« 性教協中国ブロックセミナー① | トップページ | 性教協中国ブロックセミナー③ »

性教協中国ブロックセミナー②

 昨日の村瀬先生の講演の続きです。ほんの一部です。性教育のパラダイム転換の必要性と可能性13項目のうちから。

⑦女子の生殖機能を特に美化、礼賛し、また母性愛を本能のように重視し、性別役割を当然のこととする。

→生殖機能を理解、尊重することは意味があるが、女性だけを生殖にしばりつけることは正しくない。生殖も選択(産まない、産めないことも)の対象であり、育児も含め両性が担い合う方向を明確に意識させる。

⑩人工中絶をまるで犯罪のように扱ったり、後遺症を強調して脅し、性行動から遠ざけようとする。

→中絶は悲しいけれど必要なことであり、合法的である。むしろ男性の注意を喚起する。世界ではより負担の少ない経口中絶薬による方法が広がっていることも。

⑪経口避妊薬(ピル)をとりあげる際、副作用ばかり強調し、女性が自らの意思によって利用できるこの方法を正当に扱わない傾向がある。

→世界の多くの女性が使っているこの方法のもつ確実な避妊率や副効用について、まず理解させ、その上で使用する上での留意点の中で副作用の訳について正しく学ばせる。

⑫性感染症は恥ずべき病気であり、性対象の多い人、性道徳の低い人がかかる。

→性感染症に道徳を絡ませない。感染のルートについて正しく理解し、実行すれば感染を防ぐこと(予防)は可能である。

まだまだ多くの事を教えて頂きました。沢山の資料も頂きました。

Fullsizerender_503

本も購入しましたし、これから夏に向けて、しっかり勉強しなければ。まだもう少し、みんなが参加したアクティブラーニングや上村先生の講演のお話もしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 性教協中国ブロックセミナー① | トップページ | 性教協中国ブロックセミナー③ »

コメント

母性本能を必要異常に褒め称え、妊娠すると企業からいなくなれは、性的役割分担のおしつける。私は、男性職員から、セックスだけが母性本能だといわれてはらがたち、妊娠するとめんどくさくなるから人する前から追い出してしまえば、育児休暇など配慮すべきこうもくがなくなるからという理由でセクハラに毎日たえてます。妊娠するとめんどくさくなるからあなた嫌いだから一緒に仕事をしたくないからセクハラしてるのと五十代の経産婦からいわれ、別の男性からセクハラしたことをメールで注意したら翌日から反発がきました。私は絶対にこの日本は性別役割分担の呪縛から離れない限りない出生率は上がらない、セクハラも増えるだろう、おまけにセックスだけが妊娠するきっかけだとおもいっきってる男性が少なくならないかぎり卵子の老化に歯止めがかからないでしょうね。セックスだけで妊娠できるのはいろんな条件があるんだとは教えてくれないだろうし。セックスだけじゃすまないのが妊娠活動だと思います。すごく失礼なことをいろいろされてますが、闘います。

投稿: 愛ちゃん | 2016年12月20日 (火) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/64649033

この記事へのトラックバック一覧です: 性教協中国ブロックセミナー②:

« 性教協中国ブロックセミナー① | トップページ | 性教協中国ブロックセミナー③ »