« 性暴力被害と回復 | トップページ | ペッパー君、ありがとう。 »

比治山大学で講演。

昨日は、午後6時から8時まで比治山大学で講演をしました。現代文化学部、子ども発達教育学科の一年生と、編入生、教員の方々対象です。この学科は、小学校や幼稚園の教師になるコースです。

「子どもと命―教師になる立場から「性」について考える―」

午後6時。他の授業が終わった後、さらに2時間も話を聞かせられる、さぞ学生さんたちはしんどいことでしょう。そんな学生さんたちに、眠くならないように、しっかり聞いて頂くように、教師になった時、少しでもお役に立てるように、という思いを込めてお話しました。

Img_4504

学生さんたちはみんな黒のスーツ姿です。外部講師の話を聞く時には、スーツできちんと話を聞くようにしてあります。私はスーツでなくってすみません。

幼稚園、小学校、少しだけ中学生の教師になる学生さんたちですので、幼児期からの性教育、小学校、思春期などの性教育を含めて、また、学生さんたち自身が豊に過ごせるように、避妊や中絶の話等網羅して、必死で話をしました。

廊下に、教師になった卒業生たちの採用先が張り出されていました。

Img_4505

私がこのコースの学生さんたちに話をするのは三回目です。初めは、すべての学年の学生さんに、次の年から一年生に話しています。

私の話を聞いた学生さんたちが教師になっている、うれしいことです。4年先。4年なんて、あっという間です。充実した学生生活を送ってね、そして、子どもたちと楽しく過ごせる教師になってね、と思いながら帰りました・・・。学生さんたち、先生方、今年もお世話になりました。ありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 性暴力被害と回復 | トップページ | ペッパー君、ありがとう。 »

コメント

>学生さんたちはみんな黒のスーツ姿です。外部
>講師の話を聞く時には、スーツできちんと話を
>聞くようにしてあります。

それはどこの大学でもそうなんですかね?すごく
良い話で感心しました。

投稿: ⑦パパ | 2016年6月 3日 (金) 10時46分

外部講師の話を伺うときは全員スーツは、厳しいけど、しつけが感じらますのう。けじめかもしれません。母校にはなく、就職率が頭打ちなのはそこらへんかもしれません。それにしても性教育とかしつけってなんだろうね、虐待ってなんだろうね。と主人と北海道の事件をみて感じます。二度と行ってほしくない事件で、男児が生きていてよかったけど、虐待だよね。性教育をうけてないから虐待を発生させてるんだろうけど私的な事で、自衛隊を使うなんて恥ずかしいよ。熊本や東北では復興に手がたりないのにねと二人で話し合いしてました。

投稿: 愛ちゃん | 2016年6月 3日 (金) 12時57分

被爆71年:間もなく参院選、先生のプロフィールから、かっては選挙に出られよう。ここまでの人脈とプロパガンダ、ラストチャンスでトライ!は。8月六日の別院での勝利報告会を期待すると同時に応援に参戦します。お分かりのように既成ではアウト、お連れ合いさまも説得を。「岸田の大手柄じゃ!」と広島市民?くれぐれもお身体を大切に。

投稿: 敗血症 | 2016年6月 3日 (金) 17時48分

はじめまして。コメント失礼します。
私は現在、高校1年生です。今日の体育の自習時間に、女性の体育の先生から、河野先生著の、「さらば、悲しみの性」という本の一部をコピーした資料を渡され、読んだ後、感想を書くように言われました。

私の家は片親で、父が男手一つでここまで育ててくれました。
中学生の頃から、このような、男女の交際について、気を付けなさいと度々言われていた為、他の同級生の女の子達よりは、このような話は心得ていると思っていましたし、なおさら真剣に読もうと思いました。

しかし、話は私が思っていたよりも、深く重く、あまりの衝撃に、読み終わった途端、涙が溢れて止まりませんでした。同じクラスの友達が宥めてくれたのですが、それでも止まらず、次の授業は保健室で過ごしたほどです。

話の内容について感想を書こうとしたのですが、この気持ちを表現できる言葉が見当たらず、けれども白紙のまま出すわけにもいかず、私の今の思い当たる言葉で、何とか書いて提出しました。

学校で渡された資料の内容は、あまりにも衝撃的かつショッキングでしたが、その他にもどのような実情があるのか知りたいと思い、このブログを読ませていただきました。

ブログに書かれてある内容も、どれもにわかに信じがたいことばかりでした。しかし、これが現実なのですね。改めて、性の重みや性教育の重要性、自分の体は自分で守ることの大切さを痛感しました。

今回のことは、私にとって、女性としてしっかり生きていこうと決意させてくれた良い機会になりました。つたない文章ですが、コメントが書けて良かったです。大切なことを教えてくれて、本当にありがとうございました。

投稿: 桜餅 | 2016年6月 3日 (金) 19時04分

いくら外部講師だからといって黒一色というのは?????

投稿: かわい | 2016年6月 3日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/63723700

この記事へのトラックバック一覧です: 比治山大学で講演。:

« 性暴力被害と回復 | トップページ | ペッパー君、ありがとう。 »