« 「絵で読む 広島の原爆」とG7外相会合 | トップページ | 池田まきさんの演説 »

「絵で読む広島の原爆」3.

もう少し、「絵で読む広島の原爆」について、書かせて下さい。

昨日書いた原爆の前と後。特に平和公園の所です。

Fullsizerender_198

Fullsizerender_197

1940年と1994年の上空からの絵です。1994年の絵には、まだ広島市民球場があります。

1940年の、広島城の所の説明には、大本営跡。「陸軍の作戦計画や動員計画は参謀本部、海軍は軍司令部が担当したが、大本営はその両者を一本化した天皇直属の最高戦争指導機関。日清戦争の時には東京から広島に移された。」とあります。

同じ広島城の北西の端っこにあるのが「第5師団司令部(中国軍管区司令部:被爆の第一報は、この司令部地下の指揮連絡室に通信員として出勤していた比治山高等女学校3年生の、九州と福山の司令部への電話連絡だった。」等と、詳しく書かれています。

 さらに、びっくりしたのは、分かりやすく色分けされた詳しい年表です。ここの1971年に、私たちが大学生のときに作った「被爆二世中心の全国被爆者青年同盟結成」というのも、あるのです。本当に驚きました。

Fullsizerender_194_2

私たちは、今、この本の作者である、那須正幹さんに、今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」に来て頂き、平和講演をして頂こうとしています。もう少しで正式にご案内ができると思います。この本が、子どものみならず、大人も含めて、多くの方の目に触れますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「絵で読む 広島の原爆」とG7外相会合 | トップページ | 池田まきさんの演説 »

コメント

この絵本は自分の出身校の小学校にあり、なかなか、地図みたいでおもしろいと感じましたよ。しかも絵本の作者の方とつながることをしている河野先生は素敵です。絵本にご自宅が乗ってるなんてびっくり。滅多にないから自慢になりますね。広島の戦前戦後の歴史や平和の大切さ以上になんか地図風に絵本を書いた才能の重みに恭悦至極です。

投稿: 愛ちゃん | 2016年4月13日 (水) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/63478984

この記事へのトラックバック一覧です: 「絵で読む広島の原爆」3.:

« 「絵で読む 広島の原爆」とG7外相会合 | トップページ | 池田まきさんの演説 »