« 性暴力について1. | トップページ | 性暴力について3. »

性暴力について2.

昨日は、福井県越前市の武生3中の3年生に話をして来ました。

楽しみにしていた琵琶湖、紅葉と共に写真を撮りたいと思ったけれど、まだ早すぎた様で、紅葉らしきのはこれ一枚です。


34

 その代わり、3中の中庭がきれいに紅葉していました。ベンチにはお昼時間に生徒さんが座って歓談していました。


31

3中には、5年連続で3年生に話しに行っています。生徒さんはよく聞いてくれました。彼らの将来に幸あれ。おそらく、彼らと私の出会いは一生のうちでこの一回限りでしょう。その一回が彼らが豊かな大人になるために少しでもお役に立てるように、丁寧に心を込めて話しをしました。話しながら、チラチラと山口氏のようにはならないでとの思いが頭をかすめました。

32


あの詩織さんの件の山口氏。彼は筑波大学付属中・高校から慶応大だそうですが、そのエリート校で、思春期から大人になるにつれて、どのようなことを学んだのでしょうか。今でも、エリート校であるほど、性教育に時間を割かないという傾向があります。

行き帰りの道中でも、ずっと詩織さんのことを考えていました。このことを知って以来、ずっと私の胸にあるザラザラ感、それを整理したいと思います。

彼が認めている範囲、また、メールのやり取りで明らかになっていることで考えるようにします。

彼は、「君のことが好きになったようだ」と言ったそう。好きになったら、即、セックスですか。例えば、好きになったと言ったり、手を握るとか、彼女を口説くとか、全くなしにいきなりセックスですか。事前にそのようなそぶりでもあれば、詩織さんも警戒したり、逃げたりできたでしょう。彼にとっては、セックスとは、何なのだろうと思うのです。少なくとも、女性と心を通わせるような恋愛の中でのセックスではありません。彼のセックス感は、貧しいものです。

それに、大切な人であれば、強引で痛みや出血をさせるような性、胸をシャワーも使えないほど傷つけたりするほど狂暴なセックスができるはずがない、これは彼の好みなのでしょうか。

しかも、許せないと思うのは、避妊もしなかったということです。後で、「ピルを買いに行きましょう」と言ったこと。これがもっとも許せません。これについて、明日書きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 性暴力について1. | トップページ | 性暴力について3. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/66025183

この記事へのトラックバック一覧です: 性暴力について2.:

« 性暴力について1. | トップページ | 性暴力について3. »