« 2017年3月 | トップページ

もう一度、8.6ヒロシマ平和の夕べについて。

 昨日の私の8.6ヒロシマ平和の夕べについての記事に、多くの方から励ましを戴きまして、ありがとうございました。ブログに対してだけでなく、フェイスブック、メッセンジャー、携帯メールなど、いろいろな媒体ですでに寄付をしてしまったという連絡も戴きました。やっぱりそうですよね。本当に申し訳ない事です。

なぜ、彼がそういう行動に出たのか、この間、ずっと考えてきました。数々の発言等を振り返ってみて、市民運動というものの捉え方の違いなのかもしれないと思っています。みんなでする運動でなく、彼が主導権を取りたかったのかも。

私は、学生時代から今まで、ずっと「党派」やセクトに属してきたことはありません。その周辺にいて行動を共にすることがあっても。全く自由に、あくまでも個人の立場でいろいろな運動にかかわってきました。それの違いによる仲間や方針の捉え方の違いなのかもしれないと思っています。

彼の横暴さに嫌気がさして、一時もう8.6ヒロシマ平和の夕べから離れようかと思ったこともありました。でも、ふと見ると、実行委員の彼以外の人たちみんなが同じでした。

お金と名簿をよこせと言うべきだという人もいました。もっと強硬な意見を言う人もいました。でも、これまでいわゆるセクトの分裂を傍目で見て来て、市民運動でもそのようなゴタゴタを露呈してはいけないという思いでした。何もなくとも、仲間がいる、みんなで力を合わせて行けば、何とかできるという思いで継続してきました。

しかし、あの早くのチラシとカンパの要請には、そこまでするとは思いが及びませんでした。

結果的に、多くの皆さまにご迷惑をおかけしてしまって本当に申し訳ない事をしました。皆様には、また、個人的にお返事させて頂こうと思っています。

 昨日は、またカープに行きました。巨人戦。1-0で負けという、もっとも面白くない試合でした。前回行った時も、今回も、まだ一点も取っていません。宮島さんを一度も歌っていません。情けないことです。やけくそのような風船です。

Img_9806

 サッサと試合が終わって、早く家に帰ったので。買い物に行って、沢山頂いている筍の料理をしました。焼き筍、イカとの木の芽和え、これも頂いているわらびとの煮物、そして筍ごはん。全部使い切って、さあ、今日はしっかり食べなくっては。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について。

今年の3月初め、友人の一人のフェイスブックを見て仰天しました。

「今年も送られてきました」というタイトルで、「8.6ヒロシマ平和の夕べin広島別院」というチラシが載っていました。

その人に、カンパの要請と共にに送られてきた物です。

本当にびっくりしました。

私たちは、まだ今年の8.6ヒロシマ平和の夕べの内容を話し合っている途中だったのです。

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は、これまで被爆二世や被爆者を中心にどの党派や団体にも属さず、全くの市民運動としてやって参りました。そして、これからも。

市民運動の原則は、やろうという意志を持った人がそれぞれ自らのできる範囲でできることをする、それぞれ寄り集まって話し合い、一つの運動の形を作り上げていく、これまでそういうグループとして行ってまいりました。そこには、意見の厳しいやり取りもありながら、実行委員は楽しい仲間でもありました。

しかし、昨年の8.6が迫ったあたりから、その中の一人の横暴な言動が目立つようになりました。それは、イベントの最中も、そして8月21日の反省会の中でも続きました。詳しいやり取りは省きますが、私をはじめとしての個人攻撃が激しく行われました。私のこのブログがいけないとも。びっくりでした。

さらに、その中で話し合われたのは、会計の明朗化、情報の共有のために以前から主張してきたメーリングリストを作りましょうということも希望として出たのですが、彼は激しく「却下」「却下します」と言い続けました。「却下」ということは、私にはなじみません。それは一方通行、まるで上司から部下に告げる言葉のように。私たち仲間は上下の関係はないと思ってきたのですが、彼にとっては、まるで私たちが手足であるかのような捉え方だったのでしょうか。

その態度は、その次の今年の8.6のメニューを考える会にも続きました。どなたに話をしていただくか、いろいろな候補がある中で、また続きを話し合いましょう。その次は一月に会を開きましょう、ということでした。その一月の会に彼は来ませんでした。そして、三月のそのチラシです。

私たちにとっては、晴天の霹靂でした。例年ですと、1月には大まかな方針を出し、それぞれの候補の方に出演をお願いし、3月にはチラシの作製に入り、何度も校正し印刷をお願いし、4月終わりに出来上がり、5月3日の憲法集会に初めてチラシを配り、郵送をするというスケジュールです。それよりもずっと早く、チラシが作られ、郵送されているという事実でした。

しかし、これまでの実行委員会のメンバーは、誰も彼と行動を共にしていません。内容も、了承していませんでした。

私たちは、従来の実行委員のメンバーで、これまで通り、粛々と話し合いを進め、今年の中身を決め、そしてチラシを作りました。5月3日の憲法集会でこのチラシを配るところから始めます。

しかし、これまで、賛同して頂いた方、会にいらっして頂いた方の名簿は、彼の手元にあります。これまでの残余金も彼の手元です。私たちの手元には何もありません。

でも、私たちにはそれぞれがこれまで培ってきた繋がりや友人たちがあります。それぞれ、総動員して、それぞれの名簿で送りましょう。口コミでもお願いしましょうということにしました。彼が強硬に反対してきた(なぜか分からないのですが)メーリングリストも作り、情報を共有しています。実行委員会はうんと民主的になりました。

そんなことで、彼からのチラシが送られてきたであろう方々には、本当にご迷惑をおかけしました。こんな事情であることを了承して頂けると幸いです。

今年は、従来に戻って、広島YMCAの国際ホールで行います。しかし、時間が早くなります。午後1時会場、1時半開演です。また詳しいプログラムが決まったら、このブログでお伝えしますね。混乱させてしまって、本当にすみませんでした。

昨年の反省会はまだ私のブログで8.6の会のご報告をしている最中でした。でも、彼のブログへの追求で、その続きが書けなくなりました。結果、肝心のメインの「ずっこけ三人組」「絵で読む広島の原爆」の那須正幹さんの講演については報告できないままでした。お詫びに、那須さんの写真を今、ここに載せますね。

Img_5605

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のフライヤーが出来上がりました。

 今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のフライヤーが出来上がりました。私たちは、このチラシについては、万感の思いで受け止めています。いろいろな方にご迷惑とご心配をおかけしました。でも、多くの方の力を戴いて、無事10回目の会を開くことが出来ることをうれしく思います。まずは、そのチラシをご覧ください。

みんなで力を出し合って作ったチラシです。少々詰め込みの感はありますが、それだけ私たちの思いがこもっていることを感じて戴ければと思います。登場していただたく方はすでにご案内しております。

008620171


008620172


スタッフも呼びかけ人も昨年までと同じメンバーです。が、実は、事情があって、今私たちの手元には、昨年までの名簿とお金が全くありません。とても話しにくいことなのですが、その事情について、明日お話しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共謀罪・政治家の不倫。

日本が憲法をはじめ、大変な状況になっている今、政治家のあまりの質の低さに唖然としています。

金田法務大臣、この人のひどさは、まさにこの総理のもとにこの法務大臣あり、とでもいえましょうか。いわゆる共謀罪を巡る答弁のひどさ。しどろもどろ、右往左往、官僚が書いた答弁の順番も間違えて、一体、何の答えをしているのか、聴いていても、わけがわからなくって。

法務大臣がまともに答えることが出来ない、その法案が連休明けに通ってしまいそうだと。

一体どうしたのでしょうか。私は自民党の支持者ではありませんが、自民党の中にも、昔はもっと賢くて誠実で民主的で、説得力を持つ人たちは沢山いたように思います。その先輩たちは、今の状況を見てどう思っているのでしょう。先輩として恥ずかしくないのでしょうか、後輩たちの暴走を何とかしなければと考えないのでしょうか。その人たちから、何等か発言があってもいいように思うのですが。


広島選出の議員のスキャンダル、これにも唖然としますねえ。妻がお産をしたら、自分は育休を取るだのと言いふらしておいて、実は若い女性と不倫をしていて「肉の欲求に勝てなかった」と言って、唖然とさせた議員のことももう忘れそうですが。

週刊誌、すぐに買って読みましたよ。私は、この広島の人の地元のお金持ちの人との不倫を聞いていてたので、今回は人が違うとびっくりしました。

まあ、恋愛するのは自由かもしれないけれど、くれぐれも別れはきれいにしないと。恨みを買うような形で終わってはいけないのですよ。その意味で、彼は不倫をする資格はありませんね。

ただ、私が心配なのは、この人のことで安倍内閣はガス抜きをするのではないかということです。

総理夫人(私は総理その人と思いますが)その他、数々のお粗末な大臣のひどさの不満が国民にわだかまっていて、でも、彼らをクビにすることはせず、ますます不満が溜まっている今、恰好の材料が出てきて、国民の目をこちらに向けさせて。そして、最終的には彼をクビにする、要するにしっぽ切りですね。それで国民の不満を収めようとすること。

そう、あの森友事件を北朝鮮の方に国民の目を向けさせて沈静化をもくろんだように。

 そうしておいて、この間に共謀罪、テロ等準備罪を数で成立させてしまうのではないかと、それを恐れます。政治の中心をしっかりと見つめなければと。

 バカな男のくだらないスキャンダル何ぞに目を奪われてしまってはいけないと(面白いけど)。

沖縄も、福島も、何より憲法も危ない。そして、これらの反対運動も共謀罪が成立すると、一網打尽にされる恐れがあると、それを恐れるのです。

話が戻りますが、岡山に講演に行って帰り。いつもこの方面に行った時には、帰りに福山SAに寄ります。そしてそこのリトルマーメイドの木の実のキャラメルケーキを買います。他にもあるのかもしれませんが、私はここしか売っている所を知らないので。おみやげにも喜ばれるし、私も好きなのです。これを切って、朝ごはんに。今日はお昼はこれです。

Img_9782

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山城博治さんのスピーチ、歌。

話が行きつ戻りつしてすみません。横川シネマで見た「標的の島 風かたか」。この映画で沖縄の運動のリーダーの山城博治さんの「人間的魅力」と書きました。それにつき、もっとちゃんと書かないと、と思いました。

映画の中で、高江のヘリパッド建設に反対して、沖縄の人々が道路に座り込み、トラックの荷台に乗り込んで抵抗します。全国から来た機動隊に、座り込んでいる人はごぼう抜きにされ、トラックから引きずりおろされます。一人の女性は、逆さづりにされ、ロープで首が閉まり、意識を失います。 その時、山城さんは、「白旗を掲げました」。このままでは、けが人、死者が出ると、映画を見ていた私たちでも、ハラハラとしていました。「みんなやめろ。やめろ。トラックから降りろ」


女性は救急車で運ばれ、その時、山城さんは、道路に突っ伏して、ワンワンと泣きました。

その山城さん、5か月間の拘留の末、釈放されてまだ間がない4月19日、日比谷の野外音楽堂でスピーチをしました。スピーチの最後に、歌を歌います。1968年、パリの5月革命の中で歌われた有名な歌、「美し5月のパリ」。日本では、加藤登紀子さんの歌でヒットした懐かしい曲です。私も学生時代によく歌いました。その元歌に、山城さんが作詞した替え歌「オキナワいまこそ立ち上がろう」です。

この歌を聞いて、なんとも言えない感情が湧きあがりました。夫に「悪いけど、山城さんにほれたわ」というと、夫は「うん。いいよ」と言いました。夫も惚れたみたい。

この集会に先駆けて、参議院の議員会館で院内集会が開かれ、そこでの山城さんのスピーチ。これに「共謀罪」の怖さが語られています。


002015830

2015年8月30日、国会前の戦争法反対の集会です。共謀罪が成立すると、このような集会はできなくなるでしょう。

山城さん、私は私で広島で頑張ろうと思います。怖い国へ突き進んでいるけれど、ささやかでも、できることをしようと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかやま山陽高校で今年度初めての講演。

 昨日は、今年度初めての講演。年度初めはいつもここ、おかやま山陽高校から始まります。私が大好きな高校です。生徒たちの目がキラキラしています。歩いていて、生徒とすれ違うと、みんなこんにちはーとあいさつしてくれます。この学校で毎年入学したばかりの一年生にお話します。

Img_9761


いつも、この垂れ幕を見るのが楽しみで。今年は垂れ幕がカラフルになっていました。いつも、自動車科や様々なスポーツ専攻・部活や音楽専攻やそして調理や製菓科などの快挙がここで一括で見られます。

あら、宇宙カレー!ええ?またスイーツ甲子園で優勝したの?変わらず、みんな頑張っていますねえ。

Img_9763

講演は二時間。途中20分の映画をします。その間だけ一休みです。

とても静かに一生懸命聞いてくれました。

そして、講演が終わって、校長室でスイーツ甲子園で優勝したケーキを戴いたのですよ。優勝したことは、このホームページに詳しく書かれています。

http://www.okayama-sanyo-hs.ed.jp/sweets/

Img_9769

テーマは、「私の町の新名物」。二年生の三人は倉敷、福山、鞆の浦出身だそうで、それぞれの出身地から、倉敷の白桃、瀬戸内のレモン、そして鞆の浦の保命酒を使って。底と真ん中にピスタチオとキャラメルシュガーの入ったアーモンド風味の生地を入れ、底には白桃のジャム、真ん中には赤すぐりのゼリー、全体はレモンのムースで余すっぱく。生地に保命酒を吹き付けてあるそうです。それは、おいしくて。ありがたくいたたきました。

三人は、三月にパリに研修旅行に行ったそうですよ。

 校長先生には、いろいろと学校や生徒のお話を聞きました。教育に対する理念がしっかりしていて、今年も感動しましたよ。

私の話を一生懸命聞いてくれた一年生のみなさん、この素晴らしい環境で高校生活を楽しく、かつ充実させて過ごして下さいね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「標的の島 風かたか」続き

昨日の「標的の島 風かたか」について、もう少し。書き足りないことを追加しますね。

頂いたチラシから。

『「標的の島」とは、沖縄のことではない。それは今あなたが暮らす日本列島のこと。』
という見出しで書かれている文章。これは映画の中でも言われたことでもありますが。

『沖縄県民の8割の反対を黙殺した辺野古の新基地建設、全国から1000人の機動隊を投入して高江で強硬されるオスプレイのヘリバッド建設。宮古島、石垣島でミサイル基地建設と自衛隊配備が進行。

なぜ今、先島諸島を軍事要塞化するのか?

それは日本列島と南西諸島を防波堤として中国を軍事的に封じ込めるアメリカの戦略「エアシーバトル構想」の一環であり、日本を守るためではない。基地があれば標的になる、軍隊は市民の命を守らない―それは沖縄戦で歴史が証明したことだ。だからこそ、この抵抗は止まらない。』

沖縄の人が言っていました。「なんにもないところにはミサイルは飛んで来ないさ。基地があれば、そこが攻撃される」

沖縄戦で逃げまどい、真っ暗な中で水を求め飲んだ、それが翌日明るくなって見ると、亡くなった方たちの血であった、血を飲んで生き延びたと前作「戦場ぬ止み」で証言されたおばあが、今回の映画の中でも、体を張って座り込みをし、ごぼう抜きの目にあっていました。元気で闘い続けていらっしゃいます。

三上智恵監督が来られた日曜日は満席だったそうですが、私が行った時に観客は5人。もっと多くの方に見て戴きたい映画です。

Img_9748

昨日、私は今シーズン初めてのカープ観戦に行きました。なんとひどいゲーム。でも、カープが打てなかったのはそうだけど、一塁の塁審、これはひどい。何なのでしょう。「山路審判」名前ももう覚えましたよ。彼が、今日の試合の球審ですって!!ひゃー。昔、カープが巨人と試合をする時は、巨人は10人でプレーすると言われていましたよね。昨日はその通りでした。

赤い風船の写真だけ載せますね。

Img_9759

 今日は、今年度初めての高校での講演です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「標的の島 風かたか」

 昨夜、診療後横川シネマに急いで、映画「標的の島 風かたか」を見に行きました。好きな三上智恵監督の最新作。「標的の島」、「戦場ぬ止み」の二作も見ています。本当は日曜日16日に、三上監督が来られるというので、行きたくて。学会を抜けて行こうかと迷いました。が。三上監督の話なら聞きたい。でも、きらいな人が一緒だというので、その人の話も聞かないといけないのなら、ごめんだと。いつか一人で映画を見に行こうと思っていました。

Img_9746

Img_9747

「風かたか」とは、風よけ、防波堤の事。2016年夏、米軍属女性暴行殺人事件の被害者を追悼する県民集会で、稲嶺名護市長が「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」と言いました。

辺野古、高江、宮古、石垣。全国から機動隊を集め、反対する彼らを痛めつけ、基地を作ろうとする。この国は、一体いつまで、沖縄の人たちに負担をかけ続けるのか。やりきれない思いです。映画はやはりすごいとしか言いようなありません。同時に、沖縄の彼らの闘いにうなだれるしかありませんでした。

高江、24時間飛び交うオスプレイの騒音のために、子どもたちが寝られなくて、体調を崩し、避難するしかないということ。

体を張って、非暴力で抵抗する沖縄の人たちの激しい行動、悲しい歌や音楽の数々。そして、何よりリーダーの山城博治さんの人間的魅力。山城さん、末期がんで抗がん剤で治療している体です。この魅力ある人をでっち上げのような理由で五か月も逮捕拘留する権力者たち。胸があふれる思いでした。

横川シネマで4月30日までは10時20分~と19時~。(28日は19時~はなし)5月1日から13日までは10時20分からのみの上映です。見る立場の私たちも、怒りと共に、元気を戴けるような映画でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」⑦平和講演は永田浩三さん

8.6ヒロシマ平和の夕べの平和講演は、永田浩三さんにお願いしました。

永田さんは、元NHKのプロデューサー。ETV2001「問われる戦時性暴力」では、政府による介入で番組が改編されたと、裁判まで行われた、その当事者として、法廷でも証言しました。

それは、自著「NHK、鉄の沈黙はだれのために」「NHKと政治権力番組改変事件当時者の証言」等に詳しく書かれています。


001 002


今年の3月5日、永田さんのお話を聞きに行きました。それについては、ここから三日間にわたって書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/wein-921a.html


永田浩三さんは、1954年生れの、広島の被爆二世です。お母様は、爆心地から800メートルの所で被爆されました。最近書かれた本です。

戦後、被爆直後、広島はGHQにより、厳しい情報統制が敷かれました。そんな中、「ちちをかえせ、ははをかえせ・・・」の峠三吉をはじめとして、四国五郎など若い文化人たちは、厳しい弾圧をくぐり抜け、作品を作り、世に原爆の惨状を訴え続けました。それらの関係者の証言を詳しく取材し、苦悩に満ちたヒロシマの若者たちの人間模様を描いています。

003

「永田浩三」の画像検索結果 この画像は、ネットから戴きました。

今、大手のマスコミ、特にNHKが政権への批判的な報道ができなくなっていると言われます。そんな今年の8.6にヒロシマでお話戴くのに、もっともふさわしい方であると思います。

 どうぞ、永田浩三さんのお話に期待して下さいね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の山賊②

 山賊は、座敷でゆっくりできるように予約をしたかったのですが、予約は午後8時までに入ってもらえること、と言われて取れませんでした。ですから、並んで食券を買うしかないのですね。

ここはデートで来る人が圧倒的に多く、長蛇の列で食券を買うのも山賊焼き二個おむすび二個、餃子一個という感じがほとんどです。そこへ山賊焼き10こ、おむすび10こ、鮎の塩焼き10匹、餃子ビール大ジョッキ9杯などと頼むものだから、後ろの方からスゴイ!という声も聞こえたりして。

でも、さすがです。これらの料理を次々と一気に運んで下さって、ありがたい事でした。

山肌一杯に直前まで咲いていたであろう桜も、何10匹も泳いでいたであろうこいのぼりも、すべて雷と雨でダメになっていて、山賊の良さを満喫していただくことにはならなくって。少し残念でしたが。

Img_9722

 大きなジョッキのビールを飲み干した後、今度は熱燗で。一人づつに、とっくりと茶碗のような大きなおちょこで雰囲気もいいです。

お腹も落ち着いて雨も小止みになった時に、山賊全体を見学して頂きました。

Img_9724

Img_9727

この五重塔のような建物の中も大広間になっていて、食事をしている人もいましたが、吹き抜けの天井などの建築が素晴らしくて。それらも中に入って見て戴きました。滝や鯉が泳ぐ池なども。

帰る前には、待って頂いたジャンボタクシーの運転手さんに全員写真を撮って戴きました。

Img_9728

いいろと行き届かないこともありましたが、ひとまず、みんなで楽しめたであろうこと、ホッとしました。皆さん、優しい仲間で心からうれしかったです。

そうそう、先行組、錦帯橋がライトアップされているということなので、

http://kankou.iwakuni-city.net/events/kintaikyo-lightup

富山と札幌からのお客様に見て戴こうと少し回り道をしました。ところが、真っ暗。雨のせい? ほとんど見えなくって、これも残念なことでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山賊で①

日本産科婦人科学会最終日です。今日は一日中学会漬けになります。

朝6時に起きて、7時過ぎには家を出て、自転車を飛ばしてリーガロイヤルホテルの会場に。7時半からランチョンセミナーの発券があります。私は、HPV(子宮頸がん)ワクチンの最新情報が聴きたいので、早くに行かないと。で、発券場に行くと、なんと一番でした。でも、7時半近くになると、みる見る行列ができましたよ。

無事チケットをゲットして、朝食のために100円パンでパンを買ってクリニックに戻りました。

9時から我らが種部先生司会の講習に出ます。『男女共同参画・ワークバランス改善委員会 産婦人科未来委員会共同講習  イクボスのはじめかた~公平性と多様性の両立「お互い様」を目指して~』

産婦人科医のなり手が減って、全国の多くの病院でお産が出来なくなって。今、産婦人科医療は危機です。子どもも育てながら、産婦人科医を続けるためのヒントが一杯出てくることと思います。私たちの時代のような、自己犠牲型では絶対にダメ。どんな提言が出るのか、楽しみに行きます。

さて、昨夜は性教育に取り組んでいる産婦人科医の仲間の先生たちと共に「山賊」に行きました。なんと、情けないことに、土砂降りの雨。山賊のすごさ、楽しさが半減してしまいました。

先発隊で行きましたが、山の斜面の、外の炬燵の座敷は全部カバー。室内は席がなく、空席のすごい順番待ちです。座敷のお店も、お城の中の大広間も、あっちこっちの順番待ちに名前を書きましたが、途方にくれました。エイッと腹を決めて、一緒に行った先発隊の種部先生と西岡先生に屋根のある大きな囲炉裏に座って場所を取っておいて戴いて、料理の券の窓口に延々と並び、そして、交渉しました。10人です。外の、あの木の切り株の席に座らせて下さい。もう、仲間が座って場所を取っています。「みんなが並んで席の順番を待っているのだから、ちょっと、それは・・・」と言われるも、お願いモード全開で頼み込みました。

大量に料理の注文をして、待つことしばし。雨の中、皆さんがジャンボタクシーで到着された、その時に、料理が次々と運ばれてきました。グッドタイミングで、ほんとにホッとしました。

Img_9719

座っているのは、気の切り株ですよ。申し訳ない事でした。向こうの方に席の順番を待っている人がいます。右は、僅かに屋根のあるこたつで食事をしている人。これらはみんな室外です。

Img_9720

すみません。今から受講に行きます。また、続きますね。それなりに楽しい写真がまだ沢山あります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本産科婦人科学会学術講演会

 昨日、出勤途中の平和公園の桜です。花吹雪。すこーし葉が出て緑が混ざると、それはそれできれいです。吹雪の中を自転車で通るのが好きです。全国から学会に来ていらっしゃる先生たち、この桜を見ていただけたでしょうか。

Img_9702

Fullsizerender_621

地面もきれいです。

Img_9701

一昨日からの日本産科婦人科学会学術講演会。1700もの発表や講演があります。事前受付などなく、当日受付のみ。それも、全部機械で受け付けです。それぞれが持っている医学会のカードのバーコードを機械に読んでもらって、お金も機械に入れます。現金でも、カードでもO.K.。すると、自分の名前などが印字されたカードが領収書と共に、するすると出てきます。それを自分で名札入れに入れ、胸に下げます。アッと言う間です。

Img_9695


ところで、学会では専門医に必要なポイントが付与される講座が9つあります。そこには、長蛇の列ができます。ディズニーランドみたいに、くねくねと列を作って、これも入れ口でバーコードを読んでもらいます。すると、自動的にポイントが付くのだと。なんと、世の中進歩するものです。私は、昨日からクリニックと学会場を行ったり来たり。初日は休診日なので、講演も聞くことが出来ました。昨日は、お昼休みの二時間と、夜は懇親会。

今日は、朝早くに行って、8時半からのシンポジウムをギリギリまで聞くつもりです。

夜は、性教育の仲間のドクターたちと玖珂の山賊に行きます。楽しみもなくっては、です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」⑥歌と語りは川口真由美さん

8.6ヒロシマ平和の夕べでの歌と語りは、川口真由美さんにお願いしました。川口さんは、「反戦平和!命が宝」を掲げ関西を中心に活躍しているシンガーソングライターです。

障がい者通所施設を運営しながら、三人のお子さんを育てています。その上、沖縄辺野古のゲート前を中心に全国各地、韓国や台湾などでも歌っています。

CD「想い続ける-沖縄・平和を歌う」、DVD「レジスタンス なう」等。

毎年、8.6ヒロシマ平和の夕べにも出席し、交流会で歌って下さっていました。

2015年の交流会。

Img_9765


川口さんの前で踊っているのは、沖縄の知花昌一さんです。この時は、彼女のルポの番組を作っていたディレクターの方が撮影をしていました。

2016年の交流会。川口さんが歌うと、場が大盛り上がりします。

Fullsizerender_620


 今回も、ヒロシマの灯篭流しを見て作ったと言われる「悲しみから生まれた平和への道」「ケサラ」等歌って、盛り上げて下さることでしょう。川口真由美さん、楽しみにしていますね。


昨日から、広島で日本産科婦人科学会学術講演会が開かれています。テーマは「平和と歩む~産婦人科医学・医療~」。会場は、グリーンアリーナ、リーガロイヤルホテル、NTTクレドホール、沢山の方たちが全国やアジアの国から来られています。明日と明後日は、そのご報告をしますね。

8.6ヒロシマ平和の夕べの平和講演について、その後、お知らせいたします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」⑤大塚愛さん

「福島から避難して」のテーマで語って戴くのは岡山在住の大塚愛さんです。大塚さんについては沢山の映像や資料がありますので、ご紹介をどれにするか悩みました。

私が下手に書くよりも、御自身が語っていらっしゃるのを聞いて頂く方が、一番分かって頂けるかと思います。


このメッセージにあるように、大塚愛さんは、福島から故郷に避難された後、福島や原発について、講演に引っ張りだこで走り回られました。同時に、福島からの子どもたちの保養受け入れに尽力されています。そして、岡山県議の横田えつこさんが亡くなった後の県議補選に立候補され、そして見事に当選、横田さんのバトンを受け継がれています。


Fullsizerender_619


その当選の時の画像です。横田えつこさんの遺影の前でご挨拶をされています。そのYou TubeのURLはここにあります。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/HGjDCRNNT2s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

横田えつこさん、鬼木のぞみさん(先日も書いた私たちと御縁のあった米子市議の故中川健作さんの義理の子どもさんです)と共に、みどり岡山として県議会で活躍されていました。その目線は、常に生活者、弱い立場の人にやさしく、議会の中だけでなく、日本中を走り回って活動されました。10年前、私の選挙の時にも駆け付けて応援して戴きました。その恩返しもしないままにでした。3.11の福島原発の後は、何度も何度も福島入りし、支援の活動をされました。そして、骨髄の病気となり、抗がん剤の治療のかいもなく、亡くなってしまわれました。

その大切な横田悦子さんの活動は、今、しっかりと大塚愛さんに引き継がれました。

福島の山に自分で家を建てそこで生活をしていたというだけでも、心惹かれるものがあります。その生活をすべて原発事故のために奪われ、お子さんを抱えて避難を余儀なくされたこと、今も福島に残っている子どもたちの保養などに尽力されていること、それらを話して頂けること、とてもうれしく思います。

来て頂けること、本当にありがとうございます。どうぞ、皆様、大塚愛さんのお話を楽しみに、心して聴きましょうね。

まだ、8.6ヒロシマ平和の夕べについてのお知らせは平和講演や音楽など続きます。ただ、今日から広島で日本産科婦人科学会が開かれます。そのご報告を挟むかもしれません。ご了解くださいね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」④ヒロシマとフクシマ

 福島第一原発の事故により、多くの福島県民が厳しい状況に置かれている時、この度の今村復興大臣の記者会見での発言は許せません。

安倍政権、総理大臣をはじめとして、数々の大臣のお粗末さ、傲慢さには我慢の限界に来ています。

私たちは、8.6ヒロシマ平和の夕べを始めた当初から、原発の問題に取り組んでまいりました。

「核兵器と原発」、それは私たちのずっと変わらないテーマであります。「核と人類は共存しない」そして、「人類は生きねばならぬ」これは、故森滝市郎先生が言われた言葉です。

原発の事故後は、具体的に「ヒロシマとフクシマ」の二大テーマとなりました。今、政府は東京オリンピックを控え、福島を無いものとし、さらに全国の原発の再稼働をもくろんでいます。


小出裕章、小林先生、今中先生たち京都大学熊取六人衆の先生たちには貴重なお話を聞かせて戴き、本当にお世話になりました。


昨年は、福島から関西に避難している森松明希子さんのお話をうかがいました。また、その中で、東京に避難している中学生も話してくれて、みなさん涙ぐみました。


Fullsizerender_327


森松さんは、今、今村復興大臣にひどく傷つけられた福島の人たちと共に、大臣の辞職の要求に頑張っていらっしゃいます。


そして、今年、私たちは、岡山から大塚愛さんをお迎えします。大塚愛さんは福島からご家族で実家のある岡山に避難されています。大塚愛さんのご紹介は、明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」③被爆証言は小野瑛子さん

生徒たちに、頑張って家へ帰るんだ、さあ握手してと言い亡くなった山本信雄先生。そのお嬢さんが小野瑛子さんです。この原爆で父と姉を失いました。当時、6歳。ご自身も爆心地から2キロの地点で被爆され、一週間後には急性放射線障がいを発症。脱毛、出血、嘔吐、下痢、高熱なとに苦しまれました。

65歳になって発病した重症のバセドウ病。手術を含めたあらゆる治療で、かろうじて失明を逃れました。そして、今、肺がんで抗がん剤の治療を続けておられます。

 小野さんのお話を聞きたい。強く思いました。この世界から核兵器廃絶の悲願を持ちながら、力尽き、次々と被爆者のみなさんが亡くなっていらっしゃる今、今のうちに沢山の証言を聞いておきたいのです。

被爆した体で、お父様も亡くなって、さぞ大変でご苦労な人生を歩まれたことと思います。

私の父も、当時、広島二中の教師でした。山本先生と同じように生徒を学徒動員に連れて行っていた父は偶然、本当に偶然に助かりました。

焼け跡の中でボーと立ちすくむ父です。

00

どなたがこの写真を撮ってくれたのか、全く覚えがないと言っていました。

同僚の山本先生は亡くなり、父は助かりました。ですから、私も生まれてくることが出来ました。

父は、倒れるまで、毎年8月6日、二中の慰霊式に出席していました。三度核は使ってはならない、戦争はしてはならない、憲法は大切な宝物、と、私たちにしっかりと教えてくれました。


小野瑛子さんと私を分ける物、それは単なる偶然と呼んでいいのでしょうか。

小野様は、今年の8月6日、千葉から病を押して広島に来て、お話して下さいます。小野様のお話を心して聴きたいと思います。

「2017年8.6ヒロシマ平和の夕べ」の被爆証言は山本信雄先生のお嬢様、小野瑛子さんです!!貴重な機会です。皆さま、どうぞ、聴きに来てくださいね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」②レクイエム碑4章

広島二中一年生の全滅の記録、「いしぶみ」が合唱曲となりました。1969年、被爆当時広島二中の生徒であった広島メンネルコールの指揮者山本定男さんの尽力で、広島二中の先輩薄田純一郎さん作詞、森脇憲三作曲の男性合唱のためのレクイエム「碑」が作られ、翌1970年に発表初演されました。それに至る記録がここに詳しく書かれています。

http://www.hiroshima-maennerchor.net/ishibumi/


10月12日広島市公会堂で開かれた初演。そのアンコールの部分を転載させて頂きます。

アンコール! アンコール! 感動の涙をぬぐっていた白いハンカチが、拍手でうちふられた。その拍手にこたえて客席にふり向いた指揮者の山本定男さんは、客席に静かに語りかけた。
  「このホールの正面に、原爆で全滅した広島二中一年生の『碑』があります。扉を開いて、少年たちにこの歌をおきかせしたいと思いますが・・・・・」。
  大きく開かれた扉の真正面に、花でかざられた石碑が、照明の中で浮かびあがっていた。その石碑にむかってもう一度うたわれる終曲の一節。言葉にならない感動がホールいっぱいにひろがっていった。 十月二日、広島市公会堂でひらかれた同市のアマチュア男声合唱団、広島メンネルコールの第十一回定期演奏会のクライマックスだった。

今では、広島二中の後輩、広島観音高校の音楽部O.B合唱団が毎年この曲の演奏会を行っています。私が聴きに行った演奏会のことを次の二回ブログに書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-03bf.html


http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/86-cc1e.html


2014年のブログに転載しています合唱曲の8章「全滅」は、読むだけでもう涙です。

そして、その4章「川の中で」はこんな詩です。

004
生徒たちと握手してその場で亡くなった先生。この歌詞を読んだだけで、また涙です。この先生は、二中の碑の裏の名前トップに出ている山本信雄先生です。

この先生の遺児が、今、健在で千葉を中心に証言活動をされている!!そんな情報が入って来ました。続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」①平和公園の桜

今年の桜は雨にたたられ続けです。わがクリニックのお花見も室内でお弁当を食べて終わりました。今、平和公園の桜は満開、ちらほらと花びらが散り始めて、いい感じです。昨日の出勤途中に撮りました。

00fullsizerender_618

そして、平和公園のもう一方の川岸、本川の岸は桜が少し寂しく、それでもそれぞれに精いっぱい咲いています。

Img_9661

昔はもっと一杯大きな桜が咲いていたはずなのですが。今はそれらはなく、点々と小さな桜の木が植えられています。代替わりしようとしているのでしょうか。

この川岸の、この写真の真ん中あたりに広島二中の原爆被災者の慰霊碑があります。この周りには、桜はありません。

Img_9660

Img_9656

そして、その裏に原爆犠牲者の先生と生徒の名前が並んでいます。1945年8月6日、学徒動員された一年生はこの川岸に座っていました。ここで被爆。この地にいた一年生全員が12日までに亡くなっています。この遺族を丁寧に追い、それぞれ亡くなった様子を描いたのが、「碑(いしぶみ)」です。広島テレビが杉村春子さんの朗読で番組を製作、後にポプラ社から「いしぶみ-広島二中一年生全滅の記録」が出版されました。さらに、番組を作り、後に本を書いたディレクター薄田純一郎さんの作詞で混声合唱のためのレクイエム「碑」が作られました。


00img_9657

しばらく続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AbemaTV「Wの悲喜劇」大人の女性の性教育

先日、東京表参道、ラスチカスで収録した『AbemaTV「Wの悲喜劇」大人の女性の性教育』は、昨夜と言うか、今朝の午前0時から1時間放送されました。お知らせするかどうか迷った末、直前、20分前にまだ起きている人があれば、と、フェイスブックでお知らせしました。

Fullsizerender_617


http://www.tvu.co.jp/program/womanstimes_2017/

撮影の風景です。

Img_9514

夫と二人で見て、楽しかったし、見た方からのコメントも良かったです。再放送のお知らせです。

明日午後5時から同じアベマTVニュースチャンネルで放送されます。

私の感想。あれだけ個性強い人たちがてんでに話すのに、MCのシェリーさんが良く捌いていたし。何よりシェリーさんは頭の回転が良く、柔軟で何でも受け入れて消化し、発信する、素晴らしい人でした。それに、みんなの思いが一つの方向に行って、雰囲気も良く楽しく進行されました。

2時間しゃべったのを1時間に編集と言うので、どうなるかと心配ではありました。でも、編集も無理なく、大切なところはちゃんと残してあったと思います。避妊やピルや、人工中絶、学校や家庭での性教育、男の子の性教育、外国の性教育との違いなど。

お時間のある方はぜひ見て下さいませ。

ただ一つ。カットされて、ちょっとウーンだったのが、学校での性教育がバッシング以来、中学での避妊などが出来なくなっているというところ。これは、教育委員会や学校の管理職によって、厳しい所、自由にできる所がいろいろ異なると発言したのですが、そこが出ていないので。

たとえば青森県などでは、県を挙げて中学校での性教育に取り組んでいるので、講師による講演のスライドチェックもありませんし、避妊やピルの話も十分にできています。

それから、コンドームメーカーの広報の女性の話も面白くて、もっといろいろなコンドームも紹介されたのですが、一種類だけになったのは、ちょっと残念。

とまあ、文句をつければキリがありませんが。総体として、ぜひできるだけ多くの人に見て戴きたい番組です。地上波の局と違って、インターネットテレビは、様々な圧力や制限は全くないということで、だからここまで自由に話ができたのだと思います。よろしくお願いします。

明日から8.6ヒロシマ平和の夕べについて、一気にお話しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について。

 昨日は、夕方家に帰った後、ずっと机に座っていました。「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の呼びかけ文を書き上げました。それを書くために、いろいろと調べ物をしていて。

本当に情けなくなりました。改めて、今の政府、何とひどい政府になったのかと、涙がこぼれる思いがしました。

森友学園でのひどい答弁。その陰に、国連の「核兵器禁止条約締結のための交渉」に日本は参加しませんでした。外務大臣は広島出身です。被爆者が核兵器廃絶のために命を懸けていることを御存じのはずですが。

そして。復興大臣の暴言。福島の人たちをどれだけ傷つけているか。これは、動画から。自主避難している福島の人たちへの家賃の補助の打ち切りについて、国の責任を問うた記者に「出て行きなさい!!」と言っている所です。


Fullsizerender_616_2


後で謝罪をした様ですが。こんなことをしていたら、以前だったら、すぐに大臣の首が飛んでいました。この大臣のレベルの低さだけでなく、疑問に思ったのは、この質問をした記者に対しての暴言を、何も言わずに見ているだけだった大手の記者たち。一体何をしていたのでしょう。

度々ウソの答弁をした稲田防衛大臣もそのまま大臣に居座り続けています。あまりに低レベル、ひどい大臣が並びます。

日本会議の大臣で固めた今の政府が、共謀法の成立を図り、ますます右翼的方向を進めています。

物言わぬマスコミ人。証言して下さる人も少なくなった広島の被爆者。甲状腺がん・自主避難の福島の人々。そして、全国の原発の再稼働・・・。

このような情勢を見て、今年の8.6シヒロシマ平和の夕べのメニューが決まりました。これから時間をかけて、その内容のお話をしますね。

皆さま方には、いろいろとご心配とご迷惑をおかけしてすみませんでした。今年も変わらず、この会を開くめどが付きました。今年は10回目です。それをご報告できること、大きな喜びです。今年もどうぞよろしくお願いします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性暴力被害者サポートひろしま続きです。

もう少し、昨日の追加です。「性被害ワンストップセンターひろしま」について。

県からの委託を受けたのは「性暴力被害者サポートひろしま」です。ここで、「性暴力」について誤解をされないように説明しますね。ワンストップセンターとは、レイプされた人がSOSを求める所と思われがちですが。

「性暴力」イコール「性犯罪」ではありません。性犯罪は性暴力に含まれます。でも、実際SOSを求めて来られる方は、様々です。

ちかん、DV、デートDV、セクハラ、そして、過去に受けた被害を心に抱えている方、子どもの身内からの被害など、とても広いものなのですね。それに、忘れてはならないのは、LGBT、性的マイノリティーとして置かれている方への様々な嫌がらせ、いじめなども含みます。

それから、緊急に病院を受診した方がいい場合、警察に相談した方がいい場合など、付き添いをしますし、その医療費は公的負担があります。緊急避妊、性感染症の検査、さらにレイプで妊娠した場合の中絶費用などの医療経費。また、弁護士さんへの相談費用、心理カウンセリング費用など。これらは、警察に届け出をするか否かとは別問題で、警察に行かない場合でも、ワンストップセンターを通して、公的補助があります。

過去の事件での心の負担も、弁護士さんやカウンセラーに紹介することもあります。

とにかく、悩むよりも電話をしてきて欲しいのですね。電話での窓口には、適切に対応できる人がそろっています。ご本人だけでなく、ご家族や友人の方からの相談も受け付けますね。

もう一つ、電話の窓口は、適切なところに繋ぐこと。電話でカウンセリングをするのではなく、カウンセラーに繋ぐことでもあります。悩みを毎日電話してきて、話し相手になるというのとは、少し異なります。そのような時には、カウンセラーに繋ぐとか、適切に対処いたしますね。

少しでも性暴力で悩む人が減りますように、その力になりたいと思います。

 さてさて、カープの試合があるようになると、毎日の生活に張りがあります。

先日スーパーマーケットでびっくり。カープのグッズが何もかも。でも、こうなるとちょっとやり過ぎてすね。

Img_9629

00img_9630 00img_9631

ラップ、かっぱえびせん、ラムネ、ラーメン、カレー、麦茶、インスタントコーヒー、ふりかけ、お酒、梅酒・・・。以前は希少価値があったけど、こうなると、却って買う気も失せてしまいました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NPO性暴力被害者サポートひろしま

内閣府を中心に、全国に性暴力被害者ワンストップセンターを作ることが進められています。

ワンストップセンターとは、そこに連絡をすると、医療やカウンセリング、弁護士さんや行政などに迅速につながって行くというものです。4月1日から、広島でも機能していますので、そのお知らせです。

それまでにも広島に性被害ワンストップセンターはあり、活動していましたが、広島県からその委託を受けていた機関が3月一杯で辞退されるということになり、急きょ立ち上げられたNPOが県の審査を受け、正式に委託され、4月から稼働しているというものです。

急きょと言いましたが、それまでにひと月に一回集まっては、性暴力の学習、全国や世界の情報について学び、さらに県への要望書の提出などをしていたそのグループが、まるで満を時したように一気に動き出したと言えましょうか。

広島大学のハラスメント相談室の北仲先生を中心に、五人の女性弁護士さん、カウンセラー、社会福祉士、女性や子どもの人権相談に関わっている人、産婦人科医などの集まりであり、それに新たに精神科医、看護師、行政書士や税理士さん等30人が集まりました。何度も会議を経て、「NPO性暴力被害者サポートひろしま」を立ち上げ、県へのプレゼンテーションなど、精力的に動きまわった結果です。

 そして、みんなで相談の電話当番表を埋め、起動しています。優秀な常勤の事務員さんも就任されました。あたふたと始まったため、まだホームページが立ち上がっていませんが、それでも相談は多く、すでに弁護士さんやカウンセラーや病院や行政に繋いだ人もあります。

三つ折りのパンフレットを広げた物をここに載せますね。前から使用されている物そのままです。電話番号も変わりません。電話は女性がうけますが、相談は当然男女問わず受け入れています。悩んでいる方、どうぞご利用下さいませ。


00img214

00img215

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また誕生日ネタですみません。中華でお祝いです。

もう少し、誕生日の話ですみません。70歳という節目なので、お許し下さいませ。

いつも、毎年薔薇を送って下さる患者さま。今年は一日遅れで受け取りました。本当にきれいな薔薇。ありがとうございます。

Img_9613
そして、前夜。夫が誕生日の食事に行こうと誘ってくれました。当日の二日は、私がハートクリニックの新規開院祝いにいったので、翌日に。それは、昨年、夫が誕生日であることなどをすっかり忘れて、私に責められたことの一年後の罪滅ぼしでもありました。

姉と三人の食事。ところが、朝からいろいろと食事処を探すも、なんと、月曜日、しかも1日2日は土・日、その明けの4月3日で入社式や歓迎会を行うところも多いのでしょうか。どこも、閉まっていたり、満席だったり。こんなことは初めてです。10軒も探したでしょうか。

そして、やっと決まったのがそごうの10階のマダムシェンロン。久々の中華料理です。写真の撮り忘れ、大皿から取り分けた後、アッであわてて撮ったりで、不細工ですが。前菜の甘味噌のチャーシュー撮り忘れです。ふかひれのスープ、上品で美味。三人には多すぎるくらい、堪能しました。

Img_9615 Img_9616

右のは、ソフトシェルクラブとカシューナッツの唐辛子炒めです。クラブを殻も爪も丸ごと戴きました。

Img_9617 Img_9618

姉の好きなエビのチリソース、私の好きな黒酢の酢豚。

Img_9619 Img_9620

ところで、三人共お腹一杯で大満足の帰り、マダムシェンロンの隣のイタリアンのお店が、こんなことになっていました。店員さんに聞くと、期間限定で、このカフェが終わると元のイタリアンに戻るのだと。大変な人気で、整理券の発行ですって。エレベータの中にも展示してありました。ファンにとっては、こたえられないのでしょうね。私だって、カープカフェが出来たら、並んで入るかもしれません。

Img_9623Img_9625

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の一日、ありがとうございます。

 昨日は、皆様沢山のメッセージをありがとうございました。

70歳。子どもの頃、70歳の方といったら、ものすごいよぼよぼのおじいさん、おばあさんで、自分自身がこんな歳になるなんて、思うこともできませんでした。と言うか、自分はきっと早死にするだろうと確信めいて考えていました。

それに、家族を持つということも考えられず、どこか田舎で一人ひっそりと暮らすだろうと思っていました。私は、大過なく医師を続けることが出来、家族にも、孫にまで恵まれています。

今、この誕生日を迎えて、何より両親に感謝したいと思いました。これまで大病することもなく、健康な体に産んでくれたこと。とても慈しんで育ててくれたこと。

高校の教師だった父は厳しい人だと思っていましたが、今思い返すと、優しさにあふれた人だったのではないかと。

高校三年、試験勉強でクサクサしていた時、出かけようと声をかけてくれ、父と母と私の三人で、縮景園の梅を見に行きました。ゆっくりと庭園を歩くだけで、どこかでお茶をした訳でもありませんでしたが。久々に自然に触れることが出来て、リフレッシュしました。

母が亡くなったのは、76歳です。今の私から後6年です。晩年、平和公園の桜が満開で、父が母の車椅子を押して桜吹雪の中を歩いたと。一周した後、母が「来年はもう見られんかもしれんから、もう一回見せて」と言い、もう一度桜の中を歩いたと、父から聞きました。その年の初秋、母は亡くなりました。

その後、父は孫たち、私の子どもたちをそれは可愛がってくれました。

まあ、そんなことをつらつらと思いだしながら、昨日を一日過ごしました。

12時からクリニックで「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の実行委員会でした。会議のメンバーのSさんから、お花を、Yさんからカープのワインを戴きました。ありがとうございます。

Img_9610
Fullsizerender_614
三次のワイナリーとのコラボです。本当にカープグッズ、なんでもありなのですね。チビチビと頂きますね。

数日前、実行委員会には来れないからと、やはりメンバーの友人からMila Schon の春のスカーフを戴きました。
とってもきれい。大切にします。


Fullsizerender_615_2


夕方からは、ハートクリニックの新規開院の披露パティ―に行きました。

先日も向田先生の講演に行ったことを書きましたが、駅前の新築ビルに移転、新規開業をされました。それにつき、またご報告しますね。

まあ、年を一つとっても、何ら変わることなく、これからもコツコツと日常生活を送って行きますね。

改めてお祝いのメッセージを下さった皆さまに感謝いたします。これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませ。ありがとうございます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒・性犯罪

千葉大学医学部の医師や学生たちによる集団強姦事件、少しずつ判決が出ているようです。今出ているのはすべて執行猶予付きの有罪判決。

 これまでも書いて来ていますが、慶応、東大、そしてこの千葉大学などのいわゆるエリートたちが、なぜこのような犯罪を犯してしまうのか。もしかして、彼らの中には、これが犯罪であるという認識がないのではないかと。エリート校の大学生は、高校までに、性の基本を学んでいないのではないか、何も学ばないまま、大学生になった途端、一気に性の世界に解放され、それもアダルトビデオや風俗の世界に放り出されて、セックスというものはこんな物という捉え方ができてしまったのではないか、そう思います。

女性に対する尊敬や親しみの中で、女性ときめ細かい人間関係を作っていき、そこに二人で合意して性的な関係を徐々に作り上げて行くという、もっとも基本的なこと。

千葉大学生の中には、合意であったと主張している者もいるとか。準強姦、薬物や酒や脅しなどで抵抗できなくして、姦淫すること。お酒で抵抗できなくさせておいて、それがなぜ「合意」なのでしょう。

さらに、私は今、よく「いやなことははっきりいやと言いましょう」「NOと言いましょう」ともっぱら女性に教えれていることに首をかしげています。

性的な関係の中で「NO」と言いましょうではなく、「YES」なのですね。「YES」の無い所での性はレイプなのだと。そんなことを早くから、男性にちゃんと教えなければと。

全く、女性をおもちゃとしてしか見ない、今回の犯行は、ぞっとするのです。

一つ、私の体験を話しますね。うんと若い頃。ある飲み会で。ワイワイと乱れた雰囲気のとても騒がしい飲み会で、私は目をシロクロさせていました。

そんな中で、あるドクターが私に、何とこの私に、ペタッとくっついて、

「先生、後ろからさせてえや」

と言って来たのですね。「何?何が後ろから?」

「僕は、後ろからしたくてたまらんのよ。誰かにさせてほしいんよ」

「はあ?ばっかじゃないの。何で私なのよ。奥さんとしんさいよ」

「それがねえ、ニョウボは絶対させてくれんのよ。たのんでもダメなんよ。ねえ先生、お願い、させてえや」

「アホか。後ろからじゃろうと前からじゃろうと、私は先生とする気等ありません。誰に向かって言いよるんね。私にも選ぶ権利があるわいね。ばっかたれが。」

それで終わりましたが、今は立派な病院の院長先生になっているあのドクターが、私にコテンパにやっつけられたことがおかしくもあり、でも、ざらざらした軽蔑と共に、私の中に残り続けています。

あの時、もし私がひどく酔っ払って、判断力もなくなっていたら・・・。もっとも、いつ呼び出されるか分からない仕事に着いていた私は、決してそこまで酔うことはありませんでしたが。

私は、医師の飲み会がひどく性的な会話が交わされて、びっくりしたという証言を他の職業のお二人から聞いています。そのような異様な雰囲気はなぜ作られるのか、患者さんお一人お一人が尊厳ある人として向い合わなければならない職業です。学生の頃から、しっかり人の見方を伝えなければ。高校生までの教育と共に、今の医学生教育にも問題がありそうです。

今日で70歳になりました。残り少ない人生です。ますます言いたいことを遠慮なく言う、そうして過ごしたいと思います。

スタッフのみなさんが、一日早く誕生日のプレゼントをくださいました。カープグッズ。左のはステテコですって。これをはいて、上はユニフォームで球場に行くのですって。わあ、ちょっと恥ずかしい。右上のは、九谷焼の豆皿。素敵。本当にありがとう。楽しいスタッフに囲まれて幸せです。

Fullsizerender_613

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「嘘をつく」「裏切る」人たち。

このところ、国会での質疑・応答を見ていて、つくづく感じます。多くの「嘘をつく人々」。それに加えて、「自分が不利になりそうだったら、ころりと裏切る人々」。なりふり構わず、全力を挙げて、その人を裏切ろうとする人々の存在です。

それまで、あんなに仲良しこよししていたのに、全く自分が危なくなったと言う、それだけで、全力で相手を攻撃する姿は、みっともないったらありゃしない。

その言い訳も。おかしな言い訳が国会を覆い尽くしています。あの人もこの人も。ほんとに、言っている本人は、恥ずかしくないのかしらという、見えすいた嘘や言い訳です。

政界の中枢にいて、見えすいた嘘や言い訳をする人たちにすり寄るマスコミ人もまたみっともない。

いつも私の行動や考えの基本になるのは、子どもたちから見たらどうだろうかということです。政府の、国会の、えらい人たちは嘘をついてもいいんだと子どもたちからは見えていることでしょう。あんなえらい人たちがしていることなのだから、自分たちも嘘をついても、変な言い訳をしてもいいんだと思っているのではないかしら。

そうして、裏切られ、攻撃された人が、怒るのもまた当たり前。怒った人が破れかぶれでこれまでのことを次々と暴露していくのも、仕方ない事でしょうね。

まだまだ国会から眼が離せません。でも、面白がっているその陰で成立をもくろんでいる「共謀罪」。ますます恐ろしい国になりそうです。

さらに、忘れてはいけないのは、今のような何でも言いたい放題、やりたい放題の政治の中で、もっとも目をそらしてはいけないのは、文科省の動きだということも。以前から、日本会議に先導されている教育界。今回の指導要領に基づいた教科書改訂でどんなことが行われているのか、これらもしっかり見ないといけません。

 香山リカさんが、極右の放送局を訴えたという知らせを見ました。

http://lineblog.me/kayamarika/archives/9269859.html

ウソをでっち上げ、言いたい放題、やりたい放題、それに対してのノー。支持したいと思います。かつて、香山さんほど大々的ではありませんが、日本会議系のPTA会長を名誉棄損で訴え、裁判をした私にとって、その大変さは身につまされます。闘いそのものは、広島の地で多くの人に支えられてやり切ることが出来ました。私が提訴したことで、それまでのPTA会長のやりたい放題が停まり、広島の教育界の人たちにとっても一息つけたことでした。その意味で後悔は全くありません。しかし、私にとって、その後遺症は未だに続いています。多くの人が支援することで、香山さんを支え続けなければ、と思います。

本文とは全く関係ありませんが。

Img_9415

先日、息子の家に泊めてもらって息子家族と千葉木更津のアウトレットに行きました。杉並から長ーい地下トンネルを二つ通って、東京湾、海ほたるのあるアクアラインを一気に駆け抜けて、千葉に渡りました。早いものでした。孫と共に過ごしたひと時、また元気をもらいましたよ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ