« 甲状腺がんの青年の退院祝い | トップページ | お知らせいろいろ。 »

AbemaTV 「大人の女性の性教育」

昨日は、AbemaTVの収録でした。Abema ニュースチャンネル、Wの悲喜劇「大人の女性の性教育」なのか、「40代中絶と日本女性性教育」なのか、タイトルははっきりしないけれど。放送は、4月7日(金)24:00~25:00、再放送は、次の日曜日の17時からなのだそうです。結構人気のある番組で、いつもは約10万視聴あるそうです。私はAbemaは、広島カープの優勝パレードの時は、診療中アイパッドでずっと出していて、チラ見をしていましたし、時にニュースチャンネルの生放送を見るくらいで、こんな番組があることも知りませんでした。

突然、二日前に電話がかかってきて、収録が丁度講演などの予定が入っていない木曜日の休診日であったこともあって、それから内容が面白そうというか、私が行って話すべきだと思って、急きょ行くことに決めたのですが。収録は、表参道のとてもおしゃれな「ラスチカス」というイタリアンのお店のスタジオ。これは、準備中の所。

Img_9512

ここにこんな風に座ってがやがやと。司会はSHELLYさん。賢くて、様々な偏見もなく、名司会ぶりでした。何しろ、ひと癖もふた癖もある話したい女が大勢集まっているので、それは大変だったでしょう。

Img_9514

向こう側には、スゥーデンで過ごし、日本人と結婚、子育てをしている柚井ウルリカさん、スウェーデンと日本の性教育の違いなど有益で面白かったです。貧困問題などを取材、書き、発言している雨宮処凛さん、ライターの吉田潮さん。
Img_9518

こちら側に私と、総長ダリアさん、この方は、いろいろな経歴があるものすごいパワーの持ち主。男の子を育てていて、その教育ががとっても面白い。その隣が、磯部仁沙さん、この方は、コンドームメーカー相模の広報の女性。就職して初めての仕事が、薬局に行って「コンドームはどこにありますか」と100件聞いて回るということだったと。また、いろろいなコンドームを持ってきて見せてくれて、それは面白くて。

その隣が例の大葉ナナコさん。起業として性教育をしているとされて、グループで年間1000校で性教育の講演をしていると。でも、彼女は「誕生学」と言って、「性教育」とは言いませんと書いているけれど、そんなことはこの議論では、おくびにも出さず。彼女が持っている「GIRLS’ EMPOWERMENT BOOK」。これをたくさんの女性に配っていると。私、「男性は?」と聞くと、「これから作ります」だそうです。また、持っている本は、少女にエンパワメントさせると言っているも、初めにいきなり中絶について。そして、避妊も性感染症の予防もない、当然コンドームもピルもない、緊急避妊もない、中絶が可能な時期もない、要するに、セックスさせないための本でしかない、大人受けする、文科省や警察が喜びそうな本だと思いました。本当に危機に遭ったときや事件に遭ったら、専門家に相談しようと電話番号が載っているだけ。私が見ても、何のエンパワメントにもならないものでした。もっとも、エンパワメントでなく、電話帳と思えば、役に立たないことではありません。

ちなみに、私は中学生に話す時にも、「困った時には、一人で抱え込まないで。誰か、一人でいい、一人、大人の相談相手を見つけて。その人に相談して」と言います。
Img_9517

40代の女性の中絶率が高いと言っても、全体の中絶数としては、妊娠そのものが少ないので、少ないのです。大人の女性にと言うよりも、即、今の性教育事情になって、喧々諤々。 私は、まず、しっかり話せたと思います。ただ、二時間話して、これが一時間に縮めて放送されるそうなので、番組全体がどうなるかはわかりませんが。しかし、今、学校教育の性教育がどんな状況であるのか、あまりに知られていないということに驚きました。来週の金曜日の夜中、番組を見てみます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 甲状腺がんの青年の退院祝い | トップページ | お知らせいろいろ。 »

コメント

四十代の中絶はたしかに、産みおさめた方や貧困の問題をかかえつつも、絶対的に生んでも育てられない赤ちゃんだった場合。高齢だからそんな赤ちゃんは排除されてると思った。高齢だから障害のある赤ちゃんは育て上げられないという結論かあるからだと思った、四十代だから体力がないと障害のある赤ちゃんは無理。産婦人科の現場の二極化つまり格差と貧困が広がるお話なんだと思った、でも避妊の問題、聞きたくない性病の問題、差し迫る四十代の壁、学校や警察では曖昧な話になってます。なんで中絶かを考えると思いです。四十代だから体力がないと障害のある赤ちゃんは絶対的に遠慮がちです。大半の先生は説得に回ってます先生もこれだけ頑張ってるのに障害児ではかわいそうだから次に頑張ってくださいといわれてるんだと考えてます、すごく四十代の中絶は二極化されてます。四十代の声が聞こえてきますが寂しさを感じ得ない。

投稿: 愛ちゃん | 2017年3月24日 (金) 09時31分

仕事や家事や育児の事で多忙で中々カンパの件ができずに申し訳ないでいましたが、福島支援の会に入金しました。あまりにも少額ですまないですが、頑張って加療に専念してください。お薬と検査が暮らしを支えます。

投稿: 愛ちゃん | 2017年3月24日 (金) 13時24分

こうの先生
お久しぶりにコメントいたします。

ラスチカスと、こうの先生が結びつくなんて思いもよらなかったです。
なにやら素敵なメンバーで、楽しみな番組です。

どのような経緯で声が掛かったのでしょうか、楽しみに放送を待ちたいと思います。

投稿: 一般男性45才 | 2017年3月29日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/65058955

この記事へのトラックバック一覧です: AbemaTV 「大人の女性の性教育」:

« 甲状腺がんの青年の退院祝い | トップページ | お知らせいろいろ。 »