« 渋谷「とら」の食事、続きです。 | トップページ | 雪の広島 »

性同一性障害の医療についてのお話です。

雪!!寒いです。

Fullsizerender_531


Fullsizerender_532


積もっているのに、まだ降り続けています。広島市内に大雪警報だそうです。

今日は、性教協の例会の日。特に東部の方は来られないでしょうね。高速道路は通行止め、JRも運転停止だそう。昨夜遅くまでかかって今日の資料を作ったのですが。少し残念。

私は性同一性障害の方の治療についてお話します。(考えてみれば、私自身がどうやって会場まで行くかです。自転車で行こうと思ってたけど、橋は自転車では渡れませんし)

私は、今、15歳から60歳までの約60人の方の治療をしています。いろいろなな人がいろいろ生きているということだけでも理解して戴きたいと思っています。資料の一部だけ。

0020171151_2

0020171152
0020171153
0020171154
以前にもこのブログで話したことがありますが、今、手術を受けない限り、戸籍の性別変更はできないことになっています。卵巣や精巣を取らないといけない、これは人権侵害であるとも思います。そんな話もしたいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 渋谷「とら」の食事、続きです。 | トップページ | 雪の広島 »

コメント

精巣や卵巣をとらなければ性別変更を許されないのは本当におかしい。守るべきはいろんな生き方をしている人が世の中にはいるからこそ相手の気持ちをきちんと汲み取る社会制度が福祉社会なんだと思います。現実それは市役所の戸籍係が理解してないのは誠に残念です。私は職場でのセクハラで思い知りました。

投稿: 愛ちゃん | 2017年1月15日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/64765226

この記事へのトラックバック一覧です: 性同一性障害の医療についてのお話です。:

« 渋谷「とら」の食事、続きです。 | トップページ | 雪の広島 »