« 障がいのある人の性、参考図書です。 | トップページ | 「障がいのある子どもたちの思春期と性」 »

「性say生」続きです。

私が心を痛めているのは、軽度の知的障がいがある女性が、風俗産業でその「性が搾取されている」ことです。

望んで働いているのだから、それでお金が儲けられるのだからいいじゃないかという人がいます。とんでもない。

ある少女は、何人もの人に回されるように、何日も男性の相手をし、もらったお金は全部で2000円だったと。食べる物がほしくて万引きをした所をつかまって警察に保護されました。でも、彼女はまたそこに行きたいと言いました。どうして?と問うと「みんな優しかった」と言いました。

ある少女は、デリヘル嬢として働かせられていました。何日も、何人もの相手をして、でも、客からもらったお金はすべて組織の男に取り上げられていました。組織からは彼女は、まったく、一円ももらっていません。

でも、その少女は、私に「でもね、いい生活をさせてもらったから、いいんじゃ」と言いました。いい生活って?「おいしい物を食べさせてもらったし。ほしい物を買ってもらったし」と。

根底には、少女をめぐる「貧困」があります。そして、それを利用して、彼女たちの体と心を踏みにじるようにして金を儲けようとする組織の人間がいます。

私が何度も言ってきたように、その組織には、彼女たちの体や命を守るような教育とかシステムとかは全く取られていません。性感染症にかかる率はものすごい物だと、すでにここにも書きました。彼女たちは使い捨てです。

彼女たちの体や命や尊厳を守るためにも、早くから学校教育の中で伝えたいと思います。

昨日の「性say生」には、こんな風に書かれています。

『だいじな・からだ

(1)たいせつなからだを お金もうけに つかわない


 女の人が、援助交際とか フーゾク(風俗産業) 働いて
お金を儲けることは わるいことです

それは 自分のからだを たいせつにしていないことです。

病気に 感染します。

望まない 妊娠をしてしまいます。

からだを 傷つけてしまう危険は、女の人のほうが 多いのです。

そんなとき、心にだって 傷が残ります。

(略)

お互いのことを、大切にできる、信頼できる人とだけ

セックスは するものです。』

それから、マスターベーションについて、正面から書かれています。勃起したペニスをその方法も知らないために、泣きながらたたいたり、怖がったりする子もいると。性的な衝動を自分で解決する方法として、マスターベーションを前向きにとらえています。それに、画期的だと思うのは、男の子だけでなく、女の子についても書かれていることです。女性のマスターベーションについては、これまでほとんど書かれることはありませんでした。

「性say生」は、その人ごとに、部分的にプリントするなどして使うようにとも書かれています。丸ごと一冊渡してしまうと、自分の気に入った所だけにこだわる人も出てくるからと。

Img_2818  あまりに膨大なテーマの「障がいのある子どもの思春期と性」がどこまで話せるか、学べば学ぶほど、自信がなくなって来ます。でも、頑張って来ますね。多くの方にお会いできますように。

私は今、京都にいます。昨夜は京都のホテルに泊まって、最後の仕上げをしました。

これが終わると、今度は「女性の健康向上を阻む社会的圧力」の資料・スライド作りです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 障がいのある人の性、参考図書です。 | トップページ | 「障がいのある子どもたちの思春期と性」 »

コメント

知的障害者だと甘く見られ働いたお給料をいただけなければ、労働相談の対象であるとおもいます。ただ数年前歌舞伎町ユニオンがメディアで紹介されました。低所得無住居に陥りやすい風俗業界こそ雇用促進住宅など、どの業界でも最低保証給与をもとめる運動もあります。また障害者の作業所の工賃は下がり気味で、あまり一般企業も障害者の雇用義務があるのにを採用しないし、採用したところ、不景気に陥ったら真っ先に解雇の対象となりうるから、風俗業界に入職せざるえないと感じました。障害者の雇用義務はどの業界にでもあるのだから、障害者を一旦採用したら、障害者を虐待せずにきちんとお給料や雇用を守る姿勢も必要だとおもいます。数日前NHKラジオの深夜放送で障害者を積極的に採用してる、大田区の中小企業の社長さんが紹介されてました。特に障害者の雇用義務・促進・給与支払い100%は当たり前の要求だとおもいます。本当に障害者があると不当労働行為は訴えにくいと感じました。

投稿: 愛ちゃん | 2016年1月31日 (日) 10時48分

蛸部屋労働って風俗業界以外にもたくさんあります。また任期つき大手自動車メーカーの契約社員などもひどい給与だと聞きながらも、雇用促進住宅に本当は、就労可能性がある障害者などにも解放していくべきだとおもいます。雇用促進住宅に、風俗業界でも入れる規定こそじつは、風俗業界以外の仕事に進みやすい仕組みだとおもいます。雇用は、住宅とベーシックな給与保証金があると不当労働行為はなくなるのではないでしょうか?

投稿: 愛ちゃん | 2016年1月31日 (日) 14時48分

今労働運動の潮流の中で、ベーシックインカムを注目されてきています。基礎的給与を正規・非正規をとわず保証していく姿勢が労使に問われてます。また障害者を一定程度雇用する義務などもあり、また障害者を雇用すると国から助成金でます。それらの考え方が周知されてない、障害者は解雇や無報酬など矛先を真っ先にされるからこそ痛ましいとおもいます。軽度な障害者が働きやすく貧困に陥らない政策を真っ先に考えてしまいます。逆に障害者は風俗以外の業界は障害者は面倒で雇いたくないから、雇わないから結局、風俗業界しかない労働環境ならば、こういう事例はいっぱいありますね。労働運動の中で、はっきり障害者雇用についてきちんと討論などしたかと言えばしてないとおもいます。本当にたた゛すべき習慣は、障害者を雇わないことは不味いことだからかくしてしまう傾向だとおもいます。労働運動を挫折しましたが、根底にあるのは障害者だから、差別してやれ、無賃労働でもかまわない意識を経営をしてるがわにありますね。


投稿: 愛ちゃん | 2016年2月 1日 (月) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/63145019

この記事へのトラックバック一覧です: 「性say生」続きです。:

« 障がいのある人の性、参考図書です。 | トップページ | 「障がいのある子どもたちの思春期と性」 »