« ビル開業の産婦人科医の集まりで。 | トップページ | カープ、初観戦。負けでがっかり。 »

「妻」が母になってはダメなの?

昨日は、休診日で、人と会う約束に間に合うようにお昼に出勤。一週間前には、一輪しか咲いていなかった原爆ドームの向かいの桜、もうこんなに!!一昨日の暖かさで一気に咲いたのでしょう。

Fullsizerender_179

お花見をしていた友人が、私の写真も撮ってくれました。桜が撮ればいい、私の写真は撮らなくても、と言ったけど、せっかくだからと撮って頂きました。

Fullsizerender_180

でも、夜には冷たい雨でした。お花見を切り上げた人たちも寒そうでした。

昨日には、一日かけて、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の呼びかけ文を書き上げました。当分、しなければならないことはこれで終了!!これで心置きなく、カープの応援に行けます。私は今日からです。

さて、昨日書いた産婦人科医の集まりで、話題になったさまざまな世相について。特に、乙武さんのことについて。

私は、性的にアクティブであることは、いいことだと思うけど。でも、、「子どもが生まれて、奥さんが夫婦よりも母になった」ことが不満だったということ、あくまでもこれは彼の言葉として週刊誌に書かれていたことだけれど。それがとてもとてもいやでした。

妻が母になるのは当然。三人もの子どもの子育て、それはそれは大変だったことでしょう。その上に彼のお世話。

男は、妻が母になるのが嫌なのなら、子どもは作るべきではない。私にも覚えがあることなのだけれど、子どもを中にしての夫婦、父として母としての夫婦へと変化していくのは当然。いつまでも恋人同士のような夫婦であるのは、とても無理。性的にも、心と体のゆとりがなければ、無理なのです。子どもがある程度大きくなって、ほっとした時間が持てるようになったなら、その時にはまた恋人同士のような夫婦になれるかも。

それに、子どもが生まれて、彼女は母になったけど、彼は「父」にはならなかったと?そんなことはないはず。子どもにとっては、大切な父親であったはず。でも、クリスマスとお正月というその期間、妻と子どもと過ごすのではなく、恋人と海外へ。やっぱり父親であるよりも、その彼女と過ごすことを選択したということ。うーん、やっぱりねえ、と思ってしまいます。

夫婦のことは、人にはわからない、これでバランスが取れてたのだからという人もいるけれど、でも、彼の告白に奥さんは泣いたというのを読むと、彼女は傷ついていないとでも?それに、恋人である女性は?そんなことを思いました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« ビル開業の産婦人科医の集まりで。 | トップページ | カープ、初観戦。負けでがっかり。 »

コメント

彼って一般的な重度心身障害者にはできない、経歴がたくさんありますよね、例えば、早稲田大学にゆき、作家になり、教師になった。うまくいけば議員になれたかもしれない。知的障害がなく、頭脳明晰で才能に溢れたおごりかもしれないなあ。優越感ゆえに与えた騒動かも。やっぱり子どもをかかえていたら奥さんは恋人にはなれない。でも小綺麗にしてほしいきもちもわかりますが。なかなか子どもをたくさんかかえていたら小綺麗にはできませんが、実はベビーシッターなどを雇えば小綺麗にはできます。そういうことは一般的にはできないだろうから格差が生まれます。だからこそ産後ケアは大切かもしれませんね。

投稿: 愛ちゃん | 2016年4月 1日 (金) 10時06分

>奥さんが夫婦よりも母になった

逆に嬉しいですけどね!

投稿: ⑦パパ | 2016年4月 1日 (金) 11時43分

一般的な心身重度障害者に対しての優越感と妻にたいしての甘えがある自分勝手な人であるのは確かなんだと思います

投稿: 愛ちゃん | 2016年4月 1日 (金) 16時02分

先日から、この記事についていろいろ考えてしまいます。
夫は手足がないから、子どもを抱っこすることもできないし、おむつ交換や風呂に入れることもできない。
妻は初めての子どもに手一杯で、体が不自由な夫の世話まで手が回らない。
それは事実だし、どうしようもないことだけど、たぶん普通のお母さんなら、育児雑誌で「お父さんに役割を与え、あなたのおかげでと言って存在感を持たせましょう」みたいなアドバイスをされてると思います。
実際、手足がなくても声かけはできるし、子どもが動けるようになれば体を使った遊びもできるのではないかと思う。
でも、夫の協力が得られない妻の負担はどれほどだったでしょう。自分の時間も持てず、へとへとだったのでは?

直接知っているわけではないから憶測ばかりですが、結局はお互いの気持ちのすれ違いやコミュニケーション不足が招いたのかなあと思います。もちろん、乙武さんが気の多い人であることはベースにあるので、だから浮気してもいいとかいう問題ではありませんが。

投稿: きぃ | 2016年4月 2日 (土) 13時40分

妻とか母とかは、言い訳で理由では二でしょうね。
女性とSEXすることに人の数十倍興味があり、それを理性で抑えることができない、たんなるSEX好きの男だったということですね。
好みの女性を見れば、下半身の抑えが利かなくなるのでしょう。
持って生まれた性分ですね。
まあ、それは個人の問題なんで家庭の問題なんですが、釈明に妻を利用するのは大きな間違いですね。
妻の方からの申し出だったとしても、断るのが本当の責任をとるということだと思います。
それと、こんなことをしているのに、教育委員を一時的にでも引き受けたこと。番組で小学校の講師のようなことしたことは、許せませんね。
女好きなタレントだけなら、まだマシですが。
それと、こんなことを書くと差別のように思われるかもしれませんが、彼は子育てでは妻に多くの負担をかけている、分担が十分では無いはずですよね。このことで責めることでなく、人として妻に感謝すべきですね。
分担が増えていることで母親になる時間が多くなったのだったら、母親になったから不倫したなんて最低ですね。
この不倫が露呈しないままで、国会議員になっていたらと思うとゾッとします。
自民党は、比例代表は政治家を選ぶものでなく、なんでもよいから票がはいればよしとしているのでしょうね。
まあ、なんとも国民を馬鹿にしていますが、それで投票する国民は馬鹿ですね。

投稿: やんじ | 2016年4月 2日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/63423737

この記事へのトラックバック一覧です: 「妻」が母になってはダメなの?:

« ビル開業の産婦人科医の集まりで。 | トップページ | カープ、初観戦。負けでがっかり。 »