« 城下カレイ | トップページ | 中海干拓事業の住民運動など・中川健作さん »

ヒッチハイクの若者と。

母の病院を辞し、家で準備をして広島に向かったのは、もう暗くなってからでした。雪の合間でいいお天気に恵まれたのは、本当に幸いでした。

高速を一気に走り、途中、美東でトイレ休憩。食事はもう少し後でと言いながら、車に戻ると、後に一人の青年が立っていました。広島ナンバーを見つけたみたいです。そして「広島まで行きたいのですが、乗せて下さいませんか」と。ヒッチハイクです。「少しだけでも、次のパーキングまででもいいですので」と。

 「途中、食事に停まるけれど、そこまででもいい?」と。もちろんどこまででも、と言うことなので乗ってもらいました。重いキャリーバッグとリュック。すごい荷物です。よっこらせと全部乗せて、後ろに夫と彼が乗って出発です。

若い人と話すのが好きな夫は即しゃべり、聞き始めました。

大分の我家のそばの学生さんで、ヒッチハイクで日本一周をし、それで資金を作って、一年かけて世界一周をするつもりだと。荷物は、それまで持っていた本やオーディオなど、路上で売るつもりで、それを資金にするのだと。どおりで重いはずです。寝るのは、テントを持っているので、野宿すると。これまで大分から宮崎、鹿児島、熊本、福岡を経由していると。今日は、広島に行って、できれば路上で販売をして、どこか公園で寝て、翌日は四国に行くつもりだそうです。

 聞くと、まだ晩御飯も食べていないということなので、一緒に食べることにして。下松まで行きました。彼には、名物のバリっ太そばを。私はネギラーメン、夫はアジのフライ定食(写真忘れです)

Fullsizerender_548 Fullsizerender_549

夫は、ちょっと来てと彼を呼んで明日の朝ごはんのためのパンを彼に選んでもらい、渡していました。

彼も太そばの写真を撮っているので、ブログ?フェイスブック? どちらもしていると。そうして行った先から発信しているのですね。

夫は、張り切って、今の社会情勢、政治の話など。彼ははい、はい、と実に素直に聞いています。「お説教もいい加減にしないと、迷惑でしょう」と度々言ったのですが・・・。

彼は、ボツボツと自分の事も話しました。これは、帰って見た彼のブログにも書かれていることなのですが、家庭的事情で大学の資金が続かなくなり、休学をして、世界に出てみようとしていると。若いエネルギー、いいですねえ。

もう遅いけれど、少しでも路上販売をしたいというので、並木通りを上って、パルコの裏で降ろして上げました。夫は、分かれる時、2千円をカンパとして渡していました。お説教の聞いてもらい代金だと思いました。

ブログを見ると、平和公園でテントを張って寝たようです。そして、次の日には順調に四国に渡り、松山、高知、香川、そして徳島を通ってもう関西に向かっていると。道後温泉でお風呂に入り、高知ではカツオを、香川では讃岐うどんを食べ、これらはみんなおごってもらっているようです。ブログを読む楽しみが増えました。まっすぐな若者に幸あれ!! よろしければ、覗いてみてあげて下さいませ。

http://rickyblog.hatenablog.com/

今日は、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の会議があります。大切な会議です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 城下カレイ | トップページ | 中海干拓事業の住民運動など・中川健作さん »

コメント

大学を途中でやめなければならないのはかわいそうですが、それに負けないで、日本一週や世界一週を計画しているのはなんかすごいですね。NHKのラジオ番組の地球ラジオにいつかでそうです。

投稿: 愛ちゃん | 2017年1月29日 (日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/64823692

この記事へのトラックバック一覧です: ヒッチハイクの若者と。:

« 城下カレイ | トップページ | 中海干拓事業の住民運動など・中川健作さん »