« 中学生の感想文で感動したこと | トップページ | 中学生の感想文③ »

中学生の感想文②

昨日の中学生の感想文の続きです。中学生、思春期、いろいろと自分の容姿や能力などに自分で厳しい目を向け、コンプレックスを持ちます。それも、大人になればどうってことないのに、その時には、とっても悩んでしまって。私にも経験があります。そのような中学生にはなしておきたいことは沢山あります。以下、感想文です。

『私は毎日ペニスについて悩んでいました。こんな形でおかしいのではないか、性欲が強すぎるのではないか、と。

 しかし、河野先生のお話を聞いて、ペニスにも個人差があると知れたので安心しました。

私の周りには、性についてしっかり教えてくれる大人は、あまりいませんでした。それどころか、あまり教えようともしませんでした。私が将来子どもを育てる時は、性を大切なものと意識し、正しい情報を教えて安心させたいです。

性をいやらしいもの、あるいは恥ずかしいものと捉えず、いずれ直面する大切なもの、と捉えるようにしたいです。』

『河野先生の話を聴いて感じたことは、まず性と聞くと、みんな変な感じに思うと思います。しかし、今回の講演を聞くと、それが180度変わりました。

それは、性というのは、人生を生きる時に必ず必要だということです。今の身の周りにある、情報やインターネットに書いてあることを、容易に信じてはならないということがよく分かりました。また映画を見て、女の人は男の人よりも過酷でつらいのだと、しみじみと痛感しました。

女の人がいるから、一つの命を誕生させることができるのは、すごいなと思いました。その女の人を遊んだり傷つけたり、絶対にしてはならないと、ほんとうに思いました。

そして、河野さんの話を聴いていると、とても心に届きました。ほんとうに河野さんの言葉には、力があると、とても思いました。今回のこの講演は、決して無駄ではないと思います。』

『昨日のお話を聴いて感じたことは2つあります。

一つ目は、女性や男性の体についてきちんと理解することの大切さです。お互いの体について知らないせいで人を傷つけてしまったり、心ない言葉を発してしまうことにつながることが分かりました。

二つ目は、妊娠させることへの覚悟です。特に深く考えずに不十分な避妊をして行為を行い、女性が妊娠してから考えるのはとてもいけないことだということが分かりました。そこで覚悟を決めて生むのを決めたり、中絶するのを決めたらいいけど、戸籍が残らないのをいいことに、逃げたりするのは、絶対に許されないなと思いました。

SNSや出会い系サイトへの注意や、避妊具は確実に妊娠を防げないこと、AIDや性病などへの注意なども忘れてはいけないなと思いました。』

『 私が特に心に残っているのは、性交渉自体が、生殖行為であり、そのことについてもっとよく知り、自分でも考えなければいけないということです。

もちろん、私も、将来的には、子どもも妻もいる、よくある家庭を持ちたいです。そのために何をすればよいか、よく理解することができました。

しっかりと、家族が増えても養えるようになってからの方がいいこと。そのためにも大学へ進んでIT関係のことを学んでいこうと、ある程度筋道を立てることができました。

それから、そういう環境が整っていないような時には、しっかりと避妊(コンドームとピル)を使おうと思いました。本当に今まで教えられなかったことを教えてもらい、とてもよかったと思います。』

以上は、男子生徒の感想文です。明日、女子生徒の感想と性別をどちらでもないと書いた生徒の感想文を出しますね。

孫が生まれてものすごくうれしかった時です。この子たちの将来に幸あれ。そのために今、私たちがどんな社会を残して上げられるのか、それが問われているのだと思います。

Fullsizerender7

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 中学生の感想文で感動したこと | トップページ | 中学生の感想文③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/66436114

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生の感想文②:

« 中学生の感想文で感動したこと | トップページ | 中学生の感想文③ »