« 障がい者と家族。NHKの番組。 | トップページ | 大田洋子「桜の国」 »

朝鮮民主主義人民共和国の核・小出裕章先生のメッセージ

もたもたしているうちに、あれよあれよと国会衆議院解散になりそうです。安倍首相の会見、とくに各局を回っての質疑、ひどかったですねえ。森友学園については、何度も何度も、森友氏は詐欺で逮捕されている人、そんな人間としか言わず。加計学園については、「李下に冠を正さず」としか言わない。さんざんすももを採りまくった挙句、そういうのだから、何をかいわんや。さらに、「国難突破解散」だそうです。

「国難を突破する」ための解散が、なぜせめて一日でも国会内で審議をしてでなく、冒頭解散なのでしょう。あくまでも自分が追及されることを恐れ、それを封じての解散であるとしか思えません。

「国難」。北朝鮮とアメリカの状況につき、小出先生のメッセージ、遅くなりましたがアップします。ネットから頂きました。今こそ、小出先生のお話をじっくり聞きたいです。


小出裕章さんからのメッセージ
先にお送りしたメールの内容をあちこちでお使い下さるとのこと、ありがとうございます。ご自由にお使いください。 
小出裕章                   
2017/9/5 
 
朝鮮民主主義人民共和国の核の件、皆さん冷静にならなければいけません。
朝鮮には熱出力で25メガワットのごく小さな原子炉しかありません。
京大原子炉実験所の原子炉は熱出力で5メガワットでした。
日本でも世界でも標準的な原子力発電所は100万キロワットです。
これは電気出力で、熱出力は300万キロワット、メガワット単位で示せば3000メガワットです。

つまり、朝鮮が持っている原子炉は、日本の原発の原子炉の100分の1以下という小さなものです。その原子炉を動かしてどれだけのプルトニウムができるかについては、昔計算して書いたことがあります。もう20年以上前のものですが添付します(注「核兵器に反対する物理学会の会準備会通信」第2号、1994年6月26日)
 
仮に朝鮮が原爆を作れたとしても、その数は知れています。
朝鮮戦争は1953年の休戦協定が結ばれただけで、未だに終戦していません。
その一方の当事国である米国は気に入らない国があれば、地球の裏側までも攻め込んで政権を転覆させる国であり、米国を相手に戦争中である国はハリネズミのようになるしかありません。俺は強いんだぞ、攻撃してくるならやっつけてやるぞと言うしかありません。
 
朝鮮が原爆を作ったということすら、私はいまだに懐疑的です。でも、マグニチュード6.1の地震をもし爆弾で引き起こすとすれば、通常の爆弾では無理です。本当に、先日の地震が自然のものではなく、人工的なものだとすれば、原爆だろうと思います。水爆を作るためには重水素が必要ですし、起爆剤としての原爆も必要です。そうした材料や技術を朝鮮が持っているとは、私は思いません。
 
ただ、問題は、そんなことではなく、朝鮮半島の分断を終わらせ、平和を回復することです。お互いに敵を威嚇することなどやってはいけません。朝鮮の分断に誰よりも責任のある日本は、まずそのためにこそ力を払うべきです。それなのに、米国の尻馬に乗り、「あらゆる選択肢がある」などと安倍さんは言うのですから気が狂っています。

また、本当に危機だというなら、日本国内の原発をまず停止すべきなのに、地下鉄をとめてみたり、迎撃ミサイルを配備してみたり、警戒警報を出して見たり、ひたすら危機を煽ることだけやっています。ひどい国ですし、ひどいマスコミだと思います。

昨日は、なんと夜9時から会議。みんなの時間を突き合せたら、そんな時間になりました。「広島ゲストハウス縁」で。そこでの、政治状況の話などから、早くアップしなければと思いました。紅君が初めた「縁」、たくさんの人が来ていて、良かったです。

Photo

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 障がい者と家族。NHKの番組。 | トップページ | 大田洋子「桜の国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65838678

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮民主主義人民共和国の核・小出裕章先生のメッセージ:

« 障がい者と家族。NHKの番組。 | トップページ | 大田洋子「桜の国」 »