« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」①平和公園の桜 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」③被爆証言は小野瑛子さん »

「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」②レクイエム碑4章

広島二中一年生の全滅の記録、「いしぶみ」が合唱曲となりました。1969年、被爆当時広島二中の生徒であった広島メンネルコールの指揮者山本定男さんの尽力で、広島二中の先輩薄田純一郎さん作詞、森脇憲三作曲の男性合唱のためのレクイエム「碑」が作られ、翌1970年に発表初演されました。それに至る記録がここに詳しく書かれています。

http://www.hiroshima-maennerchor.net/ishibumi/


10月12日広島市公会堂で開かれた初演。そのアンコールの部分を転載させて頂きます。

アンコール! アンコール! 感動の涙をぬぐっていた白いハンカチが、拍手でうちふられた。その拍手にこたえて客席にふり向いた指揮者の山本定男さんは、客席に静かに語りかけた。
  「このホールの正面に、原爆で全滅した広島二中一年生の『碑』があります。扉を開いて、少年たちにこの歌をおきかせしたいと思いますが・・・・・」。
  大きく開かれた扉の真正面に、花でかざられた石碑が、照明の中で浮かびあがっていた。その石碑にむかってもう一度うたわれる終曲の一節。言葉にならない感動がホールいっぱいにひろがっていった。 十月二日、広島市公会堂でひらかれた同市のアマチュア男声合唱団、広島メンネルコールの第十一回定期演奏会のクライマックスだった。

今では、広島二中の後輩、広島観音高校の音楽部O.B合唱団が毎年この曲の演奏会を行っています。私が聴きに行った演奏会のことを次の二回ブログに書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-03bf.html


http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/86-cc1e.html


2014年のブログに転載しています合唱曲の8章「全滅」は、読むだけでもう涙です。

そして、その4章「川の中で」はこんな詩です。

004
生徒たちと握手してその場で亡くなった先生。この歌詞を読んだだけで、また涙です。この先生は、二中の碑の裏の名前トップに出ている山本信雄先生です。

この先生の遺児が、今、健在で千葉を中心に証言活動をされている!!そんな情報が入って来ました。続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」①平和公園の桜 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」③被爆証言は小野瑛子さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65131434

この記事へのトラックバック一覧です: 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」②レクイエム碑4章:

« 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」①平和公園の桜 | トップページ | 「8.6ヒロシマ平和の夕べ2017」③被爆証言は小野瑛子さん »