« 私の裁判資料集ができました。 | トップページ | 広島市立大学広島平和研究所2. »

広島市立大学広島平和研究所

昨年6月、福島県前双葉町長の井戸川克隆さんのお話を聞く会がありました。それについては、ここに書いています。

井戸川さんは健康診断を受けるのが目的で広島に来られましたが、あまりにもったいないので、お話を聴けたら、と、急にお声をかけてはせ参じた方々にお話し下さいました。

___12

その時の写真です。その時、私の真ん前に座っていらっしたのが、当時広島市立大学広島平和研究所の高橋博子先生です。

先生は、被爆70年のその年、広島でひらかれる平和学会の準備にお忙しいようでした。学会についてのお話も伺い、ぜひ参加をとお誘い頂きましたが、残念ながら私には他での講演が入っており、行くことはできませんでした。

その時、一人の女性が、新聞記事を切り取ったものを出して見せて下さいました。「私はいつもこれを持ち歩いているんです」と。そして、高橋先生にも見せられました。

それには、原爆被爆直後の広島での死産、流産の胎児がアメリカの送られて研究されたと書かれていました。その赤ちゃんは1200人以上にのぼると。そして、それをアメリカの内部文書から発掘したのが、その高橋先生でした。

その時の毎日新聞の記事が出ませんので、共同通信の記事から。少し読みにくいのですが。

00011


00012

このお話、明日にも続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 私の裁判資料集ができました。 | トップページ | 広島市立大学広島平和研究所2. »

コメント

広島平和研究所の現状を深く憂慮します
ーー核被害の非人道的な実相解明、被爆体験の学問的継承に貢献する研究センターを求めます
このキャンペーンの短縮URL. http://qq4q.biz/tBRi

投稿: | 2016年5月 7日 (土) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/63288422

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市立大学広島平和研究所:

« 私の裁判資料集ができました。 | トップページ | 広島市立大学広島平和研究所2. »