にコートを着せかけてくれました。そして、外で握手。彼女は、私はハグね、と彼女とハグ。そしたら、僕もと、また彼とハグ。本当にうれしいひと時でした。

ところで、入学祝い、何にしたらいいのか、若い男性には何を上げたらいいのか、さっぱり分かりませんでした。で、こんな時には娘です。そしたら、娘がどこの大学?と聞いて、それなら「ポーターのリュック」と言いました。ポーターはどこ?そごうで教えてもらい売り場に行きました。でも、リュックはいっぱいあって。写真を撮って娘にラインをし、そうではない、素材がもっと雨でもいいの、とか、ファスナーでざっと開けられるようになったのとか、最後はラインのビデオで映しながら、話しながら選びました。娘のお墨付きをもらったリュックは、彼はとても喜んでくれました。まったく、娘も便利な人です。

20年。私にとってはついこの前なのですが、その間に赤ちゃんが大学生になっていたという事実、彼女も彼も懸命に生きて来たであろうこの20年、温かい思いを抱いて帰りました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« さようなら原発ヒロシマ集会③ | トップページ | 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/66495106

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前の赤ちゃんと。:

« さようなら原発ヒロシマ集会③ | トップページ | 2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について① »