« 「忘れられないあの日」その2 | トップページ | G7広島外相会合に、被爆者は・・・。 »

「忘れられないあの日」その3.

昨日の出勤途中の平和公園です。前日の雨風ですっかり花が落ちてしまいました。

Img_3719

つぼみからしてきた私の平和公園の桜ルポも終いですね。

これまで、二回書いてきた神奈川県原爆被災者の会の「被爆70年 忘れられないあの日 ――広島・長崎被爆者の詞画集――」の順序が逆になりましたが、その前書きを転載します。

まえがき

本書を1945年8月6日ひろしま、8月9日長崎に投下された原子爆弾によって、命を絶たれた20万人余りの犠牲者と、被爆の後遺症と闘い、苦しみながら亡くなった多くの人々に捧げます。

 この原爆は幾千年の人類の歴史にいまだかってない悲惨な「原爆地獄」でした。生きながら焼かれる肉親を助けることもできず、水を求める人に与えることもできなかった、あの日のことを忘れることはできません。

この悲惨な体験を少しでも理解していたただきたく、神奈川県在住の被爆者が心を込めて描いた絵と証言です。

原爆投下から70年がすぎました。国際司法裁判所(ICJ)の「核兵器による威嚇および使用は一般的に国際法違反である」との勧告的意見にもかかわらず、また多くの国際条約の存在も無視され、核保有国は増大し、新たな核兵器の開発実験が続けられています。

広島・長崎の市長は世界の指導者が広島・長崎を訪れ、原爆の惨状を自分の目で見て欲しいと訴えています。そして核兵器廃絶のために発言し行動することを求めています。

この絵と証言は原爆の惨状の一部を伝えるものでしかありません。目に見える多くの悲しみと共にそれを通して目に見えない傷にも思いを馳せてください。いまも原爆の後遺症は残り、多くの被爆者が体と心の苦しみに耐えています。そして訴えています。「私たちが受けた原爆の被害を知ってほしい。そして核兵器は止めて欲しい」と。

 この「忘れられないあの日」が原爆被害の真実を伝える一助となり「再び被爆者をつくらない」「核兵器も戦争もない平和な世界」の実現に役立つことを願ってやみません。

最後に神奈川県知事をはじめご協力いただいた方々に、心から厚くお礼申し上げます。

            神奈川県原爆被災者の会    』

なお、この本は、神奈川の原爆展などの場では1冊千円で売られているそうです。多くの方のお目に触れますように。英語が分かる外国の方々にも。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「忘れられないあの日」その2 | トップページ | G7広島外相会合に、被爆者は・・・。 »

コメント

今日は、小金井市で平和絵本展がありましたが、この絵本はありませんでしたよ。小金井も桜が終わりそうですが、勤務終了後最後の小金井公園での花見を家族三人でしようとかんじました。

投稿: 愛ちゃん | 2016年4月 9日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/63459582

この記事へのトラックバック一覧です: 「忘れられないあの日」その3.:

« 「忘れられないあの日」その2 | トップページ | G7広島外相会合に、被爆者は・・・。 »