« 「広島ゲストハウス縁」オープンです。 | トップページ | 安彦さんのBook Cafe ハチドリ舎 »

「広島ゲストハウス縁」

 正垣紅君が中心となって作り上げた「広島ゲストハウス縁」。私も端っこに写っている写真がフェイスブックにアップされていましたので、それを拝借。二階の宿泊施設に行く階段から撮ると、一階の「いやさか」の全貌が見えるのですね。カウンターもテーブルも、畳の空間もロフトのような所も。こんな素敵な所ですので、旅行者も地域の人たちも気軽に飲み、食べに来られると思います。

Img_0408

この設計や施工には、建築学の学生さんや美大卒の友人等、多くの人の協力があったそうです。それらがあってこその完成であり、紅君の涙なのでしょうね。

入口です。なにもかもおしゃれ。私が早めに帰る時にみなさん送りに出てくれました。

Img_0401

「広島ゲストハウス縁」のホームページはここにあります。

https://hostel-en.com/

尚、宿泊はしばらくの間電話での予約になるそうです。二段ベットの泊まりと個室があり、個室は三人まで泊まることができて宿泊費は一万円だそうです。電車の便利もいいし、バックパッカーや、8月6日にヒロシマに来る方たちに人気が一杯になることでしょう。

きっとうまく運営できることと思います。皆さんに幸あれ!!

そのオープニングパーティーで、また思いがけない方との出会いがありました。フェイスブックでは繋がっているものの、リアルに会うのは何年振りでしょうか。隣同士のテーブルに座っていて気が付きませんでした。安彦恵里香さんです。安彦さんについて、明日またご報告しますね。

若い人たちのエネルギーに希望を見出すことが出来た一日でした。いろんな人といろんなところでつながっている!広島も捨てたものではないと。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「広島ゲストハウス縁」オープンです。 | トップページ | 安彦さんのBook Cafe ハチドリ舎 »

コメント

そんなに安く泊まれるならぜひ広島にいってみたいです!

投稿: 愛ちゃん | 2017年6月 7日 (水) 11時05分

被爆72年:一泊@10000ですか、厳しいですね。訪広時、いつもの木賃宿に泊まります。「広島も捨てたもんじゃない。」ですね。

投稿: 小倉っ子 | 2017年6月 7日 (水) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65380461

この記事へのトラックバック一覧です: 「広島ゲストハウス縁」:

« 「広島ゲストハウス縁」オープンです。 | トップページ | 安彦さんのBook Cafe ハチドリ舎 »