« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑩米澤鐵志さんのお話 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」これまでの経過②2011.12年の会 »

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」これまでの経過①

今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は、今年の初めから、そして決定的には3月から、大変な状況がありました。一時呆然としましたが、それでも実行委員一同必死必死に取り組みました。皆様にも混乱の中、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございませんでした。会を開くまで、どれだけの方におい出頂けるものかわからず、とても不安でした。

幸い、登壇してお話し頂いた方々が皆さんとても素晴らしいお話で、会場いっぱいの参加の皆さんが聞き入っていただきました。皆様、本当にありがとうございました。

参加者の皆様には当日お配りしたのですが、今年の会が10回目。これまでの「8.6ヒロシマ平和の夕べ」がどんなものであったのか、簡単ですが、振り返ろうと思います。始めたのは、2008年です。今日は、はじめの5回のプログラムのご報告です。登壇頂いた方々の敬称は失礼ながら略させていただきます。


8・6ヒロシマ平和の夕べ
                (2008年~2016年の概要)

 

 

2008年    (反戦平和研究集会として出発)

平和講演     米澤鐵志(広島・電車内被爆者)

「百雷のような轟音。電車の窓ガラスはすべて壊れ、辺りは真っ暗。地獄のような惨状だった」と話し、朝鮮人被爆者、日本の戦争責任に言及、核兵器廃絶へ民衆の運動を広げようと訴えた。

今中哲二(京都大学熊取原子炉実験所)

立山紘毅(山口大学)ほか  

 

2009

平和講演     河野美代子(産婦人科医 広島被爆二世)

司会       上原 公子(前 国立市長)

ピアノ演奏    池辺 幸恵

映像       ヒロシマを忘れないために

空襲の地より   青木 忠(「瀬戸内の太平洋戦争 因島空襲」著者)

リレートーク   米澤鐵志(広島 電車内被爆者)

         三浦 翠(原発いらん!山口ネットワーク)

         小林圭二(元京都大学原子炉研究所講師)

 

2010(被爆65)

平和講演     高 史明(コ サミョン 作家)

          「ヒロシマ、ナガサキに至るおびただしい犠牲の歴史。近代合理主義は原爆に行きついた。日本人民がこれにどう向き合ってきたか、これからどういう態度をとるのか」

司会       河野美代子

リレートーク   池田精子(広島県被団協副理事長)

          「ケロイドが酷く心にも深い傷を負った。死んだ方がよかったと親に当り散らしたが、父親の愛を受け生きた。生きている間に核廃絶を」

知花昌一(沖縄読谷村議会議員 反戦地主)

 

2011

平和講演     中沢啓治(広島被爆者 漫画「はだしのゲン」作者)

インタビュアー  河野美代子

司会       中村周六(浄土真宗本願寺派僧侶 釈尊正)

リレートーク   草薙順一(伊方原発訴訟・弁護士)

         小林圭二

          「原子力はアラモゴード、広島・長崎の3発の原爆から始まった。平和利用はその側面に過ぎない。(福島事故は)化けの皮がはがれ、ヒロシマ・ナガサキに戻った」

歌        早苗 ねね(「サヨナラ戦争」~憲法9条を歌う)

86

2012年     

平和講演     小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

司会       河野美代子

歌        三代目春駒(ミュージシャン「その男ヨシオ」を歌う)

トーク      近藤紘子(広島被爆者)

講談       神田香織(講談師 いわき市出身「講談 はだしのゲン」を公演)

          「中沢さんは、『いまでも、原爆で死んだ弟を思い出し、夜中に飛び起きるんだ』といわれました。血みどろの体験を踏み台に、『みんなに生きてほしい』と。それにしても福島事故への対応、日本という国に、ぞっとします」(談)
肺がん闘病中の中沢さんも車いすで参加、神田さんの講談を聞かれました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑩米澤鐵志さんのお話 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」これまでの経過②2011.12年の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65691014

この記事へのトラックバック一覧です: 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」これまでの経過①:

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑩米澤鐵志さんのお話 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」これまでの経過②2011.12年の会 »