« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のいろいろです。 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」へのメッセージ② »

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」へのメッセージ①

今日から私にとっては大きな冒険が始まります。この前の岡山での性教協全国夏期セミナーでの理論講座で動画が動かなかったこと、これが大ショックで。今日も広島県主催の講演があります。それをちゃんとしなければなりません。これまでの愛用のパソコンがいっぱいいっぱいで、いろいろと軽くしようと何度も工夫してきたのですが、どうも限界です。
一応こんなことになるだろうと新しいパソコンは用意していました。それを稼働させました。四苦八苦。いつも講演などで旅に出るときに持ち歩きます。で、少しでも軽いものを、でも機能はちゃんとしたものを選んだつもりです。

でも小さくて。キーボードも小さい。つい、隣のキーと一緒にうってしまいます。それから、会社が違うので、いろいろな場所を探すのが大変。どこに何が隠れているのか、探しても分からないときに、泣きそうになります。Windows7から10になりました。パワーポイントもバージョンアップ。まあ、はじめは苦労だけど慣れるときっと好きになるでしょう。

講演のパワポもバッチリです。念のためにUSBにコピーして持っていきます。

さて、8.6も近づいてきました。昨年の平和の夕べでお話し頂いた森松明希子さんからメッセージが届きました。以下、転載しますね。


Img_5536

 

平和を愛する全世界の皆様へ             森松 明希子

 

今年も、広島の地で戦争による原子力爆弾の被害にあわれ、ヒバクを経験し、72年もの間、語りつづけ、伝えつづけて下さる広島の皆様方に心から感謝を申し上げます。

 

私は6年前に起きた福島原子力惨禍からの原発国内避難民です。二人の子ども達とともに避難を続けています。現存する放射能から身を守り、命を守るためです。避難するという決断を選択できたのも、この国が広島・長崎の原爆核被害を受けてはしまいましたが、ヒバクシャの皆様方の語り継ぎがあり、私自身がヒバクと向き合うことができたからです。

 

「放射線被ばくから免れ健康を享受する権利」は人の命にかかわる最も大切な憲法で保障された基本的人権です。

 

広島のみなさまの思いとともに、福島原子力発電所の惨禍による核被害について真実を伝え、現実から目をそらさず、これからもともに向き合って参りたいと思います。 

 

福島から大阪へ、2児とともに母子避難中 (もりまつ・あきこ 原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表・原発賠償関西訴訟原告団代表・東日本大震災避難者の会 Thanks Dream/サンドリ代表) 

   

 

森松さん、メッセージありがとうございます。なお、森松さんは、今年の原水爆禁止世界大会広島大会「女性の広場」でお話しされます。森松さんのお話も多くの方に聞いて頂きたいと思います。

20170727201140b89.jpg

さて、私の新しいパソコンでの投稿、うまくいきますでしょうか。うまくアップできたら、一人で拍手します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のいろいろです。 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」へのメッセージ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65614696

この記事へのトラックバック一覧です: 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」へのメッセージ①:

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のいろいろです。 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」へのメッセージ② »