« がんと向き合っている人への誹謗中傷 | トップページ | 生理は毎月ないといけない? »

緊急避妊薬の薬局での販売について

私のクリニックでは、緊急避妊薬、アフターピルを求める人がとても増えています。毎日毎日なのです。性暴力のシリーズで書いたように、アフターピル、これはレイプされたとか、コンドームが破れたとか、ハプニングが起きた時の女性を妊娠から守る救済策としてあるものです。

患者さんと話をしていて気づいたことなのですが、リピーターがとても多いのですね。最近では、「アフターピルは初めてですか?」と尋ねるようにしています。日常の避妊として利用している人がとても多いということなのです。どうも、これを処方した時の今後の指導がちゃんとなされていないようです。

それに、避妊について相手とちゃんと話をしていません。避妊のないセックスをして、あとで一人でアフターピルを求めて来院するのは、あまりに悲しい。男とちゃんと話をしないと。

その上で、そのような人には、今後はピルを飲んで防衛するように説得します。

今、緊急避妊薬を薬局で買えるようにする動きがあります。一見、女性が主体的に行動できて、よさそうな方法と見えますが、私はまだ時期尚早と思っています。

性教育もしっかりできていて、避妊が二人の合意でチャンと実行できるようになって、その上で事件が起きたのであれば、これはもう女性の意志で購入することはあってもいいでしょう。でも、今はとてもそんな状況になっていません。若者の性の世界は貧しいものです。

これでは、あの詩織さんの山口氏のように、あとで「ピルをかいに行きましょう」と言う男性も増えるでしょう。

いつ、どういうことがあったのか、しっかり話を聞いて、今後の避妊につながるような指導があって、初めて飲んでいいものだと思います。

私は、むしろ日常的に避妊ができるように、アフタービルでなく、低用量ピルこそ薬局で購入できるようにすべきだと思います。

それから、患者さんと話して気づいたことなのですが、アフターピルとしてのヤッペ法、中用量ピルをドーンと、日頃の4倍も飲むという、まだ緊急避妊薬が日本で認可されない時にやむを得ず代用薬として使用されていたことを、いまだにしている人がいるということに驚いています。これは、嘔吐など副作用が大きく、避妊率も低く、もうガイドラインからも消えています。

今認可されている方法は、緊急避妊薬としてのノルレボ錠を一錠のみ飲みます。ほとんど吐き気などもないものです。副作用の強いヤッペ法を進めるドクターがまだいることに愕然とします。

私のクリニックの隣にゲームセンターがあります。そこにカープの選手のガチャがあることに気づきました。通りかかる時に一個ずつガチャとして購入しています。一個200円。私は新井君のが出るまで続けようと思っています。パソコンバッグが黒で味気ないので、これに着けています。カープの試合がない間、こんなもので気を紛らわせています。

Img_2955

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« がんと向き合っている人への誹謗中傷 | トップページ | 生理は毎月ないといけない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/66072285

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急避妊薬の薬局での販売について:

« がんと向き合っている人への誹謗中傷 | トップページ | 生理は毎月ないといけない? »