« 孫と共に水族館へ | トップページ | 「LA MYSTÈRE」のパン »

福島の青年の甲状腺がんの手術のご報告です。

先日皆さまに再度お願いした(http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-4af4.html)甲状腺がんの福島の青年へのカンパ、皆様ありがとうございました。中島さま、今城さま、久保田さま、ますださま、数名の匿名の方、それから、お名前の所に、「フクシマ子ども支援の会」と書かれました方(もしかして、宛先と間違えて書かれたのかもしれません)、本当にありがとうございます。よろしければ、匿名の方、名前を間違われたかもしれない方、ご支援を戴いたことをお電話かメールでお知らせくださいませ。

平木の電話は080-2893-5502
メールは、kaor_h@yahoo.co.jp (rとhの間に下の線_があります。)

とりあえず、今日まで皆さまに頂いたご支援を、平木からお父様にお渡しいたします。心から感謝申し上げます。

その青年ですが。昨日、二回目の手術が行われました。なんと、4時間半を超える大手術でした。残りの甲状腺すべてと、周りに拡がっているリンパ節をすべて丁寧に取って頂いたそうです。

術後、麻酔がさめる時の彼の苦しみ様が大変で、可愛そうで、と、お父様が涙ながらに話して下さいました。

彼は、これから一生甲状腺の全くない生活になります。その上にがんの再発におびえながら。どうぞ、これ以上広がることがありませんように。元気に彼の人生を全うされますように。祈るような気持ちです。

そもそも、原発事故の時中学生だった彼は福島県の甲状腺の検査を二回受けています。その二回とも、全く異常なしと判定されていました。ところが、彼の妹の二順目の検査で沢山ののう胞があると判定されたのです。驚いた両親は、どこか他でも検査をしてほしいと全国探し回りました。でも、甲状腺学会の山下俊一氏の名で、「福島の子どもの甲状腺の検査は福島でするので、検査の依頼があっても、それを受けないように」という通達が全国の甲状腺学会に入っているドクターに回っていました。そのためか、なかなか検査をしてくれるところはなく、それでも、やっと北海道に検査をしてくれる医師がいるとの情報で、家族みんなで北海道に行き、検査をしてもらいました。その時、お兄ちゃんも診ておきましょうかと言われ、それで「これは、大変だ」ということになったのです。

新ためて、東京の、福島県立医大と提携している大きな甲状腺専門の病院で検査を受けると、なんと、その時には、もう「リンパ線に転移している」甲状腺がんであると診断されました。その半年前には、福島県の検査で異常なしと言われていたのにもかかわらず、です。では、その病院で手術、治療をしてほしいと頼むも、それはできない、福島県立医大で受けるようにと拒否をされたと。

そして、全国の病院探しをされたということです。そんないきさつがありました。以上、お父様から書いていいと言われた範囲でのお知らせです。

そもそも、異常なしと言われた半年後にもうリンパ節に転移までしており、その上、初めっから「原発の放射線のせいではない」と言い続けている福島県立医大で治療をしたくないと思われる気持ちは全くよくわかります。何とか少しでも彼とご家族を支えたいと思います。

Img_6093

それにしても。今の国会の状況を見て、あまりのひどさに愕然とします。いつから、日本はこんな情けない国になったのでしょう。あの、オリンピック誘致のプレゼンで、福島の放射線は全く心配ない「アンダー コントロール」と言った安倍首相の顔は忘れません。よくもまあ、こうぬけぬけと嘘を言って。首相からしてこうなのですから。国会でその首相が任命した稲田氏が嘘を言っても平気であるというのも、当然かという気がします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 孫と共に水族館へ | トップページ | 「LA MYSTÈRE」のパン »

コメント

あばたもえくぼという言葉がありますが、同じものを見て表現や言葉の使い方が違うだけですよね。
日本のメディアは、アメリカのトランプ大統領を痘痕だと派手に報道します。
なんとも酷い大統領が誕生したと。
でも、日本にはトランプ大統領が誕生するずっと前から彼より酷い指導者が誕生してましたが、日本のメディアはエクボだと、絶賛してました。
嘘で始まったオリンピックは、やっぱりデタラメになりました。また、除染しても山から放射能物質が出てきて元に戻り、何度も同じ場所を除染しているそうですね。そのために莫大な税金が使われていると。
オリンピックを原発再稼働のダシに使うために、まだ安全とは言えない場所の避難を解除して、そこな住民の放射線被ばくのリスクより、安全にコントロールされているという嘘で、世界を欺いていますよね。最近は話題に触れなくなった地下水対策の凍土壁も完全でなく汚染された地下水は増え続けているとか。
国会へのあの人の参考人招致も民間人だからと拒否してますが、ロッキード事件でもリクルート事件でも民間人を招致しています。
誰が見ても「国有地疑獄」なのにメディアは、そちらを重要視してませんね。あの人に話題を集中させて、ワザと避けているように思います。
先日の中国新聞に、被曝してから何年後にどんな癌が多くで始めたかが書かれてました。それから見ると今度は白血病のようですが、メディアは黙殺するのでしょうね。甲状腺癌と同じ様に。

投稿: やんじ | 2017年3月16日 (木) 13時26分

東京は、大きなコネがないとだめかもしれない、福島医大よりも技術的にしっかりしていますが普通にみてもらうのなら状況報告書などもとめられるので無理ですね、福島医大より東京で効くのは信濃町の内科の内分泌班でしょ、信濃町はお金がかかりすぎるので、広島大学になってしまったのはかわいそうです。

投稿: 愛ちゃん | 2017年3月17日 (金) 10時57分

はじめまして。フェイスブックにこのページが引用されており読みあまりの内容にショックを受けました。
私は香港在住の日本人です。主にネットから日本の情報を得ています。日本について憂いているばかりで何をしてよいのかわからずにいます。
しかしここまでの具体的な情況を読んだのは初めてでした。多くの人に知らせたく
このページを英訳してフェイスブックに掲載してよろしいでしょうか。

といっても私の個人ページなのですが。

ここまでの状況はひどいです。国連の人権委員会に訴えなければならないのでは。。。海外在住の普通の主婦にお金以外で何かできることはあるでしょうか。

投稿: 椋代 千春 | 2017年4月 6日 (木) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65022067

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の青年の甲状腺がんの手術のご報告です。:

« 孫と共に水族館へ | トップページ | 「LA MYSTÈRE」のパン »