« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」励まし、ありがとうございます。 | トップページ | 前川さんと寺脇さん »

LGBT、前川さんのメール

 昨日は、お昼に原爆資料館のメモリアルホールでの「東北の新月」の上映に行ってきました。と言っても、三時までしか居られないので、途中までで残念。一時半に始まれば全部見られたのにと思いながら帰りました。

Img_0272


カナダ在住の日系三世、リンダ・オオハマ監督のドキュメント。岩手、宮城等の震災、津波の被害者の語り、それが福島の原発事故になっていった時、その途中で退席と言う、何とも残念なことでした。だから、感想も述べられません・・・。

ところで、今の前川前文科省事務次官の証言について。官邸側のバタバタぶりはあまりにみっともない、醜態をさらけ出しています。

私は、前川さんが、退職後、貧しい子どもたちの学習支援や夜間中学、勉強できないままに大人になってから文字を読みたいと願う人たちへのボランティアを、名前や身分を明かすことなくされていたというのを知って、胸が熱くなりました。この人は本物だと思いました。

さらに、前川さんが文科省の天下りの責任を取って辞められる前に全文科省職員に向けてメールを発信されていたというのを読みました。

それには、「このような形で退職することは、誠に残念であり申し訳なく思っています。私を反面教師として、二度とこのようなことが起こらないよう、職員のみなさんは遵法意識を徹底し国民の信頼回復に努めて下さい」

とある一方次のようなことも書かれていたと。

『ひとつお願いがあります。私たちの職場にも必ずいるであろうLGBTの当事者、セクシャル・マイノリティの人たちへの理解と支援です。無理解や偏見にさらされているLGBT当事者の方々の息苦しさを、少しでも和らげられるよう願っています。様々なタイプの少数者の尊厳が重んじられ、多様性が尊重される社会を目指してほしいと思います。』


文科省からのLGBTに関しての二つの通達が出た時に、その素晴らしさに打たれました。こんなことが言えるのだと。それなら、どうして、性教育に関してバッシングをして来たのか、とも思いました。でも、もう少し、もう少しで文科省も分かってくれる時が来る、こんなすごい通達が出たのだもの、そこに希望を見出していました。この通達は、前川さんの後押しがあってこそ、出された物なのですね。今になって見えてきました。

そうすると、ひどい圧力をかけて来た文科省の中にも、日本会議に侵されている人ばかりでなく、それはそうでない人たちとの力関係なのかも、と見えてきました。天下りにしても、局長から早稲田の教授になった方が官邸に背き、獣医学部の新設に異論を唱えてクビを切られたとか、どこの省でもしている天下りが、文科省だけ集中的に攻撃された、それは官邸からの報復であるとか、そんなことも一つ一つ納得がいくことです。

 私たちは、今度の夏の性教協全国夏期セミナーに広島サークルとして、「多様な性の基本~きめ細やかな対応のために~」を分科会に出します。それは、多様な性について、広島サークルで行った連続講座
①スクールカウンセラー(高等学校で)
②小学校教諭(理科・保健の授業で)
③産婦人科医(医療の現場で)
を元に、三人で発表します。

それは、文科省からの通達があってこその取り組みでした。この項、続きます。

今から、横川シネマに「人生フルーツ」を見に行きます。朝九時からの上映、自転車を飛ばして行ってきます。午後はまたまた電話当番です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」励まし、ありがとうございます。 | トップページ | 前川さんと寺脇さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65337683

この記事へのトラックバック一覧です: LGBT、前川さんのメール:

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ」励まし、ありがとうございます。 | トップページ | 前川さんと寺脇さん »